検索結果 30 件中 1 件 〜 30 件 "Hall"
  1. 2020060403854

    Florida News - June 2, 2020 June 2, 2020, Florida, USA: A group of mostly young adults take part in a George Floyd protest that began at West Palm Beach city hall and then weaved its way around the downtown area for several hours, June 2, 2020. (Credit Image: © Damon Higgins/The Palm Beach Post via ZUMA Wire)、クレジット:©Damon Higgins/The Palm Beach Post via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Florida Sun Sentinel Rights OUT 「ZUMA Press」

  2. 2020060403742

    Florida News - June 2, 2020 June 2, 2020, Florida, USA: A group of mostly young adults take part in a George Floyd protest that began at West Palm Beach city hall and then weaved its way around the downtown area for several hours, June 2, 2020. (Credit Image: © Damon Higgins/The Palm Beach Post via ZUMA Wire)、クレジット:©Damon Higgins/The Palm Beach Post via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Florida Sun Sentinel Rights OUT 「ZUMA Press」

  3. 2020060403646

    Florida News - June 2, 2020 June 2, 2020, Florida, USA: George Floyd protestors scream out chants during a march that began at West Palm Beach city hall and then weaved its way around the downtown area for several hours Tuesday afternoon, June 2, 2020. (Credit Image: © Damon Higgins/The Palm Beach Post via ZUMA Wire)、クレジット:©Damon Higgins/The Palm Beach Post via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Florida Sun Sentinel Rights OUT 「ZUMA Press」

  4. 2020060402144

    武漢市、感染症発生後初の大卒者のオフライン就職説明会開催  1日、就職説明会の会場外で行列して順番を待つ求職者。中国湖北省武漢市にある江漢大学で1日、大規模な就職説明会が開かれた。新型コロナウイルス感染症の発生後、同市で大学卒業生向けのオフライン就職説明会が開かれるのは今回が初めて。武漢市人力資源・社会保障部門は、申請企業の中から80社余りを選抜し、大卒者を採用する。同市は近くビッグデータ、クラウドコンピューティング、現代サービス業、金融業などの専攻の大卒者を対象とした8つの就職説明会を集中的に開催する予定で、これにより約1万人の雇用が生まれる見通しだという。(武漢=新華社記者/程敏)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020060402075

    武漢市、感染症発生後初の大卒者のオフライン就職説明会開催  1日、就職説明会の会場外で行列して順番を待つ求職者。中国湖北省武漢市にある江漢大学で1日、大規模な就職説明会が開かれた。新型コロナウイルス感染症の発生後、同市で大学卒業生向けのオフライン就職説明会が開かれるのは今回が初めて。武漢市人力資源・社会保障部門は、申請企業の中から80社余りを選抜し、大卒者を採用する。同市は近くビッグデータ、クラウドコンピューティング、現代サービス業、金融業などの専攻の大卒者を対象とした8つの就職説明会を集中的に開催する予定で、これにより約1万人の雇用が生まれる見通しだという。(武漢=新華社記者/程敏)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020060209402

    第12回「茶産業博覧会」開幕貴州省遵義市  28日、貴州省遵義市湄潭県の茶産業博覧会会場。中国貴州省遵義市湄潭(びたん)県で28日、第12回貴州茶産業博覧会が開幕した。同県でメインイベントの「バイヤー交流会」を開催するほか、同市以外の市、州でも特別イベントを実施する。貴州省はここ数年、茶産業の発展に力を入れており、茶の栽培面積は2006年の102万ムー(約6万8千ヘクタール)から700万ムー(約46万7千ヘクタール)に拡大。年間生産量も2万5千万トンから40万1千トンに増加した。生産高は6億2千万元(1元=約15円)から451億2千万元、加工会社は309社から5705社にそれぞれ増え、累計356万1千人が貧困からの脱却を果たした。茶葉は今や重要な輸出農産品となり、ミャンマーやロシア、ドイツ、米国、日本、モロッコなどに主に輸出している。昨年の輸出量は前年比41・4%増の4009トン、輸出額は2・1倍の1億3千万ドル(1ドル=約107円)だった。(遵義=新華社記者/劉智強)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020052903378

    DMZ heritage study DMZ heritage study DMZ heritage study Researchers attend a ceremony to launch a team tasked with a project to study cultural and natural heritage inside the Demilitarized Zone at a conference hall in Paju, north of Seoul, on May 26, 2020. The one-year on-site study is to be jointly carried out by the Cultural Heritage Administration and Gangwon and Gyeonggi provinces bordering North Korea. (Yonhap)/2020-05-26 15:31:13/ < 1980-2020 YONHAPNEWS AGENCY. .> (Newscom TagID: yonphotos168045) [Photo via Newscom]、クレジット:YONHAPNEWS/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  8. 2020052500002

    五輪参加を訴える レスリングの高田裕司  モスクワ五輪ボイコットの動きが強まる中で開かれた五輪候補選手、コーチの緊急会議で、参加を訴えるレスリングの高田裕司選手=1980(昭和55)年4月21日、東京・渋谷の岸記念体育会館 55年カラーニュース 706

  9. 2020052500001

    五輪参加を訴える 柔道の山下泰裕  モスクワ五輪ボイコットの動きが強まる中で開かれた五輪候補選手、コーチの緊急会議で、参加を訴える柔道の山下泰裕選手=1980(昭和55)年4月21日、東京・渋谷の岸記念体育会館 55年カラーニュース 706

  10. 2020052702269

    In the Gothic House in Wörlitz Park 21 May 2020, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Visitors with face masks look at the Swiss stained glass windows in the Knights‘ Hall in the Gothic House, in Wörlitz Park. The park is part of the Dessau-Wörlitz Garden Kingdom, a UNESCO World Heritage Site created in the second half of the 18th century under Prince Leopold III Friedrich Franz von Anhalt-Dessau. Photo: Waltraud Grubitzsch/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  11. 2020052601885

    茶職人が技競う雨花茶手もみ・焙煎技術大会開催江蘇省  21日、会場で茶の焙煎技術を競い合う選手たち。21日は国連が定めた最初の「国際お茶の日」にあたる。無形文化遺産の「雨花茶の製造技術」を伝承し、雨花茶職人の技術向上を図るため、中国江蘇省茶葉学会、南京市農業農村局、中山陵園管理局が共催する「2020江蘇省手もみ・焙煎ならびに南京市雨花茶手もみ・焙煎技術競技大会」が同日、同市の鍾山風景区で開催された。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020052601802

    茶職人が技競う雨花茶手もみ・焙煎技術大会開催江蘇省  21日、会場で茶の焙煎技術を競い合う選手たち。21日は国連が定めた最初の「国際お茶の日」にあたる。無形文化遺産の「雨花茶の製造技術」を伝承し、雨花茶職人の技術向上を図るため、中国江蘇省茶葉学会、南京市農業農村局、中山陵園管理局が共催する「2020江蘇省手もみ・焙煎ならびに南京市雨花茶手もみ・焙煎技術競技大会」が同日、同市の鍾山風景区で開催された。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020052601849

    茶職人が技競う雨花茶手もみ・焙煎技術大会開催江蘇省  21日、会場で茶の焙煎技術を競い合う選手たち。21日は国連が定めた最初の「国際お茶の日」にあたる。無形文化遺産の「雨花茶の製造技術」を伝承し、雨花茶職人の技術向上を図るため、中国江蘇省茶葉学会、南京市農業農村局、中山陵園管理局が共催する「2020江蘇省手もみ・焙煎ならびに南京市雨花茶手もみ・焙煎技術競技大会」が同日、同市の鍾山風景区で開催された。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020052601780

    茶職人が技競う雨花茶手もみ・焙煎技術大会開催江蘇省  21日、会場で茶の焙煎技術を競い合う選手たち。21日は国連が定めた最初の「国際お茶の日」にあたる。無形文化遺産の「雨花茶の製造技術」を伝承し、雨花茶職人の技術向上を図るため、中国江蘇省茶葉学会、南京市農業農村局、中山陵園管理局が共催する「2020江蘇省手もみ・焙煎ならびに南京市雨花茶手もみ・焙煎技術競技大会」が同日、同市の鍾山風景区で開催された。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020052702726

    In the Gothic House in Wörlitz Park 21 May 2020, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Visitors with face masks look at the Knights‘ Hall in the Gothic House in Wörlitz Park. The park is part of the Dessau-Wörlitz Garden Kingdom, a UNESCO World Heritage Site created in the second half of the 18th century under Prince Leopold III Friedrich Franz von Anhalt-Dessau. Photo: Waltraud Grubitzsch/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  16. 2020052104847

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、福建省南平市建陽区の考亭書院でたてられた茶。中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。 「新華社」

  17. 2020052104781

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、福建省南平市建陽区の考亭書院で、点茶の準備をする愛好者。(小型無人機から)中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020052104677

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、福建省南平市建陽区の考亭書院で開かれた開幕式。中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。 「新華社」

  19. 2020052104758

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、福建省南平市建陽区の考亭書院で、宋代の点茶の作法を実演する愛好家。中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。 「新華社」

  20. 2020052104654

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、空から見た考亭書院。(小型無人機から)中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020052104732

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、福建省南平市建陽区にある考亭書院。(小型無人機から)中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。 「新華社」

  22. 2020052104846

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、福建省南平市建陽区の考亭書院で、宋代の点茶を披露する会場。中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。 「新華社」

  23. 2020052104790

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、福建省南平市建陽区の考亭書院で、宋代の点茶を披露する会場。中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。 「新華社」

  24. 2020052104809

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、福建省南平市建陽区の考亭書院で、宋代の点茶の作法を実演する愛好家。中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。 「新華社」

  25. 2020052104775

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、福建省南平市建陽区の考亭書院で、宋代の点茶を披露する会場。中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。 「新華社」

  26. 2020052104788

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、空から見た考亭書院。(小型無人機から)中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020052104816

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、福建省南平市建陽区の考亭書院で、点茶の準備をする愛好者。中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。 「新華社」

  28. 2020052104844

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、福建省南平市建陽区の考亭書院で、宋代の点茶を披露する会場。中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。 「新華社」

  29. 2020052104756

    「国際博物館の日」、南京博物院で記念イベント開催  18日、「国宝の魅力を伝える」と題したキャンペーンの始動式。「国際博物館の日」の18日、中国のメイン会場となった江蘇省の南京博物院で記念イベントが開催された。今年の国際博物館の日のテーマは「平等を実現する場としての博物館:多様性と包括性」。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020051402098

    原爆ドーム保存工事始まる    原爆ドーム保存工事の安全祈願式を終え、式場を出る広島市の荒木武市長(中央)ら関係者=1989(平成元)年10月31日午前、広島市中区の平和記念公園 元年国内 15196

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像