検索結果 93 件中 1 件 〜 50 件 "open"
  1. 2019122001000

    「新華社」 河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて  11日、雲頂スキー公園競技場。(小型無人機から)記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019122000947

    「新華社」 河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて  11日、雲頂スキー公園競技場。(小型無人機から)記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019122000948

    「新華社」 河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて  10日、北京冬季五輪・パラリンピックの張家口選手村。(小型無人機から)記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019122000952

    「新華社」 河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて  10日、国家スキージャンプセンター「雪如意」。(小型無人機から)記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019122001015

    「新華社」 河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて  10日、国家スキージャンプセンター「雪如意」。(小型無人機から)記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019122000955

    「新華社」 河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて  10日、国家スキージャンプセンター「雪如意」。(小型無人機から)記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019122000954

    「新華社」 河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて  10日、北京と張家口を結ぶ京張高速鉄道の太子城駅と「太子城氷雪小鎮」。(小型無人機から)記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019110500378

    「新華社」 オーストロネシア語族に関する両岸考古学研究拠点、福建省平潭に開設  10月29日、平潭にある福建省沿海部で最も古い新石器時代の遺跡「殻丘頭遺跡」。1958年に発見された。オーストロネシア語族の起源において平潭が重要な地位にあることを示している。(小型無人機から)海峡両岸(中国の大陸と台湾地区)オーストロネシア語族考古教学実習基地が10月29日、福建省福州市にある平潭(へいたん)総合実験区でオープンした。両岸による、オーストロネシア語族の台湾地区に関わる研究と教育、学術交流、研究成果の普及応用の拠点となる。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019110500733

    「新華社」 華清宮遺跡で土を突き固めて造られた建物の土台跡見つかる西安市  2日、空から見た華清宮朝元閣遺跡の全景。陝西(せんせい)省考古研究院は10日、考古学スタッフがこのほど同省西安市郊外に位置する唐代の離宮、華清宮(かせいきゅう)にある宮殿、朝元閣遺跡で発掘調査を行ったところ、土を突き固めて造られた大型建物の土台跡を発見し、その際に火焚(ひたき)の跡や支柱、整然と並んだ石柱の土台および蓮の花の模様が入った瓦当(がとう、軒丸瓦の先端の円形部分をいう)などが出土したと発表した。朝元閣は同省西安市臨潼区の驪山(りざん)の頂上にあり、天宝2年(743年)に建てられた。(西安=新華社配信/陝西省考古研究院提供)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:陝西省考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019110500808

    「新華社」 華清宮遺跡で土を突き固めて造られた建物の土台跡見つかる西安市  2日、空から見た華清宮朝元閣遺跡の全景。陝西(せんせい)省考古研究院は10日、考古学スタッフがこのほど同省西安市郊外に位置する唐代の離宮、華清宮(かせいきゅう)にある宮殿、朝元閣遺跡で発掘調査を行ったところ、土を突き固めて造られた大型建物の土台跡を発見し、その際に火焚(ひたき)の跡や支柱、整然と並んだ石柱の土台および蓮の花の模様が入った瓦当(がとう、軒丸瓦の先端の円形部分をいう)などが出土したと発表した。朝元閣は同省西安市臨潼区の驪山(りざん)の頂上にあり、天宝2年(743年)に建てられた。(西安=新華社配信/陝西省考古研究院提供)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:陝西省考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019081407096

    「新華社」 千年の古村に省内グルメが大集合江西省安義県  8日、江西省安義県水南村の全景。(小型無人機から)中国江西省安義県水南村は千年の歴史を持つ古村として知られる。地元政府は2017年、古民家と観光、グルメを組み合わせた総合計画による整備を実施し、古村に新たな活力をもたらした。今月には安義古村群風景区に「水南江西小吃(シャオチー)街」がオープン。省内11都市の小吃76種類を集めた百店余りの店舗が軒を連ね、伝統グルメや古村の美しい景観を楽しむために訪れた大勢の観光客で連日賑わっている。(安義=新華社記者/江宏景)=2019(令和元)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019081407125

    「新華社」 千年の古村に省内グルメが大集合江西省安義県  8日、江西省安義県水南村の水南江西小吃街。(小型無人機から)中国江西省安義県水南村は千年の歴史を持つ古村として知られる。地元政府は2017年、古民家と観光、グルメを組み合わせた総合計画による整備を実施し、古村に新たな活力をもたらした。今月には安義古村群風景区に「水南江西小吃(シャオチー)街」がオープン。省内11都市の小吃76種類を集めた百店余りの店舗が軒を連ね、伝統グルメや古村の美しい景観を楽しむために訪れた大勢の観光客で連日賑わっている。(安義=新華社記者/江宏景)=2019(令和元)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019080211155

    「新華社」 成都の東華門遺跡、唐代の御苑「摩訶池」の調査進む四川省  上空から見た東華門遺跡の発掘エリア。(資料写真、小型無人機から)中国四川省成都市で22日、成都都市考古学研究会が開かれ、市の中心部で近年調査が進む東華門遺跡のこれまでの発掘成果や最新の調査状況が紹介された。遺跡で見つかった「摩訶(まか)池」は隋代(6世紀末~7世紀初め)に建設が始まり、約600年後の宋代に至るまで整備が続けられた。唐代には皇室所有の「皇家園林」とされ、詩人の杜甫(とほ)も訪れた。同遺構は2014年にその一部が見つかった後も断続的な発掘調査が行われており、これまでの調査で歩道や庭園建築、用水路、井戸、小さな池などが見つかり、大量の陶磁器や建築部材が出土している。(成都=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=撮影日不明、クレジット:成都文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019072403299

    交通規制テスト、渋滞発生  都心方向の開放レーン(右側)の数が減らされた東名高速東京料金所=24日午前8時32分(共同通信社ヘリから)

  15. 2019072403297

    交通規制テスト、渋滞発生  東京五輪に向けた交通規制テストで、開放数が制限された東北自動車道の浦和本線料金所=24日午前8時55分(共同通信社ヘリから)

  16. 2019071006087

    「新華社」 成都中心部で新たな明代王府跡見つかる四川省  正府街遺跡で見つかった唐宋時代の大型建築遺構。(6月25日撮影、小型無人機から)中国四川省の成都文物考古研究院は26日、成都市中心部で昨年新たに明代の王府跡「正府街遺跡」を発見したと発表した。今回の発見は蜀王府と内江郡王府の発見に継ぐもので、晩唐から南宋時代にかけての大型建築遺構も確認されたことも併せて明らかにした。(成都=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2019(令和元)年6月25日、クレジット:成都文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019070100514

    「新華社」 空から見た大連市遼寧省  20日、南山観光風情街の上空から見た大連市の日没。(小型無人機から)中国東北部で重要な港湾、貿易、観光都市の遼寧省大連市は、海の恵みで発展した都市であり、美しい自然と開放的な人的文化的環境が独特の魅力を育んだ。上空から見る街は活力に溢れ、現代的な輝きを放っている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019070100542

    「新華社」 空から見た大連市遼寧省  19日、上空から見た大連市人民広場とその周辺。(小型無人機から)中国東北部で重要な港湾、貿易、観光都市の遼寧省大連市は、海の恵みで発展した都市であり、美しい自然と開放的な人的文化的環境が独特の魅力を育んだ。上空から見る街は活力に溢れ、現代的な輝きを放っている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019070100634

    「新華社」 空から見た大連市遼寧省  15日、上空から見た大連市黒石礁地区。(小型無人機から)中国東北部で重要な港湾、貿易、観光都市の遼寧省大連市は、海の恵みで発展した都市であり、美しい自然と開放的な人的文化的環境が独特の魅力を育んだ。上空から見る街は活力に溢れ、現代的な輝きを放っている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019070100564

    「新華社」 空から見た大連市遼寧省  上空から見た大連市東港周辺。(6月7日撮影、小型無人機から)中国東北部で重要な港湾、貿易、観光都市の遼寧省大連市は、海の恵みで発展した都市であり、美しい自然と開放的な人的文化的環境が独特の魅力を育んだ。上空から見る街は活力に溢れ、現代的な輝きを放っている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019060402922

    「新華社」 綏芬河流域で新たに遺跡18カ所を発見黒竜江省  上空から見た綏芬河流域。(資料写真)中国黒竜江省文物考古研究所はこのほど、綏芬河(すいふんが)流域で新たに遺跡18カ所を発見したことを明らかにした。遺跡の年代は、旧・新石器時代、青銅器時代、鉄器時代初期から遼、金、元、明、清代まで広い範囲に及ぶという。黒竜江省南東部に位置する綏芬河は、主に綏芬河市と東寧市が管轄する区域を流れ、ロシアを経由して日本海に注ぐ。東北アジアの重要河川の一つとされている。(ハルビン=新華社配信/黒竜江省文物考古研究所提供)=撮影日不明、クレジット:黒竜江省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019061403795

    「新華社」 合肥市で北宋時代の家族墓群見つかる安徽省  M1号墓の発掘現場。(5月20日撮影、小型無人機から)中国安徽省合肥市長豊県でこのほど、13基の墓からなる比較的規模の大きい北宋時代の家族墓群が見つかった。木製漆器や磁器、金・銀器など文化財51点(組)が出土しており、北宋史の研究で重要な意義を持つという。考古スタッフが現在、緊急発掘調査を行っている。(合肥=新華社配信/安徽省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年5月23日、クレジット:安徽省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019061403798

    「新華社」 合肥市で北宋時代の家族墓群見つかる安徽省  M1号墓の発掘現場。(5月20日撮影、小型無人機から)中国安徽省合肥市長豊県でこのほど、13基の墓からなる比較的規模の大きい北宋時代の家族墓群が見つかった。木製漆器や磁器、金・銀器など文化財51点(組)が出土しており、北宋史の研究で重要な意義を持つという。考古スタッフが現在、緊急発掘調査を行っている。(合肥=新華社配信/安徽省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:安徽省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019051603863

    「新華社」 【CDAC】緑道散策で自然に親しむ市民福建省福州市  12日、空から見た福州市大腹山山地歩道。(小型無人機から)中国福建省福州市はここ数年、山や川に恵まれた町としての優位性を十分に生かし、山林や公園緑地、開放空間などを整備するとともに、金牛山都市森林歩道(福道)をはじめとする都市緑道システムの構築を進めてきた。同市はここ3年で、市レベルの緑道計155・9キロを建設した。市内を縦横無尽に走る都市緑道によって市民の生活圏が広がり、質の高い公共空間を気軽に利用できるようになったことで、人と自然の共生が実現した。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019071006082

    「新華社」 成都中心部で新たな明代王府跡見つかる四川省  空から見た正府街遺跡の発掘現場。(4月23日撮影、小型無人機から)中国四川省の成都文物考古研究院は26日、成都市中心部で昨年新たに明代の王府跡「正府街遺跡」を発見したと発表した。今回の発見は蜀王府と内江郡王府の発見に継ぐもので、晩唐から南宋時代にかけての大型建築遺構も確認されたことも併せて明らかにした。(成都=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2019(平成31)年4月23日、クレジット:成都文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019032902262

    「新華社」 「花」を通して農村振興を支援四川省  22日、綿陽(めんよう)市安州(あんしゅう)区楽興(がくきょう)鎮八角村の黄金色の菜の花や緑の麦畑、民家、道路、川などが描き出す美しい景色。(小型無人機から)3月後半を迎えた中国四川省の各地では、黄金色の菜の花、真っ白な梨の花が咲き、緑色の小麦畑、民家や道路などと相まって、美しい農村の風景をなしている。花は景色を楽しむ多くの観光客を呼び寄せるだけでなく、村民に新たな増収の道筋を提供している。同省各地が近年、「農業+生態+観光」などのモデルを通じ、「農業パーク化、農業・観光一体化」の発展思考に基づいて、生態観光レジャー目的地の開発を実施。インフラとサービスのレベルを引き上げ、農業と生態、観光などの産業融合を積極的に進め、「花」を媒体として美しい農村建設による経済効果の増強、農村振興の支援に取り組んでいる。(成都=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019031800367

    「新華社」 1日の出入国者延べ4万9千人以上雲南省瑞麗市  10日、瑞麗市の様子。(小型無人機から)中国雲南省南部、ミヤンマーとの国境に位置する瑞麗(ずいれい)市は、1978年に一級口岸(国境貿易通関地)が設置され、2010年には国家重点開発開放試験区に指定された。現在でも「一帯一路」構想における中国・ミヤンマー貿易最大の通商都市となるべく発展を続けている。同市国境検問所指揮センターの責任者、彭磊(ほう・らい)氏は14日、取材に対し「国家重点開発開放試験区に指定されて以降、国境エリアの人的往来は日増しに増えている。現在の1日の通関者数は延べ4万9千人を超え、商人や出稼ぎ労働者として市内に滞在するミャンマー人は5万人以上に上る」と述べた。(瑞麗=新華社記者/秦晴)=2019(平成31)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019020519438

    「新華社」 春の訪れ前に花ざかり雲南省盈江県  1月28日、空から見た花をあしらったクジャクの巨大オブジェ。(小型無人機から)春節(旧正月)を目前に控え、中国とミャンマーの境に位置する「雲南・盈江(えいこう)国家湿地公園」では可愛らしい花が咲き誇り、ネットで話題の池に架かる橋や花の迷宮、ブーゲンビリアの花園などが全国各地から訪れる観光客を迎え入れる。同園は旧暦の1月1日(2019年は2月5日)にオープン予定で、春節期間中、雲南省徳宏タイ族チンポー族自治州の盈江県ではモトクロス全国大会、伝統的なタイ劇(雲南省徳宏タイ族チンポー族自治州の地方伝統演劇)の公演および熱気球体験などのイベントが開催される。(盈江=新華社配信/朱辺勇)=2019(平成31)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019012301330

    「新華社」 第25回自貢国際恐竜ランタンフェスが開幕四川省自貢市  中国の伝統的なちょうちんを模した高さ25メートル、直径19メートルのランタン。(小型無人機から)春節(旧正月)を前に、中国四川省自貢市の彩灯公園で21日夜、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルが始まり、来場者をきらびやかなランタン芸術の宴にいざなっている。同フェスの来場者はここ20年間、毎回約200万人を数える。また、同市のランタンは中国の500以上の都市や世界の60以上の国や地域で展示されてきた。(自貢=新華社配信/自貢ランタンフェスティバル提供)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:自貢ランタンフェスティバル/新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019010812266

    「新華社」 陝西省劉家窪遺跡、芮国後期の都城跡と認定  陝西省澄城劉家窪遺跡の墓地発掘現場。(資料写真、小型無人機から)中国陝西省考古研究院の職員はこのほど、澄城(ちょうじょう)県劉家窪(りゅうかわ)遺跡での2年間の発掘調査により、同遺跡が西周から春秋時代の諸侯国、芮(ぜい)国後期の都城跡と認定されたことを明らかにした。芮国後期の考古学上の空白を埋める発見だという。芮国については、後世に伝わる文献資料でも簡潔な記述があったにすぎなかったが、同省韓城市梁帯村で2005年に芮国遺跡が発見されたことで、その研究に弾みがついた。劉家窪遺跡は、周代に陝西省関中地域東部で存在した諸侯国の興亡や北部の他民族との交流、政治情勢の変遷、人びとの流動状況、地方統治の模式を研究する上で、梁帯村遺跡に続く重要な資料となる。(西安=新華社配信/陝西省考古研究院提供)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:陝西省考古研究院提供/新華社/共同通信イメージズ

  31. 2018121223537

    「新華社」 青島で第一次世界大戦遺跡博物館がオープン  11日、青島第一次世界大戦遺跡博物館の外観。(小型無人機から)中国山東省青島市で11日、青島第一次世界大戦遺跡博物館がオープンした。青島山第一次世界大戦公園内にあり、建築面積は1万平方メートル近くに達する。建物の外観は平和の象徴ハトを彷彿させる。(青島=新華社記者/李紫恒)=2018(平成30)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2018121420677

    「新華社」 夜景が織りなす幻想的な美しさにうっとり広西南寧  4日、広西チワン族自治区南寧市の五象新区を彩る幻想的な夜景。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区南寧市は、中国のASEANに向けての開放・協力の最前線で、中国・ASEAN博覧会(CAEXPO)の定例開催地であり、広西北部湾経済区の中核都市でもある。また、「中国の緑城(緑の都)」と呼ばれ、2007年には国連のハビタット(国連人間居住計画)賞を受賞し、「全国文明都市」にも選ばれている。夜のとばりが降り灯りがともり始める頃、町のネオンがきらびやかに輝きだし、同自治区の区都を彩る幻想的な光景は、人々を魅了してやまない。(南寧=新華社記者/黄孝邦)=2018(平成30)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2018121420645

    「新華社」 夜景が織りなす幻想的な美しさにうっとり広西南寧  4日、広西チワン族自治区南寧市を彩る美しい夜景。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区南寧市は、中国のASEANに向けての開放・協力の最前線で、中国・ASEAN博覧会(CAEXPO)の定例開催地であり、広西北部湾経済区の中核都市でもある。また、「中国の緑城(緑の都)」と呼ばれ、2007年には国連のハビタット(国連人間居住計画)賞を受賞し、「全国文明都市」にも選ばれている。夜のとばりが降り灯りがともり始める頃、町のネオンがきらびやかに輝きだし、同自治区の区都を彩る幻想的な光景は、人々を魅了してやまない。(南寧=新華社記者/周華)=2018(平成30)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2018121420692

    「新華社」 夜景が織りなす幻想的な美しさにうっとり広西南寧  広西チワン族自治区南寧市の五象大橋とその周辺を彩る夜景。(11月29日、小型無人機から)中国広西チワン族自治区南寧市は、中国のASEANに向けての開放・協力の最前線で、中国・ASEAN博覧会(CAEXPO)の定例開催地であり、広西北部湾経済区の中核都市でもある。また、「中国の緑城(緑の都)」と呼ばれ、2007年には国連のハビタット(国連人間居住計画)賞を受賞し、「全国文明都市」にも選ばれている。夜のとばりが降り灯りがともり始める頃、町のネオンがきらびやかに輝きだし、同自治区の区都を彩る幻想的な光景は、人々を魅了してやまない。(南寧=新華社記者/周華)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2018121420696

    「新華社」 夜景が織りなす幻想的な美しさにうっとり広西南寧  夜のとばりが降り、街に明かりが灯り始めた南寧市の風景。(11月29日、小型無人機から)中国広西チワン族自治区南寧市は、中国のASEANに向けての開放・協力の最前線で、中国・ASEAN博覧会(CAEXPO)の定例開催地であり、広西北部湾経済区の中核都市でもある。また、「中国の緑城(緑の都)」と呼ばれ、2007年には国連のハビタット(国連人間居住計画)賞を受賞し、「全国文明都市」にも選ばれている。夜のとばりが降り灯りがともり始める頃、町のネオンがきらびやかに輝きだし、同自治区の区都を彩る幻想的な光景は、人々を魅了してやまない。(南寧=新華社記者/周華)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2018110618287

    「新華社」 世界が上海に集結中国国際輸入博覧会開幕  1日、海外からの輸入博展示品も陸揚げされる上海洋山港のコンテナ埠頭。(小型無人機から)第1回中国国際輸入博覧会は5日、中国上海市の黄浦江のほとりで開幕した。輸入をテーマに、中国は積極的に開放という扉をますます大きく開いている。中国は意気高く前進する姿勢をより強めて発展と進歩を求め、互恵・ウィンウィンを図り、かつてない大きな自信で世界を包み込み、共に未来を創造する。(上海=新華社記者/丁汀)=2018(平成30)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2018110117743

    「新華社」 観光に依拠した特色ある町づくりで発展を推進河北省石家荘  27日、石家荘市鹿泉(ろくせん)区の徳明古鎮の夜景。(小型無人機から)中国河北省石家荘市は近年、観光施設と生活設備を整備し、生態観光(エコツーリズム)やレジャーリゾートを主力とした特色ある町(特色小鎮)を建設。歴史的遺跡、革命的遺跡、文化物語など人的・文化的資源をよりどころに、文化財保護と周辺環境の建設を強化し、文化的要素や美しい生態環境を有した文化観光の町を打ち立てた。観光に依拠した町の経済は、農村の発展を後押しし、現地の農民に富につながる道を提供した。(石家荘=新華社配信/張暁峰)=2018(平成30)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2018110117722

    「新華社」 観光に依拠した特色ある町づくりで発展を推進河北省石家荘  26日、空から見た石家荘市平山(へいざん)県西柏坡(せいはくは)文旅小鎮。(小型無人機から)。中国河北省石家荘市は近年、観光施設と生活設備を整備し、生態観光(エコツーリズム)やレジャーリゾートを主力とした特色ある町(特色小鎮)を建設。歴史的遺跡、革命的遺跡、文化物語など人的・文化的資源をよりどころに、文化財保護と周辺環境の建設を強化し、文化的要素や美しい生態環境を有した文化観光の町を打ち立てた。観光に依拠した町の経済は、農村の発展を後押しし、現地の農民に富につながる道を提供した。(石家荘=新華社配信/梁子棟)=2018(平成30)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2018101818308

    「新華社」 橋に見る中国の不屈の精神貴州省の高原で  貴州省の平塘県から羅甸県へ続く高速道路の工事現場で、急ピッチで進む平塘特大橋の建設。(9月25日、小型無人機から)同橋には高さ328メートルの橋塔があり、コンクリート構造の橋塔では「世界一」の高さとなる。現在、橋塔の高さはすでに300メートルを超え、11月には最上部まで完成する見通し。中国の橋を見れば世界の橋が分かり、貴州の橋を見れば中国の橋が分かる。中国で唯一平原のない省、貴州省のカルスト台地には2万本以上の橋が架けられ、数十もの「世界一」を生み出してきた。世界の高い橋100本のうち46本は貴州省にある。改革開放から40年、数世代にわたる建設者たちが「橋の精神」を形成、数が多く種類が豊富、また技術が複雑で高難度の「橋の博物館」を作り上げてきた。奇跡の背後には中国の人々の不屈の精神が映し出されている。(貴陽=新華社配信/楊文斌)=2018(平成30)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2018100120677

    「新華社」 空から見た海岸都市広西チワン族自治区北海市  25日、夕日に照らされる広西チワン族自治区北海市の街並み。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区北海市は1984年に対外開放した中国の初の沿海開放都市の一つで、古代海上シルクロードの出発点の一つでもある。「一帯一路」構想と地理的優位性を生かし、北海市は開放、革新の発展の道を歩んでいる。(北海=新華社記者/黄孝邦)=2018(平成30)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019020519559

    「新華社」 重慶藺市遺址で宋代の町と宿場の遺構見つかる  小型無人機で撮影した重慶市涪陵区の藺市遺跡。(資料写真)中国重慶市文化遺産研究院はこのほど、2018年度学術報告会で、涪陵(ふりょう)区の藺市(りんし)遺跡の天坪丘(てんへいきゅう)で建築物の基礎遺構が新たに発見されたことを明らかにした。宋代の四川・重慶地区における町と宿場の研究で重要な意義を持つ。(重慶=新華社配信/重慶市文化遺産研究院提供)=2018(平成30)年9月19日、クレジット:重慶市文化遺産研究院/新華社/共同通信イメージズ

  42. 2018101818579

    「新華社」 橋に見る中国の不屈の精神貴州省の高原で  貴州省の貴陽市と甕安(おうあん)県を結ぶ高速道路に架かる清水河大橋。(8月27日、小型無人機から)同橋の主径間は1130メートルで、世界最大のプレートガーダー構造の補剛桁つり橋。中国の橋を見れば世界の橋が分かり、貴州の橋を見れば中国の橋が分かる。中国で唯一平原のない省、貴州省のカルスト台地には2万本以上の橋が架けられ、数十もの「世界一」を生み出してきた。世界の高い橋100本のうち46本は貴州省にある。改革開放から40年、数世代にわたる建設者たちが「橋の精神」を形成、数が多く種類が豊富、また技術が複雑で高難度の「橋の博物館」を作り上げてきた。奇跡の背後には中国の人々の不屈の精神が映し出されている。(貴陽=新華社記者/劉続)=2018(平成30)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2018101818717

    「新華社」 橋に見る中国の不屈の精神貴州省の高原で  杭瑞高速道路(浙江省杭州市~雲南省瑞麗市)の貴州省と雲南省の境に架かる北盤江大橋。(8月10日、小型無人機から)同橋の橋面から水面までの垂直距離は565・4メートルで、「世界で最も高い橋」としてギネス認定を受けている。中国の橋を見れば世界の橋が分かり、貴州の橋を見れば中国の橋が分かる。中国で唯一平原のない省、貴州省のカルスト台地には2万本以上の橋が架けられ、数十もの「世界一」を生み出してきた。世界の高い橋100本のうち46本は貴州省にある。改革開放から40年、数世代にわたる建設者たちが「橋の精神」を形成、数が多く種類が豊富、また技術が複雑で高難度の「橋の博物館」を作り上げてきた。奇跡の背後には中国の人々の不屈の精神が映し出されている。(貴陽=新華社記者/陶亮)=2018(平成30)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2018060600817

    「新華社」 秦代の離宮遺跡で主要工事完了河北省北戴河  4日、主要工事が完了した北戴河区の離宮遺跡の保護・展示施設。(小型無人機で撮影)中国河北省秦皇島市北戴河区の秦代離宮遺跡でこのほど、保護・展示施設の主要工事が完了した。今年末には観光客に開放される見込み。工事は遺跡保護区と博物館および関連施設エリアに分かれて行われている。(北戴河=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2018060600856

    「新華社」 秦代の離宮遺跡で主要工事完了河北省北戴河  4日、主要工事が完了した北戴河区の離宮遺跡の保護・展示施設。(小型無人機で撮影)中国河北省秦皇島市北戴河区の秦代離宮遺跡でこのほど、保護・展示施設の主要工事が完了した。今年末には観光客に開放される見込み。工事は遺跡保護区と博物館および関連施設エリアに分かれて行われている。(北戴河=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019020519354

    「新華社」 千年の塩都·重慶寧廠古鎮で漢から明清時代の遺構見つかる  重慶市巫渓県の寧廠古鎮製塩業遺跡の第2作業場。(2018年5月27日撮影)中国重慶市文化遺産研究院は、2018年度学術報告会で、巫渓(ふけい)県寧廠(ねいしょう)古鎮の製塩業遺跡の考古調査が段階的な成果を挙げたことを明らかにした。遺跡からは漢代から明・清時代にかけての古い塩泉やかん水池、製塩所跡などの遺構が見つかった。(重慶=新華社配信/重慶市文化遺産研究院提供)=2018(平成30)年5月27日、クレジット:重慶市文化遺産研究院/新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019020519241

    「新華社」 千年の塩都·重慶寧廠古鎮で漢から明清時代の遺構見つかる  重慶市巫渓県の寧廠古鎮製塩業遺跡の第2作業場。(2018年5月27日撮影)中国重慶市文化遺産研究院は、2018年度学術報告会で、巫渓(ふけい)県寧廠(ねいしょう)古鎮の製塩業遺跡の考古調査が段階的な成果を挙げたことを明らかにした。遺跡からは漢代から明・清時代にかけての古い塩泉やかん水池、製塩所跡などの遺構が見つかった。(重慶=新華社配信/重慶市文化遺産研究院提供)=2018(平成30)年5月27日、クレジット:重慶市文化遺産研究院/新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019020519284

    「新華社」 千年の塩都·重慶寧廠古鎮で漢から明清時代の遺構見つかる  重慶市巫渓県の寧廠古鎮製塩業遺跡の第3作業場。(2018年5月19日撮影)中国重慶市文化遺産研究院は、2018年度学術報告会で、巫渓(ふけい)県寧廠(ねいしょう)古鎮の製塩業遺跡の考古調査が段階的な成果を挙げたことを明らかにした。遺跡からは漢代から明・清時代にかけての古い塩泉やかん水池、製塩所跡などの遺構が見つかった。(重慶=新華社配信/重慶市文化遺産研究院提供)=2018(平成30)年5月19日、クレジット:重慶市文化遺産研究院/新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019020519549

    「新華社」 千年の塩都·重慶寧廠古鎮で漢から明清時代の遺構見つかる  重慶市巫渓県の寧廠古鎮製塩業遺跡の呉王廟。(2018年5月18日撮影)中国重慶市文化遺産研究院は、2018年度学術報告会で、巫渓(ふけい)県寧廠(ねいしょう)古鎮の製塩業遺跡の考古調査が段階的な成果を挙げたことを明らかにした。遺跡からは漢代から明・清時代にかけての古い塩泉やかん水池、製塩所跡などの遺構が見つかった。(重慶=新華社配信/重慶市文化遺産研究院提供)=2018(平成30)年5月18日、クレジット:重慶市文化遺産研究院/新華社/共同通信イメージズ

  50. 2018051500273

    資料A 606 大型連休の行楽客  大型連休で、4月にオープンした富士サファリパークの園内は車でいっぱい=1980(昭和55)年5月3日、静岡県裾野市で共同通信社ヘリから(55年内地4035)

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像