KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • カメ
  • シート
  • フォン
  • ラバ
  • 一分銀
  • 二分金
  • 令和
  • 価値
  • 保管
  • 切手

「1分銀」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
2
( 1 2 件を表示)
  • 1
2
( 1 2 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1978年03月13日
    時価千万円の“埋蔵金”

    土中から見つかった“埋蔵金”。群馬県佐和郡玉村町の宅地の土中から江戸時代末期のものとみられる時価千万円の“埋蔵金”がみつかった。素焼きのカメの中には「二分金」「一分銀」など4種類の古銭が計3216枚。時価千万円以上の価値があるとか

    商品コード: 2015042200262

  • 2020年05月11日
    近代中国の郵便事業の歴史を伝える天津郵政博物館

    11日、大竜郵票1分銀のシート。中国天津市にある天津郵政博物館は、国内に唯一現存する清代の郵便局の建物を利用している。中国の近代郵便事業の誕生と発展を見つめてきた歴史の証人ともいえる。同館の収蔵品は現在2千点余り。2千年以上にわたる馬車などのわだちが深く刻まれた秦漢時代の古駅道(官製道路)の「車轍石」や清代の切手「大竜郵票」、大竜郵票が張られた配達済み封筒(エンタイア)、清朝末期の天津で清政府の官員を務めたドイツ系英国人グスタフ・フォン・デトリングが家族と交わした書簡のエンタイア、中華民国初期に天津から内陸部に向け設置された世界最長の陸上郵便路「万里郵路」で使われたラバ車など、貴重な文化財800点余りが保管されている。同館は2010年10月9日に開館して以降、充実した歴史・文化の展示と東西の様式を調和した建築芸術の成果により、「万国建築博覧会」と称される天津の洋風建築の中で独特の地位を確立している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051502187

  • 1