KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 東京都港区南麻布
  • 東京南麻布
  • 東京元麻布
  • 東京麻布
  • 東京西麻布
  • 麻布十番
  • 東京都港区西麻布
  • 麻布建物
  • 麻布大渕野辺
  • 警視庁麻布署

「麻布」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
1,010
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
1,010
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年12月07日
    国際色豊かなエリアを散策

    南麻布周辺

  • 2020年12月07日
    国際色豊かなエリアを散策

    南麻布周辺

  • 2020年10月21日
    ペッカ・オルパナ

    フィンランド駐日大使、2020年10月21日撮影、東京・南麻布のフィンランド大使館

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月02日
    わいせつ動画の作成機材 女優の偽わいせつ動画作成

    押収されたパソコンなど、わいせつ動画の作成機材=2日午前、警視庁麻布署

    撮影: 2日午前、警視庁麻布署

  • 2020年09月10日
    富士通本社が入るビル コロナでオフィス市況暗転

    富士通の本社事務所が入るビル=東京都港区

  • 2020年08月07日
    ジムに立つ竹下さん 休館中もつながりを

    会員制のパーソナルトレーニングジム「デポルターレクラブ」に立つ竹下雄真さん。いち早くオンライントレーニングの導入に踏み切った=7月28日、東京・西麻布

    撮影: 7月28日、東京・西麻布

  • 2020年07月27日
    山口小夜子さんと山本さん 山本寛斎さん死去

    1982年11月、東京・麻布のスタジオで山口小夜子さん(左)の衣装をチェックする山本寛斎さん

  • 2020年07月14日
    光明寺・法話 日常に生かす小さな達成感

    テンプルモーニングの提唱者である松本紹圭さん(中央)の法話を聞いた後、近況などを話し合う参加者=東京都港区の光明寺

  • 2020年06月30日
    ペールエリック・ヘーグベリ

    駐日スウェーデン大使、2020年4月9日撮影、東京都港区のスウェーデン大使館

  • 2020年06月19日
    坂上の屋敷、坂下の商店街

    麻布十番駅周辺

  • 2020年06月19日
    坂上の屋敷、坂下の商店街

    麻布十番駅周辺

  • 2020年05月28日
    中央ガスライト24 コロナの中、24時間態勢

    ついたてを設置した東京ガスの緊急保安拠点「中央ガスライト24」=21日、東京・麻布

    撮影: 21日、東京・麻布

  • 2020年05月28日
    機材を点検する班長 コロナの中、24時間態勢

    東京ガスの緊急保安拠点で、感染防止装備を着用して機材を点検する今野隆志班長(左)と上ノ山義治班長=21日、東京・麻布

  • 2020年04月13日
    直線道路 寺社と公園が風格添える

    はるか先まで続く直線道路。土地区画整理を行い、碁盤の目のようになっている=東京都杉並区

    撮影: 東京都杉並区

  • 2020年04月04日
    閑散とする六本木交差点 新型コロナ、感染拡大

    夜間の繁華街利用自粛が求められ、閑散とする六本木の交差点周辺=4日夜、東京都港区

    撮影: 4日夜、東京都港区

  • 2020年03月31日
    高層ビルが立ち並ぶ都心部 東京都で最多、78人感染

    高層ビルが立ち並ぶ東京都心部。中央は東京タワー=31日午後

    撮影: 31日午後

  • 2020年03月31日
    車や人通りが少ない道路 東京都で最多、78人感染

    車や人通りが少ない東京都港区の道路。奥は東京タワー=31日午後

    撮影: 31日午後

  • 2020年03月07日
    チャペルに置かれた消毒液 人生の門出、悩むカップル

    東京都港区の結婚式場「八芳園」。チャペルにはアルコール消毒液が置かれ、スタッフもマスクを着用している=5日

    撮影: 5日

  • 2020年03月07日
    マスク着用のスタッフ 人生の門出、悩むカップル

    東京都港区の結婚式場「八芳園」。チャペルにはアルコール消毒液が置かれ、スタッフもマスクを着用している=5日

    撮影: 5日

  • 2020年02月27日
    日本製鉄が寺田倉庫と共同開発した基底材「カラーチタンパネル」

    日本製鉄は独自開発のチタン材「トランティクシー」を使い、キャンバス(画布)や紙と同じように絵を描ける基底材「カラーチタンパネル」を、寺田倉庫(東京都品川区)と共同開発した。光の干渉でさまざまな色に見えるチタンの発色現象を生かし、麻布のキャンバスや紙、木板などの基底材にはない質感を出せる。寺田倉庫が運営する画材専門の研究・情報発信施設で小売りも手がける「PIGMENT TOKYO=ピグモントーキョー」(同区)の店頭やウェブサイトで販売する。F4号から100センチメートル四方までの各サイズで、価格は消費税抜きで1万1000円から。色彩や風合いは2000種類に上り、水彩を除く絵画や書に使える。塗装をしなくても、光の干渉を操ることでさまざまな色調や質感を出せるチタンの特性を生かし、従来にない表現を追求できる。「カラーチタンパネル」に、書家の真澪さんが作品をしたためて披露した。=2020(令和2)年2月27日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2020年01月10日
    足元を飾る芸術品「天谷麻鞋」甘粛省天水市甘谷県

    10日、甘谷県の麻鞋工場で、仕上がった麻鞋を手にする工場責任者の郭娟(かく・えん)さん(左)とその夫。中国甘粛省天水市甘谷県で生産されるイチビ(青麻)のサンダル「天谷麻鞋」は、足元の芸術品と呼ばれている。史料によると、天谷麻鞋の生産の歴史は後漢以前にまでさかのぼり、イチビを編んでサンダルを作る技術は唐代にはかなり成熟していたという。天谷麻鞋は甘粛省の無形文化遺産リストに登録されている。同県で盛んに生産される青麻は、繊維が丈夫で耐久性があるため、麻鞋の重要な材料になっている。純天然のリネンや麻布、綿布などを用いて伝統的な技法で作られる天谷麻鞋は、通気性が良く爽やかで、防湿性に優れ、滑りにくい。また、足ツボを刺激し、健康増進につながると言われている。21世紀に入り、地元企業は農村の女性とさまざまなスタイルの麻鞋のデザインを打ち出し、手作業で麻鞋を作り続けている。伝統的な麻鞋は、日本や米国、韓国、オーストラリアなどの多くの国に輸出販売されている。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月10日
    足元を飾る芸術品「天谷麻鞋」甘粛省天水市甘谷県

    10日、甘谷県の麻鞋工場で、陳列棚を整理する工場責任者の郭娟(かく・えん)さん。中国甘粛省天水市甘谷県で生産されるイチビ(青麻)のサンダル「天谷麻鞋」は、足元の芸術品と呼ばれている。史料によると、天谷麻鞋の生産の歴史は後漢以前にまでさかのぼり、イチビを編んでサンダルを作る技術は唐代にはかなり成熟していたという。天谷麻鞋は甘粛省の無形文化遺産リストに登録されている。同県で盛んに生産される青麻は、繊維が丈夫で耐久性があるため、麻鞋の重要な材料になっている。純天然のリネンや麻布、綿布などを用いて伝統的な技法で作られる天谷麻鞋は、通気性が良く爽やかで、防湿性に優れ、滑りにくい。また、足ツボを刺激し、健康増進につながると言われている。21世紀に入り、地元企業は農村の女性とさまざまなスタイルの麻鞋のデザインを打ち出し、手作業で麻鞋を作り続けている。伝統的な麻鞋は、日本や米国、韓国、オーストラリアなどの多くの国に輸出販売されている。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月10日
    足元を飾る芸術品「天谷麻鞋」甘粛省天水市甘谷県

    10日、甘谷県の麻鞋工場で生産された伝統的な手作りの麻鞋。中国甘粛省天水市甘谷県で生産されるイチビ(青麻)のサンダル「天谷麻鞋」は、足元の芸術品と呼ばれている。史料によると、天谷麻鞋の生産の歴史は後漢以前にまでさかのぼり、イチビを編んでサンダルを作る技術は唐代にはかなり成熟していたという。天谷麻鞋は甘粛省の無形文化遺産リストに登録されている。同県で盛んに生産される青麻は、繊維が丈夫で耐久性があるため、麻鞋の重要な材料になっている。純天然のリネンや麻布、綿布などを用いて伝統的な技法で作られる天谷麻鞋は、通気性が良く爽やかで、防湿性に優れ、滑りにくい。また、足ツボを刺激し、健康増進につながると言われている。21世紀に入り、地元企業は農村の女性とさまざまなスタイルの麻鞋のデザインを打ち出し、手作業で麻鞋を作り続けている。伝統的な麻鞋は、日本や米国、韓国、オーストラリアなどの多くの国に輸出販売されている。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月10日
    足元を飾る芸術品「天谷麻鞋」甘粛省天水市甘谷県

    10日、甘谷県の麻鞋工場で、ライブ動画(生放送)で商品を紹介する工場責任者の郭娟(かく・えん)さん(右)。中国甘粛省天水市甘谷県で生産されるイチビ(青麻)のサンダル「天谷麻鞋」は、足元の芸術品と呼ばれている。史料によると、天谷麻鞋の生産の歴史は後漢以前にまでさかのぼり、イチビを編んでサンダルを作る技術は唐代にはかなり成熟していたという。天谷麻鞋は甘粛省の無形文化遺産リストに登録されている。同県で盛んに生産される青麻は、繊維が丈夫で耐久性があるため、麻鞋の重要な材料になっている。純天然のリネンや麻布、綿布などを用いて伝統的な技法で作られる天谷麻鞋は、通気性が良く爽やかで、防湿性に優れ、滑りにくい。また、足ツボを刺激し、健康増進につながると言われている。21世紀に入り、地元企業は農村の女性とさまざまなスタイルの麻鞋のデザインを打ち出し、手作業で麻鞋を作り続けている。伝統的な麻鞋は、日本や米国、韓国、オーストラリアなどの多くの国に輸出販売されている。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月10日
    足元を飾る芸術品「天谷麻鞋」甘粛省天水市甘谷県

    10日、甘谷県の麻鞋工場で生産された麻鞋。中国甘粛省天水市甘谷県で生産されるイチビ(青麻)のサンダル「天谷麻鞋」は、足元の芸術品と呼ばれている。史料によると、天谷麻鞋の生産の歴史は後漢以前にまでさかのぼり、イチビを編んでサンダルを作る技術は唐代にはかなり成熟していたという。天谷麻鞋は甘粛省の無形文化遺産リストに登録されている。同県で盛んに生産される青麻は、繊維が丈夫で耐久性があるため、麻鞋の重要な材料になっている。純天然のリネンや麻布、綿布などを用いて伝統的な技法で作られる天谷麻鞋は、通気性が良く爽やかで、防湿性に優れ、滑りにくい。また、足ツボを刺激し、健康増進につながると言われている。21世紀に入り、地元企業は農村の女性とさまざまなスタイルの麻鞋のデザインを打ち出し、手作業で麻鞋を作り続けている。伝統的な麻鞋は、日本や米国、韓国、オーストラリアなどの多くの国に輸出販売されている。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月10日
    足元を飾る芸術品「天谷麻鞋」甘粛省天水市甘谷県

    10日、甘谷県の麻鞋工場で生産された伝統的な麻鞋。中国甘粛省天水市甘谷県で生産されるイチビ(青麻)のサンダル「天谷麻鞋」は、足元の芸術品と呼ばれている。史料によると、天谷麻鞋の生産の歴史は後漢以前にまでさかのぼり、イチビを編んでサンダルを作る技術は唐代にはかなり成熟していたという。天谷麻鞋は甘粛省の無形文化遺産リストに登録されている。同県で盛んに生産される青麻は、繊維が丈夫で耐久性があるため、麻鞋の重要な材料になっている。純天然のリネンや麻布、綿布などを用いて伝統的な技法で作られる天谷麻鞋は、通気性が良く爽やかで、防湿性に優れ、滑りにくい。また、足ツボを刺激し、健康増進につながると言われている。21世紀に入り、地元企業は農村の女性とさまざまなスタイルの麻鞋のデザインを打ち出し、手作業で麻鞋を作り続けている。伝統的な麻鞋は、日本や米国、韓国、オーストラリアなどの多くの国に輸出販売されている。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月10日
    足元を飾る芸術品「天谷麻鞋」甘粛省天水市甘谷県

    10日、甘谷県の麻鞋工場で、従業員が麻鞋を編んでいる。中国甘粛省天水市甘谷県で生産されるイチビ(青麻)のサンダル「天谷麻鞋」は、足元の芸術品と呼ばれている。史料によると、天谷麻鞋の生産の歴史は後漢以前にまでさかのぼり、イチビを編んでサンダルを作る技術は唐代にはかなり成熟していたという。天谷麻鞋は甘粛省の無形文化遺産リストに登録されている。同県で盛んに生産される青麻は、繊維が丈夫で耐久性があるため、麻鞋の重要な材料になっている。純天然のリネンや麻布、綿布などを用いて伝統的な技法で作られる天谷麻鞋は、通気性が良く爽やかで、防湿性に優れ、滑りにくい。また、足ツボを刺激し、健康増進につながると言われている。21世紀に入り、地元企業は農村の女性とさまざまなスタイルの麻鞋のデザインを打ち出し、手作業で麻鞋を作り続けている。伝統的な麻鞋は、日本や米国、韓国、オーストラリアなどの多くの国に輸出販売されている。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月10日
    足元を飾る芸術品「天谷麻鞋」甘粛省天水市甘谷県

    10日、甘谷県の麻鞋工場で、麻鞋の「千層底」を整理する工場責任者の郭娟(かく・えん)さん。中国甘粛省天水市甘谷県で生産されるイチビ(青麻)のサンダル「天谷麻鞋」は、足元の芸術品と呼ばれている。史料によると、天谷麻鞋の生産の歴史は後漢以前にまでさかのぼり、イチビを編んでサンダルを作る技術は唐代にはかなり成熟していたという。天谷麻鞋は甘粛省の無形文化遺産リストに登録されている。同県で盛んに生産される青麻は、繊維が丈夫で耐久性があるため、麻鞋の重要な材料になっている。純天然のリネンや麻布、綿布などを用いて伝統的な技法で作られる天谷麻鞋は、通気性が良く爽やかで、防湿性に優れ、滑りにくい。また、足ツボを刺激し、健康増進につながると言われている。21世紀に入り、地元企業は農村の女性とさまざまなスタイルの麻鞋のデザインを打ち出し、手作業で麻鞋を作り続けている。伝統的な麻鞋は、日本や米国、韓国、オーストラリアなどの多くの国に輸出販売されている。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月10日
    足元を飾る芸術品「天谷麻鞋」甘粛省天水市甘谷県

    10日、甘谷県の麻鞋工場で撮影した麻鞋の製作道具。中国甘粛省天水市甘谷県で生産されるイチビ(青麻)のサンダル「天谷麻鞋」は、足元の芸術品と呼ばれている。史料によると、天谷麻鞋の生産の歴史は後漢以前にまでさかのぼり、イチビを編んでサンダルを作る技術は唐代にはかなり成熟していたという。天谷麻鞋は甘粛省の無形文化遺産リストに登録されている。同県で盛んに生産される青麻は、繊維が丈夫で耐久性があるため、麻鞋の重要な材料になっている。純天然のリネンや麻布、綿布などを用いて伝統的な技法で作られる天谷麻鞋は、通気性が良く爽やかで、防湿性に優れ、滑りにくい。また、足ツボを刺激し、健康増進につながると言われている。21世紀に入り、地元企業は農村の女性とさまざまなスタイルの麻鞋のデザインを打ち出し、手作業で麻鞋を作り続けている。伝統的な麻鞋は、日本や米国、韓国、オーストラリアなどの多くの国に輸出販売されている。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月10日
    足元を飾る芸術品「天谷麻鞋」甘粛省天水市甘谷県

    10日、甘谷県の麻鞋工場で、麻ひもをよる工場責任者の郭娟(かく・えん)さん。中国甘粛省天水市甘谷県で生産されるイチビ(青麻)のサンダル「天谷麻鞋」は、足元の芸術品と呼ばれている。史料によると、天谷麻鞋の生産の歴史は後漢以前にまでさかのぼり、イチビを編んでサンダルを作る技術は唐代にはかなり成熟していたという。天谷麻鞋は甘粛省の無形文化遺産リストに登録されている。同県で盛んに生産される青麻は、繊維が丈夫で耐久性があるため、麻鞋の重要な材料になっている。純天然のリネンや麻布、綿布などを用いて伝統的な技法で作られる天谷麻鞋は、通気性が良く爽やかで、防湿性に優れ、滑りにくい。また、足ツボを刺激し、健康増進につながると言われている。21世紀に入り、地元企業は農村の女性とさまざまなスタイルの麻鞋のデザインを打ち出し、手作業で麻鞋を作り続けている。伝統的な麻鞋は、日本や米国、韓国、オーストラリアなどの多くの国に輸出販売されている。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月10日
    足元を飾る芸術品「天谷麻鞋」甘粛省天水市甘谷県

    10日、甘谷県の麻鞋工場で、従業員が靴底を縫っている。中国甘粛省天水市甘谷県で生産されるイチビ(青麻)のサンダル「天谷麻鞋」は、足元の芸術品と呼ばれている。史料によると、天谷麻鞋の生産の歴史は後漢以前にまでさかのぼり、イチビを編んでサンダルを作る技術は唐代にはかなり成熟していたという。天谷麻鞋は甘粛省の無形文化遺産リストに登録されている。同県で盛んに生産される青麻は、繊維が丈夫で耐久性があるため、麻鞋の重要な材料になっている。純天然のリネンや麻布、綿布などを用いて伝統的な技法で作られる天谷麻鞋は、通気性が良く爽やかで、防湿性に優れ、滑りにくい。また、足ツボを刺激し、健康増進につながると言われている。21世紀に入り、地元企業は農村の女性とさまざまなスタイルの麻鞋のデザインを打ち出し、手作業で麻鞋を作り続けている。伝統的な麻鞋は、日本や米国、韓国、オーストラリアなどの多くの国に輸出販売されている。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月10日
    足元を飾る芸術品「天谷麻鞋」甘粛省天水市甘谷県

    10日、甘谷県の麻鞋工場で、従業員が麻ひもをよっている。中国甘粛省天水市甘谷県で生産されるイチビ(青麻)のサンダル「天谷麻鞋」は、足元の芸術品と呼ばれている。史料によると、天谷麻鞋の生産の歴史は後漢以前にまでさかのぼり、イチビを編んでサンダルを作る技術は唐代にはかなり成熟していたという。天谷麻鞋は甘粛省の無形文化遺産リストに登録されている。同県で盛んに生産される青麻は、繊維が丈夫で耐久性があるため、麻鞋の重要な材料になっている。純天然のリネンや麻布、綿布などを用いて伝統的な技法で作られる天谷麻鞋は、通気性が良く爽やかで、防湿性に優れ、滑りにくい。また、足ツボを刺激し、健康増進につながると言われている。21世紀に入り、地元企業は農村の女性とさまざまなスタイルの麻鞋のデザインを打ち出し、手作業で麻鞋を作り続けている。伝統的な麻鞋は、日本や米国、韓国、オーストラリアなどの多くの国に輸出販売されている。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月10日
    足元を飾る芸術品「天谷麻鞋」甘粛省天水市甘谷県

    10日、甘谷県の麻鞋工場で、従業員と麻鞋を作る工場責任者の郭娟(かく・えん)さん(右から2人目)。中国甘粛省天水市甘谷県で生産されるイチビ(青麻)のサンダル「天谷麻鞋」は、足元の芸術品と呼ばれている。史料によると、天谷麻鞋の生産の歴史は後漢以前にまでさかのぼり、イチビを編んでサンダルを作る技術は唐代にはかなり成熟していたという。天谷麻鞋は甘粛省の無形文化遺産リストに登録されている。同県で盛んに生産される青麻は、繊維が丈夫で耐久性があるため、麻鞋の重要な材料になっている。純天然のリネンや麻布、綿布などを用いて伝統的な技法で作られる天谷麻鞋は、通気性が良く爽やかで、防湿性に優れ、滑りにくい。また、足ツボを刺激し、健康増進につながると言われている。21世紀に入り、地元企業は農村の女性とさまざまなスタイルの麻鞋のデザインを打ち出し、手作業で麻鞋を作り続けている。伝統的な麻鞋は、日本や米国、韓国、オーストラリアなどの多くの国に輸出販売されている。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月10日
    足元を飾る芸術品「天谷麻鞋」甘粛省天水市甘谷県

    10日、甘谷県の麻鞋工場で生産された麻鞋の「千層底」。中国甘粛省天水市甘谷県で生産されるイチビ(青麻)のサンダル「天谷麻鞋」は、足元の芸術品と呼ばれている。史料によると、天谷麻鞋の生産の歴史は後漢以前にまでさかのぼり、イチビを編んでサンダルを作る技術は唐代にはかなり成熟していたという。天谷麻鞋は甘粛省の無形文化遺産リストに登録されている。同県で盛んに生産される青麻は、繊維が丈夫で耐久性があるため、麻鞋の重要な材料になっている。純天然のリネンや麻布、綿布などを用いて伝統的な技法で作られる天谷麻鞋は、通気性が良く爽やかで、防湿性に優れ、滑りにくい。また、足ツボを刺激し、健康増進につながると言われている。21世紀に入り、地元企業は農村の女性とさまざまなスタイルの麻鞋のデザインを打ち出し、手作業で麻鞋を作り続けている。伝統的な麻鞋は、日本や米国、韓国、オーストラリアなどの多くの国に輸出販売されている。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月08日
    イラン大使館 イラン大使館

    イラン大使館=2020年1月8日、東京都港区南麻布3丁目13―9

    撮影: 2020年1月8日、東京都港区南麻布3丁目13―9

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年11月02日
    蘇るいにしえの道「千山共色−シルクロード文明特別展」開催北京市

    2日、新疆ウイグル自治区トルファン市のアスターナ古墓群77号墓から出土した唐代(618年~907年)の「伏羲女媧麻布画」。(新疆ウイグル自治区博物館蔵)中国北京市の北京大学サックラー考古学・芸術博物館で、2019年11月1日~2020年2月28日、中華人民共和国成立70周年を祝い、北京大学と新疆ウイグル自治区文物局が共催するシルクロード各地から出土した貴重な文物を集めた「千山共色−シルクロード文明特別展」が開かれている。また、北京フォーラムも1日に開幕した。同展には北京ではめったに見ることができない中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州チャルクリク県ロプノールの小河墓地から出土した女性ミイラ「小河の王女」や同自治州ロプノール県営盤墓地から出土した男性の遺体「営盤男子」が身につけていた衣服・装飾品および「三国志・呉書・孫権伝」の写本の断片などを含む新疆ウイグル自治区博物館、新疆ウイグル自治区文物考古研究所、トルファン博物館およびMウッズ美術館など11の博物館が所蔵する貴重な文物計70点(組)が展示されている。(北京=新華社配信)=2019(令和元)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月23日
    「中国無形文化遺産の花」、麻布刺しゅう

    23日、自身の工房で刺しゅう職人と夏布刺しゅう作品の創作に適した布地を選ぶ張小紅さん(右)。今年61歳になる張小紅(ちょう・しょうこう)さんは、国家級無形文化遺産「夏布刺しゅう」の代表的継承者。張さんは長年にわたり夏布の品質改良を重ね、さらに6種類の新しい技法を考案した。素材に合わせた技法を用い、民間の麻布刺しゅうを芸術性の高い夏布刺しゅうに昇華させ、作品の美的価値を大幅に向上させた。夏布の原料となる苧麻(ちょま、カラムシ)は、2600年前にはすでに江西省の古越族先住民によって栽培が始まっていたため、国際的には「中国草」と呼ばれている。俗称を「麻布刺しゅう」ともいう夏布刺しゅうの起源は北宋(960~1127年)にさかのぼり、千年の時を経て今日まで伝わっている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月23日
    「中国無形文化遺産の花」、麻布刺しゅう

    23日、自身の工房で刺しゅうの図案を描く張小紅さん。今年61歳になる張小紅(ちょう・しょうこう)さんは、国家級無形文化遺産「夏布刺しゅう」の代表的継承者。張さんは長年にわたり夏布の品質改良を重ね、さらに6種類の新しい技法を考案した。素材に合わせた技法を用い、民間の麻布刺しゅうを芸術性の高い夏布刺しゅうに昇華させ、作品の美的価値を大幅に向上させた。夏布の原料となる苧麻(ちょま、カラムシ)は、2600年前にはすでに江西省の古越族先住民によって栽培が始まっていたため、国際的には「中国草」と呼ばれている。俗称を「麻布刺しゅう」ともいう夏布刺しゅうの起源は北宋(960~1127年)にさかのぼり、千年の時を経て今日まで伝わっている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月23日
    「中国無形文化遺産の花」、麻布刺しゅう

    23日、張小紅さんが「第9回中国民間文芸山花賞」を受賞した夏布刺しゅう作品「清明上河図」の一部。今年61歳になる張小紅(ちょう・しょうこう)さんは、国家級無形文化遺産「夏布刺しゅう」の代表的継承者。張さんは長年にわたり夏布の品質改良を重ね、さらに6種類の新しい技法を考案した。素材に合わせた技法を用い、民間の麻布刺しゅうを芸術性の高い夏布刺しゅうに昇華させ、作品の美的価値を大幅に向上させた。夏布の原料となる苧麻(ちょま、カラムシ)は、2600年前にはすでに江西省の古越族先住民によって栽培が始まっていたため、国際的には「中国草」と呼ばれている。俗称を「麻布刺しゅう」ともいう夏布刺しゅうの起源は北宋(960~1127年)にさかのぼり、千年の時を経て今日まで伝わっている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月23日
    「中国無形文化遺産の花」、麻布刺しゅう

    23日、自身の工房で刺しゅうをする張小紅さん。今年61歳になる張小紅(ちょう・しょうこう)さんは、国家級無形文化遺産「夏布刺しゅう」の代表的継承者。張さんは長年にわたり夏布の品質改良を重ね、さらに6種類の新しい技法を考案した。素材に合わせた技法を用い、民間の麻布刺しゅうを芸術性の高い夏布刺しゅうに昇華させ、作品の美的価値を大幅に向上させた。夏布の原料となる苧麻(ちょま、カラムシ)は、2600年前にはすでに江西省の古越族先住民によって栽培が始まっていたため、国際的には「中国草」と呼ばれている。俗称を「麻布刺しゅう」ともいう夏布刺しゅうの起源は北宋(960~1127年)にさかのぼり、千年の時を経て今日まで伝わっている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月23日
    「中国無形文化遺産の花」、麻布刺しゅう

    23日、張小紅さんの私設博物館内に飾られた、張さんの手による夏布刺しゅう作品。今年61歳になる張小紅(ちょう・しょうこう)さんは、国家級無形文化遺産「夏布刺しゅう」の代表的継承者。張さんは長年にわたり夏布の品質改良を重ね、さらに6種類の新しい技法を考案した。素材に合わせた技法を用い、民間の麻布刺しゅうを芸術性の高い夏布刺しゅうに昇華させ、作品の美的価値を大幅に向上させた。夏布の原料となる苧麻(ちょま、カラムシ)は、2600年前にはすでに江西省の古越族先住民によって栽培が始まっていたため、国際的には「中国草」と呼ばれている。俗称を「麻布刺しゅう」ともいう夏布刺しゅうの起源は北宋(960~1127年)にさかのぼり、千年の時を経て今日まで伝わっている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月23日
    「中国無形文化遺産の花」、麻布刺しゅう

    23日、張小紅さんの私設博物館内に飾られた、張さんの手による夏布刺しゅう作品。今年61歳になる張小紅(ちょう・しょうこう)さんは、国家級無形文化遺産「夏布刺しゅう」の代表的継承者。張さんは長年にわたり夏布の品質改良を重ね、さらに6種類の新しい技法を考案した。素材に合わせた技法を用い、民間の麻布刺しゅうを芸術性の高い夏布刺しゅうに昇華させ、作品の美的価値を大幅に向上させた。夏布の原料となる苧麻(ちょま、カラムシ)は、2600年前にはすでに江西省の古越族先住民によって栽培が始まっていたため、国際的には「中国草」と呼ばれている。俗称を「麻布刺しゅう」ともいう夏布刺しゅうの起源は北宋(960~1127年)にさかのぼり、千年の時を経て今日まで伝わっている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月23日
    「中国無形文化遺産の花」、麻布刺しゅう

    23日、張小紅さんの私設博物館に展示された民間の夏布刺しゅう作品。今年61歳になる張小紅(ちょう・しょうこう)さんは、国家級無形文化遺産「夏布刺しゅう」の代表的継承者。張さんは長年にわたり夏布の品質改良を重ね、さらに6種類の新しい技法を考案した。素材に合わせた技法を用い、民間の麻布刺しゅうを芸術性の高い夏布刺しゅうに昇華させ、作品の美的価値を大幅に向上させた。夏布の原料となる苧麻(ちょま、カラムシ)は、2600年前にはすでに江西省の古越族先住民によって栽培が始まっていたため、国際的には「中国草」と呼ばれている。俗称を「麻布刺しゅう」ともいう夏布刺しゅうの起源は北宋(960~1127年)にさかのぼり、千年の時を経て今日まで伝わっている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月23日
    「中国無形文化遺産の花」、麻布刺しゅう

    23日、自身の工房で刺しゅう職人を指導する張小紅さん。今年61歳になる張小紅(ちょう・しょうこう)さんは、国家級無形文化遺産「夏布刺しゅう」の代表的継承者。張さんは長年にわたり夏布の品質改良を重ね、さらに6種類の新しい技法を考案した。素材に合わせた技法を用い、民間の麻布刺しゅうを芸術性の高い夏布刺しゅうに昇華させ、作品の美的価値を大幅に向上させた。夏布の原料となる苧麻(ちょま、カラムシ)は、2600年前にはすでに江西省の古越族先住民によって栽培が始まっていたため、国際的には「中国草」と呼ばれている。俗称を「麻布刺しゅう」ともいう夏布刺しゅうの起源は北宋(960~1127年)にさかのぼり、千年の時を経て今日まで伝わっている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月23日
    「中国無形文化遺産の花」、麻布刺しゅう

    23日、自身の工房で刺しゅう糸を選ぶ張小紅さん。今年61歳になる張小紅(ちょう・しょうこう)さんは、国家級無形文化遺産「夏布刺しゅう」の代表的継承者。張さんは長年にわたり夏布の品質改良を重ね、さらに6種類の新しい技法を考案した。素材に合わせた技法を用い、民間の麻布刺しゅうを芸術性の高い夏布刺しゅうに昇華させ、作品の美的価値を大幅に向上させた。夏布の原料となる苧麻(ちょま、カラムシ)は、2600年前にはすでに江西省の古越族先住民によって栽培が始まっていたため、国際的には「中国草」と呼ばれている。俗称を「麻布刺しゅう」ともいう夏布刺しゅうの起源は北宋(960~1127年)にさかのぼり、千年の時を経て今日まで伝わっている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月23日
    「中国無形文化遺産の花」、麻布刺しゅう

    23日、自身の工房で刺しゅうをする張小紅さん。今年61歳になる張小紅(ちょう・しょうこう)さんは、国家級無形文化遺産「夏布刺しゅう」の代表的継承者。張さんは長年にわたり夏布の品質改良を重ね、さらに6種類の新しい技法を考案した。素材に合わせた技法を用い、民間の麻布刺しゅうを芸術性の高い夏布刺しゅうに昇華させ、作品の美的価値を大幅に向上させた。夏布の原料となる苧麻(ちょま、カラムシ)は、2600年前にはすでに江西省の古越族先住民によって栽培が始まっていたため、国際的には「中国草」と呼ばれている。俗称を「麻布刺しゅう」ともいう夏布刺しゅうの起源は北宋(960~1127年)にさかのぼり、千年の時を経て今日まで伝わっている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月23日
    「中国無形文化遺産の花」、麻布刺しゅう

    23日、自身の工房で刺しゅう職人を指導する張小紅さん(左)。今年61歳になる張小紅(ちょう・しょうこう)さんは、国家級無形文化遺産「夏布刺しゅう」の代表的継承者。張さんは長年にわたり夏布の品質改良を重ね、さらに6種類の新しい技法を考案した。素材に合わせた技法を用い、民間の麻布刺しゅうを芸術性の高い夏布刺しゅうに昇華させ、作品の美的価値を大幅に向上させた。夏布の原料となる苧麻(ちょま、カラムシ)は、2600年前にはすでに江西省の古越族先住民によって栽培が始まっていたため、国際的には「中国草」と呼ばれている。俗称を「麻布刺しゅう」ともいう夏布刺しゅうの起源は北宋(960~1127年)にさかのぼり、千年の時を経て今日まで伝わっている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月23日
    「中国無形文化遺産の花」、麻布刺しゅう

    23日、自身の工房で刺しゅうをする張小紅さん。今年61歳になる張小紅(ちょう・しょうこう)さんは、国家級無形文化遺産「夏布刺しゅう」の代表的継承者。張さんは長年にわたり夏布の品質改良を重ね、さらに6種類の新しい技法を考案した。素材に合わせた技法を用い、民間の麻布刺しゅうを芸術性の高い夏布刺しゅうに昇華させ、作品の美的価値を大幅に向上させた。夏布の原料となる苧麻(ちょま、カラムシ)は、2600年前にはすでに江西省の古越族先住民によって栽培が始まっていたため、国際的には「中国草」と呼ばれている。俗称を「麻布刺しゅう」ともいう夏布刺しゅうの起源は北宋(960~1127年)にさかのぼり、千年の時を経て今日まで伝わっている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月18日
    ホンダのフリード ホンダ、フリード一部改良

    ホンダの「フリード」=9月10日、東京都港区

    撮影: 9月10日、東京都港区

  • 2019年10月18日
    フリード クロスター ホンダ、フリード一部改良

    ホンダの「フリード クロスター」=9月10日、東京都港区

    撮影: 9月10日、東京都港区

  • 2019年10月12日
    悠久の時を経て輝きを増す「脱胎漆器」江西省上饒市

    12日、自宅で漆器の素地(きじ)に麻布を貼りつける丁国坤さん。「鄱陽脱胎漆器髹漆(きゅうしつ、漆塗を主とする漆芸技法)技術」の国家級無形文化遺産の継承者、中国江西省上饒(じょうじょう)市鄱陽県鄱陽鎮の丁国坤(てい・こくこん)さん(76)は、脱胎漆器(芯材を持たない漆器)の制作で、これまで「中国工芸美術百花賞」などの賞を数多く受賞してきた。丁さんは1973年に2人の漆芸師と協力し、伝統技術をもとに初めて開発した「鋳型凝固離型法」で従来の古いやり方を改良し、脱胎漆器の成形技術を新たなレベルに引き上げることに成功した。景徳鎮の陶磁器、北京の景泰藍(七宝焼)とともに「中華三宝」と称される脱胎漆器の制作は漢代に始まり、明清代以降には長江以南の地域で盛んになった。天然漆、綿麻の布を用いて伝統的な技法で作られる漆器は、防湿、電気絶縁性、耐酸性、防腐性、無毒などの特徴を備え、しっかりした素地や上品な装飾、調和のとれた色彩で国内外に知られている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月30日
    記帳する安倍首相 首相、仏大使館を弔問

    フランスのシラク元大統領の死去を受け、同国大使館を弔問し記帳する安倍首相=30日午後、東京・南麻布(代表撮影)

    撮影: 30日午後、東京・南麻布

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月07日
    桜井日奈子さん 一日署長に桜井日奈子さん

    警視庁麻布署の一日署長を務める女優の桜井日奈子さん=7日午後、東京都港区

    撮影: 7日午後、東京都港区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月07日
    パレードする桜井さん 一日署長に桜井日奈子さん

    警視庁麻布署の一日署長を務めパレードする女優の桜井日奈子さん=7日午後、東京都港区

    撮影: 7日午後、東京都港区

  • 01:39.49
    2019年08月22日
    日本一の超高層ビル建設 森ビル、330メートル計画

    森ビル(東京)は22日、東京都港区の虎ノ門、麻布台地区で進める大規模な再開発計画を発表した。目玉はオフィスやマンションを含む高さ約330メートルの超高層ビルの建設で、完成を予定する2023年時点では、大阪市の「あべのハルカス」(300メートル)を抜き、日本一の高さとなる見通し。総事業費は6千億円規模で、森ビルとして過去最大級の開発となる。〈映像内容〉辻慎吾社長のプロジェクト説明、模型撮り、撮影日:2019(令和元)年8月22日、撮影場所:東京都港区

    撮影: 2019(令和元)年8月22日

  • 2019年08月08日
    プレーする岩井さん 現役!じいさんずラグビー

    80代を示す紫のパンツでプレーする私立麻布高OBの岩井易さん(右)=6月、東京都品川区の都立小山台高

  • 2019年08月08日
    肩を組む80代ラガーマン 現役!じいさんずラグビー

    対抗戦を終え、酒を酌み交わし肩を組む都立小山台高OBの川崎正孝さん(中央)と私立麻布高OBの岩井易さん(右)ら=6月、東京都品川区

  • 2019年08月08日
    競り合う70代ラガーマン 現役!じいさんずラグビー

    対抗戦で競り合う私立麻布高(手前左)と都立小山台高(同右)のOBたち。ともに70代を示す黄色のパンツを身につけている=6月、東京都品川区

  • 2019年06月22日
    レコーディングスタジオ 独自撮影で訴え強調

    参院選に向け、政見放送用の音声を収録する東京・麻布十番のレコーディングスタジオ=18日

    撮影: 18日

  • 2019年06月21日
    園児と交流される両陛下 両陛下が都内の保育園訪問

    東京・六本木の港区立麻布保育園を訪れ、園児と交流される天皇、皇后両陛下=21日午前(代表撮影)

    撮影: 21日午前

  • 2019年06月21日
    交流される天皇、皇后両陛下 両陛下が都内の保育園訪問

    東京・六本木の港区立麻布保育園を訪れ、園児と交流される天皇、皇后両陛下=21日午前(代表撮影)

    撮影: 21日午前

  • 2019年06月21日
    交流される両陛下 両陛下が都内の保育園訪問

    東京・六本木の港区立麻布保育園を訪れ、園児と交流される天皇、皇后両陛下=21日午前(代表撮影)

    撮影: 21日午前

  • 2019年06月21日
    訪問された両陛下 両陛下が都内の保育園訪問

    東京・六本木の港区立麻布保育園を訪問された天皇、皇后両陛下=21日午前(代表撮影)

    撮影: 21日午前

  • 2019年06月21日
    保育園訪問された両陛下 両陛下が都内の保育園訪問

    東京・六本木の港区立麻布保育園を訪問された天皇、皇后両陛下=21日午前(代表撮影)

    撮影: 21日午前

  • 2019年04月07日
    文化観光ビジネスで古村の貧困脱却を後押し雲南省板江村

    7日、織り機で麻布を織る板江村の村民、陸乜茹(りく・ばじょ)さん。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州の広南県板江(ばんこう)村は、数百年の歴史を有する村落で、中国伝統村落リストに登録されている。この村は山の奥深くにあり、交通が不便なことから、貧困問題にこれまで悩まされてきた。同村は2017年に民宿と文化クリエイティブ、観光を組み合わせた新型の文化観光プロジェクトを導入し、地元の伝統ある村落の建物やしきたり、祝日・行事、手工芸などの文化を優れたカルチャー製品に転化して、農村の貧困脱却を後押ししている。(広南=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年04月07日
    文化観光ビジネスで古村の貧困脱却を後押し雲南省板江村

    7日、草木染の麻布を干す板江村の村民、李乜修(り・ばしゅう)さん。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州の広南県板江(ばんこう)村は、数百年の歴史を有する村落で、中国伝統村落リストに登録されている。この村は山の奥深くにあり、交通が不便なことから、貧困問題にこれまで悩まされてきた。同村は2017年に民宿と文化クリエイティブ、観光を組み合わせた新型の文化観光プロジェクトを導入し、地元の伝統ある村落の建物やしきたり、祝日・行事、手工芸などの文化を優れたカルチャー製品に転化して、農村の貧困脱却を後押ししている。(広南=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:16.64
    2019年04月02日
    「新華社」夏布刺しゅう復興への道江西省

    中国上海市で3月中旬、中国国際紡績生地および補助材料博覧会が開催され、刺しゅう作品「曹知白山水」が多くの来場者の注目を集めた。作者の張小紅(ちょう・しょうこう)さんは今年61歳で、国家級無形文化遺産保護プロジェクト「夏布刺しゅう」の代表的継承者。張さんが今回出展した作品は、元代の著名な画家が描いた山水画を、夏布刺しゅうの技術で再創造したものとなっている。張さんは2002年、蘇州市を訪れ半年間刺しゅう芸術を学んだ。学び終えた張さんは「他人と同じ道ではなく、地方の特色あふれる刺しゅうを作りたい」と考え、故郷に戻り起業した。江西省分宜(ぶんぎ)県は中国夏布の故郷となっている。夏布はイラクサ科の多年生植物苧麻(カラムシ、ちょま)を原料としている。江西省の古越族先住民が2600年前に栽培を始めた苧麻は、国際的には「中国草」と呼ばれている。張さんは夏布の品質を改良しただけでなく、新たに6種類の刺しゅうの技法を編み出した。材料に合わせた技術を用いて、千年の歴史を持つ民間麻布刺しゅうを現在の夏布芸術刺しゅうへと昇華させ、作品の芸術的・審美的価値を大きく向上させた。張さんは2014年、国家級無形文化遺産保護プロジェクト「夏布刺しゅう」の代表的継承者に認定された。日ごとに希少化する民間刺しゅうを継承し保護するため、張さんは江西省中西部地区の隅々にまで足を運び、民間に点在する古い刺しゅう作品を広く収集し、個人で夏布刺しゅう博物館を設立、1100点の刺しゅう作品を収蔵している。これまでの20年余りで、張さんは2千人以上の刺しゅう娘を無償で養成してきた。その中にはリストラされた女性労働者や身体障害者もいる。(記者/黄浩然、田耘)<映像内容>「夏布刺しゅう」制作の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月26日
    夏布刺しゅう復興への道江西省

    3月26日、刺しゅうをする張小紅さん(左)と呉婉菁(ご・えんせい)さん。中国上海市で3月中旬、中国国際紡績生地および補助材料博覧会が開催され、刺しゅう作品「曹知白山水」が多くの来場者の注目を集めた。作者の張小紅(ちょう・しょうこう)さんは今年61歳で、国家級無形文化遺産保護プロジェクト「夏布刺しゅう」の代表的継承者。張さんが今回出展した作品は、元代の著名な画家が描いた山水画を、夏布刺しゅうの技術で再創造したものとなっている。張さんは夏布の品質を改良しただけでなく、新たに6種類の刺しゅうの技法を編み出した。材料に合わせた技術を用いて、千年の歴史を持つ民間麻布刺しゅうを現在の夏布芸術刺しゅうへと昇華させ、作品の芸術的・審美的価値を大きく向上させた。(南昌=新華社記者/田耘)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月26日
    夏布刺しゅう復興への道江西省

    3月26日に撮影した張小紅チームの刺しゅう工房の様子。中国上海市で3月中旬、中国国際紡績生地および補助材料博覧会が開催され、刺しゅう作品「曹知白山水」が多くの来場者の注目を集めた。作者の張小紅(ちょう・しょうこう)さんは今年61歳で、国家級無形文化遺産保護プロジェクト「夏布刺しゅう」の代表的継承者。張さんが今回出展した作品は、元代の著名な画家が描いた山水画を、夏布刺しゅうの技術で再創造したものとなっている。張さんは夏布の品質を改良しただけでなく、新たに6種類の刺しゅうの技法を編み出した。材料に合わせた技術を用いて、千年の歴史を持つ民間麻布刺しゅうを現在の夏布芸術刺しゅうへと昇華させ、作品の芸術的・審美的価値を大きく向上させた。(南昌=新華社記者/田耘)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月26日
    夏布刺しゅう復興への道江西省

    3月26日、刺しゅうをする張小紅チームの刺しゅう娘。中国上海市で3月中旬、中国国際紡績生地および補助材料博覧会が開催され、刺しゅう作品「曹知白山水」が多くの来場者の注目を集めた。作者の張小紅(ちょう・しょうこう)さんは今年61歳で、国家級無形文化遺産保護プロジェクト「夏布刺しゅう」の代表的継承者。張さんが今回出展した作品は、元代の著名な画家が描いた山水画を、夏布刺しゅうの技術で再創造したものとなっている。張さんは夏布の品質を改良しただけでなく、新たに6種類の刺しゅうの技法を編み出した。材料に合わせた技術を用いて、千年の歴史を持つ民間麻布刺しゅうを現在の夏布芸術刺しゅうへと昇華させ、作品の芸術的・審美的価値を大きく向上させた。(南昌=新華社記者/田耘)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月21日
    統一地方選で党首ら第一声
  • 2019年03月21日
    統一地方選で党首ら第一声
  • 2019年03月21日
    統一地方選で党首ら第一声
  • 2019年03月21日
    統一地方選で党首ら第一声
  • 2019年03月21日
    希望の党の松沢代表 統一地方選で党首ら第一声

    統一地方選がスタートし、街頭演説する希望の党の松沢代表=21日午後、東京・麻布十番

    撮影: 21日午後、東京・麻布十番

  • 2019年03月21日
    統一地方選で党首ら第一声
  • 2019年03月21日
    統一地方選で党首ら第一声
  • 2019年03月21日
    統一地方選で党首ら第一声
  • 2019年03月21日
    統一地方選で党首ら第一声
  • 2019年03月21日
    統一地方選で党首ら第一声
  • 2019年03月21日
    統一地方選で党首ら第一声
  • 2019年03月21日
    統一地方選で党首ら第一声
  • 2019年03月21日
    統一地方選で党首ら第一声
  • 2019年03月21日
    統一地方選で党首ら第一声
  • 2019年03月21日
    統一地方選で党首ら第一声
  • 2019年03月21日
    統一地方選で党首ら第一声
  • 2019年02月04日
    地形に見るお江戸の名残

    港区六本木・麻布周辺

  • 2019年02月04日
    地形に見るお江戸の名残

    港区六本木・麻布周辺

  • 2019年02月04日
    区立麻布小学校 地形に残るお江戸の名残

    米沢藩上杉家の屋敷や紀州徳川家の邸宅があった場所に立つ区立麻布小学校=東京都港区

    撮影: 東京都港区

  • 2019年02月01日
    「雪域の光―チベット·チャムドタンカ芸術展」、福建省で開催

    1日、チベット・チャムドのタンカの流派、康勉薩派の伝承者であるチュシュンツェリンさんのチベット医学を題材としたタンカ作品。中国の福建省とチベット自治区の人々の相互理解を深め、双方の深い文化交流を促進することを目的とした福建省文化・観光庁の主催する「雪域の光―チベット・チャムドタンカ芸術展」が1日、長い歴史・文化を持つ同省福州市の「三坊七巷」街区で開幕、タンカ(チベット仏教の仏画)芸術の優れた作品40点が展示された。チベット自治区チャムド市は、古くから「チベット東部の真珠」と呼ばれる、康巴(カンパ)文化発祥の地だ。タンカはチベット特有の絵画芸術で、すでに1300年余りの歴史を有している。天然の鉱物顔料を使用し、麻布の上に絵を描いてカラフルな布で表装、きらびやかで美しい。描かれるのは宗教を題材にしたものが主だが、歴史、天文学、暦算、医学などの内容も兼ね備えており、チベット歴史文化の百科事典とされている。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月01日
    「雪域の光―チベット·チャムドタンカ芸術展」、福建省で開催

    1日、漆工芸とタンカを融合させた作品を制作するチベット自治区のリンチェンナムギャルさん。中国の福建省とチベット自治区の人々の相互理解を深め、双方の深い文化交流を促進することを目的とした福建省文化・観光庁の主催する「雪域の光―チベット・チャムドタンカ芸術展」が1日、長い歴史・文化を持つ同省福州市の「三坊七巷」街区で開幕、タンカ(チベット仏教の仏画)芸術の優れた作品40点が展示された。チベット自治区チャムド市は、古くから「チベット東部の真珠」と呼ばれる、康巴(カンパ)文化発祥の地だ。タンカはチベット特有の絵画芸術で、すでに1300年余りの歴史を有している。天然の鉱物顔料を使用し、麻布の上に絵を描いてカラフルな布で表装、きらびやかで美しい。描かれるのは宗教を題材にしたものが主だが、歴史、天文学、暦算、医学などの内容も兼ね備えており、チベット歴史文化の百科事典とされている。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月01日
    「雪域の光―チベット·チャムドタンカ芸術展」、福建省で開催

    1日、チベット・チャムドのタンカの流派、康勉薩派の伝承者であるチュシュンツェリンさんのチベット医学を題材としたタンカ作品。中国の福建省とチベット自治区の人々の相互理解を深め、双方の深い文化交流を促進することを目的とした福建省文化・観光庁の主催する「雪域の光―チベット・チャムドタンカ芸術展」が1日、長い歴史・文化を持つ同省福州市の「三坊七巷」街区で開幕、タンカ(チベット仏教の仏画)芸術の優れた作品40点が展示された。チベット自治区チャムド市は、古くから「チベット東部の真珠」と呼ばれる、康巴(カンパ)文化発祥の地だ。タンカはチベット特有の絵画芸術で、すでに1300年余りの歴史を有している。天然の鉱物顔料を使用し、麻布の上に絵を描いてカラフルな布で表装、きらびやかで美しい。描かれるのは宗教を題材にしたものが主だが、歴史、天文学、暦算、医学などの内容も兼ね備えており、チベット歴史文化の百科事典とされている。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月01日
    「雪域の光―チベット·チャムドタンカ芸術展」、福建省で開催

    1日、漆工芸とタンカを融合させた作品を制作するチベット自治区のリンチェンナムギャルさん。中国の福建省とチベット自治区の人々の相互理解を深め、双方の深い文化交流を促進することを目的とした福建省文化・観光庁の主催する「雪域の光―チベット・チャムドタンカ芸術展」が1日、長い歴史・文化を持つ同省福州市の「三坊七巷」街区で開幕、タンカ(チベット仏教の仏画)芸術の優れた作品40点が展示された。チベット自治区チャムド市は、古くから「チベット東部の真珠」と呼ばれる、康巴(カンパ)文化発祥の地だ。タンカはチベット特有の絵画芸術で、すでに1300年余りの歴史を有している。天然の鉱物顔料を使用し、麻布の上に絵を描いてカラフルな布で表装、きらびやかで美しい。描かれるのは宗教を題材にしたものが主だが、歴史、天文学、暦算、医学などの内容も兼ね備えており、チベット歴史文化の百科事典とされている。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月01日
    「雪域の光―チベット·チャムドタンカ芸術展」、福建省で開催

    1日、チベット・チャムドのタンカの流派、康勉薩派の伝承者であるチュシュンツェリンさんのチベット医学を題材としたタンカ作品を紹介するチベット自治区から来たドルマさん。中国の福建省とチベット自治区の人々の相互理解を深め、双方の深い文化交流を促進することを目的とした福建省文化・観光庁の主催する「雪域の光―チベット・チャムドタンカ芸術展」が1日、長い歴史・文化を持つ同省福州市の「三坊七巷」街区で開幕、タンカ(チベット仏教の仏画)芸術の優れた作品40点が展示された。チベット自治区チャムド市は、古くから「チベット東部の真珠」と呼ばれる、康巴(カンパ)文化発祥の地だ。タンカはチベット特有の絵画芸術で、すでに1300年余りの歴史を有している。天然の鉱物顔料を使用し、麻布の上に絵を描いてカラフルな布で表装、きらびやかで美しい。描かれるのは宗教を題材にしたものが主だが、歴史、天文学、暦算、医学などの内容も兼ね備えており、チベット歴史文化の百科事典とされている。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月01日
    「雪域の光―チベット·チャムドタンカ芸術展」、福建省で開催

    1日、チベット・チャムドのタンカ作品を鑑賞する来場者。中国の福建省とチベット自治区の人々の相互理解を深め、双方の深い文化交流を促進することを目的とした福建省文化・観光庁の主催する「雪域の光―チベット・チャムドタンカ芸術展」が1日、長い歴史・文化を持つ同省福州市の「三坊七巷」街区で開幕、タンカ(チベット仏教の仏画)芸術の優れた作品40点が展示された。チベット自治区チャムド市は、古くから「チベット東部の真珠」と呼ばれる、康巴(カンパ)文化発祥の地だ。タンカはチベット特有の絵画芸術で、すでに1300年余りの歴史を有している。天然の鉱物顔料を使用し、麻布の上に絵を描いてカラフルな布で表装、きらびやかで美しい。描かれるのは宗教を題材にしたものが主だが、歴史、天文学、暦算、医学などの内容も兼ね備えており、チベット歴史文化の百科事典とされている。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月01日
    「雪域の光―チベット·チャムドタンカ芸術展」、福建省で開催

    1日、チベット・チャムドのタンカの流派、康勉薩派の伝承者であるチュシュンツェリンさんのタンカ作品。中国の福建省とチベット自治区の人々の相互理解を深め、双方の深い文化交流を促進することを目的とした福建省文化・観光庁の主催する「雪域の光―チベット・チャムドタンカ芸術展」が1日、長い歴史・文化を持つ同省福州市の「三坊七巷」街区で開幕、タンカ(チベット仏教の仏画)芸術の優れた作品40点が展示された。チベット自治区チャムド市は、古くから「チベット東部の真珠」と呼ばれる、康巴(カンパ)文化発祥の地だ。タンカはチベット特有の絵画芸術で、すでに1300年余りの歴史を有している。天然の鉱物顔料を使用し、麻布の上に絵を描いてカラフルな布で表装、きらびやかで美しい。描かれるのは宗教を題材にしたものが主だが、歴史、天文学、暦算、医学などの内容も兼ね備えており、チベット歴史文化の百科事典とされている。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月01日
    「雪域の光―チベット·チャムドタンカ芸術展」、福建省で開催

    1日、タンカ作品を鑑賞する福建省文化・観光庁の林守欽(りん・しゅきん)副庁長ら来賓。中国の福建省とチベット自治区の人々の相互理解を深め、双方の深い文化交流を促進することを目的とした福建省文化・観光庁の主催する「雪域の光―チベット・チャムドタンカ芸術展」が1日、長い歴史・文化を持つ同省福州市の「三坊七巷」街区で開幕、タンカ(チベット仏教の仏画)芸術の優れた作品40点が展示された。チベット自治区チャムド市は、古くから「チベット東部の真珠」と呼ばれる、康巴(カンパ)文化発祥の地だ。タンカはチベット特有の絵画芸術で、すでに1300年余りの歴史を有している。天然の鉱物顔料を使用し、麻布の上に絵を描いてカラフルな布で表装、きらびやかで美しい。描かれるのは宗教を題材にしたものが主だが、歴史、天文学、暦算、医学などの内容も兼ね備えており、チベット歴史文化の百科事典とされている。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月01日
    「雪域の光―チベット·チャムドタンカ芸術展」、福建省で開催

    1日、国指定無形文化遺産の代表的伝承者であるカマデレさん、テンジンプンツォさんのタンカ作品「八部密集金剛」を紹介するチベット自治区から来たドルマさん。中国の福建省とチベット自治区の人々の相互理解を深め、双方の深い文化交流を促進することを目的とした福建省文化・観光庁の主催する「雪域の光―チベット・チャムドタンカ芸術展」が1日、長い歴史・文化を持つ同省福州市の「三坊七巷」街区で開幕、タンカ(チベット仏教の仏画)芸術の優れた作品40点が展示された。チベット自治区チャムド市は、古くから「チベット東部の真珠」と呼ばれる、康巴(カンパ)文化発祥の地だ。タンカはチベット特有の絵画芸術で、すでに1300年余りの歴史を有している。天然の鉱物顔料を使用し、麻布の上に絵を描いてカラフルな布で表装、きらびやかで美しい。描かれるのは宗教を題材にしたものが主だが、歴史、天文学、暦算、医学などの内容も兼ね備えており、チベット歴史文化の百科事典とされている。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月01日
    「雪域の光―チベット·チャムドタンカ芸術展」、福建省で開催

    1日、チベット・チャムドのタンカ作品を鑑賞する来場者。中国の福建省とチベット自治区の人々の相互理解を深め、双方の深い文化交流を促進することを目的とした福建省文化・観光庁の主催する「雪域の光―チベット・チャムドタンカ芸術展」が1日、長い歴史・文化を持つ同省福州市の「三坊七巷」街区で開幕、タンカ(チベット仏教の仏画)芸術の優れた作品40点が展示された。チベット自治区チャムド市は、古くから「チベット東部の真珠」と呼ばれる、康巴(カンパ)文化発祥の地だ。タンカはチベット特有の絵画芸術で、すでに1300年余りの歴史を有している。天然の鉱物顔料を使用し、麻布の上に絵を描いてカラフルな布で表装、きらびやかで美しい。描かれるのは宗教を題材にしたものが主だが、歴史、天文学、暦算、医学などの内容も兼ね備えており、チベット歴史文化の百科事典とされている。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月01日
    「雪域の光―チベット·チャムドタンカ芸術展」、福建省で開催

    1日、チベット・チャムドのタンカの流派、康勉薩派の伝承者であるチュシュンツェリンさんのチベット医学を題材としたタンカ作品。中国の福建省とチベット自治区の人々の相互理解を深め、双方の深い文化交流を促進することを目的とした福建省文化・観光庁の主催する「雪域の光―チベット・チャムドタンカ芸術展」が1日、長い歴史・文化を持つ同省福州市の「三坊七巷」街区で開幕、タンカ(チベット仏教の仏画)芸術の優れた作品40点が展示された。チベット自治区チャムド市は、古くから「チベット東部の真珠」と呼ばれる、康巴(カンパ)文化発祥の地だ。タンカはチベット特有の絵画芸術で、すでに1300年余りの歴史を有している。天然の鉱物顔料を使用し、麻布の上に絵を描いてカラフルな布で表装、きらびやかで美しい。描かれるのは宗教を題材にしたものが主だが、歴史、天文学、暦算、医学などの内容も兼ね備えており、チベット歴史文化の百科事典とされている。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...