KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 農業
  • さざ波
  • 収穫
  • 平成
  • 景色
  • 景観
  • 稲穂
  • 豊作
  • 農民

「黒土地帯」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
10
( 1 10 件を表示)
  • 1
10
( 1 10 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年08月20日
    黒土地帯は小麦産地

    ロシア(2)

    商品コード: 2012082000317

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年08月20日
    黒土地帯は小麦産地

    ロシア(2)

    商品コード: 2012082000318

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年08月20日
    広がる麦畑 黒土地帯は小麦産地

    ロシア南部の小麦畑を見回る農家の人(共同)

    商品コード: 2012082000367

  • 2018年09月17日
    黒土地帯に漂う稲の香り吉林省吉林市

    17日、吉林市一拉渓鎮(いちらけいちん)で、トラックの荷台に乗りコンバインで刈り取った稲をならす農民。中国でも有名な稲作地帯の吉林省では水稲が実りの時期を迎え、肥沃な黒土地帯を埋め尽くす金色の稲穂が、まるでさざ波のようにゆらゆらと風に揺れている。水田では収穫が始まっており、豊作のために忙しく働く農民の姿が見られる。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092516478

  • 2018年09月18日
    黒土地帯に漂う稲の香り吉林省吉林市

    18日、吉林市万昌鎮で、コンバインを運転し稲を刈り取る農民。(小型無人機から)中国でも有名な稲作地帯の吉林省では水稲が実りの時期を迎え、肥沃な黒土地帯を埋め尽くす金色の稲穂が、まるでさざ波のようにゆらゆらと風に揺れている。水田では収穫が始まっており、豊作のために忙しく働く農民の姿が見られる。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092516411

  • 2018年09月18日
    黒土地帯に漂う稲の香り吉林省吉林市

    18日、舒蘭(じょらん)市(吉林市が管轄する県級市)平安鎮の水田で稲穂を整理する農民。中国でも有名な稲作地帯の吉林省では水稲が実りの時期を迎え、肥沃な黒土地帯を埋め尽くす金色の稲穂が、まるでさざ波のようにゆらゆらと風に揺れている。水田では収穫が始まっており、豊作のために忙しく働く農民の姿が見られる。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092516401

  • 2018年09月18日
    黒土地帯に漂う稲の香り吉林省吉林市

    18日、舒蘭(じょらん)市(吉林市が管轄する県級市)平安鎮の、秋の水田風景。(小型無人機から)中国でも有名な稲作地帯の吉林省では水稲が実りの時期を迎え、肥沃な黒土地帯を埋め尽くす金色の稲穂が、まるでさざ波のようにゆらゆらと風に揺れている。水田では収穫が始まっており、豊作のために忙しく働く農民の姿が見られる。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092516720

  • 2018年09月19日
    黒土地帯に漂う稲の香り吉林省吉林市

    19日、舒蘭(じょらん)市(吉林市が管轄する県級市)白旗鎮で、黄金色に染まった水田。(小型無人機から)中国でも有名な稲作地帯の吉林省では水稲が実りの時期を迎え、肥沃な黒土地帯を埋め尽くす金色の稲穂が、まるでさざ波のようにゆらゆらと風に揺れている。水田では収穫が始まっており、豊作のために忙しく働く農民の姿が見られる。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092516652

  • 01:00.82
    2020年06月24日
    「新華社」黒土地帯の肥沃な土壌、保護の取り組み進む中国黒竜江省

    中国の主要食糧生産省の一つ、黒竜江省は近年、肥沃な土壌「黒土」の保護・利用試行地区の実施、科学的な輪作システムの確立、「秸稈還田」(麦や稲などのわらをすき込んだり、堆肥にしたりして土に返す取り組み)や耕地総合整備などの措置を実施することで耕地の品質を絶えず向上させ、耕地の退化を効果的に防止し、貴重な黒土の土地資源保護に努め、農業の高品質な発展を進めている。同省チチハル市克山県はプロジェクトとバイオ技術、農業機械と農業技術を融合させることで、耕地の品質を高めている。2020年の同県の黒土地保護・利用プロジェクト面積は50万ムー(約3万3千ヘクタール)で、うち「秸稈還田」の面積は18万2千ムー(約1万2千ヘクタール)、有機肥料使用面積は15万6千ムー(1万400ヘクタール)、トウモロコシと大豆の輪作面積は16万2千ムー(1万800ヘクタール)だった。今年のプロジェクト実施地域の耕地品質の平均値、耕地土壌の有機質含有量の平均値は2017年と比べそれぞれ0・5等級、3%以上向上しており、わらの総合利用率は87%に達した。(記者/唐鉄富)<映像内容>黒土地帯の保護の取り組み、農地を耕す様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508631

  • 00:55.38
    2021年09月13日
    「新華社」専門家が大豆種子産業の発展を検討黒竜江省

    中国種子協会大豆分会と黒竜江省黒河市人民政府が主催した第4回中国大豆種子産業サミットフォーラムと大豆優良品種栽培地博覧会がこのほど、同省五大連池市で開幕した。国内の大豆産業の専門家や育種企業の代表者らが、中国の大豆産業発展の現状、生産能力と国家食糧安全保障、増産・効率化技術などについて意見を交わした。松嫩平原の寒冷地黒土地帯にある五大連池市は、「中国優良品種大豆育種の里」づくりに全力で取り組んでおり、「五大連池大豆」は中国の地理的表示(GI)製品に登録されている。同市の優良品種栽培拠点の面積は例年120万ムー(8万ヘクタール)以上で安定しており、年間15万トンの優良品種を生産している。(記者/劉赫垚) =配信日: 2021(令和3)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091310905

  • 1