KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • インタナシヨナル
  • 福島民報
  • 科学技術
  • テレビ番組利用
  • ビットレート
  • 中日映画社
  • 問合わせ
  • 昭和天皇
  • 東京五輪
  • レジャー

「1960年代」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
647
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
647
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 03:53.43
    2021年01月20日
    芥川賞に宇佐見りんさん 直木賞は西條奈加さん

    第164回芥川賞、直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が20日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞は宇佐見りんさん(21)の「推し、燃ゆ」(「文芸」秋季号)に、直木賞は西條奈加さん(56)の「心淋し川」(集英社)に決まった。芥川賞で候補入りしたロックバンド「クリープハイプ」の尾崎世界観さん(36)、直木賞候補だったアイドルグループ「NEWS」の加藤シゲアキさん(33)はいずれも受賞を逃した。 宇佐見さんは1999年静岡県生まれ、神奈川県育ち、同在住で2019年に文芸賞を受けデビュー。2作目となる受賞作で、男性アイドルの応援を支えに生きる女性の内心の痛みに迫り、発表時から話題となっていた。 西條さんは1964年北海道生まれ、東京都在住で2005年にデビュー。受賞作は江戸の千駄木を舞台に、懸命に生きる無名の人々を愛情深く描いた短編集。 賞金は各100万円。贈呈式は2月中旬に東京都内で開かれる予定。<映像内容>受賞作の貼り出し、フォトセッション、宇佐見さん記者会見、西條さん記者会見、会場雑観など、撮影日:2021(令和3)年1月20日、撮影場所:東京都

    撮影: 2021(令和3)年1月20日

  • 00:42.56
    2020年11月20日
    「新華社」古い送電線の撤去で船の安全を守る湖北省

    中国湖北省を流れる長江の南北両岸に位置する黄石市西塞山と黄岡市浠水(きすい)県散花鎮でこのほど、長江をまたぐ古い送電線の撤去作業が行われた。長江を航行する船に危険が及ぶのを防ぐのが目的で、作業員が110キロボルトの高圧線を撤去した。撤去された送電線は1963年、地域経済の発展に十分な電力を供給するため設置された。改革開放以降に6本の220キロボルト送電線が新設されたことから、古い送電線の利用は次第に減り、2014年に送電を停止していた。<映像内容>古い送電線の撤去作業の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:43.86
    2020年11月08日
    「新華社」香港、21年に第7回人口センサス実施へ

    中国香港特別行政区政府財政司の陳茂波(ポール・チャン)司長は8日、2021年6月末から8月初めにかけ、全市民を対象に大規模な人口センサスを実施する予定を明らかにした。陳氏によると、特別区政府は人口センサスを通じ、香港の人口の社会的、経済的特徴に関する資料および詳しい地域的分布に関して最新の基準となる統計データを編成することができる。人口構造や年齢構成など最新の基準となる統計データを把握することは、特別区政府が適時に政策を調整する上で重要な意義を持つ。また、特区政府統計処は人口センサスの実施にあたり、新型コロナウイルスの流行が不透明要因となる可能性を考え、調査員が収集したデータを即時にシステムに入力することや市民が入力できる暗号化で保護されたオンライン調査システムの提供など、データ収集における情報技術(IT)の活用を強化することで処理効率を高め、新型コロナの感染リスクを抑える方針を打ち出している。香港では1961年以降、人口センサスと中間人口統計をそれぞれ10年ごとに実施しており、これまでに人口センサスが61、71、81、91、01、11年の6回、中間人口統計が66、76、86、96、06、16年の6回行われた。21年に実施される予定の人口センサスは第7回となる。(記者/陳其蔓、朱宇軒)<映像内容>香港の街並みなど風景、撮影日:2020(令和2)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:57.37
    2020年09月30日
    アントニオ猪木氏がデビュー60年 記念の記者会見

    元プロレスラーのアントニオ猪木氏が30日、東京都内でデビュー60年を記念した記者会見を開いた。 1960年9月30日、大木金太郎選手を相手にプロデビュー戦。猪木氏は「60年生きてないと思ったが、生かされてしまった」と冗談を交えあいさつ。「明日に向けて、というより来年に向けて頑張って行こうと思う」と語った。 <映像内容>入り、「元気ですか!」、あいさつ、雑観、明石家さんまさんや古舘伊知郎さんら著名人からのビデオメッセージ、質疑応答、フォトセッション、会見場に並んだ過去の写真など、撮影日:2020(令和2)年9月30日、撮影場所:東京都港区

    撮影: 2020(令和2)年9月30日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:56.10
    2020年09月13日
    「新華社」華麗な装飾が美しい広恵寺の華塔を訪ねて河北省石家荘市

    中国河北省石家荘市正定県にある広恵寺は、唐の貞元年間(785~805年)に建造された。最盛期の寺域は東西196メートル、南北239メートルの規模で、南から北に向かって天王殿、前殿、華塔などの建物が並んでいた。しかし、寺院の建物はとうの昔に失われ、今では華塔のみが丘の上にそびえている。記録によると、現存する華塔は金の大定年間(1161~1189年)に再建された重要な遺跡であり、後に明・清代にも修復が行われたという。塔の高さは33・35メートルで、塔の上半分にさまざまな装飾が施されているのが主な特徴となっている。この種の塔の形式は宋・遼・金代に形成されたが、元代以降はほとんど見られず、国内に現存する華塔の総数も十数基に過ぎない。同塔の芸術的価値と中国建築史における重要性は、古建築界でも広く認められており、1961年には国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(記者/李継偉)<映像内容>広恵寺の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.47
    2020年09月01日
    「新華社」北京最大の飲用水源、密雲ダムが完成60周年

    中国北京市北東郊外の密雲区にあり、同市最大の飲用水源となっている密雲ダムは1日、完成60周年を迎えた。1960年に完成した同ダムは、1949年の新中国成立後に中国が独自に設計し建設した華北地区最大の水利事業で、総貯水容量は43億7500万立方メートル。同ダム管理処によると、密雲ダムは過去60年間で、京津冀(北京市・天津市・河北省)地域に累計390億立方メートル余りの水を供給。うち北京市には280億立方メートル近くを供給した。同ダムの貯水量は現在、23億立方メートルを超えている。地元はここ数年、水源保護と環境管理を強化する一連の総合的な措置を講じており、ダムの水質は国の水質分類で上から2番目の2類(都市水道水の1級水源保護区、希少水生物の生息地)水準を長期にわたり維持している。(記者/夏子麟、魏夢佳、田晨旭)<映像内容>完成60周年を迎えた密雲ダムの風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:00.03
    2020年08月16日
    「新華社」世界で最も都市に近い氷河、生態系が回復新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区の天山1号氷河保護区は、工場・鉱山の永久閉鎖や放牧・観光の停止、数年にわたる持続的な生態系保護・修復により、環境が著しく改善された。天山1号氷河は標高3850メートルで、天山山脈中央部の天格爾峰(テングル峰)北麓に位置する。ウルムチ河源1号氷河とも呼ばれ、ウルムチ市から南約130キロにある、世界で最も都市に近い氷河となっている。観測によると、同氷河は1960年代以降、後退を続け、東西の氷舌が縮小したことで93年に完全に分離。独立した二つの氷河となった。専門家は、現在の速度で融解が進むと、50年後には完全に消失するとみている。人類の活動がもたらした氷河の急速な融解を抑え、ウルムチ市の「母なる河」からの安全な給水を確保するため、自治区政府は2014年、天山1号氷河保護区の設立を決定。同氷河とウルムチ河流域の生態環境保護・修復の重要プロジェクトを速やかに実施することを決めた。野生動物保護のボランティア団体「荒野新疆」の責任者、邢叡(けい・えい)氏によると、同団体が15年からウルムチ市南部の山間部で実施しているユキヒョウの観測活動で、大型動物の個体群が大幅に増加していることを発見したという。特に天山1号氷河周辺では、ユキヒョウの数が20頭以上を維持しており、1990年代以降に姿を消したクマが再び出現したほか、シベリアアイベックスやアカシカ、イノシシの数も急速に増加している。(記者/張嘯誠、潘瑩)<映像内容>新疆ウイグル自治区の天山1号氷河保護区、風景や野生動物の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:00.68
    2020年08月03日
    「新華社」映画「地道戦」のモデルになった村河北省高平村

    中国河北省石家荘市正定県の高平村は、1965年に撮影された中国の映画「地道戦(地下道戦)」の舞台となった高家荘のモデルといわれている。同村は正定県の県城(県政府所在地)から北西15キロにあり、1942年冬から村民がゲリラ戦のために掘った全長約15キロの地下道が今も残る。地下道は10戸ごとに一つの出入口が設けられ、内部には各種防衛機能や指揮所のほか、オンドルや厨房、井戸などを完備。防御と攻撃、生活、潜伏、移動に必要な機能を備えていた。規模が大きいことに加え距離も長く、複雑な構造を持ち、優れた作戦遂行能力を持つことから「地下長城」とも呼ばれている。高平村の地下道は1982年、同県の重点文物保護単位(重要文化財)に指定されている。(記者/李継偉)<映像内容>河北省高平村の地下道の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:46.14
    2020年07月02日
    「新華社」中国水墨画の傑作「富春山居図」、画中の印章と再会

    中国浙江省の浙江省博物館孤山館区で2日、元代の画家、黄公望(こう・こうぼう)の水墨画「富春山居図」に押された印章の贈呈式が行われ、数奇な運命を辿った名画との再会を果たした。「富春山居図」は同省の富春江一帯を描いた作品で、中国山水画の傑作といわれる。作品は清代初期に焼損したため二つに分割され、現在は「剰山図」と呼ばれる前半部分を浙江省博物館が、「無用師巻」と呼ばれる後半部分を台北故宮博物院がそれぞれ収蔵している。「無用師巻」は清朝乾隆年間に宮廷に納められたが、「剰山図」はさまざまな収蔵家を経て、最終的に近代中国絵画の大家で書画鑑定家の呉湖帆(ご・こはん、1894~1968年)の手に渡った。呉湖帆は実家に代々伝わる青銅器と交換することで「剰山図」を手に入れると、表装を施し題辞と跋(前書きと後書き)を加え、右上に「銘心絶品」の印を押した。印章は呉湖帆の友人で篆刻の大家、陳巨来(ちん・きょらい)の作で、約2センチ角の重さ約16グラム。貴重な田黄石材が使われている。呉湖帆は1956年、杭州市の芸術団体、西泠印社の沙孟海(さ・もうかい)社長の協力のもと「剰山図」を浙江省博物館に寄贈。同作品は以来、同館の至宝となっている。今回印章を寄贈し、作品と印章の再会を取り持ったのも西泠印社の社員で、同社のオークション会社で総経理を務める陸鏡清(りく・けいせい)氏だった。(記者/馮源、李濤)<映像内容>黄公望の水墨画「富春山居図」に押された印章の贈呈式、撮影日:2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:14.76
    2020年06月21日
    「新華社」世界で最大最古の木塔「応県木塔」を訪ねて山西省応県

    中国山西省応県に、世界で最大最古の木造高層建築、応県木塔がある。技術の粋を尽くした建築芸術として、同塔の名声は中国北方地域に広く伝わっている。正式名称は応県仏宮寺釈迦塔という。建立は遼代の清寧2(1056年)年で、964年の歴史を持つ。基座と塔身、塔刹(とうさつ)の3部分からなる八角塔で、高さは67・31メートル。外観は5層に1層目の飾り屋根を加えた「五層六檐(えん)」構造で6層に見えるが、内部に四つの暗層(中二階)があるため実際は9層となる。1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、2016年には「世界で最も高い木造の塔」としてギネス世界記録に認定された。しかしここ数年は、構造の変化や過去の戦乱、老朽化などの影響で塔身に南西から北東へのねじれが生じ、危険な状態となっている。関係者によると、現在は中国文化遺産研究院が木塔全体の変形と破損が激しい部材の監視を続けている。地元では人と技術の両面からさまざまな保護措置を講じており、山西省人民代表大会も昨年、同塔の保護条例を成立させている。(記者/徐偉、王学濤)<映像内容>世界で最も高い木造の塔「応県木塔」の外観、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:40.90
    2020年06月14日
    紫陽花祭でコロナ終息祈願 熊野那智大社、舞を奉納

    和歌山県那智勝浦町の世界遺産、熊野那智大社で14日、自然の恵みに感謝し、梅雨の時期の無病息災を祈る毎年恒例の神事「紫陽花祭」が開かれた。新型コロナウイルスの終息も祈願。みこ2人が冠にアジサイの花をあしらい、小枝を手に神前で舞を奉納した。熊野那智大社では1960年ごろからアジサイの栽培を始め、参道や境内にはガクアジサイやヤマアジサイなど約2千株が植えられている。大社の敷地内にある「紫陽花園」を今月末まで一般公開している。<映像内容>神事やアジサイの様子、男成洋三宮司のインタビューなど、撮影日:2020(令和2)年6月14日、撮影場所:和歌山県那智勝浦町の熊野那智大社

    撮影: 2020(令和2)年6月14日

  • 01:31.65
    2020年06月05日
    虎ノ門ヒルズ駅が開業 日比谷線に56年ぶり

    東京メトロ日比谷線の「虎ノ門ヒルズ駅」(東京都港区)が6日開業した。日比谷線が1964年、中目黒―北千住間に全線開業してから56年ぶりの新駅で、22番目の駅。東京都心の新たなアクセス拠点として役割を果たすことになりそうだ。 周辺では、2014年開業の「虎ノ門ヒルズ森タワー」(地上52階建て)をはじめ複数の超高層ビルの建設が進んでおり、駅は再開発地区の中心部に位置する。銀座線虎ノ門駅とは、約450メートルの地下通路で乗り換え可能となっている。 開業に合わせ、相互乗り入れする東武鉄道伊勢崎線の久喜(埼玉県久喜市)と日比谷線の恵比寿を結ぶ有料座席指定の「THライナー」がデビューした。<映像内容>虎ノ門ヒルズ駅のホームを発着する電車と乗降客の様子、新駅名が書かれた表示板、改札の様子、ホームでアナウンスする駅員、銀座線虎ノ門駅との連絡通路で案内する係員、ホームに到着するTHライナー(赤と黒のラインが入った車両)、地上の駅出入り口外観など、撮影日:2020(令和2)年6月5日、撮影場所:東京都港区

    撮影: 2020(令和2)年6月5日

  • 00:59.09
    2020年03月19日
    「西日本新聞」ブルートレイン輝き戻った 小学生と社長がコンビで改修

    地元の小学生と東京の会社社長が世代を超えた「鉄ちゃん」タッグで修復活動に当たってきた、福岡市東区の貝塚公園の寝台特急「ブルートレイン」の客車「ナハネフ22 1007」の改修が終わり、19日にお披露目された。さびが目立っていた車両は、全国の鉄道ファンからの寄付を元に専門業者の手で塗り直され、日本の鉄道輸送を支えていた当時の輝きを取り戻した。貝塚公園のナハネフは1965年製造。現役時代、東京-博多を走った寝台特急「あさかぜ」や、九州内の寝台急行として活躍した。87年に引退、90年にJR九州が福岡市へ貸し出した。編成の最後尾に連結され、制動機を備える「緩急車」で、1000番台の改造車。国内唯一の貴重な車両となる。修復に取り組んだのは公園近くに住む小学5年の坂井利優(かずま)君(11)と、東京在住の会社社長高橋竜さん(46)。国鉄ファンの高橋さんは2012年、貝塚公園の車両を自費で改修したが、風雨で劣化が進んだ。その姿を見た利優君が「ナハネフが泣いている。僕にできることはありませんか」と高橋さんに声を掛け、共に修復に乗り出した。資金集めはクラウドファンディングを活用し、300万円の目標で始めた。貴重な車両ということもあって目標を大きく超え、約565万円が集まった。さらに高橋さんの持ち出しも加えた約1100万円をかけて、東京の専門業者が2月から作業し、窓枠なども取り換えた、撮影日:2020(令和2)年3月19日、撮影場所:福岡市東区、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2020(令和2)年3月19日、福岡市東区

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:50.68
    2019年12月27日
    「新華社」のんびりゆったり、いい湯だな~温泉を楽しむ野生サル長野県

    大吹雪に見舞われた長野県にある野猿公園「地獄谷野猿公苑」に27日、この地域で暮らす野生のニホンザルが姿を現した。ここには温泉に浸かるサルたちの愛らしい姿をカメラに収めようと、世界中から観光客が訪れる。長野県北部の人里離れた山奥にある同苑は、野生のニホンザルを観察できる施設として1964年にオープン。柵で囲った飼育ではなく、餌づけによって周辺に暮らす野生のニホンザルを引き寄せており、観光客はニホンザルの生態を間近で観察することができる。施設内の温泉でニホンザルが体を温める光景は、同地の冬の独特な風物詩になっている。(記者/杜瀟逸)<映像内容>地獄谷野猿公苑で温泉に入る野生のニホンザル、撮影日:2019(令和元)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:04.52
    2019年12月09日
    「新華社」辛亥革命武昌起義紀念館で日本ゆかりの史料を探す湖北省武漢市

    中国湖北省武漢市の辛亥革命武昌起義紀念館は1981年に辛亥革命の記念館として一般公開された。中華民国の軍政府が置かれていた建物は1961年、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。同紀念館は現在、辛亥革命の重要な史跡や文化財の保護収集拠点であり、上から二番目のランクである国家4A級観光地および国家一級博物館となっている。館内に展示された数千点の辛亥革命に関連する文化財や文献は、開館から40年近くの間に個人からの寄贈などにより幅広く収集され、一部の文化財や史料は日本と関係がある。(記者/馮国棟)<映像内容>辛亥革命武昌起義紀念館の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:56.95
    2019年10月15日
    「新華社」長江の水中深く、1200年の水文史を刻む博物館重慶市涪陵区

    三峡ダムの水位が175メートルまで上昇するのに伴って史跡の白鶴梁題刻が長江の底に水没してしまうのを防ぐため、中国は2003年から白鶴梁題刻保護事業をスタートさせた。そして2009年、水深40メートルの水中に白鶴梁水下博物館が建設された。この「世界初の潜水せずに行ける水中遺跡博物館」は今年開館10周年を迎えた。白鶴梁題刻は本来、重慶市涪陵区を流れる長江の中ほどにそびえ立つ、全長が約1・6キロ、幅は平均で約15メートルの天然の石梁だった。伝説によると、北魏時代(386~534年)この付近の長江の岸辺には一面の林が広がり、石の上に白い鶴が無数に群がっていたことから、「白鶴梁」の名がついたという。石梁には西暦763年~1963年の間に刻まれた165段にわたる文字が残る。それらは長江の涪陵区間を流れる1200年余りに及ぶ渇水水文の記録であり、その極めて高い水文科学的価値から、この石梁は「世界最古の水文観測所」と称えられている。石梁の表面には清代康熙年間に刻まれた一対の魚の彫刻もある。この魚の目が並ぶラインがちょうど長江涪陵区間の水位標の零点高(水位を測る基準面の標高)に当たることから、「長江標準眼」とも呼ばれる。また、ここの石梁には歴代の文人墨客が刻んだ3万字に上る碑文が残されていることから「水中の碑林」の異名も持つ。これらの際立った歴史的、科学的、芸術的価値に鑑み、1988年に白鶴梁題刻は中国の重点文物保護単位に指定された。白鶴梁題刻保護事業は、これまで世界で行われた河川の水中文化財保護事業の中でも、関連する工学技術分野が最も多岐にわたり、最も難易度の高いプロジェクトだった。10年にわたる事前検証と7年間の建設工事を経て、2009年に元々ある場所に「世界初の潜水せずに行ける水中遺跡博物館」が完成し、水中文化遺跡を本来の場所で科学的に保護する試みが成功した。現在、人々は長さ90メートルのエスカレーターに乗ってこの全長68メートル、外径約3・8メートルの見学通路へ下降し、23ある鑑賞用の窓から、保護カバーに覆われて水中で静かに横たわる白鶴梁をはっきりと見ることができる。(記者/黎華玲、楊仕彦)<映像内容>潜水せずに行ける水中遺跡博物館の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:26.14
    2019年10月14日
    「新華社」古文書・ミイラ・サイの化石、トルファン博物館の三つの宝を訪ねて

    中国新疆ウイグル自治区のトルファン市には、最も乾燥した気候、最も暑い気温、最も低い海抜、最も甘い果物という四つの「名物」がある。「名物」は言い過ぎかもしれないが、トルファンの乾燥と暑さが、大量の文化財を千年の時を超えて今日まで保存してきたことは間違いない。同市の中心部にあるトルファン博物館は新疆で2番目に大きい。収蔵品は古文書、ミイラ、サイの化石の三つの分野に集中している。同博物館には、地元で出土した契約書や戸籍、私的書簡などの古文書が大量に収蔵されている。唐の景竜4年(710年)に西州高昌県寧昌郷厚風里の「義学」(公立学校)で学んでいた卜天寿(ぼく・てんじゅ)という12歳の私費学生が残した「論語鄭氏注」の写本は、1969年にアスターナ古墓群で出土した。埋蔵文化財の専門家によると「論語鄭氏注」は文献学上では唐代に散逸しており、20世紀以降に敦煌やトルファンなどで多くの欠巻本が多く出土したが、卜天寿の写本は比較的保存状態が良く、また最も巻数が多いため、古代の民間書道芸術や儒家の古典を研究する上で貴重な資料になっている。トルファンは、世界でエジプトと並ぶミイラの出土地でもある。防腐剤などで保存するエジプトのミイラと異なり、トルファンのミイラは特殊な気候と土壌環境の下で自然に形成された。洋海古墓群から出土したシャーマンのミイラは、同博物館が所蔵するミイラの中でもほぼ完全な状態で保存されている。シャーマンは横向きに下肢を曲げて埋葬されており、2500年以上前のものだとされる。年齢は40歳余りで、華麗な衣服を身にまとい、手には呪術の道具である銅斧とむちを握っている。これらのミイラは、今日の人々が古代の人々の生産や生活、社会状況をイメージする上でも、また人類学から歴史学、考古学、病理学にいたる多くの学問分野の研究にとっても豊富な資料を提供してくれる。地質区分の一つ、古第三紀(約6600万年~約2300万年前)にはサイの仲間が今よりも繁栄しており、中国だけでも数十種類のサイの化石が発見されている。博物館には、国内で唯一完全な状態で発見されたパラケラテリウムの骨格化石が収蔵されている。(記者/阿曼、張暁竜)<映像内容>古文書やミイラ、サイの化石などトルファン博物館の展示、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:17.04
    2019年10月11日
    「新華社」ユムブラカン、チベット最古の宮殿

    ユムブラカン(雍布拉康)は、中国チベット自治区山南市ネドン区沢当鎮から11キロの扎西次日山の上に建てられたチベット最古の宮殿。言い伝えによると、紀元前2世紀に第1代チベット王のニャティ・ツェンポ(聶赤賛普)のために建てられ、ソンツェン・ガンポ(松賛干布)王が文成公主(ぶんせいこうしゅ)と結婚した後、一時期ここに住んでいたという。「雍布」はチベット語で「母鹿」を意味する。扎西次日山の地形が母鹿に似ていることからこの名が付けられた。ユムブラカンは1962年にチベット自治区級文物保護単位(文化財)に指定されている。(記者/旦増尼瑪曲珠)<映像内容>チベット最古の宮殿であるユムブラカンの風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:48.00
    2019年09月17日
    トヨタが12代目の「新型カローラ」記者発表会

    トヨタ自動車は17日、1966年の初登場以来、根強い人気があるセダン「カローラ」の新型車を発売した。約7年ぶりの全面改良で、今回で12代目に当たる。ステーションワゴン「カローラ ツーリング」も投入した。<映像内容>吉田守孝副社長のプレゼン、除幕、フォトセッション、新型車のブツ撮りなど、撮影日:2019(令和元)年9月17日、撮影場所:東京都江東区

    撮影: 2019(令和元)年9月17日

  • 00:54.03
    2019年09月02日
    「新華社」中国の国宝級文化財、北宋の彩塑観音菩薩立像

    中国浙江省温州博物館に展示されている国宝級文化財、北宋(960年~1127年)の彩塑(さいそ、彩色塑像)観音菩薩立像は、1965年2月に同市甌海区南白象鎮の白象塔から発見された。同館の解説員、劉晨(りゅう・しん)さんは、この立像から宋代の仏教造像の世俗的な傾向や典型的な芸術上の特徴だけでなく、温州の彩塑の地方的特徴も見て取ることができると説明している。(記者/孔令杭)<映像内容>北宋の彩塑観音菩薩立像の展示、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:35.55
    2019年08月15日
    「不戦」令和につなぐ 終戦74年、戦没者追悼式

    終戦から74年を迎えた15日、政府主催の全国戦没者追悼式が東京都千代田区の日本武道館で開かれ、参列した約5千人の遺族らが先の大戦で亡くなった約310万人を悼み、不戦の誓いを新たにした。令和初の追悼式で、戦後世代の天皇陛下はお言葉に「深い反省」という文言を盛り込み、上皇さまの姿勢を継承された。安倍晋三首相は式辞で「歴史の教訓を深く胸に刻み」と述べたものの、アジア諸国への加害責任には触れなかった。戦争経験者が減る中、記憶の風化をどう防ぐかが課題となる。1960年生まれの陛下は皇后さまとともに初の参列。<映像内容>会場雑観、安倍首相式辞、天皇陛下のお言葉、正午の時報に合わせて参列者が黙とう、父親を東部ニューギニアで失った横浜市南区の森本浩吉さん(77)=遺族代表=の追悼の辞、関係者らの献花など、撮影日:2019(令和元)年8月15日、撮影場所:日本武道館

    撮影: 2019(令和元)年8月15日

  • 01:49.78
    2019年08月01日
    「新華社」ブリュッセル王宮、夏の一般公開始まる

    ベルギー・ブリュッセルの中心部に位置する王宮が、年に一度の一般公開を迎えた。人々はベルギーで最も壮麗な宮殿へ足を踏み入れ、王室生活の秘密を探る。ブリュッセル公園に隣接する王宮は、国王が執務する場所で、公式行事や王室の式典に使用されている。バロック様式の王宮は荘厳な造りで堂々とした迫力を感じさせる。内部には多くの美しいクリスタルのシャンデリアや豪華で華麗な壁画が飾られている。見学ルートに沿って進むと、観光客はまるで19世紀にタイムスリップし、時空を超えた旅をしているような感覚に陥る。王宮は1965年以降、毎年夏に一般公開されている。休館日は毎週月曜日で、8月25日まで公開される。(記者/趙宇超)<映像内容>ベルギーのブリュッセル王宮一般公開の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:10.99
    2019年07月23日
    「新華社」ラベンダーの刈り取り最盛期新疆霍城県

    中国新疆ウイグル自治区霍城県では6~8月、栽培されているラベンダーの花が成熟期に入る。空から見たラベンダー畑は、大地が鮮やかな紫色に染め上げられたかのようだ。同県が位置する伊犁河谷は、フランスのプロバンス、日本の富良野に続く世界で3番目に大きいラベンダー栽培拠点で、「中国ラベンダーのふるさと」と呼ばれている。霍城県は1960年代にラベンダーを導入。現在の栽培規模は県全体で6万ムー(4千ヘクタール)近くに達している。(記者/張嘯誠、杜剛)<映像内容>中国のラベンダー畑の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:16.30
    2019年06月07日
    オレンジ電車がラストラン 大阪環状線の201系

    JR大阪環状線で、全体がオレンジ色の車両「201系」の最後の1編成が7日、営業運行を終えた。これで1961年の開業当初から市民に親しまれてきたオレンジ色の車両は全て姿を消し、全車両が、シルバーの車体の一部にオレンジ色を配色した新型の「323系」に置き換わる。〈映像内容〉JR京橋駅の環状線ホームに到着し営業運行を終えた201系車両、到着した電車から降り車両を撮影する乗客ら、運行を終え近隣の吹田総合車両所森ノ宮支所の「323系」の隣りに移動した201系車両、最終電車の運転手の囲み、撮影日:2019(令和元)年6月7日、撮影場所:大阪市 JR京橋駅

    撮影: 2019(令和元)年6月7日

  • 01:59.19
    2019年06月06日
    「新華社」「越王句践剣」が西湖美術館で公開浙江省杭州市

    中国浙江省杭州市にある浙江省博物館の今年の注目企画「越王の時代呉・越・楚文化財の精華」展が6日、同博物館孤山館区の西湖美術館で開幕した。同展最大の注目は、湖北省博物館からはるばる「西子湖」(西湖は越王句践の物語に登場する絶世の美女・西施に例えられ、「西子湖」とも呼ばれる)のほとりまでやって来た「越王句践剣」(えつおうこうせんけん)に他ならない。この宝剣は、2千年余り前の春秋時代後期の越の国で鋳造された青銅器で、国の1級文化財に指定されている。1965年に湖北省荊州市江陵県の望山楚墓群から出土し、「天下第一剣」と称えられている。「越王句践剣」は湖北省博物館の至宝であり、外部の展示に貸し出されることは非常にまれ。今回の西湖美術館での展示も15日間に限定されている。(記者/王懌文)<映像内容>「越王の時代呉・越・楚文化財の精華」展開幕、「天下第一剣」の展示、撮影日:2019(令和元)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:33.31
    2019年05月14日
    「新華社」人工森林「塞罕壩」が生み出す緑の奇跡河北省

    中国河北省の最北部に位置する承德市囲場満族モンゴル族自治県。県内の内モンゴル高原に広がるフンサンダーク(渾善達克)砂漠の南縁には、森林保護に携わる3世代の人々が50年以上にわたり営む世界最大の人工林「塞罕壩(さいかんは)機械営林場」がある。同地には1681年、清朝の康熙(こうき)帝により現在の「自然保護区」に当たる「木蘭囲場(もくらんいじょう)」が設置されたが、その後清朝が衰退すると、時の皇帝、同治帝は1863年に囲場を開放し開墾を許可。その後の百年間の戦乱や山火事、収奪的な伐採により、1960年代になると塞罕壩は草木も稀な一面の砂漠と化した。山の民は山の恵みにより生きるというが、塞罕壩の山はこうして民を支える恵を失った。やがて180キロ離れた北京までも、塞罕壩からの砂嵐に毎年悩まされるようになった。当時の国家林業部(現在の国家林業草原局)は1962年、北京に迫る砂漠化を食い止め、北京・天津地域の水源を保全するため、また発展による木材需要に応えるため、塞罕壩に大型機械営林場を建設することを決めた。半世紀以上にわたる奮闘の末、塞罕壩には112万ムー(約7万4千ヘクタール)という世界最大の人工林が誕生した。塞罕壩は現在、生態文明建設のため「生態系の回復」という、これまで以上に高い目標を掲げている。塞罕壩の人々はここ数年、フンサンダーク砂漠に隣接する30万ムー(約2万ヘクタール)の営林場で「あえて手を加えない」管理を実施。砂漠に十分な水源を蓄えさせようとしている。人々は人口造林と天然林の自然回帰化改造プロジェクトに乗り出し、森林の生態系をより好循環させることに尽力している。今では塞罕壩の至る所でノロやアカシカ、リスが見られるようになった。現地の生物多様性調査の結果では、昆虫1千種以上、植物700種以上、動物256種、鳥類192種の生息が確認されている。(記者/駱学峰)<映像内容>世界最大の人工林「塞罕壩機械営林場」の風景、撮影日:2019(令和元)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:00.68
    2019年03月12日
    東京五輪ピクトグラム発表 開幕まで500日

    2020年東京五輪開幕まで500日となった12日、大会組織委員会は競技種目を表す絵文字「ピクトグラム」50種類を発表した。初めて五輪に導入された1964年東京五輪のものをベースに、競技者の動きをシンプルに表したのが特徴。また、組織委は五輪をPRするキャラバンバス「500days号」のお披露目と出発式も開催した。〈映像内容〉ピクトグラムの発表会、発表会内でのリオ五輪陸上銀メダル飯塚翔太選手や空手女子の清水希容選手、500days号のお披露目、内部の様子、出発式など、撮影日:2019(平成31)年3月12日、撮影場所:東京都江東区

    撮影: 2019(平成31)年3月12日

  • 02:29.01
    2019年03月12日
    きん枝さん「小文枝」襲名 四代目、大阪で披露公演

    上方落語家の桂きん枝さんが12日、大阪市中央区の劇場「なんばグランド花月」で四代目桂小文枝の襲名披露公演を開いた。小文枝は、きん枝改め四代目小文枝さんの師匠、五代目桂文枝さん(2005年死去)の前名で、復活は約26年ぶりとなる。襲名披露公演には、兄弟子の六代目桂文枝さんや上方落語協会会長の笑福亭仁智さん、桂ざこばさん、三遊亭円楽さんら東西の落語家がお祝いに駆け付けた。小文枝さんは大阪市出身で、1969年に五代目文枝(当時は三代目小文枝)さんに入門した。襲名披露公演は今後、全国各地で開かれる。〈映像内容〉桂文枝さんや桂ざこばさんらの口上と舞台上で口上を聞く桂小文枝さんの様子、桂小文枝さんの公演、終演後の囲み、撮影日:2019(平成31)年3月12日、撮影場所:大阪市中央区 なんばグランド花月 ※演目の「天神山」本題の撮影は不可で、マクラのみの撮影です。

    撮影: 2019(平成31)年3月12日

  • 03:13.34
    2019年03月07日
    「新華社」張大千「伊吾閭瑞雪図」、サザビーズ香港の春季オークションに出品

    サザビーズ香港は7日、4月2日のオークションに出品予定の張大千(ちょう・だいせん)の作品「伊吾閭瑞雪図」(いごりょずいせつず)、「老樹清猿」(ろうじゅせいえん)などを報道機関に公開した。サザビーズの中国美術部門を統括する葉卓敏(よう・たくびん)氏によると、今回公開した張大千の山水画「伊吾閭瑞雪図」は1969年の作品で、張学良(ちょう・がくりょう)の著作「閭山賦(りょざんふ)」に材を取り、画面に注いだ顔料の流れを利用する「溌彩(はっさい)」と呼ばれる技法で描かれている。遼寧省錦州市義県と北鎮市の境界に位置する伊吾閭山(いごりょさん)は医巫閭山(いふりょざん)とも呼ばれ、張学良の父、張作霖(ちょう・さくりん)の立身出世の舞台となった場所だ。張大千は1960年代、親友・張学良の求めに応じ「閭山賦」と自身の想像に基づき抽象的な画法で「伊吾閭瑞雪図」を制作し、張学良の長女、張閭英(ちょう・りょえい)と娘婿の陶鵬飛(とう・ほうひ)に贈り、張家2世代との交際を祝った。「伊吾閭瑞雪図」は、サザビーズ香港の春季オークションで最も高い落札価格が予想されており、5千万から7千万香港ドル(1香港ドル=約14・2円)になるとみられている。サザビーズ香港によると、4月2日に開催される中国美術春季オークションには張大千のほか、張善子(ちょう・ぜんし)や呉冠中(ご・かんちゅう)、徐悲鴻(じょ・ひこう)、林風眠(りん・ふうみん)、傅抱石(ふ・ほうせき)といった有名画家を含む現代画家の傑作250点近くが出品される。(記者/林寧、周錦銘)<映像内容>オークション出品予定の張大千「伊吾閭瑞雪図」「老樹清猿」など公開の様子、撮影日:2019(平成31)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:22.66
    2019年03月06日
    「新華社」KFCによる「雷鋒精神」のテーマレストランがオープン湖南省長沙市

    中国人民解放軍の模範兵士の象徴として今でも中国の人々の記憶に残る雷鋒(らいほう、1940年-1962年)の故郷、中国湖南省長沙市望城区で3日、56回目の「雷鋒に学ぶ日」(3月5日)を前に、「雷鋒精神」をテーマにしたレストランがオープンした。同区望府路にオープンしたこのレストランは、店全体のデザインを一新し、店内と店外のあちこちに雷鋒のイラストや日記、名言、警句などを配置。店の入り口にある元気でかわいい雷鋒のキャラクター像の前では、多くの市民が写真を撮っていた。(記者/范軍威、丁春雨)<映像内容>「雷鋒」をテーマにしたKFCのレストランの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:46.02
    2019年03月05日
    「新華社」早咲きの桜が開花重慶に春の気配

    背後に山が迫り「山城」とも呼ばれる中国南西部の都市、重慶市は3月に入ると、春の気配が濃くなり、咲き乱れる花々を見ようと多くの市民や観光客が訪れる。桜の名所として知られる同市の南山植物園では、早咲きの桜が例年より早く咲き始めた。園内では現在、春花展を開催しており、チューリップやツバキ、桜の花が美しさを競っている。同植物園は1960年代から大規模な桜の植樹を開始し、今では80品種以上の桜約1万株が植わっている。早咲きのツバキカンザクラ(ハツビジン)、ケイオウザクラ、リュウキュウカンヒザクラ、ヤエカンヒザクラなどは日本から持ち込まれたものだ。同植物園では3月初旬から中旬にかけて、ソメイヨシノやエドヒガンなどの品種も続々と開花する見込み。早咲きの桜が終わった後、4月5日の清明節前後には、サトザクラが見ごろを迎える。(記者/周文沖)<映像内容>中国・南山植物園の桜など花見客の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:22.59
    2019年02月28日
    「新華社」パリ国際農業見本市開催農業科学技術が注目集める

    フランスのパリで開催中の第56回パリ国際農業見本市で、農業用科学技術の発展と活用が特に人々の注目を集めている。年に1度開催される同見本市は1964年に創設。今年は23日から3月3日まで開催。60以上の国と地域の企業約千社と個人出展者が参加し、業界情報を交換する。期間中は各種農業知識コンテスト、農業実演、美食鑑定会などのイベントも行われる。主催者によると、今年の来場者数は延べ60万人を超える見込み。(記者/韓茜)<映像内容>第56回パリ国際農業見本市の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:39.26
    2019年02月21日
    「新華社」色鮮やかなランタンが春節気分を盛り上げる

    中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜灯会(恐竜ランタンフェスティバル)には春節期間中、毎日、全国各地から数万人がランタンを見に訪れた。今年は、自貢ランタンの特徴である「高大新奇美(高く、大きく、新しく、変わっていて、美しい)」色鮮やかな各種ランタン130組あまりが出展した。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。また、出展ランタンは、世界の60カ国以上、中国国内の500以上の都市で展示される。これにより同市は、四川省で唯一、中国国内では13番目の国家文化輸出拠点に認定された。同市灯貿管理委員会の統計によると、同市のランタン産業はすでに750社を抱えるまでとなり、通年従事者は4万5千人、季節従事者は8万人以上、年間生産額は50億元(1元=約16円)に上る一大産業になっている。(記者/張超群)<映像内容>第25回自貢国際恐竜灯会の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:09.83
    2019年02月05日
    藤井七段が順位戦初黒星 師弟同時昇級は持ち越し

    将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)は5日、大阪市の関西将棋会館で指された第77期名人戦順位戦C級1組で近藤誠也五段(22)に敗れ、順位戦で初黒星を喫し、前期からの連勝は18で止まった。中原誠16世名人(71)が1967年に作った順位戦デビュー後の連勝記録に並んでいたが、更新はならなかった。藤井七段の師匠、杉本昌隆七段(50)も同日、同1組で船江恒平六段(31)に敗れ、師弟そろっての昇級は3月5日に行われる最終局に持ち越された。〈映像内容〉藤井七段の初手、杉本七段と船江恒平六段の対局、関西将棋会館の外観、対局終了後の藤井七段の囲み、撮影日:2019(平成31)年2月5日、撮影場所:大阪府大阪市福島区 関西将棋会館

    撮影: 2019(平成31)年2月5日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:02.74
    2019年01月28日
    「新華社」キューバで体験するビートルズ文化ハバナ

    キューバの首都ハバナの繁華街ベダード地区の一角に「SubmarinoAmarillo」(スペイン語で「イエロー・サブマリン」の意味)という名のライブハウスがある。「イエロー・サブマリン」は英国の有名なロックバンド、ビートルズが1960年代に発表した曲で、同名映画のテーマ曲にもなっている。このライブハウスの近くに、ジョン・レノンにちなんで名づけられた公園があり、その中央にはレノンの等身大の銅像が設置されている。1960年代にはビートルズ・ブームが欧米を席巻し、米国と海を隔てて向き合うキューバも深い影響を受けた。しかし、きわめて保守的だった当時の同国の環境下では、ビートルズの音楽を聴くことは、社会が認める良い行為ではなかった。2000年12月、キューバ革命の指導者フィデル・カストロ国家評議会議長が臨席してジョン・レノン公園でジョン・レノンの銅像の除幕式が行われ、キューバの各年齢層の人々はより「正々堂々と」ビートルズを賛美できるようになった。今ではジョン・レノン公園とその近くのライブハウス「SubmarinoAmarillo」は、何千人もの各年齢層のキューバ人と外国人観光客がその名を慕って訪れるビートルズの「聖地」となっている。(記者/朱婉君、禹麗貞)<映像内容>キューバにあるビートルズ文化、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:23.58
    2019年01月04日
    「新華社」中国製新エネルギー路線バスバンコクで納車

    タイの首都バンコクでこのほど、路線バス納車式が盛大に開催された。会場では、斬新な現代化路線バスが整然と並べられ、出席したタイのプラユット首相が、自ら乗車し乗り心地を体験した。今回納車された路線バスは、バンコクではこの20年で初めて導入される新エネルギー路線バスで、全て中国江西省南昌市にある百路佳客車有限公司(BONLUCK)が製造したものだという。百路佳客車有限公司李晗(り・がん)副総経理11月と12月に、当社の車両はタイで完成し、その後、納車式を行いました。タイ側も納車式を非常に重視し、首相のプラユット将軍が参加しました。納車式では、新エネルギー路線バスと天然ガス路線バス計302台が納車されました。現在、全車両がバンコクで運行されています。百路佳の前身は江西客車廠で、1969年に創立。江西省の製造業で初めて「一帯一路」構想に応えた産業先鋒で、近年海外市場の開拓で目覚ましい成績を上げている。米国やオーストラリアなど32カ国・地域へのバス輸出を成功させている。(記者/温美良)<映像内容>バンコクにて中国製路線バス納車式の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:31.79
    2018年12月20日
    「新華社」少年時代の夢を実現、退職後に「蒸気機関車」手作り遼寧省瀋陽

    中国遼寧省瀋陽のある普通の住宅の机の上に1台の「蒸気機関車」が置かれている。材質も作りも、私たちがイメージする蒸気機関車にそっくりだ。この精巧な「蒸気機関車」が、井振清(せい・しんせい)さんという老人が一つ一つの部品から手作りしたことを知ると驚くだろう。井さんは今年73歳で、退職するまでずっと機械製造加工の仕事をしていた。小さい頃から汽車が好きだった彼は、自分の手で「蒸気機関車」を作りたいとずっと思っていた。退職後、旋盤などの道具を購入し、鉄板や銅管、廃品などの材料を使い、部品から手作りした。3年余りの時間をかけて、蒸気機関車「上遊号」(中国で1960年代に製造された蒸気機関車)をモデルとした、全長約2・2メートル、高さ約0・45メートルの「蒸気機関車」がようやく完成した。この「蒸気機関車」が完成してからというもの、井さんは広く名を知られる有名人となった。天気が良い日は、井さんは住宅区の広場にレールを敷き、近隣の人々に彼の「蒸気機関車」の走る様子を見せている。<映像内容>手作りした蒸気機関車の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:54.93
    2018年12月17日
    文楽への思い語る 豊竹咲太夫さん

    人形浄瑠璃文楽で、物語の進行役を務める「太夫」の重鎮、豊竹咲太夫さんが17日、大阪市内で開かれた共同通信きさらぎ会の講演で、初舞台から数年前のロシア公演まで、半世紀以上携わってきた文楽への思いを語った。咲太夫さんは1944年生まれ。1953年に豊竹山城少掾に弟子入り、小学3年で豊竹綱子太夫として初舞台に上がった。「昭和の名人」と呼ばれた父親の8世豊竹綱太夫などから薫陶を受け、1966年には初代・豊竹咲太夫に改名。芸術選奨文部大臣賞、紫綬褒章、日本芸術院賞などを受賞。大阪市の文楽への補助金削減を巡る交渉でも、文楽の屋台骨を支える一人として、中心的な役割を果たした。〈映像内容〉共同通信きさらぎ会での講演の様子、撮影日:2018(平成30)年12月17日、撮影場所:大阪市内

    撮影: 2018(平成30)年12月17日

  • 05:42.10
    2018年12月07日
    新旧ケーブルカー入れ替え 南海高野山駅、作業を公開

    世界遺産・高野山(和歌山県高野町)の玄関駅、南海電鉄高野山駅で7日、高野山ケーブルカーの新旧車両の搬出・搬入作業が行われた。同ケーブルカーは同駅と南海高野線の終点・極楽橋駅間の約800メートルを約5分で結ぶ。1964年から運行してきた3代目車両が先月引退、現在新型車両導入に必要な設備工事が進められている。〈映像内容〉古い車両の搬出作業、駅外観、クレーンで吊って運び出し搬出車に乗せる模様など、新車両の搬入、総本山金剛峯寺の僧侶による読経など、撮影日:2018(平成30)年12月7日、撮影場所:和歌山県高野町

    撮影: 2018(平成30)年12月7日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:15.62
    2018年11月25日
    「新華社」過去に絶滅の野生のモウコノウマ、60頭まで増加甘粛省敦煌市

    中国甘粛省敦煌市の西湖国家級自然保護区では、区域内で野生復帰させたモウコノウマ(蒙古野馬)の数が最初の28頭から60頭まで増えたことが分かった。繁殖は順調に続いているようだ。モウコノウマは現在、地球上で現存する唯一の野生馬で、中国新疆ウイグル自治区ジュンガル盆地の北塔山(ほくとうざん)や甘粛省と内モンゴル自治区の境界にある馬鬃山(ばそうざん)の一帯が原産地とされている。野生種は1960年代に一度絶滅し、1980年代末以降に欧州から里帰りした馬を新疆ウイグル自治区や甘粛省で繁殖させ、再度の野生化を試みている。甘粛省の蘭州から敦煌へ通じる河西回廊(かせいかいろう)の最西端に位置する敦煌西湖自然保護区は、乾燥・砂漠地帯にある典型的な内陸湿地で、砂漠生態系と野生動植物の保護区とされている。保護区内には16万ヘクタールにわたる天然の植生があり、モウコノウマの生息に適している。河西回廊はまた、新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地と並ぶモウコノウマの中国での主な生息地とされ、甘粛省絶滅危惧動物保護研究センターや甘粛省安西極度乾燥荒漠国家級自然保護区、甘粛省敦煌西湖国家級自然保護区でその姿を見ることができる。(記者/多蕾、李笑)<映像内容>過去に絶滅の野生のモウコノウマの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:57.31
    2018年11月21日
    「新華社」懐かしい香港の街並みを体験できるVRムービー公開

    中国香港観光発展局は21日、ショートムービー「VR香港タイムトラベル」2作品の公開を発表した。いずれの作品も仮想現実(VR)技術を利用して360度のパノラマで、1960年代と80年代の香港ならではの情景を再現している。一つの作品では、1960年代の香港・中環(セントラル)荷李活道(ハリウッドロード)の街角を表現している。道端に並ぶ屋台では、軽食や布、花が売られ、露天商と人力車夫が集まってカンフー少年とチンピラの「決闘」を見物している。もう一つの作品は、見る者を1980年代の香港・啓徳空港周辺へといざなう。当時、啓徳空港と多くの人がひしめき合うように生活していた「九龍城」とは非常に近接しており、屋上で洗濯物を干す住民の頭上を飛行機がかすめるように飛ぶ様子は、かつての香港独特の光景だった。香港を訪れる観光客は直接ムービーを購入して個人の電子機器で見るか、あるいは香港の「天際100」(スカイ100展望台)を訪れて鑑賞することができる。同展望台の体験エリアでは2種類のVR眼鏡を用意している。(記者/陳其蔓、劉思遠)<映像内容>懐かしい香港の街並みを体験できるVRムービーの様子、撮影日:2018(平成30)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:26.39
    2018年11月08日
    「新華社」ベンガルヤマネコを十数年ぶりに発見江蘇省塩城市大豊区

    中国の南京大学環境規画設計研究院自然生態研究所の調査チームはこのほど、江蘇省塩城市大豊区で哺乳類の秋季調査を行い、生態系の頂点捕食者であるベンガルヤマネコの姿を赤外線カメラで捉えた。同省沿海地域でベンガルヤマネコが発見されたのは十数年ぶり。野生のベンガルヤマネコはかつて中国に広く分布し、1960年代には少なくとも100万匹が生息していた。だが、大量の捕殺や輸出により、野生数が激減しており、「中国の絶滅危惧種レッドリスト」で絶滅の恐れがある「易危種」となっている他、ワシントン条約でも輸出入に許可が必要な「付属書2」に掲載されている。ベンガルヤマネコの生存には数多くの良好な生息地と獲物が必要なため、今回の発見は同区の環境管理の成果が表れたことを意味している。(記者/林凱、秦華江)<映像内容>赤外線カメラに映る野生のベンガルヤマネコ、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:47.07
    2018年10月08日
    大玉転がし楽しいな 体育の日、都内でスポーツ祭り

    1964年の東京五輪を記念して制定された「体育の日」の8日、スポーツの楽しさや喜びを知ってもらうイベントが東京・北区で開かれた。現役のアスリートと参加した子どもたちが、大玉転がしなどを楽しんだ。〈映像内容〉スキーの荻原次晴さんらアスリートや、よしもと芸人たちが参加した開会式。パラスキーの村岡桃佳選手らが開会を宣言する火をともしたり、新体操の坪井保菜美選手が登壇して参加者全員で準備体操をする様子。その後、アスリートや芸人たちが子どもたちと一緒に大玉転がしをしたり、撮影日:2018(平成30)年10月8日、撮影場所:東京都北区

    撮影: 2018(平成30)年10月8日

  • 02:54.40
    2018年09月03日
    「新華社」【字幕あり】四川省少数民族伝統スポーツ大会開催

    中国四川省第15回少数民族伝統スポーツ大会が3日、同省カンゼ・チベット族自治州康定市で開催され、蹴球(石の球を蹴って相手の球に当ててポイントを競うゲーム)や押加(首の力で綱を引く競技、象の綱引きともいう)、高脚競速(竹馬競争)などの少数民族のスポーツが披露された。同大会は主に民族スポーツ競技、大型民族スポーツ文化と芸術の上演で構成されている。第11回全国少数民族伝統スポーツ大会に参加するアスリートの選抜、民族スポーツに関する発掘、整理、普及を目的とする。全省から合計14の代表団、1257人のアスリートとコーチが参加。主な種目は弩(ど)射、民族式レスリング、蹴球、押加、珍珠球(各チーム7人がボールを投げて網で受けポイントを競う)、高脚競速、板鞋競速(3人1組で板靴を履いてするムカデ競争)、陀螺(コマ回し)などだ。4年ごとに開催される同大会は、1965年の第1回大会以来、すでに14回開催されており、今大会は9月9日まで行われる。(記者/楊華、李華梁)<映像内容>四川省少数民族伝統スポーツ大会の様子、撮影日:2018(平成30)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※白素材有り要問い合わせ

  • 01:14.24
    2018年08月18日
    チェブラーシカ作者に献花 ウスペンスキー氏お別れ会

    世界中にファンがいるロシアのキャラクター「チェブラーシカ」の原作者で、14日に80歳で死去した同国の児童文学作家エドアルド・ウスペンスキー氏のお別れ会が18日、モスクワ市内の「文学者の家」で行われ、多くのファンがひつぎを前に次々と献花した。ウスペンスキー氏はソ連時代の1966年に発表した物語「ワニのゲーナと仲間たち」で架空の動物チェブラーシカを初めて描写。69~83年に発表された4本の人形アニメ映画で広く知られるようになり、現在でもロシア国内外で愛される存在となっている。〈映像内容〉ウスペンスキー氏のお別れ会の様子、撮影日:2018(平成30)年8月18日、撮影場所:ロシア モスクワ

    撮影: 2018(平成30)年8月18日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:52.63
    2018年06月18日
    袴田さん再審、特別抗告 弁護側の記者会見

    1966年に静岡県で一家4人が殺害された強盗殺人事件で死刑が確定した元プロボクサー袴田巌さん(82)の第2次再審請求で、弁護側は18日、再審開始を認めなかった11日の東京高裁決定を不服として最高裁に特別抗告した。記者会見した西嶋勝彦弁護団長は「高裁決定は憲法と判例を無視している。最高裁で再審開始を勝ち取りたい」と話した。<映像内容>記者会見の様子、西嶋弁護団長の話(右から2人目)、笹森学弁護士の話(同3人目)、角替清美弁護士の話(右端)の話、撮影日:2018(平成30)年6月18日、撮影場所:霞が関 司法記者クラブ

    撮影: 2018(平成30)年6月18日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:58.85
    2018年06月11日
    袴田さん再審開始認めず 姉秀子さんと西嶋弁護団長らの記者会見

    1966年に静岡県で一家4人が殺害された強盗殺人事件で死刑が確定した元プロボクサー袴田巌さん(82)の第2次再審請求で、東京高裁(大島隆明裁判長)は11日、2014年の静岡地裁の決定を取り消し、再審開始を認めない決定をした。<映像内容>決定後に開かれた姉秀子さんと西嶋弁護団長らの記者会見、撮影日:2018(平成30)年6月11日、撮影場所:東京都千代田区 弁護士会館

    撮影: 2018(平成30)年6月11日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:36.22
    2018年06月11日
    袴田さん再審開始認めず 東京高裁、地裁決定覆す

    1966年に静岡県で一家4人が殺害された強盗殺人事件で死刑が確定した元プロボクサー袴田巌さん(82)の第2次再審請求で、東京高裁(大島隆明裁判長)は11日、2014年の静岡地裁の決定を取り消し、再審開始を認めない決定をした。地裁は認め袴田さんは釈放されたが、検察側が即時抗告していた。弁護側は「不当で、承服できない」とし、最高裁に特別抗告する。 <映像内容>裁判所の外観、裁判所前の雑観、支援者などの様子、「不当決定」の旗だし、決定後の姉秀子さんと西嶋勝彦弁護団長の囲みなど、 撮影日:2018(平成30)年6月11日、撮影場所:東京高裁

    撮影: 2018(平成30)年6月11日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:38.45
    2017年12月08日
    名張事件、再審認めず 病死の奥西元死刑囚、無念の妹や弁護団

    三重県名張市で1961年に女性5人が死亡した名張毒ぶどう酒事件で、奥西勝元死刑囚(収監先で病死)の妹岡美代子さん(88)が申し立てた第10次再審請求に対し、名古屋高裁(山口裕之裁判長)は8日、請求を棄却する決定をした。鈴木泉弁護団長は「直ちに異議申し立ての準備をする」と述べた。名張事件を巡っては、一審の無罪判決が二審で逆転の死刑判決となり、その後最高裁で確定。第7次再審請求で一度は再審開始が認められたものの、取り消される異例の展開をたどった。奥西元死刑囚は2015年10月、八王子医療刑務所で肺炎のため89歳で死去した。有罪判決を受けた人が死亡するなどした場合、刑事訴訟法は配偶者や兄弟姉妹らが再審請求できると規定。岡さんが同11月に請求していた。 <映像内容>名古屋高裁外観(8日午前9時ごろ撮影)、弁護団の入り(同9時50分ごろ)、旗出し(同10時すぎ)、旗出し後の囲み・鈴木弁護団長(10時すぎ)など。岡美代子さんのぶら下がり取材(名古屋市内で8日午前撮影)、名古屋高裁の決定を受け記者会見する岡美代子さんと弁護団(鈴木泉弁護団長ら)などの雑観。名古屋市内で8日午後0時から1時ごろ撮影。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    06:20.34
    2017年12月07日
    ベッドインの写真を公開 反戦訴えたレノン夫妻

    ビートルズのメンバーだったジョン・レノンとオノ・ヨーコさんが新婚早々の1969年に、ベッドの上から反戦平和を訴えた「ベッドイン」のパフォーマンスを捉えた写真展が7日、報道陣に披露された。ベトナム戦争に反対しようとカナダのホテルで2人が行ったパフォーマンスを、フォトジャーナリストの故ジェリー・ディーター氏が撮影。世界初公開の2点を含む約40点が、レノンの命日に当たる8日から、東京・渋谷のタワーレコード渋谷店で公開される。初公開写真では、レノンらがソロデビュー曲「平和を我等(われら)に」も録音した部屋で、レノンがギターを演奏する様子などが分かる。来年1月8日まで。<映像内容>写真展雑観、写真の権利を持つカナダ人ジョーン・エイシーさんのインタビューなど。撮影場所は東京都渋谷区・タワーレコード渋谷店。撮影時間は7日午後6時から午後7時半まで。

  • 02:21.00
    2017年12月01日
    資料映像 萩原健一さんが死去 生前の萩原さん

    「ショーケン」の愛称で親しまれ、ドラマ「傷だらけの天使」「前略おふくろ様」などに出演した俳優でミュージシャンの萩原健一(はぎわら・けんいち、本名敬三=けいぞう)さんが26日午前10時30分、消化管間質腫瘍のため東京都内の病院で死去した。68歳。さいたま市出身。葬儀・告別式は近親者で行った。1967年にグループサウンズ「ザ・テンプターズ」のボーカルとしてデビュー。「エメラルドの伝説」などのヒット曲を出した。グループ解散後は俳優に転向。ドラマ「太陽にほえろ!」、映画「影武者」などに出演した。所属事務所によると、萩原さんは2011年から闘病しており、容体が急変した。本人の強い希望で病名の公表を控えていたという。〈映像内容〉東京都港区の映画館で開かれたイベントで話す萩原さん、撮影日:2017(平成29)年12月、撮影場所:東京都港区 ※無音の部分も含まれています。

    撮影: 2017(平成29)年12月

  • 03:51.39
    2017年10月30日
    森保監督「全身全霊で」 東京五輪のサッカー男子

    2020年東京五輪でサッカー男子の日本代表を率いる森保一(もりやす・はじめ)監督(49)が30日、東京都内で就任記者会見に臨み、「重責だが全身全霊で五輪に向かっていきたい。メダルを獲得できるように頑張っていく」と抱負を語った。五輪の男子は原則23歳以下で争い、自国開催の日本は1968年メキシコ大会以来、52年ぶりのメダル獲得を狙う。長崎県出身の森保監督は現役時代、広島、仙台などでMFとして活躍。日本代表でもプレーし、ワールドカップ(W杯)初出場を目前で逃す93年の「ドーハの悲劇」を経験した。指導者としては12年から監督を務めた広島で3度J1を制した。<映像内容>森保監督らの記者会見、質疑応答、フォトセッションなど。撮影場所は東京都文京区本郷・JFAハウス、撮影時間は30日午後0時半から午後1時ごろまで。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    05:20.38
    2017年10月17日
    大阪城跡の旧陸軍庁舎を改装 新商業施設公開

    大阪城天守閣近くの歴史的建築物「旧陸軍第4師団司令部庁舎」を改装した商業施設「ミライザ大阪城」(大阪市中央区)が17日、報道陣に公開された。開業は19日。天守閣南側の本丸広場にあり地上3階、地下1階。物販店などのほか、3階には豊臣秀吉の黄金の茶室をイメージした金色の内装のバーも入る。来年3月にオープンする屋上のレストランでは天守閣を間近に見ながらバーベキューを楽しめる。旧陸軍庁舎は1931年完成のロマネスク様式の重厚な造りで、1960年から2001年までは大阪市立博物館として使われた。現在も外壁や内部の階段、天井のアーチなどは建築当初のものを使用している。<映像内容>改装された旧陸軍第4師団司令部庁舎の外観、内部の商業施設(黄金の茶室をイメージしたバー、天守閣が見える喫茶店のテラス席、天守閣が見える屋上のレストラン、結婚式場、たこ焼き屋、土産物屋、レストランや喫茶店)の様子、ライトアップされた建物の外観。

  • 04:56.86
    2017年10月05日
    貴重な原画や制作工程紹介 連載50年のゴルゴ13特別展

    人気漫画「ゴルゴ13」の連載50周年を記念した特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」の内覧会が5日、大阪文化館・天保山(大阪市)で開かれ、初公開を含む原画約60点などが報道陣に公開された。特別展は10月6日から11月27日まで。「ゴルゴ13」は1968年11月に漫画誌で連載が始まった。特別展では、主人公デューク東郷が初めて登場したシーンなどの原画を展示。シナリオや絵を複数の人が分業し、長期の連載を可能にしてきた制作工程をパネルやビデオで紹介する。また主人公が愛用する自動小銃のモデルガンを持ち、記念撮影できるコーナーもある。<映像内容>原画の前、仕事場の再現セット前の2カ所で行われた作者のさいとう・たかをさんのフォトセッション、さいとうさんの囲みインタビュー。モデルガンを持って記念撮影できるコーナーの雑観を含む内覧会の様子。さいとうさんも参加したテープカット。主人公デューク東郷が初めて登場したシーンなど約50年前から最近書かれたものまでの原画や、制作工程を紹介するパネルなどの物撮りなど。

  • 04:11.15
    2017年06月07日
    連載50年で特別展開催へ 「ゴルゴ13」作者ら記者会見

    1968年の連載開始から2018年で50年を迎える人気漫画「ゴルゴ13」の特別展で大阪市や川崎市で開催されることになり、7日、発表の記者会見が開かれました。記者会見には、作者のさいとう・たかをさんも出席し、「孤高の超A級スナイパー」を描き、多くのファンを持つゴルゴ13への思いを語りました<映像内容>記者会見雑観、さいとう・たかをさんのあいさつ、監修の杉森昌武さんの見どころ紹介、フォトセッションなど、撮影日:2017(平成29)年6月7日、撮影場所:東京都千代田区

    撮影: 2017(平成29)年6月7日

  • 02:11.39
    2017年04月22日
    代々木公園 陸上競技場 リニューアル 代々木公園競技場リニューアル

    東京・代々木公園陸上競技場で22日、競技場のリニューアルを記念したイベントが開かれた。子どもたちが、走り方教室や跳躍教室などに参加し、真新しいフィールドやトラックで汗を流した。イベントには、1968年メキシコ五輪マラソン男子銀メダルの君原健二氏や、リオデジャネイロ五輪で1600メートルリレーに出場した加藤修也氏らがゲストとして参加した。〈映像内容〉オープニングセレモニーの様子

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:25.90
    2017年04月05日
    名張毒ぶどう酒事件 妹らが早期の再審開始求める

    三重県名張市で1961年に5人が死亡した名張毒ぶどう酒事件で、奥西勝元死刑囚が死亡したため再審請求を引き継いだ妹が支援者らとともに名古屋高裁前で5日、早期の再審開始を求めた。〈映像内容〉集会前の雑観、集会で発言する支援者や弁護士、奥西勝元死刑囚 の妹の岡美代子さん、名古屋高裁の外観など。

  • 03:20.20
    2017年04月01日
    東京五輪で誓った愛、今も ブルガリア元代表夫妻

    1964年東京五輪で、史上初となる選手村での結婚式を挙げたブルガリア代表選手のカップルがいる。日本で「永遠の愛」を誓った2人は今も首都ソフィアで幸せに暮らす。2020年東京五輪は24日で開会まで残り2年。思い出の地で半世紀以上を経て再び開かれる五輪を2人は心待ちにしている。〈映像内容〉記念写真2枚の包装をとき、思い出を語る夫妻の様子、撮影日:2017(平成29)年4月1日、撮影場所:ブルガリア ソフィア

    撮影: 2017(平成29)年4月1日

  • 03:06.52
    2017年03月22日
    リカちゃん誕生50周年記念 東京・銀座で展覧会

    タカラトミーの着せ替え人形「リカちゃん」は1967年7月の販売開始から今年で50周年。東京・銀座の松屋銀座では22日、「誕生50周年記念 リカちゃん展」を開催。時代の流行ファッションをまとった歴代のリカちゃんや家族、友達の人形約580体がずらり。リカちゃんハウスやショップ、家具などの小物が展示されるほか、誕生時の開発ノートも公開。オリジナルグッズも豊富にそろえ、展覧会の限定リカちゃんをはじめ、約400種類を販売する。4月3日までで、その後は全国を巡回予定。〈映像内容〉東京・銀座の松屋銀座で開幕した「誕生50周年記念 リカちゃ ん展」のオープン時の様子と、会場内雑観、物撮りなど。

  • 04:29.03
    2016年12月03日
    半世紀前の気動車が福岡へ 寄付で解体免れ動態保存

    クリーム色の車体に赤のラインが入った1966年製の気動車「キハ2004」が3日、茨城県のひたちなか海浜鉄道から福岡県の鉄道愛好家グループに無償で譲渡され、同県福智町の平成筑豊鉄道金田駅でお披露目式が開かれた。解体予定だったが、平成筑豊鉄道のOBらが「守る会」を立ち上げて輸送や補修に充てる約890万円の寄付を集め、金田駅構内での動態保存を実現した。   <映像内容>セレモニーの様子、エンジン始動、出発進行、列車の移動、関係者の記念写真など。

  • 04:09.75
    2016年11月26日
    神宮外苑に名車が集結 日米欧の100台パレード

    トヨタ博物館(愛知県長久手市)は26日、往年の名車が集まるイベント「2016 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバルin神宮外苑」を東京都内で開いた。個人所有車を中心に、日米欧の約100台が神宮外苑から銀座までをパレード。人気映画「007」シリーズで主人公のジェームズ・ボンドが乗った「ボンドカー」として知られるトヨタ自動車の「2000GT」(1966年式)のほか、ホンダの軽自動車「N360」(67年式)などが登場。<映像内容>東京都内で行われたイベント「2016 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバルin神宮外苑」の様子、フォトセッション、トヨタ自動車の「2000GT」のデモ走行、オープニングセレモニー、トヨタ博物館の布垣直昭館長のあいさつ、パレードなど、撮影日:2016(平成28)年11月26日、撮影場所:東京都内

    撮影: 2016(平成28)年11月26日

  • 04:09.75
    2016年11月26日
    神宮外苑に名車が集結 日米欧の100台パレード

    トヨタ博物館(愛知県長久手市)は26日、往年の名車が集まるイベント「2016 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバルin神宮外苑」を東京都内で開いた。個人所有車を中心に、日米欧の約100台が神宮外苑から銀座までをパレード。人気映画「007」シリーズで主人公のジェームズ・ボンドが乗った「ボンドカー」として知られるトヨタ自動車の「2000GT」(1966年式)のほか、ホンダの軽自動車「N360」(67年式)などが登場。<映像内容>東京都内で行われたイベント「2016 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバルin神宮外苑」の様子、フォトセッション、トヨタ自動車の「2000GT」のデモ走行、オープニングセレモニー、トヨタ博物館の布垣直昭館長のあいさつ、パレードなど、撮影日:2016(平成28)年11月26日、撮影場所:東京都内

    撮影: 2016(平成28)年11月26日

  • 06:33.15
    2016年10月03日
    大村智氏らに名誉都民 都庁で顕彰式、称号贈呈

    東京都は3日、2016年度の名誉都民として、ノーベル医学生理学賞を受賞した北里大特別栄誉教授大村智(おおむら・さとし)氏(81)、指揮者小澤征爾(おざわ・せいじ)氏(81)、1964年東京、68年メキシコ両五輪重量挙げ金メダリスト三宅義信(みやけ・よしのぶ)氏(76)に称号を贈る顕彰式を都庁で開いた。<映像内容>2016年度の名誉都民の顕彰式の様子。大村智氏、小澤征爾氏、三宅義信氏の囲みなど。

  • 05:06.77
    2016年09月23日
    新国立競技場の予定地を視察 丸川五輪相

    丸川珠代五輪相は23日、2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとして建設する新国立競技場(東京都新宿区)の予定地を視察した。予定地は1964年東京五輪で主会場となった旧競技場が取り壊され、更地になっている。<映像内容>新国立競技場の予定地雑観、丸川五輪相の現地視察の様子、五輪相の囲み取材など、撮影日:2016(平成28)年9月23日、撮影場所:東京都内

    撮影: 2016(平成28)年9月23日

  • 06:17.24
    2016年07月15日
    西洋美術館が世界遺産に決定 コルビュジエ建築

    国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産委員会は17日、トルコ・イスタンブールで審議を再開、20世紀を代表するフランスの建築家ル・コルビュジエ(1887~1965年)が設計した東京・上野公園の国立西洋美術館など7カ国17作品を世界文化遺産に登録することを決めた。革新的な作品で近代建築の基礎を築いたと評価した。〈映像内容〉国立西洋美術館の外観、建物を柱で支え1階部分の壁を取り去ったピロティ、らせん状回廊といったコルビュジエ建築の特徴を備えた内部の様子、展示作品雑観など。

  • 04:18.12
    2016年05月31日
    桂歌丸さんを文科大臣表彰 卓越話芸で落語界に貢献

    日本テレビ系の人気演芸番組「笑点」の司会を約10年にわたり務めた落語家の桂歌丸(かつら・うたまる)=本名は椎名巌(しいな・いわお)=さん(79)に対する文部科学大臣表彰の表彰式が31日、省内で開かれた。古典落語の継承に取り組み、卓越した話芸で落語界に長年貢献してきたことが評価された。1966年の放送開始から笑点に出演し、2006年から司会を務めた。5月22日の放送で春風亭昇太(しゅんぷうてい・しょうた)さん(56)に司会を譲ると表明、レギュラー出演を終えた。〈映像内容〉歌丸さん入り、フォトセッション、馳文科相(左)から文部科学大臣表彰を受ける様子、取材の報道陣雑観、表彰状と本人、馳文科相(左)とのフォトセッション、馳文科相との懇談など。

  • 02:12.20
    2016年05月04日
    「東奥日報」ふじ、平年より4日早く開花/県りんご研

    黒石市の県産業技術センターりんご研究所で4日、県産リンゴの主力品種「ふじ」が開花した。平年より4日早く、1967年の生育調査開始以来、過去6番目の早さとなった。<映像内容>開花した「ふじ」の花、撮影日:2016(平成28)年5月4日、撮影場所:青森県黒石市、県産業技術センターりんご研究所、クレジット:東奥日報/共同通信イメージズ ※白素材

    撮影: 2016(平成28)年5月4日、青森県黒石市、県産業技術センターりんご研究所

  • 02:47.10
    2016年04月18日
    米大使の返礼品公開 北海道北見市で

    駐日米大使キャロライン・ケネディ氏が3月、北海道北見市に暮らす松本艶子さん(93)に贈った人形や手紙が18日、同市で公開された。松本さんが1962年、大使の父ジョン・F・ケネディ米大統領(当時)にひな人形を贈った返礼。公開は平日のみ、28日まで。北見市によると、公開されるのは、米国で子どもに人気がある「アメリカンガール・ドール」シリーズの「キット・キトリッジ」人形とキット・キトリッジの冒険を描いた本、大使からの手紙。<映像内容>人形の展示、撮影日:2016(平成28)年4月18日、撮影場所:北海道北見市

    撮影: 2016(平成28)年4月18日

  • 07:49.66
    2016年03月26日
    北海道新幹線が開業 新函館北斗駅を出発

    北海道新幹線の新青森―新函館北斗が26日開業した。1964年の東海道新幹線開業から半世紀余り、新幹線が初めて青函トンネルを通って北海道に入り鹿児島まで列島を縦断するネットワークがつながった。東北新幹線と直通運転し、東京―新函館北斗は最短4時間2分で結ばれる。〈映像内容〉新函館北斗駅の様子、駅外観、駅構外から撮影したくす玉割りの様子、出発する一番列車「はやぶさ10号」、新函館北斗駅の始発出発を心待ちに駅に並ぶ人たち、撮影日:2016(平成28)年3月26日、撮影場所:新函館北斗駅

    撮影: 2016(平成28)年3月26日

  • 05:46.81
    2016年03月26日
    空撮と地上撮 北海道新幹線が開業 新函館北斗駅を出発

    北海道新幹線の新青森―新函館北斗が26日開業した。1964年の東海道新幹線開業から半世紀余り、新幹線が初めて青函トンネルを通って北海道に入り鹿児島まで列島を縦断するネットワークがつながった。東北新幹線と直通運転し、東京―新函館北斗は最短4時間2分で結ばれる。〈映像内容〉青函トンネルの本州側入り口を上り一番列車と下り一番列車が通過する様子、空撮は「青函トンネル」北海道側入り口周辺を走る北海道新幹線、撮影日:2016(平成28)年3月26日、撮影場所:青函トンネル

    撮影: 2016(平成28)年3月26日

  • 09:35.47
    2015年11月11日
    国産初のジェット旅客機MRJが初飛行

    三菱航空機(愛知県豊山町)が開発を進めてきた国産初のジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)が11日午前、初試験飛行で愛知県営名古屋空港(豊山町)から飛び立った。国産旅客機の開発は、1962年8月に初飛行したプロペラ機「YS11」から約半世紀ぶり。〈映像内容〉離陸するMRJとMRJの離陸に拍手を送る人々、名古屋空港で撮影したMRJの離陸から着陸まで、着陸した搭乗員を出迎える三菱航空機の森本浩通社長ら、フォトセッション、撮影日:2015(平成27)年11月11日、撮影場所:愛知県 名古屋空港 神明公園

    撮影: 2015(平成27)年11月11日

  • 07:57.81
    2015年10月12日
    瀬戸選手らスポーツ祭りで汗 体育の日イベント

    1964年東京五輪開催を記念して制定された体育の日にちなんだ「スポーツ祭り」が12日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターなどで開かれた。主催者発表で家族連れなどおよそ1万4000人が参加。競泳の瀬戸大也選手らの水泳教室など、さまざまな企画でトップアスリートと汗を流した。<映像内容>競泳の瀬戸大也、立石諒、渡部香生子選手が参加した水泳教室、バレーボールの大山加奈選手が参加したバレーボール教室、撮影日:2015(平成27)年10月12日、撮影場所:東京都北区

    撮影: 2015(平成27)年10月12日

  • 01:48.10
    2015年04月20日
    石牟礼道子さんが死去 水俣病の苦しみ記す 生前の映像

    四大公害病の一つ、水俣病に苦しむ患者の世界を描いた「苦海浄土(くがいじょうど)」などの著書で知られる、作家の石牟礼道子(いしむれ・みちこ)さんが10日午前3時14分、パーキンソン病による急性増悪のため熊本市東区の介護施設で死去した。90歳。熊本県出身。葬儀・告別式は近親者のみで行う。喪主は長男道生(みちお)氏。戦時中から戦後にかけて国民学校の代用教員を勤めた後、本格的に執筆活動を開始。1969年に刊行した代表作の同書は大きな反響を呼び、多くの人々が水俣の実態に目を向けるきっかけとなった。1973年には「アジアのノーベル賞」といわれるマグサイサイ賞を受賞。2002年、水俣病をテーマに現代文明を批判する新作能「不知火(しらぬい)」を発表した。<映像内容>共同通信社の単独インタビューに答える石牟礼道子さん、撮影日:2015(平成27)年4月20日、撮影場所:熊本市東区・介護施設「ユートピア熊本」

    撮影: 2015(平成27)年4月20日

  • 02:56.81
    2015年04月01日
    54年ぶりに玄関扉開く 大阪府立中之島図書館

    国の重要文化財の大阪府立中之島図書館(大阪市北区)で1日、1961年から閉じられていた正面玄関の扉が54年ぶりに開かれ、通行が可能となった。館長らによるテープカットの後、高さ約3メートルの木製の扉が開かれ、中から合唱団が祝福の歌を響かせた。<映像内容>大阪府立中之島図書館の外観、合唱団の祝福の歌、撮影日:2015(平成27)年4月1日、撮影場所:大阪市北区 大阪府立中之島図書館

    撮影: 2015(平成27)年4月1日

  • 02:58.47
    2014年10月07日
    ノーベル物理学賞受賞が決まった 赤崎勇 名城大終身教授

    スウェーデンの王立科学アカデミーは7日、2014年のノーベル物理学賞を、省エネで長寿命の次世代照明に使われる青色発光ダイオード(LED)を開発した赤崎勇(あかさき・いさむ)・名城大終身教授(85)、天野浩(あまの・ひろし)・名古屋大教授(54)、中村修二(なかむら・しゅうじ)・米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授(60)の3人に授与すると発表した。LEDは1960年代に赤や緑が開発されたが、光の三原色のうち青は難航した。名古屋大教授だった赤崎氏は89年、窒化ガリウムの結晶を作り、世界で初めて青色LEDを実現した。中村氏は日亜化学工業(徳島県)で、窒化ガリウムによる非常に明るい青色LEDを独力で作った。<映像内容>ノーベル物理学賞受賞が決まった赤崎勇名城大終身教授の会見の様子、撮影日:2014(平成26)年10月7日、撮影場所:名古屋市

    撮影: 2014(平成26)年10月7日

  • 03:09.18
    2014年09月29日
    50年前の感動を再現 東京五輪と新幹線の特別展

    1964年の東京オリンピック開催と新幹線開業から50年を記念する展覧会が29日、東京都内で始まった。<映像内容>「東京オリンピックと新幹線」の様子、撮影日:2014(平成26)年9月29日、撮影場所:東京都内

    撮影: 2014(平成26)年9月29日

  • 02:42.79
    2014年05月31日
    聖地、56年の歴史に幕 国立競技場最後のイベント

    2020年東京オリンピック・パラリンピックなどに向けて解体、改築される国立競技場で31日、最後のお別れイベントが行われた。<映像内容>サッカーレジェンドマッチの様子、ブルーインパルスによるアクロバット飛行、ラモス瑠偉さん中山雅史さんのコメント、ラグビーレジェンドマッチの様子、聖火点灯など、撮影日:2014(平成26)年5月31日、撮影場所:国立競技場

    撮影: 2014(平成26)年5月31日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:55.78
    2014年05月27日
    袴田さん45年ぶりに帰郷 浜松市の病院に転院

    静岡地裁の再審開始決定を受け、釈放された元プロボクサー袴田巌さん(78)が27日、入院していた東京都東村山市内の病院を出発し、転院先の病院がある故郷・浜松市に到着した。袴田さんが静岡県に戻るのは1968年10月に東京拘置所に移送されて以来45年ぶり。<映像内容>JR東京駅に到着した袴田巌さん、浜松市で行われた記者会見の様子など、撮影日:2014(平成26)年5月27日、撮影場所:静岡県浜松市

    撮影: 2014(平成26)年5月27日

  • 01:28.82
    2014年05月15日
    ポールさんにファン大歓声 48年ぶり武道館公演で来日

    元ビートルズのポール・マッカートニーさん(71)が15日夕、48年ぶりとなる日本武道館公演などのため来日し、羽田空港で約400人のファンが出迎えた。来日は昨年11月以来で、ビートルズ時代も含め6回目。午後6時ごろ、自らの音楽ビデオに登場するロボットと一緒に到着ロビーに。日の丸をデザインしたTシャツに黒のジャケット姿。ファンから悲鳴のような歓声が上がると立ち止まって手を振り、ベースギターを弾くようなしぐさで応えた。ビートルズとして初来日した1966年以来となる日本武道館での公演は21日。東京・国立競技場や大阪のヤンマースタジアム長居でも公演する。<映像内容>羽田空港に到着し、出迎えたファンに手を振るポール・マッカートニーさん、羽田空港でファンとハイタッチを交わすポール・マッカートニーさん、撮影日:2014(平成26)年5月15日、撮影場所:羽田空港

    撮影: 2014(平成26)年5月15日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:58.04
    2014年03月27日
    袴田事件の再審開始決定

    1966年6月に静岡県清水市(現静岡市清水区)で一家4人を殺害したとして、80年に死刑が確定した元プロボクサー袴田巌(はかまだ・いわお)元被告(78)=東京拘置所収監中=の第2次再審請求審で、静岡地裁は27日、裁判のやり直しを認める決定をするとともに、死刑の執行と拘置を停止した。<映像内容>静岡地裁前に集まった支援者ら、「再審開始」の垂れ幕を掲げる弁護士 姉秀子さんのコメント、撮影日:2014(平成26)年3月27日、撮影場所:静岡地裁前

    撮影: 2014(平成26)年3月27日

  • 01:08.63
    2014年02月13日
    高畑勲さんが死去 アニメ映画監督 生前の映像

    「火垂(ほた)るの墓」や「アルプスの少女ハイジ」など数々の名作を手掛けたアニメーション映画監督の高畑勲(たかはた・いさお)さんが5日午前1時19分、肺がんのため東京都内の病院で死去した。82歳。三重県出身。葬儀・告別式は近親者で行う。お別れの会を5月15日に開く予定。東大仏文科卒業後、東映動画に入社。1968年に「太陽の王子 ホルスの大冒険」で劇場用長編アニメを初監督した。70年代に「アルプスの少女ハイジ」「母をたずねて三千里」などのテレビシリーズをみずみずしい感性で演出し、日本アニメの礎を築いた。<映像内容>川崎市で2014年2月13日に行われた毎日映画コンクール表彰式の際の高畑監督の生前の映像、撮影日:2014(平成26)年2月13日、撮影場所:東京都内

    撮影: 2014(平成26)年2月13日

  • 02:00.48
    2013年09月07日
    2020年五輪、東京決定 56年ぶり2度目の開催

    国際オリンピック委員会(IOC)は、日本時間8日早朝にブエノスアイレスで開いた総会で、2020年の第32回夏季オリンピック大会の開催都市に東京を選んだ。1964年の第18回大会以来56年ぶり。72年札幌、98年長野の冬季大会を含めると日本では4度目。都内では招致決定を見守るイベントが開かれ、市民や招致関係者らが喜びを爆発させた。<映像内容>東商ホール、駒沢公園で行われたパブリックビューイングの様子、撮影日:2013(平成25)年9月7日、撮影場所:東商ホール、駒沢公園

    撮影: 2013(平成25)年9月7日

  • 01:10.67
    2007年08月18日
    川喜田半泥子の土地寄付へ 孫らが津市に申し出2

    「東の魯山人、西の半泥子」と称され、陶芸家として有名な川喜田半泥子(本名・久太夫)、1878―1963年)の孫らが、半泥子が暮らした洋館などを含む計約5万2900平方メートルもの土地の寄付を津市に申し出た。市は公園などとして活用する方向で検討している。対象となるのは津市垂水にある「千歳山」の土地と敷地内のアトリエなどで、ナゴヤドームの建築面積(約4万8000平方メートル)より広く大部分が森林<映像内容>石水博物館が入るビル外観、博物館内部、半泥子所有の敷地、門、「千歳山」への入り口付近、撮影日:2007(平成19)年8月18日、撮影場所:三重県津市

    撮影: 2007(平成19)年8月18日

  • 00:56.49
    2007年08月15日
    空撮 川喜田半泥子の土地寄付へ 孫らが津市に申し出

    「東の魯山人、西の半泥子」と称され、陶芸家として有名な川喜田半泥子(本名・久太夫)、1878―1963年)の孫らが、半泥子が暮らした洋館などを含む計約5万2900平方メートルもの土地の寄付を津市に申し出た。市は公園などとして活用する方向で検討している。対象となるのは津市垂水にある「千歳山」の土地と敷地内のアトリエなどで、ナゴヤドームの建築面積(約4万8000平方メートル)より広く大部分が森林<映像内容>千歳山、周辺、空撮、撮影日:2007(平成19)年8月15日、撮影場所:三重県津市垂水の千歳山

    撮影: 2007(平成19)年8月15日

  • 02:50.20
    2007年06月06日
    サクランボの里をSL運行 山形で試運転

    山形県のJR左沢線で今月9、10の両日、C11形蒸気機関車(SL)の「SLさくらんぼ号」が運行されるのを前に、沿線の自治体関係者などを対象にした体験乗車会が6日、行われた。左沢線は、沿線に山形特産のサクランボや、プラムなどの産地が多く、「フルーツライン」との愛称がある。今回はサクランボが収穫シーズンを迎えるのに合わせて企画。1960年代後半から70年代にかけて約5年間、左沢線を走っていたC11形の同型機を真岡鉄道(栃木県真岡市)から借りて1日1往復運行させる<映像内容>ホームに停車するSL、運転室で準備する機関士たち、黒煙を出して出発するSL,鉄橋を渡る、田園地帯を走行する車窓、社内雑観、撮影日:2007(平成19)年6月6日、撮影場所:山形県

    撮影: 2007(平成19)年6月6日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:37.12
    2007年02月24日
    空撮 Rレーガンが日本初寄港 米原子力空母、佐世保に

    最新型の米原子力空母ロナルド・レーガン(102,000トン、約5000人乗り組み)が24日午前、米海軍の基地がある長崎県の佐世保港に入港した。同艦は日本初寄港。乗組員の休養や物資の補給などが目的で、28日午後に出港する予定。原子力空母の佐世保寄港は1968年1月のエンタープライズ以来、通算8隻目。地元の労働団体が漁船約20隻で海上デモをし、停泊地に向かうレーガンに並んで航行しながら「来るな、米空母」と書いた横断幕を掲げ、寄港反対を訴えた<映像内容>戦闘攻撃機や警戒機を艦上に並べ寄港地へ向かうレーガン、空母を取り巻く寄港反対を訴える漁船団、空撮、撮影日:2007(平成19)年2月24日、撮影場所:長崎県の佐世保沖

    撮影: 2007(平成19)年2月24日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:57.14
    2007年01月04日
    名張事件元被告側が特別抗告

    三重県名張市で1961年に女性5人が死亡、12人が中毒症状になった名張毒ぶどう酒事件で、元被告の弁護団は4日、再審開始決定を取り消した名古屋高裁の異議審の決定を不服として、最高裁に特別抗告した。弁護団は申立書で、異議審の決定は「疑わしいときは被告人の利益に」という刑事裁判の原則を再審にも適用した最高裁白鳥決定に反した証拠認定を数多く行ったと主張<映像内容>支援者の声援を受け 名古屋高裁入りする弁護団、最高裁への特別抗告について話す鈴木泉弁護団長、名古屋高裁外観、撮影日:2007(平成19)年1月4日、撮影場所:愛知県名古屋市中区・名古屋高等裁判所

    撮影: 2007(平成19)年1月4日

  • 02:59.04
    2006年11月29日
    空撮 キャピトル東急きょう閉館 ビートルズ宿泊の老舗

    東京・永田町の老舗ホテル、キャピトル東急ホテルが30日、43年の歴史に幕を下ろし閉館する。29階建ての複合ビルに建て替えるためで、2010年には高層階にテナントとして入り再オープンする予定。キャピトル東急は1963年に日本初の外資系ホテル「東京ヒルトンホテル」として開業。英国の人気ロックグループ「ザ・ビートルズ」が66年の初来日時に泊まったほか、イタリアのオペラ歌手、ルチアーノ・パバロッティさんや米人気歌手のマイケル・ジャクソンさん、英国のロックギタリストのエリック・クラプトンさんらも宿泊した<映像内容>30日に閉館するキャピトル東急ホテル、東に国会議事堂、南に山王パークタワー、空撮、撮影日:2006(平成18)年11月29日、撮影場所:東京都千代田区永田町

    撮影: 2006(平成18)年11月29日

  • 00:45.14
    2006年08月30日
    資料映像 山本寛斎さん死去 2006年の記者会見

    国際的なファッションデザイナーでイベントプロデューサーとしても活躍した山本寛斎さんが27日、急性骨髄性白血病のため死去した。歳。横浜市出身。葬儀は親族で行った。 デザイナーのコシノジュンコさんに師事し、1967年、若手の登竜門「装苑賞」受賞。71年にロンドンで日本人として初めてファッションショーを開催。歌舞伎に着想を得たデザインや演出で日本の美を表現し大好評を得た。 74年からパリ・コレクション、79年からニューヨーク・コレクションにも参加、東京でも発表を続けた。英国のロック歌手デビッド・ボウイさんらの衣装も手掛けた。 ベトナムやインドでもイベントを開く一方、国内でも2005年の愛知万博など、多くのイベントに携わった。 <映像内容>2006年「KANSAI SUPER SHOW『太陽の船』」制作発表記者会見での山本寛斎さん。※無音です、撮影日:2006(平成18)年8月30日、撮影場所:東京都

    撮影: 2006(平成18)年8月30日

  • 03:00.11
    1969年12月31日
    ちびっこ座禅

    キーワード:寺院、子供、座禅、坊主、警策、ボール遊び=製作年:1969(昭和44)年12月、場所不明、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    撮影: 製作年:1969

  • 01:50.34
    1969年12月31日
    水中パラシュート実験

    キーワード:船、作業員、パラシュートの入水、パラシュート=製作年:1969(昭和44)年12月、場所不明、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    撮影: 製作年:1969

  • 02:42.62
    1969年12月31日
    世界ダンス選手権

    キーワード:会場、審査員、入場、観客、ダンス、子供、演奏、表彰式、世界プロ舞踏競技選手権大会、世界プロダンス選手権大会、日本武道館、皇室、三笠宮家、三笠宮崇仁親王、三笠宮妃百合子=製作年:1969(昭和44)年12月、東京都内、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    撮影: 製作年:1969

  • 03:29.34
    1969年12月31日
    総選挙

    キーワード:第32回衆議院議員総選挙、「沖縄解散」、「師走選挙」、衆院選、佐藤栄作選挙演説、聴衆、選挙演説風景、議員、選挙カー、東京タワー、テレビ、政見放送、投票風景、開票風景、ニュース撮影風景、NHK、アナウンサー、自民党本部、自由民主党、達磨、万歳、佐藤栄作、佐藤寛子、投票、開票、当選=製作年:1969(昭和44)年12月、東京都内、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    撮影: 製作年:1969

  • 04:09.98
    1969年11月30日
    佐藤・ニクソン会談

    キーワード:佐藤栄作、ニクソン大統領、ニクソン米大統領、リチャード・ニクソン、日米首脳会談、沖縄核密約、首里城守礼門、沖縄風景、外貨交換看板、沖縄返還、演説風景、佐藤寛子、リチャード・ミルハウス・ニクソン、米ホワイトハウスのオーバル・ルーム、会談、飛行機、琉球銀行=製作年:1969(昭和44)年11月12月頃、沖縄県、米ニューヨーク、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    撮影: 製作年:1969

  • 02:23.57
    1969年11月30日
    双胴船カーフェリー

    キーワード:双胴船、トラック、下船風景、船員、船内、カフェ、海、六甲丸=製作年:1969(昭和44)年11月、場所不明、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    撮影: 製作年:1969

  • 02:17.40
    1969年11月30日
    おもちゃショー

    キーワード:シンバルのサル、機関車、歯車、フランス人形、動物の人形、子供、ドラム、クッキングおもちゃ、日本人形、おもちゃショー、ぬいぐるみ、ロケット、ママレンジ、アサヒ玩具=製作年:1969(昭和44)年11月、場所不明、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    撮影: 製作年:1969

  • 02:33.98
    1969年06月30日
    東名高速道路が全面開通

    キーワード:テープカット、演奏、道路、富士山、高速道路風景、東名高速道路、トンネル=製作年:1969(昭和44)年6月、静岡県御殿場市の足柄サービスエリア、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

  • 01:42.73
    1968年12月31日
    外国人の陶芸教室

    キーワード:伝統芸術、ロクロ、焼き物、陶芸、陶器、焼き物=製作年:1968(昭和43)年12月、場所不明、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    撮影: 製作年:1968

  • 02:09.26
    1968年12月31日
    世界最大級高炉

    キーワード:製鉄所、空撮、港、プラント、溶鉱炉=製作年:1968(昭和43)年12月、場所不明、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    撮影: 製作年:1968

  • 02:26.17
    1968年12月31日
    農薬研究施設

    キーワード:農業試験場、農作物、実験、科学技術、生産効率、研究施設=製作年:1968(昭和43)年12月、場所不明、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    撮影: 製作年:1968

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6