KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ハルビン
  • 小型無人機
  • ドローン
  • 貧困脱却
  • 牡丹江市
  • 新型肺炎
  • 貧困世帯
  • スタッフ
  • チチハル
  • アムールトラ

「黒竜江省」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
4,395
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
4,395
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年02月24日
    (5)ひっそりとしたハルビン氷祭り会場を空中散歩黒竜江省

    20日、来場者のいないハルビン氷雪大世界の会場。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市は新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)の一般公開を一時中止している。来場者のいないひっそりとした会場には、趣がある独特の光景が広がっている。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (6)ひっそりとしたハルビン氷祭り会場を空中散歩黒竜江省

    20日、来場者のいないハルビン氷雪大世界の会場。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市は新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)の一般公開を一時中止している。来場者のいないひっそりとした会場には、趣がある独特の光景が広がっている。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (5)ハルビンの映画館が営業再開黒竜江省

    23日、ハルビン市香坊区のカフェでパソコンを使う市民。中国黒竜江省ハルビン市で23日、正式な営業許可を持ち、規定の新型コロナウイルス感染対策を講じた映画館、旅館、カフェが営業を再開した。同市の感染予防・抑制指揮部(対策本部)が明らかにした。(ハルビン=新華社記者/楊思琪)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (4)ハルビンの映画館が営業再開黒竜江省

    23日、ハルビン市香坊区の映画館でチケットを購入する市民。中国黒竜江省ハルビン市で23日、正式な営業許可を持ち、規定の新型コロナウイルス感染対策を講じた映画館、旅館、カフェが営業を再開した。同市の感染予防・抑制指揮部(対策本部)が明らかにした。(ハルビン=新華社記者/楊思琪)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (2)ひっそりとしたハルビン氷祭り会場を空中散歩黒竜江省

    20日、来場者のいないハルビン氷雪大世界の会場の一角。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市は新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)の一般公開を一時中止している。来場者のいないひっそりとした会場には、趣がある独特の光景が広がっている。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (1)ひっそりとしたハルビン氷祭り会場を空中散歩黒竜江省

    20日、来場者のいないハルビン氷雪大世界の会場。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市は新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)の一般公開を一時中止している。来場者のいないひっそりとした会場には、趣がある独特の光景が広がっている。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月24日
    (1)黒竜江省、都市と農村の居住環境改善の取り組みを強化

    新築家屋の前に立つ黒竜江省撫遠(ふえん)市の貧困脱却世帯。(2020年6月15日撮影)中国黒竜江省で開催中の第13期人民代表大会第5回会議で21日、同省の都市と農村の居住環境が一段と改善されたことが明らかになった。同省はここ数年、居住環境改善の取り組みを強化しており、都市の貧困地域の62万7千棟、古い居住区の51万9千戸、農村の倒壊の危険がある43万7千戸を改造した。(ハルビン=新華社記者/楊思琪)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月24日
    (2)黒竜江省、都市と農村の居住環境改善の取り組みを強化

    貧困地区改造政策の恩恵を受け、築40年以上の古い家を離れ、賃貸住宅に仮住まいをしながら新しい家の完成を待つ黒竜江省ハルビン市道外区化工街道の李鳳芹(り・ほうきん)さん(65、右)。(2019年12月26日撮影)中国黒竜江省で開催中の第13期人民代表大会第5回会議で21日、同省の都市と農村の居住環境が一段と改善されたことが明らかになった。同省はここ数年、居住環境改善の取り組みを強化しており、都市の貧困地域の62万7千棟、古い居住区の51万9千戸、農村の倒壊の危険がある43万7千戸を改造した。(ハルビン=新華社記者/楊思琪)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (7)ひっそりとしたハルビン氷祭り会場を空中散歩黒竜江省

    20日、来場者のいないハルビン氷雪大世界の会場。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市は新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)の一般公開を一時中止している。来場者のいないひっそりとした会場には、趣がある独特の光景が広がっている。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月24日
    (3)黒竜江省、都市と農村の居住環境改善の取り組みを強化

    修理中の自宅の前に立つ黒竜江省大興安嶺地区漠河市北極鎮北紅村の村民。(2020年9月9日撮影)中国黒竜江省で開催中の第13期人民代表大会第5回会議で21日、同省の都市と農村の居住環境が一段と改善されたことが明らかになった。同省はここ数年、居住環境改善の取り組みを強化しており、都市の貧困地域の62万7千棟、古い居住区の51万9千戸、農村の倒壊の危険がある43万7千戸を改造した。(ハルビン=新華社記者/孫暁宇)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (3)ハルビンの映画館が営業再開黒竜江省

    23日、ハルビン市香坊区のカフェで飲食を楽しむ市民。中国黒竜江省ハルビン市で23日、正式な営業許可を持ち、規定の新型コロナウイルス感染対策を講じた映画館、旅館、カフェが営業を再開した。同市の感染予防・抑制指揮部(対策本部)が明らかにした。(ハルビン=新華社記者/楊思琪)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (3)ひっそりとしたハルビン氷祭り会場を空中散歩黒竜江省

    20日、来場者のいないハルビン氷雪大世界の会場を彩る氷彫刻。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市は新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)の一般公開を一時中止している。来場者のいないひっそりとした会場には、趣がある独特の光景が広がっている。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (2)ハルビンの映画館が営業再開黒竜江省

    23日、ハルビン市香坊区の映画館で、上映後に場内を消毒するスタッフ。中国黒竜江省ハルビン市で23日、正式な営業許可を持ち、規定の新型コロナウイルス感染対策を講じた映画館、旅館、カフェが営業を再開した。同市の感染予防・抑制指揮部(対策本部)が明らかにした。(ハルビン=新華社記者/楊思琪)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (4)ひっそりとしたハルビン氷祭り会場を空中散歩黒竜江省

    20日、来場者のいないハルビン氷雪大世界の会場。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市は新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)の一般公開を一時中止している。来場者のいないひっそりとした会場には、趣がある独特の光景が広がっている。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (7)ハルビン電機厰、春節後の業務再開で主要製品の生産強化黒竜江省

    22日、ハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰の工場で働く作業員。中国の春節(旧正月)連休が明け、大中型発電設備を生産する主要基幹企業でハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰が、業務を全面的に再開した。新型コロナウイルス感染症の予防・抑制対策を徹底しながら、生産を一層強化し、主要プロジェクトの製品完成までの進捗を確実なものとしている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (10)ハルビン電機厰、春節後の業務再開で主要製品の生産強化黒竜江省

    22日、ハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰の工場で働く作業員。中国の春節(旧正月)連休が明け、大中型発電設備を生産する主要基幹企業でハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰が、業務を全面的に再開した。新型コロナウイルス感染症の予防・抑制対策を徹底しながら、生産を一層強化し、主要プロジェクトの製品完成までの進捗を確実なものとしている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (6)ハルビン電機厰、春節後の業務再開で主要製品の生産強化黒竜江省

    22日、ハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰の工場で働く作業員。中国の春節(旧正月)連休が明け、大中型発電設備を生産する主要基幹企業でハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰が、業務を全面的に再開した。新型コロナウイルス感染症の予防・抑制対策を徹底しながら、生産を一層強化し、主要プロジェクトの製品完成までの進捗を確実なものとしている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:55.95
    2021年02月23日
    「新華社」ハルビン電機厰、春節後の業務再開で主要製品の生産強化黒竜江省

    中国の春節(旧正月)連休が明け、大中型発電設備を生産する主要基幹企業でハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰が、業務を全面的に再開した。新型コロナウイルス感染症の予防・抑制対策を徹底しながら、生産を一層強化し、主要プロジェクトの製品完成までの進捗を確実なものとしている。(記者/王建威) =配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (16)ハルビン電機厰、春節後の業務再開で主要製品の生産強化黒竜江省

    22日、ハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰の工場で働く作業員。中国の春節(旧正月)連休が明け、大中型発電設備を生産する主要基幹企業でハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰が、業務を全面的に再開した。新型コロナウイルス感染症の予防・抑制対策を徹底しながら、生産を一層強化し、主要プロジェクトの製品完成までの進捗を確実なものとしている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (3)ハルビン電機厰、春節後の業務再開で主要製品の生産強化黒竜江省

    22日、ハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰の工場で働く作業員。中国の春節(旧正月)連休が明け、大中型発電設備を生産する主要基幹企業でハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰が、業務を全面的に再開した。新型コロナウイルス感染症の予防・抑制対策を徹底しながら、生産を一層強化し、主要プロジェクトの製品完成までの進捗を確実なものとしている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (4)ハルビン電機厰、春節後の業務再開で主要製品の生産強化黒竜江省

    22日、ハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰の工場で働く作業員。中国の春節(旧正月)連休が明け、大中型発電設備を生産する主要基幹企業でハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰が、業務を全面的に再開した。新型コロナウイルス感染症の予防・抑制対策を徹底しながら、生産を一層強化し、主要プロジェクトの製品完成までの進捗を確実なものとしている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (14)ハルビン電機厰、春節後の業務再開で主要製品の生産強化黒竜江省

    22日、ハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰の工場で働く作業員。中国の春節(旧正月)連休が明け、大中型発電設備を生産する主要基幹企業でハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰が、業務を全面的に再開した。新型コロナウイルス感染症の予防・抑制対策を徹底しながら、生産を一層強化し、主要プロジェクトの製品完成までの進捗を確実なものとしている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (13)ハルビン電機厰、春節後の業務再開で主要製品の生産強化黒竜江省

    22日、ハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰の工場で働く作業員。中国の春節(旧正月)連休が明け、大中型発電設備を生産する主要基幹企業でハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰が、業務を全面的に再開した。新型コロナウイルス感染症の予防・抑制対策を徹底しながら、生産を一層強化し、主要プロジェクトの製品完成までの進捗を確実なものとしている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (1)ハルビン電機厰、春節後の業務再開で主要製品の生産強化黒竜江省

    22日、ハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰の工場で働く作業員。中国の春節(旧正月)連休が明け、大中型発電設備を生産する主要基幹企業でハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰が、業務を全面的に再開した。新型コロナウイルス感染症の予防・抑制対策を徹底しながら、生産を一層強化し、主要プロジェクトの製品完成までの進捗を確実なものとしている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (15)ハルビン電機厰、春節後の業務再開で主要製品の生産強化黒竜江省

    22日、ハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰の工場で働く作業員。中国の春節(旧正月)連休が明け、大中型発電設備を生産する主要基幹企業でハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰が、業務を全面的に再開した。新型コロナウイルス感染症の予防・抑制対策を徹底しながら、生産を一層強化し、主要プロジェクトの製品完成までの進捗を確実なものとしている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.63
    2021年02月23日
    「新華社」春の農作業を前に農業機械の点検を実施黒竜江省克山県

    中国黒竜江省チチハル市の克山県は、農業が盛んな地域として知られる。3月中旬までに全県で春耕作業に必要な各種農業機械・器具3万4800セットの点検・修理を完了するため、同県は機械の点検・修理と農業資材の発注を早めに行うことで、「感染症対策と春耕作業の両立」を実現している。現在、既に点検・修理した各種農業機械の台数は6700台(セット)に上る。(記者/唐鉄富) =配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    ハルビン電機厰、春節後の業務再開で主要製品の生産強化黒竜江省

    22日、ハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰の工場で働く作業員。中国の春節(旧正月)連休が明け、大中型発電設備を生産する主要基幹企業でハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰が、業務を全面的に再開した。新型コロナウイルス感染症の予防・抑制対策を徹底しながら、生産を一層強化し、主要プロジェクトの製品完成までの進捗を確実なものとしている。(ハルビン=新華社記者/王建威)=配信日:2021(令和3)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    ハルビン電機厰、春節後の業務再開で主要製品の生産強化黒竜江省

    22日、ハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰の工場で働く作業員。中国の春節(旧正月)連休が明け、大中型発電設備を生産する主要基幹企業でハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰が、業務を全面的に再開した。新型コロナウイルス感染症の予防・抑制対策を徹底しながら、生産を一層強化し、主要プロジェクトの製品完成までの進捗を確実なものとしている。(ハルビン=新華社記者/王建威)=配信日:2021(令和3)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (6)ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    21日、ハルビン極地館でアシカショーを楽しむ来場者。中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (10)ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    21日、ハルビン極地館で海水魚を見る来場者。中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (11)ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    21日、ハルビン極地館で、体温検査を受け入場する人。中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (9)ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    21日、ハルビン極地館でクラゲを見る来場者。中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (8)ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    21日、ハルビン極地館でペンギンを見る来場者。中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:01.67
    2021年02月22日
    「新華社」ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(記者/王建威) =配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (3)ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    21日、ハルビン極地館でイルカショーを楽しむ来場者。中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (7)ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    21日、ハルビン極地館でホッキョクギツネを見る来場者。中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (1)ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    21日、列を作ってハルビン極地館に入場する人々。中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (2)黒竜江省、今年の食糧収穫量は7500万トン超が確実に

    黒竜江墾区の七星農場で行われた農業機械無人運転実演会で、稲の収穫作業を行う自動運転のコンバイン。(2020年10月11日撮影)中国黒竜江省の第13期人民代表大会第5回会議が19日開幕し、全国最大の食糧(穀物・豆類・芋類)生産地の同省は今年、高規格農地1010万ムー(約67万3300ヘクタール)を新たに整備し、食糧栽培面積が2億1690万ムー(1446万ヘクタール)に達する見込みであることが明らかになった。これにより食糧収穫量は7500万トン以上が確実とされている。(ハルビン=新華社記者/孫暁宇)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    ハルビン電機厰、春節後の業務再開で主要製品の生産強化黒竜江省

    22日、ハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰の工場。中国の春節(旧正月)連休が明け、大中型発電設備を生産する主要基幹企業でハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰が、業務を全面的に再開した。新型コロナウイルス感染症の予防・抑制対策を徹底しながら、生産を一層強化し、主要プロジェクトの製品完成までの進捗を確実なものとしている。(ハルビン=新華社記者/王建威)=配信日:2021(令和3)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    ハルビン電機厰、春節後の業務再開で主要製品の生産強化黒竜江省

    22日、ハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰の工場で働く作業員。中国の春節(旧正月)連休が明け、大中型発電設備を生産する主要基幹企業でハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰が、業務を全面的に再開した。新型コロナウイルス感染症の予防・抑制対策を徹底しながら、生産を一層強化し、主要プロジェクトの製品完成までの進捗を確実なものとしている。(ハルビン=新華社記者/王建威)=配信日:2021(令和3)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (12)ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    21日、ハルビン極地館で記念撮影する来場者。中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (2)ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    21日、ハルビン極地館でイルカショーを楽しむ来場者。中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (1)黒竜江省、今年の食糧収穫量は7500万トン超が確実に

    黒竜江省大慶市の生い茂ったトウモロコシ畑。(2020年8月1日撮影)中国黒竜江省の第13期人民代表大会第5回会議が19日開幕し、全国最大の食糧(穀物・豆類・芋類)生産地の同省は今年、高規格農地1010万ムー(約67万3300ヘクタール)を新たに整備し、食糧栽培面積が2億1690万ムー(1446万ヘクタール)に達する見込みであることが明らかになった。これにより食糧収穫量は7500万トン以上が確実とされている。(ハルビン=新華社記者/楊思琪)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    ハルビン電機厰、春節後の業務再開で主要製品の生産強化黒竜江省

    22日、ハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰の工場で働く作業員。中国の春節(旧正月)連休が明け、大中型発電設備を生産する主要基幹企業でハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰が、業務を全面的に再開した。新型コロナウイルス感染症の予防・抑制対策を徹底しながら、生産を一層強化し、主要プロジェクトの製品完成までの進捗を確実なものとしている。(ハルビン=新華社記者/王建威)=配信日:2021(令和3)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    ハルビン電機厰、春節後の業務再開で主要製品の生産強化黒竜江省

    22日、ハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰の工場で働く作業員。中国の春節(旧正月)連休が明け、大中型発電設備を生産する主要基幹企業でハルビン電気集団傘下のハルビン電機厰が、業務を全面的に再開した。新型コロナウイルス感染症の予防・抑制対策を徹底しながら、生産を一層強化し、主要プロジェクトの製品完成までの進捗を確実なものとしている。(ハルビン=新華社記者/王建威)=配信日:2021(令和3)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (3)黒竜江省、2020年の大気優良率92・9%

    黒竜江省鶴岡市の欣虹湖公園。(2020年10月30日撮影)中国黒竜江省で開催中の同省第13期人民代表大会第5回会議で20日、同省の生態環境の質が持続的に改善していることが明らかにされた。2020年に大気の質が「優良」だった日は92・9%に達した。(ハルビン=新華社記者/孫暁宇)= 配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    21日、ハルビン極地館でイルカショーを楽しむ来場者。中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(ハルビン=新華社記者/王建威)=配信日:2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    21日、ハルビン極地館でホッキョクオオカミを見る来場者。中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(ハルビン=新華社記者/王建威)=配信日:2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (1)黒竜江省、2020年の大気優良率92・9%

    黒竜江省大興安嶺林業集団アムル(阿木爾)林業局の雪景色。(2020年12月3日撮影)中国黒竜江省で開催中の同省第13期人民代表大会第5回会議で20日、同省の生態環境の質が持続的に改善していることが明らかにされた。2020年に大気の質が「優良」だった日は92・9%に達した。(ハルビン=新華社記者/楊思琪)= 配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (2)黒竜江省、2020年の大気優良率92・9%

    黒竜江省大興安嶺林業集団アムル(阿木爾)林業局の雪景色。(2020年12月3日撮影)中国黒竜江省で開催中の同省第13期人民代表大会第5回会議で20日、同省の生態環境の質が持続的に改善していることが明らかにされた。2020年に大気の質が「優良」だった日は92・9%に達した。(ハルビン=新華社記者/楊思琪)= 配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月19日
    (3)モスクワと綏芬河結ぶ初の直通貨物列車が到着黒竜江省

    12日、モスクワと綏芬河を結ぶ直通貨物列車。ロシアのモスクワから中国黒竜江省綏芬河(すいふんが)への直通貨物列車がこのほど、ゆっくりと綏芬河駅の南貨物ヤードに入り、モスクワと綏芬河を結ぶ国際貨物列車路線が無事に開通した。(綏芬河=新華社配信/曲芸偉)= 配信日: 2021(平成33)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月19日
    (1)モスクワと綏芬河結ぶ初の直通貨物列車が到着黒竜江省

    12日、モスクワと綏芬河を結ぶ直通貨物列車。ロシアのモスクワから中国黒竜江省綏芬河(すいふんが)への直通貨物列車がこのほど、ゆっくりと綏芬河駅の南貨物ヤードに入り、モスクワと綏芬河を結ぶ国際貨物列車路線が無事に開通した。(綏芬河=新華社配信/曲芸偉)= 配信日: 2021(平成33)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (5)凍結した松花江の上で測定を行う作業員黒竜江省ハルビン市

    松花江の水にぬれて凍結し、川面に立つ橋梁・トンネル作業員の手袋。(1月13日撮影)中国黒竜江省ハルビン市内を流れる松花江に架かる松花江特大橋は、国内最北端を走る寒冷地仕様の高速鉄道、哈斉高速鉄道(ハルビン市-チチハル市)が通過する橋。同橋の安全を確保するため、中国鉄路ハルビン局集団ハルビン工務段(保線区)高速鉄道橋作業場の橋梁・トンネル担当作業員たちは毎年冬になると、凍結した松花江上の決まった位置に穴を開けて水深を測定し、橋脚の安定性などを確認している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)= 配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:40.19
    2021年02月18日
    「新華社」黒竜江省ハルビン市、全域が低リスク区域に

    中国黒竜江省ハルビン市新型コロナウイルス感染予防・抑制指揮部(対策本部)は18日、利民開発区裕田街道と呼蘭区建設路街道の感染リスクレベルを低リスクにする通達を発表した。同市はこれで全域が低リスク区域になった。(記者/王松)=配信日:2021(令和3)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:59.90
    2021年02月18日
    「新華社」凍結した松花江の上で測定を行う作業員黒竜江省ハルビン市

    中国黒竜江省ハルビン市内を流れる松花江に架かる松花江特大橋は、国内最北端を走る寒冷地仕様の高速鉄道、哈斉高速鉄道(ハルビン市-チチハル市)が通過する橋。同橋の安全を確保するため、中国鉄路ハルビン局集団ハルビン工務段(保線区)高速鉄道橋作業場の橋梁・トンネル担当作業員たちは毎年冬になると、凍結した松花江上の決まった位置に穴を開けて水深を測定し、橋脚の安定性などを確認している。夏の増水期に入ると、橋の下の水流が速くなり測定が困難になるため、作業員は川面が完全に凍結する冬を待って測定を行い、測定精度を確保している。(記者/王君宝) =配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (2)凍結した松花江の上で測定を行う作業員黒竜江省ハルビン市

    水から引き上げるとすぐに凍結してしまった測定ロープ。(1月13日撮影)中国黒竜江省ハルビン市内を流れる松花江に架かる松花江特大橋は、国内最北端を走る寒冷地仕様の高速鉄道、哈斉高速鉄道(ハルビン市-チチハル市)が通過する橋。同橋の安全を確保するため、中国鉄路ハルビン局集団ハルビン工務段(保線区)高速鉄道橋作業場の橋梁・トンネル担当作業員たちは毎年冬になると、凍結した松花江上の決まった位置に穴を開けて水深を測定し、橋脚の安定性などを確認している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)= 配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (6)黒竜江省ハルビン市、全域が低リスク区域に

    18日、ハルビン市の湘江公園で遊ぶ人々。中国黒竜江省ハルビン市新型コロナウイルス感染予防・抑制指揮部(対策本部)は18日、利民開発区裕田街道と呼蘭区建設路街道の感染リスクレベルを低リスクにする通達を発表した。同市はこれで全域が低リスク区域になった。(ハルビン=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (5)黒竜江省ハルビン市、全域が低リスク区域に

    18日、ハルビン市の湘江公園で遊ぶ人々。中国黒竜江省ハルビン市新型コロナウイルス感染予防・抑制指揮部(対策本部)は18日、利民開発区裕田街道と呼蘭区建設路街道の感染リスクレベルを低リスクにする通達を発表した。同市はこれで全域が低リスク区域になった。(ハルビン=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (3)黒竜江省ハルビン市、全域が低リスク区域に

    18日、ハルビン市の湘江公園で遊ぶ人々。中国黒竜江省ハルビン市新型コロナウイルス感染予防・抑制指揮部(対策本部)は18日、利民開発区裕田街道と呼蘭区建設路街道の感染リスクレベルを低リスクにする通達を発表した。同市はこれで全域が低リスク区域になった。(ハルビン=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (4)黒竜江省ハルビン市、全域が低リスク区域に

    18日、ハルビン市の湘江公園で遊ぶ人々。中国黒竜江省ハルビン市新型コロナウイルス感染予防・抑制指揮部(対策本部)は18日、利民開発区裕田街道と呼蘭区建設路街道の感染リスクレベルを低リスクにする通達を発表した。同市はこれで全域が低リスク区域になった。(ハルビン=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (3)凍結した松花江の上で測定を行う作業員黒竜江省ハルビン市

    凍結した松花江の川面で測定作業を行う橋梁・トンネル作業員。(1月13日撮影)中国黒竜江省ハルビン市内を流れる松花江に架かる松花江特大橋は、国内最北端を走る寒冷地仕様の高速鉄道、哈斉高速鉄道(ハルビン市-チチハル市)が通過する橋。同橋の安全を確保するため、中国鉄路ハルビン局集団ハルビン工務段(保線区)高速鉄道橋作業場の橋梁・トンネル担当作業員たちは毎年冬になると、凍結した松花江上の決まった位置に穴を開けて水深を測定し、橋脚の安定性などを確認している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)= 配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (7)黒竜江省ハルビン市、全域が低リスク区域に

    18日、ハルビン市の湘江公園を散策する人々。中国黒竜江省ハルビン市新型コロナウイルス感染予防・抑制指揮部(対策本部)は18日、利民開発区裕田街道と呼蘭区建設路街道の感染リスクレベルを低リスクにする通達を発表した。同市はこれで全域が低リスク区域になった。(ハルビン=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (4)凍結した松花江の上で測定を行う作業員黒竜江省ハルビン市

    松花江の水にぬれて凍結した橋梁・トンネル作業員の作業靴。(1月13日撮影)中国黒竜江省ハルビン市内を流れる松花江に架かる松花江特大橋は、国内最北端を走る寒冷地仕様の高速鉄道、哈斉高速鉄道(ハルビン市-チチハル市)が通過する橋。同橋の安全を確保するため、中国鉄路ハルビン局集団ハルビン工務段(保線区)高速鉄道橋作業場の橋梁・トンネル担当作業員たちは毎年冬になると、凍結した松花江上の決まった位置に穴を開けて水深を測定し、橋脚の安定性などを確認している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)= 配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (1)黒竜江省ハルビン市、全域が低リスク区域に

    18日、ハルビン市の湘江公園で遊ぶ人々。中国黒竜江省ハルビン市新型コロナウイルス感染予防・抑制指揮部(対策本部)は18日、利民開発区裕田街道と呼蘭区建設路街道の感染リスクレベルを低リスクにする通達を発表した。同市はこれで全域が低リスク区域になった。(ハルビン=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    黒竜江省ハルビン市、全域が低リスク区域に

    18日、ハルビン市の湘江公園で遊ぶ人々。中国黒竜江省ハルビン市新型コロナウイルス感染予防・抑制指揮部(対策本部)は18日、利民開発区裕田街道と呼蘭区建設路街道の感染リスクレベルを低リスクにする通達を発表した。同市はこれで全域が低リスク区域になった。(ハルビン=新華社記者/王松)=配信日:2021(令和3)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (1)春節期間中も最前線で働く人たち

    11日、黒竜江省ハルビン市道外区の集中隔離施設で、ガラス越しに息子の頭をなでる鄭瑩瑩(てい・えいえい)さん。36歳になる鄭さんは同区の人民病院で働く職員。2月1日から15日までの間、区内に設けられた集中隔離施設で勤務し、主に報告書の記入や転院搬送関連の連絡などの業務に当たった。中国では春節(旧正月)期間中、新型コロナウイルス感染症対策や社会機能維持のために、最前線で休まず働く人たちの姿があった。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (2)春節期間中も最前線で働く人たち

    11日、黒竜江省ハルビン市道外区の集中隔離施設で、ガラス越しに向き合う鄭瑩瑩(てい・えいえい)さんと息子。中国では春節(旧正月)期間中、新型コロナウイルス感染症対策や社会機能維持のために、最前線で休まず働く人たちの姿があった。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:58.26
    2021年02月17日
    「新華社」山の中のトナカイ飼育場黒竜江省呼中区

    中国黒竜江省大興安嶺地区にある呼中林場で伐採の仕事をしていた曹樹権(そう・じゅけん)さん(52)は天然林の伐採停止措置を受け、妻の姜雪梅(きょう・せつばい)さんと共に呼中区飛虎山5号線でトナカイの飼育を始めた。当初8頭だったトナカイは今では37頭に増加。夫妻は生体や角の貸し出し、販売で年間40~50万元(1元=約16円)の収入を得ている。(記者/孫暁宇) =配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (2)山の中のトナカイ飼育場黒竜江省呼中区

    黒竜江省大興安嶺地区飛虎山5号線でトナカイに餌をやる姜雪梅さん。(2020年11月12日撮影)中国黒竜江省大興安嶺地区にある呼中林場で伐採の仕事をしていた曹樹権(そう・じゅけん)さん(52)は天然林の伐採停止措置を受け、妻の姜雪梅(きょう・せつばい)さんと共に呼中区飛虎山5号線でトナカイの飼育を始めた。当初8頭だったトナカイは今では37頭に増加。夫妻は生体や角の貸し出し、販売で年間40~50万元(1元=約16円)の収入を得ている。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (3)春節期間中も最前線で働く人たち

    11日、黒竜江省ハルビン市道外区の集中隔離施設で、切り紙細工を窓に貼る鄭瑩瑩(てい・えいえい)さん。中国では春節(旧正月)期間中、新型コロナウイルス感染症対策や社会機能維持のために、最前線で休まず働く人たちの姿があった。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (6)春節期間中も最前線で働く人たち

    15日、黒竜江省ハルビン市香坊区にあるスーパーマーケットの入り口で警備に当たる于永軍(う・えいぐん)さん。中国では春節(旧正月)期間中、新型コロナウイルス感染症対策や社会機能維持のために、最前線で休まず働く人たちの姿があった。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月17日
    (4)春節期間中も最前線で働く人たち

    15日、黒竜江省ハルビン市香坊区にあるスーパーマーケットの入り口で来店客を案内する于永軍(う・えいぐん)さん(右)。66歳になる于さんはこの店の警備員。今年の春節期間中、24時間交代制で勤務し、主に午前8時から翌日午前8時までの間、スーパーの出入り口で来店客の感染防止対策や案内、防火、盗難防止などに当たった。中国では春節(旧正月)期間中、新型コロナウイルス感染症対策や社会機能維持のために、最前線で休まず働く人たちの姿があった。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (5)春節期間中も最前線で働く人たち

    15日、黒竜江省ハルビン市香坊区にあるスーパーマーケットの入り口で来店客に対応する于永軍(う・えいぐん)さん(左)。中国では春節(旧正月)期間中、新型コロナウイルス感染症対策や社会機能維持のために、最前線で休まず働く人たちの姿があった。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (1)山の中のトナカイ飼育場黒竜江省呼中区

    黒竜江省大興安嶺地区飛虎山5号線で飼育されているトナカイ。(2020年11月12日撮影)中国黒竜江省大興安嶺地区にある呼中林場で伐採の仕事をしていた曹樹権(そう・じゅけん)さん(52)は天然林の伐採停止措置を受け、妻の姜雪梅(きょう・せつばい)さんと共に呼中区飛虎山5号線でトナカイの飼育を始めた。当初8頭だったトナカイは今では37頭に増加。夫妻は生体や角の貸し出し、販売で年間40~50万元(1元=約16円)の収入を得ている。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (5)山の中のトナカイ飼育場黒竜江省呼中区

    黒竜江省大興安嶺地区飛虎山5号線でトナカイに囲まれる曹樹権さん。(2020年11月12日撮影)中国黒竜江省大興安嶺地区にある呼中林場で伐採の仕事をしていた曹樹権(そう・じゅけん)さん(52)は天然林の伐採停止措置を受け、妻の姜雪梅(きょう・せつばい)さんと共に呼中区飛虎山5号線でトナカイの飼育を始めた。当初8頭だったトナカイは今では37頭に増加。夫妻は生体や角の貸し出し、販売で年間40~50万元(1元=約16円)の収入を得ている。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (4)山の中のトナカイ飼育場黒竜江省呼中区

    黒竜江省大興安嶺地区飛虎山5号線で飼育されているトナカイ。(2020年11月12日撮影)中国黒竜江省大興安嶺地区にある呼中林場で伐採の仕事をしていた曹樹権(そう・じゅけん)さん(52)は天然林の伐採停止措置を受け、妻の姜雪梅(きょう・せつばい)さんと共に呼中区飛虎山5号線でトナカイの飼育を始めた。当初8頭だったトナカイは今では37頭に増加。夫妻は生体や角の貸し出し、販売で年間40~50万元(1元=約16円)の収入を得ている。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.60
    2021年02月17日
    「新華社」春節期間も持ち場を守る配達員黒竜江省ハルビン市

    中国黒竜江省ハルビン市のスーパーマーケットで配達員をしている劉剛(りゅう・ごう)さんは春節(旧正月)期間中も、顧客が注文した商品の配送に忙しい。劉さんは「今いる場所で春節を過ごそう」という呼び掛けに応じて、春節時期も持ち場を守ることに決めた。春節前後は注文が増加する一方で配達員が少ないため、劉さんの2月に入ってからの配達件数は累計で700件を超えている。(記者/謝剣飛、楊思琪)=配信日:2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:58.65
    2021年02月16日
    「新華社」チベット族の警察官、東北の「今いる場所」で年越し黒竜江省

    中国東北部の黒竜江省黒河市ではチベット自治区出身の人民警察官、貢覚次仁(ゴンジョツェリン)さんが春節(旧正月)も帰省せず、新型コロナウイルス感染症予防・抑制のための職務を続けている。貢覚次仁さんのふるさとは、数千キロ離れた同自治区山南市ルンツェ県。2019年4月から黒河市公安局特殊警察支隊の人民警察官として任務に就いている。春節期間中は主に他都市との出入り口で検査業務を担当。1回のシフトで24時間勤務をこなす。勤務が終わった貢覚次仁さんは、同じくチベット族の妻、朱瓊(チュ・チョン)さんが用意したツァンパ(ハダカムギの粉を使った食品)やヤクの干し肉、チベット茶などのチベット料理で春節を祝った。(記者/劉赫垚) =配信日: 2021(平成33)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:58.36
    2021年02月14日
    「新華社」牛の「剪紙」で新春の祝福を表現黒竜江省黒河市

    中国黒竜江省黒河市愛輝区に住む満族(満州族)の剪紙(せんし、切り絵細工)技法の伝承者、斉英(さい・えい)さんは、毎年春節(旧正月)の時期になると作品を作り、お祝い気分を盛り上げている。今年の干支は丑(牛)。斉さんは牛をテーマに「五牛図」などのさまざまな剪紙作品を創作。新しい年への期待感を表現した。(記者/劉赫垚) =配信日: 2021(平成33)年02月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月12日
    モスクワと綏芬河結ぶ初の直通貨物列車が到着黒竜江省

    12日、モスクワと綏芬河を結ぶ直通貨物列車。ロシアのモスクワから中国黒竜江省綏芬河(すいふんが)への直通貨物列車がこのほど、ゆっくりと綏芬河駅の南貨物ヤードに入り、モスクワと綏芬河を結ぶ国際貨物列車路線が無事に開通した。(綏芬河=新華社配信/曲芸偉)=配信日:2021(令和3)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (13)実験用マウスの「お父さん」、春節も通常勤務黒竜江省

    8日、ハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームでマウスを観察する李永明さん。春節(旧正月)を間近に控えた9日、中国黒竜江省のハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームの職員、李永明(り・えいめい)さん(50)は、普段通り忙しく業務をこなしていた。マウスは一般的な実験動物の一つで、生命科学研究でも各種実験に幅広く利用されている。2019年に供用開始した同プラットフォームは飼育ルーム6室、実験ルーム3室を備え、現在約5千匹のマウスを飼育している。李さんと同僚たちはマウスの世話や設備のメンテナンスなどを担当しており、マウスの「お父さん」「お母さん」と呼ばれている。李さんは「マウスは面倒を見る人がいなければ生きられない。施設を24時間、年中無休で稼働させるため、職員には春節休暇もない。今年の大みそかは私が当直に入ることになった」と話した。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (6)実験用マウスの「お父さん」、春節も通常勤務黒竜江省

    8日、ハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームで水を飲むマウス。春節(旧正月)を間近に控えた9日、中国黒竜江省のハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームの職員、李永明(り・えいめい)さん(50)は、普段通り忙しく業務をこなしていた。マウスは一般的な実験動物の一つで、生命科学研究でも各種実験に幅広く利用されている。2019年に供用開始した同プラットフォームは飼育ルーム6室、実験ルーム3室を備え、現在約5千匹のマウスを飼育している。李さんと同僚たちはマウスの世話や設備のメンテナンスなどを担当しており、マウスの「お父さん」「お母さん」と呼ばれている。李さんは「マウスは面倒を見る人がいなければ生きられない。施設を24時間、年中無休で稼働させるため、職員には春節休暇もない。今年の大みそかは私が当直に入ることになった」と話した。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (8)実験用マウスの「お父さん」、春節も通常勤務黒竜江省

    8日、ハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームで飼育されているマウス。春節(旧正月)を間近に控えた9日、中国黒竜江省のハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームの職員、李永明(り・えいめい)さん(50)は、普段通り忙しく業務をこなしていた。マウスは一般的な実験動物の一つで、生命科学研究でも各種実験に幅広く利用されている。2019年に供用開始した同プラットフォームは飼育ルーム6室、実験ルーム3室を備え、現在約5千匹のマウスを飼育している。李さんと同僚たちはマウスの世話や設備のメンテナンスなどを担当しており、マウスの「お父さん」「お母さん」と呼ばれている。李さんは「マウスは面倒を見る人がいなければ生きられない。施設を24時間、年中無休で稼働させるため、職員には春節休暇もない。今年の大みそかは私が当直に入ることになった」と話した。(ハルビン=新華社記者/楊思琪)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (2)実験用マウスの「お父さん」、春節も通常勤務黒竜江省

    8日、ケージを高圧蒸気滅菌器に入れる李永明さん。春節(旧正月)を間近に控えた9日、中国黒竜江省のハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームの職員、李永明(り・えいめい)さん(50)は、普段通り忙しく業務をこなしていた。マウスは一般的な実験動物の一つで、生命科学研究でも各種実験に幅広く利用されている。2019年に供用開始した同プラットフォームは飼育ルーム6室、実験ルーム3室を備え、現在約5千匹のマウスを飼育している。李さんと同僚たちはマウスの世話や設備のメンテナンスなどを担当しており、マウスの「お父さん」「お母さん」と呼ばれている。李さんは「マウスは面倒を見る人がいなければ生きられない。施設を24時間、年中無休で稼働させるため、職員には春節休暇もない。今年の大みそかは私が当直に入ることになった」と話した。(ハルビン=新華社記者/楊思琪)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (4)実験用マウスの「お父さん」、春節も通常勤務黒竜江省

    8日、ハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームで飼育されているマウス。春節(旧正月)を間近に控えた9日、中国黒竜江省のハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームの職員、李永明(り・えいめい)さん(50)は、普段通り忙しく業務をこなしていた。マウスは一般的な実験動物の一つで、生命科学研究でも各種実験に幅広く利用されている。2019年に供用開始した同プラットフォームは飼育ルーム6室、実験ルーム3室を備え、現在約5千匹のマウスを飼育している。李さんと同僚たちはマウスの世話や設備のメンテナンスなどを担当しており、マウスの「お父さん」「お母さん」と呼ばれている。李さんは「マウスは面倒を見る人がいなければ生きられない。施設を24時間、年中無休で稼働させるため、職員には春節休暇もない。今年の大みそかは私が当直に入ることになった」と話した。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (12)実験用マウスの「お父さん」、春節も通常勤務黒竜江省

    8日、ハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームでマウスの給水ボトルを交換する李永明さん。春節(旧正月)を間近に控えた9日、中国黒竜江省のハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームの職員、李永明(り・えいめい)さん(50)は、普段通り忙しく業務をこなしていた。マウスは一般的な実験動物の一つで、生命科学研究でも各種実験に幅広く利用されている。2019年に供用開始した同プラットフォームは飼育ルーム6室、実験ルーム3室を備え、現在約5千匹のマウスを飼育している。李さんと同僚たちはマウスの世話や設備のメンテナンスなどを担当しており、マウスの「お父さん」「お母さん」と呼ばれている。李さんは「マウスは面倒を見る人がいなければ生きられない。施設を24時間、年中無休で稼働させるため、職員には春節休暇もない。今年の大みそかは私が当直に入ることになった」と話した。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (10)実験用マウスの「お父さん」、春節も通常勤務黒竜江省

    8日、動物の飲み水をタンクに注ぐ李永明さん。春節(旧正月)を間近に控えた9日、中国黒竜江省のハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームの職員、李永明(り・えいめい)さん(50)は、普段通り忙しく業務をこなしていた。マウスは一般的な実験動物の一つで、生命科学研究でも各種実験に幅広く利用されている。2019年に供用開始した同プラットフォームは飼育ルーム6室、実験ルーム3室を備え、現在約5千匹のマウスを飼育している。李さんと同僚たちはマウスの世話や設備のメンテナンスなどを担当しており、マウスの「お父さん」「お母さん」と呼ばれている。李さんは「マウスは面倒を見る人がいなければ生きられない。施設を24時間、年中無休で稼働させるため、職員には春節休暇もない。今年の大みそかは私が当直に入ることになった」と話した。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (7)実験用マウスの「お父さん」、春節も通常勤務黒竜江省

    8日、ハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームで飼育されているマウス。春節(旧正月)を間近に控えた9日、中国黒竜江省のハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームの職員、李永明(り・えいめい)さん(50)は、普段通り忙しく業務をこなしていた。マウスは一般的な実験動物の一つで、生命科学研究でも各種実験に幅広く利用されている。2019年に供用開始した同プラットフォームは飼育ルーム6室、実験ルーム3室を備え、現在約5千匹のマウスを飼育している。李さんと同僚たちはマウスの世話や設備のメンテナンスなどを担当しており、マウスの「お父さん」「お母さん」と呼ばれている。李さんは「マウスは面倒を見る人がいなければ生きられない。施設を24時間、年中無休で稼働させるため、職員には春節休暇もない。今年の大みそかは私が当直に入ることになった」と話した。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:02.37
    2021年02月11日
    「新華社」「春運」期間中もトンネルの安全を守る若き作業員黒竜江省

    中国黒竜江省南東部の重要な鉄道輸送路線、城鶏鉄道(同省牡丹江市穆稜市下城子鎮-鶏西市)は、沿線の村や街の人々に日用品や食糧、石炭などの生活物資を運んでいる。全長516メートルの城鶏鉄道石燐2号トンネルは、建設からすでに83年が経ち、漏水と結氷が深刻になっている。鉄道のスムーズな運行を保障するため、鶏西工務区間鶏西路橋作業所に勤務する若い作業員6人は、春節(旧正月)の特別輸送態勢「春運」の期間中もこの古いトンネルの保守作業に当たり、毎週2回ここで氷の除去作業を行っている。冬の山では積雪が増える上、道は険しく、トンネル付近まで行くのに車で2時間、さらに車を停めてからトンネルまで徒歩で30分かかる。「春運」期間中、40立方メートル余りの氷を除去する予定だという。若い作業員たちは自らの手でこの高齢化トンネルの安全を守り、列車運行の安全を保障している。(記者/唐鉄富) =配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (1)実験用マウスの「お父さん」、春節も通常勤務黒竜江省

    8日、ハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームでマウスの餌を取り出す李永明さん。春節(旧正月)を間近に控えた9日、中国黒竜江省のハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームの職員、李永明(り・えいめい)さん(50)は、普段通り忙しく業務をこなしていた。マウスは一般的な実験動物の一つで、生命科学研究でも各種実験に幅広く利用されている。2019年に供用開始した同プラットフォームは飼育ルーム6室、実験ルーム3室を備え、現在約5千匹のマウスを飼育している。李さんと同僚たちはマウスの世話や設備のメンテナンスなどを担当しており、マウスの「お父さん」「お母さん」と呼ばれている。李さんは「マウスは面倒を見る人がいなければ生きられない。施設を24時間、年中無休で稼働させるため、職員には春節休暇もない。今年の大みそかは私が当直に入ることになった」と話した。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (11)実験用マウスの「お父さん」、春節も通常勤務黒竜江省

    8日、ハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームで施設の消毒を行う李永明さん。春節(旧正月)を間近に控えた9日、中国黒竜江省のハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームの職員、李永明(り・えいめい)さん(50)は、普段通り忙しく業務をこなしていた。マウスは一般的な実験動物の一つで、生命科学研究でも各種実験に幅広く利用されている。2019年に供用開始した同プラットフォームは飼育ルーム6室、実験ルーム3室を備え、現在約5千匹のマウスを飼育している。李さんと同僚たちはマウスの世話や設備のメンテナンスなどを担当しており、マウスの「お父さん」「お母さん」と呼ばれている。李さんは「マウスは面倒を見る人がいなければ生きられない。施設を24時間、年中無休で稼働させるため、職員には春節休暇もない。今年の大みそかは私が当直に入ることになった」と話した。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (5)実験用マウスの「お父さん」、春節も通常勤務黒竜江省

    8日、ハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームで飼育されているマウス。春節(旧正月)を間近に控えた9日、中国黒竜江省のハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームの職員、李永明(り・えいめい)さん(50)は、普段通り忙しく業務をこなしていた。マウスは一般的な実験動物の一つで、生命科学研究でも各種実験に幅広く利用されている。2019年に供用開始した同プラットフォームは飼育ルーム6室、実験ルーム3室を備え、現在約5千匹のマウスを飼育している。李さんと同僚たちはマウスの世話や設備のメンテナンスなどを担当しており、マウスの「お父さん」「お母さん」と呼ばれている。李さんは「マウスは面倒を見る人がいなければ生きられない。施設を24時間、年中無休で稼働させるため、職員には春節休暇もない。今年の大みそかは私が当直に入ることになった」と話した。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:49.16
    2021年02月11日
    「新華社」春節期間中も待機、住民の安全守る消防救援隊黒竜江省

    国黒竜江省黒河市の黒河消防救援支隊は平素から、消防監督検査を行ったり、防火服姿で夕食を取ったりして、突発的な事態に備えている。隊員らは、春節期間中も出動に備えて24時間体制で待機し、持ち場をしっかりと守り、管轄区域の住民の安全を守るために全力を尽くしている。(記者/劉赫垚) =配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:54.68
    2021年02月11日
    「新華社」実験用マウスの「お父さん」、春節も通常勤務黒竜江省

    春節(旧正月)を間近に控えた9日、中国黒竜江省のハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームの職員、李永明(り・えいめい)さん(50)は、普段通り忙しく業務をこなしていた。マウスは一般的な実験動物の一つで、生命科学研究でも各種実験に幅広く利用されている。2019年に供用開始した同プラットフォームは飼育ルーム6室、実験ルーム3室を備え、現在約5千匹のマウスを飼育している。李さんと同僚たちはマウスの世話や設備のメンテナンスなどを担当しており、マウスの「お父さん」「お母さん」と呼ばれている。李さんは「マウスは面倒を見る人がいなければ生きられない。施設を24時間、年中無休で稼働させるため、職員には春節休暇もない。今年の大みそかは私が当直に入ることになった」と話した。(記者/楊思琪、謝剣飛) =配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (3)実験用マウスの「お父さん」、春節も通常勤務黒竜江省

    8日、ケージを高圧蒸気滅菌器に入れる李永明さん。春節(旧正月)を間近に控えた9日、中国黒竜江省のハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームの職員、李永明(り・えいめい)さん(50)は、普段通り忙しく業務をこなしていた。マウスは一般的な実験動物の一つで、生命科学研究でも各種実験に幅広く利用されている。2019年に供用開始した同プラットフォームは飼育ルーム6室、実験ルーム3室を備え、現在約5千匹のマウスを飼育している。李さんと同僚たちはマウスの世話や設備のメンテナンスなどを担当しており、マウスの「お父さん」「お母さん」と呼ばれている。李さんは「マウスは面倒を見る人がいなければ生きられない。施設を24時間、年中無休で稼働させるため、職員には春節休暇もない。今年の大みそかは私が当直に入ることになった」と話した。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (15)実験用マウスの「お父さん」、春節も通常勤務黒竜江省

    8日、ハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームでケージの床敷材を掃除する李永明さん。春節(旧正月)を間近に控えた9日、中国黒竜江省のハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームの職員、李永明(り・えいめい)さん(50)は、普段通り忙しく業務をこなしていた。マウスは一般的な実験動物の一つで、生命科学研究でも各種実験に幅広く利用されている。2019年に供用開始した同プラットフォームは飼育ルーム6室、実験ルーム3室を備え、現在約5千匹のマウスを飼育している。李さんと同僚たちはマウスの世話や設備のメンテナンスなどを担当しており、マウスの「お父さん」「お母さん」と呼ばれている。李さんは「マウスは面倒を見る人がいなければ生きられない。施設を24時間、年中無休で稼働させるため、職員には春節休暇もない。今年の大みそかは私が当直に入ることになった」と話した。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (16)実験用マウスの「お父さん」、春節も通常勤務黒竜江省

    8日、ハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームでマウスを観察する李永明さん。春節(旧正月)を間近に控えた9日、中国黒竜江省のハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームの職員、李永明(り・えいめい)さん(50)は、普段通り忙しく業務をこなしていた。マウスは一般的な実験動物の一つで、生命科学研究でも各種実験に幅広く利用されている。2019年に供用開始した同プラットフォームは飼育ルーム6室、実験ルーム3室を備え、現在約5千匹のマウスを飼育している。李さんと同僚たちはマウスの世話や設備のメンテナンスなどを担当しており、マウスの「お父さん」「お母さん」と呼ばれている。李さんは「マウスは面倒を見る人がいなければ生きられない。施設を24時間、年中無休で稼働させるため、職員には春節休暇もない。今年の大みそかは私が当直に入ることになった」と話した。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (9)実験用マウスの「お父さん」、春節も通常勤務黒竜江省

    8日、ハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームでマウスを観察する李永明さん。春節(旧正月)を間近に控えた9日、中国黒竜江省のハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームの職員、李永明(り・えいめい)さん(50)は、普段通り忙しく業務をこなしていた。マウスは一般的な実験動物の一つで、生命科学研究でも各種実験に幅広く利用されている。2019年に供用開始した同プラットフォームは飼育ルーム6室、実験ルーム3室を備え、現在約5千匹のマウスを飼育している。李さんと同僚たちはマウスの世話や設備のメンテナンスなどを担当しており、マウスの「お父さん」「お母さん」と呼ばれている。李さんは「マウスは面倒を見る人がいなければ生きられない。施設を24時間、年中無休で稼働させるため、職員には春節休暇もない。今年の大みそかは私が当直に入ることになった」と話した。(ハルビン=新華社記者/楊思琪)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (14)実験用マウスの「お父さん」、春節も通常勤務黒竜江省

    8日、ハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームでマウスのケージを交換する李永明さん。春節(旧正月)を間近に控えた9日、中国黒竜江省のハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームの職員、李永明(り・えいめい)さん(50)は、普段通り忙しく業務をこなしていた。マウスは一般的な実験動物の一つで、生命科学研究でも各種実験に幅広く利用されている。2019年に供用開始した同プラットフォームは飼育ルーム6室、実験ルーム3室を備え、現在約5千匹のマウスを飼育している。李さんと同僚たちはマウスの世話や設備のメンテナンスなどを担当しており、マウスの「お父さん」「お母さん」と呼ばれている。李さんは「マウスは面倒を見る人がいなければ生きられない。施設を24時間、年中無休で稼働させるため、職員には春節休暇もない。今年の大みそかは私が当直に入ることになった」と話した。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:58.32
    2021年02月10日
    「新華社」「愛犬」とともに国境の安全を守る警察官黒竜江省黒河市

    中国黒竜江省黒河市の出入境検査ステーションの警察官は、警察犬を訓練し、雪を踏みしめながら日々パトロールに励む。今年の春節(旧正月)期間中も「家」の安全を守るため、国境ゲートの警備に取り組んでいる。(記者/劉赫垚) =配信日: 2021(平成33)年02月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...