KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • コスト
  • マイナス
  • 動作
  • 平成
  • 日本ガイシ
  • 汚染
  • 研究開発
  • 作業員
  • 公衆電話

「黄電」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
10
( 1 10 件を表示)
  • 1
10
( 1 10 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 01:56.55
    1984年05月03日
    通信博覧会’84

    キーワード:通信博覧会‘84電話、コミュニケーション東京、公衆電話、コンピューター、映写機、旧式携帯電話、キャラクター電話機、ハロー・キティちゃん、緑電話、黄電話、コンピューター、PC、科学技術、東芝、通信技術=製作年:1984(昭和59)年5月3日、東京、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120709705

  • 02:35.42
    1986年05月03日
    テレホンカード

    キーワード:テレホンカード、テレフォンカード、テレカ、テレフォンカード発券機、テレホンカード発券機、テレフォンボックス、テレホンボックス、電話ボックス、缶の灰皿、公衆電話、緑の公衆電話、緑電話、黄電話、テレホンカード売り場、電電公社、NTT=製作年:1986(昭和61)年5月3日、東京、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120111584

  • 2000年04月11日
    名古屋の「黄電」引退式 40年間ご苦労さま

    鉄道ファンらが詰めかけた名古屋市営地下鉄の愛称「黄電」の引退式=11日午前10時5分、名古屋市名東区の東山線藤ケ丘駅

    商品コード: 2000041100033

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年09月09日
    NAS電池システム NAS電池相次ぎ導入

    日本ガイシが製造した大容量の蓄電ができるナトリウム硫黄電池システム=7月、名古屋市瑞穂区

    商品コード: 2011090900278

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年10月28日
    頭を下げる加藤社長 NAS電池を生産停止

    記者会見で、ナトリウム硫黄電池の火災事故について謝罪する日本ガイシの加藤太郎社長(左)=28日午後、名古屋市中区

    商品コード: 2011102800342

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年10月28日
    記者会見する加藤社長 NAS電池を生産停止

    ナトリウム硫黄電池の火災事故について記者会見する日本ガイシの加藤太郎社長(左)=28日午後、名古屋市中区

    商品コード: 2011102800348

  • 2018年01月26日
    大連化学物理研究所が新型リチウム硫黄電池を開発

    26日に撮影されたリチウム硫黄電池パックの外形と内部構造。中国科学院大連化学物理研究所の陳剣研究員が率いる科学研究チームはこのほど、リチウム硫黄電池技術の研究開発で新たな進展を遂げた。新たに開発されたリチウム硫黄電池は、優れた環境適応性を持ち、マイナス60度の極寒の環境でも動作可能で、リチウムイオン電池よりも優れた低温性能を示した。リチウム硫黄電池は、原料貯蔵量が豊富で、汚染が少なく、低コスト、低価格な2次電池。(新華社記者/潘昱竜)=2018(平成30)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018022101219

  • 2018年01月26日
    大連化学物理研究所が新型リチウム硫黄電池を開発

    26日、多種類の型番のリチウム硫黄電池パックを見せる作業員。中国科学院大連化学物理研究所の陳剣研究員が率いる科学研究チームはこのほど、リチウム硫黄電池技術の研究開発で新たな進展を遂げた。新たに開発されたリチウム硫黄電池は、優れた環境適応性を持ち、マイナス60度の極寒の環境でも動作可能で、リチウムイオン電池よりも優れた低温性能を示した。リチウム硫黄電池は、原料貯蔵量が豊富で、汚染が少なく、低コスト、低価格な2次電池。(新華社記者/潘昱竜)=2018(平成30)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018022101191

  • 2018年01月26日
    大連化学物理研究所が新型リチウム硫黄電池を開発

    26日、12ボルト90アンペアアワー型リチウム硫黄電池パックの測定をする作業員。中国科学院大連化学物理研究所の陳剣研究員が率いる科学研究チームはこのほど、リチウム硫黄電池技術の研究開発で新たな進展を遂げた。新たに開発されたリチウム硫黄電池は、優れた環境適応性を持ち、マイナス60度の極寒の環境でも動作可能で、リチウムイオン電池よりも優れた低温性能を示した。リチウム硫黄電池は、原料貯蔵量が豊富で、汚染が少なく、低コスト、低価格な2次電池(新華社記者/潘昱竜)=2018(平成30)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018022101218

  • 2022年04月27日
    「黄電」引退式 地下鉄「黄電」、復活へ

    鉄道ファンらが詰めかけた、名古屋市営地下鉄の愛称「黄電」の引退式=2000年4月、名古屋市名東区の東山線藤ケ丘駅

    商品コード: 2022042705595

  • 1