KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 小型無人機
  • ドローン
  • 一般開放
  • 中国河北省
  • 貧困脱却
  • 貧困支援
  • 黒竜江省
  • 中国甘粛省
  • 貧困世帯
  • 太陽光発電

「open 空撮」の写真・映像

絞り込み
  • 1年以内
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
299
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
299
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年05月08日
    First outdoor swimming pool in North Rhine-Westphalia opens for its guests

    08 May 2021, North Rhine-Westphalia, Billerbeck: Guests swim their laps in the open-air swimming pool (shot with drone). After six months, the open-air swimming pool in Billerbeck opens as part of a model project in the Coesfeld district. Guests must present a negative corona test and register. A maximum of 500 guests are allowed. Masks are mandatory on the premises, but not in the water. Photo: Guido Kirchner/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年05月08日
    First outdoor swimming pool in North Rhine-Westphalia opens for its guests

    08 May 2021, North Rhine-Westphalia, Billerbeck: A guest swims his laps in the outdoor pool (shot with drone). After six months, the open-air swimming pool in Billerbeck opens as part of a model project in the Coesfeld district. Guests have to present a negative corona test and register. A maximum of 500 guests are allowed. Masks are mandatory on the premises, but not in the water. Photo: Guido Kirchner/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年05月08日
    First outdoor swimming pool in North Rhine-Westphalia opens for its guests

    08 May 2021, North Rhine-Westphalia, Billerbeck: A guest jumps from a 3-meter tower in the open-air swimming pool and dives into the water (shot with drone). After six months, the open-air swimming pool in Billerbeck opens as part of a model project in the Coesfeld district. Guests must present a negative corona test and register. A maximum of 500 guests are allowed. Masks are mandatory on the premises, but not in the water. Photo: Guido Kirchner/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年05月08日
    First outdoor swimming pool in North Rhine-Westphalia opens for its guests

    08 May 2021, North Rhine-Westphalia, Billerbeck: Guests swim their laps in the open-air swimming pool (shot with drone). After six months, the open-air swimming pool in Billerbeck opens as part of a model project in the Coesfeld district. Guests must present a negative corona test and register. A maximum of 500 guests are allowed. Masks are mandatory on the premises, but not in the water. Photo: Guido Kirchner/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年05月08日
    First outdoor swimming pool in North Rhine-Westphalia opens for its guests

    08 May 2021, North Rhine-Westphalia, Billerbeck: Guests swim their laps in the open-air swimming pool (shot with drone). After six months, the open-air swimming pool in Billerbeck opens as part of a model project in the Coesfeld district. Guests must present a negative corona test and register. A maximum of 500 guests are allowed. Masks are mandatory on the premises, but not in the water. Photo: Guido Kirchner/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年05月08日
    First outdoor swimming pool in North Rhine-Westphalia opens for its guests

    08 May 2021, North Rhine-Westphalia, Billerbeck: Guests swim their laps in the open-air swimming pool (shot with drone). After six months, the open-air swimming pool in Billerbeck opens as part of a model project in the Coesfeld district. Guests must present a negative corona test and register. A maximum of 500 guests are allowed. Masks are mandatory on the premises, but not in the water. Photo: Guido Kirchner/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年05月08日
    First outdoor swimming pool in North Rhine-Westphalia opens for its guests

    08 May 2021, North Rhine-Westphalia, Billerbeck: A guest swims his laps in the outdoor pool (shot with drone). After six months, the open-air swimming pool in Billerbeck opens as part of a model project in the Coesfeld district. Guests have to present a negative corona test and register. A maximum of 500 guests are allowed. Masks are mandatory on the premises, but not in the water. Photo: Guido Kirchner/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年05月08日
    First outdoor swimming pool in North Rhine-Westphalia opens for its guests

    dpatop - 08 May 2021, North Rhine-Westphalia, Billerbeck: A guest swims his laps in the outdoor pool (shot with drone). After six months, the open-air swimming pool in Billerbeck opens as part of a model project in the Coesfeld district. Guests have to present a negative corona test and register. A maximum of 500 guests are allowed. Masks are mandatory on the premises, but not in the water. Photo: Guido Kirchner/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年05月08日
    First outdoor swimming pool in North Rhine-Westphalia opens for its guests

    08 May 2021, North Rhine-Westphalia, Billerbeck: Guests swim their laps in the open-air swimming pool (shot with drone). After six months, the open-air swimming pool in Billerbeck opens as part of a model project in the Coesfeld district. Guests must present a negative corona test and register. A maximum of 500 guests are allowed. Masks are mandatory on the premises, but not in the water. Photo: Guido Kirchner/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年05月06日
    (1)かつての荒れた川辺が憩いの場に広西チワン族自治区

    3日、上空から見た広西チワン族自治区柳州市の浜江生態公園。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区柳州市柳東新区にある浜江生態公園は労働節(メーデー)の連休(1~5日)期間中、正式に一般開放された。かつて雑草が生い茂っていた柳江沿岸は整備を経て生態公園へと生まれ変わり、人々がレジャーやスポーツを楽しめる場所となっている。(柳州=新華社配信/黎寒池)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月06日
    (3)陝西省華山メーデー連休に観光客11万人

    5日、華山西峰の頂上で伝統芸能「華陰老腔」を披露する演者。(小型無人機から)中国陝西省の華山風景区では1~5日の労働節(メーデー)連休中、1日の入山者を延べ3万人以下に制限した上で、華山峪登山道を24時間開放し、各種メディアを通して開放に関する詳細な規則の周知や案内を行った。また、新型コロナウイルス対策サービスポイントを21カ所設置し、非接触型の入山券販売・改札を実施。華山を訪れた観光客は5日午後4時時点で延べ約11万人に達した。(渭南=新華社記者/陶明)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月06日
    (7)かつての荒れた川辺が憩いの場に広西チワン族自治区

    3日、上空から見た広西チワン族自治区柳州市の浜江生態公園。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区柳州市柳東新区にある浜江生態公園は労働節(メーデー)の連休(1~5日)期間中、正式に一般開放された。かつて雑草が生い茂っていた柳江沿岸は整備を経て生態公園へと生まれ変わり、人々がレジャーやスポーツを楽しめる場所となっている。(柳州=新華社配信/黎寒池)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月06日
    (8)かつての荒れた川辺が憩いの場に広西チワン族自治区

    3日、上空から見た広西チワン族自治区柳州市の浜江生態公園。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区柳州市柳東新区にある浜江生態公園は労働節(メーデー)の連休(1~5日)期間中、正式に一般開放された。かつて雑草が生い茂っていた柳江沿岸は整備を経て生態公園へと生まれ変わり、人々がレジャーやスポーツを楽しめる場所となっている。(柳州=新華社配信/黎寒池)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月06日
    (10)かつての荒れた川辺が憩いの場に広西チワン族自治区

    3日、上空から見た広西チワン族自治区柳州市の浜江生態公園。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区柳州市柳東新区にある浜江生態公園は労働節(メーデー)の連休(1~5日)期間中、正式に一般開放された。かつて雑草が生い茂っていた柳江沿岸は整備を経て生態公園へと生まれ変わり、人々がレジャーやスポーツを楽しめる場所となっている。(柳州=新華社配信/黎寒池)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月03日
    (1)天津イタリア街、メーデー連休にリニューアルオープン

    1日、天津イタリア街のマルコ・ポーロ広場。(小型無人機から)中国天津市河北区にある旧イタリア租界の街並みを保護・開発した「天津イタリア街」(意式風情区)は1日、全面リニューアル後初めての一般開放日を迎えた。労働節(メーデー)連休(今年は5月1~5日)を利用して多くの観光客が訪れ、休日のひとときを楽しんでいた。(天津=新華社配信/孫凡越)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (8)鄭州博物館の新館が一般開放河南省

    鄭州博物館新館の外観。(資料写真、小型無人機から)中国河南省鄭州市で5年余り前から建設が進められていた鄭州博物館の新館が先月30日にオープンし、1日に一般開放された。同市市民公共文化サービス区の中核エリアにあり、延べ床面積は14万7千平方メートル。青少年活動センターや小劇場などの施設も併設する。鄭州博物館は1957年の開館で、所蔵する文化財は6万点余り。第1次国家1級博物館に選ばれている。(鄭州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (5)鄭州博物館の新館が一般開放河南省

    鄭州博物館新館の外観。(資料写真、小型無人機から)中国河南省鄭州市で5年余り前から建設が進められていた鄭州博物館の新館が先月30日にオープンし、1日に一般開放された。同市市民公共文化サービス区の中核エリアにあり、延べ床面積は14万7千平方メートル。青少年活動センターや小劇場などの施設も併設する。鄭州博物館は1957年の開館で、所蔵する文化財は6万点余り。第1次国家1級博物館に選ばれている。(鄭州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (4)鄭州博物館の新館が一般開放河南省

    鄭州博物館新館の外観。(資料写真、小型無人機から)中国河南省鄭州市で5年余り前から建設が進められていた鄭州博物館の新館が先月30日にオープンし、1日に一般開放された。同市市民公共文化サービス区の中核エリアにあり、延べ床面積は14万7千平方メートル。青少年活動センターや小劇場などの施設も併設する。鄭州博物館は1957年の開館で、所蔵する文化財は6万点余り。第1次国家1級博物館に選ばれている。(鄭州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月27日
    Shepherd in the Taunus

    27 April 2021, Hessen, Eschbach: Shepherd Volker Schuhmacher drives almost 1,000 sheep to a pasture near Eschbach in the Taunus region (aerial view with a drone). The animals spend almost the whole year in the open air and are regularly driven to new pastures. (To dpa “Crowd of city dwellers causes farmers some stress“ from 04.05.2021) Photo: Boris Roessler/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月27日
    Shepherd in the Taunus

    27 April 2021, Hessen, Eschbach: Almost 1,000 sheep from shepherd Volker Schuhmacher‘s flock graze on a pasture near Eschbach in the Taunus region (aerial view taken with a drone). The animals spend almost the whole year in the open air and are regularly driven to new pastures. (To dpa “Crowd of city dwellers causes farmers some stress“ from 04.05.2021) Photo: Boris Roessler/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月26日
    Johnson and Johnson COVID-19 Vaccine Again Offered in Orlando, US - 25 Apr 2021

    April 25, 2021, Orlando, Florida, United States: (EDITORâS NOTE: Image taken with a drone).Vehicles seen at the FEMA-supported COVID-19 vaccination site at Valencia State College on the first day the site resumed offering the Johnson & Johnson vaccine following the lifting of the pause ordered by the FDA and the CDC due to blood clot concerns..Most patients opted for the Pfizer vaccine which was also available. (Credit Image: © Paul Hennessy/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Paul Hennessy/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月26日
    Johnson and Johnson COVID-19 Vaccine Again Offered in Orlando, US - 25 Apr 2021

    April 25, 2021, Orlando, Florida, United States: (EDITORâS NOTE: Image taken with a drone).Vehicles seen at the FEMA-supported COVID-19 vaccination site at Valencia State College on the first day the site resumed offering the Johnson & Johnson vaccine following the lifting of the pause ordered by the FDA and the CDC due to blood clot concerns..Most patients opted for the Pfizer vaccine which was also available. (Credit Image: © Paul Hennessy/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Paul Hennessy/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月26日
    Crop circles in the sunset

    26 April 2021, Brandenburg, Jacobsdorf: The sunset shines over the landscape and the symbol “Flower of Life“, which can be seen as a huge pattern in a field of winter grain (aerial view with a drone). Michael Uy, painter and artist from Jacobsdorf, makes the well-known symbol grow in a field of grain. A farmer friend provided him with this spot in the field for the experiment. The dark green outlines of the symbol are only created because Michael Uy had previously fertilized the grain in these places. Already last winter the artist created the flower of life as a huge pattern in the snow. The Flower of Life is perhaps the most important energy symbol of the so-called Sacred Geometry and is more than 5000 years old. Michael Uy had already begun with the preparations for the creation of the geometric forms about three weeks ago. 19 wooden pillars were hammered into the field to mark them. With a string, as a distance to the wooden pillars,、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月26日
    Crop circles in the sunset

    26 April 2021, Brandenburg, Jacobsdorf: The sunset shines over the landscape and the symbol “Flower of Life“, which can be seen as a huge pattern in a field of winter grain (aerial view with a drone). Michael Uy, painter and artist from Jacobsdorf, makes the well-known symbol grow in a field of grain. A farmer friend provided him with this spot in the field for the experiment. The dark green outlines of the symbol are only created because Michael Uy had previously fertilized the grain in these places. Already last winter the artist created the flower of life as a huge pattern in the snow. The Flower of Life is perhaps the most important energy symbol of the so-called Sacred Geometry and is more than 5000 years old. Michael Uy had already begun with the preparations for the creation of the geometric forms about three weeks ago. 19 wooden pillars were hammered into the field to mark them. With a string, as a distance to the wooden pillars,、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月21日
    Before the start of the outdoor pool season - Munich

    PRODUCTION - 21 April 2021, Bavaria, Munich: Two not yet cleaned pools can be seen in the Westbad. (Aerial view with a drone) The start of the outdoor pool season this year is not yet fixed due to corona. The start of the outdoor pool season this year has not yet been determined due to corona. Normally, most pools open on May 1. Currently, the cities and municipalities are bringing their outdoor pools into operating condition. The necessary renovation work was completed over the winter. Photo: Sven Hoppe/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月21日
    Before the start of the outdoor pool season - Munich

    PRODUCTION - 21 April 2021, Bavaria, Munich: Employees clean a large pool at Westbad before the start of the outdoor pool season. (Aerial photo taken with a drone) Normally, most pools open on May 1. Currently, cities and towns are bringing their outdoor pools up to operating condition. The necessary renovation work was completed over the winter. Photo: Sven Hoppe/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    Before the start of the outdoor pool season - Valluhn

    PRODUCTION - 20 April 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Valluhn: The first large slide built in Mecklenburg after the opening of the border at the swimming pool of Waldbad Valluhn. (Aerial photo taken with a drone) Preparations for the new season are in full swing at the outdoor pool, which was built in 1978. In the next few days, the pool will be cleaned and filled with fresh water. If the Corona protection measures allow it, the Waldbad could open to visitors at the end of May. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    Before the start of the outdoor pool season - Valluhn

    PRODUCTION - 20 April 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Valluhn: The water in the pool at Waldbad Valluhn is still from last year. (Aerial view with a drone) Preparations for the new season are in full swing at the outdoor pool, which was built in 1978. In the next few days, the pool will be cleaned and filled with fresh water. If the Corona protection measures allow it, the Waldbad could open to visitors at the end of May. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    Before the start of the outdoor pool season - Valluhn

    PRODUCTION - 20 April 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Valluhn: The water in the pool at Waldbad Valluhn is still from last year. (Aerial view with a drone) Preparations for the new season are in full swing at the outdoor pool, which was built in 1978. In the next few days, the pool will be cleaned and filled with fresh water. If the Corona protection measures allow it, the Waldbad could open to visitors at the end of May. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    Before the start of the outdoor pool season - Valluhn

    PRODUCTION - 20 April 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Valluhn: The water in the pool at Waldbad Valluhn is still from last year. (Aerial view with a drone) Preparations for the new season are in full swing at the outdoor pool, which was built in 1978. In the next few days, the pool will be cleaned and filled with fresh water. If the Corona protection measures allow it, the Waldbad could open to visitors at the end of May. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    Outdoor pool before the start of the season

    20 April 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Valluhn: The water in the pool at Waldbad Valluhn is still from last year. (Aerial view with a drone) Preparations for the new season are in full swing at the outdoor pool, which was built in 1978. In the next few days, the pool will be cleaned and filled with fresh water. If the Corona protection measures allow it, the Waldbad could open to visitors at the end of May. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    Before the start of the outdoor pool season - Valluhn

    PRODUCTION - 20 April 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Valluhn: The water in the pool at Waldbad Valluhn is still from last year. (Aerial view with a drone) Preparations for the new season are in full swing at the outdoor pool, which was built in 1978. In the next few days, the pool will be cleaned and filled with fresh water. If the Corona protection measures allow it, the Waldbad could open to visitors at the end of May. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    Before the start of the outdoor pool season - Frankfurt am Main

    PRODUCTION - 20 April 2021, Hessen, Frankfurt/Main: A red footbridge with a yellow umbrella spans the still deserted outdoor pool in Frankfurt‘s Eschersheim district (aerial view taken by drone). Employees are preparing to get the bathing facility into an operational state by May 1. However, the start of the outdoor pool season this year has not yet been determined due to Corona. Normally, most pools open on May 1. Photo: Boris Roessler/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (4)深海高性能センサー探査機器、今年度初の海上試験を完了

    4日、母船「探索2号」に帰還した有人潜水艇「深海勇士」。(小型無人機から)中国科学院が主導する特別プロジェクトが開発した深海高性能センサー探査機器がこのほど、2021年度最初の海上試験を無事終えた。今回の試験では、南中国海で6回の潜水を実施。中国初の深海用MEMSガスクロマトグラフや深海放射線測定器などをテストした。これらの機器はいずれも中国が独自の知的財産権を持ち、今後実施するメタンのサイクルと生態環境効果に関する研究に重要な技術的手段を提供する。(海口=新華社記者/張麗蕓)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (16)深海高性能センサー探査機器、今年度初の海上試験を完了

    5日、有人潜水艇「深海勇士」の母船「探索2号」。(小型無人機から)中国科学院が主導する特別プロジェクトが開発した深海高性能センサー探査機器がこのほど、2021年度最初の海上試験を無事終えた。今回の試験では、南中国海で6回の潜水を実施。中国初の深海用MEMSガスクロマトグラフや深海放射線測定器などをテストした。これらの機器はいずれも中国が独自の知的財産権を持ち、今後実施するメタンのサイクルと生態環境効果に関する研究に重要な技術的手段を提供する。(海口=新華社記者/張麗蕓)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    Before the start of the outdoor pool season - Valluhn

    PRODUCTION - 20 April 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Valluhn: The first large slide built in Mecklenburg after the opening of the border at the swimming pool of Waldbad Valluhn. (Aerial photo taken with a drone) Preparations for the new season are in full swing at the outdoor pool, which was built in 1978. In the next few days, the pool will be cleaned and filled with fresh water. If the Corona protection measures allow it, the Waldbad could open to visitors at the end of May. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (4)太陽光発電関連産業の高度化を支援河北省唐山市

    16日、河北省唐山市玉田県唐自頭鎮の山あいにある太陽光発電設備。(小型無人機から)中国河北省唐山市玉田県はここ数年、太陽光発電産業に力を入れており、県内の関連設備製造企業の工場に高度自動化生産ラインを建設し、研究機関と協力して高効率太陽光発電シリコンウエハーなどの製品を共同開発する取り組みを進めている。生産される太陽電池モジュールは、発電所の系統連系に使用することで、生産活動や生活を支えるエネルギーの提供を可能にする。製品は日本や欧州などの海外市場にも輸出されている。(唐山=新華社記者/金皓原)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    Before the start of the outdoor pool season - Bad Soden am Taunus

    PRODUCTION - 19 April 2021, Hessen, Bad Soden am Taunus: A pool employee walks through the empty pool of the outdoor pool in Bad Soden (aerial view with a drone). The start of the outdoor pool season this year has not yet been determined due to Corona. Normally, most pools open on May 1. Currently, cities and towns are bringing their outdoor pools into operating condition. The necessary renovation work was completed over the winter. Photo: Boris Roessler/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    Before the start of the outdoor pool season - Bad Soden am Taunus

    PRODUCTION - 19 April 2021, Hessen, Bad Soden am Taunus: A pool employee walks through the empty pool of the outdoor pool in Bad Soden (aerial view with a drone). The start of the outdoor pool season this year has not yet been determined due to Corona. Normally, most pools open on May 1. Currently, cities and towns are bringing their outdoor pools into operating condition. The necessary renovation work was completed over the winter. Photo: Boris Roessler/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (1)村民に安定した電力を提供する山間部の「供電所」湖南省常徳市

    14日、湖南省常徳市石門県壺瓶山鎮で、峡谷の上のつり橋を渡る壺瓶山供電所の作業員たち。(小型無人機から)中国送電大手、国家電網は2007年、湖南省常徳市石門県壺瓶山地区の電力利用の秩序を保障するため、同地に電力供給や送電線の保守などを担当する壺瓶山供電所を設立した。壺瓶山は「湖南の屋根」と呼ばれ、標高が高く険しい道が続き、土地が広く住民は少ない。当時は徒歩で行くしかない村が多く、供電所の作業員たちは、ポールやワイヤーなどを肩に担いだり、ケーブルで引いたりして運び、同地の住民が安定して電気を使えるよう手助けした。同社がこの地の小規模な水力発電管轄区域を引き継いだ当時、わずか350万キロワット時だった年間販売電力量は、2020年末には2098万キロワット時に達した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    Before the start of the outdoor pool season - Bad Soden am Taunus

    PRODUCTION - 19 April 2021, Hessen, Bad Soden am Taunus: A pool employee walks through the empty pool of the outdoor pool in Bad Soden (aerial view with a drone). The start of the outdoor pool season this year has not yet been determined due to Corona. Normally, most pools open on May 1. Currently, cities and towns are bringing their outdoor pools into operating condition. The necessary renovation work was completed over the winter. Photo: Boris Roessler/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (1)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    13日、上空から見た海南省海口市の雲洞図書館。(小型無人機から)中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    Outdoor pools prepare for the season

    15 April 2021, Saxony-Anhalt, Halle (Saale): Employee of Bäder Halle GmbH cleans a wall in the large pool in the Nordbad. The outdoor pools in Saxony-Anhalt are preparing for the upcoming season despite the uncertain Corona situation. Several pools are planning to open from 15 May, taking into account possible pandemic-related changes. (Photo taken with a drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    Outdoor pools prepare for the season

    15 April 2021, Saxony-Anhalt, Halle (Saale): An employee of Bäder Halle GmbH cleans a wall in the large pool in the Nordbad. The outdoor pools in Saxony-Anhalt are preparing for the upcoming season despite the uncertain Corona situation. Several pools are planning to open from 15 May, taking into account possible pandemic-related changes. (Photo taken with a drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (3)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    13日、海南省海口市の海口湾にある雲洞図書館。(小型無人機から)中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (2)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    13日、海南省海口市の海口湾にある雲洞図書館。(小型無人機から)中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月13日
    (3)重慶市永川区で自動運転バスが運行開始

    12日、重慶市永川区の市街地を走行するレベル4の自動運転バス。(小型無人機から)中国重慶市永川区で12日、中国初となる自動運転バスの料金徴収モデル運用プロジェクトが正式にスタートした。レベル4の自動運転車3台が同区神女湖、興竜湖、観音山公園などの停留所に停車する。利用者はインターネット検索大手の百度(バイドゥ)が提供する「百度地図」や同区サービス公社などのアプリで予約し、自動運転バスに乗車することができる。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2021(令和3)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月13日
    (1)重慶市永川区で自動運転バスが運行開始

    12日、重慶市永川区の市街地を走行するレベル4の自動運転バス。(小型無人機から)中国重慶市永川区で12日、中国初となる自動運転バスの料金徴収モデル運用プロジェクトが正式にスタートした。レベル4の自動運転車3台が同区神女湖、興竜湖、観音山公園などの停留所に停車する。利用者はインターネット検索大手の百度(バイドゥ)が提供する「百度地図」や同区サービス公社などのアプリで予約し、自動運転バスに乗車することができる。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2021(令和3)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月13日
    (2)重慶市永川区で自動運転バスが運行開始

    12日、重慶市永川区の市街地を走行するレベル4の自動運転バス。(小型無人機から)中国重慶市永川区で12日、中国初となる自動運転バスの料金徴収モデル運用プロジェクトが正式にスタートした。レベル4の自動運転車3台が同区神女湖、興竜湖、観音山公園などの停留所に停車する。利用者はインターネット検索大手の百度(バイドゥ)が提供する「百度地図」や同区サービス公社などのアプリで予約し、自動運転バスに乗車することができる。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2021(令和3)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月11日
    (2)河に浮かぶ「読書島」広東省清遠市

    8日、北江に浮かぶ江心島にある島上書院。(小型無人機から)中国広東省清遠市清城区の北江に浮かぶ江心島には、商店が1軒もなく、都市公共書斎「島上書院」だけがある。2017年、秦鴻雁(しん・こうがん)氏が地元政府の協力を得て、同島に一黙書房を設立。地元政府は同書房に場所や水、電気などを無償で提供した。同書房は全ての人に無料で開放され、無料の公共文化イベントも定期的に開かれている。2019年、同書房は清城区と共同で「島上書院」を建設し、中山大学哲学系と協力関係を結び、同大学優秀伝統文化普及教育研究センターを設立した。現在、書院の蔵書数は約3千冊で、公共文化イベントを年間約200回開催している。(清遠=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月11日
    (8)河に浮かぶ「読書島」広東省清遠市

    8日、広東省清遠市清城区の市街地と、北江に浮かぶ江心島。(小型無人機から)中国広東省清遠市清城区の北江に浮かぶ江心島には、商店が1軒もなく、都市公共書斎「島上書院」だけがある。2017年、秦鴻雁(しん・こうがん)氏が地元政府の協力を得て、同島に一黙書房を設立。地元政府は同書房に場所や水、電気などを無償で提供した。同書房は全ての人に無料で開放され、無料の公共文化イベントも定期的に開かれている。2019年、同書房は清城区と共同で「島上書院」を建設し、中山大学哲学系と協力関係を結び、同大学優秀伝統文化普及教育研究センターを設立した。現在、書院の蔵書数は約3千冊で、公共文化イベントを年間約200回開催している。(清遠=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月11日
    (1)河に浮かぶ「読書島」広東省清遠市

    8日、清遠市清城区の北江に浮かぶ江心島。(小型無人機から)中国広東省清遠市清城区の北江に浮かぶ江心島には、商店が1軒もなく、都市公共書斎「島上書院」だけがある。2017年、秦鴻雁(しん・こうがん)氏が地元政府の協力を得て、同島に一黙書房を設立。地元政府は同書房に場所や水、電気などを無償で提供した。同書房は全ての人に無料で開放され、無料の公共文化イベントも定期的に開かれている。2019年、同書房は清城区と共同で「島上書院」を建設し、中山大学哲学系と協力関係を結び、同大学優秀伝統文化普及教育研究センターを設立した。現在、書院の蔵書数は約3千冊で、公共文化イベントを年間約200回開催している。(清遠=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月10日
    Old construction train on trolley line

    10 April 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Goldberg: The multi-purpose rail unit (MZG) has stopped on an open track and Chris Wiechmann is standing next to the control stand. (Aerial photograph taken with a drone) Railway enthusiasts have bought the German State Railways (DR) vehicle built in 1986 at the Leipzig “Einheit“ depot from the Berlin-Schöneweide Railway Museum and want to use it to preserve the railway line between Karow and Wismar, which was closed in 1999, as a cultural asset. A tourism company offers trolley rides on the route. The hobby railway enthusiasts discovered the over eleven-tonne rail vehicle on the Internet, decided to buy it and transported it to Mecklenburg by low-loader and heavy-duty crane. With a maximum speed of 60 kilometres per hour, a permitted payload of five tonnes and a maximum of eight passengers, the MZG is now on the move on the railway line for maintenance and repair work. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月10日
    Old construction train on trolley line

    10 April 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Goldberg: The multi-purpose rail unit (MZG) is on the move on the open track. Railway enthusiasts have bought the German Reichsbahn (DR) vehicle, built in 1986 at the RAW “Einheit“ Leipzig, from the Berlin-Schöneweide Railway Museum and want to use it to preserve the railway line between Karow and Wismar, which was closed in 1999, as a cultural asset. A tourism company offers trolley rides on the route. The hobby railway enthusiasts discovered the over eleven-tonne rail vehicle on the Internet, decided to buy it and transported it to Mecklenburg by low-loader and heavy-duty crane. With a maximum speed of 60 kilometers per hour, a permitted payload of five tons and a maximum of 8 passengers, the MZG is now on the rail line for maintenance and repair work. (Aerial view with a drone) Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月10日
    Old construction train on trolley line

    10 April 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Goldberg: The multi-purpose rail unit (MZG) is on the move on the open track. Railway enthusiasts have bought the German Reichsbahn (DR) vehicle, built in 1986 at the RAW “Einheit“ Leipzig, from the Berlin-Schöneweide Railway Museum and want to use it to preserve the railway line between Karow and Wismar, which was closed in 1999, as a cultural asset. A tourism company offers trolley rides on the route. The hobby railway enthusiasts discovered the over eleven-tonne rail vehicle on the Internet, decided to buy it and transported it to Mecklenburg by low-loader and heavy-duty crane. With a maximum speed of 60 kilometers per hour, a permitted payload of five tons and a maximum of 8 passengers, the MZG is now on the rail line for maintenance and repair work. (Aerial view with a drone) Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月10日
    Old construction train on trolley line

    10 April 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Goldberg: The multi-purpose rail unit (MZG) is on the move on the open track. Railway enthusiasts bought the German Reichsbahn (DR) vehicle, built in 1986 at the RAW “Einheit“ Leipzig, from the Berlin-Schöneweide Railway Museum and want to use it to preserve the railway line between Karow and Wismar, which was closed in 1999, as a cultural asset. A tourism company offers trolley rides on the route. The hobby railway enthusiasts discovered the over eleven-tonne rail vehicle on the Internet, decided to buy it and transported it to Mecklenburg by low-loader and heavy-duty crane. With a maximum speed of 60 kilometers per hour, a permitted payload of five tons and a maximum of 8 passengers, the MZG is now on the rail line for maintenance and repair work. (Aerial view with a drone) Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月10日
    Old construction train on trolley line

    10 April 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Goldberg: The multi-purpose rail unit (MZG) is on the move on the open track. Railway enthusiasts have bought the German Reichsbahn (DR) vehicle, built in 1986 at the RAW “Einheit“ Leipzig, from the Berlin-Schöneweide Railway Museum and want to use it to preserve the railway line between Karow and Wismar, which was closed in 1999, as a cultural asset. A tourism company offers trolley rides on the route. The hobby railway enthusiasts discovered the over eleven-tonne rail vehicle on the Internet, decided to buy it and transported it to Mecklenburg by low-loader and heavy-duty crane. With a maximum speed of 60 kilometers per hour, a permitted payload of five tons and a maximum of 8 passengers, the MZG is now on the rail line for maintenance and repair work. (Aerial view with a drone) Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月10日
    Old construction train on trolley line

    10 April 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Goldberg: The multi-purpose rail unit (MZG) is on the move on the open track. Railway enthusiasts bought the German Reichsbahn (DR) vehicle, built in 1986 at the RAW “Einheit“ Leipzig, from the Berlin-Schöneweide Railway Museum and want to use it to preserve the railway line between Karow and Wismar, which was closed in 1999, as a cultural asset. A tourism company offers trolley rides on the route. The hobby railway enthusiasts discovered the over eleven-tonne rail vehicle on the Internet, decided to buy it and transported it to Mecklenburg by low-loader and heavy-duty crane. With a maximum speed of 60 kilometers per hour, a permitted payload of five tons and a maximum of 8 passengers, the MZG is now on the rail line for maintenance and repair work. (Aerial view with a drone) Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月10日
    Old construction train on trolley line

    10 April 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Goldberg: The multi-purpose rail unit (MZG) is on the move on the open track. Railway enthusiasts have bought the German Reichsbahn (DR) vehicle, built in 1986 at the RAW “Einheit“ Leipzig, from the Berlin-Schöneweide Railway Museum and want to use it to preserve the railway line between Karow and Wismar, which was closed in 1999, as a cultural asset. A tourism company offers trolley rides on the route. The hobby railway enthusiasts discovered the over eleven-tonne rail vehicle on the Internet, decided to buy it and transported it to Mecklenburg by low-loader and heavy-duty crane. With a maximum speed of 60 kilometers per hour, a permitted payload of five tons and a maximum of 8 passengers, the MZG is now on the rail line for maintenance and repair work. (Aerial view with a drone) Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月10日
    Old construction train on trolley line

    10 April 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Goldberg: The multi-purpose rail unit (MZG) is on the move on open track. (Aerial photo taken with a drone) Railway enthusiasts have bought the German State Railroad (DR) vehicle, built in 1986 at the Leipzig “Einheit“ RAW, from the Berlin-Schöneweide Railway Museum and want to use it to preserve the railway line between Karow and Wismar, which was closed in 1999, as a cultural asset. A tourism company offers trolley rides on the route. The hobby railway enthusiasts discovered the over eleven-tonne rail vehicle on the Internet, decided to buy it and transported it to Mecklenburg by low-loader and heavy-duty crane. With a maximum speed of 60 kilometres per hour, a permitted payload of five tonnes and a maximum of eight passengers, the MZG is now on the move on the railway line for maintenance and repair work. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月10日
    Old construction train on trolley line

    10 April 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Goldberg: The multi-purpose rail unit (MZG) is on the move on open track. (Aerial photo taken with a drone) Railway enthusiasts have bought the German State Railroad (DR) vehicle, built in 1986 at the Leipzig “Einheit“ RAW, from the Berlin-Schöneweide Railway Museum and want to use it to preserve the railway line between Karow and Wismar, which was closed in 1999, as a cultural asset. A tourism company offers trolley rides on the route. The hobby railway enthusiasts discovered the over eleven-tonne rail vehicle on the Internet, decided to buy it and transported it to Mecklenburg by low-loader and heavy-duty crane. With a maximum speed of 60 kilometres per hour, a permitted payload of five tonnes and a maximum of eight passengers, the MZG is now on the move on the railway line for maintenance and repair work. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月06日
    (4)蘭州水墨丹霞風景区、まもなく一般開放甘粛省

    5日、空から見た蘭州水墨丹霞風景区。(小型無人機から)中国甘粛省の蘭州水墨丹霞風景区で進む建設工事がこのほど、最終段階に入った。風景区の計画面積は400平方キロ、うち第1期プロジェクトのメイン観光エリアは20平方キロとなっている。すでに展望台10カ所が完成しており、観光客は赤い堆積岩から成る丹霞地形が延々と連なる様子や、色とりどりの丘をさまざまな角度から楽しむことができる。風景区は、5月1日からのメーデー連休に一般開放される。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月06日
    (5)蘭州水墨丹霞風景区、まもなく一般開放甘粛省

    5日、空から見た蘭州水墨丹霞風景区。(小型無人機から)中国甘粛省の蘭州水墨丹霞風景区で進む建設工事がこのほど、最終段階に入った。風景区の計画面積は400平方キロ、うち第1期プロジェクトのメイン観光エリアは20平方キロとなっている。すでに展望台10カ所が完成しており、観光客は赤い堆積岩から成る丹霞地形が延々と連なる様子や、色とりどりの丘をさまざまな角度から楽しむことができる。風景区は、5月1日からのメーデー連休に一般開放される。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月06日
    (3)蘭州水墨丹霞風景区、まもなく一般開放甘粛省

    5日、空から見た蘭州水墨丹霞風景区。(小型無人機から)中国甘粛省の蘭州水墨丹霞風景区で進む建設工事がこのほど、最終段階に入った。風景区の計画面積は400平方キロ、うち第1期プロジェクトのメイン観光エリアは20平方キロとなっている。すでに展望台10カ所が完成しており、観光客は赤い堆積岩から成る丹霞地形が延々と連なる様子や、色とりどりの丘をさまざまな角度から楽しむことができる。風景区は、5月1日からのメーデー連休に一般開放される。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月06日
    (1)蘭州水墨丹霞風景区、まもなく一般開放甘粛省

    5日、空から見た蘭州水墨丹霞風景区。(小型無人機から)中国甘粛省の蘭州水墨丹霞風景区で進む建設工事がこのほど、最終段階に入った。風景区の計画面積は400平方キロ、うち第1期プロジェクトのメイン観光エリアは20平方キロとなっている。すでに展望台10カ所が完成しており、観光客は赤い堆積岩から成る丹霞地形が延々と連なる様子や、色とりどりの丘をさまざまな角度から楽しむことができる。風景区は、5月1日からのメーデー連休に一般開放される。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月06日
    (6)蘭州水墨丹霞風景区、まもなく一般開放甘粛省

    5日、空から見た蘭州水墨丹霞風景区。(小型無人機から)中国甘粛省の蘭州水墨丹霞風景区で進む建設工事がこのほど、最終段階に入った。風景区の計画面積は400平方キロ、うち第1期プロジェクトのメイン観光エリアは20平方キロとなっている。すでに展望台10カ所が完成しており、観光客は赤い堆積岩から成る丹霞地形が延々と連なる様子や、色とりどりの丘をさまざまな角度から楽しむことができる。風景区は、5月1日からのメーデー連休に一般開放される。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月05日
    The flower of life grows in the cornfield

    05 April 2021, Brandenburg, Jacobsdorf: The symbol “Flower of Life“ can be seen as a huge pattern in a field of winter grain (aerial view with a drone). Michael Uy, painter and artist from Jacobsdorf, lets the well-known symbol grow in a field of grain. A farmer friend provided him with this spot in the field for the experiment. The dark green outlines of the symbol are only created because Michael Uy had previously fertilized the grain in these places. Already last winter the artist created the flower of life as a huge pattern in the snow. The Flower of Life is perhaps the most important energy symbol of the so-called Sacred Geometry and is more than 5000 years old. Michael Uy had already begun with the preparations for the creation of the geometric forms about three weeks ago. 19 wooden pillars were hammered into the field to mark them. With a string, as a distance to the wooden pillars, the artist ran all circles with a small fertilizer wagon, where now the grain grows much better.、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月05日
    The flower of life grows in the cornfield

    05 April 2021, Brandenburg, Jacobsdorf: The symbol “Flower of Life“ can be seen as a huge pattern in a field of winter grain (aerial view with a drone). Michael Uy, painter and artist from Jacobsdorf, lets the well-known symbol grow in a field of grain. A farmer friend provided him with this spot in the field for the experiment. The dark green outlines of the symbol are only created because Michael Uy had previously fertilized the grain in these places. Already last winter the artist created the flower of life as a huge pattern in the snow. The Flower of Life is perhaps the most important energy symbol of the so-called Sacred Geometry and is more than 5000 years old. Michael Uy had already begun with the preparations for the creation of the geometric forms about three weeks ago. 19 wooden pillars were hammered into the field to mark them. With a string, as a distance to the wooden pillars, the artist ran all circles with a small fertilizer wagon, where now the grain grows much better.、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月05日
    The flower of life grows in the cornfield

    05 April 2021, Brandenburg, Jacobsdorf: The symbol “Flower of Life“ can be seen as a huge pattern in a field of winter grain (aerial view with a drone). Michael Uy, painter and artist from Jacobsdorf, lets the well-known symbol grow in a field of grain. A farmer friend provided him with this spot in the field for the experiment. The dark green outlines of the symbol are only created because Michael Uy had previously fertilized the grain in these places. Already last winter the artist created the flower of life as a huge pattern in the snow. The Flower of Life is perhaps the most important energy symbol of the so-called Sacred Geometry and is more than 5000 years old. Michael Uy had already begun with the preparations for the creation of the geometric forms about three weeks ago. 19 wooden pillars were hammered into the field to mark them. With a string, as a distance to the wooden pillars, the artist ran all circles with a small fertilizer wagon, where now the grain grows much better.、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月03日
    (4)河北省雄安新区の淡水湖、白洋淀が290平方キロまで回復

    3月31日、河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀の風景。(小型無人機から)中国河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀は生態系修復などの事業が着々と進み、現在面積が290平方キロまで回復した。以前より「天然の種の博物館」と呼ばれる白洋淀は、特に雄安新区の設立以降、その豊かな水系や植物、多様な地形は野鳥に良好な生息地を提供している。(雄安=新華社記者/邢広利)= 配信日: 2021(令和3)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月03日
    (1)河北省雄安新区の淡水湖、白洋淀が290平方キロまで回復

    3月31日、河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀の風景。(小型無人機から)中国河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀は生態系修復などの事業が着々と進み、現在面積が290平方キロまで回復した。以前より「天然の種の博物館」と呼ばれる白洋淀は、特に雄安新区の設立以降、その豊かな水系や植物、多様な地形が野鳥に良好な生息地を提供している。(雄安=新華社記者/邢広利)= 配信日: 2021(令和3)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月03日
    (2)河北省雄安新区の淡水湖、白洋淀が290平方キロまで回復

    3月31日、河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀の風景。(小型無人機から)中国河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀は生態系修復などの事業が着々と進み、現在面積が290平方キロまで回復した。以前より「天然の種の博物館」と呼ばれる白洋淀は、特に雄安新区の設立以降、その豊かな水系や植物、多様な地形が野鳥に良好な生息地を提供している。(雄安=新華社記者/邢広利)= 配信日: 2021(令和3)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月03日
    (3)河北省雄安新区の淡水湖、白洋淀が290平方キロまで回復

    3月31日、河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀の風景。(小型無人機から)中国河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀は生態系修復などの事業が着々と進み、現在面積が290平方キロまで回復した。以前より「天然の種の博物館」と呼ばれる白洋淀は、特に雄安新区の設立以降、その豊かな水系や植物、多様な地形が野鳥に良好な生息地を提供している。(雄安=新華社記者/邢広利)= 配信日: 2021(令和3)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月31日
    Federal Mass Vaccination Site Opens in Yakima

    March 31, 2021, Yakima, Washington, U.S: Aerial view of the mass vaccination and testing site at Central Washington State Fair Park on Wednesday, March 31, 2021. The Federal Emergency Management Agency opened the site at the fairground as part of a six-week program that expands vaccination capacity in Yakima from approximately 200 vaccines per day to 1,200 vaccines per day between the fixed and mobile operations. (Credit Image: © Paul Christian Gordon/ZUMA Wire)、クレジット:©Paul Christian Gordon/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月31日
    Federal Mass Vaccination Site Opens in Yakima

    March 31, 2021, Yakima, Washington, U.S: Aerial view of the mass vaccination and testing site at Central Washington State Fair Park on Wednesday, March 31, 2021. The Federal Emergency Management Agency opened the site at the fairground as part of a six-week program that expands vaccination capacity in Yakima from approximately 200 vaccines per day to 1,200 vaccines per day between the fixed and mobile operations. (Credit Image: © Paul Christian Gordon/ZUMA Wire)、クレジット:©Paul Christian Gordon/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月31日
    Federal Mass Vaccination Site Opens in Yakima

    March 31, 2021, Yakima, Washington, U.S: Aerial view of the mass vaccination and testing site at Central Washington State Fair Park on Wednesday, March 31, 2021. The Federal Emergency Management Agency opened the site at the fairground as part of a six-week program that expands vaccination capacity in Yakima from approximately 200 vaccines per day to 1,200 vaccines per day between the fixed and mobile operations. (Credit Image: © Paul Christian Gordon/ZUMA Wire)、クレジット:©Paul Christian Gordon/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月28日
    石巻南浜津波復興祈念公園 震災被害の石巻に復興公園

    宮城県石巻市にオープンした「石巻南浜津波復興祈念公園」=28日(小型無人機から)

    撮影: 28日

  • 2021年03月25日
    (1)海南煉化、エチレン・製油工場の拡張工事が順調に進行海南省

    23日、海南省洋浦経済開発区にある海南煉化のエチレン・製油工場建設現場。(小型無人機から)中国海南省にある海南自由貿易港の重点産業パーク、洋浦経済開発区で現在、中国石化海南煉油化工(海南煉化)の年産100万トンのエチレン・製油工場の拡張事業が順調に進行している。これは同省の重点プロジェクトで、化学工業や製油などの複数の生産設備と4カ所のバースを含むふ頭を新規建設する。現在、各種土木工事やふ頭の建設が行われており、稼働後は、川下企業に合成樹脂や液体化学製品の原料を提供することになっている。(洋浦=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月25日
    (2)海南煉化、エチレン・製油工場の拡張工事が順調に進行海南省

    23日、海南省洋浦経済開発区にある海南煉化のエチレン・製油工場建設現場。(小型無人機から)中国海南省にある海南自由貿易港の重点産業パーク、洋浦経済開発区で現在、中国石化海南煉油化工(海南煉化)の年産100万トンのエチレン・製油工場の拡張事業が順調に進行している。これは同省の重点プロジェクトで、化学工業や製油などの複数の生産設備と4カ所のバースを含むふ頭を新規建設する。現在、各種土木工事やふ頭の建設が行われており、稼働後は、川下企業に合成樹脂や液体化学製品の原料を提供することになっている。(洋浦=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月25日
    Year100House At the Molfsee Open-Air Museum

    ATTENTION: EMBARGOED FOR PUBLICATION UNTIL 26 MARCH 11:01 GMT! SENDESPERRFRIST 26.03. 11 UH - 25 March 2021, Schleswig-Holstein, Molfsee: The sun shines on the Jahr100Haus in the Open Air Museum Molfsee. The museum opens on 30 March 2021 (aerial view with drone). Photo: Axel Heimken/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年03月25日
    Year100House At the Molfsee Open-Air Museum

    ATTENTION: EMBARGOED FOR PUBLICATION UNTIL 26 MARCH 11:01 GMT! SENDESPERRFRIST 26.03. 11 UH - 25 March 2021, Schleswig-Holstein, Molfsee: The sun shines on the Jahr100Haus in the Open Air Museum Molfsee. The museum opens on 30 March 2021 (aerial view with drone). Photo: Axel Heimken/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年03月25日
    (6)海南煉化、エチレン・製油工場の拡張工事が順調に進行海南省

    23日、海南省洋浦経済開発区にある海南煉化のエチレン・製油工場建設現場。(小型無人機から)中国海南省にある海南自由貿易港の重点産業パーク、洋浦経済開発区で現在、中国石化海南煉油化工(海南煉化)の年産100万トンのエチレン・製油工場の拡張事業が順調に進行している。これは同省の重点プロジェクトで、化学工業や製油などの複数の生産設備と4カ所のバースを含むふ頭を新規建設する。現在、各種土木工事やふ頭の建設が行われており、稼働後は、川下企業に合成樹脂や液体化学製品の原料を提供することになっている。(洋浦=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月19日
    (3)桜の絶景で農村振興を促進貴州省安順市

    16日、空から見た貴州省安順市西秀区黄臘プイ族ミャオ族郷の桜花園。(小型無人機から)中国貴州省安順市西秀区黄臘プイ族ミャオ族郷の桜花園は今年に入り、同省貴陽市や安順市内などから観光客3万人余りを迎えた。桜の植栽は2011年に始まり、現在は総面積1万ムー(約667ヘクタール)近くに達している。地元では合作社(協同組合)と業者、労働者を一体化する方式で周辺農村の経済発展を後押ししており、桜花園は秩序維持や環境衛生、応急管理など数十の雇用を提供。桜の開花期間を通して1400万元(1元=約17円)超の観光収入が見込まれるなど、農村振興の力強いけん引役となっている。(安順=新華社記者/劉続)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月19日
    (7)桜の絶景で農村振興を促進貴州省安順市

    16日、空から見た貴州省安順市西秀区黄臘プイ族ミャオ族郷の桜花園。(小型無人機から)中国貴州省安順市西秀区黄臘プイ族ミャオ族郷の桜花園は今年に入り、同省貴陽市や安順市内などから観光客3万人余りを迎えた。桜の植栽は2011年に始まり、現在は総面積1万ムー(約667ヘクタール)近くに達している。地元では合作社(協同組合)と業者、労働者を一体化する方式で周辺農村の経済発展を後押ししており、桜花園は秩序維持や環境衛生、応急管理など数十の雇用を提供。桜の開花期間を通して1400万元(1元=約17円)超の観光収入が見込まれるなど、農村振興の力強いけん引役となっている。(安順=新華社記者/劉続)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月19日
    (2)桜の絶景で農村振興を促進貴州省安順市

    16日、空から見た貴州省安順市西秀区黄臘プイ族ミャオ族郷の桜花園。(小型無人機から)中国貴州省安順市西秀区黄臘プイ族ミャオ族郷の桜花園は今年に入り、同省貴陽市や安順市内などから観光客3万人余りを迎えた。桜の植栽は2011年に始まり、現在は総面積1万ムー(約667ヘクタール)近くに達している。地元では合作社(協同組合)と業者、労働者を一体化する方式で周辺農村の経済発展を後押ししており、桜花園は秩序維持や環境衛生、応急管理など数十の雇用を提供。桜の開花期間を通して1400万元(1元=約17円)超の観光収入が見込まれるなど、農村振興の力強いけん引役となっている。(安順=新華社記者/劉続)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月10日
    (1)黄河の水が「砂の郷」を潤す甘粛省武威市

    5日、民勤県内に到達した黄河の水。(小型無人機から)中国甘粛省武威市民勤県はトングリ砂漠とバダインジャラン砂漠の間に位置し、中国西北地域の重要な生態障壁となっている。同省景泰川電力かんがいプロジェクトにより同県のオアシスに向けて輸送された黄河の水が5日、正式に県内に到達した。同県水務局によると、今回の春季の水輸送は5月10日ごろまで続き、総輸送量は4千万立方メートルに達する見込み。同県の生態整備の成果を強固なものとし、農家の春の耕作需要を満たすために十分な水源を提供するという。同プロジェクトは2001年の開始以来、流域を跨いで同県に水の輸送を続けてきた。水の提供を受けた石羊河流域では生態環境悪化の勢いが効果的に抑えられ、生態環境は明らかに改善されている。(民勤=新華社記者/郎兵兵)= 配信日: 2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月10日
    (4)黄河の水が「砂の郷」を潤す甘粛省武威市

    5日、民勤県内に到達した黄河の水。(小型無人機から)中国甘粛省武威市民勤県はトングリ砂漠とバダインジャラン砂漠の間に位置し、中国西北地域の重要な生態障壁となっている。同省景泰川電力かんがいプロジェクトにより同県のオアシスに向けて輸送された黄河の水が5日、正式に県内に到達した。同県水務局によると、今回の春季の水輸送は5月10日ごろまで続き、総輸送量は4千万立方メートルに達する見込み。同県の生態整備の成果を強固なものとし、農家の春の耕作需要を満たすために十分な水源を提供するという。同プロジェクトは2001年の開始以来、流域を跨いで同県に水の輸送を続けてきた。水の提供を受けた石羊河流域では生態環境悪化の勢いが効果的に抑えられ、生態環境は明らかに改善されている。(民勤=新華社記者/郎兵兵)= 配信日: 2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月10日
    State Garden Show in Überlingen

    10 March 2021, Baden-Wuerttemberg, Überlingen: Gardeners plant flowers on the shore of Lake Constance (shot with drone). The State Horticultural Show is scheduled to open in Überlingen on 09.04.2021. Photo: Felix Kästle/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年03月10日
    State Garden Show in Überlingen

    10 March 2021, Baden-Wuerttemberg, Überlingen: Gardeners plant flowers on the shore of Lake Constance (shot with drone). The State Horticultural Show is scheduled to open in Überlingen on 09.04.2021. Photo: Felix Kästle/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年03月04日
    (2)ドローン大手DJI、没入型の飛行体験楽しめる新型機発表

    2日、深圳で開かれたイベントで、専用ゴーグルと操作スティックを使って「DJIFPV」の操縦を体験する来場者。中国の小型無人機(ドローン)大手、大疆創新科技(DJI)は2日、FPV(一人称視点)対応の新型機「DJIFPV」を発表した。専用ゴーグルを使って撮影中の映像をリアルタイムで楽しめ、片手でも操作できる。従来の空撮用ドローンと異なる視点と操作性で、追尾撮影や高速移動など複雑な動きにも対応する。フライトモードは3段階に分かれ、初心者からプロまで熟練度に応じた操作も可能。1/2・3インチセンサーと最大150度までの広視野角レンズを搭載し、没入感の高い操縦体験を提供する。(深圳=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月04日
    (1)ドローン大手DJI、没入型の飛行体験楽しめる新型機発表

    2日、深圳で開かれたイベントで披露された「DJIFPV」のフルセット。中国の小型無人機(ドローン)大手、大疆創新科技(DJI)は2日、FPV(一人称視点)対応の新型機「DJIFPV」を発表した。専用ゴーグルを使って撮影中の映像をリアルタイムで楽しめ、片手でも操作できる。従来の空撮用ドローンと異なる視点と操作性で、追尾撮影や高速移動など複雑な動きにも対応する。フライトモードは3段階に分かれ、初心者からプロまで熟練度に応じた操作も可能。1/2・3インチセンサーと最大150度までの広視野角レンズを搭載し、没入感の高い操縦体験を提供する。(深圳=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月04日
    (7)ドローン大手DJI、没入型の飛行体験楽しめる新型機発表

    2日、深圳で開かれたイベントで、操作スティックを使って「DJIFPV」の操縦を体験する来場者。中国の小型無人機(ドローン)大手、大疆創新科技(DJI)は2日、FPV(一人称視点)対応の新型機「DJIFPV」を発表した。専用ゴーグルを使って撮影中の映像をリアルタイムで楽しめ、片手でも操作できる。従来の空撮用ドローンと異なる視点と操作性で、追尾撮影や高速移動など複雑な動きにも対応する。フライトモードは3段階に分かれ、初心者からプロまで熟練度に応じた操作も可能。1/2・3インチセンサーと最大150度までの広視野角レンズを搭載し、没入感の高い操縦体験を提供する。(深圳=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月04日
    (4)ドローン大手DJI、没入型の飛行体験楽しめる新型機発表

    2日、深圳で開かれたイベントで飛行中の「DJIFPV」。中国の小型無人機(ドローン)大手、大疆創新科技(DJI)は2日、FPV(一人称視点)対応の新型機「DJIFPV」を発表した。専用ゴーグルを使って撮影中の映像をリアルタイムで楽しめ、片手でも操作できる。従来の空撮用ドローンと異なる視点と操作性で、追尾撮影や高速移動など複雑な動きにも対応する。フライトモードは3段階に分かれ、初心者からプロまで熟練度に応じた操作も可能。1/2・3インチセンサーと最大150度までの広視野角レンズを搭載し、没入感の高い操縦体験を提供する。(深圳=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月04日
    (3)ドローン大手DJI、没入型の飛行体験楽しめる新型機発表

    2日、深圳で開かれたイベントで飛行中の「DJIFPV」。中国の小型無人機(ドローン)大手、大疆創新科技(DJI)は2日、FPV(一人称視点)対応の新型機「DJIFPV」を発表した。専用ゴーグルを使って撮影中の映像をリアルタイムで楽しめ、片手でも操作できる。従来の空撮用ドローンと異なる視点と操作性で、追尾撮影や高速移動など複雑な動きにも対応する。フライトモードは3段階に分かれ、初心者からプロまで熟練度に応じた操作も可能。1/2・3インチセンサーと最大150度までの広視野角レンズを搭載し、没入感の高い操縦体験を提供する。(深圳=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月03日
    IHP GmbH - Innovations for High Performance Microelectronics

    03 March 2021, Brandenburg, Frankfurt (Oder): The building of IHP GmbH - Innovations for High Performance Microelectronics - Leibniz Institute for Innovative Microelectronics with the new clean room extension on the left side (aerial view with a drone). The clean room - the technological heart of the IHP in Frankfurt (Oder) was expanded by half of its size in a 2.5 year construction period. The expansion of the clean room to a size of 1500 square meters enables the IHP on the one hand to provide partners from science and research with a stable BiCMOS technology platform and at the same time to explore the possibilities of new materials. The goal is to be able to maintain records such as the world‘s fastest silicon germanium transistor in the future. The IHP is an institute of the Leibniz Association and conducts research and development on silicon-based systems, high-frequency circuits and technologies including new materials.、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年03月03日
    IHP - Innovations for High Performance Microelectronics

    03 March 2021, Brandenburg, Frankfurt (Oder): The building of IHP GmbH - Innovations for High Performance Microelectronics - Leibniz Institute for Innovative Microelectronics with the new clean room extension (front) (aerial view with a drone). The clean room - the technological heart of the IHP in Frankfurt (Oder) was expanded by half its size in a 2.5 year construction period. The expansion of the clean room to a size of 1,500 square meters enables the IHP on the one hand to provide partners from science and research with a stable BiCMOS technology platform and at the same time to explore the possibilities of new materials. The goal is to be able to maintain records such as the world‘s fastest silicon germanium transistor in the future. The IHP employs about 300 people. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年03月03日
    IHP - Innovations for High Performance Microelectronics

    03 March 2021, Brandenburg, Frankfurt (Oder): The building of IHP GmbH - Innovations for High Performance Microelectronics - Leibniz Institute for Innovative Microelectronics with the new clean room extension (aerial view with a drone). The clean room - the technological heart of the IHP in Frankfurt (Oder) was expanded by half its size in 2.5 years of construction. The expansion of the clean room to a size of 1,500 square meters enables the IHP on the one hand to provide partners from science and research with a stable BiCMOS technology platform and at the same time to explore the possibilities of new materials. The goal is to be able to maintain records such as the world‘s fastest silicon germanium transistor in the future. The IHP employs about 300 people. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年03月02日
    ドローン大手DJI、没入型の飛行体験楽しめる新型機発表

    2日、深圳で開かれたイベントで飛行中の「DJIFPV」。中国の小型無人機(ドローン)大手、大疆創新科技(DJI)は2日、FPV(一人称視点)対応の新型機「DJIFPV」を発表した。専用ゴーグルを使って撮影中の映像をリアルタイムで楽しめ、片手でも操作できる。従来の空撮用ドローンと異なる視点と操作性で、追尾撮影や高速移動など複雑な動きにも対応する。フライトモードは3段階に分かれ、初心者からプロまで熟練度に応じた操作も可能。1/2・3インチセンサーと最大150度までの広視野角レンズを搭載し、没入感の高い操縦体験を提供する。(深圳=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月02日
    ドローン大手DJI、没入型の飛行体験楽しめる新型機発表

    2日、深圳で開かれたイベントで「DJIFPV」の操縦を体験する来場者。中国の小型無人機(ドローン)大手、大疆創新科技(DJI)は2日、FPV(一人称視点)対応の新型機「DJIFPV」を発表した。専用ゴーグルを使って撮影中の映像をリアルタイムで楽しめ、片手でも操作できる。従来の空撮用ドローンと異なる視点と操作性で、追尾撮影や高速移動など複雑な動きにも対応する。フライトモードは3段階に分かれ、初心者からプロまで熟練度に応じた操作も可能。1/2・3インチセンサーと最大150度までの広視野角レンズを搭載し、没入感の高い操縦体験を提供する。(深圳=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    宮城県東松島市 震災10年、復興の現在地

    2011年3月28日(上)と今年2月14日の宮城県東松島市。高台の造成地に災害公営住宅などが立ち並ぶ。昨年、浸水区域に奥松島運動公園がオープンした(共同通信社ヘリから)

  • 1
  • 2
  • 3