KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ハルビン
  • 小型無人機
  • ドローン
  • 貧困脱却
  • 牡丹江市
  • 新型肺炎
  • 貧困世帯
  • チチハル
  • スタッフ
  • 大興安嶺

「黒竜江省」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
4,706
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
4,706
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:56.32
    2021年04月09日
    「新華社」黒竜江上流で凍結した川の爆破作業増水災害を回避

    中国黒竜江省ではこのところ気温が上昇し、冬の間に凍結していたロシアとの国境を流れる黒竜江(アムール川)が解氷の時期を迎えようとしている。解氷期に、上流から流れる水が下流の氷塊にせき止められて起きる、増水災害を回避するため、上流域の大興安嶺地区漠河(ばくが)市や呼瑪(こま)県などではこのほど、氷の爆破作業が行われた。作業員は凍結した川に穴を開けて爆薬を設置。装置を起動すると、爆発の衝撃で砕けた氷が空に向かって勢いよく噴き上がり、「氷の壁」が出現した。(記者/馬暁成) =配信日: 2021(令和3)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月05日
    中ロ間の道路橋 中ロ国境の大河に初架橋

    ロシア極東アムール州と中国の黒竜江省を結ぶ道路橋=2019年11月、ロシア・ブラゴベシチェンスク(タス=共同)

    撮影: 2019年11月、ロシア・ブラゴベシチェンスク

  • 00:50.62
    2021年04月05日
    「新華社」ウスリー川が解氷川面に大小の氷が浮かび壮観黒竜江省

    中国黒竜江省虎林市で5日、烏蘇里江(ウスリー川)の虎頭区間が解氷の時期を迎えた。この地域では連日の気温上昇で、川面を覆っていた氷の層が割れ、大小の氷塊が互いに重なり合いながら流れる現象が起きている。川面に出現した壮観な景色を見ようと、大勢の市民が見学に訪れている。(記者/張濤)=配信日:2021(令和3)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月05日
    (5)中欧班列、「一帯一路」構想の進展を後押し黒竜江省

    3月31日、黒竜江省綏芬河市の綏芬河駅南操車場。(小型無人機から)中国国家鉄路集団傘下の中国鉄路ハルビン局集団は近年、輸送力の向上や口岸(通関地)のインフラ整備強化、科学的分析に基づく輸送力の配置、通関時間の短縮などにより、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の円滑な運行を確保することで、「一帯一路」構想の進展を後押ししてきた。これまでに中国黒竜江省の綏芬河(すいふんが)駅と内モンゴル自治区の満洲里駅を経由して出入国した中欧班列の累計本数は、1万本を超えた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月05日
    (1)中欧班列、「一帯一路」構想の進展を後押し黒竜江省

    3月31日、黒竜江省綏芬河市の綏芬河駅南操車場。(小型無人機から)中国国家鉄路集団傘下の中国鉄路ハルビン局集団は近年、輸送力の向上や口岸(通関地)のインフラ整備強化、科学的分析に基づく輸送力の配置、通関時間の短縮などにより、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の円滑な運行を確保することで、「一帯一路」構想の進展を後押ししてきた。これまでに中国黒竜江省の綏芬河(すいふんが)駅と内モンゴル自治区の満洲里駅を経由して出入国した中欧班列の累計本数は、1万本を超えた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月05日
    (2)中欧班列、「一帯一路」構想の進展を後押し黒竜江省

    3月31日、黒竜江省綏芬河市の綏芬河駅南操車場。(小型無人機から)中国国家鉄路集団傘下の中国鉄路ハルビン局集団は近年、輸送力の向上や口岸(通関地)のインフラ整備強化、科学的分析に基づく輸送力の配置、通関時間の短縮などにより、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の円滑な運行を確保することで、「一帯一路」構想の進展を後押ししてきた。これまでに中国黒竜江省の綏芬河(すいふんが)駅と内モンゴル自治区の満洲里駅を経由して出入国した中欧班列の累計本数は、1万本を超えた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月05日
    (6)中欧班列、「一帯一路」構想の進展を後押し黒竜江省

    3月31日、綏芬河駅国際連絡輸送交易所のホールで、事務手続きをする貨物輸送会社の従業員。中国国家鉄路集団傘下の中国鉄路ハルビン局集団は近年、輸送力の向上や口岸(通関地)のインフラ整備強化、科学的分析に基づく輸送力の配置、通関時間の短縮などにより、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の円滑な運行を確保することで、「一帯一路」構想の進展を後押ししてきた。これまでに中国黒竜江省の綏芬河(すいふんが)駅と内モンゴル自治区の満洲里駅を経由して出入国した中欧班列の累計本数は、1万本を超えた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月05日
    (4)中欧班列、「一帯一路」構想の進展を後押し黒竜江省

    3月31日、綏芬河駅北操車場で出発を待つ中欧班列(青色の列車)。(小型無人機から)中国国家鉄路集団傘下の中国鉄路ハルビン局集団は近年、輸送力の向上や口岸(通関地)のインフラ整備強化、科学的分析に基づく輸送力の配置、通関時間の短縮などにより、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の円滑な運行を確保することで、「一帯一路」構想の進展を後押ししてきた。これまでに中国黒竜江省の綏芬河(すいふんが)駅と内モンゴル自治区の満洲里駅を経由して出入国した中欧班列の累計本数は、1万本を超えた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:49.55
    2021年04月05日
    「新華社」中欧班列、「一帯一路」構想の進展を後押し黒竜江省

    中国国家鉄路集団傘下の中国鉄路ハルビン局集団は近年、輸送力の向上や口岸(通関地)のインフラ整備強化、科学的分析に基づく輸送力の配置、通関時間の短縮などにより、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の円滑な運行を確保することで、「一帯一路」構想の進展を後押ししてきた。これまでに中国黒竜江省の綏芬河(すいふんが)駅と内モンゴル自治区の満洲里駅を経由して出入国した中欧班列の累計本数は、1万本を超えた。(記者/王建威、孫暁宇) =配信日: 2021(令和3)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月05日
    (3)中欧班列、「一帯一路」構想の進展を後押し黒竜江省

    3月31日、黒竜江省綏芬河市の綏芬河駅南操車場。(小型無人機から)中国国家鉄路集団傘下の中国鉄路ハルビン局集団は近年、輸送力の向上や口岸(通関地)のインフラ整備強化、科学的分析に基づく輸送力の配置、通関時間の短縮などにより、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の円滑な運行を確保することで、「一帯一路」構想の進展を後押ししてきた。これまでに中国黒竜江省の綏芬河(すいふんが)駅と内モンゴル自治区の満洲里駅を経由して出入国した中欧班列の累計本数は、1万本を超えた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:55.56
    2021年04月02日
    「新華社」わらの総合利用推進を加速黒竜江省黒河市

    中国黒竜江省黒河市愛輝区内の農地では、春の種まきに向け、穀物のわらの撤去と利用に向けた作業が進んでいる。同区はここ数年、複数の経路と形式によるわらの総合利用を推進しており、わらを肥料として土にすき込む方法のほか、農地外での利用など多方面での模索を続けている。(記者/劉赫垚) =配信日: 2021(令和3)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    中欧班列、「一帯一路」構想の進展を後押し黒竜江省

    1日、綏芬河駅北操車場で、中欧班列の貨物の積み替え作業をする従業員。中国国家鉄路集団傘下の中国鉄路ハルビン局集団は近年、輸送力の向上や口岸(通関地)のインフラ整備強化、科学的分析に基づく輸送力の配置、通関時間の短縮などにより、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の円滑な運行を確保することで、「一帯一路」構想の進展を後押ししてきた。これまでに中国黒竜江省の綏芬河(すいふんが)駅と内モンゴル自治区の満洲里駅を経由して出入国した中欧班列の累計本数は、1万本を超えた。(ハルビン=新華社記者/王建威)=配信日:2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    中欧班列、「一帯一路」構想の進展を後押し黒竜江省

    1日、綏芬河駅北操車場で、中欧班列の貨物の積み替え作業をする従業員。中国国家鉄路集団傘下の中国鉄路ハルビン局集団は近年、輸送力の向上や口岸(通関地)のインフラ整備強化、科学的分析に基づく輸送力の配置、通関時間の短縮などにより、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の円滑な運行を確保することで、「一帯一路」構想の進展を後押ししてきた。これまでに中国黒竜江省の綏芬河(すいふんが)駅と内モンゴル自治区の満洲里駅を経由して出入国した中欧班列の累計本数は、1万本を超えた。(ハルビン=新華社記者/王建威)=配信日:2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    中欧班列、「一帯一路」構想の進展を後押し黒竜江省

    1日、綏芬河駅北操車場で、中欧班列の貨物の積み替え作業をする従業員。中国国家鉄路集団傘下の中国鉄路ハルビン局集団は近年、輸送力の向上や口岸(通関地)のインフラ整備強化、科学的分析に基づく輸送力の配置、通関時間の短縮などにより、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の円滑な運行を確保することで、「一帯一路」構想の進展を後押ししてきた。これまでに中国黒竜江省の綏芬河(すいふんが)駅と内モンゴル自治区の満洲里駅を経由して出入国した中欧班列の累計本数は、1万本を超えた。(ハルビン=新華社記者/王建威)=配信日:2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    中欧班列、「一帯一路」構想の進展を後押し黒竜江省

    1日、綏芬河駅北操車場で、中欧班列の貨物の積み替え作業をする従業員。中国国家鉄路集団傘下の中国鉄路ハルビン局集団は近年、輸送力の向上や口岸(通関地)のインフラ整備強化、科学的分析に基づく輸送力の配置、通関時間の短縮などにより、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の円滑な運行を確保することで、「一帯一路」構想の進展を後押ししてきた。これまでに中国黒竜江省の綏芬河(すいふんが)駅と内モンゴル自治区の満洲里駅を経由して出入国した中欧班列の累計本数は、1万本を超えた。(ハルビン=新華社記者/王建威)=配信日:2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:28.79
    2021年03月30日
    Drone Aerial Footage of Gulls Flying

    Clip taken on March 7, 2018 shows gulls flying at the Hulan River estuary wetland in Harbin, Heilongjiang province, China.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 2021年03月30日
    (1)輸入種鶏ひな11万7千羽が黒竜江省に「定住」

    ニュージーランドから輸入された種鶏ひな。(2月5日撮影)中国黒竜江省ハルビン税関は29日、ニュージーランドから輸入された種鶏(しゅけい)ひな3万3千羽が30日間の隔離検疫を無事終了し、正式に養鶏段階に入ったと明らかにした。今年に入り、同税関は累計5ロット、合計11万7千羽のニュージーランド産種鶏ひなの輸入検疫監督管理業務を実施、同省の食料供給を確保するため、強力な保障を提供した。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:39.47
    2021年03月30日
    「新華社」黒河市に渡り鳥が飛来黒竜江省

    中国黒竜江省黒河市では3月中、多くの渡り鳥が越冬を終え、南方から戻ってきた。同市はここ数年、自然環境の改善が続き、さまざまな種類の鳥の生息地となっている。(記者/劉赫垚) =配信日: 2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月30日
    (2)輸入種鶏ひな11万7千羽が黒竜江省に「定住」

    19日、ビデオで種鶏ひなの隔離状況をモニタリングするハルビン税関所属氷城税関の職員。中国黒竜江省ハルビン税関は29日、ニュージーランドから輸入された種鶏(しゅけい)ひな3万3千羽が30日間の隔離検疫を無事終了し、正式に養鶏段階に入ったと明らかにした。今年に入り、同税関は累計5ロット、合計11万7千羽のニュージーランド産種鶏ひなの輸入検疫監督管理業務を実施、同省の食料供給を確保するため、強力な保障を提供した。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月29日
    (3)中車チチハル車両、ボツワナにホッパ車34両輸出黒竜江省

    25日、出荷を控えた新造貨物車両。中国の鉄道車両メーカー、中車斉車集団傘下の中車チチハル車両は25日、中国が独自に開発したソーダ灰用ホッパ車34両をアフリカのボツワナに向けて輸出したことを明らかにした。国営ボツワナ鉄道の実際的顧客ニーズに基づき、中車チチハル車両が設計、開発、製造した。中車斉車集団は中国の主要な鉄道車両メーカーで、製品はオーストラリアやニュージーランド、米国、ブラジル、カザフスタンなど30以上の国・地域に輸出されている。これまでに40トン級の鉱石輸送車や一体型コンテナ車、石炭やセメント、穀物用のホッパ車などを製造、5万両余りが海外で保有されている。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月29日
    (1)中車チチハル車両、ボツワナにホッパ車34両輸出黒竜江省

    25日、ボツワナに輸出される貨物車両をつり上げる大型クレーン。中国の鉄道車両メーカー、中車斉車集団傘下の中車チチハル車両は25日、中国が独自に開発したソーダ灰用ホッパ車34両をアフリカのボツワナに向けて輸出したことを明らかにした。国営ボツワナ鉄道の実際的顧客ニーズに基づき、中車チチハル車両が設計、開発、製造した。中車斉車集団は中国の主要な鉄道車両メーカーで、製品はオーストラリアやニュージーランド、米国、ブラジル、カザフスタンなど30以上の国・地域に輸出されている。これまでに40トン級の鉱石輸送車や一体型コンテナ車、石炭やセメント、穀物用のホッパ車などを製造、5万両余りが海外で保有されている。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月29日
    (2)中車チチハル車両、ボツワナにホッパ車34両輸出黒竜江省

    25日、出荷を控えた新造貨物車両。中国の鉄道車両メーカー、中車斉車集団傘下の中車チチハル車両は25日、中国が独自に開発したソーダ灰用ホッパ車34両をアフリカのボツワナに向けて輸出したことを明らかにした。国営ボツワナ鉄道の実際的顧客ニーズに基づき、中車チチハル車両が設計、開発、製造した。中車斉車集団は中国の主要な鉄道車両メーカーで、製品はオーストラリアやニュージーランド、米国、ブラジル、カザフスタンなど30以上の国・地域に輸出されている。これまでに40トン級の鉱石輸送車や一体型コンテナ車、石炭やセメント、穀物用のホッパ車などを製造、5万両余りが海外で保有されている。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月29日
    (4)中車チチハル車両、ボツワナにホッパ車34両輸出黒竜江省

    25日、ボツワナに輸出される貨物車両をつり上げる大型クレーン。中国の鉄道車両メーカー、中車斉車集団傘下の中車チチハル車両は25日、中国が独自に開発したソーダ灰用ホッパ車34両をアフリカのボツワナに向けて輸出したことを明らかにした。国営ボツワナ鉄道の実際的顧客ニーズに基づき、中車チチハル車両が設計、開発、製造した。中車斉車集団は中国の主要な鉄道車両メーカーで、製品はオーストラリアやニュージーランド、米国、ブラジル、カザフスタンなど30以上の国・地域に輸出されている。これまでに40トン級の鉱石輸送車や一体型コンテナ車、石炭やセメント、穀物用のホッパ車などを製造、5万両余りが海外で保有されている。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月27日
    (1)黒竜江省撫遠市のサケ種苗生産基地を訪ねて

    25日、水産局放流ステーション・サケ種苗生産基地で稚魚に餌をやる職員。中国黒竜江省撫遠(ふえん)市はここ数年、漁業資源の確保と生態環境の保護のため、サケの人工繁殖に力を入れている。同市水産局放流ステーション・サケ種苗生産基地では、職員が毎年良質な親魚を選別して人工種苗生産を行い、基準に達してから稚魚の放流を行っている。統計によると、同市が1989年に繁殖・放流を開始して以来、この基地が放流したサケの稚魚は累計で2500万匹余りに達している。(撫遠=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月27日
    (2)黒竜江省撫遠市のサケ種苗生産基地を訪ねて

    25日、水産局放流ステーション・サケ種苗生産基地で繁殖した稚魚。中国黒竜江省撫遠(ふえん)市はここ数年、漁業資源の確保と生態環境の保護のため、サケの人工繁殖に力を入れている。同市水産局放流ステーション・サケ種苗生産基地では、職員が毎年良質な親魚を選別して人工種苗生産を行い、基準に達してから稚魚の放流を行っている。統計によると、同市が1989年に繁殖・放流を開始して以来、この基地が放流したサケの稚魚は累計で2500万匹余りに達している。(撫遠=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:42.11
    2021年03月27日
    「新華社」黒竜江省撫遠市のサケ種苗生産基地を訪ねて

    中国黒竜江省撫遠(ふえん)市はここ数年、漁業資源の確保と生態環境の保護のため、サケの人工繁殖に力を入れている。同市水産局放流ステーション・サケ種苗生産基地では、職員が毎年良質な親魚を選別して人工種苗生産を行い、基準に達してから稚魚の放流を行っている。統計によると、同市が1989年に繁殖・放流を開始して以来、この基地が放流したサケの稚魚は累計で2500万匹余りに達している。 =配信日: 2021(令和3)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月27日
    (5)黒竜江省撫遠市のサケ種苗生産基地を訪ねて

    25日、水産局放流ステーション・サケ種苗生産基地で繁殖した稚魚。中国黒竜江省撫遠(ふえん)市はここ数年、漁業資源の確保と生態環境の保護のため、サケの人工繁殖に力を入れている。同市水産局放流ステーション・サケ種苗生産基地では、職員が毎年良質な親魚を選別して人工種苗生産を行い、基準に達してから稚魚の放流を行っている。統計によると、同市が1989年に繁殖・放流を開始して以来、この基地が放流したサケの稚魚は累計で2500万匹余りに達している。(撫遠=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月27日
    (4)黒竜江省撫遠市のサケ種苗生産基地を訪ねて

    25日、水産局放流ステーション・サケ種苗生産基地で稚魚に餌をやる職員。中国黒竜江省撫遠(ふえん)市はここ数年、漁業資源の確保と生態環境の保護のため、サケの人工繁殖に力を入れている。同市水産局放流ステーション・サケ種苗生産基地では、職員が毎年良質な親魚を選別して人工種苗生産を行い、基準に達してから稚魚の放流を行っている。統計によると、同市が1989年に繁殖・放流を開始して以来、この基地が放流したサケの稚魚は累計で2500万匹余りに達している。(撫遠=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月27日
    (3)黒竜江省撫遠市のサケ種苗生産基地を訪ねて

    25日、水産局放流ステーション・サケ種苗生産基地で稚魚に餌をやる職員。中国黒竜江省撫遠(ふえん)市はここ数年、漁業資源の確保と生態環境の保護のため、サケの人工繁殖に力を入れている。同市水産局放流ステーション・サケ種苗生産基地では、職員が毎年良質な親魚を選別して人工種苗生産を行い、基準に達してから稚魚の放流を行っている。統計によると、同市が1989年に繁殖・放流を開始して以来、この基地が放流したサケの稚魚は累計で2500万匹余りに達している。(撫遠=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月26日
    Memorial for independence fighter Memorial for independence fighter

    Memorial for independence fighter Roman Catholic priest Ham Sei-ung (rear) delivers an eulogy during a memorial for Korean independence fighter Ahn Jung-geun in Seoul on March 26, 2021, to mark the 111th anniversary of his death. The independence fighter during Japanese colonial rule of Korea was executed at a prison in China by Japanese authorities after being arrested in 1909 for assassinating Ito Hirobumi, the Japanese resident-general in Korea, at a railway station in Harbin, a city in China‘s Heilongjiang province. (Yonhap)/2021-03-26 12:37:16/<Copyright ⓒ 1980-2021 YONHAPNEWS AGENCY. All rights reserved.>=クレジット:Yonhap News Agency/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:Yonhap News Agency/共同通信イメージズ

  • 01:08.52
    2021年03月22日
    「新華社」中国各地で春の農作業始動

    二十四節気の一つ、春分(今年は3月20日)は、中国の農業における重要な時期に当たる。一年の穀物生産に直結する春の農作業や準備作業が現在、南から北へと順次展開されつつある。気温が上がり、暖かくなってきた安徽省阜陽市潁上(えいじょう)県では、農家の人たちが冬小麦畑の管理作業に追われながら、夏穀物の豊作に向けた準備作業を進めている。「中国の穀物倉庫」と呼ばれる黒竜江省は、中国で最大の穀物生産量を誇る省として知られる。昨年の穀物総生産量は7541万トンで、全国の生産量の約11・3%を占める。同省農業農村庁のデータによると、同省の今年の穀物作付面積は昨年より150万ムー(約10万ヘクタール)多い2億1690万ムー(約1446万ヘクタール)、穀物生産量は7500万トン余りになる見込み。(記者/王君宝、王建、孫暁宇、劉方強) =配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:58.05
    2021年03月19日
    「新華社」七星河国家級自然保護区で渡り鳥の帰還確認黒竜江省

    中国黒竜江省双鴨山(そうおうざん)市宝清県の七星河国家級自然保護区でこのほど、越冬を終えた渡り鳥の帰還が今年初めて確認された。同保護区は渡り鳥が通る「東アジア・オーストラリア地域フライウェイ」のルート上にあり、渡り鳥の重要な通過点となっている。鳥たちは毎年3月初めから保護区内に戻り始め、ピークを迎える4月上旬には20万羽以上に達する見通し。同保護区はここ数年、より良い餌場や生息環境を整えるため、耕地を湿地に戻し、鳥類の生息地を修復する取り組みに力を入れている。(記者/孫暁宇) =配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月19日
    (1)生まれ変わった「炭鉱の町」黒竜江省鶴岡市

    鶴岡市の新一体育公園で竜の舞を披露するフィットネス愛好家。(3月6日撮影、小型無人機から)中国黒竜江省鶴岡市は、かつてはドブの臭いが立ち込め、バラック小屋が雑然と軒を連ね、巨大な鉱坑から風じんが巻き上がる「炭鉱の町」だったが、生態環境の改善で都市は美しい景観を取り戻した。同市は2018年、汚染された水域の水質改善を目的に「2河14溝」浄化プロジェクトを開始した。同時に、水域周辺のバラック地区の自然環境と生活環境の改善を行った。こうした取り組みにより同市は19年、全国「汚染水域改善モデル都市」に決まった。同市はここ数年、採鉱による地盤沈下地区や鉱山の修復に力を入れ、「国家級森林都市」づくりを目指して、庭園・森林広場26カ所、森林エリア22カ所を建設した。現在、同市の森林被覆率は50・61%、市街地の緑被率は41・42%となっている。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:51.94
    2021年03月19日
    「新華社」生まれ変わった「炭鉱の町」黒竜江省鶴岡市

    中国黒竜江省鶴岡市は、かつてはドブの臭いが立ち込め、バラック小屋が雑然と軒を連ね、巨大な鉱坑から風じんが巻き上がる「炭鉱の町」だったが、生態環境の改善で都市は美しい景観を取り戻した。同市は2018年、汚染された水域の水質改善を目的に「2河14溝」浄化プロジェクトを開始した。同時に、水域周辺のバラック地区の自然環境と生活環境の改善を行った。こうした取り組みにより同市は19年、全国「汚染水域改善モデル都市」に決まった。同市はここ数年、採鉱による地盤沈下地区や鉱山の修復に力を入れ、「国家級森林都市」づくりを目指して、庭園・森林広場26カ所、森林エリア22カ所を建設した。現在、同市の森林被覆率は50・61%、市街地の緑被率は41・42%となっている。(記者/謝剣飛、侯鳴) =配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月19日
    (3)生まれ変わった「炭鉱の町」黒竜江省鶴岡市

    空から見た鶴岡市。(3月6日撮影、小型無人機から)中国黒竜江省鶴岡市は、かつてはドブの臭いが立ち込め、バラック小屋が雑然と軒を連ね、巨大な鉱坑から風じんが巻き上がる「炭鉱の町」だったが、生態環境の改善で都市は美しい景観を取り戻した。同市は2018年、汚染された水域の水質改善を目的に「2河14溝」浄化プロジェクトを開始した。同時に、水域周辺のバラック地区の自然環境と生活環境の改善を行った。こうした取り組みにより同市は19年、全国「汚染水域改善モデル都市」に決まった。同市はここ数年、採鉱による地盤沈下地区や鉱山の修復に力を入れ、「国家級森林都市」づくりを目指して、庭園・森林広場26カ所、森林エリア22カ所を建設した。現在、同市の森林被覆率は50・61%、市街地の緑被率は41・42%となっている。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月19日
    (2)生まれ変わった「炭鉱の町」黒竜江省鶴岡市

    鶴岡市の欣虹湖公園。(3月4日撮影、小型無人機から)中国黒竜江省鶴岡市は、かつてはドブの臭いが立ち込め、バラック小屋が雑然と軒を連ね、巨大な鉱坑から風じんが巻き上がる「炭鉱の町」だったが、生態環境の改善で都市は美しい景観を取り戻した。同市は2018年、汚染された水域の水質改善を目的に「2河14溝」浄化プロジェクトを開始した。同時に、水域周辺のバラック地区の自然環境と生活環境の改善を行った。こうした取り組みにより同市は19年、全国「汚染水域改善モデル都市」に決まった。同市はここ数年、採鉱による地盤沈下地区や鉱山の修復に力を入れ、「国家級森林都市」づくりを目指して、庭園・森林広場26カ所、森林エリア22カ所を建設した。現在、同市の森林被覆率は50・61%、市街地の緑被率は41・42%となっている。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月18日
    (8)東北老航校記念館を訪ねて黒竜江省密山市

    13日、東北老航校記念館で展示されている殲8E(J-8E)戦闘機(奥)と強撃5(Q-5)攻撃機。(小型無人機から)中国黒竜江省密山市は中国人民解放軍空軍の重要な発祥地の一つで、1946年11月から1948年3月まで人民空軍の前身となった東北民主連軍航空学校(略称:東北老航校)が置かれた。同市は2002年、東北老航校記念館を設立。2006年に一般公開した。(密山=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月18日
    (3)東北老航校記念館を訪ねて黒竜江省密山市

    13日、東北老航校記念館で展示されている運5(Y-5)輸送機。(小型無人機から)中国黒竜江省密山市は中国人民解放軍空軍の重要な発祥地の一つで、1946年11月から1948年3月まで人民空軍の前身となった東北民主連軍航空学校(略称:東北老航校)が置かれた。同市は2002年、東北老航校記念館を設立。2006年に一般公開した。(密山=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月18日
    (10)東北老航校記念館を訪ねて黒竜江省密山市

    13日、東北老航校記念館で展示されている同校創立40周年の記念章。中国黒竜江省密山市は中国人民解放軍空軍の重要な発祥地の一つで、1946年11月から1948年3月まで人民空軍の前身となった東北民主連軍航空学校(略称:東北老航校)が置かれた。同市は2002年、東北老航校記念館を設立。2006年に一般公開した。(密山=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月18日
    (6)東北老航校記念館を訪ねて黒竜江省密山市

    13日、黒竜江省密山市の東北老航校記念館。(小型無人機から)中国黒竜江省密山市は中国人民解放軍空軍の重要な発祥地の一つで、1946年11月から1948年3月まで人民空軍の前身となった東北民主連軍航空学校(略称:東北老航校)が置かれた。同市は2002年、東北老航校記念館を設立。2006年に一般公開した。(密山=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月18日
    (5)東北老航校記念館を訪ねて黒竜江省密山市

    13日、東北老航校記念館で展示されている(奥から)殲7(J-7)戦闘機、殲6(J-6)戦闘機、殲教5(JJ-5)練習機、殲5(J-5)戦闘機。中国黒竜江省密山市は中国人民解放軍空軍の重要な発祥地の一つで、1946年11月から1948年3月まで人民空軍の前身となった東北民主連軍航空学校(略称:東北老航校)が置かれた。同市は2002年、東北老航校記念館を設立。2006年に一般公開した。(密山=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月18日
    (9)東北老航校記念館を訪ねて黒竜江省密山市

    13日、東北老航校記念館で展示されている(手前から)殲教5(JJ-5)練習機、殲5(J-5)戦闘機、運5(Y-5)輸送機。(小型無人機から)中国黒竜江省密山市は中国人民解放軍空軍の重要な発祥地の一つで、1946年11月から1948年3月まで人民空軍の前身となった東北民主連軍航空学校(略称:東北老航校)が置かれた。同市は2002年、東北老航校記念館を設立。2006年に一般公開した。(密山=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月18日
    (2)東北老航校記念館を訪ねて黒竜江省密山市

    13日、東北老航校記念館で展示されている(左から)殲7(J-7)戦闘機、殲6(J-6)戦闘機、殲教5(JJ-5)練習機、殲5(J-5)戦闘機。(小型無人機から)中国黒竜江省密山市は中国人民解放軍空軍の重要な発祥地の一つで、1946年11月から1948年3月まで人民空軍の前身となった東北民主連軍航空学校(略称:東北老航校)が置かれた。同市は2002年、東北老航校記念館を設立。2006年に一般公開した。(密山=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月18日
    (4)東北老航校記念館を訪ねて黒竜江省密山市

    13日、東北老航校記念館の展示品。中国黒竜江省密山市は中国人民解放軍空軍の重要な発祥地の一つで、1946年11月から1948年3月まで人民空軍の前身となった東北民主連軍航空学校(略称:東北老航校)が置かれた。同市は2002年、東北老航校記念館を設立。2006年に一般公開した。(密山=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月18日
    (1)東北老航校記念館を訪ねて黒竜江省密山市

    13日、東北老航校記念館で展示されている強撃5(Q-5)攻撃機(左)と殲8E(J-8E)戦闘機。(小型無人機から)中国黒竜江省密山市は中国人民解放軍空軍の重要な発祥地の一つで、1946年11月から1948年3月まで人民空軍の前身となった東北民主連軍航空学校(略称:東北老航校)が置かれた。同市は2002年、東北老航校記念館を設立。2006年に一般公開した。(密山=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月18日
    (1)重工業設備大手の中国一重集団、20年は好調な滑り出し黒竜江省

    9日、中国一重集団鋳鍛鋼事業部の水圧鍛造工場で、大型鋳鍛鋼品を鍛造する1万トン水圧鍛造プレス。中国重工業設備大手、中国一重集団は今年、新型コロナウイルス感染症の影響を克服し、安定した生産を展開して、好調な滑り出しを実現した。(ハルビン=新華社記者/梁冬)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月18日
    (5)重工業設備大手の中国一重集団、20年は好調な滑り出し黒竜江省

    9日、中国一重集団の工場で大型鍛造品を検査する従業員。中国重工業設備大手、中国一重集団は今年、新型コロナウイルス感染症の影響を克服し、安定した生産を展開して、好調な滑り出しを実現した。(ハルビン=新華社記者/馬暁成)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:32.06
    2021年03月18日
    「新華社」東北老航校記念館を訪ねて黒竜江省密山市

    中国黒竜江省密山市は中国人民解放軍空軍の重要な発祥地の一つで、1946年11月から1948年3月まで人民空軍の前身となった東北民主連軍航空学校(略称:東北老航校)が置かれた。同市は2002年、東北老航校記念館を設立。2006年に一般公開した。(記者/謝剣飛、侯鳴) =配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月18日
    (6)重工業設備大手の中国一重集団、20年は好調な滑り出し黒竜江省

    9日、中国一重集団の工場でNC装置を操作する従業員。中国重工業設備大手、中国一重集団は今年、新型コロナウイルス感染症の影響を克服し、安定した生産を展開して、好調な滑り出しを実現した。(ハルビン=新華社記者/梁冬)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:48.72
    2021年03月18日
    「新華社」重工業設備大手の中国一重集団、20年は好調な滑り出し黒竜江省

    中国重工業設備大手、中国一重集団は今年、新型コロナウイルス感染症の影響を克服し、安定した生産を展開して、好調な滑り出しを実現した。(記者/梁冬、馬暁成) =配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月18日
    (2)重工業設備大手の中国一重集団、20年は好調な滑り出し黒竜江省

    9日、中国一重集団鋳鍛鋼事業部の水圧鍛造工場で作業中の従業員。中国重工業設備大手、中国一重集団は今年、新型コロナウイルス感染症の影響を克服し、安定した生産を展開して、好調な滑り出しを実現した。(ハルビン=新華社記者/梁冬)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月18日
    (3)重工業設備大手の中国一重集団、20年は好調な滑り出し黒竜江省

    9日、中国一重集団の工場でNC装置を操作する従業員。中国重工業設備大手、中国一重集団は今年、新型コロナウイルス感染症の影響を克服し、安定した生産を展開して、好調な滑り出しを実現した。(ハルビン=新華社記者/梁冬)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月18日
    (7)東北老航校記念館を訪ねて黒竜江省密山市

    13日、東北老航校記念館の展示品。中国黒竜江省密山市は中国人民解放軍空軍の重要な発祥地の一つで、1946年11月から1948年3月まで人民空軍の前身となった東北民主連軍航空学校(略称:東北老航校)が置かれた。同市は2002年、東北老航校記念館を設立。2006年に一般公開した。(密山=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月16日
    (10)資源型都市へのモデル転換を目指す「黒鉛の街」黒竜江省

    12日、黒竜江省鶏西市恒山区にある高度加工企業の工場で働く従業員。中国黒竜江省の東南部、ロシアと国境を接する炭鉱の街、鶏西(けいせい)市は近年、資源型都市へのモデル転換のチャンスをつかみ、黒鉛の高度加工を重点的に発展させることを目指している。同市には現在、黒鉛企業が60社、一定規模(年商2千万元、1元=約17円)以上の企業が29社あり、高度加工企業が80%を占める。2020年の黒鉛産業の生産額は32億9千万元に達したという。(鶏西=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:53.35
    2021年03月16日
    「新華社」資源型都市へのモデル転換を目指す「黒鉛の街」黒竜江省

    中国黒竜江省の東南部、ロシアと国境を接する炭鉱の街、鶏西(けいせい)市は近年、資源型都市へのモデル転換のチャンスをつかみ、黒鉛の高度加工を重点的に発展させることを目指している。同市には現在、黒鉛企業が60社、一定規模(年商2千万元、1元=約17円)以上の企業が29社あり、高度加工企業が80%を占める。2020年の黒鉛産業の生産額は32億9千万元に達したという。(記者/謝剣飛、侯鳴) =配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月16日
    (1)資源型都市へのモデル転換を目指す「黒鉛の街」黒竜江省

    12日、黒竜江省鶏西市恒山区にある高度加工企業の工場。(小型無人機から)中国黒竜江省の東南部、ロシアと国境を接する炭鉱の街、鶏西(けいせい)市は近年、資源型都市へのモデル転換のチャンスをつかみ、黒鉛の高度加工を重点的に発展させることを目指している。同市には現在、黒鉛企業が60社、一定規模(年商2千万元、1元=約17円)以上の企業が29社あり、高度加工企業が80%を占める。2020年の黒鉛産業の生産額は32億9千万元に達したという。(鶏西=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月16日
    (8)資源型都市へのモデル転換を目指す「黒鉛の街」黒竜江省

    12日、黒竜江省鶏西市恒山区にある高度加工企業の工場で働く従業員。中国黒竜江省の東南部、ロシアと国境を接する炭鉱の街、鶏西(けいせい)市は近年、資源型都市へのモデル転換のチャンスをつかみ、黒鉛の高度加工を重点的に発展させることを目指している。同市には現在、黒鉛企業が60社、一定規模(年商2千万元、1元=約17円)以上の企業が29社あり、高度加工企業が80%を占める。2020年の黒鉛産業の生産額は32億9千万元に達したという。(鶏西=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月16日
    (1)雪解けの川にアオサギが飛来黒竜江省黒河市

    12日、凍った水面を飛ぶアオサギ。中国黒竜江省黒河市は、最高気温が10度を超える日が続いている。同市愛輝区長発村では、暖かくなり、北へ帰るアオサギが、黒竜江大橋下の川の水面で羽根を休める姿が見られるようになった。浅瀬で餌を探したり、大空を飛び回ったりするその姿は、同市の美しい春の風景となっている。(黒河=新華社配信/恵風)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月16日
    (4)雪解けの川にアオサギが飛来黒竜江省黒河市

    12日、水面を飛ぶアオサギ。中国黒竜江省黒河市は、最高気温が10度を超える日が続いている。同市愛輝区長発村では、暖かくなり、北へ帰るアオサギが、黒竜江大橋下の川の水面で羽根を休める姿が見られるようになった。浅瀬で餌を探したり、大空を飛び回ったりするその姿は、同市の美しい春の風景となっている。(黒河=新華社配信/恵風)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月16日
    (6)雪解けの川にアオサギが飛来黒竜江省黒河市

    12日、凍った水面で羽を休めるアオサギ。中国黒竜江省黒河市は、最高気温が10度を超える日が続いている。同市愛輝区長発村では、暖かくなり、北へ帰るアオサギが、黒竜江大橋下の川の水面で羽根を休める姿が見られるようになった。浅瀬で餌を探したり、大空を飛び回ったりするその姿は、同市の美しい春の風景となっている。(黒河=新華社配信/恵風)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月16日
    (8)雪解けの川にアオサギが飛来黒竜江省黒河市

    12日、浅瀬で餌を探すアオサギ。中国黒竜江省黒河市は、最高気温が10度を超える日が続いている。同市愛輝区長発村では、暖かくなり、北へ帰るアオサギが、黒竜江大橋下の川の水面で羽根を休める姿が見られるようになった。浅瀬で餌を探したり、大空を飛び回ったりするその姿は、同市の美しい春の風景となっている。(黒河=新華社配信/恵風)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月16日
    (2)氷結した湖面と夕日が生み出す絶景黒竜江省

    13日、夕暮れ時の興凱湖。中国とロシアの国境地帯に位置する興凱(こうかい)湖は、春を迎えた今でも氷に閉ざされている。氷結した湖面はどこまでも続き、夕日に照らされながらいっそう雄大な風景を生み出している。(密山=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月16日
    (1)氷結した湖面と夕日が生み出す絶景黒竜江省

    13日、氷結した興凱湖の湖面。(小型無人機から)中国とロシアの国境地帯に位置する興凱(こうかい)湖は、春を迎えた今でも氷に閉ざされている。氷結した湖面はどこまでも続き、夕日に照らされながらいっそう雄大な風景を生み出している。(密山=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月16日
    (8)氷結した湖面と夕日が生み出す絶景黒竜江省

    13日、夕暮れ時の興凱湖。(小型無人機から)中国とロシアの国境地帯に位置する興凱(こうかい)湖は、春を迎えた今でも氷に閉ざされている。氷結した湖面はどこまでも続き、夕日に照らされながらいっそう雄大な風景を生み出している。(密山=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月16日
    (5)氷結した湖面と夕日が生み出す絶景黒竜江省

    13日、夕暮れ時の興凱湖。(小型無人機から)中国とロシアの国境地帯に位置する興凱(こうかい)湖は、春を迎えた今でも氷に閉ざされている。氷結した湖面はどこまでも続き、夕日に照らされながらいっそう雄大な風景を生み出している。(密山=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月16日
    (7)資源型都市へのモデル転換を目指す「黒鉛の街」黒竜江省

    12日、黒竜江省鶏西市恒山区にある高度加工企業の工場を巡回・点検する従業員。中国黒竜江省の東南部、ロシアと国境を接する炭鉱の街、鶏西(けいせい)市は近年、資源型都市へのモデル転換のチャンスをつかみ、黒鉛の高度加工を重点的に発展させることを目指している。同市には現在、黒鉛企業が60社、一定規模(年商2千万元、1元=約17円)以上の企業が29社あり、高度加工企業が80%を占める。2020年の黒鉛産業の生産額は32億9千万元に達したという。(鶏西=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月16日
    (9)氷結した湖面と夕日が生み出す絶景黒竜江省

    13日、氷結した興凱湖の湖面。(小型無人機から)中国とロシアの国境地帯に位置する興凱(こうかい)湖は、春を迎えた今でも氷に閉ざされている。氷結した湖面はどこまでも続き、夕日に照らされながらいっそう雄大な風景を生み出している。(密山=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月16日
    (5)雪解けの川にアオサギが飛来黒竜江省黒河市

    12日、凍った水面で羽を休めるアオサギ。中国黒竜江省黒河市は、最高気温が10度を超える日が続いている。同市愛輝区長発村では、暖かくなり、北へ帰るアオサギが、黒竜江大橋下の川の水面で羽根を休める姿が見られるようになった。浅瀬で餌を探したり、大空を飛び回ったりするその姿は、同市の美しい春の風景となっている。(黒河=新華社配信/恵風)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月16日
    (7)氷結した湖面と夕日が生み出す絶景黒竜江省

    13日、興凱湖の畔で写真撮影を楽しむ観光客。中国とロシアの国境地帯に位置する興凱(こうかい)湖は、春を迎えた今でも氷に閉ざされている。氷結した湖面はどこまでも続き、夕日に照らされながらいっそう雄大な風景を生み出している。(密山=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月16日
    (5)資源型都市へのモデル転換を目指す「黒鉛の街」黒竜江省

    12日、黒竜江省鶏西市恒山区にある高度加工企業の工場を巡回・点検する従業員。中国黒竜江省の東南部、ロシアと国境を接する炭鉱の街、鶏西(けいせい)市は近年、資源型都市へのモデル転換のチャンスをつかみ、黒鉛の高度加工を重点的に発展させることを目指している。同市には現在、黒鉛企業が60社、一定規模(年商2千万元、1元=約17円)以上の企業が29社あり、高度加工企業が80%を占める。2020年の黒鉛産業の生産額は32億9千万元に達したという。(鶏西=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月16日
    (4)資源型都市へのモデル転換を目指す「黒鉛の街」黒竜江省

    12日、黒竜江省鶏西市恒山区にある高度加工企業の工場を巡回・点検する従業員。中国黒竜江省の東南部、ロシアと国境を接する炭鉱の街、鶏西(けいせい)市は近年、資源型都市へのモデル転換のチャンスをつかみ、黒鉛の高度加工を重点的に発展させることを目指している。同市には現在、黒鉛企業が60社、一定規模(年商2千万元、1元=約17円)以上の企業が29社あり、高度加工企業が80%を占める。2020年の黒鉛産業の生産額は32億9千万元に達したという。(鶏西=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月16日
    (3)資源型都市へのモデル転換を目指す「黒鉛の街」黒竜江省

    12日、黒竜江省鶏西市恒山区にある高度加工企業の工場を巡回・点検する従業員。中国黒竜江省の東南部、ロシアと国境を接する炭鉱の街、鶏西(けいせい)市は近年、資源型都市へのモデル転換のチャンスをつかみ、黒鉛の高度加工を重点的に発展させることを目指している。同市には現在、黒鉛企業が60社、一定規模(年商2千万元、1元=約17円)以上の企業が29社あり、高度加工企業が80%を占める。2020年の黒鉛産業の生産額は32億9千万元に達したという。(鶏西=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月16日
    (3)氷結した湖面と夕日が生み出す絶景黒竜江省

    13日、夕暮れ時の興凱湖。中国とロシアの国境地帯に位置する興凱(こうかい)湖は、春を迎えた今でも氷に閉ざされている。氷結した湖面はどこまでも続き、夕日に照らされながらいっそう雄大な風景を生み出している。(密山=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月16日
    (6)氷結した湖面と夕日が生み出す絶景黒竜江省

    13日、氷結した興凱湖。中国とロシアの国境地帯に位置する興凱(こうかい)湖は、春を迎えた今でも氷に閉ざされている。氷結した湖面はどこまでも続き、夕日に照らされながらいっそう雄大な風景を生み出している。(密山=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月16日
    (11)氷結した湖面と夕日が生み出す絶景黒竜江省

    13日、氷結した興凱湖。(小型無人機から)中国とロシアの国境地帯に位置する興凱(こうかい)湖は、春を迎えた今でも氷に閉ざされている。氷結した湖面はどこまでも続き、夕日に照らされながらいっそう雄大な風景を生み出している。(密山=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月16日
    (10)氷結した湖面と夕日が生み出す絶景黒竜江省

    13日、氷結した興凱湖。(小型無人機から)中国とロシアの国境地帯に位置する興凱(こうかい)湖は、春を迎えた今でも氷に閉ざされている。氷結した湖面はどこまでも続き、夕日に照らされながらいっそう雄大な風景を生み出している。(密山=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:37.82
    2021年03月16日
    「新華社」氷結した湖面と夕日が生み出す絶景黒竜江省

    中国とロシアの国境地帯に位置する興凱(こうかい)湖は、春を迎えた今でも氷に閉ざされている。氷結した湖面はどこまでも続き、夕日に照らされながらいっそう雄大な風景を生み出している。(記者/謝剣飛、侯鳴) =配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月16日
    (2)資源型都市へのモデル転換を目指す「黒鉛の街」黒竜江省

    12日、黒竜江省鶏西市恒山区にある高度加工企業の工場で撮影した黒鉛製品。中国黒竜江省の東南部、ロシアと国境を接する炭鉱の街、鶏西(けいせい)市は近年、資源型都市へのモデル転換のチャンスをつかみ、黒鉛の高度加工を重点的に発展させることを目指している。同市には現在、黒鉛企業が60社、一定規模(年商2千万元、1元=約17円)以上の企業が29社あり、高度加工企業が80%を占める。2020年の黒鉛産業の生産額は32億9千万元に達したという。(鶏西=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月16日
    (2)雪解けの川にアオサギが飛来黒竜江省黒河市

    12日、凍った水面を飛ぶアオサギ。中国黒竜江省黒河市は、最高気温が10度を超える日が続いている。同市愛輝区長発村では、暖かくなり、北へ帰るアオサギが、黒竜江大橋下の川の水面で羽根を休める姿が見られるようになった。浅瀬で餌を探したり、大空を飛び回ったりするその姿は、同市の美しい春の風景となっている。(黒河=新華社配信/恵風)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月16日
    (3)雪解けの川にアオサギが飛来黒竜江省黒河市

    12日、水面を飛ぶアオサギ。中国黒竜江省黒河市は、最高気温が10度を超える日が続いている。同市愛輝区長発村では、暖かくなり、北へ帰るアオサギが、黒竜江大橋下の川の水面で羽根を休める姿が見られるようになった。浅瀬で餌を探したり、大空を飛び回ったりするその姿は、同市の美しい春の風景となっている。(黒河=新華社配信/恵風)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月16日
    (7)雪解けの川にアオサギが飛来黒竜江省黒河市

    12日、凍った水面で羽を休めるアオサギ。中国黒竜江省黒河市は、最高気温が10度を超える日が続いている。同市愛輝区長発村では、暖かくなり、北へ帰るアオサギが、黒竜江大橋下の川の水面で羽根を休める姿が見られるようになった。浅瀬で餌を探したり、大空を飛び回ったりするその姿は、同市の美しい春の風景となっている。(黒河=新華社配信/恵風)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月16日
    (9)資源型都市へのモデル転換を目指す「黒鉛の街」黒竜江省

    12日、黒竜江省鶏西市恒山区にある高度加工企業の工場で働く従業員。中国黒竜江省の東南部、ロシアと国境を接する炭鉱の街、鶏西(けいせい)市は近年、資源型都市へのモデル転換のチャンスをつかみ、黒鉛の高度加工を重点的に発展させることを目指している。同市には現在、黒鉛企業が60社、一定規模(年商2千万元、1元=約17円)以上の企業が29社あり、高度加工企業が80%を占める。2020年の黒鉛産業の生産額は32億9千万元に達したという。(鶏西=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月16日
    (6)資源型都市へのモデル転換を目指す「黒鉛の街」黒竜江省

    12日、黒竜江省鶏西市恒山区にある高度加工企業の工場を巡回・点検する従業員。中国黒竜江省の東南部、ロシアと国境を接する炭鉱の街、鶏西(けいせい)市は近年、資源型都市へのモデル転換のチャンスをつかみ、黒鉛の高度加工を重点的に発展させることを目指している。同市には現在、黒鉛企業が60社、一定規模(年商2千万元、1元=約17円)以上の企業が29社あり、高度加工企業が80%を占める。2020年の黒鉛産業の生産額は32億9千万元に達したという。(鶏西=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月15日
    (8)ハルビン極地公園が開業、ショーも披露黒竜江省

    12日、ハルビン極地公園でショーを繰り広げるトレーナーとイルカ。中国黒竜江省ハルビン市のハルビン極地館で12日、第2期プロジェクトの極地公園が開業し、多くの来園客を迎えた。極地と海洋動物をテーマとしており、園内ではショーも披露される。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月15日
    (2)ハルビン極地公園が開業、ショーも披露黒竜江省

    12日、ハルビン極地公園でクラゲを見る来園客。中国黒竜江省ハルビン市のハルビン極地館で12日、第2期プロジェクトの極地公園が開業し、多くの来園客を迎えた。極地と海洋動物をテーマとしており、園内ではショーも披露される。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月15日
    (3)ハルビン極地公園が開業、ショーも披露黒竜江省

    12日、ハルビン極地公園でクラゲを見る来園客。中国黒竜江省ハルビン市のハルビン極地館で12日、第2期プロジェクトの極地公園が開業し、多くの来園客を迎えた。極地と海洋動物をテーマとしており、園内ではショーも披露される。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月15日
    (11)ハルビン極地公園が開業、ショーも披露黒竜江省

    12日、ハルビン極地公園でペンギンを見る来園客。中国黒竜江省ハルビン市のハルビン極地館で12日、第2期プロジェクトの極地公園が開業し、多くの来園客を迎えた。極地と海洋動物をテーマとしており、園内ではショーも披露される。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月15日
    (6)ハルビン極地公園が開業、ショーも披露黒竜江省

    12日、ハルビン極地公園でショーを披露するシロイルカ。中国黒竜江省ハルビン市のハルビン極地館で12日、第2期プロジェクトの極地公園が開業し、多くの来園客を迎えた。極地と海洋動物をテーマとしており、園内ではショーも披露される。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月15日
    (9)ハルビン極地公園が開業、ショーも披露黒竜江省

    12日、ハルビン極地公園でショーを繰り広げるトレーナーとイルカ。中国黒竜江省ハルビン市のハルビン極地館で12日、第2期プロジェクトの極地公園が開業し、多くの来園客を迎えた。極地と海洋動物をテーマとしており、園内ではショーも披露される。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月15日
    (5)ハルビン極地公園が開業、ショーも披露黒竜江省

    12日、ハルビン極地公園のショーに登場したシロイルカ。中国黒竜江省ハルビン市のハルビン極地館で12日、第2期プロジェクトの極地公園が開業し、多くの来園客を迎えた。極地と海洋動物をテーマとしており、園内ではショーも披露される。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月15日
    (4)ハルビン極地公園が開業、ショーも披露黒竜江省

    12日、ハルビン極地公園のショーに登場したシロイルカ。中国黒竜江省ハルビン市のハルビン極地館で12日、第2期プロジェクトの極地公園が開業し、多くの来園客を迎えた。極地と海洋動物をテーマとしており、園内ではショーも披露される。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月15日
    (7)ハルビン極地公園が開業、ショーも披露黒竜江省

    12日、ハルビン極地公園でクラゲを見る来園客。中国黒竜江省ハルビン市のハルビン極地館で12日、第2期プロジェクトの極地公園が開業し、多くの来園客を迎えた。極地と海洋動物をテーマとしており、園内ではショーも披露される。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月15日
    (10)ハルビン極地公園が開業、ショーも披露黒竜江省

    12日、ハルビン極地公園でショーを披露する出演者。中国黒竜江省ハルビン市のハルビン極地館で12日、第2期プロジェクトの極地公園が開業し、多くの来園客を迎えた。極地と海洋動物をテーマとしており、園内ではショーも披露される。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月13日
    (2)黒竜江省、年内に100万ムーを造林へ

    黒竜江省森林植物園で行われた、省林業・草原局と企業・団体による植樹活動。(2020年6月24日撮影)中国黒竜江省林業・草原局は11日、同省が今年100万ムー(約6万7千ヘクタール)を造林するとともに、9万4千ムー(約6300ヘクタール)の村を緑化し、省レベルの緑化モデル村100カ所を整備する計画を明らかにした。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月13日
    (1)興凱湖国家級自然保護区に渡り鳥が飛来黒竜江省

    9日、黒竜江省興凱湖国家級自然保護区で餌を探す渡り鳥。中国黒竜江省林業・草原局はこのほど、ロシアとの国境地帯にある興凱(こうかい)湖国家級自然保護区にタゲリ3羽とヒシクイ49羽が戻ってきたと明らかにした。監視員がモニタリング中に発見したという。同区は今月下旬までに渡り鳥の移動のピークを迎える。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月13日
    (3)興凱湖国家級自然保護区に渡り鳥が飛来黒竜江省

    9日、黒竜江省興凱湖国家級自然保護区で渡り鳥の移動の様子をモニタリングする研究者。中国黒竜江省林業・草原局はこのほど、ロシアとの国境地帯にある興凱(こうかい)湖国家級自然保護区にタゲリ3羽とヒシクイ49羽が戻ってきたと明らかにした。監視員がモニタリング中に発見したという。同区は今月下旬までに渡り鳥の移動のピークを迎える。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月13日
    (1)黒竜江省、年内に100万ムーを造林へ

    黒竜江省鶴崗市で行われたボランティア植樹活動。市内にある企業や団体から数百人が参加した。(2020年4月16日撮影)中国黒竜江省林業・草原局は11日、同省が今年100万ムー(約6万7千ヘクタール)を造林するとともに、9万4千ムー(約6300ヘクタール)の村を緑化し、省レベルの緑化モデル村100カ所を整備する計画を明らかにした。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月13日
    (2)興凱湖国家級自然保護区に渡り鳥が飛来黒竜江省

    9日、黒竜江省興凱湖国家級自然保護区で餌を探す渡り鳥。中国黒竜江省林業・草原局はこのほど、ロシアとの国境地帯にある興凱(こうかい)湖国家級自然保護区にタゲリ3羽とヒシクイ49羽が戻ってきたと明らかにした。監視員がモニタリング中に発見したという。同区は今月下旬までに渡り鳥の移動のピークを迎える。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月13日
    氷結した湖面と夕日が生み出す絶景黒竜江省

    13日、氷結した興凱湖。(小型無人機から)中国とロシアの国境地帯に位置する興凱(こうかい)湖は、春を迎えた今でも氷に閉ざされている。氷結した湖面はどこまでも続き、夕日に照らされながらいっそう雄大な風景を生み出している。(密山=新華社記者/謝剣飛)=配信日:2021(令和3)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月13日
    氷結した湖面と夕日が生み出す絶景黒竜江省

    13日、夕暮れ時の興凱湖。中国とロシアの国境地帯に位置する興凱(こうかい)湖は、春を迎えた今でも氷に閉ざされている。氷結した湖面はどこまでも続き、夕日に照らされながらいっそう雄大な風景を生み出している。(密山=新華社記者/謝剣飛)=配信日:2021(令和3)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...