KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 空撮資料
  • 天神空撮
  • 宮城空撮
  • 空撮映像
  • 夜景空撮
  • 福島空撮
  • 岩手空撮
  • 博多駅空撮
  • 小型無人機
  • ドローン

「空撮」の写真・映像

絞り込み
  • 日付指定なし
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
66,872
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
66,872
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月12日
    広島城 広島城・資料

    広島城=広島市(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2021052507950

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月12日
    (7)初夏のクム村に広がる絶景に酔う新疆アルタイ地区

    9日、緑豊かなカナス風景区のクム村に広がる風景。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区カナス(喀納斯)風景区のクム(禾木)村は6月を迎え、草木の緑が日ごとに濃くなり、野山に花々が咲き誇り、訪れる人を魅了する色鮮やかな風景が広がっている。(クム=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061206770

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月12日
    (4)初夏のクム村に広がる絶景に酔う新疆アルタイ地区

    9日、緑豊かなカナス風景区のクム村に広がる風景。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区カナス(喀納斯)風景区のクム(禾木)村は6月を迎え、草木の緑が日ごとに濃くなり、野山に花々が咲き誇り、訪れる人を魅了する色鮮やかな風景が広がっている。(クム=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061206772

  • 2021年06月12日
    (3)雲南省で北上するゾウの群れ、南西方向に移動

    11日、雲南省玉渓市易門県で確認されたゾウの群れ。(小型無人機から)中国雲南省で北上を続けている野生アジアゾウの群れは11日午後5時(日本時間同6時)現在、南西方向に8・12キロ移動し、同省玉渓市易門県十街郷で移動を続けている。群れを離れて6日目を迎えた1頭は、群れから約16キロ離れた同省昆明市八街街道の密林にいることが確認されている。安全警備活動を担当する省対策本部が明らかにした。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061204727

  • 2021年06月12日
    (2)雲南省で北上するゾウの群れ、南西方向に移動

    11日、雲南省玉渓市易門県で確認されたゾウの群れ。(小型無人機から)中国雲南省で北上を続けている野生アジアゾウの群れは11日午後5時(日本時間同6時)現在、南西方向に8・12キロ移動し、同省玉渓市易門県十街郷で移動を続けている。群れを離れて6日目を迎えた1頭は、群れから約16キロ離れた同省昆明市八街街道の密林にいることが確認されている。安全警備活動を担当する省対策本部が明らかにした。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061204729

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月12日
    (5)初夏のクム村に広がる絶景に酔う新疆アルタイ地区

    9日、緑豊かなカナス風景区クム村の風景。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区カナス(喀納斯)風景区のクム(禾木)村は6月を迎え、草木の緑が日ごとに濃くなり、野山に花々が咲き誇り、訪れる人を魅了する色鮮やかな風景が広がっている。(クム=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061206759

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月12日
    (3)初夏のクム村に広がる絶景に酔う新疆アルタイ地区

    9日、緑豊かなカナス風景区のクム村に広がる風景。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区カナス(喀納斯)風景区のクム(禾木)村は6月を迎え、草木の緑が日ごとに濃くなり、野山に花々が咲き誇り、訪れる人を魅了する色鮮やかな風景が広がっている。(クム=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061206741

  • 2021年06月12日
    (5)トン族の集団歌舞「多耶」、国家級無形文化遺産に登録

    10日、柳州市三江トン族自治県林渓鎮の程陽八寨風景区で、「多耶」を踊る人たち。(小型無人機から)中国国務院は10日、第5次国家級無形文化遺産の代表的項目リストを発表し、広西チワン族自治区柳州市三江トン族自治県の伝統舞踊「多耶(ドゥーイエ)」が選ばれた。多耶は楽器の伴奏なしで歌いながら踊る集団歌舞で、トン族の最も代表的な伝統文化の一つとなっている。(柳州=新華社配信/龔普康)= 配信日: 2021(令和3)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061206477

  • 2021年06月12日
    (1)トン族の集団歌舞「多耶」、国家級無形文化遺産に登録

    10日、柳州市三江トン族自治県林渓鎮の程陽八寨風景区で、「多耶」を踊る人たち。(小型無人機から)中国国務院は10日、第5次国家級無形文化遺産の代表的項目リストを発表し、広西チワン族自治区柳州市三江トン族自治県の伝統舞踊「多耶(ドゥーイエ)」が選ばれた。多耶は楽器の伴奏なしで歌いながら踊る集団歌舞で、トン族の最も代表的な伝統文化の一つとなっている。(柳州=新華社配信/龔普康)= 配信日: 2021(令和3)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061206486

  • 2021年06月12日
    (4)トン族の集団歌舞「多耶」、国家級無形文化遺産に登録

    10日、柳州市三江トン族自治県林渓鎮の程陽八寨風景区で、「多耶」を踊る人たち。(小型無人機から)中国国務院は10日、第5次国家級無形文化遺産の代表的項目リストを発表し、広西チワン族自治区柳州市三江トン族自治県の伝統舞踊「多耶(ドゥーイエ)」が選ばれた。多耶は楽器の伴奏なしで歌いながら踊る集団歌舞で、トン族の最も代表的な伝統文化の一つとなっている。(柳州=新華社配信/龔普康)= 配信日: 2021(令和3)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061206487

  • 2021年06月12日
    (6)トン族の集団歌舞「多耶」、国家級無形文化遺産に登録

    10日、柳州市三江トン族自治県林渓鎮の程陽八寨風景区で、「多耶」を踊る人たち。(小型無人機から)中国国務院は10日、第5次国家級無形文化遺産の代表的項目リストを発表し、広西チワン族自治区柳州市三江トン族自治県の伝統舞踊「多耶(ドゥーイエ)」が選ばれた。多耶は楽器の伴奏なしで歌いながら踊る集団歌舞で、トン族の最も代表的な伝統文化の一つとなっている。(柳州=新華社配信/龔普康)= 配信日: 2021(令和3)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061206488

  • 2021年06月12日
    (1)雲南省で北上するゾウの群れ、南西方向に移動

    11日、雲南省玉渓市易門県で確認されたゾウの群れ。(小型無人機から)中国雲南省で北上を続けている野生アジアゾウの群れは11日午後5時(日本時間同6時)現在、南西方向に8・12キロ移動し、同省玉渓市易門県十街郷で移動を続けている。群れを離れて6日目を迎えた1頭は、群れから約16キロ離れた同省昆明市八街街道の密林にいることが確認されている。安全警備活動を担当する省対策本部が明らかにした。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061204728

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月12日
    (6)初夏のクム村に広がる絶景に酔う新疆アルタイ地区

    9日、緑豊かなカナス風景区のクム村に広がる風景。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区カナス(喀納斯)風景区のクム(禾木)村は6月を迎え、草木の緑が日ごとに濃くなり、野山に花々が咲き誇り、訪れる人を魅了する色鮮やかな風景が広がっている。(クム=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061206742

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月12日
    (1)初夏のクム村に広がる絶景に酔う新疆アルタイ地区

    9日、カナス風景区クム村に咲き誇る花々。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区カナス(喀納斯)風景区のクム(禾木)村は6月を迎え、草木の緑が日ごとに濃くなり、野山に花々が咲き誇り、訪れる人を魅了する色鮮やかな風景が広がっている。(クム=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061206752

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月12日
    (2)初夏のクム村に広がる絶景に酔う新疆アルタイ地区

    9日、緑豊かなカナス風景区のクム村に広がる風景。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区カナス(喀納斯)風景区のクム(禾木)村は6月を迎え、草木の緑が日ごとに濃くなり、野山に花々が咲き誇り、訪れる人を魅了する色鮮やかな風景が広がっている。(クム=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061206757

  • 2021年06月11日
    (1)初夏を迎えた狼渡草原甘粛省定西市

    8日、狼渡草原で草を食べたり水を飲んだりしている馬たち。(小型無人機から)初夏を迎え、中国甘粛省定西市岷(みん)県の狼渡草原では、豊かな緑や爽やかな空気、牛馬の行き交う風景が多くの観光客を引き付けている。同草原は青海チベット高原東部と秦嶺山脈西縁部の中間地帯に位置し、平均標高2600メートルの高地であることから、夏でも快適に過ごすことができる。(定西=新華社配信/王克賢)= 配信日: 2021(令和3)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061105649

  • 2021年06月11日
    (2)北上するゾウの群れ、雲南省玉渓市易門県を移動中

    10日、雲南省玉渓市易門県十街郷で確認された野生アジアゾウの群れ。(小型無人機から)中国雲南省で北上を続けている野生のアジアゾウの群れは10日午後8時(日本時間同9時)現在、同省玉渓市易門県十街郷の狭い範囲で移動を続けている。群れを離れて5日目となった1頭は、群れから約11・8キロ離れた同省昆明市安寧市の密林にいることが確認されている。ゾウの安全は確保されており、人的被害の報告もない。安全警備活動を担当する省対策本部が明らかにした。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061106555

  • 2021年06月11日
    (12)生物多様性の宝庫山東黄河三角洲国家級自然保護区を訪ねて

    山東黄河三角洲国家級自然保護区の風景。(2018年6月23日撮影、小型無人機から)中国黄河の河口付近に位置する黄河三角洲は、中国の暖温帯で最も完全かつ典型的な、海浜の湿地生態システムとして知られる。山東黄河三角洲国家級自然保護区は1992年の設立以降、生態系の持続的な保護と修復を通じて、河口の湿地生態システムを研究する天然の「実験室」としての役割を果たしている。豊かな生物多様性を有する同保護区は、野生動物1629種、鳥類370種が生息し、植物685種が生育する、生物多様性保全の「生物資源ライブラリー」となっている。(済南=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061106530

  • 2021年06月11日
    (11)生物多様性の宝庫山東黄河三角洲国家級自然保護区を訪ねて

    山東黄河三角洲国家級自然保護区の風景。(2018年6月23日撮影、小型無人機から)中国黄河の河口付近に位置する黄河三角洲は、中国の暖温帯で最も完全かつ典型的な、海浜の湿地生態システムとして知られる。山東黄河三角洲国家級自然保護区は1992年の設立以降、生態系の持続的な保護と修復を通じて、河口の湿地生態システムを研究する天然の「実験室」としての役割を果たしている。豊かな生物多様性を有する同保護区は、野生動物1629種、鳥類370種が生息し、植物685種が生育する、生物多様性保全の「生物資源ライブラリー」となっている。(済南=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061106526

  • 2021年06月11日
    Clouds over the Taunus

    11 June 2021, Hessen, Nieder-Erlenbach: The first clouds move across the otherwise blue sky over the Taunus, while grain fields stretch out in the foreground (aerial view with a drone). Local thunderstorms are expected in the afternoon. Photo: Boris Roessler/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061107909

  • 2021年06月11日
    Arable land in Hesse

    11 June 2021, Hessen, Nieder-Erlenbach: A tree stands in the middle of farmland with vegetables (aerial view with a drone). Photo: Boris Roessler/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061107933

  • 2021年06月11日
    (5)中国大運河博物館で照明の試験点灯江蘇省揚州市

    8日、照明で浮かび上がった中国大運河博物館の施設。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市の運河三湾生態文化公園にある中国大運河博物館で8日、夜間照明の試験点灯が始まった。同館は16日に正式に開館し、総面積7万9千平方メートルの館内で11のテーマに基づく展示を行う。(揚州=新華社配信/孟徳竜)= 配信日: 2021(令和3)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061200079

  • 2021年06月11日
    (9)21の劇場を持つテーマパークがオープン河南省鄭州市

    上空から見た「只有河南・戯劇幻城」。(5月13日撮影、小型無人機から)中国河南省鄭州市で5日、4年の歳月をかけて完成した劇場型テーマパーク「只有河南・戯劇幻城」のオープニング・セレモニーが開かれた。長さ328メートルにおよぶ巨大な城郭の内部には、黄土と麦を主なデザイン要素とした56の異なる格子状のスペースが設けられている。また、21カ所の劇場では約千人の出演者による30以上の演目の上演が可能で、全ての劇場が同時に収容できる人数は1万人に達するという。「只有河南・戯劇幻城」は、黄河文明を創作のベースとしており、「土地、食糧、伝承」にまつわる物語を通じて、より多くの人に演劇文化の魅力を感じてもらうことを目的としている。(鄭州=新華社記者/李安)= 配信日: 2021(令和3)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061104400

  • 2021年06月11日
    (3)中国大運河博物館で照明の試験点灯江蘇省揚州市

    8日、照明が点灯された中国大運河博物館。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市の運河三湾生態文化公園にある中国大運河博物館で8日、夜間照明の試験点灯が始まった。同館は16日に正式に開館し、総面積7万9千平方メートルの館内で11のテーマに基づく展示を行う。(揚州=新華社配信/孟徳竜)= 配信日: 2021(令和3)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061200144

  • 2021年06月11日
    (1)北上するゾウの群れ、雲南省玉渓市易門県を移動中

    10日、雲南省玉渓市易門県十街郷で確認された野生アジアゾウの群れ。(小型無人機から)中国雲南省で北上を続けている野生のアジアゾウの群れは10日午後8時(日本時間同9時)現在、同省玉渓市易門県十街郷の狭い範囲で移動を続けている。群れを離れて5日目となった1頭は、群れから約11・8キロ離れた同省昆明市安寧市の密林にいることが確認されている。ゾウの安全は確保されており、人的被害の報告もない。安全警備活動を担当する省対策本部が明らかにした。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061106552

  • 2021年06月11日
    (2)中国大運河博物館で照明の試験点灯江蘇省揚州市

    8日、照明が点灯された中国大運河博物館。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市の運河三湾生態文化公園にある中国大運河博物館で8日、夜間照明の試験点灯が始まった。同館は16日に正式に開館し、総面積7万9千平方メートルの館内で11のテーマに基づく展示を行う。(揚州=新華社配信/孟徳竜)= 配信日: 2021(令和3)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061200112

  • 2021年06月11日
    (1)中国大運河博物館で照明の試験点灯江蘇省揚州市

    8日、照明で浮かび上がった中国大運河博物館の施設。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市の運河三湾生態文化公園にある中国大運河博物館で8日、夜間照明の試験点灯が始まった。同館は16日に正式に開館し、総面積7万9千平方メートルの館内で11のテーマに基づく展示を行う。(揚州=新華社配信/孟徳竜)= 配信日: 2021(令和3)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061200114

  • 2021年06月11日
    (3)初夏を迎えた狼渡草原甘粛省定西市

    8日、空から見た狼渡草原の景色。(小型無人機から)初夏を迎え、中国甘粛省定西市岷(みん)県の狼渡草原では、豊かな緑や爽やかな空気、牛馬の行き交う風景が多くの観光客を引き付けている。同草原は青海チベット高原東部と秦嶺山脈西縁部の中間地帯に位置し、平均標高2600メートルの高地であることから、夏でも快適に過ごすことができる。(定西=新華社配信/王克賢)= 配信日: 2021(令和3)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061105653

  • 2021年06月11日
    (4)中国大運河博物館で照明の試験点灯江蘇省揚州市

    8日、照明で浮かび上がった中国大運河博物館の施設。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市の運河三湾生態文化公園にある中国大運河博物館で8日、夜間照明の試験点灯が始まった。同館は16日に正式に開館し、総面積7万9千平方メートルの館内で11のテーマに基づく展示を行う。(揚州=新華社配信/孟徳竜)= 配信日: 2021(令和3)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061200043

  • 2021年06月10日
    関西空港連絡橋 心中か、女性と女児死亡

    関西空港連絡橋。奥は関西空港=10日午前10時44分(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2021061002951

  • 2021年06月10日
    (1)ゾウの群れ、雲南省玉渓市易門県に入る1頭は安寧市に到着

    8日、雲南省昆明市晋寧区夕陽イ族郷で撮影した野生のアジアゾウ。(小型無人機から)中国雲南省で北上を続けている野生のアジアゾウの群れは8日午後11時15分(日本時間9日午前0時15分)、同省玉渓市易門県十街郷に入った。省の専門家チームも易門に移動し、現場を指揮している。群れは9日午前11時(日本時間同午後0時)現在、郷内で休息を取っている。6日に群れを離れた1頭は、群れから直線距離で北東へ約12キロの昆明市安寧市内の林に移動した。周辺住民とゾウにけがなどの被害はなかった。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061002950

  • 2021年06月10日
    (11)緑化に成功した西海固地区寧夏回族自治区

    寧夏回族自治区固原市原州区の馬東山林場に残る、緑に覆われたかつての村落と民家。(2020年6月3日撮影、小型無人機から)中国寧夏回族自治区の中南部に位置する西海固地区の山奥では、かつてむき出しだった黄土が今では一面の緑に覆われている。同地区は以前、貧困と脆弱な自然環境が二重の足かせとなっていたため、1980年代から「生態移民」(生態系保全・復旧のため他地域への移住)政策を実施。住民35万人以上が次々と山を離れ、新しい生活をスタートさせた。生態移民や放牧の禁止、耕地の再森林化など諸政策を長年にわたって実施した結果、同自治区の森林率は1958年の自治区設立時の1・5%から、昨年の15・8%まで上昇。森林面積は1230万ムー(82万ヘクタール)を超えている。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061010177

  • 2021年06月10日
    (8)花谷核心区のバラが見頃に山東省済南市

    4日、グランドカバーローズの花畑で作業に励む農家。(小型無人機から)中国山東省済南市済陽区新市鎮の花谷核心区ではこのところ、数万株のグランドカバーローズが見頃を迎えている。この種のバラは地面を這うように生え、開花期間が長く、成長が早くて育てやすいなどの特徴を持つ。同鎮はここ数年、農業の優位性を生かして、敷地面積3千ムー(200ヘクタール)余りの花畑パークを建設。花卉栽培と花卉クリエイティブ産業の発展に取り組むことで、田園風景とレジャーを一体化した特色ある観光地を作り上げている。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061010117

  • 2021年06月10日
    (4)花谷核心区のバラが見頃に山東省済南市

    4日、花谷核心区で咲き誇るグランドカバーローズ。(小型無人機から)中国山東省済南市済陽区新市鎮の花谷核心区ではこのところ、数万株のグランドカバーローズが見頃を迎えている。この種のバラは地面を這うように生え、開花期間が長く、成長が早くて育てやすいなどの特徴を持つ。同鎮はここ数年、農業の優位性を生かして、敷地面積3千ムー(200ヘクタール)余りの花畑パークを建設。花卉栽培と花卉クリエイティブ産業の発展に取り組むことで、田園風景とレジャーを一体化した特色ある観光地を作り上げている。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061010143

  • 2021年06月10日
    (6)緑化に成功した西海固地区寧夏回族自治区

    寧夏回族自治区固原市西吉県沙溝郷陽荘村上圏組に残る、緑に覆われたかつての民家跡。(2020年6月2日撮影、小型無人機から)中国寧夏回族自治区の中南部に位置する西海固地区の山奥では、かつてむき出しだった黄土が今では一面の緑に覆われている。同地区は以前、貧困と脆弱な自然環境が二重の足かせとなっていたため、1980年代から「生態移民」(生態系保全・復旧のため他地域への移住)政策を実施。住民35万人以上が次々と山を離れ、新しい生活をスタートさせた。生態移民や放牧の禁止、耕地の再森林化など諸政策を長年にわたって実施した結果、同自治区の森林率は1958年の自治区設立時の1・5%から、昨年の15・8%まで上昇。森林面積は1230万ムー(82万ヘクタール)を超えている。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061010145

  • 2021年06月10日
    (5)緑化に成功した西海固地区寧夏回族自治区

    4日、寧夏回族自治区固原市涇源県大湾郷に残る、緑に覆われたかつての民家跡。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区の中南部に位置する西海固地区の山奥では、かつてむき出しだった黄土が今では一面の緑に覆われている。同地区は以前、貧困と脆弱な自然環境が二重の足かせとなっていたため、1980年代から「生態移民」(生態系保全・復旧のため他地域への移住)政策を実施。住民35万人以上が次々と山を離れ、新しい生活をスタートさせた。生態移民や放牧の禁止、耕地の再森林化など諸政策を長年にわたって実施した結果、同自治区の森林率は1958年の自治区設立時の1・5%から、昨年の15・8%まで上昇。森林面積は1230万ムー(82万ヘクタール)を超えている。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061010147

  • 2021年06月10日
    (1)緑化に成功した西海固地区寧夏回族自治区

    2日、緑豊かな寧夏六盤山国家級自然保護区。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区の中南部に位置する西海固地区の山奥では、かつてむき出しだった黄土が今では一面の緑に覆われている。同地区は以前、貧困と脆弱な自然環境が二重の足かせとなっていたため、1980年代から「生態移民」(生態系保全・復旧のため他地域への移住)政策を実施。住民35万人以上が次々と山を離れ、新しい生活をスタートさせた。生態移民や放牧の禁止、耕地の再森林化など諸政策を長年にわたって実施した結果、同自治区の森林率は1958年の自治区設立時の1・5%から、昨年の15・8%まで上昇。森林面積は1230万ムー(82万ヘクタール)を超えている。(銀川=新華社記者/楊植森)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061010062

  • 2021年06月10日
    (1)花谷核心区のバラが見頃に山東省済南市

    4日、花谷核心区で咲き誇るグランドカバーローズ。(小型無人機から)中国山東省済南市済陽区新市鎮の花谷核心区ではこのところ、数万株のグランドカバーローズが見頃を迎えている。この種のバラは地面を這うように生え、開花期間が長く、成長が早くて育てやすいなどの特徴を持つ。同鎮はここ数年、農業の優位性を生かして、敷地面積3千ムー(200ヘクタール)余りの花畑パークを建設。花卉栽培と花卉クリエイティブ産業の発展に取り組むことで、田園風景とレジャーを一体化した特色ある観光地を作り上げている。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061010064

  • 2021年06月10日
    (4)緑化に成功した西海固地区寧夏回族自治区

    3日、草木の緑に覆われた寧夏回族自治区固原市原州区の馬東山林場。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区の中南部に位置する西海固地区の山奥では、かつてむき出しだった黄土が今では一面の緑に覆われている。同地区は以前、貧困と脆弱な自然環境が二重の足かせとなっていたため、1980年代から「生態移民」(生態系保全・復旧のため他地域への移住)政策を実施。住民35万人以上が次々と山を離れ、新しい生活をスタートさせた。生態移民や放牧の禁止、耕地の再森林化など諸政策を長年にわたって実施した結果、同自治区の森林率は1958年の自治区設立時の1・5%から、昨年の15・8%まで上昇。森林面積は1230万ムー(82万ヘクタール)を超えている。(銀川=新華社記者/楊植森)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061010154

  • 2021年06月10日
    (9)緑化に成功した西海固地区寧夏回族自治区

    寧夏回族自治区固原市原州区の馬東山林場に残る、緑に覆われたかつての村落と民家。(2020年6月3日撮影、小型無人機から)中国寧夏回族自治区の中南部に位置する西海固地区の山奥では、かつてむき出しだった黄土が今では一面の緑に覆われている。同地区は以前、貧困と脆弱な自然環境が二重の足かせとなっていたため、1980年代から「生態移民」(生態系保全・復旧のため他地域への移住)政策を実施。住民35万人以上が次々と山を離れ、新しい生活をスタートさせた。生態移民や放牧の禁止、耕地の再森林化など諸政策を長年にわたって実施した結果、同自治区の森林率は1958年の自治区設立時の1・5%から、昨年の15・8%まで上昇。森林面積は1230万ムー(82万ヘクタール)を超えている。(銀川=新華社記者/楊植森)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061010163

  • 2021年06月10日
    (10)緑化に成功した西海固地区寧夏回族自治区

    3日、緑に覆われた寧夏回族自治区固原市原州区の馬東山林場。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区の中南部に位置する西海固地区の山奥では、かつてむき出しだった黄土が今では一面の緑に覆われている。同地区は以前、貧困と脆弱な自然環境が二重の足かせとなっていたため、1980年代から「生態移民」(生態系保全・復旧のため他地域への移住)政策を実施。住民35万人以上が次々と山を離れ、新しい生活をスタートさせた。生態移民や放牧の禁止、耕地の再森林化など諸政策を長年にわたって実施した結果、同自治区の森林率は1958年の自治区設立時の1・5%から、昨年の15・8%まで上昇。森林面積は1230万ムー(82万ヘクタール)を超えている。(銀川=新華社記者/楊植森)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061010136

  • 2021年06月10日
    (8)緑化に成功した西海固地区寧夏回族自治区

    寧夏回族自治区固原市西吉県沙溝郷陽荘村上圏組に残る、緑に覆われたかつての民家跡。(2020年6月2日撮影、小型無人機から)中国寧夏回族自治区の中南部に位置する西海固地区の山奥では、かつてむき出しだった黄土が今では一面の緑に覆われている。同地区は以前、貧困と脆弱な自然環境が二重の足かせとなっていたため、1980年代から「生態移民」(生態系保全・復旧のため他地域への移住)政策を実施。住民35万人以上が次々と山を離れ、新しい生活をスタートさせた。生態移民や放牧の禁止、耕地の再森林化など諸政策を長年にわたって実施した結果、同自治区の森林率は1958年の自治区設立時の1・5%から、昨年の15・8%まで上昇。森林面積は1230万ムー(82万ヘクタール)を超えている。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061010149

  • 2021年06月10日
    (3)古村落の保護で農村観光経済を促進河北省沙河市

    4日、古い建物が立ち並ぶ沙河市大坪村の風景。(小型無人機から)中国太行山の東麓にある河北省沙河市は、伝統的な村落や古い建物、豊かな無形文化遺産を持つ町として知られている。市内の王硇(おうどう)村、大坪村などの古村落が中国伝統村落リストに登録されている。同市はここ数年、古村落の保護を強化し、インフラ整備や観光サービスの改善に力を入れ、農村観光経済の発展を促すことで、農家の収入増を後押ししている。(邢台=新華社記者/駱学峰)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061003565

  • 2021年06月10日
    (3)ゾウの群れ、雲南省玉渓市易門県に入る1頭は安寧市に到着

    7日、雲南省昆明市晋寧区夕陽イ族郷で撮影した野生のアジアゾウ。(小型無人機から)中国雲南省で北上を続けている野生のアジアゾウの群れは8日午後11時15分(日本時間9日午前0時15分)、同省玉渓市易門県十街郷に入った。省の専門家チームも易門に移動し、現場を指揮している。群れは9日午前11時(日本時間同午後0時)現在、郷内で休息を取っている。6日に群れを離れた1頭は、群れから直線距離で北東へ約12キロの昆明市安寧市内の林に移動した。周辺住民とゾウにけがなどの被害はなかった。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061002952

  • 2021年06月10日
    (3)緑化に成功した西海固地区寧夏回族自治区

    2日、緑豊かな寧夏六盤山国家級自然保護区。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区の中南部に位置する西海固地区の山奥では、かつてむき出しだった黄土が今では一面の緑に覆われている。同地区は以前、貧困と脆弱な自然環境が二重の足かせとなっていたため、1980年代から「生態移民」(生態系保全・復旧のため他地域への移住)政策を実施。住民35万人以上が次々と山を離れ、新しい生活をスタートさせた。生態移民や放牧の禁止、耕地の再森林化など諸政策を長年にわたって実施した結果、同自治区の森林率は1958年の自治区設立時の1・5%から、昨年の15・8%まで上昇。森林面積は1230万ムー(82万ヘクタール)を超えている。(銀川=新華社記者/楊植森)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061010146

  • 2021年06月10日
    (6)明代長城のとりで跡を発見陝西省楡林市

    清平堡遺跡で見つかった顕応宮の建物遺構。(小型無人機から、資料写真)中国陝西省考古研究院は8日、同省楡林(ゆりん)市靖辺県で、明代の万里の長城のとりで「清平堡」を発見したと明らかにした。清平堡遺跡は同県楊橋畔鎮東門溝村にあり、同研究院が2020年5月から緊急発掘調査を実施している。これまでの調査で二つの区画に属する多くの建築遺構が見つかった。南側区画は比較的大きく、広さは南北約60メートル、東西約25メートル。区画の外壁や家屋、れんが敷きの地面などが残されていた。敷地から出土した石碑から、同区画が顕応宮と呼ばれる城隍廟(じょうこうびょう、土地の守護神を祭る廟)だと分かった。もう一つの区画は、顕応宮の東側にある大型建築の基礎遺構で、碑文と県誌の記載によると、城内の中心的建築物だった可能性がある。清平堡は、明代長城から約10キロ離れた場所にある。陝西省北部の明代長城のとりでの中でも原形をとどめる数少ない遺跡となっている。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061003620

  • 2021年06月10日
    (7)緑化に成功した西海固地区寧夏回族自治区

    寧夏回族自治区固原市西吉県沙溝郷陽荘村上圏組に残る、緑に覆われたかつての民家跡。(2020年6月2日撮影、小型無人機から)中国寧夏回族自治区の中南部に位置する西海固地区の山奥では、かつてむき出しだった黄土が今では一面の緑に覆われている。同地区は以前、貧困と脆弱な自然環境が二重の足かせとなっていたため、1980年代から「生態移民」(生態系保全・復旧のため他地域への移住)政策を実施。住民35万人以上が次々と山を離れ、新しい生活をスタートさせた。生態移民や放牧の禁止、耕地の再森林化など諸政策を長年にわたって実施した結果、同自治区の森林率は1958年の自治区設立時の1・5%から、昨年の15・8%まで上昇。森林面積は1230万ムー(82万ヘクタール)を超えている。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061010156

  • 2021年06月09日
    鏡沼のドラゴンアイ 八幡平・鏡沼に「竜の目」

    八幡平山頂付近の鏡沼に現れた「八幡平ドラゴンアイ」=9日午前、秋田県仙北市(小型無人機から)

    商品コード: 2021060907523

  • 2021年06月09日
    鏡沼のドラゴンアイ 八幡平・鏡沼に「竜の目」

    八幡平山頂付近の鏡沼に現れた「八幡平ドラゴンアイ」=9日午前、秋田県仙北市(小型無人機から)

    商品コード: 2021060907524

  • 2021年06月09日
    「八幡平ドラゴンアイ」 八幡平・鏡沼に「竜の目」

    八幡平山頂付近の鏡沼に現れた「八幡平ドラゴンアイ」=9日午後、秋田県仙北市(小型無人機から)

    商品コード: 2021060907525

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月09日
    高圧線に接触した現場 高圧線接触、2人死亡

    横浜市のゴルフ場「戸塚カントリー俱楽部」で高所作業車が高圧線に接触したとみられる現場=9日午後1時26分(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2021060904731

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月09日
    高圧線に接触した現場 高圧線接触、2人死亡

    横浜市のゴルフ場「戸塚カントリー俱楽部」で高所作業車が高圧線に接触したとみられる現場=9日午後1時27分(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2021060904730

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月09日
    高所作業車 高圧線接触、2人死亡

    横浜市のゴルフ場「戸塚カントリー俱楽部」で高圧線に接触したとみられる高所作業車=9日午後1時29分(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2021060904704

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月09日
    高所作業車 高圧線接触、2人死亡

    横浜市のゴルフ場「戸塚カントリー俱楽部」で高圧線に接触したとみられる高所作業車=9日午後1時32分(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2021060904697

  • 2021年06月09日
    El Salvador approves Bitcoin as legal tender - 09 Jun 2021

    June 9, 2021, San Salvador, El Salvador: (EDITOR‘S NOTE: Image taken with a drone).Aerial view of the commercial district in San Salvador..El Salvador‘s Congress approved Bitcoin as a legal tender, meanwhile, President Nayib Bukele announced the country will move into creating Bitcoin mining hubs with the country‘s geothermal infrastructure. (Credit Image: © Camilo Freedman/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Camilo Freedman/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061010494

  • 2021年06月09日
    El Salvador approves Bitcoin as legal tender - 09 Jun 2021

    June 9, 2021, San Salvador, El Salvador: (EDITOR‘S NOTE: Image taken with a drone).Aerial view of the commercial district in San Salvador..El Salvador‘s Congress approved Bitcoin as a legal tender, meanwhile, President Nayib Bukele announced the country will move into creating Bitcoin mining hubs with the country‘s geothermal infrastructure. (Credit Image: © Camilo Freedman/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Camilo Freedman/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061010586

  • 2021年06月09日
    El Salvador approves Bitcoin as legal tender - 09 Jun 2021

    June 9, 2021, San Salvador, El Salvador: (EDITOR‘S NOTE: Image taken with a drone).Aerial view of the commercial district in San Salvador..El Salvador‘s Congress approved Bitcoin as a legal tender, meanwhile, President Nayib Bukele announced the country will move into creating Bitcoin mining hubs with the country‘s geothermal infrastructure. (Credit Image: © Camilo Freedman/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Camilo Freedman/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061010459

  • 2021年06月09日
    El Salvador approves Bitcoin as legal tender - 09 Jun 2021

    June 9, 2021, San Salvador, El Salvador: (EDITOR‘S NOTE: Image taken with a drone).Aerial view of the commercial district in San Salvador. El Salvador‘s Congress approved Bitcoin as a legal tender, meanwhile, President Nayib Bukele announced the country will move into creating Bitcoin mining hubs with the country‘s geothermal infrastructure. (Credit Image: © Camilo Freedman/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Camilo Freedman/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061010397

  • 2021年06月09日
    El Salvador approves Bitcoin as legal tender - 09 Jun 2021

    June 9, 2021, San Salvador, El Salvador: (EDITOR‘S NOTE: Image taken with a drone).Aerial view of the commercial district in San Salvador..El Salvador‘s Congress approved Bitcoin as a legal tender, meanwhile, President Nayib Bukele announced the country will move into creating Bitcoin mining hubs with the country‘s geothermal infrastructure. (Credit Image: © Camilo Freedman/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Camilo Freedman/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061009885

  • 2021年06月09日
    Rising risk of forest fires

    09 June 2021, Brandenburg, Zesch Am See: Radio technology and a camera are mounted on the roof of the fire watch tower “Zesch“ near Wünsdorf by the Brandenburg State Forestry Office (aerial view with a drone). With the rising temperatures, the danger of forest fires has increased in Brandenburg. Currently, forest fire danger level 4 is in effect throughout the state of Brandenburg. Two forest fire centers in Wünsdorf (Teltow-Fläming) and Eberswalde (Barnim) monitor what is happening in the state. From stage 3 onwards, they are manned. According to the Ministry of the Environment, last year there were 299 forest fires in Brandenburg on 118.5 hectares of land. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060911155

  • 2021年06月09日
    (1)渡り鳥の楽園、尕海湿地に子育ての季節甘粛省

    2日、尕海湖にたたずむ国家1級保護動物のオグロヅルとひな。(小型無人機から)中国青海チベット高原北東辺縁部の甘粛省甘南チベット族自治州碌曲(ルチュ)県に位置する尕海(がかい)湿地では、オグロヅルなどが繁殖シーズンに入り、ひながかえる時期を迎えている。同湿地は黄河の主要な支流、洮河(とうが)の水源地で、水を蓄え、水質を浄化する役割も果たしている。生態環境や気候が優れていることから、ここ数年はオグロヅルやナベコウ、オジロワシなど希少な渡り鳥のすみかとなっている。(碌曲=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060904821

  • 2021年06月09日
    A touch of the Caribbean in Lusatia

    09 June 2021, Brandenburg, Großräschen: The bright sand of the city beach at Großräschener See shines in the morning sun (aerial view with a drone). The newly created beach gives a little Caribbean flair when you look at it. According to the Lausitzer und Mitteldeutschen Bergbau-Verwaltungsgesellschaft mbH (LMBV), the beach and lake are still closed for use. The water level in Lake Großräschen, formerly the Meuro open-cast lignite mine, has not yet reached its final level. Where lignite mining once dominated the landscape, new water paradises with around 14,000 hectares of water are currently being created in the former opencast mines. Ten of the more than 20 lakes in the Lusatian Lakeland will be opened up by navigable canals in the future. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060908997

  • 2021年06月09日
    (10)海南自由貿易港の重点産業パーク、江東新区を訪ねて

    4日、海口市江東新区の邁雅河大橋。(小型無人機から)中国海南省海口市にある江東新区は、海南自由貿易港に11カ所ある重点産業パークの一つで、2018年6月に正式に設立された。同区は海口市の東海岸区域に位置し、東は東寨港から、西は南渡江まで、北は東海岸線に臨み、南は環状高速道路第2期プロジェクトと省道212号に至る。江東新区の計画敷地面積は約298平方キロ、東部の生態機能区と西部の産業・都市融合区に分かれている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060909027

  • 2021年06月09日
    (9)海南自由貿易港の重点産業パーク、江東新区を訪ねて

    4日、海口市江東新区で建設中の江東国際エネルギーセンター。(小型無人機から)中国海南省海口市にある江東新区は、海南自由貿易港に11カ所ある重点産業パークの一つで、2018年6月に正式に設立された。同区は海口市の東海岸区域に位置し、東は東寨港から、西は南渡江まで、北は東海岸線に臨み、南は環状高速道路第2期プロジェクトと省道212号に至る。江東新区の計画敷地面積は約298平方キロ、東部の生態機能区と西部の産業・都市融合区に分かれている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060909028

  • 2021年06月09日
    (6)造林や生態系の修復で荒れた山を緑化山西省太原市

    3日、太原市西山地区の玉泉山郊外森林公園の一角。(小型無人機から)中国山西省太原市の東山と西山地区は標高が非常に高く、同市の「生態障壁」となっている。両地区はかつて、採石などで植生がひどく破壊されたが、ここ数年、造林と生態系の修復に力を入れ、荒れた山の上に森林公園や観光道路などを建設した。生態環境が脆弱だった両地区は、今では緑豊かな生態文化観光地域になっている。(太原=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060909040

  • 2021年06月09日
    (5)海南自由貿易港の重点産業パーク、江東新区を訪ねて

    4日、海口市の江東新区で建設中のオフィスエリア。(小型無人機から)中国海南省海口市にある江東新区は、海南自由貿易港に11カ所ある重点産業パークの一つで、2018年6月に正式に設立された。同区は海口市の東海岸区域に位置し、東は東寨港から、西は南渡江まで、北は東海岸線に臨み、南は環状高速道路第2期プロジェクトと省道212号に至る。江東新区の計画敷地面積は約298平方キロ、東部の生態機能区と西部の産業・都市融合区に分かれている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060909011

  • 2021年06月09日
    (3)トルコで「海の鼻水」発生海洋生態系脅かす

    6日、トルコのマルマラ海沿岸で発生した「海の鼻水」。(小型無人機から)トルコ・イスタンブール近くのマルマラ海でこのところ、「海の鼻水」と呼ばれる海洋粘液が大量発生し、海洋の生態系を脅かしている。粘液は藻類が生み出す物質で、これまでにない勢いで広がっているという。(イスタンブール=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060904336

  • 2021年06月09日
    (1)トルコで「海の鼻水」発生海洋生態系脅かす

    6日、トルコのマルマラ海沿岸で発生した「海の鼻水」。(小型無人機から)トルコ・イスタンブール近くのマルマラ海でこのところ、「海の鼻水」と呼ばれる海洋粘液が大量発生し、海洋の生態系を脅かしている。粘液は藻類が生み出す物質で、これまでにない勢いで広がっているという。(イスタンブール=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060904344

  • 2021年06月09日
    (3)学校で太極拳の魅力をアピール河北省

    7日、太極拳を練習する河北省邢台市任沢区第三中学の生徒。(小型無人機から)中国の「文化と自然遺産の日」(毎年6月の第2土曜日)を間近に控え、河北省邢台市任沢区第三中学は7日、河北省王其和(おう・きわ)太極拳協会任沢区伝習所と合同で無形文化遺産をテーマとするPRイベントを開催し、無形文化遺産の魅力をアピールした。(邢台=新華社記者/駱学峰)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060907435

  • 2021年06月09日
    Forestry in the Ore Mountains

    09 June 2021, Saxony, Pockau-Lengefeld: Tree trunks lie on several piles in a bare forest area on a ridge in the Ore Mountains. The forest here has been badly affected in recent years not only by drought and bark beetles, but also by several storms. In order to ensure the rapid removal of the felled timber and to prevent the bark beetle from attacking, the loading station in Pockau-Lengefeld was even reactivated in 2020. In 2019 alone, bark beetles in Saxony left behind more than two million cubic metres of damaged wood on several thousand hectares of forest. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061002905

  • 2021年06月09日
    Forestry in the Ore Mountains

    09 June 2021, Saxony, Pockau-Lengefeld: An almost completely bare forest area on a ridge in the Ore Mountains. In recent years, the forest here has been severely affected not only by drought and bark beetles, but also by several storms. In order to ensure the rapid removal of the felled timber and to prevent the bark beetle from attacking, the loading station in Pockau-Lengefeld was even reactivated in 2020. In 2019 alone, bark beetles in Saxony left behind more than two million cubic metres of damaged wood on several thousand hectares of forest. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061002892

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:01.06
    2021年06月09日
    空撮 高圧線接触、男性2人死亡 ゴルフ場で伐採中、横浜

    9日午前8時10分ごろ、横浜市のゴルフ場「戸塚カントリー〓(人ベンに貝の目が組のツクリ)楽部」(戸塚区、旭区)で、高所作業車のゴンドラに乗って樹木を伐採していた男性作業員2人が高圧線に接触した。2人はいずれもその場で死亡が確認された。感電死とみられる。<映像内容>接触事故現場の空撮映像、撮影日:2021(令和3)年6月9日、撮影場所:神奈川県横浜市

    商品コード: 2021061002969

  • 2021年06月09日
    Grand Hotel Heiligendamm reopens

    09 June 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Heiligendamm: The Grand Hotel Heiligendamm with the Kurhaus (front l-r), the Hohenzollern Castle and the Haus Mecklenburg (aerial view with a drone /copter). The hotel on the Baltic Sea, which made a name for itself as host of the G8 summit in 2007, reopens on 10.06.2021 after a months-long corona break. Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061003511

  • 2021年06月09日
    Grand Hotel Heiligendamm reopens

    09 June 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Heiligendamm: The Grand Hotel Heiligendamm with the Kurhaus (front l-r), the Hohenzollern Castle and the Haus Mecklenburg (aerial view with a drone /copter). The hotel on the Baltic Sea, which made a name for itself as host of the G8 summit in 2007, reopens on 10.06.2021 after a months-long corona break. Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061003498

  • 2021年06月09日
    Forestry in the Ore Mountains

    09 June 2021, Saxony, Pockau-Lengefeld: Tree trunks lie on several piles in a bare forest area on a ridge in the Ore Mountains. The forest here has been badly affected in recent years not only by drought and bark beetles, but also by several storms. In order to ensure the rapid removal of the felled timber and to prevent the bark beetle from attacking, the loading station in Pockau-Lengefeld was even reactivated in 2020. In 2019 alone, bark beetles in Saxony left behind more than two million cubic metres of damaged wood on several thousand hectares of forest. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061009733

  • 2021年06月09日
    Forestry in the Ore Mountains

    09 June 2021, Saxony, Pockau-Lengefeld: An almost completely bare forest area on a ridge in the Ore Mountains. In recent years, the forest here has been severely affected not only by drought and bark beetles, but also by several storms. In order to ensure the rapid removal of the felled timber and to prevent the bark beetle from attacking, the loading station in Pockau-Lengefeld was even reactivated in 2020. In 2019 alone, bark beetles in Saxony left behind more than two million cubic metres of damaged wood on several thousand hectares of forest. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061009716

  • 2021年06月09日
    Forestry in the Ore Mountains

    09 June 2021, Saxony, Pockau-Lengefeld: Tree trunks lie on several piles in a bare forest area on a ridge in the Ore Mountains. The forest here has been badly affected in recent years not only by drought and bark beetles, but also by several storms. In order to ensure the rapid removal of the felled timber and to prevent the bark beetle from attacking, the loading station in Pockau-Lengefeld was even reactivated in 2020. In 2019 alone, bark beetles in Saxony left behind more than two million cubic metres of damaged wood on several thousand hectares of forest. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061009727

  • 2021年06月09日
    Forest fire risk in Brandenburg

    09 June 2021, Brandenburg, Zesch Am See: Radio technology and a camera are mounted on the roof of the fire watch tower “Zesch“ near Wünsdorf by the Brandenburg State Forestry Office (aerial view with a drone). With the rising temperatures, the danger of forest fires has increased in Brandenburg. Two forest fire centers in Wünsdorf (Teltow-Fläming) and Eberswalde (Barnim) monitor what is happening in the state. They are staffed from stage 3. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061014213

  • 2021年06月09日
    Forestry in the Ore Mountains

    09 June 2021, Saxony, Pockau-Lengefeld: Tree trunks lie on several piles in a bare forest area on a ridge in the Ore Mountains. The forest here has been badly affected in recent years not only by drought and bark beetles, but also by several storms. In order to ensure the rapid removal of the felled timber and to prevent the bark beetle from attacking, the loading station in Pockau-Lengefeld was even reactivated in 2020. In 2019 alone, bark beetles in Saxony left behind more than two million cubic metres of damaged wood on several thousand hectares of forest. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061009598

  • 2021年06月09日
    Forestry in the Ore Mountains

    09 June 2021, Saxony, Pockau-Lengefeld: Tree trunks lie on several piles in a bare forest area on a ridge in the Ore Mountains. The forest here has been badly affected in recent years not only by drought and bark beetles, but also by several storms. In order to ensure the rapid removal of the felled timber and to prevent the bark beetle from attacking, the loading station in Pockau-Lengefeld was even reactivated in 2020. In 2019 alone, bark beetles in Saxony left behind more than two million cubic metres of damaged wood on several thousand hectares of forest. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061009562

  • 2021年06月09日
    Landscape in Brandenburg

    09 June 2021, Brandenburg, Zesch am See: View over a pine forest to the small village Zesch am See (aerial view with a drone). Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061012699

  • 2021年06月09日
    (7)渡り鳥の楽園、尕海湿地に子育ての季節甘粛省

    2日、尕海湖にたたずむ国家1級保護動物のオグロヅルとひな。(小型無人機から)中国青海チベット高原北東辺縁部の甘粛省甘南チベット族自治州碌曲(ルチュ)県に位置する尕海(がかい)湿地では、オグロヅルなどが繁殖シーズンに入り、ひながかえる時期を迎えている。同湿地は黄河の主要な支流、洮河(とうが)の水源地で、水を蓄え、水質を浄化する役割も果たしている。生態環境や気候が優れていることから、ここ数年はオグロヅルやナベコウ、オジロワシなど希少な渡り鳥のすみかとなっている。(碌曲=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060904836

  • 2021年06月09日
    (4)造林や生態系の修復で荒れた山を緑化山西省太原市

    2日、太原市の東山地区にある森栖小鎮の一角。(小型無人機から)中国山西省太原市の東山と西山地区は標高が非常に高く、同市の「生態障壁」となっている。両地区はかつて、採石などで植生がひどく破壊されたが、ここ数年、造林と生態系の修復に力を入れ、荒れた山の上に森林公園や観光道路などを建設した。生態環境が脆弱だった両地区は、今では緑豊かな生態文化観光地域になっている。(太原=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060909029

  • 2021年06月09日
    Heiligendamm

    09 June 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Heiligendamm: The “string of pearls“ with the Grand Hotel Heiligendamm (right). The listed building ensemble is gradually being renovated. (Aerial view with a drone /Copter) Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060909036

  • 2021年06月09日
    Heiligendamm

    09 June 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Heiligendamm: The “string of pearls“ with the Grand Hotel Heiligendamm (right). The listed building ensemble is gradually being renovated. (Aerial view with a drone /Copter) Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060909035

  • 2021年06月09日
    (7)造林や生態系の修復で荒れた山を緑化山西省太原市

    3日、太原市万柏林区王封郷に延びる西山観光道路を走る車両。(小型無人機から)中国山西省太原市の東山と西山地区は標高が非常に高く、同市の「生態障壁」となっている。両地区はかつて、採石などで植生がひどく破壊されたが、ここ数年、造林と生態系の修復に力を入れ、荒れた山の上に森林公園や観光道路などを建設した。生態環境が脆弱だった両地区は、今では緑豊かな生態文化観光地域になっている。(太原=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060909042

  • 2021年06月09日
    (3)造林や生態系の修復で荒れた山を緑化山西省太原市

    3日、太原市西山地区の玉泉山郊外森林公園の一角。(小型無人機から)中国山西省太原市の東山と西山地区は標高が非常に高く、同市の「生態障壁」となっている。両地区はかつて、採石などで植生がひどく破壊されたが、ここ数年、造林と生態系の修復に力を入れ、荒れた山の上に森林公園や観光道路などを建設した。生態環境が脆弱だった両地区は、今では緑豊かな生態文化観光地域になっている。(太原=新華社記者/柴婷)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060909012

  • 2021年06月09日
    (3)邯鄲市で小麦の収穫始まる河北省

    7日、河北省邯鄲市成安県にある俊山農機サービス専業合作社の小麦畑で収穫作業を行うコンバイン。(小型無人機から)中国河北省邯鄲(かんたん)市成安県にある俊山農機サービス専業合作社(協同組合)の小麦畑で7日、収穫作業が始まり、コンバインが音を立てて麦を刈り取った。同省内の冬小麦の作付面積は3350万5千ムー(約223万3700ヘクタール)に上り、前年比で45万3千ムー(3万200ヘクタール)増加した。機械による収穫に適した畑は3340万ムー(約222万6700ヘクタール)に達している。(邯鄲=新華社配信/左小同)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060909928

  • 2021年06月09日
    Forest fire risk in Brandenburg

    09 June 2021, Brandenburg, Zesch am See: Radio technology and a camera are mounted on the roof of the fire watch tower “Zesch“ near Wünsdorf by the Brandenburg State Forestry Office (aerial view with a drone). With the rising temperatures, the danger of forest fires has increased in Brandenburg. Two forest fire centers in Wünsdorf (Teltow-Fläming) and Eberswalde (Barnim) monitor what is happening in the state. They are staffed from stage 3. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061014245

  • 2021年06月09日
    Forest fire risk in Brandenburg

    09 June 2021, Brandenburg, Zesch am See: Radio technology and a camera are mounted on the roof of the fire watch tower “Zesch“ near Wünsdorf by the Brandenburg State Forestry Office (aerial view with a drone). With the rising temperatures, the danger of forest fires has increased in Brandenburg. Two forest fire centers in Wünsdorf (Teltow-Fläming) and Eberswalde (Barnim) monitor what is happening in the state. They are staffed from stage 3. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061014246

  • 2021年06月09日
    Forestry in the Ore Mountains

    09 June 2021, Saxony, Pockau-Lengefeld: Tree trunks lie on several piles in a bare forest area on a ridge in the Ore Mountains. The forest here has been badly affected in recent years not only by drought and bark beetles, but also by several storms. In order to ensure the rapid removal of the felled timber and to prevent the bark beetle from attacking, the loading station in Pockau-Lengefeld was even reactivated in 2020. In 2019 alone, bark beetles in Saxony left behind more than two million cubic metres of damaged wood on several thousand hectares of forest. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061009543

  • 2021年06月09日
    Forestry in the Ore Mountains

    09 June 2021, Saxony, Pockau-Lengefeld: Tree trunks lie on several piles in a bare forest area on a ridge in the Ore Mountains. The forest here has been badly affected in recent years not only by drought and bark beetles, but also by several storms. In order to ensure the rapid removal of the felled timber and to prevent the bark beetle from attacking, the loading station in Pockau-Lengefeld was even reactivated in 2020. In 2019 alone, bark beetles in Saxony left behind more than two million cubic metres of damaged wood on several thousand hectares of forest. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061009618

  • 2021年06月09日
    Forestry in the Ore Mountains

    09 June 2021, Saxony, Pockau-Lengefeld: An almost completely bare forest area on a ridge in the Ore Mountains. In recent years, the forest here has been severely affected not only by drought and bark beetles, but also by several storms. In order to ensure the rapid removal of the felled timber and to prevent the bark beetle from attacking, the loading station in Pockau-Lengefeld was even reactivated in 2020. In 2019 alone, bark beetles in Saxony left behind more than two million cubic metres of damaged wood on several thousand hectares of forest. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061009622

  • 2021年06月09日
    Forestry in the Ore Mountains

    09 June 2021, Saxony, Pockau-Lengefeld: Tree trunks lie on several piles in a bare forest area on a ridge in the Ore Mountains. The forest here has been badly affected in recent years not only by drought and bark beetles, but also by several storms. In order to ensure the rapid removal of the felled timber and to prevent the bark beetle from attacking, the loading station in Pockau-Lengefeld was even reactivated in 2020. In 2019 alone, bark beetles in Saxony left behind more than two million cubic metres of damaged wood on several thousand hectares of forest. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061009728

  • 2021年06月09日
    Forestry in the Ore Mountains

    09 June 2021, Saxony, Pockau-Lengefeld: Tree trunks lie on several piles in a bare forest area on a ridge in the Ore Mountains. The forest here has been badly affected in recent years not only by drought and bark beetles, but also by several storms. In order to ensure the rapid removal of the felled timber and to prevent the bark beetle from attacking, the loading station in Pockau-Lengefeld was even reactivated in 2020. In 2019 alone, bark beetles in Saxony left behind more than two million cubic metres of damaged wood on several thousand hectares of forest. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061009730

  • 2021年06月09日
    (2)造林や生態系の修復で荒れた山を緑化山西省太原市

    3日、太原市の西山観光道路。(小型無人機から)中国山西省太原市の東山と西山地区は標高が非常に高く、同市の「生態障壁」となっている。両地区はかつて、採石などで植生がひどく破壊されたが、ここ数年、造林と生態系の修復に力を入れ、荒れた山の上に森林公園や観光道路などを建設した。生態環境が脆弱だった両地区は、今では緑豊かな生態文化観光地域になっている。(太原=新華社記者/柴婷)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060908923

  • 2021年06月09日
    (1)海南自由貿易港の重点産業パーク、江東新区を訪ねて

    4日、江東新区で実施された邁雅河地域の生態修復プロジェクト。(小型無人機から)中国海南省海口市にある江東新区は、海南自由貿易港に11カ所ある重点産業パークの一つで、2018年6月に正式に設立された。同区は海口市の東海岸区域に位置し、東は東寨港から、西は南渡江まで、北は東海岸線に臨み、南は環状高速道路第2期プロジェクトと省道212号に至る。江東新区の計画敷地面積は約298平方キロ、東部の生態機能区と西部の産業・都市融合区に分かれている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060908990

  • 2021年06月09日
    Forestry in the Ore Mountains

    09 June 2021, Saxony, Pockau-Lengefeld: Tree trunks lie on several piles in a bare forest area on a ridge in the Ore Mountains. The forest here has been badly affected in recent years not only by drought and bark beetles, but also by several storms. In order to ensure the rapid removal of the felled timber and to prevent the bark beetle from attacking, the loading station in Pockau-Lengefeld was even reactivated in 2020. In 2019 alone, bark beetles in Saxony left behind more than two million cubic metres of damaged wood on several thousand hectares of forest. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061002910

  • 2021年06月09日
    Forestry in the Ore Mountains

    09 June 2021, Saxony, Pockau-Lengefeld: An almost completely bare forest area on a ridge in the Ore Mountains. In recent years, the forest here has been severely affected not only by drought and bark beetles, but also by several storms. In order to ensure the rapid removal of the felled timber and to prevent the bark beetle from attacking, the loading station in Pockau-Lengefeld was even reactivated in 2020. In 2019 alone, bark beetles in Saxony left behind more than two million cubic metres of damaged wood on several thousand hectares of forest. (Aerial view with drone) Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061002913

  • 01:15.10
    2021年06月09日
    空撮 八幡平・鏡沼に「竜の目」 雪解け時期の名物

    岩手、秋田両県にまたがる八幡平(1613メートル)山頂付近の鏡沼で、雪解け時期名物の「八幡平ドラゴンアイ(竜の目)」が今年も姿を現した。短期間しか見られない貴重な現象で、新型コロナウイルス禍にあっても、大勢の見物客が足を運んでいる。<映像内容>ドローン動画は「ドラゴンアイ」、地上の画は「ドラゴンアイ」の見物に向かう人々、雪の上を歩いて見物に向かう人々、カメラやスマホを向ける人々など、撮影日:2021(令和3)年6月9日、撮影場所:岩手県八幡平

    商品コード: 2021061002973

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...