KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • コンピュータグラフィックス
  • ディスプレイ
  • 一種
  • 中国
  • 中期
  • 初期
  • 副葬品
  • 命名
  • 平成
  • 技術

「3次元コンピュータグラフィックス」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
1
( 1 1 件を表示)
  • 1
1
( 1 1 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年11月15日
    後漢の家族墓地で副葬品「金のなる木」が発見四川省成都

    15日、3DCG(3次元コンピュータグラフィックス)技術を利用して作成した同墓地の画像をディスプレイに表示する考古学者。中国四川省の成都文物考古研究院は15日、同研究院が今年10月に成都市成華区で発掘した後漢(25年~220年)初期~中期の墓4基のうちの1基から、副葬品の「金のなる木」が見つかったと発表した。「金のなる木」は後漢時代に流行した副葬品の一種で、円形で、真ん中に四角い穴が開いた銅銭が大量に飾り付けられていたことから、こう命名された。(成都=新華社記者/劉坤)=2018(平成30)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112009690

  • 1