KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • データ
  • マグネター
  • 中性子星
  • 令和
  • 北京
  • 可能性
  • 最初
  • 理解
  • 発生
  • 発見

「X線バースト」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
6
( 1 6 件を表示)
  • 1
6
( 1 6 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2021年02月20日
    (3)衛星「慧眼」、高速電波バーストの発生源がマグネターと確認

    18日、中国科学院高能物理研究所(IHEP)の宇宙衛星科学運用監視室で、議論を交わす衛星「慧眼」の首席科学者、張双南氏(左から3人目)と同僚の熊少林(ゆう・しょうりん)研究員(左から1人目)、李承奎(り・しょうけい)副研究員(左から2人目)。国際学術誌「NatureAstronomy」電子版は19日、中国初の硬X線変調望遠鏡衛星「慧眼」の最新観測結果を掲載した。それによると、同衛星は謎の高速電波バーストに関連する最初のX線バーストを発見し、それが銀河系内の「マグネター」と呼ばれる非常に強力な磁場を持つ中性子星「SGRJ1935+2154」からのものだと確認。このX線バーストに含まれる二つのX線パルスが高速電波バーストの高エネルギー対応天体(カウンターパート)であることを世界で初めて証明した。この発見は、世界の他の望遠鏡の観測結果と合わせ、高速電波バーストがマグネターのアウトバーストから発生する可能性があることを証明するとともに、高速電波バーストの起源の謎を解明し、高速電波バーストの放射メカニズムやマグネターのアウトバーストメカニズムを理解する上で、極めて重要なデータを提供した。(北京=新華社記者/金立旺)= 配信日: 2021(令和3)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022200150

  • 2021年02月20日
    (6)衛星「慧眼」、高速電波バーストの発生源がマグネターと確認

    19日、中国科学院高能物理研究所(IHEP)で開かれた開かれた記者会見で、記者の質問に答える衛星「慧眼」の首席科学者、張双南(ちょう・そうなん)氏ら科学研究者。国際学術誌「NatureAstronomy」電子版は19日、中国初の硬X線変調望遠鏡衛星「慧眼」の最新観測結果を掲載した。それによると、同衛星は謎の高速電波バーストに関連する最初のX線バーストを発見し、それが銀河系内の「マグネター」と呼ばれる非常に強力な磁場を持つ中性子星「SGRJ1935+2154」からのものだと確認。このX線バーストに含まれる二つのX線パルスが高速電波バーストの高エネルギー対応天体(カウンターパート)であることを世界で初めて証明した。この発見は、世界の他の望遠鏡の観測結果と合わせ、高速電波バーストがマグネターのアウトバーストから発生する可能性があることを証明するとともに、高速電波バーストの起源の謎を解明し、高速電波バーストの放射メカニズムやマグネターのアウトバーストメカニズムを理解する上で、極めて重要なデータを提供した。(北京=新華社記者/金立旺)= 配信日: 2021(令和3)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022200152

  • 2021年02月20日
    (5)衛星「慧眼」、高速電波バーストの発生源がマグネターと確認

    18日、中国科学院高能物理研究所(IHEP)の宇宙衛星科学運用監視室で、記念撮影をする衛星「慧眼」科学応用システムの研究チーム。国際学術誌「NatureAstronomy」電子版は19日、中国初の硬X線変調望遠鏡衛星「慧眼」の最新観測結果を掲載した。それによると、同衛星は謎の高速電波バーストに関連する最初のX線バーストを発見し、それが銀河系内の「マグネター」と呼ばれる非常に強力な磁場を持つ中性子星「SGRJ1935+2154」からのものだと確認。このX線バーストに含まれる二つのX線パルスが高速電波バーストの高エネルギー対応天体(カウンターパート)であることを世界で初めて証明した。この発見は、世界の他の望遠鏡の観測結果と合わせ、高速電波バーストがマグネターのアウトバーストから発生する可能性があることを証明するとともに、高速電波バーストの起源の謎を解明し、高速電波バーストの放射メカニズムやマグネターのアウトバーストメカニズムを理解する上で、極めて重要なデータを提供した。(北京=新華社記者/金立旺)= 配信日: 2021(令和3)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022200165

  • 2021年02月20日
    (4)衛星「慧眼」、高速電波バーストの発生源がマグネターと確認

    18日、中国科学院高能物理研究所(IHEP)の宇宙衛星科学運用監視室で、衛星「慧眼」の運用状況をモニタリングする科学研究者。国際学術誌「NatureAstronomy」電子版は19日、中国初の硬X線変調望遠鏡衛星「慧眼」の最新観測結果を掲載した。それによると、同衛星は謎の高速電波バーストに関連する最初のX線バーストを発見し、それが銀河系内の「マグネター」と呼ばれる非常に強力な磁場を持つ中性子星「SGRJ1935+2154」からのものだと確認。このX線バーストに含まれる二つのX線パルスが高速電波バーストの高エネルギー対応天体(カウンターパート)であることを世界で初めて証明した。この発見は、世界の他の望遠鏡の観測結果と合わせ、高速電波バーストがマグネターのアウトバーストから発生する可能性があることを証明するとともに、高速電波バーストの起源の謎を解明し、高速電波バーストの放射メカニズムやマグネターのアウトバーストメカニズムを理解する上で、極めて重要なデータを提供した。(北京=新華社記者/才揚)= 配信日: 2021(令和3)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022200144

  • 2021年02月20日
    (2)衛星「慧眼」、高速電波バーストの発生源がマグネターと確認

    19日、中国科学院高能物理研究所(IHEP)で開かれた記者会見で、研究成果を紹介する衛星「慧眼」の首席科学者、張双南(ちょう・そうなん)研究員。国際学術誌「NatureAstronomy」電子版は19日、中国初の硬X線変調望遠鏡衛星「慧眼」の最新観測結果を掲載した。それによると、同衛星は謎の高速電波バーストに関連する最初のX線バーストを発見し、それが銀河系内の「マグネター」と呼ばれる非常に強力な磁場を持つ中性子星「SGRJ1935+2154」からのものだと確認。このX線バーストに含まれる二つのX線パルスが高速電波バーストの高エネルギー対応天体(カウンターパート)であることを世界で初めて証明した。この発見は、世界の他の望遠鏡の観測結果と合わせ、高速電波バーストがマグネターのアウトバーストから発生する可能性があることを証明するとともに、高速電波バーストの起源の謎を解明し、高速電波バーストの放射メカニズムやマグネターのアウトバーストメカニズムを理解する上で、極めて重要なデータを提供した。(北京=新華社記者/金立旺)= 配信日: 2021(令和3)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022200143

  • 2021年02月20日
    (1)衛星「慧眼」、高速電波バーストの発生源がマグネターと確認

    19日、中国科学院高能物理研究所(IHEP)で開かれた記者会見で、研究成果を紹介する衛星「慧眼」の首席科学者、張双南(ちょう・そうなん)研究員。国際学術誌「NatureAstronomy」電子版は19日、中国初の硬X線変調望遠鏡衛星「慧眼」の最新観測結果を掲載した。それによると、同衛星は謎の高速電波バーストに関連する最初のX線バーストを発見し、それが銀河系内の「マグネター」と呼ばれる非常に強力な磁場を持つ中性子星「SGRJ1935+2154」からのものだと確認。このX線バーストに含まれる二つのX線パルスが高速電波バーストの高エネルギー対応天体(カウンターパート)であることを世界で初めて証明した。この発見は、世界の他の望遠鏡の観測結果と合わせ、高速電波バーストがマグネターのアウトバーストから発生する可能性があることを証明するとともに、高速電波バーストの起源の謎を解明し、高速電波バーストの放射メカニズムやマグネターのアウトバーストメカニズムを理解する上で、極めて重要なデータを提供した。(北京=新華社記者/金立旺)= 配信日: 2021(令和3)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022200166

  • 1