KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 平成
  • 記者
  • ヤンコ
  • 守護神
  • 村民
  • 歴史
  • 演劇
  • 王鎮
  • 神輿
  • 組織

「鼓隊」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
12
( 1 12 件を表示)
  • 1
12
( 1 12 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    American Revolutionary War (1775-1783). Boston. Citizens hostile with the British soldiers. Engraving. 19th century. Colored.

    American Revolutionary War (1775-1783). Boston. Citizens hostile with the British soldiers. Engraving. 19th century. Colored.、クレジット:Album/Prisma/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019091800115

  • 1929年06月27日
    日本電報通信社資料

    商大内で練習を始めた文部省青年訓練所のラッパ鼓隊=1929(昭和4)年6月27日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1929062700001

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1993年06月09日
    警視庁の鼓隊 パレードに19万人

    パレードのコースを行進する警視庁の鼓隊=1993(平成5)年6月9日午後3時50分、東京・麹町

    商品コード: 2021051009992

  • 1994年09月29日
    レインコートの鼓隊 雨の中で開会式の練習

    台風26号の接近で降る雨の中、「あと3日」と迫った開会式の練習をする鼓隊=29日午後、広島広域公園陸上競技場

    商品コード: 1994092900084

  • 2010年11月12日
    赤い服の太鼓隊 開会式アトラクション

    大きく手を広げる太鼓隊(共同)

    商品コード: 2010111200799

  • 2015年09月19日
    日本航空高校の太鼓隊 文化と伝統で日韓おまつり

    「日韓交流おまつり2015 in Seoul」で披露された日本航空高校太鼓隊の演奏=19日、ソウル(共同)

    商品コード: 2015091900682

  • 2015年09月19日
    日本航空高校太鼓隊の演奏 文化と伝統で日韓おまつり

    「日韓交流おまつり2015 in Seoul」で披露された日本航空高校太鼓隊の演奏=19日、ソウル(共同)

    商品コード: 2015091900683

  • 2018年02月25日
    城隍神を迎える 西安の民俗行事

    25日、パレードで披露された春節を祝う民間の演芸「社火」。中国陝西省西安市の沣西新城大王鎮小王店村で25日、町の守護神「城隍神」を迎える行事が行われた。同行事は「接爺」と呼ばれ、600年以上の歴史をもつ。城隍神を迎えるパレードは村民により組織され、ヤンコ隊や舞踊隊、担ぎ隊、太鼓隊、演劇隊などが城隍神夫婦の神輿を囲んでパフォーマンスを披露し、多くの観客を魅了した。(西安=新華社記者/劉潇)=2018(平成30)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018022800420

  • 2018年02月25日
    城隍神を迎える 西安の民俗行事

    25日、城隍神を迎えるパレード。中国陝西省西安市の沣西新城大王鎮小王店村で25日、町の守護神「城隍神」を迎える行事が行われた。同行事は「接爺」と呼ばれ、600年以上の歴史をもつ。城隍神を迎えるパレードは村民により組織され、ヤンコ隊や舞踊隊、担ぎ隊、太鼓隊、演劇隊などが城隍神夫婦の神輿を囲んでパフォーマンスを披露し、多くの観客を魅了した。(西安=新華社記者/劉潇)=2018(平成30)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018022800430

  • 2018年02月25日
    城隍神を迎える 西安の民俗行事

    25日、パレードで太鼓や銅鑼を鳴らす人々。中国陝西省西安市の沣西新城大王鎮小王店村で25日、町の守護神「城隍神」を迎える行事が行われた。同行事は「接爺」と呼ばれ、600年以上の歴史をもつ。城隍神を迎えるパレードは村民により組織され、ヤンコ隊や舞踊隊、担ぎ隊、太鼓隊、演劇隊などが城隍神夫婦の神輿を囲んでパフォーマンスを披露し、多くの観客を魅了した。(西安=新華社記者/劉潇)=2018(平成30)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018022800422

  • 2018年02月25日
    城隍神を迎える 西安の民俗行事

    25日、城隍神を迎えるパレード。中国陝西省西安市の沣西新城大王鎮小王店村で25日、町の守護神「城隍神」を迎える行事が行われた。同行事は「接爺」と呼ばれ、600年以上の歴史をもつ。城隍神を迎えるパレードは村民により組織され、ヤンコ隊や舞踊隊、担ぎ隊、太鼓隊、演劇隊などが城隍神夫婦の神輿を囲んでパフォーマンスを披露し、多くの観客を魅了した。(西安=新華社記者/劉潇)=2018(平成30)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018022800418

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月25日
    福建省で海の女神「媽祖」の巡行行事

    25日、福建省莆田市の湄洲島で媽祖像と共に歩く泉州市の女性腰鼓隊。中国福建省莆田(ほでん)市の湄洲(びしゅう)島で25日、媽祖像の巡行行事が始まった。市内はもとより福建省泉州市、寧徳市、広東省汕頭市潮陽区、普寧市、米国やフィリピン、シンガポール、タイなどからも媽祖廟(宮)が参加し、媽祖昇天1033周年を記念する地域色豊かなパレードを披露した。同島は媽祖文化の発祥地とされる。媽祖は北宋時代に同省の海辺に実在した女性で、本名は林黙(りん・もく)。さまざまな困難や海難事故から人々を救い、死後に同郷の人々によって湄洲島に廟が建てられた。以後千年以上にわたり、中国人や国外の華人から「海の女神」として敬われている。媽祖信仰は2009年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界無形文化遺産に登録された。(莆田=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102903771

  • 1