検索結果 2 件中 1 件 〜 2 件 "建築スタイル"
  1. 2019120407047

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  空から見た関林鎮の関帝廟。(小型無人機から、2016年7月16日撮影)関林鎮は河南省洛陽市にあり、その名は三国時代の蜀の名将・関羽の首級が埋葬されているという言い伝えに由来する。同鎮には国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている洛陽関帝廟と、中原地域の重要な商取引・物流集散地の一つである関林市場がある。明の万暦年間に創建された関林(関帝廟)は、中国の「武聖」の墓所であり、明、清時代には代々の皇帝が官僚を派遣して祭祀(さいし)を行う場所であり、地方の官吏や民衆が関公(関羽の敬称)を参拝する場所となっていた。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2019120407084

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  荊紫関鎮にある清代の古建築群、平浪宮。(2013年9月3日撮影)荊紫関(けいしかん)鎮は河南省南陽市淅川(せきせん)県にあり、2千年以上の歴史を持つ。鎮内の「明・清古街」は、中国北方地域で最も完全に保存されている古建築群の一つで、通りの両側に入り口が木製の戸の店舗700軒余りが並んでいる。いずれも清代の民間商業建築の特徴を備え、当時の姿をほぼとどめている。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2013(平成25)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像