検索結果 57 件中 1 件 〜 50 件 "ジンジャー"
  1. 2020070705438

    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区  隋王韶家族墓園から出土した陶俑。(5月21日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020070705447

    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区  隋王韶家族墓園から出土した陶俑。(5月20日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020070705443

    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区  隋王韶家族墓園の王韶墓の墓室。(5月3日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020070705471

    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区  隋王韶家族墓園の7号墓の前室。(4月28日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020070705372

    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区  隋王韶家族墓園の王顕墓の墓室。(4月16日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020070705473

    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区  隋王韶家族墓園の王弘墓の墓室。(4月12日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020070705475

    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区  隋王韶家族墓園の王仕通墓の全景。(3月23日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020070705445

    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区  隋王韶家族墓園の王韶墓の全景。(3月15日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2019062401769

    神秘的な「海上石林」遼寧省大連市  早朝の石城島「海上石林」。(4月25日撮影)中国遼寧省大連市荘河(しょうが、大連市の管轄下にある県級市)市の石城島には、花崗岩や片麻岩、白雲岩などでできた「海上石林」が広がる。石林は岩盤が長年の波や風雨で浸食されてできた海食地形の一種。同島ではさまざまな形の海食柱や海食洞などが独特の景観を形成している。(大連=新華社配信/張偉)=2019(平成31)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2019062401761

    神秘的な「海上石林」遼寧省大連市  石城島の海岸に打ち寄せられた貝殻。(4月25日撮影)中国遼寧省大連市荘河(しょうが、大連市の管轄下にある県級市)市の石城島には、花崗岩や片麻岩、白雲岩などでできた「海上石林」が広がる。石林は岩盤が長年の波や風雨で浸食されてできた海食地形の一種。同島ではさまざまな形の海食柱や海食洞などが独特の景観を形成している。(大連=新華社配信/張偉)=2019(平成31)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2019062401716

    神秘的な「海上石林」遼寧省大連市  早朝の石城島「海上石林」。(4月25日撮影)中国遼寧省大連市荘河(しょうが、大連市の管轄下にある県級市)市の石城島には、花崗岩や片麻岩、白雲岩などでできた「海上石林」が広がる。石林は岩盤が長年の波や風雨で浸食されてできた海食地形の一種。同島ではさまざまな形の海食柱や海食洞などが独特の景観を形成している。(大連=新華社配信/張偉)=2019(平成31)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2019062401719

    神秘的な「海上石林」遼寧省大連市  早朝の石城島「海上石林」。(4月25日撮影)中国遼寧省大連市荘河(しょうが、大連市の管轄下にある県級市)市の石城島には、花崗岩や片麻岩、白雲岩などでできた「海上石林」が広がる。石林は岩盤が長年の波や風雨で浸食されてできた海食地形の一種。同島ではさまざまな形の海食柱や海食洞などが独特の景観を形成している。(大連=新華社配信/張偉)=2019(平成31)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019062401720

    神秘的な「海上石林」遼寧省大連市  早朝の石城島「海上石林」。(4月25日撮影)中国遼寧省大連市荘河(しょうが、大連市の管轄下にある県級市)市の石城島には、花崗岩や片麻岩、白雲岩などでできた「海上石林」が広がる。石林は岩盤が長年の波や風雨で浸食されてできた海食地形の一種。同島ではさまざまな形の海食柱や海食洞などが独特の景観を形成している。(大連=新華社配信/張偉)=2019(平成31)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019062401733

    神秘的な「海上石林」遼寧省大連市  早朝の石城島「海上石林」。(4月25日撮影)中国遼寧省大連市荘河(しょうが、大連市の管轄下にある県級市)市の石城島には、花崗岩や片麻岩、白雲岩などでできた「海上石林」が広がる。石林は岩盤が長年の波や風雨で浸食されてできた海食地形の一種。同島ではさまざまな形の海食柱や海食洞などが独特の景観を形成している。(大連=新華社配信/張偉)=2019(平成31)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019062401708

    神秘的な「海上石林」遼寧省大連市  早朝の石城島「海上石林」。(4月25日撮影)中国遼寧省大連市荘河(しょうが、大連市の管轄下にある県級市)市の石城島には、花崗岩や片麻岩、白雲岩などでできた「海上石林」が広がる。石林は岩盤が長年の波や風雨で浸食されてできた海食地形の一種。同島ではさまざまな形の海食柱や海食洞などが独特の景観を形成している。(大連=新華社配信/張偉)=2019(平成31)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019062401767

    神秘的な「海上石林」遼寧省大連市  石城島の海岸に打ち寄せられた貝殻。(4月25日撮影)中国遼寧省大連市荘河(しょうが、大連市の管轄下にある県級市)市の石城島には、花崗岩や片麻岩、白雲岩などでできた「海上石林」が広がる。石林は岩盤が長年の波や風雨で浸食されてできた海食地形の一種。同島ではさまざまな形の海食柱や海食洞などが独特の景観を形成している。(大連=新華社配信/張偉)=2019(平成31)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2019062401813

    神秘的な「海上石林」遼寧省大連市  早朝の石城島「海上石林」。(4月25日撮影)中国遼寧省大連市荘河(しょうが、大連市の管轄下にある県級市)市の石城島には、花崗岩や片麻岩、白雲岩などでできた「海上石林」が広がる。石林は岩盤が長年の波や風雨で浸食されてできた海食地形の一種。同島ではさまざまな形の海食柱や海食洞などが独特の景観を形成している。(大連=新華社配信/張偉)=2019(平成31)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019062401726

    神秘的な「海上石林」遼寧省大連市  海から見た石城島「海上石林」。(4月24日撮影)中国遼寧省大連市荘河(しょうが、大連市の管轄下にある県級市)市の石城島には、花崗岩や片麻岩、白雲岩などでできた「海上石林」が広がる。石林は岩盤が長年の波や風雨で浸食されてできた海食地形の一種。同島ではさまざまな形の海食柱や海食洞などが独特の景観を形成している。(大連=新華社配信/張偉)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019062401758

    神秘的な「海上石林」遼寧省大連市  海から見た石城島「海上石林」。(4月24日撮影)中国遼寧省大連市荘河(しょうが、大連市の管轄下にある県級市)市の石城島には、花崗岩や片麻岩、白雲岩などでできた「海上石林」が広がる。石林は岩盤が長年の波や風雨で浸食されてできた海食地形の一種。同島ではさまざまな形の海食柱や海食洞などが独特の景観を形成している。(大連=新華社配信/張偉)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2018102407142

    瀟賀古道の傍らに建ち並ぶ古民家群明清代にタイムスリップ  19日、広西富川(ふせん)ヤオ族自治県朝東鎮の福渓(ふっけい)村で、整然と建ち並ぶ古民家群。(小型無人機から)瀟賀(しょうが)古道は秦代に建設が始まり、中国湖南省瀟水(しょうすい)と広西チワン族自治区賀江(がこう)を結ぶ水陸の輸送通路であり、秦漢代以降、中国北部に住む人々の南部への移動、南部・北部経済の交流のための重要なルートでもあった。瀟賀古道の両側に今でも残る数多くの古い建物や古民家は、かつて栄えたこの地の移り変わりを物語っている。(富川=新華社記者/周華)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2018102407040

    瀟賀古道の傍らに建ち並ぶ古民家群明清代にタイムスリップ  19日、広西富川(ふせん)ヤオ族自治県朝東鎮の福渓村で、青石が敷き詰められた小道を歩く村人。瀟賀(しょうが)古道は秦代に建設が始まり、中国湖南省瀟水(しょうすい)と広西チワン族自治区賀江(がこう)を結ぶ水陸の輸送通路であり、秦漢代以降、中国北部に住む人々の南部への移動、南部・北部経済の交流のための重要なルートでもあった。瀟賀古道の両側に今でも残る数多くの古い建物や古民家は、かつて栄えたこの地の移り変わりを物語っている。(富川=新華社記者/周華)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2018102407046

    瀟賀古道の傍らに建ち並ぶ古民家群明清代にタイムスリップ  19日、広西富川(ふせん)ヤオ族自治県の朝東鎮秀水村を散策する観光客。瀟賀(しょうが)古道の東南側に位置するこの集落では現在、明清代の古民家をはじめとする数多くの古い建物が保存されている。(小型無人機から)瀟賀(しょうが)古道は秦代に建設が始まり、中国湖南省瀟水(しょうすい)と広西チワン族自治区賀江(がこう)を結ぶ水陸の輸送通路であり、秦漢代以降、中国北部に住む人々の南部への移動、南部・北部経済の交流のための重要なルートでもあった。瀟賀古道の両側に今でも残る数多くの古い建物や古民家は、かつて栄えたこの地の移り変わりを物語っている。(富川=新華社記者/周華)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2018102406845

    瀟賀古道の傍らに建ち並ぶ古民家群明清代にタイムスリップ  19日、数百年の歴史を持つ広西富川(ふせん)ヤオ族自治県朝東鎮の東水村にたたずむ風雨橋。(小型無人機から)瀟賀(しょうが)古道は秦代に建設が始まり、中国湖南省瀟水(しょうすい)と広西チワン族自治区賀江(がこう)を結ぶ水陸の輸送通路であり、秦漢代以降、中国北部に住む人々の南部への移動、南部・北部経済の交流のための重要なルートでもあった。瀟賀古道の両側に今でも残る数多くの古い建物や古民家は、かつて栄えたこの地の移り変わりを物語っている。(富川=新華社記者/周華)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2018102407029

    瀟賀古道の傍らに建ち並ぶ古民家群明清代にタイムスリップ  9日、空から見た広西富川(ふせん)ヤオ族自治県朝東鎮の秀水村、民家が整然と建ち並んでいる。(小型無人機から)瀟賀(しょうが)古道は秦代に建設が始まり、中国湖南省瀟水(しょうすい)と広西チワン族自治区賀江(がこう)を結ぶ水陸の輸送通路であり、秦漢代以降、中国北部に住む人々の南部への移動、南部・北部経済の交流のための重要なルートでもあった。瀟賀古道の両側に今でも残る数多くの古い建物や古民家は、かつて栄えたこの地の移り変わりを物語っている。(富川=新華社記者/周華)=2018(平成30)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2018102407074

    瀟賀古道の傍らに建ち並ぶ古民家群明清代にタイムスリップ  9日、空から見た広西富川(ふせん)ヤオ族自治県朝東鎮の岔山(たさん)村、古民家群が整然と建ち並んでいる。(小型無人機から)瀟賀(しょうが)古道は秦代に建設が始まり、中国湖南省瀟水(しょうすい)と広西チワン族自治区賀江(がこう)を結ぶ水陸の輸送通路であり、秦漢代以降、中国北部に住む人々の南部への移動、南部・北部経済の交流のための重要なルートでもあった。瀟賀古道の両側に今でも残る数多くの古い建物や古民家は、かつて栄えたこの地の移り変わりを物語っている。(富川=新華社記者/周華)=2018(平成30)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2018070301334

    吉原神社 (よしわらじんじゃ)  江戸時代から続いた吉原遊郭の守護神。関東大震災で焼失後、1934(昭和9)年に建立されたが、1945(昭和20)年の東京大空襲で焼失。1968年に再建された

  27. 2018040100333

    金峰神社 スケッチ企画6013A−43  杉や桜の老木におおわれた金峰神社(きんぶじんじゃ)。金鉱の守護神として信仰される=1971(昭和46)年4月19日、奈良県吉野町

  28. 2018030800572

    酉の市(三ノ酉) スケッチ企画5846C−44  年末の風物詩、酉の市(とりのいち)の露店に並べられた縁起熊手の数々=1969(昭和44)年11月30日、東京都台東区千束の鷲神社(おおとりじんじゃ)

  29. 2018030800571

    酉の市(三ノ酉) スケッチ企画5846A−30  年末の風物詩、酉の市(とりのいち)に訪れ、縁起熊手を眺める親子連れ=1969(昭和44)年11月30日、東京都台東区千束の鷲神社(おおとりじんじゃ)

  30. 2018030800570

    酉の市 スケッチ企画5845−40  年末の風物詩、酉の市(とりのいち)で購入した縁起熊手を見せる2人連れ=1969(昭和44)年11月30日、東京都台東区千束の鷲神社(おおとりじんじゃ)

  31. 2018030800569

    酉の市(三ノ酉) スケッチ企画5844−13  年末の風物詩、酉の市(とりのいち)で縁起熊手を購入した家族連れ=1969(昭和44)年11月30日、東京都台東区千束の鷲神社(おおとりじんじゃ)

  32. 2018020500922

    いざ、バイクで! 遠く離れた故郷へ帰省  1日、帰省する出稼ぎ労働者に無料で給油サービスを行う中国石油天然ガス集団(中石油)の若いボランティア。【新華社福州】1日、40日間にわたる2018年の春運(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)が本格的に始まった。春節(中国の旧正月)を故郷で過ごすバイク帰省者の一団が、朝早くから中国石油天然ガス集団(中石油)福建省泉州市荊山のガソリンスタンドで給油し、長い長い帰省の旅に出た。彼らの便宜を図るため、中石油は7年間続いている公益活動「バイク帰省者に温かいぬくもりを」をスタートさせ、福建省、江西省、湖北省、湖南省、広西チワン族自治区の5省区にある約100カ所のガソリンスタンドで「バイク帰省者」のために無料の給油サービスを行い、反射ベスト、ジンジャーティー、地図などを提供し、彼らに温かいぬくもりを届けている。(新華社記者/魏培全) =2018(平成30)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2017100800276

    浅草鷲神社の酉の市 スケッチ22584  露天で熊手など購入する人たちでにぎわう鷲神社(おおとりじんじゃ)の酉の市(一の酉)=1958(昭和33)年11月3日、東京都台東区千束

  34. 2017100800129

    鎌倉の面掛行列 スケッチ22500A  鎌倉・御霊神社(ごりょうじんじゃ)の例祭で、市中を練り歩く面掛行列(めんかけぎょうれつ)=1958(昭和33)年9月19日、鎌倉市

  35. 2017072002117

    ソ菜(野菜) ショウガの運搬  ショウガの運搬=1982(昭和57)年11月20日、高知県長岡、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [C−244] 「日本農業新聞」

  36. 2017072002115

    ソ菜(野菜) ショウガの収穫  ショウガの収穫=1982(昭和57)年11月20日、高知県長岡、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [C−238] 「日本農業新聞」

  37. 2016102500465

    競輪場 スケッチ2011  打鐘(だしょう)が鳴らされる中、ゴール目指して走る選手たち=1950(昭和25)年9月16日、撮影場所不明

  38. 2015051700065

    大分産シイタケをアピール 交流する来間久さん  イタリア・ミラノ万博の「日本館」イベント広場で、来館者の若者たちと交流する「来間屋生姜糖本舗」の来間久さん(左から2人目)=16日(共同)

  39. 2015051700063

    大分産シイタケをアピール ショウガ糖を試す来館者  イタリア・ミラノ万博の「日本館」イベント広場で、島根県出雲市のショウガ糖を試す来館者=16日(共同)

  40. 2015021600375

    牛肉の朝市始まる  中川農相が視察   小川伝治東京都食肉事業協同組合理事長(右)の案内で“牛肉の朝市”を視察する中川一郎農相(中央)。「大変でしょうが、消費者に安い牛肉を食べてもらうために頑張ってください」とあいさつ=1978(昭和53)年1月19日、東京・芝浦の東京都食肉供給公社(53年内地 512) 資料 92474

  41. 2013041100209

    第1回モーターショー バスとトラックが主流  1954(昭和29)年4月20日、「第1回全日本自動車ショウ」が東京・日比谷公園で開かれた。自動車工業会など4団体の主催で約250台の車が展示されたが、大半はバスとトラックで乗用車は17台だけ。高根の花への関心は高く10日間で55万人の入場者が詰め掛けた。 「レトロ写真―あのころ」

  42. 2013030400456

    日米防衛会談で新機関合意    会談に臨み握手するシュレジンジャー米国防長官(左)と坂田道太防衛庁長官。会談では朝鮮半島情勢をめぐる問題が中心となり、在韓米軍の駐留が同半島の安定を保っているとの基本認識で一致。日米防衛協力、米国の新アジア戦略などについて協議した=1975(昭和50)年8月29日、防衛庁 50年内地 5932

  43. 2013012400149

    有楽町駅の新聞売り 照らすはアセチレンガス  1958(昭和33)年1月28日、東京・国鉄有楽町駅前に通勤客目当ての新聞売りが並んでいた。フランク永井のヒット曲「有楽町で逢いましょう」が街に流れ始めたころ。駅前でも明かりはまだほの暗く、手元を照らすカーバイドを利用したアセチレンガス照明がまぶしく光る。 「レトロ写真―あのころ」

  44. 2011012000172

    有楽町駅の新聞売り アセチレンガスの照明  1958(昭和33)年1月28日、東京の国鉄有楽町駅に通勤客目当ての新聞売りが並ぶ。フランク永井のヒット曲「有楽町で逢いましょう」が流れ始めたころ。百貨店「そごう」開店の宣伝曲として作られた。駅前でも街の明かりはまだ暗く、手元を照らすカーバイドを利用したアセチレンガス照明がまぶしく見える。 「レトロ写真―あのころ」

  45. 2009041600176

    第1回全日本自動車ショー バスとトラックが主流  1954(昭和29)年4月20日、「第1回全日本自動車ショウ」が東京・日比谷公園で開かれた。自動車工業会など4団体の主催で約250台の車が展示されたが、大半はバスとトラック。乗用車は17台だけだった。高根の花への関心度は高く10日間で約55万人の入場者が詰め掛けた。 「レトロ写真―あのころ」

  46. 2008072600001

    下鴨神社(しもがもじんじゃ)    京都市左京区、世界遺産(世界文化遺産)、2007年6月撮影

  47. 2008072500427

    上賀茂神社(かみがもじんじゃ)    京都市北区、世界遺産(世界文化遺産)、2007年6月撮影

  48. 2008072500238

    宇治上神社(うじがみじんじゃ)と宇治神社    宇治上神社(左上)と宇治神社(右下)、京都府宇治市、世界遺産(世界文化遺産)、2007年6月撮影

  49. 2005120600108

    「名を辱めぬよう頑張る」 「師匠には『心配でしょうが見守ってください』と報告した」と話す六代鶴沢燕三(中)と、三味線方の人間国宝・鶴沢寛治(左)、浄瑠璃語りの人間国宝・竹本住大夫(右)=大阪市中央区の国立文楽劇場  芸能総合「演芸プラス」【】 

  50. 2002070300110

    みんなでミルクの時間?  「ミルクの時間ですよお」と呼ばれたわけじゃないでしょうが、無数のネズミがミルクのたっぷり入った大きな盆に殺到。牛などと同様にネズミを神聖視するヒンズー教の寺院(インド・ラジャスタン州)が飼っているそうで、赤ちゃんも負けじとばかり盆に腕を突っ込んでいます。(ロイター=共同) 「海外フォト」【】 

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像