KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • マージャン
  • ウイルス感染
  • 中国浙江省
  • 信頼回復
  • 感染拡大
  • 新型コロナ
  • 新聞記者
  • 東京高検
  • 緊急事態宣言
  • 黒川弘務

「麻雀」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
12
( 1 12 件を表示)
  • 1
12
( 1 12 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 01:23.52
    2021年01月20日
    「新華社」湖南省のビデオブロガー、本物そっくりのユニーク料理が話題に

    中国の会員制交流サイト(SNS)で、マージャン牌やスマートフォン、蛇口、スリッパ、包丁、卓球ラケットなど身近な日用品を、小麦粉や野菜ジュース、チョコレートなど家庭によくある食材を使い、本物そっくりの食べ物に再現するビデオブロガー「湘姑九鳳」さんが注目を集めている。「湘姑九鳳」こと湖南省永州市の陸九艶(りく・きゅうえん)さん(31)は「おいしい物を研究するのが大好き」で、10年以上前に調理師養成学校で料理や小麦粉で作るおやつ、食品彫刻を学んだ。ショート動画の流行に伴い、陸さんもこれらの特技を生かした作品を紹介するビデオブロガーになった。彼女の作る「ユニーク料理」は話題を呼び、多くのフォロワーと「いいね」を獲得している。(記者/張格、薛宇舸) =配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:38.42
    2020年05月27日
    黒川氏後任に林検事長就任 「信頼回復に努める」

    東京高検検事長に26日付で就任した林真琴氏(62)は27日、東京都内で記者会見し「謙虚な姿勢で使命を全うし、国民の信頼回復に努めていく」と述べた。新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言中に、新聞記者らと賭けマージャンをして辞職した黒川弘務前検事長(63)の後任で、「誠に不適切で改めておわびする」と謝罪した。<映像内容>林・新検事長の入り、会場雑観、記者会見(質疑の様子はありません)、東京地検の外観など、撮影日:2020(令和2)年5月27日、撮影場所:東京都千代田区の東京地検

    撮影: 2020(令和2)年5月27日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:36.89
    2020年05月22日
    黒川検事長が辞職 菅義偉官房長官の記者会見

    政府は22日、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言中に、新聞記者らと賭けマージャンをしていた東京高検の黒川弘務検事長の辞職を閣議で承認した。天皇が裁可して正式に認められる。菅義偉官房長官は記者会見で「森法務相には職務をまっとうし信頼回復に努めてもらいたい」と話した。再調査については不要との認識を示し「法務省で必要な調査を行ったと聞いている」などと述べた。<映像内容>菅義偉官房長官の記者会見、撮影日:2020(令和2)年5月22日、撮影場所:東京都千代田区の首相官邸

    撮影: 2020(令和2)年5月22日

  • 01:15.48
    2020年04月17日
    「新華社」成都でAR芸術展スマホで楽しむ「奇妙な」世界

    中国四川省成都市の成都国際金融センターで17日、「奇妙な花園」と銘打つ野外AR(拡張現実)芸術展が始まった。来場者は、展示物の二次元バーコードをスマートフォンでスキャンし、AR技術が画面に映し出す仮想と現実の融合を楽しんだ。展示作品は英国の芸術家、ジャック・サックス氏が制作した。仮想の3Dアニメーションを実際の展示物に融合させる手法を用いている。会場は六つのテーマに分かれており、現代芸術に四川マージャンやピクニック、ペットなどの要素を取り入れている。開催は来月17日まで。(記者/蕭永航、李倩薇)<映像内容>野外AR芸術展の様子、撮影日:2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:11.00
    2019年12月25日
    「新華社」瀋陽鉄路の「雪国列車」運行開始観光客乗せ森と雪原を走る

    果てしない樹海を通り抜け、北方の雪原を眺めるのは、多くの人が夢見る体験だろう。中国鉄路瀋陽局集団はこのほど、20便以上の「雪国列車」の運行を始めた。観光客は列車でくつろぎながら雪景色を楽しみ、麻雀に興じることができるだけでない。車内にはスキーのコーチも同乗し、下車後は心ゆくまでウインタースポーツを楽しめる。現在運行している「雪国列車」は「氷雪童話の里4日間の旅」プランで、夕方に遼寧省瀋陽市を出発、途中停車なしで翌朝、中国の「雪の里」黒竜江省の山河屯駅に到着する。途中ハルビンで乗り換えずに済むため、旅程は約6時間短縮されている。中国鉄路瀋陽局集団によると、「雪国列車」は市場のニーズに合わせたオーダーメイド企画の観光列車で、観光客のニーズに応じたルート設定が可能。車体も改装し、旅行者には往復共に同じ寝台を提供する。決まった寝台、途中停車なしの直通を実現しており、大きな荷物を持ち運ぶ必要もなくなった。現在、この「鉄道氷雪の旅」への参加申し込みは、主に広州市や湖南省、江西省、上海市一帯に集中している。観光客は飛行機で瀋陽に到着後、列車に乗り換え、北国の雪原の奥深くへと、氷と雪の魅力を体験する旅に向かう。(記者/姜兆臣)<映像内容>瀋陽鉄路の雪国列車、改装された電車内部の様子、雪山の風景など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:14.83
    2019年09月14日
    「新華社」ダイビング愛好家、水中でマージャン楽しむ

    中国浙江省杭州市と江蘇省蘇州市の2カ所で14日、マージャン好きのスキューバダイビング愛好家たちによる水中マージャン大会が開かれた。20人の参加者はほぼ全員がライセンスを持つダイバーで、ウォータースポーツ系フィットネス施設の会員。同フィットネス施設主催の水中マージャン大会はこれまで2回開催され、参加者はダイビングとマージャンを同時に堪能した。今回、採用されたのは杭州ルールのマージャンで、対局が30分に及ぶ卓もあった。(記者/許舜達)<映像内容>水中マージャン大会の様子、撮影日:2019(令和元)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:22.11
    2019年07月02日
    サマージャンボ発売 東京で記念イベント

    1等と前後賞を合わせて7億円が当たる「サマージャンボ宝くじ」が2日、全国で発売され、東京・銀座の「西銀座チャンスセンター」では、俳優の佐藤健さんや神木隆之介さんらによる記念イベントが開かれた。 抽せんは8月14日、東京都江東区の「ティアラこうとう」で行われる。 <映像内容>発売雑観、販売している様子、購入者へのインタビュー、イベント雑観、フォトセッションなど、東京・銀座の西銀、チャンスセンター前、撮影日:2019(令和元)年7月2日、撮影場所:東京・銀座 西銀座チャンスセンター

    撮影: 2019(令和元)年7月2日

  • 00:53.22
    2019年06月09日
    「北海道新聞」夏空に飛び出せ 札幌でサマージャンプ体験会

    子供向けのサマージャンプの体験会が6月9日、札幌市中央区の荒井山ジャンプ競技場で開かれた。札幌や近郊の小学生25人が参加し、スキー板を履いて夏空に飛び出す感覚を楽しんだ。スキージャンプの面白さを知ってもらい競技人口を増やそうと、札幌ジャンプスポーツ少年団が5年前から毎年夏に開いている。参加者たちは少年団のコーチを務める父母や、団員から助走の姿勢や踏み切りの仕方などを教わり、特設の小さなジャンプ台での跳躍にも挑戦した。<映像内容>サマージャンプ体験会の様子、撮影日:2019(令和元)年6月9日、撮影場所:北海道 札幌市、クレジット:北海道新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2019(令和元)年6月9日、北海道 札幌市

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:18.95
    2019年05月23日
    「新華社」深圳税関、象牙などの絶滅危惧種とその製品2千点を押収

    中国広東省深圳税関は25日、同税関が今年に入り合計32件の絶滅危惧種密輸事件を立件・処分し、象牙などの絶滅危惧種とその製品累計2556点を発見、押収したと発表した。深圳税関密輸取締局は3月7日、象牙などの絶滅危惧種とその製品の密輸を取り締まる特別活動「ミッション2019-3」を実施。広東省深圳市や江蘇省無錫市、上海市などで一斉取り締まりを実施し、密輸の疑いがある象牙やサイの角、赤サンゴなどの絶滅危惧種とその製品約千点を現場で押収、総重量は209キロを上回った。その中には重さ約28・28キロの象牙2本やサイの角製品12・8キロ、赤サンゴ6・9キロなどが含まれ、容疑者10人を逮捕した。2016年以降、中国は象牙やその製品の加工・販売を全面的に停止し、象牙取引を全面的に禁止している。社会各界は絶滅危惧動植物の保護問題に幅広い関心を示しており、絶滅危惧動植物とその製品の販売に対する取り締まりが絶えず強化されている。だが高額の利益に駆り立てられた一部の密輸業者は、リスクを冒してまで、法律に違反している。深圳税関は今後について、監督管理を強化し、スマートシステムを活用する他、深圳市や恵州市の地方部門との意思疎通を深め、公安・市場監督管理・郵政などの部門と共同で長期的効果のある警備コントロール協力体制を構築し、絶滅危惧種の密輸を厳しく取り締まっていくと表明した。(記者/王暁丹、王豊)<映像内容>深圳税関が押収した象牙などの製品、撮影日:2019(令和元)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:57.39
    2019年04月11日
    「新華社」中国の高齢者が「互助グループ」を結成老後の孤独を解消

    中国浙江省杭州市余杭区瓶窯(へいよう)鎮港東村で暮らす十数人の高齢者グループは毎日、行動を共にしている。街を歩いたり、買い物をしたり、ダンスをしたり、マージャンをしたりと、まるで長年の友人のように打ち解けている。だが実は、彼らはほんの1年前まで見ず知らずの他人同士だった。「私たち数人の老人で『互助グループ』を立ち上げた」。「互助グループ」の発起人である朱栄林(しゅ・えいりん)さんはこう述べた。グループの目的は非常に単純で、名誉や利益のためではなく、ただ老後を仲間と楽しく過ごし、何かあった時は互いに助け合える関係を作るためだった。このような「養老」(高齢者の世話や介護)スタイルが中国の高齢者の間で広まりつつある。データによると、人口の高齢化は中国の現段階、あるいは21世紀の重要な国内事情の一つとなっている。「高齢者の健康青書:中国高齢者の健康に関する研究報告(2018)」によると、2018年末時点で、中国の満60歳以上の高齢者は2億4900万人に上り、総人口の17・9%を占めた。21世紀半ばには、満60歳以上の高齢者は5億人に迫り、総人口の35%前後を占めると予測されている。(記者/殷暁聖)<映像内容>中国の高齢者グループの共同生活の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:38.25
    2019年03月22日
    「新華社」【パンダフル】マージャンでもしようかな

    中国四川省の成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地では、パンダが午後の暖かい日差しを浴びて大あくび。マージャンでもしようと思っているのかな。(記者/パンダフル蕭永航)<映像内容>あくびをするジャイアントパンダの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:38.70
    1961年12月31日
    「福島民報」「民報ニュース」レジャーブーム

    秋の行楽シーズンになった。特に、天皇・皇后両陛下のご旅行先として有名になった吾妻スカイラインは、開通以来最高の人出でにぎわっている。高湯口ゲートの通行量も記録を更新した。磐梯高原では、スキー小屋を利用してマージャン大会が開かれた。撮影日:1961(昭和36)年、クレジット:福島民報社/共同通信イメージズ

  • 1