検索結果 7 件中 1 件 〜 7 件 "フルンボイル"
  1. 2019121600831

    狩猟民の必需品を観光土産にオロチョン族の集落を訪ねて  10日、無形文化遺産伝習所で皮でできた靴を見せるオロチョン族の男性。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗の古里郷は、オロチョン族の狩猟民が暮らす集落の一つ。同地の無形文化遺産伝習所には、かつてオロチョン族が狩猟の際に冬の防寒具として着用していた毛皮の衣服や帽子が並び、今では観光客が買い求める手工芸品となっている。オロチョン族の人々が猟銃を手放し定住化するようになると、古里郷には無形文化遺産伝習所が設けられた。オロチョン族の老人が毛皮加工の技術を若い世代に伝え、また文化観光に活力を与える場所にもなっている。(オロチョン自治旗=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2019121600871

    狩猟民の必需品を観光土産にオロチョン族の集落を訪ねて  10日、無形文化遺産伝習所に展示されたオロチョン族の特色を持った帽子。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗の古里郷は、オロチョン族の狩猟民が暮らす集落の一つ。同地の無形文化遺産伝習所には、かつてオロチョン族が狩猟の際に冬の防寒具として着用していた毛皮の衣服や帽子が並び、今では観光客が買い求める手工芸品となっている。オロチョン族の人々が猟銃を手放し定住化するようになると、古里郷には無形文化遺産伝習所が設けられた。オロチョン族の老人が毛皮加工の技術を若い世代に伝え、また文化観光に活力を与える場所にもなっている。(オロチョン自治旗=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2019121600867

    狩猟民の必需品を観光土産にオロチョン族の集落を訪ねて  10日、無形文化遺産伝習所でオロチョン族の特色ある帽子をかぶせる同族の男性。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗の古里郷は、オロチョン族の狩猟民が暮らす集落の一つ。同地の無形文化遺産伝習所には、かつてオロチョン族が狩猟の際に冬の防寒具として着用していた毛皮の衣服や帽子が並び、今では観光客が買い求める手工芸品となっている。オロチョン族の人々が猟銃を手放し定住化するようになると、古里郷には無形文化遺産伝習所が設けられた。オロチョン族の老人が毛皮加工の技術を若い世代に伝え、また文化観光に活力を与える場所にもなっている。(オロチョン自治旗=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2019121600868

    狩猟民の必需品を観光土産にオロチョン族の集落を訪ねて  10日、無形文化遺産伝習所で皮の加工技術を伝授するオロチョン族の老人(左)。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗の古里郷は、オロチョン族の狩猟民が暮らす集落の一つ。同地の無形文化遺産伝習所には、かつてオロチョン族が狩猟の際に冬の防寒具として着用していた毛皮の衣服や帽子が並び、今では観光客が買い求める手工芸品となっている。オロチョン族の人々が猟銃を手放し定住化するようになると、古里郷には無形文化遺産伝習所が設けられた。オロチョン族の老人が毛皮加工の技術を若い世代に伝え、また文化観光に活力を与える場所にもなっている。(オロチョン自治旗=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2019121600827

    狩猟民の必需品を観光土産にオロチョン族の集落を訪ねて  10日、無形文化遺産伝習所で撮影した革の服に施された刺しゅう。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗の古里郷は、オロチョン族の狩猟民が暮らす集落の一つ。同地の無形文化遺産伝習所には、かつてオロチョン族が狩猟の際に冬の防寒具として着用していた毛皮の衣服や帽子が並び、今では観光客が買い求める手工芸品となっている。オロチョン族の人々が猟銃を手放し定住化するようになると、古里郷には無形文化遺産伝習所が設けられた。オロチョン族の老人が毛皮加工の技術を若い世代に伝え、また文化観光に活力を与える場所にもなっている。(オロチョン自治旗=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2019121600835

    狩猟民の必需品を観光土産にオロチョン族の集落を訪ねて  10日、無形文化遺産伝習所で革製品を整頓するオロチョン族の男性。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗の古里郷は、オロチョン族の狩猟民が暮らす集落の一つ。同地の無形文化遺産伝習所には、かつてオロチョン族が狩猟の際に冬の防寒具として着用していた毛皮の衣服や帽子が並び、今では観光客が買い求める手工芸品となっている。オロチョン族の人々が猟銃を手放し定住化するようになると、古里郷には無形文化遺産伝習所が設けられた。オロチョン族の老人が毛皮加工の技術を若い世代に伝え、また文化観光に活力を与える場所にもなっている。(オロチョン自治旗=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2019121600866

    狩猟民の必需品を観光土産にオロチョン族の集落を訪ねて  10日、無形文化遺産伝習所で革製品を製作するオロチョン族の老人(左)。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗の古里郷は、オロチョン族の狩猟民が暮らす集落の一つ。同地の無形文化遺産伝習所には、かつてオロチョン族が狩猟の際に冬の防寒具として着用していた毛皮の衣服や帽子が並び、今では観光客が買い求める手工芸品となっている。オロチョン族の人々が猟銃を手放し定住化するようになると、古里郷には無形文化遺産伝習所が設けられた。オロチョン族の老人が毛皮加工の技術を若い世代に伝え、また文化観光に活力を与える場所にもなっている。(オロチョン自治旗=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像