KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 大阪天満宮
  • 天神祭
  • 内容
  • 場所
  • 映像
  • 出発
  • 大阪市北区
  • 平成
  • 船渡御
  • 菅原道真

「鳳輦」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
17
( 1 17 件を表示)
  • 1
17
( 1 17 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    修学院御庭

    上の茶屋のある広い浴竜池に臨む千歳橋の鳳輦に象った屋形が右手に見える。千歳橋は、文政7年(1824)、所司代内藤紀伊守信敦が進献したものである。左手の方に欄干のついた土橋が見える。池に2艘の船が浮かんでおり、1艘には3人の人が乗っており、1艘には、船頭が棹を扱っている。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号19‐15‐0]

    商品コード: 2017080201673

  • 1975年10月22日
    スケッチ26277 時代祭

    時代祭が行われ、京都御所に向かう御鳳輦(ごほうれん)=1975(昭和50年)10月22日、京都市の平安神宮応天門

    商品コード: 2018020300246

  • 1977年10月22日
    スケッチ26402 時代祭

    時代祭(じだいまつり)が開催され、京都御所を出る御鳳輦(ごほうれん)=1977(昭和52年)10月22日、京都市上京区

    商品コード: 2018020800363

  • 02:37.65
    2007年07月25日
    大阪・夏本番告げる天神祭 (1/2)

    水の都・大阪に夏本番を告げる大阪天満宮の天神祭は25日夜、市の中心部を流れる大川を舞台にした「船渡御」で最高潮を迎え、例年より多い約5000発の花火が上がり、訪れた人は〝光と水の競演〞に酔いしれた。午後6時すぎ、大川にかかる天神橋と飛翔橋の乗船場から、菅原道真の御神霊を乗せた御鳳輦船や、御神霊を迎える奉拝船などが約1万人を乗せ、次々と出発。かがり火が川面を照らし祭りばやしが響く中、約7キロを2時間程度かけて進んだ。大阪天満宮によると、人出は24日と25日で約120万人<映像内容>日没前の大川雑観、橋に集まる観客、大川を進む多数の船、踊り手を乗せた船ヨリ、撮影日:2007(平成19)年7月25日、撮影場所:大阪市

    商品コード: 2020012322909

  • 03:18.29
    2007年07月25日
    大阪・夏本番告げる天神祭 (2/2)

    水の都・大阪に夏本番を告げる大阪天満宮の天神祭は25日夜、市の中心部を流れる大川を舞台にした「船渡御」で最高潮を迎え、例年より多い約5000発の花火が上がり、訪れた人は〝光と水の競演〞に酔いしれた。午後6時すぎ、大川にかかる天神橋と飛翔橋の乗船場から、菅原道真の御神霊を乗せた御鳳輦船や、御神霊を迎える奉拝船などが約1万人を乗せ、次々と出発。かがり火が川面を照らし祭りばやしが響く中、約7キロを2時間程度かけて進んだ。大阪天満宮によると、人出は24日と25日で約120万人<映像内容>川岸であがる花火、提灯を灯して大川を進む多数の船、御鳳輦船、撮影日:2007(平成19)年7月25日、撮影場所:大阪市

    商品コード: 2020012322915

  • 2014年06月24日
    新調された神具 夏祭り神事、70年ぶり復活

    神事「渡御列」に向け新調された、ご神体を運ぶ神具「御鳳輦」=24日午前、大阪市天王寺区の生国魂神社

    商品コード: 2014062400439

  • 2014年07月12日
    登場した神具「御鳳輦」 いくたまさんで夏祭り神事

    70年前の方法で復活した生国魂神社の「渡御列」に登場した神具「御鳳輦」=12日午前、大阪市天王寺区

    商品コード: 2014071200160

  • 2014年07月12日
    神事「渡御列」 いくたまさんで夏祭り神事

    70年前の方法で復活した生国魂神社の「渡御列」。手前は新調された神具「御鳳輦」=12日午前、大阪市中央区

    商品コード: 2014071200162

  • 06:39.66
    2016年07月25日
    夏本番 大阪・天神祭、夜空に花火

    大阪の夏の風物詩、大阪天満宮(大阪市北区)の天神祭は25日、同市中心部の大川で伝統の神事「船渡御(ふなとぎょ)」があり、ちょうちんやのぼりで飾られた約100隻が行き交った。夜空に打ち上げられた約5千発の奉納花火が船団を照らすと、川岸の見物客から歓声が上がり、祭りは最高潮を迎えた。午後6時ごろ、約1万2千人がそれぞれに乗船。菅原道真の御神霊を乗せた御鳳輦(ごほうれん)船やそれを迎える奉拝(ほうはい)船などが、太鼓や鐘を打ち鳴らし、にぎやかに川面を進んだ。〈映像内容〉川面を進む御鳳輦船や奉拝船、奉納花火の様子、花火を見る観光客らなど、撮影日:2016(平成28)年7月25日、撮影場所:大阪

    商品コード: 2019112604866

  • 05:50.18
    2018年07月25日
    酷暑の夜、行き交う船、彩る花火 大阪の天神祭・本宮

    浪速の街に夏本番を告げる、大阪天満宮(大阪市北区)の天神祭は25日、本宮を迎え、市中心部を流れる大川を約100隻の船が行き交う伝統の神事・船渡御が催された。大阪市内は祭り期間の24、25両日とも最高気温が37度前後の猛暑日。日が暮れて川面を涼しい風が吹き抜ける中、約5千発の奉納花火が空を染め、大勢の見物客が足を運んだ。午後6時半ごろから菅原道真の御神霊を乗せた御鳳輦船と迎えの奉拝船などが太鼓やかねを鳴らしながら往来。約1万3千人が乗船し、船が擦れ違う際は「打ちましょ」と声を掛けて手拍子を取る「大阪締め」であいさつを交わした。<映像内容>天神祭の本宮で川面を行き交う船と空を彩る奉納花火の様子、船同士で交わされる大阪締めの様子、御鳳輦船や文楽船の様子、橋の上や川岸の見物客らの様子など、撮影日:2018(平成30)年7月25日、撮影場所:大阪府 大阪市 北区 大阪天満宮

    商品コード: 2018072601717

  • 01:51.47
    2018年10月22日
    古都の秋に華麗な行列 京都・時代祭

    平安時代から明治維新までの歴史上の人物に扮した行列が秋の都大路を練り歩いて華麗な歴史絵巻を繰り広げる「時代祭」が22日、京都市内で行われた。秋晴れの下、午前9時ごろ、桓武天皇と孝明天皇を祭った鳳輦(ほうれん)2基を中心にした神幸(しんこう)列が、平安神宮から京都御苑へ向けて出発して祭が始まった。正午すぎには「維新勤王隊列」を先頭に、約2千人の行列が御苑から神宮へ向けて進んだ。時代祭は平安遷都1100年を記念して、1895年に始まった。例年10月22日の開催だが、来年は新天皇即位の中心的儀式「即位礼正殿の儀」と重なるため、10月26日に変更する。〈映像内容〉歴史上の人物に扮した人たちが京都御苑から続々と出て行く様子、撮影日:2018(平成30)年10月22日、撮影場所:京都市 京都御苑

    商品コード: 2018102307654

  • 01:16.00
    2019年07月24日
    大阪・天神祭が開幕 古式ゆかしき「鉾流神事」で

    水の都・大阪に夏本番を告げる大阪天満宮(大阪市北区)の天神祭が24日朝、市中心部を流れる堂島川での「鉾流神事」で幕を開けた。〈映像内容〉鉾流神事が行われる場所に立つ鳥居、ことしの神童と白木の鉾、神事の雑観、白木の鉾と草で編んだこもを川に流す場面など、撮影日:2019(令和元)年7月24日、撮影場所:大阪 堂島川周辺

    商品コード: 2019072503092

  • 01:45.80
    2019年07月25日
    大阪の天神祭で「船渡御」 花火5千発、夜空彩る

    大阪天満宮(大阪市北区)の天神祭は25日、市中心部を流れる大川で約100隻の船が行き交う伝統神事「船渡御(ふなとぎょ)」が営まれた。浪速の夜空を彩る約5千発の奉納花火が打ち上げられ、多くの見物客を魅了した。<映像内容>菅原道真の御神霊を乗せた御鳳輦船、行き交う船の客同士が交わす大阪締め、夜空に打ち上げられる花火と花火を映す川面の様子など、撮影日:2019(令和元)年7月25日、撮影場所:大阪市北区 大阪天満宮 ※建物の屋上から撮った素材と乗船して撮った素材があります。

    商品コード: 2019072601743

  • 2019年10月26日
    練り歩く「御鳳輦」 宮崎で伝統の「神武さま」

    宮崎神宮大祭で宮崎市内を練り歩く「御鳳輦」=26日午後

    商品コード: 2019102605322

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年04月03日
    岡山・宗忠神社の御神幸

    岡山市の後楽園近くの鶴見橋を進む御神幸。岡山の春を彩る宗忠神社(岡山市北区上中野)の御神幸が3日、同市中心部で行われた。新型コロナウイルス禍のため、2020年と21年は中止になった行列は3年ぶりで、平安貴族風の装束をまとった約300人が、後楽園までの往復約12キロを練り歩いた。ご神体をのせた御鳳輦を中心とする行列は午前8時45分ごろ、同神社を出発。吉備楽のみやびな音を響かせながら、表町商店街などを巡った。後楽園では、黒住教の黒住宗道教主がコロナ終息とロシアによるウクライナ侵攻の早期終結を願う祝詞を奏上した。=2022(令和4)年4月3日、岡山県岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041010744

  • 2022年07月25日
    「御鳳輦」 天神祭3年ぶりの陸渡御

    天神祭の「陸渡御」で大阪天満宮から出発する「御鳳輦」=25日午後、大阪市北区

    商品コード: 2022072511364

  • 2022年07月25日
    出発する「御鳳輦」 天神祭3年ぶりの陸渡御

    天神祭の「陸渡御」で大阪天満宮から出発する「御鳳輦」=25日午後、大阪市北区

    商品コード: 2022072511366

  • 1