KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 鹿島アントラーズ
  • 鹿島丈博
  • 鹿島槍ヶ岳
  • 鹿島学園
  • 大阪
  • 中央
  • 浦和
  • 川崎
  • 横浜
  • 国立競技場

「鹿島」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
11,536
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
11,536
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    蛇ヶ池と1本の木

    キーワード:映る、屋外、自然、鹿島、蛇ヶ池、春、森林、水面、日本、風景、無人、木、緑、テーマメイン写真=撮影日不明、石川県、クレジット:KEITA SAWAKI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020053001670

  • -
    蛇ヶ池と1本の木

    キーワード:映る、屋外、自然、鹿島、蛇ヶ池、春、森林、水面、日本、風景、無人、緑、テーマメイン写真=撮影日不明、石川県、クレジット:KEITA SAWAKI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060301354

  • -
    筑紫平野

    キーワード:屋外、空撮、産業、筑紫平野、展望、田んぼ、日本、農業、風景、無人、風景メイン写真=撮影日不明、佐賀県鹿島市、クレジット:GYRO PHOTOGRAPHY/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122901498

  • -
    高ボッチ高原のススキ原より松本・安曇野の街並みと北アルプス連峰の稜線

    キーワード:ススキ、ススキ原、安曇野、屋外、町並み、剱岳、後立山連峰、高ボッチ高原、山並み、鹿島槍ヶ岳、秋空、松本、日本、白馬三山、風景、北アルプス、無人、爺ヶ岳、立山連峰、稜線、蓮華岳、風景メイン写真=撮影日不明、長野県塩尻市、クレジット:SHOHO_IMAI/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061010083

  • -
    托鉢の僧

    鹿島清兵衛アルバムの中の一枚。英語で「乞食僧」と題されている。左の托鉢僧は袈裟を着け叩き鐘をもち、右の僧は腰に印籠をぶら下げている。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号84‐6‐0]

    商品コード: 2017081401371

  • -
    僧侶

    鹿島清兵衛アルバムの中の一枚。英語のキャプションには「仏教の僧侶」と解説されている。紫の上衣の上に高僧がつける袈裟を着けている。背後には絵図の屏風が立てられている。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号84‐15‐0]

    商品コード: 2017081401459

  • -
    Japan: Woodblock print of the Namazu and the god Ebisu sleeping on the kaname-ishi rock, 1855

    The Namazu, also called the Onamazu, is a creature in Japanese mythology and folktales. The Namazu is a gigantic catfish said to cause earthquakes and tremors. Living in the mud under the Japanese isles, the Namazu is guarded by the protector god Kashima, who restrains the catfish using the kaname-ishi rock. Whenever Kashima lets his guard down, Namazu thrashes about and causes violent earthquakes.The Namazu rose to new fame and popularity after the Ansei great earthquakes that happened near Edo in 1855. This led to the Namazu being worshipped as a god of world rectification (yonaoshi daimyojin), sent by the gods to correct some of the imbalances in the world.Catfish woodblock prints known as namazu-e became their own popular genre within days of the earthquake. They were usually unsigned and often depicted scenes of a namazu or many namazu atoning for their deeds. 、クレジット:Pictures From History/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080101769

  • -
    Japan: Woodblock print depicting Daikoku, the god of wealth, showering people with money while restraining a namazu, 1855

    The Namazu, also called the Onamazu, is a creature in Japanese mythology and folktales. The Namazu is a gigantic catfish said to cause earthquakes and tremors. Living in the mud under the Japanese isles, the Namazu is guarded by the protector god Kashima, who restrains the catfish using the kaname-ishi rock. Whenever Kashima lets his guard down, Namazu thrashes about and causes violent earthquakes.The Namazu rose to new fame and popularity after the Ansei great earthquakes that happened near Edo in 1855. This led to the Namazu being worshipped as a god of world rectification (yonaoshi daimyojin), sent by the gods to correct some of the imbalances in the world.、クレジット:Pictures From History/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080101772

  • -
    Japan: Protective woodblock print depicting a group of remorseful catfish apologising to the god Kashima for causing earthquakes

    The Namazu, also called the Onamazu, is a creature in Japanese mythology and folktales. The Namazu is a gigantic catfish said to cause earthquakes and tremors. Living in the mud under the Japanese isles, the Namazu is guarded by the protector god Kashima, who restrains the catfish using the kaname-ishi rock. Whenever Kashima lets his guard down, Namazu thrashes about and causes violent earthquakes.The Namazu rose to new fame and popularity after the Ansei great earthquakes that happened near Edo in 1855. This led to the Namazu being worshipped as a god of world rectification (yonaoshi daimyojin), sent by the gods to correct some of the imbalances in the world.、クレジット:Pictures From History/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080101773

  • -
    Japan: The god Kashima stabbing his sword into the throat of a namazu (catfish), while a crowd is divided into ‘smilers‘ pfhphotos036130.jpg

    The Namazu, also called the Onamazu, is a creature in Japanese mythology and folktales. The Namazu is a gigantic catfish said to cause earthquakes and tremors. Living in the mud under the Japanese isles, the Namazu is guarded by the protector god Kashima, who restrains the catfish using the kaname-ishi rock. Whenever Kashima lets his guard down, Namazu thrashes about and causes violent earthquakes.The Namazu rose to new fame and popularity after the Ansei great earthquakes that happened near Edo in 1855. This led to the Namazu being worshipped as a god of world rectification (yonaoshi daimyojin), sent by the gods to correct some of the imbalances in the world.Catfish woodblock prints known as namazu-e became their own popular genre within days of the earthquake. They were usually unsigned and often depicted scenes of a namazu or many namazu atoning for their deeds. 、クレジット:Pictures From History/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080101775

  • -
    高ボッチ高原のススキ原より松本・安曇野の街並みと北アルプス連峰の稜線

    キーワード:ススキ、ススキ原、安曇野、屋外、町並み、剱岳、後立山連峰、高ボッチ高原、山並み、鹿島槍ヶ岳、秋空、松本、日本、白馬三山、風景、北アルプス、無人、爺ヶ岳、立山連峰、稜線、蓮華岳、風景メイン写真=撮影日不明、長野県塩尻市、クレジット:SHOHO_IMAI/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061010089

  • -
    侍と召使

    鹿島清兵衛アルバムの中の1枚。キャプションには英語で「侍と家来」と題されているが、正装した武士の演出写真である。子供を家来のモデルとしているが、いかにも不自然である。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号84‐18‐0]

    商品コード: 2017081401391

  • -
    僧侶と小僧たち

    鹿島清兵衛アルバムの中の一枚。英語で「仏教の僧侶」と題されている。老僧は法要のいすに座り、伴僧の小僧二人は仏具をもって控えている。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号84‐24‐0]

    商品コード: 2017081401411

  • -
    Japan: Woodblock print depicting the god Daikoku showering people with gold while Kashima restrains a namazu, 1855

    The Namazu, also called the Onamazu, is a creature in Japanese mythology and folktales. The Namazu is a gigantic catfish said to cause earthquakes and tremors. Living in the mud under the Japanese isles, the Namazu is guarded by the protector god Kashima, who restrains the catfish using the kaname-ishi rock. Whenever Kashima lets his guard down, Namazu thrashes about and causes violent earthquakes.The Namazu rose to new fame and popularity after the Ansei great earthquakes that happened near Edo in 1855. This led to the Namazu being worshipped as a god of world rectification (yonaoshi daimyojin), sent by the gods to correct some of the imbalances in the world.、クレジット:Pictures From History/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080101774

  • -
    鹿島田商店街

    キーワード:アスファルト、横断歩道、屋外、建物、商店街、信号機、青信号、通り、道路、日本、風景、無人、幸区、鹿島田、近所付き合い、風景メイン写真、かしまだ、鹿島田商店街、駅前通商店街=撮影日不明、神奈川県川崎市、クレジット:Keiji_Kaneda/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021505180

  • -
    Japan: Woodblock print depicting a namazu attacked by vengeful citizens of Edo, 1855

    The Namazu, also called the Onamazu, is a creature in Japanese mythology and folktales. The Namazu is a gigantic catfish said to cause earthquakes and tremors. Living in the mud under the Japanese isles, the Namazu is guarded by the protector god Kashima, who restrains the catfish using the kaname-ishi rock. Whenever Kashima lets his guard down, Namazu thrashes about and causes violent earthquakes.The Namazu rose to new fame and popularity after the Ansei great earthquakes that happened near Edo in 1855. This lead to the Namazu being worshipped as a god of world rectification (yonaoshi daimyojin), sent by the gods to correct some of the imbalances in the world.Catfish woodblock prints known as namazu-e became their own popular genre within days of the earthquake. They were usually unsigned and often depicted scenes of a namazu or many namazu atoning for their deeds.、クレジット:Pictures From History/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080101771

  • -
    片瀬の龍口寺

    山門越しに本堂を見る。正式名称は寂光山龍口寺(じゃっこうざんりゅうこうじ)。山門は元治元年(1864)大阪の豪商鹿島屋の寄進により建立されたという。本堂、山門、階段下左右の常夜灯ともに現存する。昭和48年(1973)階段下に仁王門が造られたので、景観がかなり変わった。=撮影年月日不明、藤沢、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号90‐29‐0]

    商品コード: 2017081400891

  • -
    神主

    左手上に幕が張られた小さな神棚が見える。祭壇には鏡が祀られ、手前に榊と御幣が置かれている。その前で長い白髭の神主が笏を持って座る姿。臨時の祭壇と思われる。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:鹿島清兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号83‐1‐0]

    商品コード: 2017081401454

  • -
    刺青姿の男性

    鹿島清兵衛アルバムのなかの一枚。裸の刺青の男性は風呂場でお銚子から杯に酒を注いでいる。着色は肌の刺青をなぞっているが、絵柄の質が悪い。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号84‐16‐0]

    商品コード: 2017081401379

  • -
    霧ヶ峰高原より乗鞍岳・穂高連峰・槍ヶ岳・鹿島槍北アルプスを望む

    キーワード:アルプス、パノラマ、屋外、丘、空、高原、山、山並み、山脈、自然、鹿島槍、乗鞍岳、諏訪市、青空、槍ヶ岳、草原、展望、日本、風景、穂高岳、望む、北アルプス、無人、霧ヶ峰高原、蝶ヶ岳、風景メイン写真=撮影日不明、長野県茅野市、クレジット:SHOHO_IMAI/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061009745

  • -
    高ボッチ高原のススキ原より松本・安曇野の街並みと北アルプス連峰の稜線

    キーワード:ススキ、ススキ原、安曇野、屋外、町並み、剱岳、後立山連峰、高ボッチ高原、山並み、鹿島槍ヶ岳、秋空、松本、日本、白馬三山、風景、北アルプス、無人、爺ヶ岳、立山連峰、稜線、蓮華岳、風景メイン写真=撮影日不明、長野県塩尻市、クレジット:SHOHO_IMAI/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061010080

  • -
    春日大社参道の鹿

    春日大社の祭神のひとつである武甕槌命(たけみかづちのみこと)が鹿島より鹿に乗って奈良に訪れたという伝承により、古来より奈良の鹿は神の使いとして保護されてきた。=撮影年月日不明、奈良、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号42‐36‐0]

    商品コード: 2017080902724

  • -
    高ボッチ高原のススキ原より松本・安曇野の街並みと北アルプス連峰の稜線

    キーワード:ススキ、ススキ原、安曇野、屋外、町並み、剱岳、後立山連峰、高ボッチ高原、山並み、鹿島槍ヶ岳、秋空、松本、日本、白馬三山、風景、北アルプス、無人、爺ヶ岳、立山連峰、稜線、蓮華岳、風景メイン写真=撮影日不明、長野県塩尻市、クレジット:SHOHO_IMAI/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061010015

  • -
    鹿島田商店街

    キーワード:ワンボックスカー、駅、屋外、軽自動車、車、商店街、川崎駅、電線、電柱、道路、日本、標識、風景、無人、幸区、自動車、鹿島田、南武線、小杉、風景メイン写真、かしまだ、鹿島田商店街、駅前通商店街、古市場=撮影日不明、神奈川県川崎市、クレジット:Keiji_Kaneda/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021505178

  • 1927年12月30日
    山階宮萩磨王殿下(はぎまろ)

    海軍少尉当時=撮影年月日不明(1927年少尉に任官)、山階宮菊麿王第四王子(母は常子妃)、鹿島萩麿(1928年臣籍降下)、旧皇族

    商品コード: 2010122700097

  • 1930年04月17日
    日本電報通信社資料

    高松宮さまが5月の渡欧時に乗船する日本郵船の鹿島丸。上海経由マルセイユへ向かう=1930(昭和5)年4月17日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1930041700001

  • 1930年04月17日
    日本電報通信社資料

    訪欧する高松宮両殿下の乗船を待つ鹿島丸=1930(昭和5)年4月17日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2012070900361

  • 1930年04月17日
    日本電報通信社資料

    高松宮さまが5月の渡欧時に乗船する日本郵船の鹿島丸の船室=1930(昭和5)年4月17日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1930041700002

  • 1930年04月21日
    日本電報通信社資料

    訪欧する高松宮殿下と喜久子妃殿下を乗せ横浜港を出航する鹿島丸=1930(昭和5)年4月21日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2012071100272

  • 1930年04月21日
    日本電報通信社資料

    欧州に向かう鹿島丸船上で帽子を振る高松宮さまと喜久子さま=1930(昭和5)年4月21日、横浜港(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2012071100284

  • 1930年04月21日
    日本電報通信社資料

    訪欧のため横浜港を出航した鹿島丸のデッキで、カメラを構える高松宮殿下とゲームを見守る喜久子妃殿下(右)=1930(昭和5)年4月21日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2012071300237

  • 1930年04月21日
    日本電報通信社資料

    欧州に向けて横浜港を出航した鹿島丸のデッキでくつろぐ高松宮殿下と喜久子妃殿下=1930(昭和5)年4月21日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2012071300210

  • 1930年04月21日
    日本電報通信社資料

    欧州に向け横浜港を出航した鹿島丸のデッキで記念写真に納まる高松宮殿下と喜久子妃殿下=1930(昭和5)年4月21日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2012071300242

  • 1930年04月21日
    日本電報通信社資料

    欧州に向け横浜港を出航した鹿島丸のデッキでゲームに興じる高松宮殿下。右から2人目は喜久子妃殿下=1930(昭和5)年4月21日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2012071300239

  • 1930年04月21日
    日本電報通信社資料

    欧州に向かう鹿島丸船上で帽子を振る高松宮さまと喜久子さま=1930(昭和5)年4月21日、横浜港(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1930042100007

  • 1930年04月22日
    日本電報通信社資料

    高松宮ご夫妻訪欧 欧州に向かう鹿島丸のデッキを散策される高松宮さまと喜久子さま=1930(昭和5)年4月22日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1930042200005

  • 1930年04月22日
    日本電報通信社資料

    欧州に向かう鹿島丸船上でくつろぐ高松宮殿下と喜久子妃殿下=1930(昭和5)年4月22日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2012071300243

  • 1930年04月23日
    日本電報通信社資料

    高松宮ご夫妻が訪欧 欧州に向かう鹿島丸船上でくつろがれる高松宮さまと喜久子さま=1930(昭和5)年4月(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2008100200102

  • 1930年04月30日
    日本電報通信社資料

    欧州に向かう鹿島丸船上で名残りを惜しむ高松宮殿下と喜久子妃殿下=1930(昭和5)年4月21日、横浜港(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2012071100271

  • 1931年08月31日
    佐賀県 平谷温泉

    肥前耶馬溪、能古見峡の平谷温泉=1931(昭和6)年8月頃、佐賀県鹿島市、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015102200467

  • 1933年05月04日
    日本電報通信社資料

    石井、深井両経済代表の鹿島立ち。見送りの斉藤首相、内田内相、高橋蔵相=1933(昭和8)年5月4日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2015112000270

  • 1933年09月10日
    日本電報通信社資料

    新任駐日フィンランド公使ツアール・ウァーネス氏は、来る12日横浜入港の郵船鹿島丸で着任直ちに入京、麻布箪笥町の公使館に入ることとなった。船上の夫妻(神戸入港の際撮影)=1933(昭和8)年9月10日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2015122800116

  • 1942年05月28日
    第1775号 「同盟写真特報」

    大東亜戦下夏場所大相撲、無敵双葉10回優勝(7)双葉山(打棄り)安芸ノ海(千秋楽)優勝を賭してのこの一戦、7回目の仕切り、安芸の注文通り左を指しての有利な体勢となり、力一杯寄り倒さんとする刹那双葉久々の大きな打棄りを見せ、安芸の惜敗(8)神風(下手投)清美川(十日目)(9)清美川(外がけ)双葉山(十二日目)清美立会に二本差し、双葉強引な寄身に出て腰を落とし寄りつめんとした刹那、清美右外掛けの強襲を試み、見事に成功、双葉の巨体どっと倒れて清美に金星燦然(10)相模川(叩き込み)輝昇(二日目)(11)名寄岩(下手投げ)鹿島洋(九日目)、昭和17年5月28日(木曜日)第1775号

    商品コード: 2009011400130

  • 1942年09月19日
    第1887号 「同盟写真特報」

    日華提携を一段と緊密強化、中華民国答礼使節団晴れの鹿島立ち、写真は東京駅出発の三特派大使、昭和17年9月19日(土曜日)第1887号

    商品コード: 2008063000163

  • 1944年05月04日
    戦争中、鹿島神宮参拝 皇太子資料

    太平洋戦争中、学習院初等科5年の学友と茨城県の鹿島神宮を参拝した皇太子さま(右端)=1944(昭和19)年5月4日(天皇、明仁、あきひと、幼少時の称号・継宮、第125代天皇

    商品コード: 1944050400003

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1944年05月04日
    学友と参拝した皇太子 皇太子、鹿島神宮を参拝

    太平洋戦争中、学習院初等科5年の学友と茨城県の鹿島神宮を参拝した皇太子さま(右から2人目)=1944(昭和19)年5月4日(明仁、あきひと、幼少時の称号・継宮、第125代天皇、上皇)

    商品コード: 2021042605066

  • 1949年10月31日
    スケッチ1038 荒山城跡からの眺め

    荒山城跡から川を望む=1949(昭和24)年10月、石川県鹿島郡中能登町

    商品コード: 2016092900410

  • 1956年06月25日
    参拝に向かう小学生 遠足で鹿島神宮へ

    遠足で訪れた鹿島神宮で、参拝に向かう小学生ら=1956(昭和31)年、茨城県・鹿島町(現鹿嶋市)

    商品コード: 1900010154165

  • 1957年03月15日
    佐賀県 祐徳稲荷神社

    鹿島市の祐徳稲荷神社=1957(昭和32)年3月15日、佐賀県(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041201112

  • 01:21.49
    1958年08月09日
    「福島民報」「民報ニュース」第2回福島県下中学野球大会

    開会式。決勝では6回、若松四が先制、最終回に鹿島が2-1と逆転勝ち。鹿島中服部主将に若獅子旗。撮影日:1958(昭和33)年8月9~10日、クレジット:福島民報社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021307071

  • 00:55.91
    1958年09月15日
    「福島民報」「民報ニュース」白河鹿島神社祭礼

    秋晴れの太鼓の音。20町内が祭り一色に塗りつぶされた祭礼。高張り提灯、手提灯の波。御輿が阿武隈川へ。撮影日:1958(昭和33)年9月中旬、クレジット:福島民報社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021900887

  • 1960年09月30日
    列国議会同盟会議、2日目

    列国議会同盟会議で演説する日本代表の鹿島守之助氏(下)=1960(昭和35)年9月30日、衆院本会議場

    商品コード: 2012030500272

  • 1961年12月31日
    佐賀県 鹿島市

    空から見た鹿島市=1961(昭和36)年、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041200457

  • 1962年07月08日
    北九州の水害

    水没した佐賀県鹿島市=1962(昭和37)年7月8日

    商品コード: 2011122200126

  • 1962年10月19日
    アジア最大のパラボラアンテナ完成

    完成したアジアで最大のパラボラアンテナ。鉄塔の上が機械室、下前方の鉄板はバランスをとる重り=出稿1962(昭和37)年10月18日、茨城県鹿島町(37年内地3739)

    商品コード: 2011110100289

  • 01:49.07
    1963年06月30日
    「インタナシヨナル映画」東京高速道路の建設

    キーワード:首都高速道路建設現場、建築、オンワード、電車、鉄道、交通、自動車、住友建設、鹿島建設、高田精工、雪印乳業、日本橋、汐留=製作年:1963(昭和38)年6月、東京、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021002459

  • 1963年10月02日
    エレクトロニクス会議開く

    科学技術庁主催の「1963年アジアエレクトロニクス会議」開会式であいさつする鹿島俊雄科学技術庁政務次官(中央)。インド、オーストラリア、フィリピンなど12カ国17人の代表が参加している=1963(昭和38)年10月2日、東京・丸の内の東京商工会議所(38年内地 4349)

    商品コード: 2011080800150

  • 02:11.34
    1963年12月31日
    「福島民報」「民報ニュース」郷土のまつり 岡山の水かけまつり

    岡山の鹿島神社で行われる水かけ祭りはとても荒っぽい祭りである。神社の境内子ども達が清水をくみ上げている。その年に結婚した男性のお祝いの宴から始まり、突然、花婿たちは水をかけ始める。次に、わら束を手に取り激しくもみあい、たるに詰められる。最後は見物客たちにどぶろくが振る舞われる。 撮影日:1963(昭和38)年、クレジット:福島民報社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100868

  • 1964年05月15日
    郵政省電波研鹿島支所 リレー2号の中継実験成功

    実験用通信衛星リレー2号によるテレビ宇宙中継実験と、初の電話宇宙中継の基礎実験に成功した郵政省電波研究所鹿島支所。中央は電波をキャッチした直径30メートルのパラボラアンテナ=1964(昭和39)年5月15日、茨城県・鹿島町(現鹿嶋市)(39年内地2042)(コマ)

    商品コード: 1964051550001

  • 1965年01月14日
    (かしま・こうじ) 鹿島孝二

    作家、ユーモア小説=1964(昭和39)年4月9日撮影

    商品コード: 2006070300096

  • 1965年12月31日
    昭和40年頃 祐徳稲荷神社

    祐徳稲荷神社=1965(昭和40)年頃、佐賀県鹿島市、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015081100911

  • 1966年04月16日
    スポーツ関連

    1966年4月15日、ヨットによる太平洋単独横断のため、米ロサンゼルスを日本へ向け出港する鹿島郁夫さん=1966年4月16日配信(UPI=共同)

    商品コード: 2014072600070

  • 1966年05月02日
    (かしま・しゅうげつ) 鹿島秋月

    浪曲家、本名・杉本好司=1966(昭和41)年3月9日撮影

    商品コード: 2006050800057

  • 1966年05月07日
    勲一等親授式

    親授式を終え記念写真に納まる 右から木内曽益、松原与三松、菅野和太郎、蠟山政道、原田健、鹿島守之助、山田作之助、原邦道、鳩山薫、柳田誠二郎、浜地文平、諸井貫一、大池眞、野田武夫、三島徳七、有沢広巳、永田菊四郎、新居善太郎、佐々木行忠の各氏=1966(昭和41)年5月7日、宮内庁玄関 (41年内地2564)

    商品コード: 2011052700224

  • 1966年07月13日
    バッテングセンターで事故

    事故があった本荘バッティングセンター。右端の打席で事故があった=1966(昭和41)年7月13日、岐阜市鹿島町 (41年内地3908)

    商品コード: 2011053000119

  • 1966年08月02日
    衛星通信地上局の装置を販売

    日本電気が茨城県に作った衛星通信用の鹿島地上局=1966(昭和41)年8月2日出稿 (41年内地4310)

    商品コード: 2011063000247

  • 1966年10月04日
    (かしま・こうじ) 鹿島孝二

    作家、ユーモア小説=1966(昭和41)年10月7日撮影

    商品コード: 1966100400005

  • 1966年11月06日
    準備整った鹿児島地上局

    ATS衛星実験の準備が整った鹿児島地上局の大型パラボラアンテナ=1966(昭和41)年11月6日、郵政省電波研鹿島支所(41年内地5958)

    商品コード: 2011070700120

  • 1966年12月07日
    ATS衛星追尾実験成功

    ATS衛星の電波をキャッチした大型アンテナ=1966(昭和41)年12月7日、茨城県鹿島町の郵政省電波研究所 (41年内地6691)(応用技術衛星)

    商品コード: 2011072800231

  • 1966年12月07日
    ATS衛星追尾実験成功

    ATS衛星の電波を追尾実験中の鹿島地上局管制塔=1966(昭和41)年12月7日、茨城県鹿島町の郵政省電波研究所 (41年内地6692)(応用技術衛星)

    商品コード: 2011072800232

  • 1967年03月02日
    (かしま・しゅうげつ) 鹿島秀月

    本名・杉本好司、浪曲家=1966(昭和41)年5月25日撮影

    商品コード: 2006030600075

  • 1967年07月11日
    コラーサ二世号の鹿島さん、元気に応答

    手を振って巡視船「のじま」に応える鹿島郁夫さん=1967(昭和42)年7月11日(42年内地2989)

    商品コード: 2011042700393

  • 1967年07月13日
    コラーサ二世号ゴールイン

    ペットのハムスターを手にニッコリ笑う鹿島郁夫さん=1967(昭和42)年7月13日、横浜港(42年内地3030)

    商品コード: 2011042700381

  • 1967年07月13日
    コラーサ二世号ゴールイン

    英子夫人と抱き合って喜ぶ鹿島郁夫さん=1967(昭和42)年7月13日、横浜港大桟橋ターミナル(42年内地3016)

    商品コード: 2011042700389

  • 1967年07月13日
    コラーサ二世号横浜へ

    船腹に「コラーサ号お帰りなさい」の横断幕をつけて出迎えた大型ヨット「ふじやま丸」の乗組員に、コラーサ二世号の船上から手を振って応える鹿島郁夫さん(左手前)=1967(昭和42)年7月13日午後3時20分、久里浜沖5キロ付近で共同通信社ヘリから(42年内地3015)

    商品コード: 2011042700391

  • 1967年07月13日
    コラーサ二世号ゴールイン

    黒潮が苦しかったと語る鹿島郁夫さん=1967(昭和42)年7月13日、横浜港

    商品コード: 2011042700464

  • 1967年07月13日
    コラーサ二世号ゴールイン

    警察官に抱きかかえられながら歓迎陣に応える鹿島郁夫さん=1967(昭和42)年7月13日、横浜港

    商品コード: 2011042700466

  • 1967年07月13日
    横浜港に入るコラーサ2世号 太平洋単独横断に成功

    冒険家の鹿島郁夫氏が日本人として初めてヨット(コラーサ2世号)での太平洋単独横断に成功し、横浜港に入港=1967(昭和42)年7月13日

    商品コード: 1900010150194

  • 1967年07月13日
    コラーサ二世号ゴールイン

    横浜港大桟橋に接岸、上陸第1歩を踏み締めてタラップを駆け上がる鹿島郁夫さん=1967(昭和42)年7月13日(42年内地3018)

    商品コード: 2011042700384

  • 1967年09月13日
    (かしま・こうじ) 鹿島孝二

    作家、ユーモア小説=1967(昭和42)年6月5日撮影

    商品コード: 1967091300001

  • 1968年11月14日
    (ひらいずみ・わたる) 平泉渉

    衆議院議員、自民党、福井全区、国務相(科学技術庁長官)、経済企画庁長官、鹿島建設専務=1967(昭和42)年6月1日撮影

    商品コード: 1968111400007

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1968年12月31日
    米軍水戸対地射爆撃場 水戸射爆場

    茨城県水戸市の東十数キロの鹿島灘に面し、勝田市、那珂湊市(1994(平成6)年に合併してひたちなか市)にまたがっていた。元々国有地で第2次大戦中は旧日本軍の水戸飛行場として使用されていたが、1946年6月米空軍に接収され、1960年以降、同第5空軍が射爆撃演習に使用した。後年隣接する東海村に原子力センターが設置され、原子力施設と射爆場の“共存”という世界にも例のないケースとなった。1971年1月に射爆撃訓練が停止するまでに、米軍による事故は189件、死者は6人にのぼった。1973年3月日本に返還。跡地の一部は現在、国営ひたち海浜公園となっている。写真は同射爆場で演習中の米軍戦闘機=1968(昭和43)年12月撮影(撮影日不詳)

    商品コード: 2010050600421

  • 1969年05月16日
    (むとう・きよし) 武藤清

    工博(建築家)、鹿島建設副社長、東大名誉教授、学士院会員、文化勲章受章、文化功労者、国際地震工学会会長=1969(昭和44)年5月15日撮影

    商品コード: 2005121200155

  • 1969年11月30日
    スケッチ企画5854−26 宇和海海中公園・西海鹿島

    四国の宇和海海中公園・西海鹿島に潜り、水中銃でイシダイを射止めたダイバー=1969(昭和44)年11月30日、愛媛県西海町

    商品コード: 2018030800581

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1970年01月16日
    (むとう・きよし) 武藤清

    工博(建築家)、鹿島建設副社長、東大名誉教授、国際地震工学会会長、学士院会員、文化勲章受章、文化功労者=1969(昭和44)年5月15日撮影

    商品コード: 1970011600020

  • 1970年04月09日
    鹿島臨海工業地帯

    完成間近の鹿島臨海工業地帯、鹿島石油の原油タンク(手前)と建設中の東京電力鹿島火力発電所。遠方は鹿島灘=1970(昭和45)年4月9日出稿 茨城県神栖市上空で空撮

    商品コード: 2010122700406

  • 1970年07月27日
    スケッチ企画5940−1 海釣りを楽しむ人々

    海釣りを楽しむ人々でにぎわう鹿島灘海岸=1970(昭和45)年7月27日、神栖市

    商品コード: 2018031000340

  • 1970年10月09日
    (ひらいずみ・わたる) 平泉渉

    衆議院議員、自民党、福井全区、国務相(科学技術庁長官)、経済企画庁長官、鹿島建設専務=1970(昭和45)年7月30日撮影

    商品コード: 1970100900007

  • 1970年12月31日
    参拝客でにぎわう 祐徳稲荷神社

    参拝客でにぎわう祐徳稲荷神社=鹿島市、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015081101026

  • 1970年12月31日
    境内と渡り廊下 祐徳稲荷神社

    祐徳稲荷神社境内と本殿への渡り廊下(左上)=佐賀県藤津郡古枝村(鹿島市古枝)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015081101027

  • 1971年01月22日
    (かしま・としお) 鹿島俊雄

    参議院議員、千葉、自民党、郵政相=1970(昭和45)年11月25日撮影

    商品コード: 1971012200009

  • 1971年08月12日
    (ひらいずみ・わたる) 平泉渉

    衆議院議員、自民党、福井全区、鹿島建設専務、国務相(科学技術庁長官)、経済企画庁長官=1971(昭和46)年7月5日撮影

    商品コード: 2005091500120

  • 1974年07月01日
    (さとう・しんじ) 佐藤信二

    参議院議員、衆議院議員、自民党、山口2区、鹿島建設参与、衆選立候補、運輸相=1973(昭和48)年12月19日撮影

    商品コード: 2007112700027

  • 1974年09月28日
    東電鹿島5号機が営業運転

    営業運転を開始した東京電力の鹿島火力発電所5号機(茨城県鹿島郡神栖町)。重原油專焼方式で、出力は100万キロワットとわが国最大の規模

    商品コード: 2012050700123

  • 1974年11月11日
    第2次田中改造内閣が発足

    初閣議を終わり記念撮影する第2次田中改造内閣。前列左から倉石忠雄農相、中曽根康弘通産相、田中角栄首相、大平正芳蔵相、福田一自治相、2列目左から浜野清吾法相、福永健司厚相、大久保武雄労相、丹羽兵助国土庁長官、小沢辰男建設相、3列目左から竹下登官房長官、宇野宗佑防衛庁長官、細田吉蔵行管庁長官、倉成正企画庁長官、足立篤郎科技庁長官、4列目左から木村俊夫外相、鹿島俊雄郵政相、江藤智運輸相、吉国一郎法制局長官、5列目左から小坂徳三郎総務長官、川島広守官房副長官、三原朝雄文相、小渕恵三総務副長官、大村襄治官房副長官=1974(昭和49)年11月11日、首相官邸

    商品コード: 2012051400457

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1974年12月23日
    鹿島建設の工場に爆発物

    爆発物が見つかった鹿島建設内装センター付属KPH(鹿島式パネルハウス)工場。爆発は工場の建物入り口から1・5メートル離れた屋外で起き、付近にシチズン製トラベルウオッチ、針金などが飛散し、時計の文字盤は3時5分を指し止まっていた=1974(昭和49)年12月23日、東京都江東区東陽(49年内地 8218~B)

    商品コード: 2012062100105

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1974年12月23日
    鹿島建設の工場に爆発物

    鹿島建設内装センター付属KPH(鹿島式パネルハウス)工場の爆発物があった場所を調べる係官。爆発は工場の建物入り口から1・5メートル離れた屋外で起き、付近にシチズン製トラベルウオッチ、針金などが飛散し、時計の文字盤は3時5分を指し止まっていた=1974(昭和49)年12月23日、東京都江東区東陽(49年内地 8218~C)

    商品コード: 2012062100107

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1975年06月19日
    潜水艦が瀬戸内海で衝突

    貨物船と衝突しへこんだ海上自衛隊第1潜水隊群(呉)所属の潜水艦「おやしお」の船首部(矢印)。広島県安芸郡倉橋町の鹿島沖で、大阪市西区の月星海運所属の貨物船「呉周丸」と衝突、両船とも船首部を小破したが双方の乗組員に異常はなかった=1975(昭和50)年6月19日、広島県呉市の海上自衛隊呉基地

    商品コード: 2012121100143

  • 1975年08月13日
    成田線で“競合脱線”か

    脱線転覆して田んぼに転落した貨物列車。千葉県成田市山口の国鉄成田線成田~下総松崎(しもうさまんざき)間で、北鹿島発北柏行き上り貨物列車(24両編成)の前9両が脱線、うち6両が転覆したが、けが人はなかった。カセイソーダ積載のタンク車が転覆したため強い刺激臭がただよった=1975(昭和50)年8月13日午後5時、千葉県成田市山口で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2013030400339

  • 1975年08月28日
    (かしま・こうじ) 鹿島孝二

    作家、ユーモア小説作家=1975(昭和50)年4月18日撮影

    商品コード: 2005040700086

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...