KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ドローン
  • 小型無人機
  • 一般開放
  • 新型コロナウイルス
  • 改革開放
  • 一帯一路
  • 本社ヘリ
  • 対外開放
  • 新型肺炎
  • 自由貿易

「open 空撮」の写真・映像

絞り込み
  • 期間を指定
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
861
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
861
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年02月12日
    上野敬幸の菜の花畑 うれしくて寂しい朝

    上野敬幸の菜の花畑。ゴールデンウイークの一般開放に向け、迷路づくりをしていた=2015年、福島県南相馬市(小型無人機から)

    撮影: 2015年、福島県南相馬市

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Palm House built in 1798/99 in the wintry Garden Kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Wörlitz Castle stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with a drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Palm House built in 1798/99 in the wintry Garden Kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Palm House built in 1798/99 in the wintry Garden Kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Wörlitz Castle stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with a drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Palm House built in 1798/99 in the wintry Garden Kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Wörlitz Castle stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with a drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Luisium Palace stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Wörlitz Castle stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with a drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Luisium Palace stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Wörlitz Castle stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with a drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Wörlitz Castle stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with a drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Palm House built in 1798/99 in the wintry Garden Kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: The Gothic House casts its shadow into the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the palaces in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Luisium Palace stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    Winter Garden Kingdom

    11 February 2021, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Luisium Palace stands in the winter garden kingdom of Dessau-Wörlitz. Once built as a summer domicile, the castles in the historic Dessau-Wörlitz Garden Kingdom are traditionally closed in winter. The parks are open, but it is forbidden to walk on the ice surfaces on the waterways, as is ice skating. The Dessau-Wörlitz Garden Realm has been a Unesco World Heritage Site since 2000. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    (5)送電塔にコウノトリ見守るカメラ設置江西省鄱陽県

    1月29日、江西省鄱陽県饒豊鎮で、送電塔に作られたコウノトリの巣の近くにカメラを設置する作業員。(小型無人機から)中国最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)に近い江西省上饒市鄱陽県饒豊鎮で、コウノトリの巣を観察するカメラが送電塔に取り付けられた。同湖周辺で繁殖するコウノトリは送電塔に巣を作ることが多い。カメラで習性や繁殖行動を記録し、研究者に動画を提供する。カメラ設置はコウノトリの観察と保護を目的に、鄱陽湖国家級自然保護区管理局と送電大手、国家電網傘下の国網江西省電力が共同で行った。(鄱陽=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(平成33)年02月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    (4)送電塔にコウノトリ見守るカメラ設置江西省鄱陽県

    1月29日、江西省鄱陽県饒豊鎮で、送電塔に作られたコウノトリの巣の近くにカメラを設置する作業員。(小型無人機から)中国最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)に近い江西省上饒市鄱陽県饒豊鎮で、コウノトリの巣を観察するカメラが送電塔に取り付けられた。同湖周辺で繁殖するコウノトリは送電塔に巣を作ることが多い。カメラで習性や繁殖行動を記録し、研究者に動画を提供する。カメラ設置はコウノトリの観察と保護を目的に、鄱陽湖国家級自然保護区管理局と送電大手、国家電網傘下の国網江西省電力が共同で行った。(鄱陽=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(平成33)年02月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    (8)送電塔にコウノトリ見守るカメラ設置江西省鄱陽県

    1月29日、江西省鄱陽県饒豊鎮で、送電塔に作られたコウノトリの巣の近くにカメラを設置する作業員。(小型無人機から)中国最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)に近い江西省上饒市鄱陽県饒豊鎮で、コウノトリの巣を観察するカメラが送電塔に取り付けられた。同湖周辺で繁殖するコウノトリは送電塔に巣を作ることが多い。カメラで習性や繁殖行動を記録し、研究者に動画を提供する。カメラ設置はコウノトリの観察と保護を目的に、鄱陽湖国家級自然保護区管理局と送電大手、国家電網傘下の国網江西省電力が共同で行った。(鄱陽=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(平成33)年02月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    (2)送電塔にコウノトリ見守るカメラ設置江西省鄱陽県

    1月29日、江西省鄱陽県饒豊鎮で、コウノトリの巣の近くにカメラを設置する作業員。(小型無人機から)中国最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)に近い江西省上饒市鄱陽県饒豊鎮で、コウノトリの巣を観察するカメラが送電塔に取り付けられた。同湖周辺で繁殖するコウノトリは送電塔に巣を作ることが多い。カメラで習性や繁殖行動を記録し、研究者に動画を提供する。カメラ設置はコウノトリの観察と保護を目的に、鄱陽湖国家級自然保護区管理局と送電大手、国家電網傘下の国網江西省電力が共同で行った。(鄱陽=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(平成33)年02月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月27日
    Mildenstein Castle shows “Myth of August

    27 January 2021, Saxony, Leisnig: Mildenstein Castle sits enthroned on a rocky spur above the Mulde River. An exhibition on the Kornhaus floor traces the myth of the Saxon Elector and Polish King August the Strong (1670-1733). In the show “Myth of August“, films, panels, installations and works of art bear witness to the creation of myths to confirm Saxon identity, which began with the self-dramatisation of the baroque prince. The show also dispels legends surrounding the monarch‘s strength or potency. If the Corona situation permits, Mildenstein Castle will be open to visitors again from April. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    (4)新鮮なタケノコが出荷開始浙江省杭州市

    24日、「天目雷笋」が栽培されている太湖源鎮の現代農業パーク。(小型無人機から)中国浙江省杭州市臨安区の太湖源鎮タケノコ取引市場が24日、改装を終えて正式にオープンし、新鮮なタケノコが大量に出荷された。同市場は杭州エリア最大のタケノコ取引市場で、同区の特産品「天目雷笋」は毎年数万トンがここから全国に出荷されている。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (5)欧亜班列、山東省の「一帯一路」による対外開放を後押し

    21日、「欧亜班列」に積まれていたコンテナの運搬作業の様子。(小型無人機から)中国鉄路済南局集団はここ数年、貨物輸送の最適化に取り組み、中国と欧州や「一帯一路」沿線諸国を結ぶ国際定期貨物列車「欧亜班列」のうち、山東省済南市からオランダのフェンロに向かう「斉魯号」の急速な発展を後押ししている。斉魯号の昨年の運行本数は前年比42・9%増の1506本、輸出入総額は130億8千万元(1元=約16円)に上る。2018年10月31日の運行開始から昨年末までの運行本数は累計2635本に達しており、同列車は同省が「一帯一路」構想による対外開放を推進する上で、重要な役割を担っている。(済南=新華社記者/王凱)= 配信日: 2021(平成33)年01月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (4)欧亜班列、山東省の「一帯一路」による対外開放を後押し

    21日、「欧亜班列」に積まれていたコンテナの運搬作業の様子。(小型無人機から)中国鉄路済南局集団はここ数年、貨物輸送の最適化に取り組み、中国と欧州や「一帯一路」沿線諸国を結ぶ国際定期貨物列車「欧亜班列」のうち、山東省済南市からオランダのフェンロに向かう「斉魯号」の急速な発展を後押ししている。斉魯号の昨年の運行本数は前年比42・9%増の1506本、輸出入総額は130億8千万元(1元=約16円)に上る。2018年10月31日の運行開始から昨年末までの運行本数は累計2635本に達しており、同列車は同省が「一帯一路」構想による対外開放を推進する上で、重要な役割を担っている。(済南=新華社記者/王凱)= 配信日: 2021(平成33)年01月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (2)欧亜班列、山東省の「一帯一路」による対外開放を後押し

    21日、「欧亜班列」に積まれていたコンテナの運搬作業の様子。(小型無人機から)中国鉄路済南局集団はここ数年、貨物輸送の最適化に取り組み、中国と欧州や「一帯一路」沿線諸国を結ぶ国際定期貨物列車「欧亜班列」のうち、山東省済南市からオランダのフェンロに向かう「斉魯号」の急速な発展を後押ししている。斉魯号の昨年の運行本数は前年比42・9%増の1506本、輸出入総額は130億8千万元(1元=約16円)に上る。2018年10月31日の運行開始から昨年末までの運行本数は累計2635本に達しており、同列車は同省が「一帯一路」構想による対外開放を推進する上で、重要な役割を担っている。(済南=新華社記者/王凱)= 配信日: 2021(平成33)年01月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (1)欧亜班列、山東省の「一帯一路」による対外開放を後押し

    21日、「欧亜班列」に積まれていたコンテナの運搬作業の様子。(小型無人機から)中国鉄路済南局集団はここ数年、貨物輸送の最適化に取り組み、中国と欧州や「一帯一路」沿線諸国を結ぶ国際定期貨物列車「欧亜班列」のうち、山東省済南市からオランダのフェンロに向かう「斉魯号」の急速な発展を後押ししている。斉魯号の昨年の運行本数は前年比42・9%増の1506本、輸出入総額は130億8千万元(1元=約16円)に上る。2018年10月31日の運行開始から昨年末までの運行本数は累計2635本に達しており、同列車は同省が「一帯一路」構想による対外開放を推進する上で、重要な役割を担っている。(済南=新華社記者/王凱)= 配信日: 2021(平成33)年01月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (3)欧亜班列、山東省の「一帯一路」による対外開放を後押し

    21日、「欧亜班列」に積まれていたコンテナの運搬作業の様子。(小型無人機から)中国鉄路済南局集団はここ数年、貨物輸送の最適化に取り組み、中国と欧州や「一帯一路」沿線諸国を結ぶ国際定期貨物列車「欧亜班列」のうち、山東省済南市からオランダのフェンロに向かう「斉魯号」の急速な発展を後押ししている。斉魯号の昨年の運行本数は前年比42・9%増の1506本、輸出入総額は130億8千万元(1元=約16円)に上る。2018年10月31日の運行開始から昨年末までの運行本数は累計2635本に達しており、同列車は同省が「一帯一路」構想による対外開放を推進する上で、重要な役割を担っている。(済南=新華社記者/王凱)= 配信日: 2021(平成33)年01月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (7)故郷で塩漬け肉工場を開業し成功をつかむ安徽省合肥市

    13日、安徽省合肥市肥西県上派鎮にある丁升平さんが経営する食肉加工場。(小型無人機から)丁升平(ちょう・しょうへい)さん(36)は2012年、故郷の中国安徽省合肥市肥西県で塩漬け肉を扱う小さな工場を開業した。商品開発から販売まで全てを一から学んだ丁さんの工場は、堅実な経営を続け、今では大規模な食肉加工場へと発展した。丁さんの工場は昨年、新型コロナウイルスの流行で一時的に打撃を受けたものの、新商品の開発やネットと実店舗を組み合わせた販売を開始したことで、事業は急速に好転した。昨年の売上は1千万元(1元=約16円)を超え、地元住民20人以上に新たな雇用を提供している。(合肥=新華社記者/劉軍喜)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (4)故郷で塩漬け肉工場を開業し成功をつかむ安徽省合肥市

    13日、安徽省合肥市肥西県上派鎮の工場で、塩漬け肉製品を運ぶ丁升平さん。(小型無人機から)丁升平(ちょう・しょうへい)さん(36)は2012年、故郷の中国安徽省合肥市肥西県で塩漬け肉を扱う小さな工場を開業した。商品開発から販売まで全てを一から学んだ丁さんの工場は、堅実な経営を続け、今では大規模な食肉加工場へと発展した。丁さんの工場は昨年、新型コロナウイルスの流行で一時的に打撃を受けたものの、新商品の開発やネットと実店舗を組み合わせた販売を開始したことで、事業は急速に好転した。昨年の売上は1千万元(1元=約16円)を超え、地元住民20人以上に新たな雇用を提供している。(合肥=新華社記者/劉軍喜)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (8)極寒の地に「雪のとりで」がオープン黒竜江省牡丹江市

    7日、第20回「中国・牡丹江雪堡」の会場。(小型無人機から)中国黒竜江省牡丹江市で7日、年に1度の冬季観光プロジェクト「牡丹江雪堡」がオープンした。総計画面積は9万平方メートルで、敷地内には「快楽相約」「新春歓迎」「金牛送福」「雪堡楽園」など六つのエリアが設けられている。会場を彩る美しい雪の彫刻作品を楽しもうと、各地から多くの観光客が訪れている。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (7)極寒の地に「雪のとりで」がオープン黒竜江省牡丹江市

    7日、第20回「中国・牡丹江雪堡」の会場。(小型無人機から)中国黒竜江省牡丹江市で7日、年に1度の冬季観光プロジェクト「牡丹江雪堡」がオープンした。総計画面積は9万平方メートルで、敷地内には「快楽相約」「新春歓迎」「金牛送福」「雪堡楽園」など六つのエリアが設けられている。会場を彩る美しい雪の彫刻作品を楽しもうと、各地から多くの観光客が訪れている。(牡丹江=新華社配信/張春祥)= 配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:06.90
    2021年01月07日
    ●資料映像●東京、初の感染者2千人台 新型コロナウイルス

    東京都内で7日、新型コロナウイルスの新規感染者が初の2千人台に達したことが分かった。6日の1591人を400人以上超え、2日連続で過去最多を大幅に更新。初の4桁となる1337人だった昨年12月31日から1週間で2千人台となった。東京を含む首都圏の感染状況は加速度的に悪化しており、医療提供体制の崩壊が強く懸念される。<映像内容>資料映像、東京都庁外観、スカイツリーなど都内の空撮、撮影日:2021(令和3)年1月7日、撮影場所:東京都

    撮影: 2021(令和3)年1月7日

  • 2020年12月26日
    (10)織物技術の普及で進める文化継承と増収雲南省普洱市

    20日、普洱市西盟ワ族自治県秧洛村。(小型無人機から)中国雲南省普洱(ふじ)市の西盟ワ族自治県政府はここ数年、地元の無形文化遺産保護を強化し、ワ族の文化や伝統の保存と継承を支援している。西盟印象民族文化などの文化企業も取り組みに参加し、地元の人々に、織物技術を学び、さまざまな手織りの衣料品を販売する機会を提供している。(西盟=新華社記者/王冠森)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月26日
    (9)織物技術の普及で進める文化継承と増収雲南省普洱市

    20日、普洱市西盟ワ族自治県秧洛村。(小型無人機から)中国雲南省普洱(ふじ)市の西盟ワ族自治県政府はここ数年、地元の無形文化遺産保護を強化し、ワ族の文化や伝統の保存と継承を支援している。西盟印象民族文化などの文化企業も取り組みに参加し、地元の人々に、織物技術を学び、さまざまな手織りの衣料品を販売する機会を提供している。(西盟=新華社記者/王冠森)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月23日
    (1)高地で現代的な野菜栽培チベット自治区

    チベット自治区チャムド(昌都)市ゾガン(左貢)県の温室。(5月7日撮影、小型無人機から)標高が高いことから「世界の屋根」と称される中国チベット自治区では、現代的な農業栽培により野菜がもはや珍しいものではなくなった。地元産の野菜は、チベットの食卓によりおいしく栄養価の高い食事を提供している。(ラサ=新華社記者/詹彦)= 配信日: 2020(令和2)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    ソフトバンクと双葉電子工業が共同開発したプロトタイプのドローン

    ソフトバンクと双葉電子工業は17日、産業向けの飛行ロボット(ドローン)を共同開発すると発表した。すでにプロトタイプ機(写真)は製作済み。国家安全保障の観点から政府機関などが中国製ドローンを排除する流れを追い風に鉄道や電力、通信、橋梁インフラ、鉄鋼プラントなどの点検需要を狙い、拡販する。空撮画像送信や高精度の位置制御、人工知能(AI)を活用した画像分析、強風下でも安定飛行する技術などで両社の強みを生かす。実サービスは2021年秋ごろになる予定で、それまでプロトタイプ機や改良機で実証実験を続ける。料金もそれまでに詰める。プロトタイプ機は4個のプロペラを持ち、全長・全幅は72センチメートル、可搬重量4キログラムで、風速15メートル以上の強風下でも安定姿勢で飛行、ホバリングができる。「強風下でも安定飛行できるため現場にとどまって、ぶれない画像が撮れるため、インフラ点検に有利」(双葉電子工業)とみている。実サービスでは第5世代通信(5G)やAIの解析技術も使う予定だ。政府機関をはじめ、インフラ系企業への拡販には国産である強みを活用する。プラント点検では位置情報提供なども必要となるため、カスタマイズで差別化する。=2020(令和2)年12月17日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    ソフトバンクと双葉電子工業が共同開発したプロトタイプのドローン

    ソフトバンクと双葉電子工業は17日、産業向けの飛行ロボット(ドローン)を共同開発すると発表した。すでにプロトタイプ機(写真)は製作済み。国家安全保障の観点から政府機関などが中国製ドローンを排除する流れを追い風に鉄道や電力、通信、橋梁インフラ、鉄鋼プラントなどの点検需要を狙い、拡販する。空撮画像送信や高精度の位置制御、人工知能(AI)を活用した画像分析、強風下でも安定飛行する技術などで両社の強みを生かす。実サービスは2021年秋ごろになる予定で、それまでプロトタイプ機や改良機で実証実験を続ける。料金もそれまでに詰める。プロトタイプ機は4個のプロペラを持ち、全長・全幅は72センチメートル、可搬重量4キログラムで、風速15メートル以上の強風下でも安定姿勢で飛行、ホバリングができる。「強風下でも安定飛行できるため現場にとどまって、ぶれない画像が撮れるため、インフラ点検に有利」(双葉電子工業)とみている。実サービスでは第5世代通信(5G)やAIの解析技術も使う予定だ。政府機関をはじめ、インフラ系企業への拡販には国産である強みを活用する。プラント点検では位置情報提供なども必要となるため、カスタマイズで差別化する。=2020(令和2)年12月17日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    ソフトバンクと双葉電子工業が共同開発したプロトタイプのドローン

    ソフトバンクと双葉電子工業は17日、産業向けの飛行ロボット(ドローン)を共同開発すると発表した。すでにプロトタイプ機(写真)は製作済み。国家安全保障の観点から政府機関などが中国製ドローンを排除する流れを追い風に鉄道や電力、通信、橋梁インフラ、鉄鋼プラントなどの点検需要を狙い、拡販する。空撮画像送信や高精度の位置制御、人工知能(AI)を活用した画像分析、強風下でも安定飛行する技術などで両社の強みを生かす。実サービスは2021年秋ごろになる予定で、それまでプロトタイプ機や改良機で実証実験を続ける。料金もそれまでに詰める。プロトタイプ機は4個のプロペラを持ち、全長・全幅は72センチメートル、可搬重量4キログラムで、風速15メートル以上の強風下でも安定姿勢で飛行、ホバリングができる。「強風下でも安定飛行できるため現場にとどまって、ぶれない画像が撮れるため、インフラ点検に有利」(双葉電子工業)とみている。実サービスでは第5世代通信(5G)やAIの解析技術も使う予定だ。政府機関をはじめ、インフラ系企業への拡販には国産である強みを活用する。プラント点検では位置情報提供なども必要となるため、カスタマイズで差別化する。=2020(令和2)年12月17日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2020年12月05日
    寧波応家遺跡の出土品、先史時代から明・清代までと判明

    空から見た応家遺跡にある商代末期~西周初期の遺跡。(資料写真、小型無人機から)中国浙江省寧波市文化遺産管理研究院によると、同市鎮海区にある応家遺跡の考古発掘調査結果がこのほど、明らかになった。同遺跡は先史時代から明・清代にわたる複数の時代の文化層が重なった多層遺跡であり、遺構や遺物の種類と量が多く、関連研究に新たな材料を提供することが分かった。応家遺跡は寧波市鎮海区九竜湖鎮応家村の跡地にあり、分布面積は約1万2千平方メートルとなっている。今回の調査では、古代の井戸や灰坑、灰溝、建物の基礎、柱穴群など各種遺構計約220カ所が見つかり、陶器や磁器、石器、銅器、木器など、完全または復元可能な状態の各種文化財千点以上が出土した。(寧波=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.16
    2020年12月04日
    「新華社」スマート物流ターミナル輸送網、企業のコスト削減と効率化を支える

    中国浙江省に本拠を置く物流企業、浙江伝化集団が全国展開する物流ターミナルの道路港都市物流センターは現在、安全で安定、整然と組織された輸送網を形成し、多くの都市で感染対策物資や生産と生活に不可欠な物資の中継輸送サービスを提供している。同集団の道路港モデルは、人・車・貨物情報を集約し、運ぶ貨物が見つけにくい、効率が悪いなどの問題を解決することを目的として、2000年にスタートした。同集団傘下、伝化智連の周昇学(しゅう・しょうがく)副総裁によると、同社はサービス産業での事業展開を通じて、過去数年間で基本的に実体としての道路港全国ネットワークとオンラインのスマートなデジタルネットワークを形成したという。最終的には小規模・零細の物流企業、貿易企業、製造業企業にエンドツーエンドの産業ソリューションを提供することが可能になる。輸送ルートやプロセスの最適化などにより、トラックの空車回送率は28%削減され、輸送効率は17%向上した。伝化スマート道路港プロジェクトは現在、業務稼働中が64カ所、構築中が12カ所となっている。2019年末時点で、全国31省・自治区・直轄市で業務を展開、日用品や鉄鋼、家電など40以上の業界で企業数百万社余りにサービスを提供している。(記者/方問禹、宋立峰)<映像内容>道路港都市物流センターの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    高齢者施設を改修、医療・介護連携で質の高いサービス提供江蘇省

    1日、上空から見た斜塘街道の地域高齢者サービスセンター。(小型無人機から)中国江蘇省蘇州市にある斜塘街道(区の下に置かれる行政単位)の地域高齢者サービスセンターがこのほど、2年余りの改修工事を終え、再びお年寄りを迎え入れた。質の高い高齢者サービスのニーズに応えるため、同街道は2018年7月、既存高齢者施設のリニューアル事業を開始。医療と介護を連携させ、機能を完備した専門的な高齢者施設を建設するとともに、専門機関による管理・運営を導入した。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    高齢者施設を改修、医療・介護連携で質の高いサービス提供江蘇省

    1日、上空から見た斜塘街道の地域高齢者サービスセンター(白い建物)。(小型無人機から)中国江蘇省蘇州市にある斜塘街道(区の下に置かれる行政単位)の地域高齢者サービスセンターがこのほど、2年余りの改修工事を終え、再びお年寄りを迎え入れた。質の高い高齢者サービスのニーズに応えるため、同街道は2018年7月、既存高齢者施設のリニューアル事業を開始。医療と介護を連携させ、機能を完備した専門的な高齢者施設を建設するとともに、専門機関による管理・運営を導入した。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:49.30
    2020年11月27日
    「新華社」荒れ山が太陽光発電所に変身河北省唐山市

    中国河北省唐山市豊潤区劉家営郷にある山の斜面には、ソーラーパネルが太陽に向いてぎっしり連なり、独特の景色を見せている。同区はここ数年、荒れた山の斜面を活用して、太陽光発電産業の発展を推進してきた。2016年には投資総額2億元(1元=約16円)、面積千ムー(約67ヘクタール)の太陽光発電プロジェクトが完成し、グリッド接続を開始した。同発電所の設備容量は2万キロワットで、年間2800万キロワット時のクリーン電力を提供でき、年間売上高は2400万元余りになっている。(記者/曹国廠)<映像内容>河北省唐山市の山の斜面に並ぶソーラーパネル、管理する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    学校授業で竜舞と獅子舞の稽古湖南省湘潭市

    20日、竜舞と獅子舞の稽古をする湘潭医衛職業技術学院の学生ら。(小型無人機から)中国湖南省にある湘潭医衛職業技術学院はここ数年、竜舞と獅子舞を普及させるため、体育の授業に導入する取り組みを行っている。また、同学院で考案された「竜獅徒手体操」は周辺の大学や高校、中学校でも採用され、学生らに体を鍛えながら中国の伝統文化に触れる機会を提供している。(湘潭=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    中日協力の新たな模範青島日本国際ビジネスハブを訪ねて

    20日、青島日本「国際ビジネスハブ」の外観。(小型無人機から)中国青島市は海を隔てて日本と向かい合っており、日本と最も交流の深い中国の都市の一つ。両地間の緊密な人文(人と文化)、経済・交流の往来は、中国の地方都市の対日協力の模範となりつつある。同市と日本とのビジネス交流促進を目的とした施設「青島日本国際ビジネスハブ」のオープニングセレモニーが5月19日、同市西海岸新区で開かれた。オープン以降半年間にわたり、多くの展示会や交流イベントが行われ、すでに多数の日系企業が契約を結んで入居しており、中日の双方が協力を深化するための対外開放の新たなプラットフォームとなりつつある。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月18日
    Afforestation

    18 November 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Boitin: Young deciduous trees are planted in an open space. Employees of the Güstrower Garten-Landschafts- und Forstbaugesellschaft mbH plant young oaks and alders in the ground. A 30 hectare area is planted during the reforestation. (Aerial view with a drone) Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年11月18日
    Water flows into the Lower Oder Valley National Park

    18 November 2020, Brandenburg, Stützkow: Water from the German-Polish border river Oder flows through the new Oder inlet structure for the flooded polder in the Lower Oder Valley National Park (aerial photograph taken with a drone) On the same day, the replacement new construction of the intake structure at Oder kilometre 681.5 near Stützkow in the Lower Oder Valley National Park, which was built for around 6.6 million euros, was opened for the first time. The intake structure is part of the complex system of receiving waters, dry and flood polders, intake and outlet structures and pumping stations in the Lower Oder Valley. By opening the inlet structure, every year at the beginning of the winter half-year, the polder A/B is flooded. In spring, the structure is closed again so that grassland can be cultivated in the summer months. During summer floods, the polders can be flooded to protect the villages along the valley. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年11月18日
    Water flows into the Lower Oder Valley National Park

    18 November 2020, Brandenburg, Stützkow: Water from the German-Polish border river Oder flows through the new Oder inlet structure for the flooded polder in the Lower Oder Valley National Park (aerial photograph taken with a drone) On the same day, the replacement new construction of the intake structure at Oder kilometre 681.5 near Stützkow in the Lower Oder Valley National Park, which was built for around 6.6 million euros, was opened for the first time. The intake structure is part of the complex system of receiving waters, dry and flood polders, intake and outlet structures and pumping stations in the Lower Oder Valley. By opening the inlet structure, every year at the beginning of the winter half-year, the polder A/B is flooded. In spring, the structure is closed again so that grassland can be cultivated in the summer months. During summer floods, the polders can be flooded to protect the villages along the valley. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年11月18日
    Water flows into the Lower Oder Valley National Park

    18 November 2020, Brandenburg, Stützkow: Water from the German-Polish border river Oder flows through the new Oder inlet structure for the flooded polder in the Lower Oder Valley National Park (aerial photograph taken with a drone) On the same day, the replacement new construction of the intake structure at Oder kilometre 681.5 near Stützkow in the Lower Oder Valley National Park, which was built for around 6.6 million euros, was opened for the first time. The intake structure is part of the complex system of receiving waters, dry and flood polders, intake and outlet structures and pumping stations in the Lower Oder Valley. By opening the inlet structure, every year at the beginning of the winter half-year, the polder A/B is flooded. In spring, the structure is closed again so that grassland can be cultivated in the summer months. During summer floods, the polders can be flooded to protect the villages along the valley. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年11月18日
    Water flows into the Lower Oder Valley National Park

    18 November 2020, Brandenburg, Stützkow: Water from the German-Polish border river Oder flows through the new Oder inlet structure for the flooded polder in the Lower Oder Valley National Park (aerial photograph taken with a drone) On the same day, the replacement new construction of the intake structure at Oder kilometre 681.5 near Stützkow in the Lower Oder Valley National Park, which was built for around 6.6 million euros, was opened for the first time. The intake structure is part of the complex system of receiving waters, dry and flood polders, intake and outlet structures and pumping stations in the Lower Oder Valley. By opening the inlet structure, every year at the beginning of the winter half-year, the polder A/B is flooded. In spring, the structure is closed again so that grassland can be cultivated in the summer months. During summer floods, the polders can be flooded to protect the villages along the valley. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 01:14.84
    2020年11月16日
    「新華社」留学生が企業団地で経済発展の成果を見学河北省滄州市

    中国河北省滄州市で、さまざまな国から来た30人以上の留学生が、滄州職業技術学院が企画した中国・中東欧(滄州)中小企業団地のオープンデーに参加し、中国の経済発展の成果を見学した。案内スタッフの説明を聞いた留学生たちは、飛行機を見て歓声を上げ、体験飛行への期待に胸を高鳴らせた。2018年2月設立の中国・中東欧(滄州)中小企業団地は、河北省のハイテク産業発展を図る戦略的プロジェクトになっている。<映像内容>中国・中東欧(滄州)中小企業団地のオープンデー、参加する留学生の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    市中心部の田んぼで農業体験広東省広州市

    14日、保護者と一緒に広州市の海珠湿地の水田を訪れ、晩稲(おくて)の刈り取りを体験する子どもたち。(小型無人機から)中国広東省広州市の広州海珠国家湿地公園管理処はここ数年、園内の二期作田で「自然と共に歩む」と題した親子教室を開催し、市民が農業に触れる機会を設けている。稲田は湿地の各種生き物に生息地を提供し、良好な生態学上の効果ももたらしている。(広州=新華社記者/劉大偉)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    市中心部の田んぼで農業体験広東省広州市

    14日、保護者と広州市の海珠湿地の水田を訪れ、晩稲(おくて)の刈り取りを体験する子ども。(小型無人機から)中国広東省広州市の広州海珠国家湿地公園管理処はここ数年、園内の二期作田で「自然と共に歩む」と題した親子教室を開催し、市民が農業に触れる機会を設けている。稲田は湿地の各種生き物に生息地を提供し、良好な生態学上の効果ももたらしている。(広州=新華社記者/劉大偉)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    市中心部の田んぼで農業体験広東省広州市

    14日、保護者と広州市の海珠湿地の水田を訪れ、晩稲(おくて)の刈り取りを体験する子どもたち。(小型無人機から)中国広東省広州市の広州海珠国家湿地公園管理処はここ数年、園内の二期作田で「自然と共に歩む」と題した親子教室を開催し、市民が農業に触れる機会を設けている。稲田は湿地の各種生き物に生息地を提供し、良好な生態学上の効果ももたらしている。(広州=新華社記者/劉大偉)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:01.52
    2020年11月13日
    「新華社」木々の色鮮やか空から見た北京世園公園

    中国北京市延慶区にある北京世園公園では気温の低下に伴い、木々が鮮やかに色づいている。同園は昨年開かれた北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の跡地で、今年3月に一般開放を再開して以降、累計40万人の観光客を受け入れ、各種イベントを計170回以上開催した。北京園芸博の会場は、博覧会の遺産を十分に保護、活用しながら、新たな公園として生まれ変わっている。(記者/魏夢佳、馬暁冬)<映像内容>北京世園公園の空撮、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    中国とASEAN間の貿易往来を推進南寧国際鉄道港

    11日、南寧市の南寧国際鉄道港。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区南寧市にある南寧国際鉄道港は、空路、海路、陸路、鉄道の複合一貫輸送サービスを提供しており、中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)間の貿易往来を力強く推進している。(南寧=新華社記者/陸波岸)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    中国とASEAN間の貿易往来を推進南寧国際鉄道港

    11日、南寧市の南寧国際鉄道港。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区南寧市にある南寧国際鉄道港は、空路、海路、陸路、鉄道の複合一貫輸送サービスを提供しており、中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)間の貿易往来を力強く推進している。(南寧=新華社記者/陸波岸)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    中国とASEAN間の貿易往来を推進南寧国際鉄道港

    11日、南寧市の南寧国際鉄道港。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区南寧市にある南寧国際鉄道港は、空路、海路、陸路、鉄道の複合一貫輸送サービスを提供しており、中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)間の貿易往来を力強く推進している。(南寧=新華社記者/陸波岸)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月08日
    菊花園に初冬の彩り河北省沙河市

    8日、沙河市白塔鎮欒卸村の菊花園を訪れた観光客。(小型無人機から)中国河北省沙河市白塔鎮欒卸(らんしゃ)村でこのほど、菊花園がオープンし、多くの観光客が訪れている。同園では500品種を超える菊計3万鉢以上を栽培し、村の美化と観光発展に役立てている。(沙河=新華社記者/曹国廠)=2020(令和2)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月08日
    菊花園に初冬の彩り河北省沙河市

    8日、上空から見た沙河市白塔鎮欒卸村の菊花園。(小型無人機から)中国河北省沙河市白塔鎮欒卸(らんしゃ)村でこのほど、菊花園がオープンし、多くの観光客が訪れている。同園では500品種を超える菊計3万鉢以上を栽培し、村の美化と観光発展に役立てている。(沙河=新華社記者/曹国廠)=2020(令和2)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:07.44
    2020年11月03日
    「新華社」長沙市で世界コンピューター大会開幕湖南省

    中国湖南省長沙市で3日、同省政府と工業・情報化部が共催する「2020世界コンピューター大会」が開幕した。国内外のアカデミー会員17人、コンピューター科学分野のノーベル賞とされる「チューリング賞」受賞者1人、政財界の要人100人余りが一堂に会し、産業エコシステム、コンピューターチップ、サイバーセキュリティー、第5世代移動通信システム(5G)、インダストリアルインターネットなど関心の高い話題について最新の成果を共有し、最先端技術についても意見を交わした。人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)などの次世代技術とその応用が急速に発展し、量子計算、脳の仕組みを模した「ニューロモーフィック・コンピューティング」など新たな演算技術が相次ぎ登場したことで、世界の演算技術の研究開発と産業発展に新たな進歩の余地が生まれている。演算の技術、能力は国家の最先端の科学技術レベルを測る指標となっている。工業・情報化部の王志軍(おう・しぐん)副部長は「今年は新型コロナウイルスが流行する中で、進んだ演算技術と製品が遠隔医療やオンライン教育、物資調達などのサービスの安定的な提供を力強く支え、感染対策や経済の安定化において重要な役割を担っている」と述べた。中国はコンピューター製造体系を整備し、世界のコンピューター製品の9割以上を供給している。産業規模は着実に拡大し、市場の停滞や新型コロナの流行などマイナスの影響を克服、主要製品の生産量が増加している。マイコン生産量の伸びは2017年が5・9%、18年が2・9%、19年が8・2%となり、今年1~9月は5・6%増の2億6千万台に達した。(記者/姚羽、程済安、丁春雨、杜瑞)<映像内容>「2020世界コンピューター大会」の様子、会場の外観、撮影日:2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月31日
    企業のけん引で貧困脱却を推進新疆ウイグル自治区

    10月31日、墨玉県扎瓦鎮にある和田新魯聨程肉鶏養殖の鶏舎。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区カラカシュ(墨玉)県では産業開発を貧困脱却の根本的な解決策として積極的に取り組み、貧困脱却を支援する業界トップ企業の育成を進め、農家の増収の道を広げている。2019年4月、同県は農業産業化を主導する企業、新疆美比特集団を誘致した。同社は技術、ニワトリのひな、飼料、感染予防サービスを提供し、地元貧困家庭が養殖業に参入し、近場で就業できるよう主導。従業員はすでに6千人余りを数え、うち3千人以上が貧困家庭の構成員で、従業員の平均月収は2600元(1元=約16円)以上に達している。(カラカシュ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:06.96
    2020年10月27日
    「新華社」天津港集団、今年4路線目の「一帯一路」航路を開通

    中国の天津港を運営する天津港集団は27日、今年4路線目となる「一帯一路」航路の運用を始めた。天津港を中心とする国際的な総合交通ハブ「天津北方国際航運ハブ」は、京津冀(北京市、天津市、河北省)地区の海の玄関口で、「一帯一路」建設と陸海双方向の開放を実施する上で重要な拠点となっている。新航路は、天津港から中国沿海部に沿って南下し、シンガポールやスリランカのコロンボなどの港に向かう。天津港から出港したコンテナ船には、京津冀地区や周辺地域で生産された機械設備や医療機器、化学工業品、日用品など計718TEU(20フィートコンテナ換算)が積み込まれた。同集団は今年に入ってから国内・国際合わせて9路線を開通している。国際定期コンテナ航路が6路線で、うちASEAN諸国向けが4路線を占めた。東南アジア地域をカバーするコンテナ航路は30路線を超え、今年1~9月期のコンテナ取扱量は132万TEUに上っている。(記者/李帥)<映像内容>天津港集団が「一帯一路」航路を開通、コンテナを移動する様子、撮影日:2020(令和2)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:51.29
    2020年10月17日
    「新華社」乗用玩具を特色産業に、河北省平郷県でバランスバイク大会開催

    中国河北省邢台(けいだい)市平郷県で17日、2020河北省第1回バランスバイク・オープン大会が開催され、キッズライダー200人余りが参加した。大会は河北省体育局自転車運動管理センター、邢台市体育局、平郷県人民政府が共催し、3歳、4歳、5歳の年齢別に計9部門でスピードを競った。同県は子ども用乗用玩具を伝統的な特色ある文化産業として位置付け、電動を含む乗用玩具の年産台数は1億2千万台、売上高は200億元(1元=約16円)に達している。製品は中国各地で販売されているだけでなく、欧州連合(EU)、日本、中東など60余りの国・地域に輸出されている。(記者/鞏志宏)<映像内容>2020河北省第1回バランスバイク・オープン大会の様子、撮影日:2020(令和2)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月16日
    中国の科学技術が安全な送水を実現「南水北調」プロジェクト

    16日、「南水北調」中央ルート鄭州区間の幹線用水路。(小型無人機から)中国の「南水北調」中央ルート工程建設管理局は16~20日、5カ所の支部で2020年度オープンデーを開催し、同プロジェクトが科学的方法に基づいて安全な送水を実現していることを公開した。「南水北調」は中国南部地域の水を北部地域に送り、慢性的な水不足解消を目指すプロジェクトだ。中国水利部が発表した最新データによると、同プロジェクトは2020年度、河南省、河北省、天津市、北京市に83億立方メートルの給水と生態補水を実施、供給量は過去最大となった。(北京=新華社記者/劉詩平)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月16日
    中国の科学技術が安全な送水を実現「南水北調」プロジェクト

    16日、「南水北調」中央ルートの黄河横断プロジェクト。(小型無人機から)中国の「南水北調」中央ルート工程建設管理局は16~20日、5カ所の支部で2020年度オープンデーを開催し、同プロジェクトが科学的方法に基づいて安全な送水を実現していることを公開した。「南水北調」は中国南部地域の水を北部地域に送り、慢性的な水不足解消を目指すプロジェクトだ。中国水利部が発表した最新データによると、同プロジェクトは2020年度、河南省、河北省、天津市、北京市に83億立方メートルの給水と生態補水を実施、供給量は過去最大となった。(北京=新華社記者/劉詩平)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月16日
    中国の科学技術が安全な送水を実現「南水北調」プロジェクト

    16日、黄河南岸にある「南水北調」の黄河横断トンネルの入り口。(小型無人機から)中国の「南水北調」中央ルート工程建設管理局は16~20日、5カ所の支部で2020年度オープンデーを開催し、同プロジェクトが科学的方法に基づいて安全な送水を実現していることを公開した。「南水北調」は中国南部地域の水を北部地域に送り、慢性的な水不足解消を目指すプロジェクトだ。中国水利部が発表した最新データによると、同プロジェクトは2020年度、河南省、河北省、天津市、北京市に83億立方メートルの給水と生態補水を実施、供給量は過去最大となった。(北京=新華社記者/劉詩平)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月16日
    中国の科学技術が安全な送水を実現「南水北調」プロジェクト

    16日、オープンデ―のイベント会場で、水のサンプルを採集する小型無人機(右)と斜面から藻類を除去する多機能車両(左)。(小型無人機から)中国の「南水北調」中央ルート工程建設管理局は16~20日、5カ所の支部で2020年度オープンデーを開催し、同プロジェクトが科学的方法に基づいて安全な送水を実現していることを公開した。「南水北調」は中国南部地域の水を北部地域に送り、慢性的な水不足解消を目指すプロジェクトだ。中国水利部が発表した最新データによると、同プロジェクトは2020年度、河南省、河北省、天津市、北京市に83億立方メートルの給水と生態補水を実施、供給量は過去最大となった。(北京=新華社記者/劉詩平)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月16日
    中国の科学技術が安全な送水を実現「南水北調」プロジェクト

    16日、黄河南岸にある「南水北調」の黄河横断トンネルの入り口。(小型無人機から)中国の「南水北調」中央ルート工程建設管理局は16~20日、5カ所の支部で2020年度オープンデーを開催し、同プロジェクトが科学的方法に基づいて安全な送水を実現していることを公開した。「南水北調」は中国南部地域の水を北部地域に送り、慢性的な水不足解消を目指すプロジェクトだ。中国水利部が発表した最新データによると、同プロジェクトは2020年度、河南省、河北省、天津市、北京市に83億立方メートルの給水と生態補水を実施、供給量は過去最大となった。(北京=新華社記者/劉詩平)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:55.56
    2020年10月14日
    「新華社」住民に増収もたらすシイタケ栽培基地四川省理塘県

    中国四川省カンゼ・チベット族自治州理塘県の馬岩村にあるシイタケ栽培基地は、地元の人たちの増収と小康(ややゆとりのある)社会への歩みを後押ししている。理塘五粮液シイタケ栽培基地は2018年に建設され、累計151万元(1元=約16円)余りの配当を行い、80余りの就職ポストを提供してきた。貧困家庭の労働者が95パーセント以上を占めており、1人当たりの年収は3万6千元に達している。同県の中心市街地に転居してきた住民は職住近接で働くことができるようになった。理塘県のシイタケはすでに粤港澳大湾区(広東・香港・マカオビッグベイエリア)に出荷され、全国各地に向けて販売されている。地元住民は就業と同時に一定の栽培技術も習得している。(記者/尹恒)<映像内容>シイタケの栽培の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:55.36
    2020年10月11日
    「新華社」自動運転バスの試験運行実施湖南省長沙市

    中国湖南省長沙市で11日、自動運転バスの試験運行が行われた。地元政府が明らかにした。試験運行は信号のある交差点5か所、バス停4か所、ラウンドアバウト1か所がある6キロのコースで行われ、バスは加減速、信号機の認識、バス停での停車を自動的に行った。第5世代移動通信システム(5G)を使用したこのスマートバスは、乗客が乗り降りする時間やバス停のデータをリアルタイムで提供でき、公共交通機関の輸送能力の調整や、路線の設定とバス停配置の最適化を支援する。このバスの自動運転プラットフォームは遠隔操作や監視の機能も備えている。中車時代電動汽車(中車電動)の自律運転技術部の朱田(しゅ・でん)部長によると、毎日のバスの走行データを処理することで、最適な路線案を作ることができるという。(記者/丁春雨)<映像内容>自動運転バスの試験運行の様子、撮影日:2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月10日
    「最後」の渡し守福建省浦城県

    10日、地元民のために最後の船を出す渡し守の何栄興さん。(小型無人機から)中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月10日
    「最後」の渡し守福建省浦城県

    10日、地元民のために最後の船を出す渡し守の何栄興さん。近くに新しく建設された茅洲大橋が見える。(小型無人機から)中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月09日
    「最後」の渡し守福建省浦城県

    9日、福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲村の渡し場とその周辺。(小型無人機から)中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月08日
    高速道路のサービスエリアが観光スポットに江蘇省蘇州市

    8日、滬寧高速道路蘇州区間の陽澄湖サービスエリアの庭園風景。(小型無人機から)中国の国慶節と中秋節の大型連休最終日となった8日、鉄道、道路はいずれもUターンラッシュのピークを迎えた。上海市と江蘇省南京市を結ぶ滬寧高速道路の蘇州市区間にある陽澄湖サービスエリアは昨年5月、リニューアルオープンした。水辺の景色などの要素を取り入れて「詩画の江南」の趣を表現、地元の新たな観光スポットになっている。(蘇州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月08日
    「中亜班列」貨物が広州港から東南アジアへ新たな輸送ルートが誕生

    8日、上空から見た広州港南沙港区。(小型無人機から)中国と中央アジアを結ぶ国際貨物列車「中亜班列」で中国に運ばれたコンテナ21本を積んだコンテナ船が6日、広東省広州港南沙港区から出港、インドネシアに向かった。中国の港湾大手、広州港集団が明らかにした。シーアンドレール輸送により、「中央アジア-広州市-東南アジア」の新たな物流ルートが開通し、「一帯一路」沿線国・地域により多くの国際物流サービスを提供できるようになった。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月08日
    山西省呂梁市で廟底溝第2期文化の住居跡を発見

    8日、空から見た発掘エリア。(小型無人機から)中国山西省考古研究院によると、考古研究者らは今年3~8月にかけて同省呂梁(りょりょう)市の信義遺跡で主に12カ所の廟底溝第2期文化(4800~4300年前)に属する住居跡の存在を明らかにし、先史時代の中原と北方地域間の文化交流や建築様式別の空間分布を探るための新たな資料を提供した。信義遺跡は同市離石区信義鎮信義村の北に位置し、面積は約40万平方メートル。仰韶(ぎょうしょう)文化の後期から竜山文化の時代に属する。今年3~8月にかけて、国道209号線ルート変更工事の呂梁新城区間の建設に合わせ、同研究院と市文化財発掘調査チームが共同で、遺跡内の1600平方メートル以上の敷地の発掘調査を実施した。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月08日
    高速道路のサービスエリアが観光スポットに江蘇省蘇州市

    8日、滬寧高速道路蘇州区間にある陽澄湖サービスエリア。(小型無人機から、パノラマ合成)中国の国慶節と中秋節の大型連休最終日となった8日、鉄道、道路はいずれもUターンラッシュのピークを迎えた。上海市と江蘇省南京市を結ぶ滬寧高速道路の蘇州市区間にある陽澄湖サービスエリアは昨年5月、リニューアルオープンした。水辺の景色などの要素を取り入れて「詩画の江南」の趣を表現、地元の新たな観光スポットになっている。(蘇州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月08日
    高速道路のサービスエリアが観光スポットに江蘇省蘇州市

    8日、滬寧高速道路蘇州区間にある陽澄湖サービスエリア。(小型無人機から)中国の国慶節と中秋節の大型連休最終日となった8日、鉄道、道路はいずれもUターンラッシュのピークを迎えた。上海市と江蘇省南京市を結ぶ滬寧高速道路の蘇州市区間にある陽澄湖サービスエリアは昨年5月、リニューアルオープンした。水辺の景色などの要素を取り入れて「詩画の江南」の趣を表現、地元の新たな観光スポットになっている。(蘇州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:29.00
    2020年10月06日
    「新華社」日系企業の生産拡大と中国への投資続く福建省アモイ市

    中国福建省アモイ市にある数多くの日系企業はこのところ、新型コロナウイルス感染症の流行や他の要因で引き起こされた需給面での圧力に向き合いながら、全面的に生産を再開すると同時に計画通りの生産規模の拡大と投資の増加を続けており、中国投資への自信は衰えていない。フラットパネルディスプレイ用ガラス大手日本電気硝子の中国法人、電気硝子玻璃(アモイ)の大橋伸夫総経理は、製品の生産には水、電気、ガスの安定的な供給が非常に重要で、発達した港湾物流も必要だが、アモイはこれら全ての面で優れていると述べた。同社は今年、20億元(1元=16円)余りを追加投資して第3期建設工事を実施、完成後の生産規模は現在の1・5倍に拡大するという。NC放電機加工機大手ソディックの中国法人、沙迪克(アモイ)の土屋隆総経理は、中国市場はグループ全体の発展にとって最も重要で、アモイ工場はグループで最も生産効率が高く、優秀な経営をしていると強調。今年の新型コロナ感染症発生当初には、現地政府が同社にマスクなどの防疫物資を提供、生産再開を強力に後押ししたことで、今年の生産は計画通り、もしくはそれ以上になる見込みだという。土屋氏によると、同社は今後もアモイでの生産と投資の拡大を続けるという。現在進んでいる第2期建設工事への投資額は6千万元余りで、生産開始後は年間生産高が2億5千万元増加すると見込んでいる。電動パワーステアリング製造大手ジェイテクトの中国法人、捷太格特転向系統(アモイ)は顧客とサプライチェーンの影響を受け、今年2~3月の生産は計画の3割程度に留まった。しかし、国内の物流がスムーズになると部品の供給は基本的に回復し、生産能力も急速に上昇した。同社の藤井良総経理によると、第3期工場建設が進んでおり、建設面積は2万平方メートル余りで、併設の職員食堂や寮も同時に建設しているという。(記者/陳旺、付敏)<映像内容>アモイ市にある日系企業の生産の様子、アモイ市の風景、日系企業のインタビュー、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月01日
    産業交流センター 双葉町に複合施設オープン

    福島県双葉町の複合施設「産業交流センター」。右奥は東日本大震災・原子力災害伝承館=9月(小型無人機から)

    撮影: 9月

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月28日
    カナス風景区、観光シーズン迎える新疆ウイグル自治区

    28日、カナス風景区の月亮湾を訪れた観光客。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)風景区は10月1日から8日までの国慶節(新中国成立記念日、10月1日)連休を前に、観光の最盛期に入っている。同風景区では現在、観光客に行き届いたサービスを提供するため、さまざまな措置を講じている。(カナス=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月28日
    カナス風景区、観光シーズン迎える新疆ウイグル自治区

    28日、カナス風景区の景色。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)風景区は10月1日から8日までの国慶節(新中国成立記念日、10月1日)連休を前に、観光の最盛期に入っている。同風景区では現在、観光客に行き届いたサービスを提供するため、さまざまな措置を講じている。(カナス=新華社記者/張誉東)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月28日
    カナス風景区、観光シーズン迎える新疆ウイグル自治区

    28日、カナス風景区の景色。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)風景区は10月1日から8日までの国慶節(新中国成立記念日、10月1日)連休を前に、観光の最盛期に入っている。同風景区では現在、観光客に行き届いたサービスを提供するため、さまざまな措置を講じている。(カナス=新華社記者/張誉東)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月28日
    カナス風景区、観光シーズン迎える新疆ウイグル自治区

    28日、カナス風景区の景色。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)風景区は10月1日から8日までの国慶節(新中国成立記念日、10月1日)連休を前に、観光の最盛期に入っている。同風景区では現在、観光客に行き届いたサービスを提供するため、さまざまな措置を講じている。(カナス=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月28日
    カナス風景区、観光シーズン迎える新疆ウイグル自治区

    28日、カナス風景区のカナス湖。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)風景区は10月1日から8日までの国慶節(新中国成立記念日、10月1日)連休を前に、観光の最盛期に入っている。同風景区では現在、観光客に行き届いたサービスを提供するため、さまざまな措置を講じている。(カナス=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月28日
    カナス風景区、観光シーズン迎える新疆ウイグル自治区

    28日、カナス風景区の月亮湾。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)風景区は10月1日から8日までの国慶節(新中国成立記念日、10月1日)連休を前に、観光の最盛期に入っている。同風景区では現在、観光客に行き届いたサービスを提供するため、さまざまな措置を講じている。(カナス=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月28日
    カナス風景区、観光シーズン迎える新疆ウイグル自治区

    28日、カナス風景区の景色。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)風景区は10月1日から8日までの国慶節(新中国成立記念日、10月1日)連休を前に、観光の最盛期に入っている。同風景区では現在、観光客に行き届いたサービスを提供するため、さまざまな措置を講じている。(カナス=新華社記者/張誉東)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月28日
    カナス風景区、観光シーズン迎える新疆ウイグル自治区

    28日、カナス風景区の神仙湾。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)風景区は10月1日から8日までの国慶節(新中国成立記念日、10月1日)連休を前に、観光の最盛期に入っている。同風景区では現在、観光客に行き届いたサービスを提供するため、さまざまな措置を講じている。(カナス=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...