検索結果 44 件中 1 件 〜 44 件 "ニコライ"
  1. 2019071102404

    「DPA」 Stralsund town hall in the evening 10 July 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: The town hall (r) of Stralsund and the St. Nikolaikirche can be seen during the so-called blue hour at the market place. The coats of arms of Hamburg, Lübeck, Wismar, Rostock, Stralsund and Greifswald refer to the common Hanseatic period above the six windows to the market. The town hall in the World Heritage city is one of the most important Hanseatic secular buildings in the Baltic Sea region. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  2. 2019071102914

    「DPA」 Stralsund town hall in the evening 10 July 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: The town hall (r) of Stralsund and the St. Nikolaikirche can be seen during the so-called blue hour at the market place. The coats of arms of Hamburg, Lübeck, Wismar, Rostock, Stralsund and Greifswald refer to the common Hanseatic period above the six windows to the market. The town hall in the World Heritage city is one of the most important Hanseatic secular buildings in the Baltic Sea region. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  3. 2019051003244

    「スプートニク」 ロシアの戦勝記念日 09.05.2019 From left, Russian Prime Minister Dmitry Medvedev, Federation Council speaker Valentina Matvienko, Speaker of the State Duma Vyacheslav Volodin, Chairman of the Constitutional Court Valery Zorkin, Russian Prosecutor General Yury Chaika and Security Council Secretary Nikolai Patrushev attend a wreath laying ceremony to mark the Victory Day at the Tomb of the Unknown Soldier by the Kremlin wall in Moscow, Russia. Alexei Druzhinin / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  4. 2019020600020

    「九州沖縄なう」 海外から薩摩焼里帰り  鹿児島市の鹿児島県歴史資料センター黎明館で展示されている、旧薩摩藩主の島津忠義が1896年にニコライ2世へ贈った、ふた付きのつぼ(ロシアのエルミタージュ美術館蔵)

  5. 2017101300841

    シベリアに日本名の礼拝堂  ロシア東シベリアのリストビャンカ村に完成し、記念式典が開かれた「ニコライ日本」礼拝堂=13日(共同)

  6. 2017051900370

    資料 99273 防衛庁舞台にスパイ事件  1月17日夜に、宮永幸久元陸将補と大島経利・准尉が機密文書の受け渡しをした東京・神田駿河台の紅梅坂付近、右側がニコライ堂。翌日の1月18日、2人は防衛庁の機密文書をソ連に流した自衛隊法違反などで逮捕された(逮捕されたのは香椎英一・2尉を含め3人)=1980(昭和55)年1月21日(55年内地524)(宮永スパイ事件)

  7. 2017050800830

    ニコライ堂の除夜の鐘  ニコライ堂の除夜の鐘=1954(昭和29)年1月1日、東京都千代田区神田駿河台

  8. 2016030300532

    「西日本新聞」「九州の政治家」 松本治一郎 博多人形師の小島与一氏(左端)を訪れたニコライ・フェドレンコ駐日ソ連大使。(中央は松本治一郎氏)=1959(昭和34)年1月26日、福岡市、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

  9. 2014120900577

    通年企画「祈りよ力に」(50=最終回)「ロシア・サハリン」 悲劇は防げなかったか  海に臨むロシア極東サハリン州ホルムスク市の町並み。真岡郵便局跡にもビルが立ち、当時の面影はない。集団自決のこともほとんど知られていない(撮影・ニコライ・モギレンコ、共同)

  10. 2014062500635

    資料 20491 ニコライ堂の鐘  ニコライ堂の鐘=整理1946(昭和21)年9月1日(21年内地2172)、東京・神田

  11. 2014062500634

    資料 20491 ニコライ堂の鐘  ニコライ堂の鐘=整理1946(昭和21)年9月1日、東京・神田(21年内地2171)

  12. 2014022401073

    資料 24989 ニコライ堂(資料)  東京・神田駿河台のニコライ堂(東京復活大聖堂)=1951(昭和26)年1月23日(26年内地番号なし) 

  13. 2014022401072

    資料 24989 ニコライ堂(資料)  東京・神田駿河台のニコライ堂(東京復活大聖堂)=1951(昭和26)年1月23日(26年内地番号なし) 

  14. 2013082000620

    別KA 87374 国際選抜体操最終日  男子個人総合で優勝したソ連のニコライ・アンドリアノフの鉄棒の演技=1972(昭和47)年12月10日、日本武道館(昭和47年運動14341)

  15. 2012092700287

    「写真特集」 90年前撮影の航空写真  お茶の水橋付近。上は1922年撮影。中央左右に神田川が横切る、右下にはニコライ堂、中央左の橋はお茶の水橋、中央には複葉機。現在は高層ビルが林立し当時の面影が残るのはニコライ堂と湯島聖堂(右上)ぐらい=下は15日、共同通信社ヘリから

  16. 2012032600171

    関東大震災と東京の復興  神田駿河台のニコライ堂。周囲には高いビルが迫っている=2011(平成23)年12月22日

  17. 2012032600168

    DJ1202 関東大震災と東京の復興  1930(昭和5)年3月2日、帝都復興祭を前にしたニコライ堂(左奥)と聖橋(手前)。ニコライ堂は前年12月、岡田信一郎の設計で修復が成り、美しい姿が復活した。復興橋梁として新設の聖橋は、山田守の設計による鉄筋コンクリートのアーチ橋で、昭和2年に完成した。(日本電報通信社撮影)

  18. 2012031900215

    関東大震災と東京の復興  1923(大正12)年9月、地震と火災で鐘楼とドーム屋根が崩壊した神田駿河台のニコライ堂(中央)。周辺は一面、焼け野原と化した

  19. 2011041300287

    SK4-133 日本電報通信社資料  関東大震災で崩壊し再建された神田ニコライ堂の鐘楼に取り付けられた鐘。大小6個の取り付けが終わり明6日から再び山手一円で清らかな響きを聞くことができることになった=1929(昭和4)年4月5日(日本電報通信社撮影)

  20. 2011021000469

    資料 77301 三木、バイバコフ会談  会談場に入るソ連のニコライ・バイバコフ副首相(左)と三木武夫首相=1968(昭和43)年1月31日、東京都千代田区のホテル(43年内地 495)

  21. 2011021000446

    43年内地 232 ソ連のバイバコフ第1副首相来日  メッセージを読み上げるソ連のニコライ・バイバコフ第1副首相=1968(昭和43)年1月16日、東京国際空港(羽田)

  22. 2009060300059

    資料 58443 ニコライ堂  1962(昭和37)年ころの神田・駿河台のニコライ堂

  23. 2009042200163

    資料 15000-143 関東大震災  神田周辺の焼け跡と大被害を受けたニコライ堂(中央)=1923(大正12)年(撮影月日不明)(焼け跡)

  24. 2009011400132

    「同盟写真特報」 皇国の興廃在此一戦、今こそ我が胸にZ旗を掲げる秋なのだ、写真は日本海々戦を偲ぶ記録写真の数々(1)ネボガトフ司令官以下、帝国海軍に降伏の歴史的瞬間、左から朝日、浅間、富士、敷島、三笠、厳島、アブラクシン、ニコライ一世、出雲水雷艇、セニャーウヰン、アリヨール、常磐、八雲、磐手(2)晩年の東郷平八郎元帥(3)元帥の書(4)時の連合艦隊旗艦三笠(5)勇躍、出動を開始する連合艦隊(6)明治38年4月8日シンガポール沖を通過するロシア太平洋第二艦隊(7)全国民を狂喜せしめた敵艦隊撃滅の号外、昭和17年5月26日(火曜日)第1773号

  25. 2008060300117

    欧州特派員 179-06 東西統一前のドイツ民主共和国(DDR)  復興された「ニコライ街」で、昔ながらの手回しオルガンを奏でてお祭りムードを盛り上げる女性=1987年5月3日、東ベルリン(共同)

  26. 2006061900088

    人物通信 3554 ニコライ N.ブローヒン  ロシア(旧ソ連)、医学アカデミー総裁=1966(昭和41)年10月23日撮影

  27. 2006060800044

    人物通信 3475 ニコライ N. ブローヒン  ロシア(旧ソ連)、医学科学アカデミー総裁、国際対ガン連合会長=1966(昭和41)年10月20日撮影

  28. 2005120500073

    59年カラーニュース 333-4 北上する空母「ノボロシスク」  「ノボロシスク」に随伴するカラ級巡洋艦「ニコライエフ」=1984(昭和59)年2月24日、長崎県五島列島の福江島南西335キロ(ソ連)

  29. 2003013000073

     昭和 205 ◎東京・神田ニコライ堂(奥)とその周辺市街、ヨコ、昭和初期撮影

  30. 2003013000050

     昭和 200 ◎東京・神田・ニコライ堂と聖橋、ヨコ、昭和初期撮影

  31. 2019082802313

    「スプートニク」 SHANINA KARACHENTSOV PLAY 01.10.1985 Yelena Shanina as Konchita and Nikolai Karachentsov as Count Rezanov in the play “Juno and Avos“, Lenkom (Leninist Komsomol) Theater. Rybchinskiy / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  32. 2019081509411

    「スプートニク」 Vladimir Lenin sculpture by Nikolai Shcherbakov 01.12.1972 A sculpture of Vladimir Lenin by Nikolai Shcherbakov (1924-2015) at the Vladimir Lenin Museum in Moscow, a branch of the State History Museum. O. Ignatovich、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  33. 2019082802457

    「スプートニク」 PODGORNY PEHLAVI TRANSIRANIAN GAS PIPELINE 28.10.1970 Nikolai Podgorny, Chairman of the Presidium of the Supreme Council of the USSR (forefront left), and Mohammad Reza Pehlevi, the Shahinshah of Iran (second left), at the ceremonial opening of the Trans-Iranian gas pipeline in Astara, Iran. Valeriy Shustov / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  34. 2019072404666

    「スプートニク」 Swimming pool at Vladimir Lenin Central Stadium 01.06.1956 Exterior design of a swimming pool at the Vladimir Lenin Central Stadium. Opened in 1956. By sculptor Vladimir Lemport, Vadim Sidur and Nikolai Silis. Alexander、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  35. 1930120700001

     DC1800-2 ◎尼港(ニコライエフスク港)事件から10年が過ぎ、江連力一郎氏主催で行われた犠牲者追悼会=1930(昭和5)年12月7日、東京・芝の増上寺(日本電報通信社撮影)

  36. 1930030200003

    DJ1202 日本電報通信社資料  関東大震災から8年目、復興した帝都。神田・聖橋からニコライ堂(左奥)を望む=1930(昭和5)年3月2日(日本電報通信社撮影)

  37. 1930021400004

    DJ1166 日本電報通信社資料  関東大震災からの復興ぶりご視察を前に、巡幸先の九段坂から神田方面の下検分をする宮内省の木下侍従一行。後方中央にニコライ堂が見える。右手の4階建てのビルは大橋図書館=1930(昭和5)年2月14日(日本電報通信社撮影)

  38. 1929121500006

    DE0963 日本電報通信社資料  関東大震災で被災し修復された神田ニコライ堂の復興落成式=1929(昭和4)年12月15日(日本電報通信社撮影)

  39. 1929121500005

    DE0961 日本電報通信社資料  関東大震災で壊れたドームと時計塔の修復が終わり、復興落成式を迎えた神田ニコライ堂=1929(昭和4)年12月15日(日本電報通信社撮影)

  40. 1929121200001

    DI0952 日本電報通信社資料  関東大震災で壊れたドームや鐘楼の修復が終わり、15日の落成式を待つ神田ニコライ堂=1929(昭和4)年12月12日(日本電報通信社撮影)

  41. 2017080201004

    「長崎大学附属図書館」「古写真」 九段坂と燈明台  神田方面から皇居内濠に沿って麹町の大地にあがる急勾配の坂。関東大震災後道路改正行事で緩くなった。明治4年に東京湾の漁船の目印にと燈明台が建てられた。遠景に望まれる丸天井の建物は駿河台のニコライ堂である。=撮影年月日不明、東京、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号6‐18‐0]

  42. 2017081502316

    「長崎大学附属図書館」「古写真」 南山手の洋館群  南山手の丘陵地から長崎港方向を展望する。ロシア寺またはニコライ堂と通称するロシア正教会(ハリストス正教会、長崎市南山手イ19番ロシア領事館構内)の礼拝堂は棟上げして屋根を葺いたところで、いまだ建設中である。竣工は明治38年(1905)であり、この頃の撮影。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号114‐14‐0]

  43. 2018083100204

    「イマジンネット画廊」「古写真」「街」 御茶ノ水  キーワード:御茶ノ水、神田川、ニコライ堂(東京復活大聖堂)=明治~大正期、東京、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

  44. 2017081401301

    「長崎大学附属図書館」「古写真」 お茶の水と聖橋  順天堂医院の前から、共に明治24年(1891)に竣工した御茶の水橋とニコライ堂を望む。開削された人工の神田川を挟んで、左(北)側が湯島台で右(南)側が駿河台になる。江戸防衛のためこの台地には御茶の水橋が出来るまで橋は架けられなかった。この付近は人工の川ながら名渓といわれ、蛍とホトトギスの名所だった。明治20年代後半の撮影。=撮影年月日不明、東京、撮影者:A.ファサリ、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号81‐14‐0]

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像