KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 内容
  • 地震
  • 場所
  • 映像
  • 様子
  • 平成
  • 東日本大震災
  • 発生
  • 警察
  • 踏切

「JR東日本仙台支社」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
10
( 1 10 件を表示)
  • 1
10
( 1 10 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2000年01月06日
    見つかった部品のすり板 別のパンタグラフ部品発見

    走行中の東北新幹線の車両から脱落し、トンネル内で見つかったパンタグラフ部品の「すり板」=6日午前、JR東日本仙台支社

    商品コード: 2000010600039

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2000年01月07日
    運輸部長が記者会見 東北新幹線パンタ事故

    パンタグラフ脱落事故の原因について説明するJR東日本仙台支社の大信田尚樹運輸部長=7日午後

    商品コード: 2000010700114

  • 「秋休み特別企画」パンフ 小中学生がターゲット
    2002年10月04日
    「秋休み特別企画」パンフ 小中学生がターゲット

    「秋休み特別企画」と銘打ったJR東日本仙台支社のツアー案内パンフレット

    商品コード: 2002100400071

  • 断裂したレール 東北線でレール1センチ断裂
    2005年12月09日
    断裂したレール 東北線でレール1センチ断裂

    JR東北線南仙台駅で見つかった、断裂して約1センチのすき間ができたレール=9日午後、仙台市のJR東日本仙台支社

    商品コード: 2005120900227

  • 握手する平野投手 西武が平野に指名あいさつ
    2007年11月28日
    握手する平野投手 西武が平野に指名あいさつ

    西武の鈴木葉留彦編成部部長(右)と握手する平野将光投手=28日午後、JR東日本仙台支社

    商品コード: 2007112800117

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年08月09日
    草覆う踏切と留置の電車 仙石線復旧のめど立たず

    宮城県東松島市のJR仙石線野蒜―陸前小野間に留め置かれたままの電車。手前は夏草に覆われた踏切。3月11日、野蒜を出発後、地震で緊急停止。高台の勾配区間だったため乗客乗員とも津波被害を免れた。その後、平らな現在の場所に移動。JR東日本仙台支社によると野蒜―陸前小野間を含む仙石線高城町―矢本間の復旧のめどは立っていない=9日午後

    商品コード: 2011080900655

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    11:22.28
    2015年06月09日
    震災念頭に大規模訓練 体験生かしJR東日本

    JR東日本は9日、震災発生を念頭に、初動の確認や乗客の救出体制強化を目的とした大規模訓練を、宮城県多賀城市の施設で行った。JR東日本仙台支社や宮城県警、地元消防の職員ら合わせて約220人が参加した。訓練は雨の中、地震で2両編成の列車が脱線したとの想定で開始。乗務員が指令センターと連絡を取って列車を止め、乗客役の職員を避難誘導した。また、ことしは初めて、踏切で立ち往生した自動車に実際に別の列車を衝突させ、消防や警察がけが人を救出する際の連携を確認した。〈映像内容〉職員による避難誘導、消防や警察がけが人を救出する様子、訓練の雑観など、撮影日:2015(平成27)年6月9日、撮影場所:宮城県多賀城市

    商品コード: 2019030600178

  • 意見交換するJR社員 東北、北陸の往来増加を
    2015年11月11日
    意見交換するJR社員 東北、北陸の往来増加を

    意見交換するJR東日本仙台支社とJR西日本金沢支社の社員=11日午後、金沢市

    商品コード: 2015111100973

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:49.76
    2016年03月11日
    宮城県・女川市 JR石巻線 津波訓練

    関連死を含め2万1千人を超える犠牲者を出した東日本大震災は11日、発生から5年を迎えた。宮城県女川町のJR石巻線浦宿駅ではJRが津波対策の訓練を行った。〈映像内容〉女川町のJR石巻線浦宿駅で行われたJRの津波対策訓練の様子。JR東日本仙台支社、斎藤俊樹(さいとう・としき)総務部長の囲み取材など。

    商品コード: 2017090201265

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:04.23
    2018年11月27日
    新幹線から乗客救出訓練 大規模災害想定しJR東など

    廃車になった新幹線車両を使い、電車内に取り残された乗客の救出を想定した訓練を27日、JR東日本仙台支社が宮城県利府町の車両センターで行った。宮城、福島、山形の3県警や仙台市消防などを含め計110名が参加した。地震や土砂崩れなど大規模災害にあった時、JR東が警察と消防と連携し対応すると仮定。参加者は廃車になる車両の窓のガラスをハンマーなどで割ったり、車両壁面をエンジンカッターなどで切ったりした。爆発物を想定した訓練も行った。新幹線の上に泥酔者がいると仮定した救助訓練や、ホームから落下して新幹線の下敷きになった人の救出訓練なども行われた。〈映像内容〉訓練開始前の訓示、訓練の様子、撮影日:2018(平成30)年11月27日、撮影場所:宮城県利府町

    商品コード: 2018112810452

  • 1