検索結果 100 件中 1 件 〜 50 件 "ブロック"
  1. 2020060304664

    Florida News - June 1, 2020 June 1, 2020, Florida, USA: Lump crab meat stuffed shrimp at Catch Clean Cook Marketplace and Deli on Alternate A1A in North Palm Beach, Monday, June 1, 2020. (Credit Image: © Joe Forzano/The Palm Beach Post via ZUMA Wire)、クレジット:©Joe Forzano/The Palm Beach Post via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Florida Sun Sentinel Rights OUT 「ZUMA Press」

  2. 2020060304554

    Florida News - June 1, 2020 June 1, 2020, Florida, USA: Lump crab meat stuffed shrimp at Catch Clean Cook Marketplace and Deli on Alternate A1A in North Palm Beach, Monday, June 1, 2020. (Credit Image: © Joe Forzano/The Palm Beach Post via ZUMA Wire)、クレジット:©Joe Forzano/The Palm Beach Post via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Florida Sun Sentinel Rights OUT 「ZUMA Press」

  3. 2020060304444

    Florida News - June 1, 2020 June 1, 2020, Florida, USA: Lump crab meat stuffed shrimp at Catch Clean Cook Marketplace and Deli on Alternate A1A in North Palm Beach, Monday, June 1, 2020. (Credit Image: © Joe Forzano/The Palm Beach Post via ZUMA Wire)、クレジット:©Joe Forzano/The Palm Beach Post via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Florida Sun Sentinel Rights OUT 「ZUMA Press」

  4. 2020060304541

    Florida News - June 1, 2020 June 1, 2020, Florida, USA: Lump crab meat stuffed shrimp at Catch Clean Cook Marketplace and Deli on Alternate A1A in North Palm Beach, Monday, June 1, 2020. (Credit Image: © Joe Forzano/The Palm Beach Post via ZUMA Wire)、クレジット:©Joe Forzano/The Palm Beach Post via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Florida Sun Sentinel Rights OUT 「ZUMA Press」

  5. 2020060209194

    かつての荒地が「森林都市」に様変わりした陝西省楡林市  24日、楡林市内の公園を自転車で走る市民。ムウス砂漠の南端にある中国陝西省楡林市は、2017年4月から市街区域の100万ムー(約6万7千ヘクタール)に及ぶ生態圏と市を囲む防護林ベルトの構築に乗り出し、荒れ山・荒地・荒れた砂漠、耕作放棄地、耕作不適地、遊休土地で造林・緑化を行い、低効率の林の改善・改造を実施。19年11月に「国家森林都市」の称号を獲得した。かつてはむき出しだった区域内の土地は全面的に緑化され、都市と周辺地域は緑が生い茂り、「塞上(北辺の地)の森林都市」の美しい風景が形成されている。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020060209180

    かつての荒地が「森林都市」に様変わりした陝西省楡林市  24日、楡林市の河浜公園。(小型無人機から)ムウス砂漠の南端にある中国陝西省楡林市は、2017年4月から市街区域の100万ムー(約6万7千ヘクタール)に及ぶ生態圏と市を囲む防護林ベルトの構築に乗り出し、荒れ山・荒地・荒れた砂漠、耕作放棄地、耕作不適地、遊休土地で造林・緑化を行い、低効率の林の改善・改造を実施。19年11月に「国家森林都市」の称号を獲得した。かつてはむき出しだった区域内の土地は全面的に緑化され、都市と周辺地域は緑が生い茂り、「塞上(北辺の地)の森林都市」の美しい風景が形成されている。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020052104427

    伝統的な鍛造技術が生み出すミャオ族の銀細工湖南省鳳凰県  14日、湖南省鳳凰県にあるミャオ族の銀鍛造技術伝習所で、銀の塊を金づちでたたく姜華さん。中国の国家無形文化遺産に登録されているミャオ族の銀鍛造技術は、工程が複雑で一つの作品を作るのに10以上の工程を経る。貴州省出身の姜華(きょう・か)さん(35)は2006年に初めて銀細工に触れ、15年から湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州鳳凰県の伝習所でミャオ族の銀鍛造技術を本格的に学んでいる。姜さんは現在、習得した技術を生かし、銀細工の制作で1年に8万元(1元=約15円)の収入を得ている。(長沙=新華社記者/周勉)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020052601929

    「塩の都」寿光市で新たな塩業遺跡、唐・宋時代の空白埋める可能性  13日、寿光侯辛荘東北遺跡から出土した鉄片や鉄塊、石灰、石灰石、灰緑色のスラグ、破砕れんがなど。「中国の塩の都」として知られる山東省寿光市には、古代の塩業遺跡が数多く発見されている。4月に発掘が始まった寿光侯辛荘北東遺跡は、現時点で唐・宋時代の塩業遺跡と判断されており、山東省北部で同時代の塩業考古学の空白を埋めることが期待されている。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020052601883

    「塩の都」寿光市で新たな塩業遺跡、唐・宋時代の空白埋める可能性  13日、寿光侯辛荘東北遺跡から出土した鉄片や鉄塊、石灰、石灰石、灰緑色のスラグ、破砕れんがなど。「中国の塩の都」として知られる山東省寿光市には、古代の塩業遺跡が数多く発見されている。4月に発掘が始まった寿光侯辛荘北東遺跡は、現時点で唐・宋時代の塩業遺跡と判断されており、山東省北部で同時代の塩業考古学の空白を埋めることが期待されている。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020052001528

    歴史文化街区「五大道」の夜に明るさ戻る夜間経済復活へ天津市  11日、五大道の中央部にある「民園広場」の地下商店街「民園市集」で買い物を楽しむ観光客。新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着きを見せる中、中国天津市では「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」が徐々に回復しつつある。市内の各繁華街では、感染防止対策を十分に講じることを前提に多くの店が営業を再開。観光名所となっている歴史文化街区「五大道」の夜市も再開し、人通りが増え、にぎわいが戻りつつある。五大道は市の中心部にあり、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の通りを中心とするエリアの総称。(天津=新華社配信/劉惟真)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020052001512

    歴史文化街区「五大道」の夜に明るさ戻る夜間経済復活へ天津市  11日、五大道の夜市で屋台料理を作る店の主人。新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着きを見せる中、中国天津市では「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」が徐々に回復しつつある。市内の各繁華街では、感染防止対策を十分に講じることを前提に多くの店が営業を再開。観光名所となっている歴史文化街区「五大道」の夜市も再開し、人通りが増え、にぎわいが戻りつつある。五大道は市の中心部にあり、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の通りを中心とするエリアの総称。(天津=新華社配信/劉惟真)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020052001523

    歴史文化街区「五大道」の夜に明るさ戻る夜間経済復活へ天津市  11日、五大道の中央部にある「民園広場」。新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着きを見せる中、中国天津市では「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」が徐々に回復しつつある。市内の各繁華街では、感染防止対策を十分に講じることを前提に多くの店が営業を再開。観光名所となっている歴史文化街区「五大道」の夜市も再開し、人通りが増え、にぎわいが戻りつつある。五大道は市の中心部にあり、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の通りを中心とするエリアの総称。(天津=新華社配信/劉惟真)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020052001542

    歴史文化街区「五大道」の夜に明るさ戻る夜間経済復活へ天津市  11日、五大道の中央部にある「民園広場」。新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着きを見せる中、中国天津市では「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」が徐々に回復しつつある。市内の各繁華街では、感染防止対策を十分に講じることを前提に多くの店が営業を再開。観光名所となっている歴史文化街区「五大道」の夜市も再開し、人通りが増え、にぎわいが戻りつつある。五大道は市の中心部にあり、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の通りを中心とするエリアの総称。(天津=新華社配信/劉惟真)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020052001536

    歴史文化街区「五大道」の夜に明るさ戻る夜間経済復活へ天津市  11日、多くの市民や観光客でにぎわう五大道の夜市。新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着きを見せる中、中国天津市では「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」が徐々に回復しつつある。市内の各繁華街では、感染防止対策を十分に講じることを前提に多くの店が営業を再開。観光名所となっている歴史文化街区「五大道」の夜市も再開し、人通りが増え、にぎわいが戻りつつある。五大道は市の中心部にあり、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の通りを中心とするエリアの総称。(天津=新華社配信/劉惟真)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020052001524

    歴史文化街区「五大道」の夜に明るさ戻る夜間経済復活へ天津市  11日、五大道の中央部にある「民園広場」は多くの市民や観光客でにぎわっている。新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着きを見せる中、中国天津市では「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」が徐々に回復しつつある。市内の各繁華街では、感染防止対策を十分に講じることを前提に多くの店が営業を再開。観光名所となっている歴史文化街区「五大道」の夜市も再開し、人通りが増え、にぎわいが戻りつつある。五大道は市の中心部にあり、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の通りを中心とするエリアの総称。(天津=新華社配信/劉惟真)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020050104657

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日に撮影した張紹曽(ちょう・しょうそ)旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020050104601

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日に撮影した李勉之(り・べんし)旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020050104604

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日、北洋政府の総統、徐世昌(じょ・せいしょう)の娘の旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020050104616

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日に撮影した雍剣秋(よう・けんしゅう)旧宅。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020050104611

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日に撮影した呉頌平(ご・しょうへい)旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020050104598

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日に撮影した張学銘(ちょう・がくめい)旧宅。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020050104637

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日に撮影した疙瘩楼。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020050104639

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日に撮影した陳光遠(ちん・こうえん)旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020050104648

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日、徐樹強(じょ・しゅきょう)旧宅。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020050104772

    1800年の歴史伝える忻州古城を訪ねて山西省  21日、忻州古城にある秀容書院の正門。中国山西省忻州(きんしゅう)市の南東に位置する忻州古城は、後漢の建安20(215)年に建設が始まり、1800年余りの歴史を持つ。また、「秀容古城」とも称され、遺産の保護、文化の展示、観光・レジャーを一体化した特色ある歴史文化街区エリアを形成している。同市は2017年に古城の保護・再開発プロジェクトをスタート。2018年には陝西省礼泉(れいせん)県煙霞(えんか)鎮袁家村と協力し、文化観光産業に着目、各産業の融合と発展を推し進めた。現在、秀容書院、城門楼、城墻、泰山廟、関帝廟などの代表的な観光スポットの保護・修復作業がすでに完了しているという。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020050104776

    1800年の歴史伝える忻州古城を訪ねて山西省  21日、忻州古城の秀容書院からの眺め。中国山西省忻州(きんしゅう)市の南東に位置する忻州古城は、後漢の建安20(215)年に建設が始まり、1800年余りの歴史を持つ。また、「秀容古城」とも称され、遺産の保護、文化の展示、観光・レジャーを一体化した特色ある歴史文化街区エリアを形成している。同市は2017年に古城の保護・再開発プロジェクトをスタート。2018年には陝西省礼泉(れいせん)県煙霞(えんか)鎮袁家村と協力し、文化観光産業に着目、各産業の融合と発展を推し進めた。現在、秀容書院、城門楼、城墻、泰山廟、関帝廟などの代表的な観光スポットの保護・修復作業がすでに完了しているという。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020050104777

    1800年の歴史伝える忻州古城を訪ねて山西省  21日、忻州古城の路地裏の夜景。中国山西省忻州(きんしゅう)市の南東に位置する忻州古城は、後漢の建安20(215)年に建設が始まり、1800年余りの歴史を持つ。また、「秀容古城」とも称され、遺産の保護、文化の展示、観光・レジャーを一体化した特色ある歴史文化街区エリアを形成している。同市は2017年に古城の保護・再開発プロジェクトをスタート。2018年には陝西省礼泉(れいせん)県煙霞(えんか)鎮袁家村と協力し、文化観光産業に着目、各産業の融合と発展を推し進めた。現在、秀容書院、城門楼、城墻、泰山廟、関帝廟などの代表的な観光スポットの保護・修復作業がすでに完了しているという。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020050104768

    1800年の歴史伝える忻州古城を訪ねて山西省  21日、泰山廟の裏手にある路地裏の夜景。中国山西省忻州(きんしゅう)市の南東に位置する忻州古城は、後漢の建安20(215)年に建設が始まり、1800年余りの歴史を持つ。また、「秀容古城」とも称され、遺産の保護、文化の展示、観光・レジャーを一体化した特色ある歴史文化街区エリアを形成している。同市は2017年に古城の保護・再開発プロジェクトをスタート。2018年には陝西省礼泉(れいせん)県煙霞(えんか)鎮袁家村と協力し、文化観光産業に着目、各産業の融合と発展を推し進めた。現在、秀容書院、城門楼、城墻、泰山廟、関帝廟などの代表的な観光スポットの保護・修復作業がすでに完了しているという。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020050104770

    1800年の歴史伝える忻州古城を訪ねて山西省  21日、忻州古城の泰山廟。中国山西省忻州(きんしゅう)市の南東に位置する忻州古城は、後漢の建安20(215)年に建設が始まり、1800年余りの歴史を持つ。また、「秀容古城」とも称され、遺産の保護、文化の展示、観光・レジャーを一体化した特色ある歴史文化街区エリアを形成している。同市は2017年に古城の保護・再開発プロジェクトをスタート。2018年には陝西省礼泉(れいせん)県煙霞(えんか)鎮袁家村と協力し、文化観光産業に着目、各産業の融合と発展を推し進めた。現在、秀容書院、城門楼、城墻、泰山廟、関帝廟などの代表的な観光スポットの保護・修復作業がすでに完了しているという。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020050104803

    1800年の歴史伝える忻州古城を訪ねて山西省  21日、古城内にある伝統演劇舞台、古戯台。中国山西省忻州(きんしゅう)市の南東に位置する忻州古城は、後漢の建安20(215)年に建設が始まり、1800年余りの歴史を持つ。また、「秀容古城」とも称され、遺産の保護、文化の展示、観光・レジャーを一体化した特色ある歴史文化街区エリアを形成している。同市は2017年に古城の保護・再開発プロジェクトをスタート。2018年には陝西省礼泉(れいせん)県煙霞(えんか)鎮袁家村と協力し、文化観光産業に着目、各産業の融合と発展を推し進めた。現在、秀容書院、城門楼、城墻、泰山廟、関帝廟などの代表的な観光スポットの保護・修復作業がすでに完了しているという。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020050104794

    1800年の歴史伝える忻州古城を訪ねて山西省  21日、忻州古城にある南城門楼。中国山西省忻州(きんしゅう)市の南東に位置する忻州古城は、後漢の建安20(215)年に建設が始まり、1800年余りの歴史を持つ。また、「秀容古城」とも称され、遺産の保護、文化の展示、観光・レジャーを一体化した特色ある歴史文化街区エリアを形成している。同市は2017年に古城の保護・再開発プロジェクトをスタート。2018年には陝西省礼泉(れいせん)県煙霞(えんか)鎮袁家村と協力し、文化観光産業に着目、各産業の融合と発展を推し進めた。現在、秀容書院、城門楼、城墻、泰山廟、関帝廟などの代表的な観光スポットの保護・修復作業がすでに完了しているという。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020042800926

    Berlin - Siemens City 17 April 2020, Berlin: The block of flats of Hans Scharoun, also known as “Panzerkreuzer“, in Siemensstadt on Jungfernheideweg. In July 2008, the large housing estate Siemensstadt was included in the UNESCO list of World Heritage Sites as one of six housing estates of the Berlin Modernism movement. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  33. 2020042904875

    Berlin - Siemens City 17 April 2020, Berlin: On a balcony of a block of flats in Popitzweg green plants are growing. In July 2008, the large housing estate Siemensstadt was included in the UNESCO list of World Heritage Sites as one of six housing estates of Berlin Modernism. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  34. 2020042904872

    Berlin - Siemens City 17 April 2020, Berlin: A block of flats by Hans Scharoun in Siemensstadt in the Mäckeritzstraße. In July 2008, the large housing estate Siemensstadt was included in the UNESCO list of World Heritage Sites as one of six housing estates of the Berlin Modernism. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  35. 2020042904815

    Berlin - Siemens City 17 April 2020, Berlin: On a balcony of a block of flats in Popitzweg green plants are growing. In July 2008, the large housing estate Siemensstadt was included in the UNESCO list of World Heritage Sites as one of six housing estates of Berlin Modernism. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  36. 2020042904816

    Berlin - Siemens City 17 April 2020, Berlin: A block of flats by Hans Scharoun in Siemensstadt in the Mäckeritzstraße. In July 2008, the large housing estate Siemensstadt was included in the UNESCO list of World Heritage Sites as one of six housing estates of the Berlin Modernism. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  37. 2020051103213

    江口沈銀遺跡で「蜀世子宝」金印が出土四川省眉山市  15日、江口沈銀遺跡の川底から出土した「蜀世子宝」金印。上部の塊は亀の形の印紐(いんちゅう)で甲羅の彫刻がはっきり見て取れる。中国四川省眉山市彭山区は29日、記者会見を開き、同区の江口沈銀遺跡で2019~20年度に実施した考古発掘調査で、金銀器を中心とする1万点余りの遺物が出土したと発表した。うち「蜀世子宝」と記された金印は、国内で初めて見つかった世子の金印だという。世子は明清時代の世襲親王の嫡男を指す。(眉山=新華社記者/童芳)=2020(令和2)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020041701887

    活気を取り戻しつつある「泉の街」の観光地山東省済南市  13日、営業を再開した百花洲歴史文化街区の屋台で、漬物を買い求める人たち。悠久の歴史を持ち、「泉の街」として知られる中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区およびその周辺の曲水亭街、后宰門街、軲轆把子街などの旧市街ではこのところ、一般公開が秩序的に再開されている。通り沿いにある店なども新型コロナウイルスの予防・抑制対策をしっかり行う前提の下で、続々と営業を再開している。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020041701989

    活気を取り戻しつつある「泉の街」の観光地山東省済南市  13日、百花洲歴史文化街区の一角でくつろぐ市民。悠久の歴史を持ち、「泉の街」として知られる中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区およびその周辺の曲水亭街、后宰門街、軲轆把子街などの旧市街ではこのところ、一般公開が秩序的に再開されている。通り沿いにある店なども新型コロナウイルスの予防・抑制対策をしっかり行う前提の下で、続々と営業を再開している。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020041701984

    活気を取り戻しつつある「泉の街」の観光地山東省済南市  13日、百花洲歴史文化街区の付近にある観光スポット、曲水亭街の道沿いに立ち並ぶ店。悠久の歴史を持ち、「泉の街」として知られる中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区およびその周辺の曲水亭街、后宰門街、軲轆把子街などの旧市街ではこのところ、一般公開が秩序的に再開されている。通り沿いにある店なども新型コロナウイルスの予防・抑制対策をしっかり行う前提の下で、続々と営業を再開している。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020041701899

    活気を取り戻しつつある「泉の街」の観光地山東省済南市  13日、春らしい風景が広がる百花洲歴史文化街区の一角。悠久の歴史を持ち、「泉の街」として知られる中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区およびその周辺の曲水亭街、后宰門街、軲轆把子街などの旧市街ではこのところ、一般公開が秩序的に再開されている。通り沿いにある店なども新型コロナウイルスの予防・抑制対策をしっかり行う前提の下で、続々と営業を再開している。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020041701987

    活気を取り戻しつつある「泉の街」の観光地山東省済南市  13日、春らしい風景が広がる百花洲歴史文化街区の一角。悠久の歴史を持ち、「泉の街」として知られる中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区およびその周辺の曲水亭街、后宰門街、軲轆把子街などの旧市街ではこのところ、一般公開が秩序的に再開されている。通り沿いにある店なども新型コロナウイルスの予防・抑制対策をしっかり行う前提の下で、続々と営業を再開している。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020041701978

    活気を取り戻しつつある「泉の街」の観光地山東省済南市  13日、春の息吹に包まれた百花洲歴史文化街区。悠久の歴史を持ち、「泉の街」として知られる中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区およびその周辺の曲水亭街、后宰門街、軲轆把子街などの旧市街ではこのところ、一般公開が秩序的に再開されている。通り沿いにある店なども新型コロナウイルスの予防・抑制対策をしっかり行う前提の下で、続々と営業を再開している。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020041701906

    活気を取り戻しつつある「泉の街」の観光地山東省済南市  13日、百花洲歴史文化街区の一角でくつろぐ市民。悠久の歴史を持ち、「泉の街」として知られる中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区およびその周辺の曲水亭街、后宰門街、軲轆把子街などの旧市街ではこのところ、一般公開が秩序的に再開されている。通り沿いにある店なども新型コロナウイルスの予防・抑制対策をしっかり行う前提の下で、続々と営業を再開している。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020041701913

    活気を取り戻しつつある「泉の街」の観光地山東省済南市  13日、百花洲歴史文化街区の一角で写真を撮る観光客。悠久の歴史を持ち、「泉の街」として知られる中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区およびその周辺の曲水亭街、后宰門街、軲轆把子街などの旧市街ではこのところ、一般公開が秩序的に再開されている。通り沿いにある店なども新型コロナウイルスの予防・抑制対策をしっかり行う前提の下で、続々と営業を再開している。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020041701980

    活気を取り戻しつつある「泉の街」の観光地山東省済南市  13日、百花洲歴史文化街区の一角でくつろぐ市民。悠久の歴史を持ち、「泉の街」として知られる中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区およびその周辺の曲水亭街、后宰門街、軲轆把子街などの旧市街ではこのところ、一般公開が秩序的に再開されている。通り沿いにある店なども新型コロナウイルスの予防・抑制対策をしっかり行う前提の下で、続々と営業を再開している。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020041701944

    活気を取り戻しつつある「泉の街」の観光地山東省済南市  13日、百花洲歴史文化街区を散策する市民。悠久の歴史を持ち、「泉の街」として知られる中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区およびその周辺の曲水亭街、后宰門街、軲轆把子街などの旧市街ではこのところ、一般公開が秩序的に再開されている。通り沿いにある店なども新型コロナウイルスの予防・抑制対策をしっかり行う前提の下で、続々と営業を再開している。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020042708989

    広州市のアフリカ系住民が最前線で対策に協力感染への理解深まり  社区職員と共に外国人の隔離経過観察サービスを行うナイジェリア人のチケさん。(4月10日撮影)中国広東省広州市ではこのところ、中国の新型コロナウイルス感染対策への理解を深めたアフリカ系住民が、感染の封じ込めに積極的に協力している。現在、同市白雲区の多くの街道(区の下の行政区画)で外国人ボランティアチームが設立されており、大まかな統計では、84人の外国人ボランティアが登録されている。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020042708944

    広州市のアフリカ系住民が最前線で対策に協力感染への理解深まり  広東省広州市の社区サービスステーションで外国人にサービスを提供するコンゴ共和国のジャネルさん。(4月10日撮影)中国広東省広州市ではこのところ、中国の新型コロナウイルス感染対策への理解を深めたアフリカ系住民が、感染の封じ込めに積極的に協力している。現在、同市白雲区の多くの街道(区の下の行政区画)で外国人ボランティアチームが設立されており、大まかな統計では、84人の外国人ボランティアが登録されている。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020042709036

    広州市のアフリカ系住民が最前線で対策に協力感染への理解深まり  20日、ボランティアチームのベストを着用し、社区内に住むフランス人とフランス語で交流するカメルーン人留学生のアルベルティーニさん(中央)。(4月10日撮影)中国広東省広州市ではこのところ、中国の新型コロナウイルス感染対策への理解を深めたアフリカ系住民が、感染の封じ込めに積極的に協力している。現在、同市白雲区の多くの街道(区の下の行政区画)で外国人ボランティアチームが設立されており、大まかな統計では、84人の外国人ボランティアが登録されている。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像