KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 配信
  • ふるさと
  • チベット自治区
  • 世界
  • 人々
  • 令和
  • 共鳴
  • 助け
  • 四川省
  • 弟子

「鶴慶県」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
11
( 1 11 件を表示)
  • 1
11
( 1 11 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 03:33.59
    2018年12月17日
    「新華社」歴史ある銀器の里がECで大変身雲南鶴慶県新華村

    中国雲南省大理ペー族自治州鶴慶(かくけい)県新華村は銀製品加工で千年の歴史を持つことで知られる銀器の里だが、近年「インターネット+(プラス)」の発展に力を入れており、電子商取引(EC)で有名な「淘宝村」となっている。蘇俊坪(そ・しゅんへい)さんは、新華村の中でもECに「ルートを持っている」若者だ。彼は2011年に中国の電子商取引大手・アリババグループ傘下のネット通販サイト、淘宝(タオバオ)に出店して、村の職人が製作する銀製の急須、カップ、くしなど工芸品のオンライン通販を始め、すでに各大手ECサイトに自らのブランドを立ち上げている。ECによって開拓し発展させた販路は、新華村に新しいチャンスをもたらした。現在では独自の新デザイン開発、客の注文に応じた加工、スピーディーな商品到着、販売後のフィードバックとフォローアップなどを通じて、ECを重要なルートとする新たな産業チェーンを形成している。新華村の1153戸のうち、8割以上が銀器・銅器など手工芸品の加工・製作に従事しており、インターネット販売の年間売り上げは8千万元(1元=約17元)を上回っている。製品は中国各地のほか、米国、日本、インド、マレーシアなど海外にも販売されている。(記者/何春好)<映像内容>銀器の里とECに力を入れている様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121921008

  • 2020年06月17日
    雲南省博物館でペー族の服飾文化を紹介する展覧会開催

    雲南省大理ペー族自治州鶴慶県および剣川県甸南鎮のペー族の花嫁衣装。中国雲南省昆明市の雲南省博物館で13日、ペー族の服飾文化を紹介する展覧会「蝴蝶泉辺好梳粧・白(ペー)族服飾精品展」が開幕した。同展は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い一時休館していた同博物館が一般公開を再開してから初めて開く展覧会で、ペー族の衣装52点および刺しゅうが施された装身具118点が展示されている。美しさと実用性が結びついたペー族の服飾は、鮮明な民族の特性と地域的な特徴を備えている。展示品が「美しい大理」「ペー族の概要」「大理の祝祭日」「ペー族の服飾」「ペー族の刺しゅう」「大理の絞り染め」の六つのテーマに分かれて展示されている同展は、8月16日まで開催される。(昆明=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061809276

  • 2020年09月17日
    小さな金づちが奏でる「幸せの共鳴」

    17日、工房でかつての貧困世帯、洪春娥(こう・しゅんが)さんに銀の急須の洗い方を教える李文彬さん(左)。中国雲南省大理ペー族自治州鶴慶(かくけい)県辛屯鎮在住の李文彬(り・ぶんひん)さん(49)は、地元で有名な銀器職人。16歳でこの世界に入り、技術を学び始めた。四川省や青海省、チベット自治区など各地で技術を磨いた後、ふるさとの鶴慶県に戻って自身の工房「文彬銀器加工工房」を設立。村の内外を問わず助けを必要とする人々に銀器の制作技術を教えてきた。政府が認定した貧困世帯の人々も工房に招いて銀器の作り方を教え、貧困脱却と所得増加に貢献してきた。これまで直接指導した弟子は120人、間接的に指導した弟子は800人余りに上る。(大理=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505680

  • 2020年09月17日
    小さな金づちが奏でる「幸せの共鳴」

    17日、工房内で加熱した希硫酸に浸した銀の急須。中国雲南省大理ペー族自治州鶴慶(かくけい)県辛屯鎮在住の李文彬(り・ぶんひん)さん(49)は、地元で有名な銀器職人。16歳でこの世界に入り、技術を学び始めた。四川省や青海省、チベット自治区など各地で技術を磨いた後、ふるさとの鶴慶県に戻って自身の工房「文彬銀器加工工房」を設立。村の内外を問わず助けを必要とする人々に銀器の制作技術を教えてきた。政府が認定した貧困世帯の人々も工房に招いて銀器の作り方を教え、貧困脱却と所得増加に貢献してきた。これまで直接指導した弟子は120人、間接的に指導した弟子は800人余りに上る。(大理=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505859

  • 2020年09月17日
    小さな金づちが奏でる「幸せの共鳴」

    17日、工房で銀器の加工用金型を作るため銅版を叩く李文彬さん。中国雲南省大理ペー族自治州鶴慶(かくけい)県辛屯鎮在住の李文彬(り・ぶんひん)さん(49)は、地元で有名な銀器職人。16歳でこの世界に入り、技術を学び始めた。四川省や青海省、チベット自治区など各地で技術を磨いた後、ふるさとの鶴慶県に戻って自身の工房「文彬銀器加工工房」を設立。村の内外を問わず助けを必要とする人々に銀器の制作技術を教えてきた。政府が認定した貧困世帯の人々も工房に招いて銀器の作り方を教え、貧困脱却と所得増加に貢献してきた。これまで直接指導した弟子は120人、間接的に指導した弟子は800人余りに上る。(大理=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505690

  • 2020年09月17日
    小さな金づちが奏でる「幸せの共鳴」

    17日、工房で銀の急須の半製品を加熱する李文彬さん。中国雲南省大理ペー族自治州鶴慶(かくけい)県辛屯鎮在住の李文彬(り・ぶんひん)さん(49)は、地元で有名な銀器職人。16歳でこの世界に入り、技術を学び始めた。四川省や青海省、チベット自治区など各地で技術を磨いた後、ふるさとの鶴慶県に戻って自身の工房「文彬銀器加工工房」を設立。村の内外を問わず助けを必要とする人々に銀器の制作技術を教えてきた。政府が認定した貧困世帯の人々も工房に招いて銀器の作り方を教え、貧困脱却と所得増加に貢献してきた。これまで直接指導した弟子は120人、間接的に指導した弟子は800人余りに上る。(大理=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505858

  • 2020年09月17日
    小さな金づちが奏でる「幸せの共鳴」

    17日、工房で急須の胴体に模様を彫り込む李文彬さん。中国雲南省大理ペー族自治州鶴慶(かくけい)県辛屯鎮在住の李文彬(り・ぶんひん)さん(49)は、地元で有名な銀器職人。16歳でこの世界に入り、技術を学び始めた。四川省や青海省、チベット自治区など各地で技術を磨いた後、ふるさとの鶴慶県に戻って自身の工房「文彬銀器加工工房」を設立。村の内外を問わず助けを必要とする人々に銀器の制作技術を教えてきた。政府が認定した貧困世帯の人々も工房に招いて銀器の作り方を教え、貧困脱却と所得増加に貢献してきた。これまで直接指導した弟子は120人、間接的に指導した弟子は800人余りに上る。(大理=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505935

  • 2020年09月17日
    小さな金づちが奏でる「幸せの共鳴」

    17日、李文彬さんの工房内で作業を行う弟子たち。中国雲南省大理ペー族自治州鶴慶(かくけい)県辛屯鎮在住の李文彬(り・ぶんひん)さん(49)は、地元で有名な銀器職人。16歳でこの世界に入り、技術を学び始めた。四川省や青海省、チベット自治区など各地で技術を磨いた後、ふるさとの鶴慶県に戻って自身の工房「文彬銀器加工工房」を設立。村の内外を問わず助けを必要とする人々に銀器の制作技術を教えてきた。政府が認定した貧困世帯の人々も工房に招いて銀器の作り方を教え、貧困脱却と所得増加に貢献してきた。これまで直接指導した弟子は120人、間接的に指導した弟子は800人余りに上る。(大理=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505652

  • 2020年09月17日
    小さな金づちが奏でる「幸せの共鳴」

    17日、工房で弟子を指導する李文彬さん(中央)。中国雲南省大理ペー族自治州鶴慶(かくけい)県辛屯鎮在住の李文彬(り・ぶんひん)さん(49)は、地元で有名な銀器職人。16歳でこの世界に入り、技術を学び始めた。四川省や青海省、チベット自治区など各地で技術を磨いた後、ふるさとの鶴慶県に戻って自身の工房「文彬銀器加工工房」を設立。村の内外を問わず助けを必要とする人々に銀器の制作技術を教えてきた。政府が認定した貧困世帯の人々も工房に招いて銀器の作り方を教え、貧困脱却と所得増加に貢献してきた。これまで直接指導した弟子は120人、間接的に指導した弟子は800人余りに上る。(大理=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505665

  • 2020年09月17日
    小さな金づちが奏でる「幸せの共鳴」

    17日、工房で銀の急須の半製品を加熱して取っ手の溶接準備をする李文彬さん。中国雲南省大理ペー族自治州鶴慶(かくけい)県辛屯鎮在住の李文彬(り・ぶんひん)さん(49)は、地元で有名な銀器職人。16歳でこの世界に入り、技術を学び始めた。四川省や青海省、チベット自治区など各地で技術を磨いた後、ふるさとの鶴慶県に戻って自身の工房「文彬銀器加工工房」を設立。村の内外を問わず助けを必要とする人々に銀器の制作技術を教えてきた。政府が認定した貧困世帯の人々も工房に招いて銀器の作り方を教え、貧困脱却と所得増加に貢献してきた。これまで直接指導した弟子は120人、間接的に指導した弟子は800人余りに上る。(大理=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505917

  • 2020年09月17日
    小さな金づちが奏でる「幸せの共鳴」

    17日、工房で銀の急須の取っ手を溶接する李文彬さん。中国雲南省大理ペー族自治州鶴慶(かくけい)県辛屯鎮在住の李文彬(り・ぶんひん)さん(49)は、地元で有名な銀器職人。16歳でこの世界に入り、技術を学び始めた。四川省や青海省、チベット自治区など各地で技術を磨いた後、ふるさとの鶴慶県に戻って自身の工房「文彬銀器加工工房」を設立。村の内外を問わず助けを必要とする人々に銀器の制作技術を教えてきた。政府が認定した貧困世帯の人々も工房に招いて銀器の作り方を教え、貧困脱却と所得増加に貢献してきた。これまで直接指導した弟子は120人、間接的に指導した弟子は800人余りに上る。(大理=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505923

  • 1