KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 場所
  • まだら
  • 価値
  • 保存状態
  • 全国
  • 具体
  • 内側
  • 判断
  • 北京

「M字」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
32
( 1 32 件を表示)
  • 1
32
( 1 32 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  Glass cinerary urn with lid, Imperial, Flavian or Trajanic, 1stearly 2nd century A.D.
    -
    Glass cinerary urn with lid, Imperial, Flavian or Trajanic, 1stearly 2nd century A.D.

    Glass cinerary urn with lid, Imperial, Flavian or Trajanic, 1stearly 2nd century A.D., Roman, Glass; blown, H.: 13 1/2 in. (34.3 cm), Glass, Urn: Translucent blue green; handles in same color. Everted tubular rim, folded over and in, and smoothed into side of mouth; funnel-shaped neck; ovoid body; splayed hollow foot; almost flat bottom; two vertical, arched M-shaped handles, attached on opposite sides of upper body, each made of a thick trail, applied as a large circular pad, drawn across body from left to right, and trailed off back along top of handle.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022042309878

  •  Glass cinerary urn with lid, Imperial, mid-1st2nd century A.D.,
    -
    Glass cinerary urn with lid, Imperial, mid-1st2nd century A.D.,

    Glass cinerary urn with lid, Imperial, mid-1st2nd century A.D., Roman, Glass; blown, H.: 12 13/16 in. (32.6 cm), Glass, Urn: Translucent blue green; handles in same color. Everted rim, folded over and in, and smoothed into side of mouth; funnel-shaped neck; ovoid body; splayed hollow foot; almost flat bottom; two vertical, arched M-shaped handles, attached on opposite sides of upper body, each made of a thick trail, applied as a large circular pad, drawn across body from left to right, and trailed off back along top of handle.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022050703482

  • エムウエーブ 夢膨らませる子供たち
    1997年02月05日
    エムウエーブ 夢膨らませる子供たち

    休日は大勢の若者や家族連れでにぎわうスピードスケート会場のエムウエーブ。昨年11月に完成した世界でも最大級のインドアスケート施設、地元のカラマツで造られたM字形のつり屋根が特徴的だ=長野市北長池

    商品コード: 1997020500038

  • 「一心行の大桜」 M字形の大桜に花見客
    2005年04月15日
    「一心行の大桜」 M字形の大桜に花見客

    昨年の台風で樹形が変わっても花見客でにぎわう「一心行の大桜」=15日午後、熊本県南阿蘇村

    商品コード: 2005041500140

  •  M字形屋根、工事が進行中
    2019年02月07日
    M字形屋根、工事が進行中

    東京メトロ銀座線渋谷駅の改良工事

    商品コード: 2019020700010

  •  M字形屋根、工事が進行中
    2019年02月07日
    M字形屋根、工事が進行中

    東京メトロ銀座線渋谷駅の改良工事

    商品コード: 2019020700011

  •  M字形屋根、工事が進行中
    2019年02月07日
    M字形屋根、工事が進行中

    東京メトロ銀座線渋谷駅の改良工事

    商品コード: 2019020700012

  •  M字形屋根、工事が進行中
    2019年02月07日
    M字形屋根、工事が進行中

    東京メトロ銀座線渋谷駅の改良工事

    商品コード: 2019020700013

  • M字形の屋根 M字形屋根、工事が進行中
    2019年02月07日
    M字形の屋根 M字形屋根、工事が進行中

    報道関係者に公開された東京メトロ銀座線渋谷駅のM字形の屋根の設置作業=7日未明(魚眼レンズ使用)

    商品コード: 2019020700029

  •  M字形屋根、工事が進行中
    2019年02月07日
    M字形屋根、工事が進行中

    商品コード: 2019020700038-2

  •  M字形屋根、工事が進行中
    2019年02月07日
    M字形屋根、工事が進行中

    商品コード: 2019020700038-3

  •  M字形屋根、工事が進行中
    2019年02月07日
    M字形屋根、工事が進行中

    商品コード: 2019020700038-4

  •  M字形屋根、工事が進行中
    2019年02月07日
    M字形屋根、工事が進行中

    商品コード: 2019020700038-6

  •  M字形屋根、工事が進行中
    2019年02月07日
    M字形屋根、工事が進行中

    商品コード: 2019020700038-1

  •  M字形屋根、工事が進行中
    2019年02月07日
    M字形屋根、工事が進行中

    商品コード: 2019020700038-5

  • M字形屋根 M字形屋根、工事が進行中
    2019年02月07日
    M字形屋根 M字形屋根、工事が進行中

    報道関係者に公開された東京メトロ銀座線渋谷駅のM字形の屋根の設置作業=7日未明

    商品コード: 2019020700038

  •  渋谷駅大改造で銀座線運休 年末年始、160万影響
    01:27.48
    2019年12月28日
    渋谷駅大改造で銀座線運休 年末年始、160万影響

    東京メトロ銀座線は来年1月2日までの6日間連続で、渋谷駅のホーム移設と線路切り替え工事が大詰めを迎えるため、一部区間が終日運休する。約160万人に影響する見通し。渋谷駅は、ホームが現在の場所から東に約130メートル移動し、1月3日始発からM字形の屋根がシンボルマークとなる新駅舎で運転を始める予定だ。28日午前には、M字形の屋根の開口部から資材を出し入れする工事の様子が報道関係者に公開された。<映像内容>工事現場の様子(モニターを通した様子、屋外からの様子)、東京メトロ担当者の囲み、撮影日:2019(令和元)年12月28日、撮影場所:東京都渋谷区

    商品コード: 2020010701498

  • 新駅ホームを歩く利用客 銀座線渋谷駅リニューアル
    2020年01月03日
    新駅ホームを歩く利用客 銀座線渋谷駅リニューアル

    移設工事が終わり、リニューアルオープンした東京メトロ銀座線渋谷駅。M字形の屋根が特徴で、ホーム幅が大幅に広がった=3日早朝、東京都渋谷区

    商品コード: 2020010300005

  • M字形の屋根のホーム 銀座線渋谷駅リニューアル
    2020年01月03日
    M字形の屋根のホーム 銀座線渋谷駅リニューアル

    移設工事が終わり、リニューアルオープンした東京メトロ銀座線渋谷駅。M字形の屋根が特徴で、ホーム幅が大幅に広がった=3日早朝、東京都渋谷区

    商品コード: 2020010300006

  •  News - May 2, 2022
    2022年05月02日
    News - May 2, 2022

    May 2, 2022, Albuquerque, NEW MEXICO, USA: Roberto E. Rosales.Pictured is an Osprey perched on a tree near the Rio Grande on an afternoon in May. Ospreys are very large, distinctively shaped hawks. Despite their size, their bodies are slender, with long, narrow wings and long legs. Ospreys fly with a marked kink in their wings, making an M-shape when seen from below. Ospreys search for fish by flying on steady wingbeats and bowed wings or circling high in the sky over relatively shallow water. They often hover briefly before diving, feet first, to grab a fish. You can often clearly see an Osprey‘s catch in its talons as the bird carries it back to a nest or perch..Albuquerque, New Mexico/Roberto E. Rosales/Albuquerque Journal. (Credit Image: © Roberto E. Rosales/Albuquerque Journal via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Roberto E. Rosales/Albuquerque Journal via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052208543

  •  (6)前漢時代の社会や生活を映し出す彩絵銅鏡陝西省西安市
    2023年11月23日
    (6)前漢時代の社会や生活を映し出す彩絵銅鏡陝西省西安市

    彩絵人物車馬鏡の図案の一部「謁見(えっけん)」のスケッチ。(資料写真)中国古代の化粧道具、銅鏡は重要な芸術的・科学的価値を持ち、中でも彩絵銅鏡は貴重とされる。1963年に陝西省西安市紅廟坡村で出土した前漢時代の彩絵人物車馬鏡は、2千年以上の時を経てもなお、鮮やかな色彩と比類ない精妙な美しさを保っており、古代中国の代表的な彩絵銅鏡の一つとして、国家文物局の「第3次海外持ち出し展示禁止文化財目録」に選ばれた。現在、西安博物院に収蔵されているこの彩絵人物車馬鏡は、直径28センチの連弧文平縁三弦鈕円形銅鏡で、17人の人物が描かれており、人の間には樹木や草地、野生動物なども見られる。いずれの図案も彩色画のまま残っているのは特に貴重で、非常に珍しいものとなっている。これは、古代の絵師が酸化しにくい鉱物顔料を使用していたことが幸いとなった。銅鏡の細工は緻密で、連弧文の内側と2本の広い弦文の側縁には非常に精緻な菱形文様が施され、菱形の間は朱色のM字型の折れ線で埋められている。絵画技法は熟練しており、人や車馬などが生き生きと表現されている。この銅鏡は実用品である以上に優れた芸術品であり、前漢時代の社会生活を研究するのに役立つ実物資料でもある。西安博物院業務研究部(編集部)の王璐(おう・ろ)助理館員は「彩絵銅鏡の背面の塗料は剥がれやすく残りにくいため、過去に出土した彩絵銅鏡の多くは、出土時にはすでに図案がまだらで不鮮明になっており、剥がれてほとんど消えているものさえあった。この彩絵人物車馬鏡は、色彩の保存状態が良好で、図案もはっきりしており、これほどのものは全国でも数えるほどしかない。保存条件が高いため、特別展のみで、常設展には展示されない」と説明する。考古学者らは、銅鏡が出土した場所や地層、銅鏡の材質や造形、装飾文様と図案、絵の題材、絵画技法などから、この銅鏡は前漢時代のものと判断している。専門家らは各地の関連考古学資料を参考に、所有者は前漢時代の権勢を誇った高官だったとみているが、具体的な人物はまだ特定されていない。(北京=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023112306907

  •  (10)前漢時代の社会や生活を映し出す彩絵銅鏡陝西省西安市
    2023年11月23日
    (10)前漢時代の社会や生活を映し出す彩絵銅鏡陝西省西安市

    彩絵人物車馬鏡の図案の一部「宴会」のスケッチ。(資料写真)中国古代の化粧道具、銅鏡は重要な芸術的・科学的価値を持ち、中でも彩絵銅鏡は貴重とされる。1963年に陝西省西安市紅廟坡村で出土した前漢時代の彩絵人物車馬鏡は、2千年以上の時を経てもなお、鮮やかな色彩と比類ない精妙な美しさを保っており、古代中国の代表的な彩絵銅鏡の一つとして、国家文物局の「第3次海外持ち出し展示禁止文化財目録」に選ばれた。現在、西安博物院に収蔵されているこの彩絵人物車馬鏡は、直径28センチの連弧文平縁三弦鈕円形銅鏡で、17人の人物が描かれており、人の間には樹木や草地、野生動物なども見られる。いずれの図案も彩色画のまま残っているのは特に貴重で、非常に珍しいものとなっている。これは、古代の絵師が酸化しにくい鉱物顔料を使用していたことが幸いとなった。銅鏡の細工は緻密で、連弧文の内側と2本の広い弦文の側縁には非常に精緻な菱形文様が施され、菱形の間は朱色のM字型の折れ線で埋められている。絵画技法は熟練しており、人や車馬などが生き生きと表現されている。この銅鏡は実用品である以上に優れた芸術品であり、前漢時代の社会生活を研究するのに役立つ実物資料でもある。西安博物院業務研究部(編集部)の王璐(おう・ろ)助理館員は「彩絵銅鏡の背面の塗料は剥がれやすく残りにくいため、過去に出土した彩絵銅鏡の多くは、出土時にはすでに図案がまだらで不鮮明になっており、剥がれてほとんど消えているものさえあった。この彩絵人物車馬鏡は、色彩の保存状態が良好で、図案もはっきりしており、これほどのものは全国でも数えるほどしかない。保存条件が高いため、特別展のみで、常設展には展示されない」と説明する。考古学者らは、銅鏡が出土した場所や地層、銅鏡の材質や造形、装飾文様と図案、絵の題材、絵画技法などから、この銅鏡は前漢時代のものと判断している。専門家らは各地の関連考古学資料を参考に、所有者は前漢時代の権勢を誇った高官だったとみているが、具体的な人物はまだ特定されていない。(北京=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023112306909

  •  (12)前漢時代の社会や生活を映し出す彩絵銅鏡陝西省西安市
    2023年11月23日
    (12)前漢時代の社会や生活を映し出す彩絵銅鏡陝西省西安市

    前漢時代の彩絵人物車馬鏡。(8月25日撮影)中国古代の化粧道具、銅鏡は重要な芸術的・科学的価値を持ち、中でも彩絵銅鏡は貴重とされる。1963年に陝西省西安市紅廟坡村で出土した前漢時代の彩絵人物車馬鏡は、2千年以上の時を経てもなお、鮮やかな色彩と比類ない精妙な美しさを保っており、古代中国の代表的な彩絵銅鏡の一つとして、国家文物局の「第3次海外持ち出し展示禁止文化財目録」に選ばれた。現在、西安博物院に収蔵されているこの彩絵人物車馬鏡は、直径28センチの連弧文平縁三弦鈕円形銅鏡で、17人の人物が描かれており、人の間には樹木や草地、野生動物なども見られる。いずれの図案も彩色画のまま残っているのは特に貴重で、非常に珍しいものとなっている。これは、古代の絵師が酸化しにくい鉱物顔料を使用していたことが幸いとなった。銅鏡の細工は緻密で、連弧文の内側と2本の広い弦文の側縁には非常に精緻な菱形文様が施され、菱形の間は朱色のM字型の折れ線で埋められている。絵画技法は熟練しており、人や車馬などが生き生きと表現されている。この銅鏡は実用品である以上に優れた芸術品であり、前漢時代の社会生活を研究するのに役立つ実物資料でもある。西安博物院業務研究部(編集部)の王璐(おう・ろ)助理館員は「彩絵銅鏡の背面の塗料は剥がれやすく残りにくいため、過去に出土した彩絵銅鏡の多くは、出土時にはすでに図案がまだらで不鮮明になっており、剥がれてほとんど消えているものさえあった。この彩絵人物車馬鏡は、色彩の保存状態が良好で、図案もはっきりしており、これほどのものは全国でも数えるほどしかない。保存条件が高いため、特別展のみで、常設展には展示されない」と説明する。考古学者らは、銅鏡が出土した場所や地層、銅鏡の材質や造形、装飾文様と図案、絵の題材、絵画技法などから、この銅鏡は前漢時代のものと判断している。専門家らは各地の関連考古学資料を参考に、所有者は前漢時代の権勢を誇った高官だったとみているが、具体的な人物はまだ特定されていない。(北京=新華社記者/王毓国)= 配信日: 2023(令和5)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023112306915

  •  (7)前漢時代の社会や生活を映し出す彩絵銅鏡陝西省西安市
    2023年11月23日
    (7)前漢時代の社会や生活を映し出す彩絵銅鏡陝西省西安市

    彩絵人物車馬鏡の図案の一部「狩猟」。(8月25日撮影)中国古代の化粧道具、銅鏡は重要な芸術的・科学的価値を持ち、中でも彩絵銅鏡は貴重とされる。1963年に陝西省西安市紅廟坡村で出土した前漢時代の彩絵人物車馬鏡は、2千年以上の時を経てもなお、鮮やかな色彩と比類ない精妙な美しさを保っており、古代中国の代表的な彩絵銅鏡の一つとして、国家文物局の「第3次海外持ち出し展示禁止文化財目録」に選ばれた。現在、西安博物院に収蔵されているこの彩絵人物車馬鏡は、直径28センチの連弧文平縁三弦鈕円形銅鏡で、17人の人物が描かれており、人の間には樹木や草地、野生動物なども見られる。いずれの図案も彩色画のまま残っているのは特に貴重で、非常に珍しいものとなっている。これは、古代の絵師が酸化しにくい鉱物顔料を使用していたことが幸いとなった。銅鏡の細工は緻密で、連弧文の内側と2本の広い弦文の側縁には非常に精緻な菱形文様が施され、菱形の間は朱色のM字型の折れ線で埋められている。絵画技法は熟練しており、人や車馬などが生き生きと表現されている。この銅鏡は実用品である以上に優れた芸術品であり、前漢時代の社会生活を研究するのに役立つ実物資料でもある。西安博物院業務研究部(編集部)の王璐(おう・ろ)助理館員は「彩絵銅鏡の背面の塗料は剥がれやすく残りにくいため、過去に出土した彩絵銅鏡の多くは、出土時にはすでに図案がまだらで不鮮明になっており、剥がれてほとんど消えているものさえあった。この彩絵人物車馬鏡は、色彩の保存状態が良好で、図案もはっきりしており、これほどのものは全国でも数えるほどしかない。保存条件が高いため、特別展のみで、常設展には展示されない」と説明する。考古学者らは、銅鏡が出土した場所や地層、銅鏡の材質や造形、装飾文様と図案、絵の題材、絵画技法などから、この銅鏡は前漢時代のものと判断している。専門家らは各地の関連考古学資料を参考に、所有者は前漢時代の権勢を誇った高官だったとみているが、具体的な人物はまだ特定されていない。(北京=新華社記者/李賀)= 配信日: 2023(令和5)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023112306914

  •  (8)前漢時代の社会や生活を映し出す彩絵銅鏡陝西省西安市
    2023年11月23日
    (8)前漢時代の社会や生活を映し出す彩絵銅鏡陝西省西安市

    彩絵人物車馬鏡の図案の一部「狩猟」のスケッチ。(資料写真)中国古代の化粧道具、銅鏡は重要な芸術的・科学的価値を持ち、中でも彩絵銅鏡は貴重とされる。1963年に陝西省西安市紅廟坡村で出土した前漢時代の彩絵人物車馬鏡は、2千年以上の時を経てもなお、鮮やかな色彩と比類ない精妙な美しさを保っており、古代中国の代表的な彩絵銅鏡の一つとして、国家文物局の「第3次海外持ち出し展示禁止文化財目録」に選ばれた。現在、西安博物院に収蔵されているこの彩絵人物車馬鏡は、直径28センチの連弧文平縁三弦鈕円形銅鏡で、17人の人物が描かれており、人の間には樹木や草地、野生動物なども見られる。いずれの図案も彩色画のまま残っているのは特に貴重で、非常に珍しいものとなっている。これは、古代の絵師が酸化しにくい鉱物顔料を使用していたことが幸いとなった。銅鏡の細工は緻密で、連弧文の内側と2本の広い弦文の側縁には非常に精緻な菱形文様が施され、菱形の間は朱色のM字型の折れ線で埋められている。絵画技法は熟練しており、人や車馬などが生き生きと表現されている。この銅鏡は実用品である以上に優れた芸術品であり、前漢時代の社会生活を研究するのに役立つ実物資料でもある。西安博物院業務研究部(編集部)の王璐(おう・ろ)助理館員は「彩絵銅鏡の背面の塗料は剥がれやすく残りにくいため、過去に出土した彩絵銅鏡の多くは、出土時にはすでに図案がまだらで不鮮明になっており、剥がれてほとんど消えているものさえあった。この彩絵人物車馬鏡は、色彩の保存状態が良好で、図案もはっきりしており、これほどのものは全国でも数えるほどしかない。保存条件が高いため、特別展のみで、常設展には展示されない」と説明する。考古学者らは、銅鏡が出土した場所や地層、銅鏡の材質や造形、装飾文様と図案、絵の題材、絵画技法などから、この銅鏡は前漢時代のものと判断している。専門家らは各地の関連考古学資料を参考に、所有者は前漢時代の権勢を誇った高官だったとみているが、具体的な人物はまだ特定されていない。(北京=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023112306912

  •  (4)前漢時代の社会や生活を映し出す彩絵銅鏡陝西省西安市
    2023年11月23日
    (4)前漢時代の社会や生活を映し出す彩絵銅鏡陝西省西安市

    彩絵人物車馬鏡の図案の一部「遠出」のスケッチ。(資料写真)中国古代の化粧道具、銅鏡は重要な芸術的・科学的価値を持ち、中でも彩絵銅鏡は貴重とされる。1963年に陝西省西安市紅廟坡村で出土した前漢時代の彩絵人物車馬鏡は、2千年以上の時を経てもなお、鮮やかな色彩と比類ない精妙な美しさを保っており、古代中国の代表的な彩絵銅鏡の一つとして、国家文物局の「第3次海外持ち出し展示禁止文化財目録」に選ばれた。現在、西安博物院に収蔵されているこの彩絵人物車馬鏡は、直径28センチの連弧文平縁三弦鈕円形銅鏡で、17人の人物が描かれており、人の間には樹木や草地、野生動物なども見られる。いずれの図案も彩色画のまま残っているのは特に貴重で、非常に珍しいものとなっている。これは、古代の絵師が酸化しにくい鉱物顔料を使用していたことが幸いとなった。銅鏡の細工は緻密で、連弧文の内側と2本の広い弦文の側縁には非常に精緻な菱形文様が施され、菱形の間は朱色のM字型の折れ線で埋められている。絵画技法は熟練しており、人や車馬などが生き生きと表現されている。この銅鏡は実用品である以上に優れた芸術品であり、前漢時代の社会生活を研究するのに役立つ実物資料でもある。西安博物院業務研究部(編集部)の王璐(おう・ろ)助理館員は「彩絵銅鏡の背面の塗料は剥がれやすく残りにくいため、過去に出土した彩絵銅鏡の多くは、出土時にはすでに図案がまだらで不鮮明になっており、剥がれてほとんど消えているものさえあった。この彩絵人物車馬鏡は、色彩の保存状態が良好で、図案もはっきりしており、これほどのものは全国でも数えるほどしかない。保存条件が高いため、特別展のみで、常設展には展示されない」と説明する。考古学者らは、銅鏡が出土した場所や地層、銅鏡の材質や造形、装飾文様と図案、絵の題材、絵画技法などから、この銅鏡は前漢時代のものと判断している。専門家らは各地の関連考古学資料を参考に、所有者は前漢時代の権勢を誇った高官だったとみているが、具体的な人物はまだ特定されていない。(北京=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023112306908

  •  (2)前漢時代の社会や生活を映し出す彩絵銅鏡陝西省西安市
    2023年11月23日
    (2)前漢時代の社会や生活を映し出す彩絵銅鏡陝西省西安市

    前漢時代の彩絵人物車馬鏡の図案スケッチ。(資料写真)中国古代の化粧道具、銅鏡は重要な芸術的・科学的価値を持ち、中でも彩絵銅鏡は貴重とされる。1963年に陝西省西安市紅廟坡村で出土した前漢時代の彩絵人物車馬鏡は、2千年以上の時を経てもなお、鮮やかな色彩と比類ない精妙な美しさを保っており、古代中国の代表的な彩絵銅鏡の一つとして、国家文物局の「第3次海外持ち出し展示禁止文化財目録」に選ばれた。現在、西安博物院に収蔵されているこの彩絵人物車馬鏡は、直径28センチの連弧文平縁三弦鈕円形銅鏡で、17人の人物が描かれており、人の間には樹木や草地、野生動物なども見られる。いずれの図案も彩色画のまま残っているのは特に貴重で、非常に珍しいものとなっている。これは、古代の絵師が酸化しにくい鉱物顔料を使用していたことが幸いとなった。銅鏡の細工は緻密で、連弧文の内側と2本の広い弦文の側縁には非常に精緻な菱形文様が施され、菱形の間は朱色のM字型の折れ線で埋められている。絵画技法は熟練しており、人や車馬などが生き生きと表現されている。この銅鏡は実用品である以上に優れた芸術品であり、前漢時代の社会生活を研究するのに役立つ実物資料でもある。西安博物院業務研究部(編集部)の王璐(おう・ろ)助理館員は「彩絵銅鏡の背面の塗料は剥がれやすく残りにくいため、過去に出土した彩絵銅鏡の多くは、出土時にはすでに図案がまだらで不鮮明になっており、剥がれてほとんど消えているものさえあった。この彩絵人物車馬鏡は、色彩の保存状態が良好で、図案もはっきりしており、これほどのものは全国でも数えるほどしかない。保存条件が高いため、特別展のみで、常設展には展示されない」と説明する。考古学者らは、銅鏡が出土した場所や地層、銅鏡の材質や造形、装飾文様と図案、絵の題材、絵画技法などから、この銅鏡は前漢時代のものと判断している。専門家らは各地の関連考古学資料を参考に、所有者は前漢時代の権勢を誇った高官だったとみているが、具体的な人物はまだ特定されていない。(北京=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023112306901

  •  (11)前漢時代の社会や生活を映し出す彩絵銅鏡陝西省西安市
    2023年11月23日
    (11)前漢時代の社会や生活を映し出す彩絵銅鏡陝西省西安市

    前漢時代の彩絵人物車馬鏡の彩絵図案。(8月25日撮影)中国古代の化粧道具、銅鏡は重要な芸術的・科学的価値を持ち、中でも彩絵銅鏡は貴重とされる。1963年に陝西省西安市紅廟坡村で出土した前漢時代の彩絵人物車馬鏡は、2千年以上の時を経てもなお、鮮やかな色彩と比類ない精妙な美しさを保っており、古代中国の代表的な彩絵銅鏡の一つとして、国家文物局の「第3次海外持ち出し展示禁止文化財目録」に選ばれた。現在、西安博物院に収蔵されているこの彩絵人物車馬鏡は、直径28センチの連弧文平縁三弦鈕円形銅鏡で、17人の人物が描かれており、人の間には樹木や草地、野生動物なども見られる。いずれの図案も彩色画のまま残っているのは特に貴重で、非常に珍しいものとなっている。これは、古代の絵師が酸化しにくい鉱物顔料を使用していたことが幸いとなった。銅鏡の細工は緻密で、連弧文の内側と2本の広い弦文の側縁には非常に精緻な菱形文様が施され、菱形の間は朱色のM字型の折れ線で埋められている。絵画技法は熟練しており、人や車馬などが生き生きと表現されている。この銅鏡は実用品である以上に優れた芸術品であり、前漢時代の社会生活を研究するのに役立つ実物資料でもある。西安博物院業務研究部(編集部)の王璐(おう・ろ)助理館員は「彩絵銅鏡の背面の塗料は剥がれやすく残りにくいため、過去に出土した彩絵銅鏡の多くは、出土時にはすでに図案がまだらで不鮮明になっており、剥がれてほとんど消えているものさえあった。この彩絵人物車馬鏡は、色彩の保存状態が良好で、図案もはっきりしており、これほどのものは全国でも数えるほどしかない。保存条件が高いため、特別展のみで、常設展には展示されない」と説明する。考古学者らは、銅鏡が出土した場所や地層、銅鏡の材質や造形、装飾文様と図案、絵の題材、絵画技法などから、この銅鏡は前漢時代のものと判断している。専門家らは各地の関連考古学資料を参考に、所有者は前漢時代の権勢を誇った高官だったとみているが、具体的な人物はまだ特定されていない。(北京=新華社記者/王毓国)= 配信日: 2023(令和5)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023112306916

  •  (5)前漢時代の社会や生活を映し出す彩絵銅鏡陝西省西安市
    2023年11月23日
    (5)前漢時代の社会や生活を映し出す彩絵銅鏡陝西省西安市

    彩絵人物車馬鏡の図案の一部「謁見」。(8月25日撮影)中国古代の化粧道具、銅鏡は重要な芸術的・科学的価値を持ち、中でも彩絵銅鏡は貴重とされる。1963年に陝西省西安市紅廟坡村で出土した前漢時代の彩絵人物車馬鏡は、2千年以上の時を経てもなお、鮮やかな色彩と比類ない精妙な美しさを保っており、古代中国の代表的な彩絵銅鏡の一つとして、国家文物局の「第3次海外持ち出し展示禁止文化財目録」に選ばれた。現在、西安博物院に収蔵されているこの彩絵人物車馬鏡は、直径28センチの連弧文平縁三弦鈕円形銅鏡で、17人の人物が描かれており、人の間には樹木や草地、野生動物なども見られる。いずれの図案も彩色画のまま残っているのは特に貴重で、非常に珍しいものとなっている。これは、古代の絵師が酸化しにくい鉱物顔料を使用していたことが幸いとなった。銅鏡の細工は緻密で、連弧文の内側と2本の広い弦文の側縁には非常に精緻な菱形文様が施され、菱形の間は朱色のM字型の折れ線で埋められている。絵画技法は熟練しており、人や車馬などが生き生きと表現されている。この銅鏡は実用品である以上に優れた芸術品であり、前漢時代の社会生活を研究するのに役立つ実物資料でもある。西安博物院業務研究部(編集部)の王璐(おう・ろ)助理館員は「彩絵銅鏡の背面の塗料は剥がれやすく残りにくいため、過去に出土した彩絵銅鏡の多くは、出土時にはすでに図案がまだらで不鮮明になっており、剥がれてほとんど消えているものさえあった。この彩絵人物車馬鏡は、色彩の保存状態が良好で、図案もはっきりしており、これほどのものは全国でも数えるほどしかない。保存条件が高いため、特別展のみで、常設展には展示されない」と説明する。考古学者らは、銅鏡が出土した場所や地層、銅鏡の材質や造形、装飾文様と図案、絵の題材、絵画技法などから、この銅鏡は前漢時代のものと判断している。専門家らは各地の関連考古学資料を参考に、所有者は前漢時代の権勢を誇った高官だったとみているが、具体的な人物はまだ特定されていない。(北京=新華社記者/李賀)= 配信日: 2023(令和5)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023112306910

  •  (3)前漢時代の社会や生活を映し出す彩絵銅鏡陝西省西安市
    2023年11月23日
    (3)前漢時代の社会や生活を映し出す彩絵銅鏡陝西省西安市

    彩絵人物車馬鏡の図案の一部「遠出」。(8月25日撮影)中国古代の化粧道具、銅鏡は重要な芸術的・科学的価値を持ち、中でも彩絵銅鏡は貴重とされる。1963年に陝西省西安市紅廟坡村で出土した前漢時代の彩絵人物車馬鏡は、2千年以上の時を経てもなお、鮮やかな色彩と比類ない精妙な美しさを保っており、古代中国の代表的な彩絵銅鏡の一つとして、国家文物局の「第3次海外持ち出し展示禁止文化財目録」に選ばれた。現在、西安博物院に収蔵されているこの彩絵人物車馬鏡は、直径28センチの連弧文平縁三弦鈕円形銅鏡で、17人の人物が描かれており、人の間には樹木や草地、野生動物なども見られる。いずれの図案も彩色画のまま残っているのは特に貴重で、非常に珍しいものとなっている。これは、古代の絵師が酸化しにくい鉱物顔料を使用していたことが幸いとなった。銅鏡の細工は緻密で、連弧文の内側と2本の広い弦文の側縁には非常に精緻な菱形文様が施され、菱形の間は朱色のM字型の折れ線で埋められている。絵画技法は熟練しており、人や車馬などが生き生きと表現されている。この銅鏡は実用品である以上に優れた芸術品であり、前漢時代の社会生活を研究するのに役立つ実物資料でもある。西安博物院業務研究部(編集部)の王璐(おう・ろ)助理館員は「彩絵銅鏡の背面の塗料は剥がれやすく残りにくいため、過去に出土した彩絵銅鏡の多くは、出土時にはすでに図案がまだらで不鮮明になっており、剥がれてほとんど消えているものさえあった。この彩絵人物車馬鏡は、色彩の保存状態が良好で、図案もはっきりしており、これほどのものは全国でも数えるほどしかない。保存条件が高いため、特別展のみで、常設展には展示されない」と説明する。考古学者らは、銅鏡が出土した場所や地層、銅鏡の材質や造形、装飾文様と図案、絵の題材、絵画技法などから、この銅鏡は前漢時代のものと判断している。専門家らは各地の関連考古学資料を参考に、所有者は前漢時代の権勢を誇った高官だったとみているが、具体的な人物はまだ特定されていない。(北京=新華社記者/李賀)= 配信日: 2023(令和5)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023112306903

  •  (1)前漢時代の社会や生活を映し出す彩絵銅鏡陝西省西安市
    2023年11月23日
    (1)前漢時代の社会や生活を映し出す彩絵銅鏡陝西省西安市

    前漢時代の彩絵人物車馬鏡。(8月25日撮影)中国古代の化粧道具、銅鏡は重要な芸術的・科学的価値を持ち、中でも彩絵銅鏡は貴重とされる。1963年に陝西省西安市紅廟坡村で出土した前漢時代の彩絵人物車馬鏡は、2千年以上の時を経てもなお、鮮やかな色彩と比類ない精妙な美しさを保っており、古代中国の代表的な彩絵銅鏡の一つとして、国家文物局の「第3次海外持ち出し展示禁止文化財目録」に選ばれた。現在、西安博物院に収蔵されているこの彩絵人物車馬鏡は、直径28センチの連弧文平縁三弦鈕円形銅鏡で、17人の人物が描かれており、人の間には樹木や草地、野生動物なども見られる。いずれの図案も彩色画のまま残っているのは特に貴重で、非常に珍しいものとなっている。これは、古代の絵師が酸化しにくい鉱物顔料を使用していたことが幸いとなった。銅鏡の細工は緻密で、連弧文の内側と2本の広い弦文の側縁には非常に精緻な菱形文様が施され、菱形の間は朱色のM字型の折れ線で埋められている。絵画技法は熟練しており、人や車馬などが生き生きと表現されている。この銅鏡は実用品である以上に優れた芸術品であり、前漢時代の社会生活を研究するのに役立つ実物資料でもある。西安博物院業務研究部(編集部)の王璐(おう・ろ)助理館員は「彩絵銅鏡の背面の塗料は剥がれやすく残りにくいため、過去に出土した彩絵銅鏡の多くは、出土時にはすでに図案がまだらで不鮮明になっており、剥がれてほとんど消えているものさえあった。この彩絵人物車馬鏡は、色彩の保存状態が良好で、図案もはっきりしており、これほどのものは全国でも数えるほどしかない。保存条件が高いため、特別展のみで、常設展には展示されない」と説明する。考古学者らは、銅鏡が出土した場所や地層、銅鏡の材質や造形、装飾文様と図案、絵の題材、絵画技法などから、この銅鏡は前漢時代のものと判断している。専門家らは各地の関連考古学資料を参考に、所有者は前漢時代の権勢を誇った高官だったとみているが、具体的な人物はまだ特定されていない。(北京=新華社記者/李賀)= 配信日: 2023(令和5)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023112306906

  •  (9)前漢時代の社会や生活を映し出す彩絵銅鏡陝西省西安市
    2023年11月23日
    (9)前漢時代の社会や生活を映し出す彩絵銅鏡陝西省西安市

    彩絵人物車馬鏡の図案の一部「宴会」。(8月25日撮影)中国古代の化粧道具、銅鏡は重要な芸術的・科学的価値を持ち、中でも彩絵銅鏡は貴重とされる。1963年に陝西省西安市紅廟坡村で出土した前漢時代の彩絵人物車馬鏡は、2千年以上の時を経てもなお、鮮やかな色彩と比類ない精妙な美しさを保っており、古代中国の代表的な彩絵銅鏡の一つとして、国家文物局の「第3次海外持ち出し展示禁止文化財目録」に選ばれた。現在、西安博物院に収蔵されているこの彩絵人物車馬鏡は、直径28センチの連弧文平縁三弦鈕円形銅鏡で、17人の人物が描かれており、人の間には樹木や草地、野生動物なども見られる。いずれの図案も彩色画のまま残っているのは特に貴重で、非常に珍しいものとなっている。これは、古代の絵師が酸化しにくい鉱物顔料を使用していたことが幸いとなった。銅鏡の細工は緻密で、連弧文の内側と2本の広い弦文の側縁には非常に精緻な菱形文様が施され、菱形の間は朱色のM字型の折れ線で埋められている。絵画技法は熟練しており、人や車馬などが生き生きと表現されている。この銅鏡は実用品である以上に優れた芸術品であり、前漢時代の社会生活を研究するのに役立つ実物資料でもある。西安博物院業務研究部(編集部)の王璐(おう・ろ)助理館員は「彩絵銅鏡の背面の塗料は剥がれやすく残りにくいため、過去に出土した彩絵銅鏡の多くは、出土時にはすでに図案がまだらで不鮮明になっており、剥がれてほとんど消えているものさえあった。この彩絵人物車馬鏡は、色彩の保存状態が良好で、図案もはっきりしており、これほどのものは全国でも数えるほどしかない。保存条件が高いため、特別展のみで、常設展には展示されない」と説明する。考古学者らは、銅鏡が出土した場所や地層、銅鏡の材質や造形、装飾文様と図案、絵の題材、絵画技法などから、この銅鏡は前漢時代のものと判断している。専門家らは各地の関連考古学資料を参考に、所有者は前漢時代の権勢を誇った高官だったとみているが、具体的な人物はまだ特定されていない。(北京=新華社記者/李賀)= 配信日: 2023(令和5)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023112306913

  • 1