KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 小型無人機
  • ドローン
  • 一般開放
  • 新型コロナウイルス
  • 改革開放
  • 一帯一路
  • 本社ヘリ
  • 自由貿易
  • 対外開放
  • 新型肺炎

「open 空撮」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
920
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
920
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年04月15日
    (1)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    13日、上空から見た海南省海口市の雲洞図書館。(小型無人機から)中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (3)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    13日、海南省海口市の海口湾にある雲洞図書館。(小型無人機から)中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (2)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    13日、海南省海口市の海口湾にある雲洞図書館。(小型無人機から)中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月13日
    (3)重慶市永川区で自動運転バスが運行開始

    12日、重慶市永川区の市街地を走行するレベル4の自動運転バス。(小型無人機から)中国重慶市永川区で12日、中国初となる自動運転バスの料金徴収モデル運用プロジェクトが正式にスタートした。レベル4の自動運転車3台が同区神女湖、興竜湖、観音山公園などの停留所に停車する。利用者はインターネット検索大手の百度(バイドゥ)が提供する「百度地図」や同区サービス公社などのアプリで予約し、自動運転バスに乗車することができる。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2021(令和3)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月13日
    (1)重慶市永川区で自動運転バスが運行開始

    12日、重慶市永川区の市街地を走行するレベル4の自動運転バス。(小型無人機から)中国重慶市永川区で12日、中国初となる自動運転バスの料金徴収モデル運用プロジェクトが正式にスタートした。レベル4の自動運転車3台が同区神女湖、興竜湖、観音山公園などの停留所に停車する。利用者はインターネット検索大手の百度(バイドゥ)が提供する「百度地図」や同区サービス公社などのアプリで予約し、自動運転バスに乗車することができる。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2021(令和3)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月13日
    (2)重慶市永川区で自動運転バスが運行開始

    12日、重慶市永川区の市街地を走行するレベル4の自動運転バス。(小型無人機から)中国重慶市永川区で12日、中国初となる自動運転バスの料金徴収モデル運用プロジェクトが正式にスタートした。レベル4の自動運転車3台が同区神女湖、興竜湖、観音山公園などの停留所に停車する。利用者はインターネット検索大手の百度(バイドゥ)が提供する「百度地図」や同区サービス公社などのアプリで予約し、自動運転バスに乗車することができる。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2021(令和3)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月11日
    (2)河に浮かぶ「読書島」広東省清遠市

    8日、北江に浮かぶ江心島にある島上書院。(小型無人機から)中国広東省清遠市清城区の北江に浮かぶ江心島には、商店が1軒もなく、都市公共書斎「島上書院」だけがある。2017年、秦鴻雁(しん・こうがん)氏が地元政府の協力を得て、同島に一黙書房を設立。地元政府は同書房に場所や水、電気などを無償で提供した。同書房は全ての人に無料で開放され、無料の公共文化イベントも定期的に開かれている。2019年、同書房は清城区と共同で「島上書院」を建設し、中山大学哲学系と協力関係を結び、同大学優秀伝統文化普及教育研究センターを設立した。現在、書院の蔵書数は約3千冊で、公共文化イベントを年間約200回開催している。(清遠=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月11日
    (8)河に浮かぶ「読書島」広東省清遠市

    8日、広東省清遠市清城区の市街地と、北江に浮かぶ江心島。(小型無人機から)中国広東省清遠市清城区の北江に浮かぶ江心島には、商店が1軒もなく、都市公共書斎「島上書院」だけがある。2017年、秦鴻雁(しん・こうがん)氏が地元政府の協力を得て、同島に一黙書房を設立。地元政府は同書房に場所や水、電気などを無償で提供した。同書房は全ての人に無料で開放され、無料の公共文化イベントも定期的に開かれている。2019年、同書房は清城区と共同で「島上書院」を建設し、中山大学哲学系と協力関係を結び、同大学優秀伝統文化普及教育研究センターを設立した。現在、書院の蔵書数は約3千冊で、公共文化イベントを年間約200回開催している。(清遠=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月11日
    (1)河に浮かぶ「読書島」広東省清遠市

    8日、清遠市清城区の北江に浮かぶ江心島。(小型無人機から)中国広東省清遠市清城区の北江に浮かぶ江心島には、商店が1軒もなく、都市公共書斎「島上書院」だけがある。2017年、秦鴻雁(しん・こうがん)氏が地元政府の協力を得て、同島に一黙書房を設立。地元政府は同書房に場所や水、電気などを無償で提供した。同書房は全ての人に無料で開放され、無料の公共文化イベントも定期的に開かれている。2019年、同書房は清城区と共同で「島上書院」を建設し、中山大学哲学系と協力関係を結び、同大学優秀伝統文化普及教育研究センターを設立した。現在、書院の蔵書数は約3千冊で、公共文化イベントを年間約200回開催している。(清遠=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月10日
    Old construction train on trolley line

    10 April 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Goldberg: The multi-purpose rail unit (MZG) has stopped on an open track and Chris Wiechmann is standing next to the control stand. (Aerial photograph taken with a drone) Railway enthusiasts have bought the German State Railways (DR) vehicle built in 1986 at the Leipzig “Einheit“ depot from the Berlin-Schöneweide Railway Museum and want to use it to preserve the railway line between Karow and Wismar, which was closed in 1999, as a cultural asset. A tourism company offers trolley rides on the route. The hobby railway enthusiasts discovered the over eleven-tonne rail vehicle on the Internet, decided to buy it and transported it to Mecklenburg by low-loader and heavy-duty crane. With a maximum speed of 60 kilometres per hour, a permitted payload of five tonnes and a maximum of eight passengers, the MZG is now on the move on the railway line for maintenance and repair work. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月10日
    Old construction train on trolley line

    10 April 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Goldberg: The multi-purpose rail unit (MZG) is on the move on the open track. Railway enthusiasts have bought the German Reichsbahn (DR) vehicle, built in 1986 at the RAW “Einheit“ Leipzig, from the Berlin-Schöneweide Railway Museum and want to use it to preserve the railway line between Karow and Wismar, which was closed in 1999, as a cultural asset. A tourism company offers trolley rides on the route. The hobby railway enthusiasts discovered the over eleven-tonne rail vehicle on the Internet, decided to buy it and transported it to Mecklenburg by low-loader and heavy-duty crane. With a maximum speed of 60 kilometers per hour, a permitted payload of five tons and a maximum of 8 passengers, the MZG is now on the rail line for maintenance and repair work. (Aerial view with a drone) Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月10日
    Old construction train on trolley line

    10 April 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Goldberg: The multi-purpose rail unit (MZG) is on the move on the open track. Railway enthusiasts have bought the German Reichsbahn (DR) vehicle, built in 1986 at the RAW “Einheit“ Leipzig, from the Berlin-Schöneweide Railway Museum and want to use it to preserve the railway line between Karow and Wismar, which was closed in 1999, as a cultural asset. A tourism company offers trolley rides on the route. The hobby railway enthusiasts discovered the over eleven-tonne rail vehicle on the Internet, decided to buy it and transported it to Mecklenburg by low-loader and heavy-duty crane. With a maximum speed of 60 kilometers per hour, a permitted payload of five tons and a maximum of 8 passengers, the MZG is now on the rail line for maintenance and repair work. (Aerial view with a drone) Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月10日
    Old construction train on trolley line

    10 April 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Goldberg: The multi-purpose rail unit (MZG) is on the move on the open track. Railway enthusiasts bought the German Reichsbahn (DR) vehicle, built in 1986 at the RAW “Einheit“ Leipzig, from the Berlin-Schöneweide Railway Museum and want to use it to preserve the railway line between Karow and Wismar, which was closed in 1999, as a cultural asset. A tourism company offers trolley rides on the route. The hobby railway enthusiasts discovered the over eleven-tonne rail vehicle on the Internet, decided to buy it and transported it to Mecklenburg by low-loader and heavy-duty crane. With a maximum speed of 60 kilometers per hour, a permitted payload of five tons and a maximum of 8 passengers, the MZG is now on the rail line for maintenance and repair work. (Aerial view with a drone) Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月10日
    Old construction train on trolley line

    10 April 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Goldberg: The multi-purpose rail unit (MZG) is on the move on the open track. Railway enthusiasts have bought the German Reichsbahn (DR) vehicle, built in 1986 at the RAW “Einheit“ Leipzig, from the Berlin-Schöneweide Railway Museum and want to use it to preserve the railway line between Karow and Wismar, which was closed in 1999, as a cultural asset. A tourism company offers trolley rides on the route. The hobby railway enthusiasts discovered the over eleven-tonne rail vehicle on the Internet, decided to buy it and transported it to Mecklenburg by low-loader and heavy-duty crane. With a maximum speed of 60 kilometers per hour, a permitted payload of five tons and a maximum of 8 passengers, the MZG is now on the rail line for maintenance and repair work. (Aerial view with a drone) Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月10日
    Old construction train on trolley line

    10 April 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Goldberg: The multi-purpose rail unit (MZG) is on the move on the open track. Railway enthusiasts bought the German Reichsbahn (DR) vehicle, built in 1986 at the RAW “Einheit“ Leipzig, from the Berlin-Schöneweide Railway Museum and want to use it to preserve the railway line between Karow and Wismar, which was closed in 1999, as a cultural asset. A tourism company offers trolley rides on the route. The hobby railway enthusiasts discovered the over eleven-tonne rail vehicle on the Internet, decided to buy it and transported it to Mecklenburg by low-loader and heavy-duty crane. With a maximum speed of 60 kilometers per hour, a permitted payload of five tons and a maximum of 8 passengers, the MZG is now on the rail line for maintenance and repair work. (Aerial view with a drone) Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月10日
    Old construction train on trolley line

    10 April 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Goldberg: The multi-purpose rail unit (MZG) is on the move on the open track. Railway enthusiasts have bought the German Reichsbahn (DR) vehicle, built in 1986 at the RAW “Einheit“ Leipzig, from the Berlin-Schöneweide Railway Museum and want to use it to preserve the railway line between Karow and Wismar, which was closed in 1999, as a cultural asset. A tourism company offers trolley rides on the route. The hobby railway enthusiasts discovered the over eleven-tonne rail vehicle on the Internet, decided to buy it and transported it to Mecklenburg by low-loader and heavy-duty crane. With a maximum speed of 60 kilometers per hour, a permitted payload of five tons and a maximum of 8 passengers, the MZG is now on the rail line for maintenance and repair work. (Aerial view with a drone) Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月10日
    Old construction train on trolley line

    10 April 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Goldberg: The multi-purpose rail unit (MZG) is on the move on open track. (Aerial photo taken with a drone) Railway enthusiasts have bought the German State Railroad (DR) vehicle, built in 1986 at the Leipzig “Einheit“ RAW, from the Berlin-Schöneweide Railway Museum and want to use it to preserve the railway line between Karow and Wismar, which was closed in 1999, as a cultural asset. A tourism company offers trolley rides on the route. The hobby railway enthusiasts discovered the over eleven-tonne rail vehicle on the Internet, decided to buy it and transported it to Mecklenburg by low-loader and heavy-duty crane. With a maximum speed of 60 kilometres per hour, a permitted payload of five tonnes and a maximum of eight passengers, the MZG is now on the move on the railway line for maintenance and repair work. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月10日
    Old construction train on trolley line

    10 April 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Goldberg: The multi-purpose rail unit (MZG) is on the move on open track. (Aerial photo taken with a drone) Railway enthusiasts have bought the German State Railroad (DR) vehicle, built in 1986 at the Leipzig “Einheit“ RAW, from the Berlin-Schöneweide Railway Museum and want to use it to preserve the railway line between Karow and Wismar, which was closed in 1999, as a cultural asset. A tourism company offers trolley rides on the route. The hobby railway enthusiasts discovered the over eleven-tonne rail vehicle on the Internet, decided to buy it and transported it to Mecklenburg by low-loader and heavy-duty crane. With a maximum speed of 60 kilometres per hour, a permitted payload of five tonnes and a maximum of eight passengers, the MZG is now on the move on the railway line for maintenance and repair work. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月06日
    (4)蘭州水墨丹霞風景区、まもなく一般開放甘粛省

    5日、空から見た蘭州水墨丹霞風景区。(小型無人機から)中国甘粛省の蘭州水墨丹霞風景区で進む建設工事がこのほど、最終段階に入った。風景区の計画面積は400平方キロ、うち第1期プロジェクトのメイン観光エリアは20平方キロとなっている。すでに展望台10カ所が完成しており、観光客は赤い堆積岩から成る丹霞地形が延々と連なる様子や、色とりどりの丘をさまざまな角度から楽しむことができる。風景区は、5月1日からのメーデー連休に一般開放される。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月06日
    (5)蘭州水墨丹霞風景区、まもなく一般開放甘粛省

    5日、空から見た蘭州水墨丹霞風景区。(小型無人機から)中国甘粛省の蘭州水墨丹霞風景区で進む建設工事がこのほど、最終段階に入った。風景区の計画面積は400平方キロ、うち第1期プロジェクトのメイン観光エリアは20平方キロとなっている。すでに展望台10カ所が完成しており、観光客は赤い堆積岩から成る丹霞地形が延々と連なる様子や、色とりどりの丘をさまざまな角度から楽しむことができる。風景区は、5月1日からのメーデー連休に一般開放される。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月06日
    (3)蘭州水墨丹霞風景区、まもなく一般開放甘粛省

    5日、空から見た蘭州水墨丹霞風景区。(小型無人機から)中国甘粛省の蘭州水墨丹霞風景区で進む建設工事がこのほど、最終段階に入った。風景区の計画面積は400平方キロ、うち第1期プロジェクトのメイン観光エリアは20平方キロとなっている。すでに展望台10カ所が完成しており、観光客は赤い堆積岩から成る丹霞地形が延々と連なる様子や、色とりどりの丘をさまざまな角度から楽しむことができる。風景区は、5月1日からのメーデー連休に一般開放される。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月06日
    (1)蘭州水墨丹霞風景区、まもなく一般開放甘粛省

    5日、空から見た蘭州水墨丹霞風景区。(小型無人機から)中国甘粛省の蘭州水墨丹霞風景区で進む建設工事がこのほど、最終段階に入った。風景区の計画面積は400平方キロ、うち第1期プロジェクトのメイン観光エリアは20平方キロとなっている。すでに展望台10カ所が完成しており、観光客は赤い堆積岩から成る丹霞地形が延々と連なる様子や、色とりどりの丘をさまざまな角度から楽しむことができる。風景区は、5月1日からのメーデー連休に一般開放される。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月06日
    (6)蘭州水墨丹霞風景区、まもなく一般開放甘粛省

    5日、空から見た蘭州水墨丹霞風景区。(小型無人機から)中国甘粛省の蘭州水墨丹霞風景区で進む建設工事がこのほど、最終段階に入った。風景区の計画面積は400平方キロ、うち第1期プロジェクトのメイン観光エリアは20平方キロとなっている。すでに展望台10カ所が完成しており、観光客は赤い堆積岩から成る丹霞地形が延々と連なる様子や、色とりどりの丘をさまざまな角度から楽しむことができる。風景区は、5月1日からのメーデー連休に一般開放される。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月05日
    The flower of life grows in the cornfield

    05 April 2021, Brandenburg, Jacobsdorf: The symbol “Flower of Life“ can be seen as a huge pattern in a field of winter grain (aerial view with a drone). Michael Uy, painter and artist from Jacobsdorf, lets the well-known symbol grow in a field of grain. A farmer friend provided him with this spot in the field for the experiment. The dark green outlines of the symbol are only created because Michael Uy had previously fertilized the grain in these places. Already last winter the artist created the flower of life as a huge pattern in the snow. The Flower of Life is perhaps the most important energy symbol of the so-called Sacred Geometry and is more than 5000 years old. Michael Uy had already begun with the preparations for the creation of the geometric forms about three weeks ago. 19 wooden pillars were hammered into the field to mark them. With a string, as a distance to the wooden pillars, the artist ran all circles with a small fertilizer wagon, where now the grain grows much better.、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月05日
    The flower of life grows in the cornfield

    05 April 2021, Brandenburg, Jacobsdorf: The symbol “Flower of Life“ can be seen as a huge pattern in a field of winter grain (aerial view with a drone). Michael Uy, painter and artist from Jacobsdorf, lets the well-known symbol grow in a field of grain. A farmer friend provided him with this spot in the field for the experiment. The dark green outlines of the symbol are only created because Michael Uy had previously fertilized the grain in these places. Already last winter the artist created the flower of life as a huge pattern in the snow. The Flower of Life is perhaps the most important energy symbol of the so-called Sacred Geometry and is more than 5000 years old. Michael Uy had already begun with the preparations for the creation of the geometric forms about three weeks ago. 19 wooden pillars were hammered into the field to mark them. With a string, as a distance to the wooden pillars, the artist ran all circles with a small fertilizer wagon, where now the grain grows much better.、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月05日
    The flower of life grows in the cornfield

    05 April 2021, Brandenburg, Jacobsdorf: The symbol “Flower of Life“ can be seen as a huge pattern in a field of winter grain (aerial view with a drone). Michael Uy, painter and artist from Jacobsdorf, lets the well-known symbol grow in a field of grain. A farmer friend provided him with this spot in the field for the experiment. The dark green outlines of the symbol are only created because Michael Uy had previously fertilized the grain in these places. Already last winter the artist created the flower of life as a huge pattern in the snow. The Flower of Life is perhaps the most important energy symbol of the so-called Sacred Geometry and is more than 5000 years old. Michael Uy had already begun with the preparations for the creation of the geometric forms about three weeks ago. 19 wooden pillars were hammered into the field to mark them. With a string, as a distance to the wooden pillars, the artist ran all circles with a small fertilizer wagon, where now the grain grows much better.、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月03日
    (4)河北省雄安新区の淡水湖、白洋淀が290平方キロまで回復

    3月31日、河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀の風景。(小型無人機から)中国河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀は生態系修復などの事業が着々と進み、現在面積が290平方キロまで回復した。以前より「天然の種の博物館」と呼ばれる白洋淀は、特に雄安新区の設立以降、その豊かな水系や植物、多様な地形は野鳥に良好な生息地を提供している。(雄安=新華社記者/邢広利)= 配信日: 2021(令和3)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月03日
    (1)河北省雄安新区の淡水湖、白洋淀が290平方キロまで回復

    3月31日、河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀の風景。(小型無人機から)中国河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀は生態系修復などの事業が着々と進み、現在面積が290平方キロまで回復した。以前より「天然の種の博物館」と呼ばれる白洋淀は、特に雄安新区の設立以降、その豊かな水系や植物、多様な地形が野鳥に良好な生息地を提供している。(雄安=新華社記者/邢広利)= 配信日: 2021(令和3)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月03日
    (2)河北省雄安新区の淡水湖、白洋淀が290平方キロまで回復

    3月31日、河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀の風景。(小型無人機から)中国河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀は生態系修復などの事業が着々と進み、現在面積が290平方キロまで回復した。以前より「天然の種の博物館」と呼ばれる白洋淀は、特に雄安新区の設立以降、その豊かな水系や植物、多様な地形が野鳥に良好な生息地を提供している。(雄安=新華社記者/邢広利)= 配信日: 2021(令和3)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月03日
    (3)河北省雄安新区の淡水湖、白洋淀が290平方キロまで回復

    3月31日、河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀の風景。(小型無人機から)中国河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀は生態系修復などの事業が着々と進み、現在面積が290平方キロまで回復した。以前より「天然の種の博物館」と呼ばれる白洋淀は、特に雄安新区の設立以降、その豊かな水系や植物、多様な地形が野鳥に良好な生息地を提供している。(雄安=新華社記者/邢広利)= 配信日: 2021(令和3)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月31日
    Federal Mass Vaccination Site Opens in Yakima

    March 31, 2021, Yakima, Washington, U.S: Aerial view of the mass vaccination and testing site at Central Washington State Fair Park on Wednesday, March 31, 2021. The Federal Emergency Management Agency opened the site at the fairground as part of a six-week program that expands vaccination capacity in Yakima from approximately 200 vaccines per day to 1,200 vaccines per day between the fixed and mobile operations. (Credit Image: © Paul Christian Gordon/ZUMA Wire)、クレジット:©Paul Christian Gordon/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月31日
    Federal Mass Vaccination Site Opens in Yakima

    March 31, 2021, Yakima, Washington, U.S: Aerial view of the mass vaccination and testing site at Central Washington State Fair Park on Wednesday, March 31, 2021. The Federal Emergency Management Agency opened the site at the fairground as part of a six-week program that expands vaccination capacity in Yakima from approximately 200 vaccines per day to 1,200 vaccines per day between the fixed and mobile operations. (Credit Image: © Paul Christian Gordon/ZUMA Wire)、クレジット:©Paul Christian Gordon/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月31日
    Federal Mass Vaccination Site Opens in Yakima

    March 31, 2021, Yakima, Washington, U.S: Aerial view of the mass vaccination and testing site at Central Washington State Fair Park on Wednesday, March 31, 2021. The Federal Emergency Management Agency opened the site at the fairground as part of a six-week program that expands vaccination capacity in Yakima from approximately 200 vaccines per day to 1,200 vaccines per day between the fixed and mobile operations. (Credit Image: © Paul Christian Gordon/ZUMA Wire)、クレジット:©Paul Christian Gordon/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月28日
    石巻南浜津波復興祈念公園 震災被害の石巻に復興公園

    宮城県石巻市にオープンした「石巻南浜津波復興祈念公園」=28日(小型無人機から)

    撮影: 28日

  • 2021年03月25日
    (1)海南煉化、エチレン・製油工場の拡張工事が順調に進行海南省

    23日、海南省洋浦経済開発区にある海南煉化のエチレン・製油工場建設現場。(小型無人機から)中国海南省にある海南自由貿易港の重点産業パーク、洋浦経済開発区で現在、中国石化海南煉油化工(海南煉化)の年産100万トンのエチレン・製油工場の拡張事業が順調に進行している。これは同省の重点プロジェクトで、化学工業や製油などの複数の生産設備と4カ所のバースを含むふ頭を新規建設する。現在、各種土木工事やふ頭の建設が行われており、稼働後は、川下企業に合成樹脂や液体化学製品の原料を提供することになっている。(洋浦=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月25日
    (2)海南煉化、エチレン・製油工場の拡張工事が順調に進行海南省

    23日、海南省洋浦経済開発区にある海南煉化のエチレン・製油工場建設現場。(小型無人機から)中国海南省にある海南自由貿易港の重点産業パーク、洋浦経済開発区で現在、中国石化海南煉油化工(海南煉化)の年産100万トンのエチレン・製油工場の拡張事業が順調に進行している。これは同省の重点プロジェクトで、化学工業や製油などの複数の生産設備と4カ所のバースを含むふ頭を新規建設する。現在、各種土木工事やふ頭の建設が行われており、稼働後は、川下企業に合成樹脂や液体化学製品の原料を提供することになっている。(洋浦=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月25日
    Year100House At the Molfsee Open-Air Museum

    ATTENTION: EMBARGOED FOR PUBLICATION UNTIL 26 MARCH 11:01 GMT! SENDESPERRFRIST 26.03. 11 UH - 25 March 2021, Schleswig-Holstein, Molfsee: The sun shines on the Jahr100Haus in the Open Air Museum Molfsee. The museum opens on 30 March 2021 (aerial view with drone). Photo: Axel Heimken/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年03月25日
    Year100House At the Molfsee Open-Air Museum

    ATTENTION: EMBARGOED FOR PUBLICATION UNTIL 26 MARCH 11:01 GMT! SENDESPERRFRIST 26.03. 11 UH - 25 March 2021, Schleswig-Holstein, Molfsee: The sun shines on the Jahr100Haus in the Open Air Museum Molfsee. The museum opens on 30 March 2021 (aerial view with drone). Photo: Axel Heimken/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年03月25日
    (6)海南煉化、エチレン・製油工場の拡張工事が順調に進行海南省

    23日、海南省洋浦経済開発区にある海南煉化のエチレン・製油工場建設現場。(小型無人機から)中国海南省にある海南自由貿易港の重点産業パーク、洋浦経済開発区で現在、中国石化海南煉油化工(海南煉化)の年産100万トンのエチレン・製油工場の拡張事業が順調に進行している。これは同省の重点プロジェクトで、化学工業や製油などの複数の生産設備と4カ所のバースを含むふ頭を新規建設する。現在、各種土木工事やふ頭の建設が行われており、稼働後は、川下企業に合成樹脂や液体化学製品の原料を提供することになっている。(洋浦=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月19日
    (3)桜の絶景で農村振興を促進貴州省安順市

    16日、空から見た貴州省安順市西秀区黄臘プイ族ミャオ族郷の桜花園。(小型無人機から)中国貴州省安順市西秀区黄臘プイ族ミャオ族郷の桜花園は今年に入り、同省貴陽市や安順市内などから観光客3万人余りを迎えた。桜の植栽は2011年に始まり、現在は総面積1万ムー(約667ヘクタール)近くに達している。地元では合作社(協同組合)と業者、労働者を一体化する方式で周辺農村の経済発展を後押ししており、桜花園は秩序維持や環境衛生、応急管理など数十の雇用を提供。桜の開花期間を通して1400万元(1元=約17円)超の観光収入が見込まれるなど、農村振興の力強いけん引役となっている。(安順=新華社記者/劉続)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月19日
    (7)桜の絶景で農村振興を促進貴州省安順市

    16日、空から見た貴州省安順市西秀区黄臘プイ族ミャオ族郷の桜花園。(小型無人機から)中国貴州省安順市西秀区黄臘プイ族ミャオ族郷の桜花園は今年に入り、同省貴陽市や安順市内などから観光客3万人余りを迎えた。桜の植栽は2011年に始まり、現在は総面積1万ムー(約667ヘクタール)近くに達している。地元では合作社(協同組合)と業者、労働者を一体化する方式で周辺農村の経済発展を後押ししており、桜花園は秩序維持や環境衛生、応急管理など数十の雇用を提供。桜の開花期間を通して1400万元(1元=約17円)超の観光収入が見込まれるなど、農村振興の力強いけん引役となっている。(安順=新華社記者/劉続)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月19日
    (2)桜の絶景で農村振興を促進貴州省安順市

    16日、空から見た貴州省安順市西秀区黄臘プイ族ミャオ族郷の桜花園。(小型無人機から)中国貴州省安順市西秀区黄臘プイ族ミャオ族郷の桜花園は今年に入り、同省貴陽市や安順市内などから観光客3万人余りを迎えた。桜の植栽は2011年に始まり、現在は総面積1万ムー(約667ヘクタール)近くに達している。地元では合作社(協同組合)と業者、労働者を一体化する方式で周辺農村の経済発展を後押ししており、桜花園は秩序維持や環境衛生、応急管理など数十の雇用を提供。桜の開花期間を通して1400万元(1元=約17円)超の観光収入が見込まれるなど、農村振興の力強いけん引役となっている。(安順=新華社記者/劉続)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月10日
    (1)黄河の水が「砂の郷」を潤す甘粛省武威市

    5日、民勤県内に到達した黄河の水。(小型無人機から)中国甘粛省武威市民勤県はトングリ砂漠とバダインジャラン砂漠の間に位置し、中国西北地域の重要な生態障壁となっている。同省景泰川電力かんがいプロジェクトにより同県のオアシスに向けて輸送された黄河の水が5日、正式に県内に到達した。同県水務局によると、今回の春季の水輸送は5月10日ごろまで続き、総輸送量は4千万立方メートルに達する見込み。同県の生態整備の成果を強固なものとし、農家の春の耕作需要を満たすために十分な水源を提供するという。同プロジェクトは2001年の開始以来、流域を跨いで同県に水の輸送を続けてきた。水の提供を受けた石羊河流域では生態環境悪化の勢いが効果的に抑えられ、生態環境は明らかに改善されている。(民勤=新華社記者/郎兵兵)= 配信日: 2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月10日
    (4)黄河の水が「砂の郷」を潤す甘粛省武威市

    5日、民勤県内に到達した黄河の水。(小型無人機から)中国甘粛省武威市民勤県はトングリ砂漠とバダインジャラン砂漠の間に位置し、中国西北地域の重要な生態障壁となっている。同省景泰川電力かんがいプロジェクトにより同県のオアシスに向けて輸送された黄河の水が5日、正式に県内に到達した。同県水務局によると、今回の春季の水輸送は5月10日ごろまで続き、総輸送量は4千万立方メートルに達する見込み。同県の生態整備の成果を強固なものとし、農家の春の耕作需要を満たすために十分な水源を提供するという。同プロジェクトは2001年の開始以来、流域を跨いで同県に水の輸送を続けてきた。水の提供を受けた石羊河流域では生態環境悪化の勢いが効果的に抑えられ、生態環境は明らかに改善されている。(民勤=新華社記者/郎兵兵)= 配信日: 2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月10日
    State Garden Show in Überlingen

    10 March 2021, Baden-Wuerttemberg, Überlingen: Gardeners plant flowers on the shore of Lake Constance (shot with drone). The State Horticultural Show is scheduled to open in Überlingen on 09.04.2021. Photo: Felix Kästle/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年03月10日
    State Garden Show in Überlingen

    10 March 2021, Baden-Wuerttemberg, Überlingen: Gardeners plant flowers on the shore of Lake Constance (shot with drone). The State Horticultural Show is scheduled to open in Überlingen on 09.04.2021. Photo: Felix Kästle/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年03月04日
    (2)ドローン大手DJI、没入型の飛行体験楽しめる新型機発表

    2日、深圳で開かれたイベントで、専用ゴーグルと操作スティックを使って「DJIFPV」の操縦を体験する来場者。中国の小型無人機(ドローン)大手、大疆創新科技(DJI)は2日、FPV(一人称視点)対応の新型機「DJIFPV」を発表した。専用ゴーグルを使って撮影中の映像をリアルタイムで楽しめ、片手でも操作できる。従来の空撮用ドローンと異なる視点と操作性で、追尾撮影や高速移動など複雑な動きにも対応する。フライトモードは3段階に分かれ、初心者からプロまで熟練度に応じた操作も可能。1/2・3インチセンサーと最大150度までの広視野角レンズを搭載し、没入感の高い操縦体験を提供する。(深圳=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月04日
    (1)ドローン大手DJI、没入型の飛行体験楽しめる新型機発表

    2日、深圳で開かれたイベントで披露された「DJIFPV」のフルセット。中国の小型無人機(ドローン)大手、大疆創新科技(DJI)は2日、FPV(一人称視点)対応の新型機「DJIFPV」を発表した。専用ゴーグルを使って撮影中の映像をリアルタイムで楽しめ、片手でも操作できる。従来の空撮用ドローンと異なる視点と操作性で、追尾撮影や高速移動など複雑な動きにも対応する。フライトモードは3段階に分かれ、初心者からプロまで熟練度に応じた操作も可能。1/2・3インチセンサーと最大150度までの広視野角レンズを搭載し、没入感の高い操縦体験を提供する。(深圳=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月04日
    (7)ドローン大手DJI、没入型の飛行体験楽しめる新型機発表

    2日、深圳で開かれたイベントで、操作スティックを使って「DJIFPV」の操縦を体験する来場者。中国の小型無人機(ドローン)大手、大疆創新科技(DJI)は2日、FPV(一人称視点)対応の新型機「DJIFPV」を発表した。専用ゴーグルを使って撮影中の映像をリアルタイムで楽しめ、片手でも操作できる。従来の空撮用ドローンと異なる視点と操作性で、追尾撮影や高速移動など複雑な動きにも対応する。フライトモードは3段階に分かれ、初心者からプロまで熟練度に応じた操作も可能。1/2・3インチセンサーと最大150度までの広視野角レンズを搭載し、没入感の高い操縦体験を提供する。(深圳=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月04日
    (4)ドローン大手DJI、没入型の飛行体験楽しめる新型機発表

    2日、深圳で開かれたイベントで飛行中の「DJIFPV」。中国の小型無人機(ドローン)大手、大疆創新科技(DJI)は2日、FPV(一人称視点)対応の新型機「DJIFPV」を発表した。専用ゴーグルを使って撮影中の映像をリアルタイムで楽しめ、片手でも操作できる。従来の空撮用ドローンと異なる視点と操作性で、追尾撮影や高速移動など複雑な動きにも対応する。フライトモードは3段階に分かれ、初心者からプロまで熟練度に応じた操作も可能。1/2・3インチセンサーと最大150度までの広視野角レンズを搭載し、没入感の高い操縦体験を提供する。(深圳=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月04日
    (3)ドローン大手DJI、没入型の飛行体験楽しめる新型機発表

    2日、深圳で開かれたイベントで飛行中の「DJIFPV」。中国の小型無人機(ドローン)大手、大疆創新科技(DJI)は2日、FPV(一人称視点)対応の新型機「DJIFPV」を発表した。専用ゴーグルを使って撮影中の映像をリアルタイムで楽しめ、片手でも操作できる。従来の空撮用ドローンと異なる視点と操作性で、追尾撮影や高速移動など複雑な動きにも対応する。フライトモードは3段階に分かれ、初心者からプロまで熟練度に応じた操作も可能。1/2・3インチセンサーと最大150度までの広視野角レンズを搭載し、没入感の高い操縦体験を提供する。(深圳=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月03日
    IHP GmbH - Innovations for High Performance Microelectronics

    03 March 2021, Brandenburg, Frankfurt (Oder): The building of IHP GmbH - Innovations for High Performance Microelectronics - Leibniz Institute for Innovative Microelectronics with the new clean room extension on the left side (aerial view with a drone). The clean room - the technological heart of the IHP in Frankfurt (Oder) was expanded by half of its size in a 2.5 year construction period. The expansion of the clean room to a size of 1500 square meters enables the IHP on the one hand to provide partners from science and research with a stable BiCMOS technology platform and at the same time to explore the possibilities of new materials. The goal is to be able to maintain records such as the world‘s fastest silicon germanium transistor in the future. The IHP is an institute of the Leibniz Association and conducts research and development on silicon-based systems, high-frequency circuits and technologies including new materials.、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年03月03日
    IHP - Innovations for High Performance Microelectronics

    03 March 2021, Brandenburg, Frankfurt (Oder): The building of IHP GmbH - Innovations for High Performance Microelectronics - Leibniz Institute for Innovative Microelectronics with the new clean room extension (front) (aerial view with a drone). The clean room - the technological heart of the IHP in Frankfurt (Oder) was expanded by half its size in a 2.5 year construction period. The expansion of the clean room to a size of 1,500 square meters enables the IHP on the one hand to provide partners from science and research with a stable BiCMOS technology platform and at the same time to explore the possibilities of new materials. The goal is to be able to maintain records such as the world‘s fastest silicon germanium transistor in the future. The IHP employs about 300 people. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年03月03日
    IHP - Innovations for High Performance Microelectronics

    03 March 2021, Brandenburg, Frankfurt (Oder): The building of IHP GmbH - Innovations for High Performance Microelectronics - Leibniz Institute for Innovative Microelectronics with the new clean room extension (aerial view with a drone). The clean room - the technological heart of the IHP in Frankfurt (Oder) was expanded by half its size in 2.5 years of construction. The expansion of the clean room to a size of 1,500 square meters enables the IHP on the one hand to provide partners from science and research with a stable BiCMOS technology platform and at the same time to explore the possibilities of new materials. The goal is to be able to maintain records such as the world‘s fastest silicon germanium transistor in the future. The IHP employs about 300 people. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年03月02日
    ドローン大手DJI、没入型の飛行体験楽しめる新型機発表

    2日、深圳で開かれたイベントで飛行中の「DJIFPV」。中国の小型無人機(ドローン)大手、大疆創新科技(DJI)は2日、FPV(一人称視点)対応の新型機「DJIFPV」を発表した。専用ゴーグルを使って撮影中の映像をリアルタイムで楽しめ、片手でも操作できる。従来の空撮用ドローンと異なる視点と操作性で、追尾撮影や高速移動など複雑な動きにも対応する。フライトモードは3段階に分かれ、初心者からプロまで熟練度に応じた操作も可能。1/2・3インチセンサーと最大150度までの広視野角レンズを搭載し、没入感の高い操縦体験を提供する。(深圳=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月02日
    ドローン大手DJI、没入型の飛行体験楽しめる新型機発表

    2日、深圳で開かれたイベントで「DJIFPV」の操縦を体験する来場者。中国の小型無人機(ドローン)大手、大疆創新科技(DJI)は2日、FPV(一人称視点)対応の新型機「DJIFPV」を発表した。専用ゴーグルを使って撮影中の映像をリアルタイムで楽しめ、片手でも操作できる。従来の空撮用ドローンと異なる視点と操作性で、追尾撮影や高速移動など複雑な動きにも対応する。フライトモードは3段階に分かれ、初心者からプロまで熟練度に応じた操作も可能。1/2・3インチセンサーと最大150度までの広視野角レンズを搭載し、没入感の高い操縦体験を提供する。(深圳=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    宮城県東松島市 震災10年、復興の現在地

    2011年3月28日(上)と今年2月14日の宮城県東松島市。高台の造成地に災害公営住宅などが立ち並ぶ。昨年、浸水区域に奥松島運動公園がオープンした(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    仙台市若林区荒浜地区 震災10年、復興の現在地

    2011年3月12日(上)と今年2月14日の仙台市若林区荒浜地区。災害危険区域に指定され、住民は内陸に移転した。震災遺構として荒浜小校舎が保存され、かさ上げ道路なども整備された。3月には大規模観光農園(下、中央)もオープン予定(共同通信社ヘリから)

  • 2021年02月12日
    上野敬幸の菜の花畑 うれしくて寂しい朝

    上野敬幸の菜の花畑。ゴールデンウイークの一般開放に向け、迷路づくりをしていた=2015年、福島県南相馬市(小型無人機から)

    撮影: 2015年、福島県南相馬市

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Palm House built in 1798/99 in the wintry Garden Kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Palm House built in 1798/99 in the wintry Garden Kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Wörlitz Castle stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with a drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Palm House built in 1798/99 in the wintry Garden Kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Luisium Palace stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Wörlitz Castle stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with a drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Palm House built in 1798/99 in the wintry Garden Kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Wörlitz Castle stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with a drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Luisium Palace stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Wörlitz Castle stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with a drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Wörlitz Castle stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with a drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Wörlitz Castle stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with a drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Luisium Palace stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Luisium Palace stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Palm House built in 1798/99 in the wintry Garden Kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    (5)送電塔にコウノトリ見守るカメラ設置江西省鄱陽県

    1月29日、江西省鄱陽県饒豊鎮で、送電塔に作られたコウノトリの巣の近くにカメラを設置する作業員。(小型無人機から)中国最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)に近い江西省上饒市鄱陽県饒豊鎮で、コウノトリの巣を観察するカメラが送電塔に取り付けられた。同湖周辺で繁殖するコウノトリは送電塔に巣を作ることが多い。カメラで習性や繁殖行動を記録し、研究者に動画を提供する。カメラ設置はコウノトリの観察と保護を目的に、鄱陽湖国家級自然保護区管理局と送電大手、国家電網傘下の国網江西省電力が共同で行った。(鄱陽=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    (2)送電塔にコウノトリ見守るカメラ設置江西省鄱陽県

    1月29日、江西省鄱陽県饒豊鎮で、コウノトリの巣の近くにカメラを設置する作業員。(小型無人機から)中国最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)に近い江西省上饒市鄱陽県饒豊鎮で、コウノトリの巣を観察するカメラが送電塔に取り付けられた。同湖周辺で繁殖するコウノトリは送電塔に巣を作ることが多い。カメラで習性や繁殖行動を記録し、研究者に動画を提供する。カメラ設置はコウノトリの観察と保護を目的に、鄱陽湖国家級自然保護区管理局と送電大手、国家電網傘下の国網江西省電力が共同で行った。(鄱陽=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    (4)送電塔にコウノトリ見守るカメラ設置江西省鄱陽県

    1月29日、江西省鄱陽県饒豊鎮で、送電塔に作られたコウノトリの巣の近くにカメラを設置する作業員。(小型無人機から)中国最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)に近い江西省上饒市鄱陽県饒豊鎮で、コウノトリの巣を観察するカメラが送電塔に取り付けられた。同湖周辺で繁殖するコウノトリは送電塔に巣を作ることが多い。カメラで習性や繁殖行動を記録し、研究者に動画を提供する。カメラ設置はコウノトリの観察と保護を目的に、鄱陽湖国家級自然保護区管理局と送電大手、国家電網傘下の国網江西省電力が共同で行った。(鄱陽=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    (8)送電塔にコウノトリ見守るカメラ設置江西省鄱陽県

    1月29日、江西省鄱陽県饒豊鎮で、送電塔に作られたコウノトリの巣の近くにカメラを設置する作業員。(小型無人機から)中国最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)に近い江西省上饒市鄱陽県饒豊鎮で、コウノトリの巣を観察するカメラが送電塔に取り付けられた。同湖周辺で繁殖するコウノトリは送電塔に巣を作ることが多い。カメラで習性や繁殖行動を記録し、研究者に動画を提供する。カメラ設置はコウノトリの観察と保護を目的に、鄱陽湖国家級自然保護区管理局と送電大手、国家電網傘下の国網江西省電力が共同で行った。(鄱陽=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月27日
    Mildenstein Castle shows “Myth of August

    27 January 2021, Saxony, Leisnig: Mildenstein Castle sits enthroned on a rocky spur above the Mulde River. An exhibition on the Kornhaus floor traces the myth of the Saxon Elector and Polish King August the Strong (1670-1733). In the show “Myth of August“, films, panels, installations and works of art bear witness to the creation of myths to confirm Saxon identity, which began with the self-dramatisation of the baroque prince. The show also dispels legends surrounding the monarch‘s strength or potency. If the Corona situation permits, Mildenstein Castle will be open to visitors again from April. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    (4)新鮮なタケノコが出荷開始浙江省杭州市

    24日、「天目雷笋」が栽培されている太湖源鎮の現代農業パーク。(小型無人機から)中国浙江省杭州市臨安区の太湖源鎮タケノコ取引市場が24日、改装を終えて正式にオープンし、新鮮なタケノコが大量に出荷された。同市場は杭州エリア最大のタケノコ取引市場で、同区の特産品「天目雷笋」は毎年数万トンがここから全国に出荷されている。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (5)欧亜班列、山東省の「一帯一路」による対外開放を後押し

    21日、「欧亜班列」に積まれていたコンテナの運搬作業の様子。(小型無人機から)中国鉄路済南局集団はここ数年、貨物輸送の最適化に取り組み、中国と欧州や「一帯一路」沿線諸国を結ぶ国際定期貨物列車「欧亜班列」のうち、山東省済南市からオランダのフェンロに向かう「斉魯号」の急速な発展を後押ししている。斉魯号の昨年の運行本数は前年比42・9%増の1506本、輸出入総額は130億8千万元(1元=約16円)に上る。2018年10月31日の運行開始から昨年末までの運行本数は累計2635本に達しており、同列車は同省が「一帯一路」構想による対外開放を推進する上で、重要な役割を担っている。(済南=新華社記者/王凱)= 配信日: 2021(令和3)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (4)欧亜班列、山東省の「一帯一路」による対外開放を後押し

    21日、「欧亜班列」に積まれていたコンテナの運搬作業の様子。(小型無人機から)中国鉄路済南局集団はここ数年、貨物輸送の最適化に取り組み、中国と欧州や「一帯一路」沿線諸国を結ぶ国際定期貨物列車「欧亜班列」のうち、山東省済南市からオランダのフェンロに向かう「斉魯号」の急速な発展を後押ししている。斉魯号の昨年の運行本数は前年比42・9%増の1506本、輸出入総額は130億8千万元(1元=約16円)に上る。2018年10月31日の運行開始から昨年末までの運行本数は累計2635本に達しており、同列車は同省が「一帯一路」構想による対外開放を推進する上で、重要な役割を担っている。(済南=新華社記者/王凱)= 配信日: 2021(令和3)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (2)欧亜班列、山東省の「一帯一路」による対外開放を後押し

    21日、「欧亜班列」に積まれていたコンテナの運搬作業の様子。(小型無人機から)中国鉄路済南局集団はここ数年、貨物輸送の最適化に取り組み、中国と欧州や「一帯一路」沿線諸国を結ぶ国際定期貨物列車「欧亜班列」のうち、山東省済南市からオランダのフェンロに向かう「斉魯号」の急速な発展を後押ししている。斉魯号の昨年の運行本数は前年比42・9%増の1506本、輸出入総額は130億8千万元(1元=約16円)に上る。2018年10月31日の運行開始から昨年末までの運行本数は累計2635本に達しており、同列車は同省が「一帯一路」構想による対外開放を推進する上で、重要な役割を担っている。(済南=新華社記者/王凱)= 配信日: 2021(令和3)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (1)欧亜班列、山東省の「一帯一路」による対外開放を後押し

    21日、「欧亜班列」に積まれていたコンテナの運搬作業の様子。(小型無人機から)中国鉄路済南局集団はここ数年、貨物輸送の最適化に取り組み、中国と欧州や「一帯一路」沿線諸国を結ぶ国際定期貨物列車「欧亜班列」のうち、山東省済南市からオランダのフェンロに向かう「斉魯号」の急速な発展を後押ししている。斉魯号の昨年の運行本数は前年比42・9%増の1506本、輸出入総額は130億8千万元(1元=約16円)に上る。2018年10月31日の運行開始から昨年末までの運行本数は累計2635本に達しており、同列車は同省が「一帯一路」構想による対外開放を推進する上で、重要な役割を担っている。(済南=新華社記者/王凱)= 配信日: 2021(令和3)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (3)欧亜班列、山東省の「一帯一路」による対外開放を後押し

    21日、「欧亜班列」に積まれていたコンテナの運搬作業の様子。(小型無人機から)中国鉄路済南局集団はここ数年、貨物輸送の最適化に取り組み、中国と欧州や「一帯一路」沿線諸国を結ぶ国際定期貨物列車「欧亜班列」のうち、山東省済南市からオランダのフェンロに向かう「斉魯号」の急速な発展を後押ししている。斉魯号の昨年の運行本数は前年比42・9%増の1506本、輸出入総額は130億8千万元(1元=約16円)に上る。2018年10月31日の運行開始から昨年末までの運行本数は累計2635本に達しており、同列車は同省が「一帯一路」構想による対外開放を推進する上で、重要な役割を担っている。(済南=新華社記者/王凱)= 配信日: 2021(令和3)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (7)故郷で塩漬け肉工場を開業し成功をつかむ安徽省合肥市

    13日、安徽省合肥市肥西県上派鎮にある丁升平さんが経営する食肉加工場。(小型無人機から)丁升平(ちょう・しょうへい)さん(36)は2012年、故郷の中国安徽省合肥市肥西県で塩漬け肉を扱う小さな工場を開業した。商品開発から販売まで全てを一から学んだ丁さんの工場は、堅実な経営を続け、今では大規模な食肉加工場へと発展した。丁さんの工場は昨年、新型コロナウイルスの流行で一時的に打撃を受けたものの、新商品の開発やネットと実店舗を組み合わせた販売を開始したことで、事業は急速に好転した。昨年の売上は1千万元(1元=約16円)を超え、地元住民20人以上に新たな雇用を提供している。(合肥=新華社記者/劉軍喜)= 配信日: 2021(令和3)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (4)故郷で塩漬け肉工場を開業し成功をつかむ安徽省合肥市

    13日、安徽省合肥市肥西県上派鎮の工場で、塩漬け肉製品を運ぶ丁升平さん。(小型無人機から)丁升平(ちょう・しょうへい)さん(36)は2012年、故郷の中国安徽省合肥市肥西県で塩漬け肉を扱う小さな工場を開業した。商品開発から販売まで全てを一から学んだ丁さんの工場は、堅実な経営を続け、今では大規模な食肉加工場へと発展した。丁さんの工場は昨年、新型コロナウイルスの流行で一時的に打撃を受けたものの、新商品の開発やネットと実店舗を組み合わせた販売を開始したことで、事業は急速に好転した。昨年の売上は1千万元(1元=約16円)を超え、地元住民20人以上に新たな雇用を提供している。(合肥=新華社記者/劉軍喜)= 配信日: 2021(令和3)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (8)極寒の地に「雪のとりで」がオープン黒竜江省牡丹江市

    7日、第20回「中国・牡丹江雪堡」の会場。(小型無人機から)中国黒竜江省牡丹江市で7日、年に1度の冬季観光プロジェクト「牡丹江雪堡」がオープンした。総計画面積は9万平方メートルで、敷地内には「快楽相約」「新春歓迎」「金牛送福」「雪堡楽園」など六つのエリアが設けられている。会場を彩る美しい雪の彫刻作品を楽しもうと、各地から多くの観光客が訪れている。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(令和3)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (7)極寒の地に「雪のとりで」がオープン黒竜江省牡丹江市

    7日、第20回「中国・牡丹江雪堡」の会場。(小型無人機から)中国黒竜江省牡丹江市で7日、年に1度の冬季観光プロジェクト「牡丹江雪堡」がオープンした。総計画面積は9万平方メートルで、敷地内には「快楽相約」「新春歓迎」「金牛送福」「雪堡楽園」など六つのエリアが設けられている。会場を彩る美しい雪の彫刻作品を楽しもうと、各地から多くの観光客が訪れている。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(令和3)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...