KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 三星
  • 令和
  • 象牙
  • 記者
  • 青銅器
  • 千年
  • 古蜀
  • 酒器
  • 調査
  • 中型

「黄金仮面」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
192
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
192
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2013年08月12日
    江戸川乱歩 「黄金仮面」の生原稿発見

    江戸川乱歩

    商品コード: 2013081200458

  • 2014年08月24日
    Mummy of a man with a golden mask from the Greco roman period 1st century AD; Fayum Egypt

    Mummy of a man with a golden mask from the Greco roman period 1st century AD; Fayum Egypt、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032904047

  • 2018年09月20日
    成都で金器特別展貴重な黄金仮面を多数展示

    江蘇省盱眙(くい)県から出土した「金獣」。(9月20日撮影)「金色の記憶-中国で出土した14世紀以前の金器特別展」が20日夜、中国四川省成都市の金沙遺跡博物館で盛大に開幕した。同遺跡は黄金の仮面が出土したことから「金面王国」とも呼ばれる。中国の19の省、自治区、直轄市の40の考古学機関、博物館から金器の名品350組(850点余り)が出展され、きらめく中国古代黄金文明の歴史を描き出す。(成都=新華社記者/江宏景)=2018(平成30)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092120396

  • 2018年09月20日
    成都で金器特別展貴重な黄金仮面を多数展示

    20日、展示された金器を観賞する来場者。「金色の記憶-中国で出土した14世紀以前の金器特別展」が20日夜、中国四川省成都市の金沙遺跡博物館で盛大に開幕した。同遺跡は黄金の仮面が出土したことから「金面王国」とも呼ばれる。中国の19の省、自治区、直轄市の40の考古学機関、博物館から金器の名品350組(850点余り)が出展され、きらめく中国古代黄金文明の歴史を描き出す。(成都=新華社記者/江宏景)=2018(平成30)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092120003

  • 2018年09月20日
    成都で金器特別展貴重な黄金仮面を多数展示

    成都金沙遺跡から出土した「金面具(黄金の仮面)」。(9月20日撮影)「金色の記憶-中国で出土した14世紀以前の金器特別展」が20日夜、中国四川省成都市の金沙遺跡博物館で盛大に開幕した。同遺跡は黄金の仮面が出土したことから「金面王国」とも呼ばれる。中国の19の省、自治区、直轄市の40の考古学機関、博物館から金器の名品350組(850点余り)が出展され、きらめく中国古代黄金文明の歴史を描き出す。(成都=新華社記者/江宏景)=2018(平成30)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092120296

  • 2018年09月20日
    成都で金器特別展貴重な黄金仮面を多数展示

    20日、陝西省扶風県法門寺から出土した「智慧輪盝頂純金宝函」を観賞する来場者。「金色の記憶-中国で出土した14世紀以前の金器特別展」が20日夜、中国四川省成都市の金沙遺跡博物館で盛大に開幕した。同遺跡は黄金の仮面が出土したことから「金面王国」とも呼ばれる。中国の19の省、自治区、直轄市の40の考古学機関、博物館から金器の名品350組(850点余り)が出展され、きらめく中国古代黄金文明の歴史を描き出す。(成都=新華社記者/江宏景)=2018(平成30)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092120421

  • 2018年09月20日
    成都で金器特別展貴重な黄金仮面を多数展示

    20日、展示された金器を観賞する来場者。「金色の記憶-中国で出土した14世紀以前の金器特別展」が20日夜、中国四川省成都市の金沙遺跡博物館で盛大に開幕した。同遺跡は黄金の仮面が出土したことから「金面王国」とも呼ばれる。中国の19の省、自治区、直轄市の40の考古学機関、博物館から金器の名品350組(850点余り)が出展され、きらめく中国古代黄金文明の歴史を描き出す。(成都=新華社記者/江宏景)=2018(平成30)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092120214

  • 2018年09月20日
    成都で金器特別展貴重な黄金仮面を多数展示

    20日、展示された金器を観賞する来場者。「金色の記憶-中国で出土した14世紀以前の金器特別展」が20日夜、中国四川省成都市の金沙遺跡博物館で盛大に開幕した。同遺跡は黄金の仮面が出土したことから「金面王国」とも呼ばれる。中国の19の省、自治区、直轄市の40の考古学機関、博物館から金器の名品350組(850点余り)が出展され、きらめく中国古代黄金文明の歴史を描き出す。(成都=新華社記者/江宏景)=2018(平成30)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092120249

  • 2018年09月20日
    成都で金器特別展貴重な黄金仮面を多数展示

    20日、展示された金器を観賞する来場者。「金色の記憶-中国で出土した14世紀以前の金器特別展」が20日夜、中国四川省成都市の金沙遺跡博物館で盛大に開幕した。同遺跡は黄金の仮面が出土したことから「金面王国」とも呼ばれる。中国の19の省、自治区、直轄市の40の考古学機関、博物館から金器の名品350組(850点余り)が出展され、きらめく中国古代黄金文明の歴史を描き出す。(成都=新華社記者/江宏景)=2018(平成30)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092120437

  • 03:20.64
    2018年09月20日
    「新華社」成都で金器特別展貴重な黄金仮面を多数展示

    「金色の記憶-中国で出土した14世紀以前の金器特別展」が20日夜、中国四川省成都市の金沙遺跡博物館で盛大に開幕した。同遺跡は黄金の仮面が出土したことから「金面王国」とも呼ばれる。中国の19の省、自治区、直轄市の40の考古学機関、博物館から金器の名品350組(850点余り)が出展され、きらめく中国古代黄金文明の歴史を描き出す。黄金は古代から富と権力の象徴とされ、古往今来の職人は一貫して技術と精力を尽くして金器の比類なき精巧な美を獲得して来た。展覧会では、来場者は光り輝く中国黄金文明を実感するだけでなく、金器の各名品から鍛金、鋳造、彫金、ろう付、金メッキなどの豊富で巧みな中国の伝統金細工技術を鑑賞することが出来る。今回の展覧会はこれまでの中国で最大規模、出展機関最多、展示品の時代が最も広範囲で、展示品の種類が最も豊富な金器特別展となり、貴重な文化財が全展示品の70%を超え、各考古学機関、博物館が誇る多くの至宝が展示されており、中国で出土した最も重い金器である金獣、時代を画する意義を持つ黄金の容器である戦国時代の曽侯乙雲紋金盞、初の集中展示となる黄金の仮面などが含まれる。中国考古学会第2回考古学大会の一連の展覧会の一つとして、今回の特別展は2カ月の展示期間中に次々と専門家や学者を招聘し、関連する学術講座を開催する。児童向けには、「仮面の金箔の貼り方」「金の飾りの作り方」など、金器をテーマとした多くの社会教育イベントが開かれ、子供たちをおとぎ話のような黄金の世界へと誘う。(記者/童芳、薛斌)<映像内容>特別展の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092120739

  • 2018年09月20日
    成都で金器特別展貴重な黄金仮面を多数展示

    20日、陝西省扶風県法門寺から出土した「鎏金摩羯魚三足架銀塩台」を観賞する来場者。「金色の記憶-中国で出土した14世紀以前の金器特別展」が20日夜、中国四川省成都市の金沙遺跡博物館で盛大に開幕した。同遺跡は黄金の仮面が出土したことから「金面王国」とも呼ばれる。中国の19の省、自治区、直轄市の40の考古学機関、博物館から金器の名品350組(850点余り)が出展され、きらめく中国古代黄金文明の歴史を描き出す。(成都=新華社記者/江宏景)=2018(平成30)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092120429

  • 2018年09月20日
    成都で金器特別展貴重な黄金仮面を多数展示

    20日、展示された金器を観賞する来場者。「金色の記憶-中国で出土した14世紀以前の金器特別展」が20日夜、中国四川省成都市の金沙遺跡博物館で盛大に開幕した。同遺跡は黄金の仮面が出土したことから「金面王国」とも呼ばれる。中国の19の省、自治区、直轄市の40の考古学機関、博物館から金器の名品350組(850点余り)が出展され、きらめく中国古代黄金文明の歴史を描き出す。(成都=新華社記者/江宏景)=2018(平成30)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092120472

  • 2018年09月20日
    成都で金器特別展貴重な黄金仮面を多数展示

    吉林省の長白山墓群から出土した「金面具(黄金の仮面)」。(9月20日撮影)「金色の記憶-中国で出土した14世紀以前の金器特別展」が20日夜、中国四川省成都市の金沙遺跡博物館で盛大に開幕した。同遺跡は黄金の仮面が出土したことから「金面王国」とも呼ばれる。中国の19の省、自治区、直轄市の40の考古学機関、博物館から金器の名品350組(850点余り)が出展され、きらめく中国古代黄金文明の歴史を描き出す。(成都=新華社記者/江宏景)=2018(平成30)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092120118

  • 2021年03月01日
    三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    4号祭祀坑で象牙の周りの土を取り除く考古学者。(3月1日撮影)中国国家文物局の「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合が20日、四川省成都市で開かれ、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡での重要な考古学的発見と研究成果が報告された。同遺跡では2019年11月から2020年5月にかけて、三星堆文化の祭祀坑6基が新たに見つかり、1986年に見つかった1号祭祀坑、2号祭祀坑と合わせ、これまでに8基が確認された。今回発見された祭祀坑は平面が長方形で、大きさは3・5~19平方メートル。3~6号祭祀坑は器物層まで発掘されており、7、8号祭祀坑では坑内の盛土の発掘が進んでいる。青銅器や黄金仮面の破片、象牙、玉石器など重要な文化財500点余りが出土している。三星堆遺跡は成都平原北部、沱江(だこう)の支流、湔江(鴨子河)南岸に位置している。分布面積は約12平方キロで、中心区域の三星堆古城の面積は約3・6平方キロメートルとなっている。四川盆地で現在見つかっている遺跡の中で、夏・商期の規模が最も大きい重要遺跡となっている。(成都=新華社記者/沈伯韓)=配信日:2021(令和3)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032201398

  • 2021年03月01日
    三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    三星堆遺跡の発掘現場に設置された仮設研究施設。(3月1日撮影)中国国家文物局の「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合が20日、四川省成都市で開かれ、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡での重要な考古学的発見と研究成果が報告された。同遺跡では2019年11月から2020年5月にかけて、三星堆文化の祭祀坑6基が新たに見つかり、1986年に見つかった1号祭祀坑、2号祭祀坑と合わせ、これまでに8基が確認された。今回発見された祭祀坑は平面が長方形で、大きさは3・5~19平方メートル。3~6号祭祀坑は器物層まで発掘されており、7、8号祭祀坑では坑内の盛土の発掘が進んでいる。青銅器や黄金仮面の破片、象牙、玉石器など重要な文化財500点余りが出土している。三星堆遺跡は成都平原北部、沱江(だこう)の支流、湔江(鴨子河)南岸に位置している。分布面積は約12平方キロで、中心区域の三星堆古城の面積は約3・6平方キロメートルとなっている。四川盆地で現在見つかっている遺跡の中で、夏・商期の規模が最も大きい重要遺跡となっている。(成都=新華社記者/沈伯韓)=配信日:2021(令和3)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032201387

  • 2021年03月01日
    (34)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見 黄金仮面など500点以上出土

    三星堆遺跡5号祭祀坑で発掘作業を行う考古学者。(3月1日撮影)中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003970

  • 2021年03月16日
    (29)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見 黄金仮面など500点以上出土

    16日に撮影した三星堆遺跡3号祭祀坑で出土した青銅器と象牙。中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003944

  • 2021年03月16日
    三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    16日に撮影した三星堆遺跡3号祭祀坑から出土した青銅製人形立柱。中国国家文物局の「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合が20日、四川省成都市で開かれ、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡での重要な考古学的発見と研究成果が報告された。同遺跡では2019年11月から2020年5月にかけて、三星堆文化の祭祀坑6基が新たに見つかり、1986年に見つかった1号祭祀坑、2号祭祀坑と合わせ、これまでに8基が確認された。今回発見された祭祀坑は平面が長方形で、大きさは3・5~19平方メートル。3~6号祭祀坑は器物層まで発掘されており、7、8号祭祀坑では坑内の盛土の発掘が進んでいる。青銅器や黄金仮面の破片、象牙、玉石器など重要な文化財500点余りが出土している。三星堆遺跡は成都平原北部、沱江(だこう)の支流、湔江(鴨子河)南岸に位置している。分布面積は約12平方キロで、中心区域の三星堆古城の面積は約3・6平方キロメートルとなっている。四川盆地で現在見つかっている遺跡の中で、夏・商期の規模が最も大きい重要遺跡となっている。(成都=新華社記者/沈伯韓)=配信日:2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032201388

  • 2021年03月16日
    (66)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見 黄金仮面など500点以上出土

    16日、三星堆遺跡3号祭祀坑で出土した青銅器の竜の飾り。(資料写真)中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032102215

  • 2021年03月16日
    (21)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見 黄金仮面など500点以上出土

    16日に撮影した三星堆遺跡3号祭祀坑で出土した青銅器と象牙。中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003922

  • 2021年03月16日
    三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    16日に撮影した三星堆遺跡3号祭祀坑から出土した円口方身青銅尊と象牙。中国国家文物局の「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合が20日、四川省成都市で開かれ、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡での重要な考古学的発見と研究成果が報告された。同遺跡では2019年11月から2020年5月にかけて、三星堆文化の祭祀坑6基が新たに見つかり、1986年に見つかった1号祭祀坑、2号祭祀坑と合わせ、これまでに8基が確認された。今回発見された祭祀坑は平面が長方形で、大きさは3・5~19平方メートル。3~6号祭祀坑は器物層まで発掘されており、7、8号祭祀坑では坑内の盛土の発掘が進んでいる。青銅器や黄金仮面の破片、象牙、玉石器など重要な文化財500点余りが出土している。三星堆遺跡は成都平原北部、沱江(だこう)の支流、湔江(鴨子河)南岸に位置している。分布面積は約12平方キロで、中心区域の三星堆古城の面積は約3・6平方キロメートルとなっている。四川盆地で現在見つかっている遺跡の中で、夏・商期の規模が最も大きい重要遺跡となっている。(成都=新華社記者/沈伯韓)=配信日:2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032201369

  • 2021年03月19日
    (42)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見 黄金仮面など500点以上出土

    19日に撮影した三星堆遺跡5号祭祀坑で出土した金の薄片。中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社記者/李賀)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003983

  • 2021年03月19日
    (35)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見 黄金仮面など500点以上出土

    19日、三星堆遺跡8号祭祀坑で発掘作業を行う考古学者。中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社記者/李賀)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003971

  • 2021年03月19日
    (23)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見 黄金仮面など500点以上出土

    19日、三星堆遺跡3号祭祀坑の状況を確認する考古学者。中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社記者/李賀)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003928

  • 2021年03月19日
    (22)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見 黄金仮面など500点以上出土

    19日に撮影した三星堆遺跡3号祭祀坑で出土した青銅器。中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社記者/李賀)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003927

  • 2021年03月20日
    (2)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    三星堆遺跡5号祭祀坑から出土した金の装飾品。(3月1日撮影)中国国家文物局の「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合が20日、四川省成都市で開かれ、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡での重要な考古学的発見と研究成果が報告された。同遺跡では2019年11月から2020年5月にかけて、三星堆文化の祭祀坑6基が新たに見つかり、1986年に見つかった1号祭祀坑、2号祭祀坑と合わせ、これまでに8基が確認された。今回発見された祭祀坑は平面が長方形で、大きさは3・5~19平方メートル。3~6号祭祀坑は器物層まで発掘されており、7、8号祭祀坑では坑内の盛土の発掘が進んでいる。青銅器や黄金仮面の破片、象牙、玉石器など重要な文化財500点余りが出土している。三星堆遺跡は成都平原北部、沱江(だこう)の支流、湔江(鴨子河)南岸に位置している。分布面積は約12平方キロで、中心区域の三星堆古城の面積は約3・6平方キロメートルとなっている。四川盆地で現在見つかっている遺跡の中で、夏・商期の規模が最も大きい重要遺跡となっている。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003149

  • 2021年03月20日
    (4)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    三星堆遺跡6号祭祀坑で、今後の発掘計画を検討する考古学者。(3月1日撮影)中国国家文物局の「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合が20日、四川省成都市で開かれ、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡での重要な考古学的発見と研究成果が報告された。同遺跡では2019年11月から2020年5月にかけて、三星堆文化の祭祀坑6基が新たに見つかり、1986年に見つかった1号祭祀坑、2号祭祀坑と合わせ、これまでに8基が確認された。今回発見された祭祀坑は平面が長方形で、大きさは3・5~19平方メートル。3~6号祭祀坑は器物層まで発掘されており、7、8号祭祀坑では坑内の盛土の発掘が進んでいる。青銅器や黄金仮面の破片、象牙、玉石器など重要な文化財500点余りが出土している。三星堆遺跡は成都平原北部、沱江(だこう)の支流、湔江(鴨子河)南岸に位置している。分布面積は約12平方キロで、中心区域の三星堆古城の面積は約3・6平方キロメートルとなっている。四川盆地で現在見つかっている遺跡の中で、夏・商期の規模が最も大きい重要遺跡となっている。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003150

  • 2021年03月20日
    (7)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    三星堆遺跡の発掘現場。(3月1日撮影、小型無人機から)中国国家文物局の「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合が20日、四川省成都市で開かれ、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡での重要な考古学的発見と研究成果が報告された。同遺跡では2019年11月から2020年5月にかけて、三星堆文化の祭祀坑6基が新たに見つかり、1986年に見つかった1号祭祀坑、2号祭祀坑と合わせ、これまでに8基が確認された。今回発見された祭祀坑は平面が長方形で、大きさは3・5~19平方メートル。3~6号祭祀坑は器物層まで発掘されており、7、8号祭祀坑では坑内の盛土の発掘が進んでいる。青銅器や黄金仮面の破片、象牙、玉石器など重要な文化財500点余りが出土している。三星堆遺跡は成都平原北部、沱江(だこう)の支流、湔江(鴨子河)南岸に位置している。分布面積は約12平方キロで、中心区域の三星堆古城の面積は約3・6平方キロメートルとなっている。四川盆地で現在見つかっている遺跡の中で、夏・商期の規模が最も大きい重要遺跡となっている。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003161

  • 2021年03月20日
    (5)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    三星堆遺跡3号祭祀坑で発掘作業を行う考古学者。(3月1日撮影)中国国家文物局の「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合が20日、四川省成都市で開かれ、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡での重要な考古学的発見と研究成果が報告された。同遺跡では2019年11月から2020年5月にかけて、三星堆文化の祭祀坑6基が新たに見つかり、1986年に見つかった1号祭祀坑、2号祭祀坑と合わせ、これまでに8基が確認された。今回発見された祭祀坑は平面が長方形で、大きさは3・5~19平方メートル。3~6号祭祀坑は器物層まで発掘されており、7、8号祭祀坑では坑内の盛土の発掘が進んでいる。青銅器や黄金仮面の破片、象牙、玉石器など重要な文化財500点余りが出土している。三星堆遺跡は成都平原北部、沱江(だこう)の支流、湔江(鴨子河)南岸に位置している。分布面積は約12平方キロで、中心区域の三星堆古城の面積は約3・6平方キロメートルとなっている。四川盆地で現在見つかっている遺跡の中で、夏・商期の規模が最も大きい重要遺跡となっている。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003153

  • 2021年03月20日
    (27)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    17日、三星堆遺跡3号祭祀坑で発掘作業を行う考古学者。中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003936

  • 2021年03月20日
    (41)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    19日、三星堆遺跡6号祭祀坑の発掘現場。中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社記者/李賀)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003973

  • 2021年03月20日
    (32)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    16日に撮影した三星堆遺跡3号祭祀坑で出土した青銅器の細部。中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003965

  • 2021年03月20日
    (50)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    19日に撮影した三星堆遺跡3号祭祀坑で出土した青銅器。中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社記者/李賀)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003995

  • 2021年03月20日
    (54)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見 黄金仮面など500点以上出土

    三星堆遺跡3号祭祀坑のオルソ画像。(資料写真)中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032102200

  • 2021年03月20日
    (45)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    17日、三星堆遺跡4号祭祀坑で象牙の周りの土を取り除く考古学者。中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003990

  • 2021年03月20日
    (51)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    19日、三星堆遺跡5号祭祀坑で出土品の周りの土を取り除く考古学者。中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社記者/李賀)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003992

  • 2021年03月20日
    (47)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    19日に撮影した三星堆遺跡3号祭祀坑で出土した青銅器。中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社記者/李賀)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003987

  • 2021年03月20日
    (12)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    16日に撮影した三星堆遺跡3号祭祀坑から出土した青銅器と象牙。中国国家文物局の「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合が20日、四川省成都市で開かれ、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡での重要な考古学的発見と研究成果が報告された。同遺跡では2019年11月から2020年5月にかけて、三星堆文化の祭祀坑6基が新たに見つかり、1986年に見つかった1号祭祀坑、2号祭祀坑と合わせ、これまでに8基が確認された。今回発見された祭祀坑は平面が長方形で、大きさは3・5~19平方メートル。3~6号祭祀坑は器物層まで発掘されており、7、8号祭祀坑では坑内の盛土の発掘が進んでいる。青銅器や黄金仮面の破片、象牙、玉石器など重要な文化財500点余りが出土している。三星堆遺跡は成都平原北部、沱江(だこう)の支流、湔江(鴨子河)南岸に位置している。分布面積は約12平方キロで、中心区域の三星堆古城の面積は約3・6平方キロメートルとなっている。四川盆地で現在見つかっている遺跡の中で、夏・商期の規模が最も大きい重要遺跡となっている。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003166

  • 2021年03月20日
    (40)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    三星堆遺跡の発掘現場。(3月1日撮影、小型無人機から)中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003980

  • 2021年03月20日
    (26)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    16日に撮影した三星堆遺跡3号祭祀坑で出土した青銅器と象牙。中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003937

  • 2021年03月20日
    (19)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    17日に撮影した三星堆遺跡5号祭祀坑で出土した黄金仮面の一部。中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003924

  • 2021年03月20日
    (25)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    19日に撮影した三星堆遺跡3号祭祀坑で出土した青銅器と象牙。中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社記者/李賀)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003933

  • 2021年03月20日
    (18)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    17日に撮影した三星堆遺跡5号祭祀坑で出土した黄金仮面の一部。中国国家文物局の「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合が20日、四川省成都市で開かれ、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡での重要な考古学的発見と研究成果が報告された。同遺跡では2019年11月から2020年5月にかけて、三星堆文化の祭祀坑6基が新たに見つかり、1986年に見つかった1号祭祀坑、2号祭祀坑と合わせ、これまでに8基が確認された。今回発見された祭祀坑は平面が長方形で、大きさは3・5~19平方メートル。3~6号祭祀坑は器物層まで発掘されており、7、8号祭祀坑では坑内の盛土の発掘が進んでいる。青銅器や黄金仮面の破片、象牙、玉石器など重要な文化財500点余りが出土している。三星堆遺跡は成都平原北部、沱江(だこう)の支流、湔江(鴨子河)南岸に位置している。分布面積は約12平方キロで、中心区域の三星堆古城の面積は約3・6平方キロメートルとなっている。四川盆地で現在見つかっている遺跡の中で、夏・商期の規模が最も大きい重要遺跡となっている。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003191

  • 2021年03月20日
    (38)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    三星堆遺跡の発掘現場に設置された仮設研究施設。(3月10日撮影)中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003979

  • 2021年03月20日
    (44)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    19日に撮影した三星堆遺跡3号祭祀坑で出土した青銅器。中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社記者/李賀)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003985

  • 2021年03月20日
    (48)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    19日、三星堆遺跡7号祭祀坑で発掘作業を行う考古学者。中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社記者/李賀)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003996

  • 2021年03月20日
    (28)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    16日に撮影した三星堆遺跡3号祭祀坑で出土した青銅器。中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003938

  • 2021年03月20日
    (30)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    19日、専用の昇降施設を使って三星堆遺跡4号祭祀坑で発掘作業を行う考古学者。中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社記者/李賀)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003945

  • 2021年03月20日
    (31)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    三星堆遺跡3号祭祀坑で発掘作業を行う考古学者。(3月1日撮影)中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003947

  • 2021年03月20日
    (36)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    19日、三星堆遺跡5号祭祀坑で出土品の周りの土を取り除く考古学者。中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社記者/李賀)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003974

  • 2021年03月20日
    (39)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    16日に撮影した三星堆遺跡3号祭祀坑で出土した青銅の人物像。中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003975

  • 2021年03月20日
    (13)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    16日に撮影した三星堆遺跡3号祭祀坑から出土した青銅器と象牙。中国国家文物局の「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合が20日、四川省成都市で開かれ、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡での重要な考古学的発見と研究成果が報告された。同遺跡では2019年11月から2020年5月にかけて、三星堆文化の祭祀坑6基が新たに見つかり、1986年に見つかった1号祭祀坑、2号祭祀坑と合わせ、これまでに8基が確認された。今回発見された祭祀坑は平面が長方形で、大きさは3・5~19平方メートル。3~6号祭祀坑は器物層まで発掘されており、7、8号祭祀坑では坑内の盛土の発掘が進んでいる。青銅器や黄金仮面の破片、象牙、玉石器など重要な文化財500点余りが出土している。三星堆遺跡は成都平原北部、沱江(だこう)の支流、湔江(鴨子河)南岸に位置している。分布面積は約12平方キロで、中心区域の三星堆古城の面積は約3・6平方キロメートルとなっている。四川盆地で現在見つかっている遺跡の中で、夏・商期の規模が最も大きい重要遺跡となっている。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003163

  • 2021年03月20日
    (8)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    10日、三星堆遺跡3号祭祀坑で青銅器の周りの土を取り除く考古学者。中国国家文物局の「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合が20日、四川省成都市で開かれ、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡での重要な考古学的発見と研究成果が報告された。同遺跡では2019年11月から2020年5月にかけて、三星堆文化の祭祀坑6基が新たに見つかり、1986年に見つかった1号祭祀坑、2号祭祀坑と合わせ、これまでに8基が確認された。今回発見された祭祀坑は平面が長方形で、大きさは3・5~19平方メートル。3~6号祭祀坑は器物層まで発掘されており、7、8号祭祀坑では坑内の盛土の発掘が進んでいる。青銅器や黄金仮面の破片、象牙、玉石器など重要な文化財500点余りが出土している。三星堆遺跡は成都平原北部、沱江(だこう)の支流、湔江(鴨子河)南岸に位置している。分布面積は約12平方キロで、中心区域の三星堆古城の面積は約3・6平方キロメートルとなっている。四川盆地で現在見つかっている遺跡の中で、夏・商期の規模が最も大きい重要遺跡となっている。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003165

  • 2021年03月20日
    (9)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    10日、三星堆遺跡3号祭祀坑で青銅器の周りの土を取り除く考古学者。中国国家文物局の「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合が20日、四川省成都市で開かれ、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡での重要な考古学的発見と研究成果が報告された。同遺跡では2019年11月から2020年5月にかけて、三星堆文化の祭祀坑6基が新たに見つかり、1986年に見つかった1号祭祀坑、2号祭祀坑と合わせ、これまでに8基が確認された。今回発見された祭祀坑は平面が長方形で、大きさは3・5~19平方メートル。3~6号祭祀坑は器物層まで発掘されており、7、8号祭祀坑では坑内の盛土の発掘が進んでいる。青銅器や黄金仮面の破片、象牙、玉石器など重要な文化財500点余りが出土している。三星堆遺跡は成都平原北部、沱江(だこう)の支流、湔江(鴨子河)南岸に位置している。分布面積は約12平方キロで、中心区域の三星堆古城の面積は約3・6平方キロメートルとなっている。四川盆地で現在見つかっている遺跡の中で、夏・商期の規模が最も大きい重要遺跡となっている。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003168

  • 02:37.36
    2021年03月20日
    「新華社」三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    中国国家文物局は20日、四川省成都市で、長江上流域文明の中心とされる同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。同遺跡は成都平原の北部に位置する。分布面積は約12平方キロメートルで、中心区域の三星堆古城の面積は約3・6平方キロメートル。中国西南地区で最も規模が大きく、最も長く栄え、最も豊かな文化を持つ古城であり、古国であり、古蜀文明の遺跡とされる。同遺跡が初めて発見されたのは1920年代。1986年に見つかった1号祭祀坑と2号祭祀坑からは、黄金の杖や黄金仮面、縦目仮面(たてめかめん)、大立人像、神樹、象牙など貴重な遺物1720点が出土した。中国文明の多様性と革新性、創造性を示す遺物であり、青銅文明史の中で独特の地位を占めている。同遺跡発掘の総責任者を務める四川省文物考古研究院の唐飛(とう・ひ)院長は、新たに見つかった祭祀坑が1号、2号祭祀坑の隣にあり、新旧の祭祀坑で一つの祭祀坑エリアが構成されていると説明。専門家らは、三星堆の祭祀エリアが古蜀王国で天地や祖先を祭り、国の安泰と民の安寧を祈る場所だったとの見方を示している。祭祀坑の平面プランはいずれも長方形だが、大きさは3・5平方メートルから19平方メートルと差異が見られた。同祭祀エリアには他にも重要な祭祀遺構があると考えられている。3~6号祭祀坑は器物層まで発掘されており、7、8号祭祀坑では坑内の盛土の発掘が進んでいる。これまでに黄金仮面の一部や鳥の形をした金の装飾品、銅製頭像、金箔、青銅製の仮面や神樹、象牙彫刻の一部、象牙、玉琮、玉石器など重要な文化財500点余りが出土している。複合領域の調査では象牙の微細彫刻、絹や織物の残留物、炭化したイネや竹、広葉樹の種など各種遺物も見つかった。今回の発掘と保護・研究作業では、科学技術の手段を駆使して、複合領域にまたがる開かれた考古学活動の新モデルを構築した。(記者/楊華、童芳、尹恒)=配信日:2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032201359

  • 2021年03月20日
    (20)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    19日に撮影した三星堆遺跡3号祭祀坑で出土した大型青銅器。中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社記者/李賀)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003926

  • 2021年03月20日
    (24)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    19日に撮影した三星堆遺跡3号祭祀坑で出土した青銅器。中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社記者/李賀)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003934

  • 2021年03月20日
    (3)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    三星堆遺跡5号祭祀坑で金の装飾品の土を取り除く考古学者。(3月1日撮影)中国国家文物局の「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合が20日、四川省成都市で開かれ、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡での重要な考古学的発見と研究成果が報告された。同遺跡では2019年11月から2020年5月にかけて、三星堆文化の祭祀坑6基が新たに見つかり、1986年に見つかった1号祭祀坑、2号祭祀坑と合わせ、これまでに8基が確認された。今回発見された祭祀坑は平面が長方形で、大きさは3・5~19平方メートル。3~6号祭祀坑は器物層まで発掘されており、7、8号祭祀坑では坑内の盛土の発掘が進んでいる。青銅器や黄金仮面の破片、象牙、玉石器など重要な文化財500点余りが出土している。三星堆遺跡は成都平原北部、沱江(だこう)の支流、湔江(鴨子河)南岸に位置している。分布面積は約12平方キロで、中心区域の三星堆古城の面積は約3・6平方キロメートルとなっている。四川盆地で現在見つかっている遺跡の中で、夏・商期の規模が最も大きい重要遺跡となっている。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003152

  • 2021年03月20日
    (10)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    16日に撮影した三星堆遺跡3号祭祀坑から出土した青銅製の頂尊跪座人像。中国国家文物局の「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合が20日、四川省成都市で開かれ、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡での重要な考古学的発見と研究成果が報告された。同遺跡では2019年11月から2020年5月にかけて、三星堆文化の祭祀坑6基が新たに見つかり、1986年に見つかった1号祭祀坑、2号祭祀坑と合わせ、これまでに8基が確認された。今回発見された祭祀坑は平面が長方形で、大きさは3・5~19平方メートル。3~6号祭祀坑は器物層まで発掘されており、7、8号祭祀坑では坑内の盛土の発掘が進んでいる。青銅器や黄金仮面の破片、象牙、玉石器など重要な文化財500点余りが出土している。三星堆遺跡は成都平原北部、沱江(だこう)の支流、湔江(鴨子河)南岸に位置している。分布面積は約12平方キロで、中心区域の三星堆古城の面積は約3・6平方キロメートルとなっている。四川盆地で現在見つかっている遺跡の中で、夏・商期の規模が最も大きい重要遺跡となっている。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003164

  • 2021年03月20日
    (46)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    19日に撮影した三星堆遺跡3号祭祀坑で出土した青銅器。中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社記者/李賀)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003986

  • 2021年03月20日
    (33)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    19日、三星堆遺跡3号祭祀坑の状況を確認する考古学者。中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社記者/李賀)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003966

  • 2021年03月20日
    (37)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    19日に撮影した三星堆遺跡3号祭祀坑で出土した青銅器。中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社記者/李賀)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003978

  • 2021年03月20日
    (14)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    16日に撮影した三星堆遺跡3号祭祀坑から出土した青銅器と象牙。中国国家文物局の「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合が20日、四川省成都市で開かれ、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡での重要な考古学的発見と研究成果が報告された。同遺跡では2019年11月から2020年5月にかけて、三星堆文化の祭祀坑6基が新たに見つかり、1986年に見つかった1号祭祀坑、2号祭祀坑と合わせ、これまでに8基が確認された。今回発見された祭祀坑は平面が長方形で、大きさは3・5~19平方メートル。3~6号祭祀坑は器物層まで発掘されており、7、8号祭祀坑では坑内の盛土の発掘が進んでいる。青銅器や黄金仮面の破片、象牙、玉石器など重要な文化財500点余りが出土している。三星堆遺跡は成都平原北部、沱江(だこう)の支流、湔江(鴨子河)南岸に位置している。分布面積は約12平方キロで、中心区域の三星堆古城の面積は約3・6平方キロメートルとなっている。四川盆地で現在見つかっている遺跡の中で、夏・商期の規模が最も大きい重要遺跡となっている。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003169

  • 2021年03月20日
    (11)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    16日に撮影した三星堆遺跡3号祭祀坑から出土した青銅器と象牙。中国国家文物局の「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合が20日、四川省成都市で開かれ、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡での重要な考古学的発見と研究成果が報告された。同遺跡では2019年11月から2020年5月にかけて、三星堆文化の祭祀坑6基が新たに見つかり、1986年に見つかった1号祭祀坑、2号祭祀坑と合わせ、これまでに8基が確認された。今回発見された祭祀坑は平面が長方形で、大きさは3・5~19平方メートル。3~6号祭祀坑は器物層まで発掘されており、7、8号祭祀坑では坑内の盛土の発掘が進んでいる。青銅器や黄金仮面の破片、象牙、玉石器など重要な文化財500点余りが出土している。三星堆遺跡は成都平原北部、沱江(だこう)の支流、湔江(鴨子河)南岸に位置している。分布面積は約12平方キロで、中心区域の三星堆古城の面積は約3・6平方キロメートルとなっている。四川盆地で現在見つかっている遺跡の中で、夏・商期の規模が最も大きい重要遺跡となっている。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003162

  • 2021年03月20日
    (17)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    17日、三星堆遺跡8号祭祀坑で発掘作業を行う考古学者。中国国家文物局の「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合が20日、四川省成都市で開かれ、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡での重要な考古学的発見と研究成果が報告された。同遺跡では2019年11月から2020年5月にかけて、三星堆文化の祭祀坑6基が新たに見つかり、1986年に見つかった1号祭祀坑、2号祭祀坑と合わせ、これまでに8基が確認された。今回発見された祭祀坑は平面が長方形で、大きさは3・5~19平方メートル。3~6号祭祀坑は器物層まで発掘されており、7、8号祭祀坑では坑内の盛土の発掘が進んでいる。青銅器や黄金仮面の破片、象牙、玉石器など重要な文化財500点余りが出土している。三星堆遺跡は成都平原北部、沱江(だこう)の支流、湔江(鴨子河)南岸に位置している。分布面積は約12平方キロで、中心区域の三星堆古城の面積は約3・6平方キロメートルとなっている。四川盆地で現在見つかっている遺跡の中で、夏・商期の規模が最も大きい重要遺跡となっている。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003192

  • 2021年03月20日
    (43)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    16日、三星堆遺跡4号祭祀坑で出土品の周りの土を取り除く考古学者。中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003991

  • 2021年03月20日
    (49)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    三星堆遺跡3号祭祀坑で発掘作業を行う考古学者。(3月10日撮影)中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003994

  • 2021年03月21日
    (63)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    16日、三星堆遺跡3号祭祀坑で出土した青銅製の仮面。中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032102210

  • 2021年03月21日
    (65)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    三星堆遺跡の祭祀エリア分布図。(資料写真)中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032102214

  • 2021年03月21日
    (60)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    20日、三星堆遺跡の3号祭祀坑で、1日の作業の最後に坑を保護シートでふさぐ考古学スタッフ。中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032102208

  • 2021年03月21日
    (53)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    三星堆遺跡3号祭祀坑で出土した遺物。(資料写真)中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032102201

  • 2021年03月21日
    (52)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    三星堆遺跡の祭祀エリアから出土した金の鳥形装飾品。(資料写真)中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032102202

  • 2021年03月21日
    (64)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    16日、三星堆遺跡7号祭祀坑で発掘作業にあたる考古学スタッフ。中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032102212

  • 2021年03月21日
    (70)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    三星堆博物館に展示されている黄金仮面を付けた青銅人頭像。(3月5日撮影)中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032102221

  • 2021年03月21日
    (72)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    17日、三星堆博物館に展示されている青銅神樹。中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032102217

  • 2021年03月21日
    (68)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    16日、三星堆遺跡3号祭祀坑で出土した青銅製の仮面。中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032102219

  • 2021年03月21日
    (59)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    20日、三星堆遺跡3号祭祀坑で発掘作業にあたる考古学スタッフ。中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032102203

  • 2021年03月21日
    (55)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    三星堆遺跡の祭祀エリアで出土した金箔。(資料写真)中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032102205

  • 2021年03月21日
    (58)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    三星堆遺跡の祭祀エリアで出土した玉琮(ぎょくそう)。(資料写真)中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032102206

  • 2021年03月21日
    (71)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    17日、三星堆博物館に展示されている青銅立人像。中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032102220

  • 2021年03月21日
    (67)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    10日、三星堆遺跡3号祭祀坑で発掘作業にあたる考古学スタッフ。中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032102216

  • 2021年03月21日
    (62)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    20日、三星堆遺跡3号祭祀坑で発掘作業にあたる考古学スタッフ。中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032102209

  • 2021年03月21日
    (57)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    三星堆遺跡3号祭祀坑で出土した銅尊(部分)。(資料写真)中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032102204

  • 2021年03月21日
    (56)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    三星堆遺跡5号祭祀坑で出土した黄金仮面の残片。(資料写真)中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032102207

  • 2021年03月21日
    (61)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    20日、三星堆遺跡3号祭祀坑で出土した遺物。中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032102211

  • 2021年03月21日
    (69)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    16日、三星堆遺跡3号祭祀坑で出土した青銅の仮面(上)と青銅器の竜の飾り。中国国家文物局は20日、四川省成都市で開かれた「考古中国」重大プロジェクト作業進展会合で、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2021(令和3)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032102218

  • 2021年03月23日
    (1)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    三星堆遺跡3号祭祀坑で出土した青銅罍(らい、壺)、象牙、青銅人頭像。(資料写真)中国国家文物局は20日、四川省成都市で、長江上流域文明の中心とされる同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032305061

  • 2021年03月23日
    (2)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    三星堆遺跡の3号祭祀坑。(資料写真)中国国家文物局は20日、四川省成都市で、長江上流域文明の中心とされる同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032307097

  • 2021年03月23日
    (3)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    三星堆遺跡3号祭祀坑で出土した銅製の大口尊(部分)。(資料写真)中国国家文物局は20日、四川省成都市で、長江上流域文明の中心とされる同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032307098

  • 2021年03月23日
    (11)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    三星堆遺跡6号祭祀坑で、今後の発掘プランを検討する考古学者。(資料写真)中国国家文物局は20日、四川省成都市で、長江上流域文明の中心とされる同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032307107

  • 2021年03月23日
    (13)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    三星堆遺跡で出土した人形立柱。(資料写真)中国国家文物局は20日、四川省成都市で、長江上流域文明の中心とされる同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032307109

  • 2021年03月23日
    (15)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    三星堆遺跡で出土した人形立柱。(資料写真)中国国家文物局は20日、四川省成都市で、長江上流域文明の中心とされる同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032307112

  • 2021年03月23日
    (4)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    三星堆遺跡3号祭祀坑で出土した銅器と象牙。(資料写真)中国国家文物局は20日、四川省成都市で、長江上流域文明の中心とされる同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032307099

  • 2021年03月23日
    (28)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    発掘作業中の三星堆遺跡8号祭祀坑。(資料写真)中国国家文物局は20日、四川省成都市で、長江上流域文明の中心とされる同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032307482

  • 2021年03月23日
    (20)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    三星堆遺跡4号祭祀坑から出土した織物。(資料写真)中国国家文物局は20日、四川省成都市で、長江上流域文明の中心とされる同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032307119

  • 2021年03月23日
    (19)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    三星堆遺跡5号祭祀坑から出土した黄金の仮面を修復する四川省文物考古研究院文物保護センターの謝振斌(しゃ・しんひん)主任。(資料写真)中国国家文物局は20日、四川省成都市で、長江上流域文明の中心とされる同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032307118

  • 2021年03月23日
    (27)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    三星堆遺跡で出土した円口方身銅尊と海貝の貝殻。(資料写真)中国国家文物局は20日、四川省成都市で、長江上流域文明の中心とされる同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032307465

  • 2021年03月23日
    (12)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    三星堆遺跡で出土した青銅神樹の枝。(資料写真)中国国家文物局は20日、四川省成都市で、長江上流域文明の中心とされる同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032305336

  • 2021年03月23日
    (7)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    三星堆遺跡5号祭祀坑の遺物出土状況。(資料写真)中国国家文物局は20日、四川省成都市で、長江上流域文明の中心とされる同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032307105

  • 2021年03月23日
    (10)三星堆遺跡で新たに六つの祭祀坑発見黄金仮面など500点以上出土

    三星堆遺跡5号祭祀坑から出土した黄金の仮面。(資料写真)中国国家文物局は20日、四川省成都市で、長江上流域文明の中心とされる同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡で重要な発見があったと発表した。3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の祭祀坑6基が新たに見つかり、黄金仮面、青銅の人物像や酒器、玉製礼器、絹、象牙などの遺物500点以上が出土した。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032307108

  • 1
  • 2