KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 三国時代
  • 三清
  • 乾隆
  • 令和
  • 使者
  • 修復
  • 再建
  • 創建
  • 塑像
  • 境内

「麗正門」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
15
( 1 15 件を表示)
  • 1
15
( 1 15 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2021年10月05日
    (16)三国志の英雄・関羽を祭る関帝廟を訪ねて河北省承徳市

    関帝廟の薬王殿。(6月22日撮影)中国河北省承徳市の承徳関帝(三国時代の蜀の武将・関羽)廟は、避暑山荘の正門「麗正門」から西南の方向に20メートルほど離れたところにある。清の雍正10(1732)年の創建で、中国で唯一現存する皇帝の勅諭により建てられた関帝廟として知られる。関帝廟は清の乾隆25(1760)年に母屋の両側にある庭が拡張され、乾隆43(1778)年の改修を経て、現在の形となった。かつて朝廷の役人や各民族の首長、外国からの使者が訪れた重要な寺院であった。2002年に大小20余りの建物が再建・修復され、40体以上の塑像が復元された。主に関聖帝君(関帝)を祭っており、境内には三清殿、財神殿、薬王殿、聖母殿などの建物がある。(承徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100601996

  • 2021年10月05日
    (3)三国志の英雄・関羽を祭る関帝廟を訪ねて河北省承徳市

    崇寧殿の廊下に設置された、1日の始まりを告げる鐘「晨鐘(しんしょう)」。(6月22日撮影)中国河北省承徳市の承徳関帝(三国時代の蜀の武将・関羽)廟は、避暑山荘の正門「麗正門」から西南の方向に20メートルほど離れたところにある。清の雍正10(1732)年の創建で、中国で唯一現存する皇帝の勅諭により建てられた関帝廟として知られる。関帝廟は清の乾隆25(1760)年に母屋の両側にある庭が拡張され、乾隆43(1778)年の改修を経て、現在の形となった。かつて朝廷の役人や各民族の首長、外国からの使者が訪れた重要な寺院であった。2002年に大小20余りの建物が再建・修復され、40体以上の塑像が復元された。主に関聖帝君(関帝)を祭っており、境内には三清殿、財神殿、薬王殿、聖母殿などの建物がある。(承徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100601985

  • 2021年10月05日
    (6)三国志の英雄・関羽を祭る関帝廟を訪ねて河北省承徳市

    崇寧殿の前庭。(6月22日撮影)中国河北省承徳市の承徳関帝(三国時代の蜀の武将・関羽)廟は、避暑山荘の正門「麗正門」から西南の方向に20メートルほど離れたところにある。清の雍正10(1732)年の創建で、中国で唯一現存する皇帝の勅諭により建てられた関帝廟として知られる。関帝廟は清の乾隆25(1760)年に母屋の両側にある庭が拡張され、乾隆43(1778)年の改修を経て、現在の形となった。かつて朝廷の役人や各民族の首長、外国からの使者が訪れた重要な寺院であった。2002年に大小20余りの建物が再建・修復され、40体以上の塑像が復元された。主に関聖帝君(関帝)を祭っており、境内には三清殿、財神殿、薬王殿、聖母殿などの建物がある。(承徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100601990

  • 2021年10月05日
    (12)三国志の英雄・関羽を祭る関帝廟を訪ねて河北省承徳市

    関帝廟の崇聖殿。(6月22日撮影)中国河北省承徳市の承徳関帝(三国時代の蜀の武将・関羽)廟は、避暑山荘の正門「麗正門」から西南の方向に20メートルほど離れたところにある。清の雍正10(1732)年の創建で、中国で唯一現存する皇帝の勅諭により建てられた関帝廟として知られる。関帝廟は清の乾隆25(1760)年に母屋の両側にある庭が拡張され、乾隆43(1778)年の改修を経て、現在の形となった。かつて朝廷の役人や各民族の首長、外国からの使者が訪れた重要な寺院であった。2002年に大小20余りの建物が再建・修復され、40体以上の塑像が復元された。主に関聖帝君(関帝)を祭っており、境内には三清殿、財神殿、薬王殿、聖母殿などの建物がある。(承徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100601994

  • 2021年10月05日
    (10)三国志の英雄・関羽を祭る関帝廟を訪ねて河北省承徳市

    関帝の生誕を祝う儀式の会場で、祭壇に置かれた関羽像。(6月22日撮影)中国河北省承徳市の承徳関帝(三国時代の蜀の武将・関羽)廟は、避暑山荘の正門「麗正門」から西南の方向に20メートルほど離れたところにある。清の雍正10(1732)年の創建で、中国で唯一現存する皇帝の勅諭により建てられた関帝廟として知られる。関帝廟は清の乾隆25(1760)年に母屋の両側にある庭が拡張され、乾隆43(1778)年の改修を経て、現在の形となった。かつて朝廷の役人や各民族の首長、外国からの使者が訪れた重要な寺院であった。2002年に大小20余りの建物が再建・修復され、40体以上の塑像が復元された。主に関聖帝君(関帝)を祭っており、境内には三清殿、財神殿、薬王殿、聖母殿などの建物がある。(承徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100601997

  • 2021年10月05日
    (11)三国志の英雄・関羽を祭る関帝廟を訪ねて河北省承徳市

    関帝の生誕を祝う儀式の会場。(6月22日撮影)中国河北省承徳市の承徳関帝(三国時代の蜀の武将・関羽)廟は、避暑山荘の正門「麗正門」から西南の方向に20メートルほど離れたところにある。清の雍正10(1732)年の創建で、中国で唯一現存する皇帝の勅諭により建てられた関帝廟として知られる。関帝廟は清の乾隆25(1760)年に母屋の両側にある庭が拡張され、乾隆43(1778)年の改修を経て、現在の形となった。かつて朝廷の役人や各民族の首長、外国からの使者が訪れた重要な寺院であった。2002年に大小20余りの建物が再建・修復され、40体以上の塑像が復元された。主に関聖帝君(関帝)を祭っており、境内には三清殿、財神殿、薬王殿、聖母殿などの建物がある。(承徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100601999

  • 2021年10月05日
    (5)三国志の英雄・関羽を祭る関帝廟を訪ねて河北省承徳市

    崇寧殿の前庭。(6月22日撮影)中国河北省承徳市の承徳関帝(三国時代の蜀の武将・関羽)廟は、避暑山荘の正門「麗正門」から西南の方向に20メートルほど離れたところにある。清の雍正10(1732)年の創建で、中国で唯一現存する皇帝の勅諭により建てられた関帝廟として知られる。関帝廟は清の乾隆25(1760)年に母屋の両側にある庭が拡張され、乾隆43(1778)年の改修を経て、現在の形となった。かつて朝廷の役人や各民族の首長、外国からの使者が訪れた重要な寺院であった。2002年に大小20余りの建物が再建・修復され、40体以上の塑像が復元された。主に関聖帝君(関帝)を祭っており、境内には三清殿、財神殿、薬王殿、聖母殿などの建物がある。(承徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100601988

  • 2021年10月05日
    (4)三国志の英雄・関羽を祭る関帝廟を訪ねて河北省承徳市

    崇寧殿の廊下で、日暮れ時に打ち鳴らされた太鼓「暮鼓」。(6月22日撮影)中国河北省承徳市の承徳関帝(三国時代の蜀の武将・関羽)廟は、避暑山荘の正門「麗正門」から西南の方向に20メートルほど離れたところにある。清の雍正10(1732)年の創建で、中国で唯一現存する皇帝の勅諭により建てられた関帝廟として知られる。関帝廟は清の乾隆25(1760)年に母屋の両側にある庭が拡張され、乾隆43(1778)年の改修を経て、現在の形となった。かつて朝廷の役人や各民族の首長、外国からの使者が訪れた重要な寺院であった。2002年に大小20余りの建物が再建・修復され、40体以上の塑像が復元された。主に関聖帝君(関帝)を祭っており、境内には三清殿、財神殿、薬王殿、聖母殿などの建物がある。(承徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100601989

  • 2021年10月05日
    (13)三国志の英雄・関羽を祭る関帝廟を訪ねて河北省承徳市

    関帝廟の崇寧殿。(6月22日撮影)中国河北省承徳市の承徳関帝(三国時代の蜀の武将・関羽)廟は、避暑山荘の正門「麗正門」から西南の方向に20メートルほど離れたところにある。清の雍正10(1732)年の創建で、中国で唯一現存する皇帝の勅諭により建てられた関帝廟として知られる。関帝廟は清の乾隆25(1760)年に母屋の両側にある庭が拡張され、乾隆43(1778)年の改修を経て、現在の形となった。かつて朝廷の役人や各民族の首長、外国からの使者が訪れた重要な寺院であった。2002年に大小20余りの建物が再建・修復され、40体以上の塑像が復元された。主に関聖帝君(関帝)を祭っており、境内には三清殿、財神殿、薬王殿、聖母殿などの建物がある。(承徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100601992

  • 2021年10月05日
    (9)三国志の英雄・関羽を祭る関帝廟を訪ねて河北省承徳市

    関帝の生誕を祝う儀式の会場。(6月22日撮影)中国河北省承徳市の承徳関帝(三国時代の蜀の武将・関羽)廟は、避暑山荘の正門「麗正門」から西南の方向に20メートルほど離れたところにある。清の雍正10(1732)年の創建で、中国で唯一現存する皇帝の勅諭により建てられた関帝廟として知られる。関帝廟は清の乾隆25(1760)年に母屋の両側にある庭が拡張され、乾隆43(1778)年の改修を経て、現在の形となった。かつて朝廷の役人や各民族の首長、外国からの使者が訪れた重要な寺院であった。2002年に大小20余りの建物が再建・修復され、40体以上の塑像が復元された。主に関聖帝君(関帝)を祭っており、境内には三清殿、財神殿、薬王殿、聖母殿などの建物がある。(承徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100601998

  • 2021年10月05日
    (2)三国志の英雄・関羽を祭る関帝廟を訪ねて河北省承徳市

    関帝廟の境内に立つ「敕修(ちょくしゅ)関帝廟碑」。(6月22日撮影)中国河北省承徳市の承徳関帝(三国時代の蜀の武将・関羽)廟は、避暑山荘の正門「麗正門」から西南の方向に20メートルほど離れたところにある。清の雍正10(1732)年の創建で、中国で唯一現存する皇帝の勅諭により建てられた関帝廟として知られる。関帝廟は清の乾隆25(1760)年に母屋の両側にある庭が拡張され、乾隆43(1778)年の改修を経て、現在の形となった。かつて朝廷の役人や各民族の首長、外国からの使者が訪れた重要な寺院であった。2002年に大小20余りの建物が再建・修復され、40体以上の塑像が復元された。主に関聖帝君(関帝)を祭っており、境内には三清殿、財神殿、薬王殿、聖母殿などの建物がある。(承徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100601987

  • 2021年10月05日
    (15)三国志の英雄・関羽を祭る関帝廟を訪ねて河北省承徳市

    関帝廟にある山門殿の裏側。(6月22日撮影)中国河北省承徳市の承徳関帝(三国時代の蜀の武将・関羽)廟は、避暑山荘の正門「麗正門」から西南の方向に20メートルほど離れたところにある。清の雍正10(1732)年の創建で、中国で唯一現存する皇帝の勅諭により建てられた関帝廟として知られる。関帝廟は清の乾隆25(1760)年に母屋の両側にある庭が拡張され、乾隆43(1778)年の改修を経て、現在の形となった。かつて朝廷の役人や各民族の首長、外国からの使者が訪れた重要な寺院であった。2002年に大小20余りの建物が再建・修復され、40体以上の塑像が復元された。主に関聖帝君(関帝)を祭っており、境内には三清殿、財神殿、薬王殿、聖母殿などの建物がある。(承徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100602000

  • 2021年10月05日
    (14)三国志の英雄・関羽を祭る関帝廟を訪ねて河北省承徳市

    関帝廟の山門殿。(6月22日撮影)中国河北省承徳市の承徳関帝(三国時代の蜀の武将・関羽)廟は、避暑山荘の正門「麗正門」から西南の方向に20メートルほど離れたところにある。清の雍正10(1732)年の創建で、中国で唯一現存する皇帝の勅諭により建てられた関帝廟として知られる。関帝廟は清の乾隆25(1760)年に母屋の両側にある庭が拡張され、乾隆43(1778)年の改修を経て、現在の形となった。かつて朝廷の役人や各民族の首長、外国からの使者が訪れた重要な寺院であった。2002年に大小20余りの建物が再建・修復され、40体以上の塑像が復元された。主に関聖帝君(関帝)を祭っており、境内には三清殿、財神殿、薬王殿、聖母殿などの建物がある。(承徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100601993

  • 2021年10月05日
    (1)三国志の英雄・関羽を祭る関帝廟を訪ねて河北省承徳市

    関帝廟の財神殿。(6月22日撮影)中国河北省承徳市の承徳関帝(三国時代の蜀の武将・関羽)廟は、避暑山荘の正門「麗正門」から西南の方向に20メートルほど離れたところにある。清の雍正10(1732)年の創建で、中国で唯一現存する皇帝の勅諭により建てられた関帝廟として知られる。関帝廟は清の乾隆25(1760)年に母屋の両側にある庭が拡張され、乾隆43(1778)年の改修を経て、現在の形となった。かつて朝廷の役人や各民族の首長、外国からの使者が訪れた重要な寺院であった。2002年に大小20余りの建物が再建・修復され、40体以上の塑像が復元された。主に関聖帝君(関帝)を祭っており、境内には三清殿、財神殿、薬王殿、聖母殿などの建物がある。(承徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100601986

  • 2021年10月05日
    (7)三国志の英雄・関羽を祭る関帝廟を訪ねて河北省承徳市

    関帝廟の聖母殿。(6月22日撮影)中国河北省承徳市の承徳関帝(三国時代の蜀の武将・関羽)廟は、避暑山荘の正門「麗正門」から西南の方向に20メートルほど離れたところにある。清の雍正10(1732)年の創建で、中国で唯一現存する皇帝の勅諭により建てられた関帝廟として知られる。関帝廟は清の乾隆25(1760)年に母屋の両側にある庭が拡張され、乾隆43(1778)年の改修を経て、現在の形となった。かつて朝廷の役人や各民族の首長、外国からの使者が訪れた重要な寺院であった。2002年に大小20余りの建物が再建・修復され、40体以上の塑像が復元された。主に関聖帝君(関帝)を祭っており、境内には三清殿、財神殿、薬王殿、聖母殿などの建物がある。(承徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100601991

  • 1