KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
18,900
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
18,900
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:52.31
    2021年01月15日
    「新華社」山西省晋中市楡次区で無料の全員核酸検査を実施

    中国山西省晋中市では12日、新型コロナウイルスの感染者が新たに1人確認された。これを受け同市は管理制御措置を強化、13日から楡次(ゆじ)区の全住民を対象とした無料の核酸検査を実施している。(記者/韓依格、馬志異) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:07.94
    2021年01月15日
    「新華社」極寒の地で森林を守る作業員黒竜江省

    中国黒竜江省大興安嶺地区呼中(こちゅう)区では、多くの林業労働者が真冬の寒さの中、営林の現場で持ち場を守り、極寒の山林を回って病気の木や腐った木を取り除いて、若い森林の育成に励んでいる。大興安嶺林業集団呼中林業局大西溝管護区の森林作業員11人は、今月2日から携帯電話の電波が届かない現場に入り、森林の手入れをしている。作業期間中は約20日間、仮設テントで生活する。(記者/王建威) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:07.21
    2021年01月15日
    「新華社」警察官にナンを渡すおじさん、ネットで話題に新疆クチャ市

    国新疆ウイグル自治区のナン職人の男性が勤務中の警察官にナンを渡す動画がこのところ、ネットで話題となっている。投稿から6日後には再生回数が5千万回を突破し、動画投稿アプリ「抖音(ドウイン)」のある公式アカウントがこの動画を拡散すると、22万回の「いいね」を獲得した。動画は道路に設置された監視カメラが撮影したものだった。監視カメラは、同市の勝利路と解放路の交差点付近で警察官3人が交通整理に当たる様子と、三輪バイクに乗っていた男性が突然停車し、バイクの荷台に乗せていた大きなナンを警察官に渡す様子を捉えていた。ナンを渡した男性はその後、自治区級無形文化遺産「クチャ大ナン」の5代目伝承者、熱西提・依米提(レシティ・イミティ)さん(61)と判明。熱西提さんはここ数年、9人の従業員を抱えるナンの店を経営している。熱西提さんは、1年中パトロールに当たる警察官にナンをプレゼントしたことは、自身の内なる敬意を表した行為にすぎないと話している。(記者/張嘯誠) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:12.69
    2021年01月15日
    「新華社」トルコ大統領、中国製コロナワクチンを接種

    トルコのエルドアン大統領は14日夜、同国の首都アンカラで中国の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)が開発した新型コロナウイルスワクチンを接種した。同氏は接種後、ソーシャルメディアを通じて伝えた。エルドアン氏はまた、全国ですでに25万人余りの医療関係者がワクチンを接種しており、接種プロセスはスムーズで効率的、満足のいくものだと述べた。トルコが発注した同社のワクチン第1陣300万回分は昨年12月30日、アンカラに到着。政府の計画によると、第1段階では感染リスクの高い医療関係者などを対象に、900万人に優先的に接種される。(記者/鄭思遠) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:47.51
    2021年01月15日
    「新華社」モンゴルのプシバルスキーガゼル7頭、餌を求めて中国へ

    国内モンゴル自治区エレンホト(二連浩特)市でこのほど、モンゴルに生息する野生のプシバルスキーガゼルが、寒波の影響を受けて群れで鉄道脇のネットを越え、エレンホト駅国際台車交換庫付近に餌を求めてやってきた。モンゴルの野生のプシバルスキーガゼルがエレンホト市を「訪れる」のは、今年に入りすでに2回目だという。エレンホト市公安局森林公安局の警察官、耿暁華(こう・きょうか)氏は「国境付近の草原はここ数年、環境が改善され、エレンホト市の野生動物の個体群は徐々に増加に転じ、プシバルスキーガゼル、アジアノロバ、アルガリなど希少な野生動物が、再び人々の前に姿を見せるようになっている」と述べた。すらりとした姿のプシバルスキーガゼルは、国家2級重点保護動物に指定され、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストにも登録されている。(記者/哈麗娜) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:59.32
    2021年01月15日
    「新華社」砂漠公路に現れたキツネ、食物連鎖に一役新疆ウイグル自治区

    果てしない砂漠が広がり「死の海」とも呼ばれる中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠を横断するタリム砂漠公路は、世界初の流動性砂漠を貫く区分道路となっている。このところ、この砂漠公路でキツネを見かけることが多くなっている。タリム砂漠公路は全長522キロで、道路の両側には生態防護林が延び、野生動物に天然の生息地とシェルターを提供している。森林管理員によると、防護林の苗木は乾燥には強いものの、ネズミや野ウサギなどによる食害が脅威となっており、キツネがいることで食物連鎖のバランスが保たれているのだという。(記者/宿伝義) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:37.91
    2021年01月15日
    「新華社」中国最北端の大地に描かれた雪原絵巻黒竜江省

    中国最北端の黒竜江省漠河市に位置する九曲十八湾風景区は冬を迎え、一面に銀世界が広がっている。凍結した額木爾河は、白い絹のリボンで描かれた絵のように大地をくねくねと走り、太陽の光を浴びて非常に美しく壮観な風景を生み出している。(記者/謝剣飛、馬暁成、王鶴) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:37.93
    2021年01月15日
    「広島市以外に要請なし」 加藤氏、緊急事態並み対策で

    加藤勝信官房長官は15日の記者会見で、新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言に準じた対策が必要な地域に関し「現時点で広島市以外の地域から具体的な申し出があるとは承知していない」と述べた。このほか「患者の権利の制限と社会経済全体の利益のバランスに留意して検討する」と表明した。<映像内容>加藤長官の定例会見、撮影日:2021(令和3)年1月15日、撮影場所:東京都内

    撮影: 2021(令和3)年1月15日

  • 00:42.04
    2021年01月15日
    「新華社」中国最北のガソリンスタンド黒竜江省漠河市

    中国黒竜江省漠河市北極村には、中国最北のガソリンスタンドがある。冬が長く、寒さが厳しい北極村は、積雪期間が毎年210日を超え、最低気温は氷点下40度を下回る。ガソリンスタンドの従業員は24時間体制で勤務し、観光客や村民にサービスを提供している。(記者/王鶴、馬暁成、謝剣飛) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:56.55
    2021年01月15日
    「新華社」北京市延慶区が銀世界に

    中国北京市延慶区の大荘科郷は14日、雪が降り続き、一面の銀世界となった。山間部では樹氷も現れ、幻想的な光景が広がった。(記者/魏夢佳、馬暁冬) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:53.36
    2021年01月15日
    「新華社」最も寒い時期に屋外で「入浴する」魚黒竜江省撫遠市

    中国黒竜江省撫遠(ふえん)市の魚市場、東極魚市で10日、業者が開店前に冷凍魚に「ろう塗り」を行った。冷凍魚を取り出しほうきでさっと汚れを落とした後、準備しておいた冷水に浸して洗浄する。この作業は、まるで魚が入浴しているように見える。水産物業者によると、冷水で洗い流すと魚の表面に薄い氷の層ができ、冷凍魚が乾燥で裂けるのを防ぎ、肉質を新鮮に保つことができるのだという。(記者/張濤) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:39.95
    2021年01月15日
    「新華社」武漢市のCT搭載車、河北省で新型コロナ対策を支援

    中国河北省の新型コロナウイルス感染症対策を支援するために、湖北省から送られたコンピューター断層撮影装置(CT)搭載車が13日、運用を開始した。この車両は全身のCTスキャンや造影CT検査に対応しており、迅速な胸部CTスクリーニング検査が可能で、1日平均200~300人分の検診・スクリーニングができる。(記者/白明山) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:35.58
    2021年01月15日
    「新華社」2020年カメラが捉えた野生パンダ四川省

    中国ではここ数年、野生のジャイアントパンダが目撃される割合が高まり続けている。おおまかな統計によると、2020年に四川省内で野生のジャイアントパンダが活動する様子を捉えた貴重な映像は30本余り、パンダの活動場所も10カ所以上の自然保護地に及んでいる。新華社は省内各保護区に設置した赤外線カメラや、地元の村民が偶然に携帯で撮影したパンダの動画を、ドキュメンタリー映像にまとめた。(記者/張超群) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:54.68
    2021年01月15日
    「新華社」ハルビン極地館シロイルカが「新居」に到着

    中国黒竜江省のハルビン極地館で暮らすシロイルカの「ミラ」と「ニコラ」がこのほど、新エリアの極地公園内へ引っ越した。2頭は同館を代表するショー「海洋之心(ハート・オブ・オーシャン)」の主役として多くの観客の心をつかんできた。22日からは新たなステージとなる超大型プールで来場者の前に登場する。(記者/王建威) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:32.17
    2021年01月15日
    「新華社」95歳の新型コロナ重症患者が退院遼寧省瀋陽市

    中国瀋陽市の第六人民医院で13日午後、95歳の高齢重症患者を含む新型コロナウイルス感染患者5人が退院した。今後は指定病院で14日間の経過観察とリハビリ治療を受けるという。95歳の患者は2020年12月27日に入院。翌日新型コロナの感染が確認された。同医院重症医学科(集中治療科)の呉雲海(ご・うんかい)主任によると、患者は冠動脈疾患や高血圧など多くの基礎疾患があることから、複数の専門家が詳細な医療・看護プランを作成し治療に当たった。(記者/趙泳、羅奇) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:35.74
    2021年01月15日
    「新華社」秦嶺の赤ちゃんパンダ、名前募集中陝西省西安市

    中国陝西省西安市周至県にある秦嶺ジャイアントパンダ研究センターは12日、昨年誕生したパンダの赤ちゃん4頭の名前の募集を開始した。応募受け付けは31日まで。決まった名前は2月上旬に発表される。(記者/付瑞霞) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:49.60
    2021年01月15日
    「新華社」活気あふれる大都市、深圳を訪ねて

    中国広東省深圳市が中国初の経済特区に指定されて40年たった。かつての小さな漁村は域内総生産(GDP)が2兆元(1元=約16円)を超える活気あふれる大都市に変身した。 =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:23.96
    2021年01月15日
    「新華社」郵便・宅配業界の取扱量、今年は1200億件超と予測国家郵政局

    中国国家郵政局はこのほど、2021年に郵便・宅配業の取扱量が前年比12%増の1219億件に達するとの予測を発表した。同期間中の宅配業界の取扱量は955億件、営業収益は9800億元(1元=約16円)に達すると見込まれる。郵便・宅配業界全体の売上高は前年比11%増の1兆2千億元になると予測している。同局によると、2020年の郵便・宅配業界全体の売上高は1兆1千億元だった。 =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:52.01
    2021年01月15日
    「新華社」長江流域最大の商代銅鋳造遺構を発見湖北省武漢市

    中国の湖北省文物考古研究所はこのほど、同省武漢市黄陂区の魯台山郭元咀遺跡で商(殷)代の大規模な銅器鋳造施設の遺構を発見したと明らかにした。遺構からは熔解器具や原料、燃料など銅の精錬・鋳造に関する遺物が大量に出土した。専門家は、長江流域で最も規模が大きく、保存状態も良い商代の青銅器鋳造遺跡であり、手工業生産の一連の流れが比較的整った「銅器鋳造工房」だと評価した。遺跡は同研究所が2019年3月から2020年12月にかけ、北京大学考古文博学院と共同で発掘調査を実施。銅鋳造施設のために築かれた人工基礎の上で、銅鋳造に関わる各種遺構を発見した。人工基礎は灄水(長江の支流)の東岸沿いに平行に築かれており、南辺の長さは29・4メートル、東辺は40・8メートル。面積は約1100平方メートルで、独立した工房エリアを構成していた。同研究所の副研究員で、同遺跡発掘プロジェクトの責任者を務める胡剛(こ・ごう)氏によると、遺構ではこれまでに炉台15基、るつぼ壁の残骸80点余り、土製鋳型120点余り、石製、銅製の工具類105点が出土。2つの境界溝と複数の大型灰坑の中からは大量の日用土器や印文硬質土器、炭化した植物種子、木炭、小動物の骨が見つかった。浮選法で選別した種子の放射性炭素年代測定値を年輪年代法で補正した数値は紀元前1401年~同1226年だった。同研究所の方勤(ほう・きん)所長は、出土した土製鋳型片から推測した器物の口径が25センチだったことから、同遺構では大型器物も鋳造されていたと指摘。銅くずの分析では銅と錫の合金(青銅)を精錬していたことも分かっており、遺構が少なくとも粗銅と合金の精錬、鋳型による鋳造を行う高い技術と生産能力を持っていたと説明した。方氏はまた、遺跡の位置づけについて「湖北省ではここ数年で最も重要な商代の考古学発見の一つといえる。紀元前1226年前後の商王朝による長江流域の統治と支配の実像を再現しており、殷墟文化第一期前後の青銅器鋳造活動の組織形態や原料の輸送ルートなど、青銅器時代の重要な学術的問題にとって大きな価値がある」と述べた。(記者/方亜東、喩珮) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:53.12
    2021年01月14日
    「新華社」極寒の森林地帯を走る「最も遅い」快速列車黒竜江省

    厳冬期の中国黒竜江省で、K7093列車が夜の森林地帯や雪原を走っている。同省ハルビン市と内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区を往復するK7093とK7094旅客列車は、1320キロの距離を26時間10分かけて運行し、52の駅に停車する。「K」の字が付く快速列車にもかかわらず、運行時間が長く、平均で約30分おきに停車するほど停車駅が多いことから、森林地帯を走る「最も遅い」快速列車と呼ばれている。30年以上運行している同列車の設備は、1990年代の深緑色をした旧型車両の「緑皮車」から現在の空調付き車両「25G型」まで徐々にグレードアップされ、乗客も車内でより暖かく、快適に過ごせるようになっている。(記者/王建威) =配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:53.35
    2021年01月14日
    「新華社」宮廷風マホガニー家具、匠の技が生み出す美河北省淶水県

    中国北京市に隣接する河北省保定市淶水(らいすい)県は、宮廷風マホガニー家具の生産地として知られている。明・清代の宮廷で用いられた調度品の図録に基づき、こだわりの素材と巧みな職人技で作られた家具は、直線と曲線が引き立て合う優美な造形が風格を醸し出している。県内では現在、420社がクラシック家具の製造を手掛ける。従業員は1万2千人、熟練技術者は千人超に上り、生産額は18億元(1元=約16円)に達している。(記者/白明山) =配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:23.04
    2021年01月14日
    「新華社」内モンゴル自治区、今後5年間で森林率を23・5%へ

    中国内モンゴル自治区は、今後5年間で林業生態建設5千万ムー(約333万ヘクタール)と草原生態建設7500万ムー(500万ヘクタール)を完成させる計画を策定した。森林率を23・5%まで引き上げ、中国北部の重要な生態安全障壁をさらに強固にする。同自治区林業・草原局の郝影(かく・えい)局長は、自治区が黄河重点生態区と東北森林帯、北方砂防帯の建設を統一的に推進すると説明。2025年までに森林蓄積量を16億5千万立方メートルとし、草原の植被率を45%で安定させ、湿地保護率を32%以上にするとの考えを示した。内モンゴル自治区は東北、華北、西北にまたがり、北方地域で最も面積が大きく、種類が豊富な生態機能エリアとなっている。国内の生態面で重要な位置付けとなっており、ここ数年、国内の生態建設任務の約9分の1に当たる1千万ムー(約66万7千ヘクタール)以上の林業生態建設を毎年行っており、現時点での森林率は22・1%となっている。(記者/李雲平) =配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:45.91
    2021年01月14日
    「新華社」トルコ保健相、中国製コロナワクチンを接種

    トルコ保健省のコジャ保健相は13日、中国製薬大手、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製の新型コロナウイルスワクチン接種を受け、その様子がテレビで中継された。同国のコロナウイルス対策委員会(科学諮問委員会)のメンバーも同日、中国製ワクチンを接種した。コジャ氏は同日の記者会見で、中国製ワクチンの安全性を強調。14日から全国の医療従事者に対してワクチン接種を開始すると述べた。同省の医薬品・医療機器庁は13日、同国で最初の新型コロナワクチンとして、同社製ワクチンの接種を緊急承認した。コジャ氏によると、これまでに同社製ワクチンを接種した同国実験参加者のデータ分析によると、ワクチンの有効性は91・25%に達しているという。(記者/鄭思遠) =配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:16.36
    2021年01月14日
    「新華社」湖面に青い氷が描き出す不思議な模様新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州テケス県の中心市街地から約48キロ東に位置する恰甫其海は、約58平方キロの水域総面積を持つ。冬になると、凍結した湖面に閉じ込められた青い浮氷が不思議な模様を描き出し、まるで水晶の世界にいるように感じる。(記者/張嘯誠) =配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:53.35
    2021年01月14日
    「新華社」中国主要港のコンテナ取扱量が増加輸出拡大を受け

    中国港湾協会の最新データによると、2020年12月21~31日の八大中枢港湾のコンテナ取扱量は前年同期比4・1%増だった。天津港、寧波舟山港、深圳港では20%を上回った。12月1カ月間では、八大中枢港湾のコンテナ取扱量は前年同月比6・4%増、対外貿易のコンテナ取扱量は7%増だった。対外貿易のコンテナ取扱量急増は、中国の輸出が急速に拡大したことを受けたもの。昨年11月はドルベースで前年同月比21・1%増加し、2018年2月以来の急成長となった。 =配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    撮影: 配信日: 2021

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:51.89
    2021年01月14日
    「新華社」物流のクローズドループ管理で接触リスクを低減黒竜江省黒河市

    中国黒竜江省黒河市ではこのところ、新型コロナウイルスの新規感染者増を受け、市外からの車両と人に対しクローズドループ管理を実施している。高速道路の黒河料金所ゲートでは、監視員が市内に入る車両と搭乗者を厳しく管理し、警察官が車両・人員の情報を登録した上で紙を貼ってドアを封印。車両が貨物ステーションに到着すると、物資の積み降ろしは専門の作業員が担当し、運転手はその間、車内にとどまることで接触リスクを低減している。作業が終わると、車は来た道をそのまま引き返し、警察官によってドアの封印に破れなどがないことが確認された後、通行を許可される。(記者/劉赫垚) =配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:58.40
    2021年01月14日
    「新華社」コールドチェーンの輸入食品、厳格な取り扱いで安全を確保湖北省武漢市

    武漢万吨・華中コールドチェーン(低温物流)港は中国湖北省最大の冷凍倉庫の一つ。冷凍貨物の1日の取扱量は800トン前後で、うち4分の1を輸入冷凍食品が占める。同冷凍倉庫へ搬入される輸入冷凍食品はロットごとに全て通関書類、検疫証明書、PCR検査陰性報告書、消毒証明書を検査しなければならず、検査後はじめて搬入が認められる。敷地内で車両が冷凍食品を輸送する時には専用レーンを走行し、荷降ろしの際も専用スペースを使用しなければならない。全ての輸入冷凍貨物は入境、入庫、出庫時にそれぞれ1回消毒し、追跡用の「湖北省コールドチェーン」コードを貼付した上で市場に出荷されている。(記者/寥君、饒饒、王斯班、熊琦) =配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:07.52
    2021年01月14日
    「新華社」貴州省で降雪、世界遺産「梵浄山」も銀世界

    中国貴州省でこのほど雪が降り、銅仁市にある世界自然遺産、梵浄山(ぼんじょうさん)も雪に覆われ白く染まった。武陵山脈の主峰を成す同山の最高地点は標高2500メートルを超える。ユネスコ「人間と生物圏」計画の生物圏保護地域に登録されており、中国の5A級景勝地に指定される国家級自然保護区でもある。(記者/汪軍、劉勤兵) =配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:55.04
    2021年01月14日
    「新華社」特別巡回強化し、電力供給の安全を確保新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州クイトゥン市ではこのほど、再度の寒波到来で周辺の山間部の気温が氷点下30度を記録した。送電網の安定的な運用を確保するため、作業員らは極寒の中、管轄区域の主要な送電線や送電線が凍結しやすいエリアに対する特別巡回をいっそう強化し、電力供給設備の安全な運用と人々の生産・生活に欠かせない電力使用を確実に保障している。(記者/張嘯誠) =配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:45.34
    2021年01月14日
    「新華社」【パンダフル】誰か私を呼んだ?

    中国四川省の成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地で、近づいて来たパンダに観光客が声をかけた。パンダは足を止めて何かを探すように辺りを見回した後、自分が呼ばれたのではないと思ったのか、あっという間に立ち去ってしまった。(記者/パンダフル蕭永航) =配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:09.87
    2021年01月14日
    「新華社」野生のヒョウ一家4匹を捉えた、貴重な映像陝西省

    中国陝西省のジャイアントパンダ国家公園天華山管理処はこのほど、同管理処が設置した赤外線カメラが捉えた、野生のヒョウ一家4匹のビデオを公開した。同ビデオは2019年12月に撮影されたもので、大きな1匹と小さな3匹は映像から家族であると判断された。ヒョウは単独で生活する。オスとメスは発情期にのみ行動を共にし、発情期が終わるとオスはメスのもとを去り、メスだけで子育てをするという。(記者/付瑞霞) =配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:34.94
    2021年01月14日
    「新華社」新疆ウイグル自治区、全民族の人口増加2010~18年

    中国新疆ウイグル自治区では2010〜18年の8年間、全民族の人口が増えていたことが明らかになった。同自治区統計局が公表した1978〜2018年のデータによると、この間、ウイグル族の人口が漢族を常に上回っていた。自治区内のウイグル族の人口は、2000年が1017万人、2018年が1271万人だった。漢族は2000年が883万人、2018年が900万人だった。同自治区の少数民族人口は2010〜18年の間、287万人(22・1%)増え、1586万人となった。 =配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:15.30
    2021年01月14日
    「新華社」水簾洞石窟群を訪ねて甘粛省武山県

    中国甘粛省天水市武山県の中心市街地の北東25キロに位置する魯班峡谷に、国の重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される水簾洞石窟群がある。五胡十六国の後秦(384~417年)時代に造営が始まり、水簾洞や拉梢寺、千仏洞などからなる。中でも断崖に浮き彫りされた高さ42・3メートルの拉梢寺摩崖(まがい)大仏が有名で、世界最大の摩崖浮彫仏とされる。拉梢寺浮彫大仏の造営は559年で、1400年余りの歴史を持つ。水簾洞石窟群の中で最も重要な塑像であり、数層からなる蓮台の花弁の層間には、獅子や鹿、象などが今にも動き出しそうな立ち姿や横たわる姿で彫り込まれている。大仏は高さ150メートル余り、幅60メートル余りの自然の崖に彫られており、高さ42・3メートルの大仏のほかにも、歴代の壁龕(へきがん)24カ所、彫像33体、覆鉢式塔(仏舎利塔)の浮彫彫刻7基、摩崖題記1カ所、壁画1700平方メートルが残る。中国の渭河流域、また古代シルクロード沿いの仏教石窟群の中でも極めて貴重な芸術の至宝といえる。(記者/張智敏) =配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:23.44
    2021年01月14日
    「新華社」絶滅危惧種のアカハジロ、雲南省保山市で確認

    中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園で9日、職員が絶滅危惧種のアカハジロの姿を確認した。カモ科のアカハジロは、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで「絶滅寸前(CR)」に指定されている。保山市はここ数年、湿地の生態回復事業を進めており、同湿地公園に生息する鳥類は2016年の172種から、現在では279種まで増加している。(記者/王安浩維) =配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:43.92
    2021年01月14日
    「新華社」満洲里税関、希少動物オオハナレイヨウの角179本を押収

    中国内モンゴル自治区の満洲里税関はこのほど、希少動物製品の密輸事件を摘発し、オオハナレイヨウの角、計179本を押収したと明らかにした。同税関の密輸取締官による追跡捜査を経て、最終的に犯罪グループが密輸入したオオハナレイヨウの角179本全てを回収し、容疑者7人を逮捕した。同事件は既に検察機関へ移管されている。オオハナレイヨウはサイガとも呼ばれ、中国の国家1級保護動物であり、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは「絶滅寸前」(CR)に指定されている。(記者/哈麗娜) =配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.32
    2021年01月13日
    「新華社」封鎖管理下の河北省石家荘市

    中国河北省石家荘市は5日夜から、全ての農村と社区(コミュニティー)の封鎖管理を実施している。人口約1千万人の都市が封鎖となり、普段は賑やかな通りも現在は人や車がほとんど見られず、夜になると家々からの灯りが輝いている。(記者/許楊、楊知潤、牟宇) =配信日: 2021(平成33)年01月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:42.30
    2021年01月13日
    「新華社」神秘的な魚市場、魚を「雪で炒めて」販売黒竜江省撫遠市

    中国黒竜江省撫遠(ふえん)市の魚市場、東極魚市ではこのところ、真冬ならではの特別な光景が見られる。市場に運ばれてきた新鮮なフナが直接地面に積み置かれると、業者はその上にあらかじめ袋に詰めておいた雪をまき、まるで炒め物をするようにプラスチックのちり取りで魚と雪をかき混ぜる。地元ではこの作業を「雪炒魚」と呼んでいる。冬の寒さが厳しい同市では、水揚げしたばかりの魚はすぐに凍りついてしまうが、魚に雪をまぶすことで魚同士の凍結を防ぎ、販売や保存の利便性が高まるという。(記者/張濤) =配信日: 2021(平成33)年01月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:55.64
    2021年01月13日
    「新華社」厳寒の地で電力の安全確保に励む作業員黒竜江省チチハル市

    中国の多くの地域では寒気の到来により、気温が大幅に低下し、厳しい寒さが続いている。最低気温が氷点下30度前後まで下がった中国黒竜江省チチハル地域では、中国国有送配電大手、国家電網の作業員が電力網の運営方式を的確に整え、凍結による災害への対応を着実に行っている。また、電力施設の運営やメンテナンス、重点的な送電線のパトロールを強化し、故障の要因を取り除くなどの取り組みを行うことで、電力網の安全で安定した運営と電力の確実な供給の確保に努めている。(記者/梁冬、唐鉄富) =配信日: 2021(平成33)年01月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:34.72
    2021年01月13日
    緊急事態、追加発令へ 官房長官「感染状況踏まえ判断」

    菅義偉首相は13日夜、新型コロナウイルス感染症対策本部を開き、栃木、岐阜、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡の7府県に新型コロナ特別措置法に基づく緊急事態宣言を再発令する方針だ。都市部で感染拡大に歯止めがかからないため、7日に宣言した首都圏4都県に7府県を追加し、対象を計11都府県へ拡大する。期間は2月7日まで。 加藤勝信官房長官は13日の記者会見で、発令対象について「知事の要請は受け止めるが、最終的には感染状況や医療提供体制の状況も踏まえて判断する」と説明した。京都、大阪、兵庫の3府県は9日、栃木、岐阜、愛知3県は12日に政府に宣言の再発令を要請した。首相は4都県に再発令した7日の記者会見で、愛知、大阪について再発令する状況にはないとの認識を示していた。<映像内容>加藤勝信官房長官の記者会見、撮影日:2021(令和3)年1月13日、撮影場所:東京都千代田区

    撮影: 2021(令和3)年1月13日

  • 01:10.40
    2021年01月13日
    「新華社」雪にも負けず、ガス供給を守る「凍結対策出動隊」貴州省

    中国貴州省の各地ではここ数日、強い寒気の影響で低温による凍結が多発している。貴州燃気(集団)盤州市燃気は「凍結対策出動隊」を結成し、24時間の交代勤務態勢で、液化天然ガスの気化器設備の除氷・除霜作業を続け、市民の暮らしに欠かせないガス供給の確保に努めている。(記者/欧東衢、劉勤兵)=配信日:2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:38.19
    2021年01月13日
    大阪府知事、感染拡大防止へ協力求める 記者会見で

    国が緊急事態宣言の対象地域に新たに7府県を追加することになった13日、大阪府の吉村洋文(よしむら・ひろふみ)知事は記者会見で、大阪府民に対して感染拡大防止への協力を訴えた。同時に対象地域となる京都府、兵庫県とも緊密な連携を取る考えだ。<映像内容>吉村知事による記者会見、撮影日:2021(令和3)年1月13日、撮影場所:大阪市中央区

    撮影: 2021(令和3)年1月13日

  • 00:34.00
    2021年01月13日
    「新華社」世界的な絶滅危惧種のヘラシギ、福建省晋江市で越冬

    中国福建省晋江市でこのほど、越冬のために飛来したヘラシギの姿が見られた。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで「絶滅寸前」(CR)に指定されているヘラシギは、分布エリアが非常に狭く、わずかなツンドラ地帯でのみ繁殖し、中国南東の沿海部や東南アジア、南アジアの沿海部にある湿地で越冬する。(記者/梅永存、彭張青) =配信日: 2021(平成33)年01月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:26.64
    2021年01月13日
    緊急事態宣言、7府県追加 菅首相が記者会見

    菅義偉首相は13日、新型コロナウイルス感染症対策本部を官邸で開き、新型コロナ特別措置法に基づく緊急事態宣言の対象地域に京都、大阪、兵庫の関西3府県と愛知、岐阜の東海2県、栃木、福岡の計7府県を追加した。7日に首都圏1都3県に再発令したものの、感染拡大に歯止めがかからなかった。期間は14日から2月7日まで。<映像内容>菅義偉首相の記者会見の冒頭発言、撮影日:2021(令和3)年1月13日、撮影場所:東京都千代田区

    撮影: 2021(令和3)年1月13日

  • 00:55.76
    2021年01月13日
    「新華社」住民の植樹活動で峡谷を緑化湖南省永州市

    中国湖南省永州市藍山県湘江源ヤオ族郷坪源村の奥にある湘江大峡谷ではこのところ、村民から成る植林チームが桜やモミジ、クロマツなど鑑賞用の木々を植えている。活動はこれまで9年間にわたり継続され、峡谷の緑化に貢献してきた。同村は自然の風景を求めて訪れるアウトドア愛好家からの人気が高まったことから、農村観光に力を入れるようになり、2012年から峡谷の両側や滝、渓流のほとりなどで植樹を開始。今では花見や紅葉狩りの名所となっている。(記者/柳王敏)=配信日:2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:39.10
    2021年01月12日
    「オリコン」 北川景子、髪バッサリカットに本音

    女優の北川景子(34)が12日、都内で行われた映画『ファーストラヴ』(2月11日公開)の完成報告イベントに参加。撮影日時:2021(平成33)年01月12日、撮影場所:東京、クレジット:オリコン/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※テレビ番組での使用はできません。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。※使用期限付きの動画です。

  • 03:11.55
    2021年01月12日
    「オリコン」 中村倫也“憧れ”窪塚洋介から絶賛

    俳優の中村倫也(34)、窪塚洋介(41)、女優の北川景子(34)が12日、都内で行われた映画『ファーストラヴ』(2月11日公開)の完成報告イベントに参加。撮影日時:2021(平成33)年01月12日、撮影場所:東京、クレジット:オリコン/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※テレビ番組での使用はできません。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。※使用期限付きの動画です。

  • 03:43.64
    2021年01月12日
    「オリコン」 人気モデル5人“振袖TEENS”結成

    10代に人気のモデル5人(粕谷音、樽井みか、石川翔鈴、横田未来、高橋かの)で結成されたグループ・振袖TEENSが12日、都内で行われた振袖専門店『ジョイフル恵利』のお披露目イベントに登場した。撮影日時:2021(平成33)年01月12日、撮影場所:東京、クレジット:オリコン/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※テレビ番組での使用はできません。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。※使用期限付きの動画です。

  • 00:32.36
    2021年01月12日
    COVID-19 Nucleic Acid Detection in Shijiazhuang City

    Medical workers perform nucleic acid tests on residents in a basement in Shijiazhuang, Hebei province, China, Jan 12, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 01:27.74
    2021年01月12日
    COVID-19 Nucleic Acid Detection in Shijiazhuang City

    Medical workers perform a nucleic acid test on residents of a community in Shijiazhuang, Hebei province, China, Jan 12, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:18.60
    2021年01月12日
    v1610449911519.mp4

    A medical worker takes photos of the identity information of residents in Shijiazhuang, Hebei province, China, Jan 12, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:55.59
    2021年01月12日
    COVID-19 Nucleic Acid Detection in Shijiazhuang City

    Medical workers perform a COVID-19 nucleic acid test on residents of a community in Shijiazhuang, Hebei province, China, Jan 12, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:21.72
    2021年01月12日
    COVID19 - Nucleic Acid Detection in Shijiazhuang City

    Medical workers perform a COVID-19 nucleic acid test on residents of a community in Shijiazhuang, Hebei province, China, Jan 12, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:44.54
    2021年01月12日
    COVID-19 Nucleic Acid Detection in Shijiazhuang City

    Medical workers perform a COVID-19 nucleic acid test on residents of a community in Shijiazhuang, Hebei province, China, Jan 12, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:12.84
    2021年01月12日
    COVID-19 Nucleic Acid Detection in Shijiazhuang City

    Medical workers prepare to perform a COVID-19 nucleic acid test on residents of a community in Shijiazhuang, Hebei province, China, Jan 12, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:10.43
    2021年01月12日
    COVID-19 Nucleic Acid Detection in Shijiazhuang City

    Medical workers perform a nucleic acid test on residents of a community in Shijiazhuang, Hebei province, China, Jan 12, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 05:31.93
    2021年01月12日
    「オリコン」 たむけん、ロケ中も“事業”に夢中

    お笑いタレントのたむらけんじが12日、オンラインで行われた『炭火焼肉たむら監修ローソンオリジナル商品オンライン発表会』に登場。撮影日時:2021(平成33)年01月12日、撮影場所:東京、クレジット:オリコン/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※テレビ番組での使用はできません。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。※使用期限付きの動画です。

  • 03:43.44
    2021年01月12日
    「オリコン」 菅田将暉&有村架純、恋愛と結婚観

    俳優の菅田将暉(27)と女優の有村架純(27)が12日、都内で行われた映画『花束みたいな恋をした』(29日公開)完成報告イベントに出席した。撮影日時:2021(平成33)年01月12日、撮影場所:東京、クレジット:オリコン/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※テレビ番組での使用はできません。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。※使用期限付きの動画です。

  • 00:54.38
    2021年01月12日
    「新華社」中国製特大自動運転バス、フランスでの公道走行許可を取得

    中国の鉄道車両大手、中国中車(CRRC)傘下の電気自動車(EV)メーカー、中車時代電動汽車は5日、自社製の全長12メートルの自動運転バスがフランス・パリでの路上テストに合格したと明らかにした。フランスで全長12メートルの自動運転バスの公道走行が認可されたのはこれが初めてで、中国製の自動運転バスが同国へ進出するのも初めて。中車時代電動汽車の子会社、長沙中車智馭新能源科技の自動運転技術部の責任者によると、今回試験走行を行った自動運転バスは、運転や動力、相互接続のスマート化を実現しており、人と車両と道路のリアルタイムな情報のやり取りを全面的に行い、交通の安全を確保しながら運行効率を高めることが可能となっている。同責任者は今回のプロジェクトについて、多くの課題を克服した自動運転分野における中仏協力の良い事例だと述べた。(記者/丁春雨) =配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:38.63
    2021年01月12日
    「新華社」山東省栖霞市の建設中金鉱で爆発22人閉じ込め

    中国山東省煙台市が管轄する栖霞市西城鎮で建設中の五彩竜金鉱で10日午後2時、爆発が起き、衝撃波で坑内と地上を結ぶ移動手段が動かなく、坑内に22人の作業員が閉じ込められた。通信システムも損壊し、連絡が取れない状態となっている。11日午後8時48分、煙台市党委員会が栖霞市党委員会から報告を受けた。救助隊が現場で救助活動をしている。(記者/李小波) =配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:44.72
    2021年01月12日
    「新華社」「南方の雪郷」に寒波到来湖南省雲氷山

    中国湖南省永州市藍山県にあり、広東省と境界を接する雲氷山は、このところの寒波の到来で山全体が雪と氷に覆われた。上空から見た山は見渡す限りの銀世界で、北国のような風景が広がる。奇妙な形をした松の樹氷が風に揺れる様子は、氷彫刻の芸術品のようにも見え、透き通った氷の結晶や霧氷は、陽の光に照らされてまばゆい光を放つ。雪の桟道に足を踏み入れた観光客は、童話の世界が現実になったかのような錯覚を覚える。雲氷山は毎年冬になると霧氷、樹氷、雪景、雲海の奇観が約1カ月にわたり順番に出現する。このため昔から「雲海の秘境、南方の雪郷」と呼ばれている。(記者/丁春雨) =配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:44.90
    2021年01月12日
    「新華社」寒波の下、電力供給を確保山西省大同市

    中国山西省の多くの地域はここ数日、強い寒波に襲われ、大同市では最低気温氷点下21度を記録した。電力供給の安定、暖房施設の電力供給確保のため、送配電大手、国家電網傘下の大同供電のスタッフは速やかに送変電設備の強化や送電線ルートの運用監視、特別巡視を行った。同時に熱供給ルートや石炭からの転換送電ルートなど、市民生活に直結するポイントについての管理監督を強化した。(記者/宋育沢、韓依格) =配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:45.37
    2021年01月12日
    「新華社」ビッグデータを活用、建材業界のスマート化を推進貴州省

    中国の建材業界では、ビッグデータを活用したスマート化による構造転換が進んでいる。貴州省貴陽市のコンクリートメーカー貴州興達興建材では、独自に開発したコンクリート業界専用の高性能ビッグデータプラットフォーム「砼智造」を活用している。このプラットフォームでは、生産や輸送、施工などの生産活動で絶えず変化する情報を無数に取り付けたセンサーから自動で取得し、クラウド上でスマートプロセスのパケットを生成して、生産ラインに接続することができる。建材業界と言えばこれまで「ほこりまみれ」「乱雑に山積みされた原材料」といったイメージが一般的だったが、同社はビッグデータを業界に融合させることで、こうした負のイメージを払拭(ふっしょく)。建材の生産や輸送、使用など産業チェーン全体における従来の低効率、品質の不安定といった問題を改善した。次の段階では、このプラットフォームにブロックチェーン技術を適用して、データをより完全かつ正確に追跡できるようにし、プラットフォーム上で管理者、生産者、関係各機能部門のより正確な管理や意思決定を実現していく。(記者/楊焱彬、陳嫱) =配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.54
    2021年01月12日
    「新華社」貴州省の高速道路総延長、7600キロを突破貧困脱却推進の力に

    中国貴州省は2020年末時点で、基本的に西南地域の陸路交通の要衝となっている。高速道路の総延長が7600キロを突破、総合的な密度も全国上位となっており、交通を中心とするインフラ建設が農村の発展環境を根本から変えている。(記者/劉勤兵、斉健)=配信日:2021(令和3)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:54.48
    2021年01月12日
    震災追悼の文字は「がんばろう」 1・17つどい会場

    阪神大震災の犠牲者を追悼するため神戸市中央区で毎年開催される「1・17のつどい」の実行委員会が12日、会場に灯籠を並べてつくる今年の文字を「がんばろう」と発表した。<映像内容>神戸市の公園「東遊園地」にともされているガス灯「1・17希望の灯り」のそばで、今年の文字を発表する実行委員長の藤本真一(ふじもと・しんいち)さん、雑観、撮影日:2021(令和3)年1月12日、撮影場所:神戸市中央区

    撮影: 2021(令和3)年1月12日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:53.42
    2021年01月12日
    「新華社」送電線の除氷作業を強化貴州省

    中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州ではこのところ、低温、降雨、降雪による悪天候が続き、一部の送電線で着氷が発生した。地元の電力部門は作業員を動員し、標高が高く凍結しやすい地区で送電線の巡回検査と除氷作業を強化している。電力部門の作業員は8日、同自治州台江県の標高1700メートル余りの山間部で振動除氷装置を使い、76号鉄塔と77号鉄塔の間の110キロボルトの送電線を覆った着氷を除去、地元住民の電力使用時の安全を確保した。9日午前11時の時点で、省内76県では依然として最低気温が0度を下回っており、54県で道路が凍結、貴州電網が管轄する10キロボルト以上の送電線800本余りに着氷が確認された。電力部門は急増する冬の電力需要に対応するため、着氷した送電線の巡回検査と除氷作業を続けている。(記者/劉続、楊炎彬) =配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:43.26
    2021年01月12日
    「新華社」郷・鎮に充電スタンドを拡充、環境配慮型交通を促進湖北省

    中国湖北省十堰(じゅうえん)市竹溪県水坪鎮にある大口商品保管・物流パークでこのほど、中国送電大手、国家電網傘下の竹溪県供電の技術者が充電スタンド関連設備の設置作業を行った。同社マーケティング部門の責任者によると、この充電スタンドは今月末までに建設を完了して稼働する予定で、完成後は同時に4台の車両に充電可能となり、物流パーク内の配送車両の充電需要を満たすという。同県では同充電スタンドの建設が追い込みに入っているほか、中峰鎮や竜壩鎮など4カ所の充電ポールも今月末、相次いで完成、稼働する予定。同社は今後も、一帯で充電スタンドおよび充電ポールの建設を進め、半径50キロ範囲の充電需要を満たし、新エネルギー車両の航続距離不足問題を解決する計画。全郷・鎮が充電能力を備えることで、住民の旅行や交通、物流関連の充電がより便利になるという。(記者/李偉) =配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.42
    2021年01月12日
    「新華社」「極寒特別巡回」で電力供給の保障を目指す黒竜江省

    中国黒竜江省大興安嶺地区の呼中区ではこのところ、最低気温が氷点下40度近い厳しい寒さが続いている。中国国有送配電大手、国家電網傘下の呼中供電は、極寒天候に対する電力供給保障措置「極寒特別巡回」を実施し、重要設備や送電線の安全な運用を保障できるよう取り組んでいる。(記者/王建威=配信日:2021(令和3)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    撮影: 配信日:2021

  • 00:25.40
    2021年01月12日
    「新華社」中国検索大手の百度、スマートカー製造に参入吉利と戦略提携

    中国のインターネット検索大手、百度(バイドゥ)は11日、スマートカーの製造などを手掛ける新会社「百度汽車」を設立し、完成車メーカーとして自動車業界に新規参入すると発表した。中国自動車大手の浙江吉利控股集団が新会社の戦略的協力パートナーとなる。新会社は乗用車市場をターゲットとし、スマートカーの設計から研究開発、製造、販売、アフターサービスまでをワンストップで手掛ける。百度の独立した子会社として運営する一方、親会社の百度が人工知能(AI)や自動運転開発プラットフォーム「アポロ」、地図アプリ「百度地図」などのコア技術を全面的に提供する。百度汽車は、吉利が新たに開発した電気自動車(EV)車両の基本骨格となる車台「サステナブル・エクスペリエンス・アーキテクチャー(SEA、浩瀚)」をベースに、双方がスマートカーの製造に関する分野で緊密に協力し、次世代スマートカーを共同で開発するとしている。 =配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:11.79
    2021年01月12日
    大阪府の対策本部会議 飲食店、全域夜8時まで

    新型コロナウイルス特別措置法に基づく政府の緊急事態宣言が13日に再発令される見通しとなった京都、大阪、兵庫の関西3府県は12日、それぞれ対策本部会議を開いた。宣言期間の2月7日まで、3府県とも全域で飲食店やバー、カラオケ店などに午後8時までの営業時間短縮を要請するなどの対応方針を決めた。要請は政府の基本的対処方針に沿い、先行して再発令された首都圏と同様の措置。大阪府の会議後、吉村洋文(よしむら・ひろふみ)知事は取材に応じた。<映像内容>大阪府新型コロナウイルス対策本部会議(冒頭の吉村知事のあいさつ、会議の雑観)、会議終了後の吉村知事の囲み、撮影日:2021(令和3)年1月12日、撮影場所:大阪市中央区

    撮影: 2021(令和3)年1月12日

  • 00:53.68
    2021年01月12日
    「新華社」中国のアウディ販売台数、20年は過去最高の72万台超に

    中国の自動車大手、中国第一汽車集団とドイツのフォルクスワーゲン(VW)の合弁会社、一汽大衆汽車(一汽VW)は9日、傘下のアウディブランドにおける2020年の中国での新車販売台数が前年比5・4%増の72万6288台で、年間販売台数の最高記録を再び更新し、アウディの中国での累計販売台数が660万台を超えたと明らかにした。20年のアウディ新車販売台数のうち国産車種は、前年比7%増の67万4700台で、そのうち「A6L」は前年比34・4%増の17万6334台だった。輸入車種は5万1588台で、「A8L」の販売台数は前年比13・9%増の1万4150台だった。アウディは1988年、中国市場に正式に参入した。(記者/張建、姜明明) =配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.92
    2021年01月12日
    「新華社」岳陽市の羅城遺跡で新発見楚文化の湖南波及は春秋中期か

    中国湖南省岳陽市屈原管理区で9日、羅子国城遺跡(羅城遺跡)で実施された考古発掘の現地報告会が開かれた。参加した専門家は、遺跡北部の小洲羅で大量に出土した春秋時代中期またはそれ以前の遺構について、湖南地区で発見された年代の最も古い楚文化の遺構に属すると指摘。現在知られている典型的な楚文化が最も早い時期に湖南に伝った地点の一つが羅城遺跡であることを説明しており、湖南が正式に中原王朝の統治体系に組み込まれた起点の地といえるとの見方を示した。湖南省文物考古研究所は2020年に小洲羅で実施した発掘調査で、土器や石器の製造など手工業活動と関わりがあるとみられる土取り場跡や窯跡、建築跡を発見した。日常生活に関連する灰坑や井戸なども見つかり、主に春秋時代中・後期に属する土器や石器などが出土した。同研究所の研究員で、羅城遺跡発掘プロジェクトの責任者を務める盛偉(せい・い)氏は「これらの遺構は、楚人が羅国の民を移住させたという文献の記載が根拠のないものではないことを示している。羅城遺跡は楚が羅国の民を移した場所である可能性が高い」と指摘。陶盆や陶罐などの器物とその組み合わせは典型的な楚文化様式であり、湖北省の江漢平原で出土した春秋時代後期の土器との類似性が高く、湘江下流の臨湘大畈遺跡に代表されるこの地域の同時代の文化遺構とは大きく異なると説明した。したがって、当時の羅城に住んでいたのは湖南の土着民ではなく、江漢平原西部の楚文化地区からの移民である可能性があるという。専門家は、羅城遺跡が文献に記載のある羅県であった可能性があるとも推測する。戦国時代に強大な勢力を誇った楚は、南方開拓へ注力するために羅県を設置した。楚の詩人、屈原(くつ・げん)が晩年の一時期を同地で過ごし、汨羅江の河畔で吟行したとの言い伝えもある。同地には高位者を埋葬したと思われる大型の封土を持つ墳墓があり「屈原の十二疑塚」と呼ばれている。(記者/崔俊傑、李紫薇) =配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:49.84
    2021年01月12日
    五輪、森会長が年頭あいさつ 「最大の難関、突破を」

    東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が12日、職員に年頭のあいさつを行った。新型コロナウイルスは国内外で厳しい感染状況が続くが、延期された大会の開催に向けて「たじろいだり、心の中に多少でも迷いがあれば、全てに影響してくる。淡々と予定通り進めていく」と改めて決意を表明。「長い夜も必ず朝は来る。一丸となってこの最大の難関を突破するよう頑張りましょう」と呼びかけた。<映像内容>森喜朗会長の年頭あいさつ、雑観など、撮影日:2021(令和3)年1月12日、撮影場所:東京都中央区

    撮影: 2021(令和3)年1月12日

  • 01:16.97
    2021年01月12日
    露天風呂、極楽でござる 函館、サルたちのんびりと

    北海道函館市の湯の川温泉街にある市熱帯植物園のサル山で、ニホンザルが露天風呂に漬かり、目を細めてゆったりとくつろぐ愛らしい姿が来園者に人気だ。同園によると、露天風呂は1971年から毎冬行っている。同園のサル約60頭のうち、風呂好きは8割ほど。湯加減に厳しいため41~42度に保っているという。5月5日まで見られる。<映像内容>市熱帯植物園の外観、温泉の引き映像、サルが温泉に漬かっている様子など、撮影日:2021(令和3)年1月12日、撮影場所:北海道函館市

    撮影: 2021(令和3)年1月12日

  • 01:24.75
    2021年01月12日
    全国高校サッカー準優勝 母校で報告 青森山田イレブン「応援に感謝」

    第99回全国高校サッカー選手権で2年連続準優勝した青森山田高校イレブンは12日夕、青森市の同校に戻り、生徒や教職員ら約250人から温かい出迎えを受けた。選手たちを乗せたバスは午後5時前に到着。集まったサッカー部員らからの拍手の中、黒田剛監督とイレブンが同校玄関前で結果を報告した。黒田監督は「選手が準優勝という結果を残せたことをうれしく思う。来年こそ優勝旗を青森に持ち帰ることができるよう頑張りたい」と語った。藤原優大主将は「準優勝はすごく残念。たくさんの応援が後押しになったし、とても感謝している」と胸を張った。花田惇校長は「近年の活躍は前人未到で恥じることはない。100回大会でリベンジしてくれることを、確信している」と誇らしげにたたえた。2年生エースとして活躍した松木玖生選手は「自分が新チームの中心として来年は必ず優勝する」と誓った。<映像内容>母校の玄関前で全国高校サッカー準優勝を報告する青森山田イレブン、撮影日:2021(令和3)年1月12日、撮影場所:青森市の青森山田高校、クレジット:東奥日報社/共同通信イメージズ

    撮影: 2021(令和3)年1月12日、青森市の青森山田高校

  • 01:03.92
    2021年01月12日
    「新華社」青島の海に珍しい「蒸気霧」山東省

    中国山東省青島市でこのほど、海上に霧が立ち上る珍しい光景が見られた。「蒸気霧」や「気嵐(けあらし)」と呼ばれる現象で、氷点下の冷たい風がそれより高温の海水に触れて起きる。(記者/范長国)=配信日:2021(令和3)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:22.20
    2021年01月11日
    改めて再会の場を さいたま市がオンライン成人式

    さいたま市は11日、さいたまスーパーアリーナでオンラインの成人式を開いた。本来なら大きな会場は新成人で埋め尽くされるはずだったがコロナ禍によりこの形での開催となった。清水勇人市長や新成人代表がステージから、エールや成人としての思いを語った。新成人の1人は「コロナ禍が去ったら、ぜひ友達と再会する場を作りたい」と訴えた。<映像内容>スーパーアリーナの外観や記念撮影をする人たち、清水勇人市長あいさつ、新成人たちの誓い、サッカー、浦和レッズ選手らのメッセージ、市長と新成人代表のうち3人の囲み、撮影日:2021(令和3)年1月11日、撮影場所:埼玉県さいたま市

    撮影: 2021(令和3)年1月11日

  • 00:59.64
    2021年01月11日
    「新華社」アモイ在住台湾同胞へ新型コロナワクチン接種福建省

    中国福建省アモイ市在住の台湾同胞約20人が9日、厦門医学院付属第2医院を訪れ新型コロナウイルスワクチンの無料接種を受けた。現地の台湾企業に勤めるビジネスマンは、大陸が台湾同胞に同等の待遇で接することについて「思いやりと安心を感じる」と述べた。ワクチンの接種は個人と家族を守るだけでなく、企業が通常通り運営していくための保障でもある。厦門市台商投資企業協会の陳岱樺(ちん・たいか)副会長は朝早くに病院の成人予防接種外来に到すると、同意書の記入、検温、既往歴の問診などを済ませた。接種条件に適したことが確認されると、5分と経たないうちに接種を終えた。陳氏は「フォームの記入、順番待ちのルート、看護スタッフの専門知識、われわれとの意思疎通を含め、全ての手順は何度も訓練した成果だろう。今回のアモイでのワクチン接種は、決して付け焼刃的なものではなく、秩序立って遂行されていることは明らかだ。現在台商協会から300人以上の申し込みがあり、われわれの企業も申請した。台湾に戻らなければならない人もいるし、各地へ旅行や出張に行くために接種が必要な人もいる」と紹介した。新型コロナウイルスのワクチンは28日の間隔を空け、2回接種が推奨されている。緊急の場合でも最低14日空ける必要がある。今回の接種対象は、台湾居民来往大陸通行証(台胞証)を持つ18~59歳までの新型コロナウイルス感染リスクが高いグループとなっている。接種は任意で、費用は無料。申請後、台湾同胞は関連規定に基づいて、順番で接種を受ける。(記者/陳旺) =配信日: 2021(平成33)年01月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:49.92
    2021年01月11日
    「新華社」新年のプレゼントはギネス世界記録認定証陝西省西安市

    中国陝西省西安市に住む夏焱(か・えん)さんはこのほど、ギネス世界記録の認定証という新年のプレゼントを受け取った。夏さんが「ハノイの塔」と呼ばれるパズルで2020年8月に達成した6層最短完成記録が、ギネス本部の審査により世界記録として正式に認定された。1992年生まれの夏さんは、手を使うエクストリームスポーツのプレイヤー。2020年8月3日に3人の立会人のもとギネス世界記録に挑戦。4カ月余りの審査を経て、33・039秒が新記録として認められた。(記者/孫正好) =配信日: 2021(平成33)年01月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:33.64
    2021年01月11日
    「新華社」配達員がお年寄りを背負って道路を横断浙江省金華市

    中国浙江省金華市浦江県でこのほど、路上に設置された監視カメラが心温まる場面を捉えた。つえをついたお年寄りが道路中央に立ち止まり、辺りを見回していると、食事宅配サービス配達員の李紹松(り・しょうしょう)さん(23)が即座にバイクを降りて駆け寄った。李さんはお年寄りを背負って道路を渡った。(記者/鄭夢雨) =配信日: 2021(平成33)年01月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:03.94
    2021年01月11日
    「新華社」福建省北部に初雪送電網を守る対策講じる

    中国福建省北部の南平市では7日、多くの地域で雪が降り、送電網への負担が高まったため、地元の電力部門がさまざまな対策を講じた。220キロボルトの南源変電所では、作業員が移動式直流電源融雪装置で送電線の雪を溶かす訓練を実施した。同市北部の山岳地帯には5~6センチの雪が積もっており、複数の特別巡回チームが徒歩で見回るほか、ドローン(小型無人機)を使って送電線の状態を確認するなどして潜在的な危険の有無を調べている。(記者/陳旺) =配信日: 2021(平成33)年01月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:16.28
    2021年01月11日
    「新華社」黄山に今年初めての雪安徽省

    中国安徽省の黄山風景区でこのほど、今年初めての雪が降った。白く雪化粧した景色は多くの観光客を魅了している。(記者/水金辰、屈彦) =配信日: 2021(平成33)年01月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:54.55
    2021年01月11日
    「新華社」唐代の墓葬壁画に垣間見る当時の生活陝西省

    中国陝西省考古研究院は8日、同省西咸新区空港新城底張街道布里村の北で昨年12月に発見された唐代の墓2基に関する情報を公開した。2基はいずれも整った形状で出土し、年代も明確だった。墓内では保存状態の良い壁画も見つかった。同研究院の李明(り・めい)研究員は2基の墓について、いずれも五つの天窓を持ち、1基は単室磚券墓(せんけんぼ、アーチ構造のれんが造りの墓)、もう1基は土洞墓(どどうぼ)だと説明した。李氏によると、単室磚券墓の壁画は、墓道東西の壁に描かれた胡人訓馬図と胡人牽駝図が最も躍動感に満ちていた。人と動物は生き生きと描かれ、筆遣いも滑らかで、特に正面の駿馬と裏側の猟犬は、唐墓の壁画でも珍しい題材だという。墓誌によると、被葬者の康善達(こう・ぜんたつ)は初唐の人で、官用馬をつかさどる役人だった。その父も牧場の監督者を務めていたとあり、原州(今の寧夏回族自治区固原市)出身のソグド人(中央アジアのイラン系民族)だった可能性が高い。墓の壁画に描かれた馬の調教者やラクダを引く人も胡人(北方や西域の異民族)の姿であることから、被葬者の一族や生前の生活に関係していると思われる。土洞墓の壁画は、甬道(ようどう)東西の壁と墓室の四方の壁に描かれていた。うち墓室東側の壁画は楽舞図で、絵の中央に円形のフェルトの敷物の上に立つ2人の舞い手の姿がある。両側には楽隊が配されおり、盛唐の典型的な様式だという。墓誌から被葬者は楊知什(よう・ちじゅう)と龐大家(ほう・だいか)の夫婦だと分かった。楊知什は隋代の高官で則天武后の外祖父に当たる楊達(よう・たつ)の曾孫で、めいは玄宗の妃嬪となり粛宗を生んだ(元献皇后)。龐大家は玄宗の外祖母の従姪(じゅうてつ、いとこの娘)で、曽祖父の龐卿惲(ほう・けいうん)は唐初の功臣だった。李氏は2基の墓の発見について、唐代の絵画芸術や当時の人々の日常生活を研究する上での新たな考古学的資料になると説明した。(記者/梁愛平) =配信日: 2021(平成33)年01月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:01.18
    2021年01月11日
    「新華社」銭江源国家公園に氷瀑出現浙江省

    中国浙江省衢州(くしゅう)市開化県の銭江源国家公園で8日、冷え込みの影響で滝が凍り付く「氷瀑」が出現した。同公園内で落差が最も大きい「神竜飛瀑」とその水を受ける「墨池」に氷が張り、水辺の植物も包み込んでいる。(記者/鄭夢雨) =配信日: 2021(平成33)年01月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:44.56
    2021年01月11日
    「新華社」中国でブロッコリー品種の国産化が加速シェア20%に上昇

    中国浙江省台州市で6日に開かれた第3回「浙江ブロッコリー新品種大会」で、ブロッコリー品種の国産化が研究機関の連携によって加速し、中国が独自に育成した品種の国内市場占有率が2017年の5%未満から現在では約20%まで伸びたことが明らかになった。中国のブロッコリー産業はここ10年で急成長している。2018年には浙江省が中心となって優良品種の共同研究グループを設立し、国内外の育種資源と技術的優位性を統合。品種改良のペースを加速させ、独自の知的財産権を持つ優良品種を育てることで海外品種の独占を打破している。共同研究グループは過去3年でブロッコリーの遺伝資源415種のDNAフィンガープリントライブラリーを完成させ、新品種88種を育成したという。中国が独自に育種したブロッコリーは昨年、栽培面積が23万3千ムー(約1万5530ヘクタール)に達した。(記者/許舜達、李濤) =配信日: 2021(平成33)年01月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:38.38
    2021年01月11日
    「新華社」感染症予防の第一線で「中国人民警察の日」を祝う黒竜江省

    中国の黒竜江省黒河出入境辺防検査站(出入国国境検査ステーション)では「中国人民警察の日」の10日、警察官が警察旗に向かい、改めて入隊の宣誓を行った。先月29日以降、黒河市で新型コロナウイルスの新規感染者が増えると、同ステーションは「感染症との闘い」の号令を速やかに発してきた。滴水氷を成す冬の厳しい寒さの中、人民警察は感染症予防・抑制検査拠点を堅守し、人々の健康と安全を守り続けている。(記者/劉赫垚) =配信日: 2021(平成33)年01月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:16.04
    2021年01月11日
    「新華社」アカゲザル、初めてのゆで卵に四苦八苦貴州省

    中国貴州省貴陽市の黔霊山公園で、ゆで卵をもらったアカゲザル。四苦八苦の末、地面に落としてようやく殻をむくことができた。サルはこの日、ゆで卵を初めて食べたという。(記者/蔣成) =配信日: 2021(平成33)年01月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:06.82
    2021年01月11日
    「新華社」長沙生態動物園で動物たちの寒さ対策湖南省

    強風と寒さが続く中国湖南省長沙市では、長沙生態動物園の職員らが動物たちの体温を保つため、暖房機器を設置するなど特別な対策を取っている。特に変温動物の爬虫類にとって、ラジエーターやヒーターは冬の必需品となっている。ヘビには毛布や掛け布団も用意されているという。(記者/丁春雨、李紫薇) =配信日: 2021(平成33)年01月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:46.14
    2021年01月11日
    空撮 北陸道立ち往生100台に 富山、石川で孤立も

    大雪の影響で福井県の北陸道で発生した車の立ち往生は、下り線丸岡インターチェンジ(IC)付近など3区間で11日までに解消した。中日本高速によると、上り線丸岡IC―金津IC間に100台超が残っており、自衛隊などが救出作業を続けた。<映像内容>福井県あわら市の北陸自動車道上り線、福井県福井市、坂井市の国道8号の空撮映像、撮影日:2021(令和3)年1月11日、撮影場所:福井県

    撮影: 2021(令和3)年1月11日

  • 00:40.87
    2021年01月11日
    北朝鮮 金正恩氏、党総書記就任 父の肩書復活、核称賛

    北朝鮮の朝鮮労働党は11日、平壌で開催中の党大会で金正恩氏を党総書記に選出した。同氏は即日就任した。北朝鮮メディアが11日、一斉に伝えた。党トップとしての党委員長ポストを廃止し、2011年に死去した父の故金正日総書記の肩書を復活させた。<映像内容>平壌第1百貨店前の「朝鮮労働党第8回大会 慶祝」と書かれた看板、平壌駅と「一心団結」などと書かれたた党大会の看板、大会について報じる労働新聞を読む市民ら、テレビ放送を見る市民らなど、撮影日:2021(令和3)年1月11日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2021(令和3)年1月11日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:59.76
    2021年01月11日
    「新華社」路面凍結から鴨池河大橋の安全を守る貴州省

    中国貴州省の大部分の地域では6日以降、強い寒気の影響で気温が急激に低下し、冷たい雨が降り続いたことで路面が凍結、多くの高速道路と一部の幹線道路で一時的な交通規制が実施されている。同省貴陽市と畢節(ひっせつ)市の境を流れる鴨池河(おうちが)に架かる鴨池河大橋は山間部にあり、冬場は路面が凍結しやすいことから、交通警察の重点監視地点となっている。24時間橋の状態を監視するため、橋の欄干外にある作業用通路に監視業務用のプレハブ小屋を設置し、路面凍結などを発見した場合には直ちに対応する態勢を整えた。8人の警察官が四つの班に分かれ、各班が6時間ずつ監視業務に当たる。路上の凍結を発見した場合、速やかに状況を報告するとともに、凍結防止剤をまいて通行の安全を確保する。(記者/崔暁強、劉勤兵、呉斯洋)=配信日:2021(令和3)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:53.44
    2021年01月10日
    「新華社」日常生活に溶け込む文化遺産、景泰藍火鍋河北省淶水県

    銅製の七宝焼き「景泰藍(けいたいらん)」は、「銅胎掐絲琺瑯(どうたいこうしほうろう)」とも呼ばれ、金属の表面にガラス釉薬で豪華な装飾を施した琺瑯(ほうろう)の工芸品を指す。中国河北省保定市淶水(らいすい)県に伝わる景泰藍火鍋の制作技法は、清代末期に創始されてから100年以上の歴史を持ち、同省の省級無形文化遺産保護プロジェクトにも指定されている。その制作技法は複雑で、原画の作図から始まり、材料の選択、金属線を用いた模様の作成、釉薬の盛り付け、焼成、ヤスリがけといった10以上の工程を経る必要があるという。同県には現在、200社以上の景泰藍製造メーカーがあり、千人近い熟練技術者がいる。(記者/白明山) =配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:41.44
    2021年01月10日
    「新華社」中国企業、ガーナのLNG輸入ターミナル建設を支援

    アフリカ・ガーナの港町テマでは、中国港湾工程(CHEC)による液化天然ガス(LNG)輸入ターミナルの建設工事が進められている。同社はこのほど、輸入ターミナルによってガーナの天然ガス供給量が大幅に増加するとの見通しを示した。プロジェクトは来年完工予定で、ガーナの天然ガス供給量は年間200万トンになると見込まれている。(記者/許正) =配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:40.66
    2021年01月10日
    「新華社」香ばしい芳香が魅力、燻製食品の販売がピーク迎える湖南省

    中国湖南省永州市江永県では、元旦を過ぎた頃から同地産のアヒルの燻製「板鴨(バンヤー)」や中国ソーセージ「臘腸(ラーチャン)」などの伝統的な燻製食品の販売がピークを迎え、街のあちこちから、香ばしい芳香が漂ってくる。毎年この時期になると、同県の桃川鎮や瀟浦(しょうほ)鎮などに住む村民が、板鴨や臘腸などの燻製食品の製造に取り掛かる。同地では、故郷に戻って起業した人たちがネットショップを立ち上げ、安くて品質の高い燻製食品をライブ配信で販売しているという。(記者/程済安) =配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:58.42
    2021年01月10日
    「新華社」北京市、核酸検査チームを河北省に派遣

    中国北京市の北京天壇病院の医療スタッフ20人からなる新型コロナウイルス核酸検査チームが9日、河北省南宮市に派遣された。同市が河北省に検査チームを送るのは初めて。検査・計測設備5セット、検査試薬5万人分、感染防止物資30日分を携帯しており、同省の核酸検査活動を支援する。(記者/王普) =配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:47.99
    2021年01月10日
    「新華社」黒河市、2回目の全住民核酸検査が終了黒竜江省

    中国黒竜江省黒河市で9日、全住民を対象とした2回目の核酸検査が終了した。現時点の検査結果は全て陰性だという。同市新型コロナウイルス感染対策指導グループ指揮部(対策本部)が明らかにした。今回の全住民検査は7日午前8時から9日午後6時にかけて実施され、15万7044人の検体を採取した。(記者/劉赫垚) =配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:42.47
    2021年01月10日
    空撮 住宅から出火、3人死亡 東京・八王子

    10日午前10時15分ごろ、東京都八王子市暁町1丁目の2階建て住宅から出火したと119番があった。東京消防庁によると、60~90代の男女とみられる3人の死亡が確認された。火は約2時間半後にほぼ消し止められた。この住宅のほか、3棟が焼けており、同庁や警視庁が詳しい状況を調べている。現場はJR八王子駅から北に約1・5キロの住宅街。<映像内容>出火した住宅と消火作業に当たった消防隊の様子、撮影日:2021(令和3)年1月10日、撮影場所:東京都八王子市

    撮影: 2021(令和3)年1月10日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:37.84
    2021年01月10日
    「新華社」タリム油田、「西気東輸」への供給が2700億立方メートル突破

    中国新疆ウイグル自治区南部のタリム盆地に位置する中国石油天然ガス集団(CNPC)傘下のタリム油田は7日、西部の天然ガスを東部に輸送するプロジェクト「西気東輸」の天然ガス供給量が、2700億立方メートルを突破したことを明らかにした。プロジェクトの主力供給源となっている同油田は天然ガスを西気東輸のパイプライン網に送り、川下の15省・自治区・直轄市、120以上の大・中都市の住民約4億人と、企業3千社余りに天然ガス供給を保証しているという。同油田は、中国で3番目に大きい陸上油・ガス田であり、天然ガスの生産量は全国の6分の1を占めている。2004年に施設が完成し、生産を開始。過去十数年間で、西気東輸のパイプラインに供給したガス輸送量は、当初の年間3億5100万立方メートルから年間250億立方メートル以上に増加し、1日当たりの平均天然ガス輸送量は最大9500万立方メートルに達している。西気東輸のパイプラインが東へ延びる一方で、幹線パイプラインが総延長3千キロを超える「南疆天然ガス利民プロジェクト」パイプライン網構築もタリム盆地で進んだ。13年には同プロジェクトが全面稼働を開始し、今では新疆南部の5地区・州に毎年42億立方メートル以上の天然ガスを供給し、タリム盆地周辺に暮らす全ての民族大衆と企業が「天然ガス時代」へ進むのを後押ししている。(記者/宿伝義、顧煜) =配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:16.09
    2021年01月10日
    「新華社」遼寧省博物館で海のシルクロード特別展

    中国遼寧省瀋陽市の遼寧省博物館で、特別展「東西を映すコレクション-海のシルクロードを渡った18~19世紀の中国製品」が開催されている。同展は英ユニバーシティー・カレッジ・ロンドン応用考古学センターと遼寧省公共文化サービスセンターが共同で主催し、広東民間工芸博物館や上海中国航海博物館、遼寧省図書館、国際博物館展示研究基地など国内外の多くの機関が協力。物語風の解説で清代の海のシルクロードの繁栄や東西文化交流の社会の様子を紹介し、当時海外で人気の高かった中国製品を展示している。会場では、種類が豊富で技術に優れた当時の海外輸出製品243点を四つのテーマに分けて展示。会期は4月5日まで。(記者/李昂) =配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.49
    2021年01月10日
    「新華社」参加率90%、閑散期の農村を盛り上がる娯楽活動黒竜江省

    中国黒竜江省チチハル市竜江県はここ数年、娯楽活動を通じて村を盛り上げる取り組みを行っている。同県の各行政村では、毎年農業の閑散期になると広場ダンスやヤンコ踊り(秧歌)など、村民に人気のある娯楽活動が行われており、活動の参加率は90%に達しているという。(記者/劉赫垚) =配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:49.25
    2021年01月10日
    「新華社」パキスタン・カラチの化学工場で火災、8人負傷

    パキスタン南部カラチの化学工場で9日朝、火災があり、8人が負傷した。同国メディアによると、現場は火の勢いが強く黒煙が上がった。火災発生時には数人が工場に閉じ込められ、消防当局が車両6台を出動させ救助活動を実施した。出火原因の調査は現在も続いている。(記者/蔣超) =配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...