検索結果 23 件中 1 件 〜 23 件 "ウィーチャット"
  1. 2020051502213

    6千万元の消費クーポン配布で経済を刺激天津市  4日、大勢の人でにぎわう天津市内の商店街。中国天津市はこのほど、市内全域での消費クーポン約6千万元(1元=約15円)分の配布など、投資拡大と消費の安定を促す経済刺激策を発表した。統計によると、同市東麗区、和平区など複数の地区で美団点評、支付宝(アリペイ)、微信(ウィーチャット)などのアプリを通じた総額6千万元超の消費クーポン配布が予定されており、2100万元分はすでに配布を終えている。(天津=新華社配信)=2020(令和2)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020051502305

    6千万元の消費クーポン配布で経済を刺激天津市  2日、天津市内のショッピングモールを訪れた買い物客。中国天津市はこのほど、市内全域での消費クーポン約6千万元(1元=約15円)分の配布など、投資拡大と消費の安定を促す経済刺激策を発表した。統計によると、同市東麗区、和平区など複数の地区で美団点評、支付宝(アリペイ)、微信(ウィーチャット)などのアプリを通じた総額6千万元超の消費クーポン配布が予定されており、2100万元分はすでに配布を終えている。(天津=新華社配信)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020051502279

    6千万元の消費クーポン配布で経済を刺激天津市  2日、天津市内のショッピングモールを訪れた買い物客。中国天津市はこのほど、市内全域での消費クーポン約6千万元(1元=約15円)分の配布など、投資拡大と消費の安定を促す経済刺激策を発表した。統計によると、同市東麗区、和平区など複数の地区で美団点評、支付宝(アリペイ)、微信(ウィーチャット)などのアプリを通じた総額6千万元超の消費クーポン配布が予定されており、2100万元分はすでに配布を終えている。(天津=新華社配信)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020051502204

    6千万元の消費クーポン配布で経済を刺激天津市  1日、天津市内のショッピングモールでレジに並ぶ買い物客。中国天津市はこのほど、市内全域での消費クーポン約6千万元(1元=約15円)分の配布など、投資拡大と消費の安定を促す経済刺激策を発表した。統計によると、同市東麗区、和平区など複数の地区で美団点評、支付宝(アリペイ)、微信(ウィーチャット)などのアプリを通じた総額6千万元超の消費クーポン配布が予定されており、2100万元分はすでに配布を終えている。(天津=新華社配信)=2020(令和2)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020021000954

    自宅を出られない住民のため、社区職員が買い物代行江西省南昌市  5日、江西省南昌市紅谷灘新区の居住区で、住民に代わって購入した品物を仕分けする艾志雲さん(左)と胡春麗さん。新型コロナウイルスによる肺炎対策で、中国江西省南昌市の一部居住区や村では封鎖式管理が実施されている。それらの地区では、感染拡大を防ぐため自宅で過ごす住民の不便さを解消しようと、行政区である街道や社区(コミュニティー)の職員が住民に買い物代行サービスを提供している。艾志雲(がい・しうん)さんと胡春麗(こ・しゅんれい)さんは同市紅谷灘(こうこくたん)新区沙井街道が管轄する社区の職員。1月29日から社区内の住宅1棟で封鎖式管理が実施されているため、2人はこの棟に住む75戸の住民に代わって、生活必需品の購入を担当している。住民が前日に買い物リストを微信(ウィーチャット)のグループチャットに送信すると、艾さんと胡さんがそのリストに基づいて品物を購入。品物を戸別に仕分けて棟の下まで届け、住民たちが降りてきて品物を受け取る仕組みになっている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020021000950

    自宅を出られない住民のため、社区職員が買い物代行江西省南昌市  5日、江西省南昌市紅谷灘新区の居住区で、封鎖式管理が行われている棟の住民のため、ボランティアと一緒に購入した品物を届ける艾志雲さん(右端)と胡春麗さん(中央)。新型コロナウイルスによる肺炎対策で、中国江西省南昌市の一部居住区や村では封鎖式管理が実施されている。それらの地区では、感染拡大を防ぐため自宅で過ごす住民の不便さを解消しようと、行政区である街道や社区(コミュニティー)の職員が住民に買い物代行サービスを提供している。艾志雲(がい・しうん)さんと胡春麗(こ・しゅんれい)さんは同市紅谷灘(こうこくたん)新区沙井街道が管轄する社区の職員。1月29日から社区内の住宅1棟で封鎖式管理が実施されているため、2人はこの棟に住む75戸の住民に代わって、生活必需品の購入を担当している。住民が前日に買い物リストを微信(ウィーチャット)のグループチャットに送信すると、艾さんと胡さんがそのリストに基づいて品物を購入。品物を戸別に仕分けて棟の下まで届け、住民たちが降りてきて品物を受け取る仕組みになっている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020021001054

    自宅を出られない住民のため、社区職員が買い物代行江西省南昌市  5日、江西省南昌市紅谷灘新区の居住区で、封鎖式管理が行われている棟の住民のためボランティアと一緒に野菜を購入する艾志雲さん(左端)と胡春麗さん(中央)。新型コロナウイルスによる肺炎対策で、中国江西省南昌市の一部居住区や村では封鎖式管理が実施されている。それらの地区では、感染拡大を防ぐため自宅で過ごす住民の不便さを解消しようと、行政区である街道や社区(コミュニティー)の職員が住民に買い物代行サービスを提供している。艾志雲(がい・しうん)さんと胡春麗(こ・しゅんれい)さんは同市紅谷灘(こうこくたん)新区沙井街道が管轄する社区の職員。1月29日から社区内の住宅1棟で封鎖式管理が実施されているため、2人はこの棟に住む75戸の住民に代わって、生活必需品の購入を担当している。住民が前日に買い物リストを微信(ウィーチャット)のグループチャットに送信すると、艾さんと胡さんがそのリストに基づいて品物を購入。品物を戸別に仕分けて棟の下まで届け、住民たちが降りてきて品物を受け取る仕組みになっている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020021001080

    自宅を出られない住民のため、社区職員が買い物代行江西省南昌市  5日、江西省南昌市紅谷灘新区の居住区で、封鎖式管理が行われている棟の住民のため、ボランティアと一緒に購入した品物を届ける艾志雲さん(右端)と胡春麗さん(中央)。新型コロナウイルスによる肺炎対策で、中国江西省南昌市の一部居住区や村では封鎖式管理が実施されている。それらの地区では、感染拡大を防ぐため自宅で過ごす住民の不便さを解消しようと、行政区である街道や社区(コミュニティー)の職員が住民に買い物代行サービスを提供している。艾志雲(がい・しうん)さんと胡春麗(こ・しゅんれい)さんは同市紅谷灘(こうこくたん)新区沙井街道が管轄する社区の職員。1月29日から社区内の住宅1棟で封鎖式管理が実施されているため、2人はこの棟に住む75戸の住民に代わって、生活必需品の購入を担当している。住民が前日に買い物リストを微信(ウィーチャット)のグループチャットに送信すると、艾さんと胡さんがそのリストに基づいて品物を購入。品物を戸別に仕分けて棟の下まで届け、住民たちが降りてきて品物を受け取る仕組みになっている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020021001007

    自宅を出られない住民のため、社区職員が買い物代行江西省南昌市  5日、江西省南昌市紅谷灘新区の居住区で、住民に代わって購入した品物を仕分けする社区職員。新型コロナウイルスによる肺炎対策で、中国江西省南昌市の一部居住区や村では封鎖式管理が実施されている。それらの地区では、感染拡大を防ぐため自宅で過ごす住民の不便さを解消しようと、行政区である街道や社区(コミュニティー)の職員が住民に買い物代行サービスを提供している。艾志雲(がい・しうん)さんと胡春麗(こ・しゅんれい)さんは同市紅谷灘(こうこくたん)新区沙井街道が管轄する社区の職員。1月29日から社区内の住宅1棟で封鎖式管理が実施されているため、2人はこの棟に住む75戸の住民に代わって、生活必需品の購入を担当している。住民が前日に買い物リストを微信(ウィーチャット)のグループチャットに送信すると、艾さんと胡さんがそのリストに基づいて品物を購入。品物を戸別に仕分けて棟の下まで届け、住民たちが降りてきて品物を受け取る仕組みになっている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2019031101387

    中国で盗掘された文化財、東京のオークションで「合法化」  考古学者の呉鎮烽(ご・ちんほう)氏が編さんした「商周青銅器銘文曁図像集成(続編)」(「商周青銅器銘文および画像集成(続編)」、上海古籍出版社、2016年)に収録された曽伯克父青銅器とその銘文。(資料写真、組み合わせ写真)「極めて珍しい西周時代の青銅器が東京のオークションに出展される」。中国のSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」を通して情報が考古学専門家の間を駆け巡った。多くの学者や専門家は、12日に日本でオークションに出品される周代の青銅器のセットが、主催者側の言うような中華民国期の所蔵品ではなく、中国で近年盗掘され国外に持ち出された重要な文化財だとしている。専門家によると、今回出展される「曽伯克父青銅組器」は、周代の諸侯国、曽国の高級貴族の克父(こくふ)が所有していたもので、鼎(かなえ)や簋(き)、壺(こ)、甗(げん)、霝(れい)、盨(しゅ)など6種類計8点から成る。どの青銅器にも先祖の徳を称え、末代までの加護を願う銘文が刻まれている。オークション主催者側は、この青銅器セットが中華民国期の所蔵品だと紹介しているが、多くの学者や専門家は、盗掘犯が書簡を偽造し、上書きだけを換えるなどの方法で、海外に流出した盗掘文化財をオークションで「ロンダリング(洗浄)」するつもりだと悲嘆と憤慨をあらわにしている。専門家によると、ユネスコは1970年11月14日にパリで「文化財の不法な輸入、輸出及び所有権移転を禁止し及び防止する手段に関する条約」(文化財不法輸出入等禁止条約)を採択しているが、近年盗掘・密輸された文化財でも「中華民国」期の所蔵品に偽装することで同条約の適用を回避し、「ロンダリング」により「合法化」できてしまうという。しかも、落札したコレクターが転売することも合法となる。(成都=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2019022500640

    元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ  19日、南寧市で開かれた園博園元宵ランタンフェスティバルで展示された「2019」モチーフにした大型ランタン。中国広西チワン族自治区南寧市では、旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に当たる19日に園博園元宵ランタンフェスティバルが開かれ、全国各地から多くの観光客が訪れた。会場では大型ランタンの展示、灯籠に張ったなぞなぞを解く遊び「猜灯謎(さいとうめい)」、もち米を団子にしたデザート「湯円(タンユェン)」の品評会、紙ランタンの制作などのイベントが行われ、人々は春節の最後のイベントを楽しんだ。観光客はSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」で二次元バーコードを読み取り、なぞなぞの番号と回答を入力することで「猜灯謎」に参加することもできた。(南寧=新華社記者/朱麗莉)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2019022500530

    元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ  19日、南寧市で開かれた園博園元宵ランタンフェスティバルの「猜灯謎」回廊で、なぞなぞ遊びを楽しむ観光客。中国広西チワン族自治区南寧市では、旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に当たる19日に園博園元宵ランタンフェスティバルが開かれ、全国各地から多くの観光客が訪れた。会場では大型ランタンの展示、灯籠に張ったなぞなぞを解く遊び「猜灯謎(さいとうめい)」、もち米を団子にしたデザート「湯円(タンユェン)」の品評会、紙ランタンの制作などのイベントが行われ、人々は春節の最後のイベントを楽しんだ。観光客はSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」で二次元バーコードを読み取り、なぞなぞの番号と回答を入力することで「猜灯謎」に参加することもできた。(南寧=新華社記者/朱麗莉)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019022500639

    元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ  19日、南寧市で開かれた園博園元宵ランタンフェスティバルで展示された魚をモチーフにした大型ランタン。中国広西チワン族自治区南寧市では、旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に当たる19日に園博園元宵ランタンフェスティバルが開かれ、全国各地から多くの観光客が訪れた。会場では大型ランタンの展示、灯籠に張ったなぞなぞを解く遊び「猜灯謎(さいとうめい)」、もち米を団子にしたデザート「湯円(タンユェン)」の品評会、紙ランタンの制作などのイベントが行われ、人々は春節の最後のイベントを楽しんだ。観光客はSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」で二次元バーコードを読み取り、なぞなぞの番号と回答を入力することで「猜灯謎」に参加することもできた。(南寧=新華社記者/呉思思)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019022500647

    元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ  19日、南寧市で開かれた園博園元宵ランタンフェスティバルの「猜灯謎」回廊の入り口。中国広西チワン族自治区南寧市では、旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に当たる19日に園博園元宵ランタンフェスティバルが開かれ、全国各地から多くの観光客が訪れた。会場では大型ランタンの展示、灯籠に張ったなぞなぞを解く遊び「猜灯謎(さいとうめい)」、もち米を団子にしたデザート「湯円(タンユェン)」の品評会、紙ランタンの制作などのイベントが行われ、人々は春節の最後のイベントを楽しんだ。観光客はSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」で二次元バーコードを読み取り、なぞなぞの番号と回答を入力することで「猜灯謎」に参加することもできた。(南寧=新華社記者/朱麗莉)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019022500527

    元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ  19日、南寧市で開かれた園博園元宵ランタンフェスティバルで展示された豚をモチーフにした大型ランタン。中国広西チワン族自治区南寧市では、旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に当たる19日に園博園元宵ランタンフェスティバルが開かれ、全国各地から多くの観光客が訪れた。会場では大型ランタンの展示、灯籠に張ったなぞなぞを解く遊び「猜灯謎(さいとうめい)」、もち米を団子にしたデザート「湯円(タンユェン)」の品評会、紙ランタンの制作などのイベントが行われ、人々は春節の最後のイベントを楽しんだ。観光客はSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」で二次元バーコードを読み取り、なぞなぞの番号と回答を入力することで「猜灯謎」に参加することもできた。(南寧=新華社記者/朱麗莉)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019022500641

    元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ  19日、南寧市で開かれた園博園元宵ランタンフェスティバルでスマートフォンを使いオンラインで謎解きをする観光客。中国広西チワン族自治区南寧市では、旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に当たる19日に園博園元宵ランタンフェスティバルが開かれ、全国各地から多くの観光客が訪れた。会場では大型ランタンの展示、灯籠に張ったなぞなぞを解く遊び「猜灯謎(さいとうめい)」、もち米を団子にしたデザート「湯円(タンユェン)」の品評会、紙ランタンの制作などのイベントが行われ、人々は春節の最後のイベントを楽しんだ。観光客はSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」で二次元バーコードを読み取り、なぞなぞの番号と回答を入力することで「猜灯謎」に参加することもできた。(南寧=新華社記者/朱麗莉)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2019022500638

    元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ  19日、南寧市で開かれた園博園元宵ランタンフェスティバルで、大勢の人が訪れた「猜灯謎」回廊。中国広西チワン族自治区南寧市では、旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に当たる19日に園博園元宵ランタンフェスティバルが開かれ、全国各地から多くの観光客が訪れた。会場では大型ランタンの展示、灯籠に張ったなぞなぞを解く遊び「猜灯謎(さいとうめい)」、もち米を団子にしたデザート「湯円(タンユェン)」の品評会、紙ランタンの制作などのイベントが行われ、人々は春節の最後のイベントを楽しんだ。観光客はSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」で二次元バーコードを読み取り、なぞなぞの番号と回答を入力することで「猜灯謎」に参加することもできた。(南寧=新華社記者/朱麗莉)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019010700556

    AIゴミ分別機、住民の環境保護活動を後押し山東省青島市  2日、青島市同徳路社区(コミュニティ)で、AIゴミ分別機を利用する住民。中国山東省青島市合肥路街道で2日、人工知能(AI)ゴミ分別機の利用が始まった。住民はスマートフォンのアプリや微信(ウィーチャット)のスキャン機能などを通して、分別機を利用することができる。分別機は再利用が可能な金属、プラスチック、繊維製品、紙類、ガラス類など多種の生活ゴミの分類が可能で、コミュニティの環境保護への取り組みを後押しする。(青島=新華社配信/王海濱)=2019(平成31)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019010700536

    AIゴミ分別機、住民の環境保護活動を後押し山東省青島市  2日、青島市同徳路社区(コミュニティ)で、AIゴミ分別機を利用する住民。中国山東省青島市合肥路街道で2日、人工知能(AI)ゴミ分別機の利用が始まった。住民はスマートフォンのアプリや微信(ウィーチャット)のスキャン機能などを通して、分別機を利用することができる。分別機は再利用が可能な金属、プラスチック、繊維製品、紙類、ガラス類など多種の生活ゴミの分類が可能で、コミュニティの環境保護への取り組みを後押しする。(青島=新華社配信/王海濱)=2019(平成31)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019010700560

    AIゴミ分別機、住民の環境保護活動を後押し山東省青島市  2日、青島市同徳路社区(コミュニティ)で、AIゴミ分別機を見学する住民。中国山東省青島市合肥路街道で2日、人工知能(AI)ゴミ分別機の利用が始まった。住民はスマートフォンのアプリや微信(ウィーチャット)のスキャン機能などを通して、分別機を利用することができる。分別機は再利用が可能な金属、プラスチック、繊維製品、紙類、ガラス類など多種の生活ゴミの分類が可能で、コミュニティの環境保護への取り組みを後押しする。(青島=新華社配信/王海濱)=2019(平成31)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2018122520892

    高速道路全線でモバイル決済可能に貴州省  20日、貴陽北料金所で、モバイル決済で高速料金を支払う運転手。中国貴州省交通運輸庁は20日、高速道路のモバイル決済に関する記者説明会を開き、2019年1月1日から高速料金のモバイル決済を正式導入すると発表した。省内全ての高速道路料金所で微信支付(ウィーチャットペイ)による支払いが可能になる。(貴陽=新華社配信/劉朝富)=2018(平成30)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2018122520915

    高速道路全線でモバイル決済可能に貴州省  20日、貴陽北料金所で、スタッフの説明を受けながらモバイル決済で高速料金を支払う運転手。中国貴州省交通運輸庁は20日、高速道路のモバイル決済に関する記者説明会を開き、2019年1月1日から高速料金のモバイル決済を正式導入すると発表した。省内全ての高速道路料金所で微信支付(ウィーチャットペイ)による支払いが可能になる。(貴陽=新華社記者/陶亮)=2018(平成30)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2018122520930

    高速道路全線でモバイル決済可能に貴州省  20日、貴陽北料金所で、運転手にモバイル決済を説明するスタッフ。中国貴州省交通運輸庁は20日、高速道路のモバイル決済に関する記者説明会を開き、2019年1月1日から高速料金のモバイル決済を正式導入すると発表した。省内全ての高速道路料金所で微信支付(ウィーチャットペイ)による支払いが可能になる。(貴陽=新華社記者/陶亮)=2018(平成30)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像