検索結果 327 件中 1 件 〜 50 件 "中国貴州省"
  1. 2019102104068

    「新華社」 無形文化遺産で活気取り戻したミャオ族銀細工職人の村貴州省  外国人観光客に自身の銀細工作品を見せる貴州省雷山県西江鎮麻料村の銀細工職人、潘仕学さん(手前左)。(資料写真)中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州雷山県西江鎮麻料村は地域でよく知られた銀細工職人の村で、村民の70%が国の無形文化遺産に指定されている銀細工の鍛造業に従事している。潘仕学(はん・しがく)さんもその一人。村ではこの2年ほど、潘さんらが先頭に立ち、同村が中国伝統村落リストに登録されたことを生かして「アグリツーリズム経済」の発展に力を入れており、かつての過疎化した「空洞の村」が今では「人気の村」へと変わり、再び輝きを放ち活気を取り戻している。(雷山=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019102104220

    「新華社」 無形文化遺産で活気取り戻したミャオ族銀細工職人の村貴州省  貴州省雷山県西江鎮麻料村の廃校になった小学校をリフォームした銀細工・刺繍講習館。(資料写真)中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州雷山県西江鎮麻料村は地域でよく知られた銀細工職人の村で、村民の70%が国の無形文化遺産に指定されている銀細工の鍛造業に従事している。潘仕学(はん・しがく)さんもその一人。村ではこの2年ほど、潘さんらが先頭に立ち、同村が中国伝統村落リストに登録されたことを生かして「アグリツーリズム経済」の発展に力を入れており、かつての過疎化した「空洞の村」が今では「人気の村」へと変わり、再び輝きを放ち活気を取り戻している。(雷山=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  3. 2019102104170

    「新華社」 無形文化遺産で活気取り戻したミャオ族銀細工職人の村貴州省  貴州省雷山県西江鎮麻料村の銀細工・刺繍講習館で銀細工製品の加工現場を見学する観光客。(資料写真)中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州雷山県西江鎮麻料村は地域でよく知られた銀細工職人の村で、村民の70%が国の無形文化遺産に指定されている銀細工の鍛造業に従事している。潘仕学(はん・しがく)さんもその一人。村ではこの2年ほど、潘さんらが先頭に立ち、同村が中国伝統村落リストに登録されたことを生かして「アグリツーリズム経済」の発展に力を入れており、かつての過疎化した「空洞の村」が今では「人気の村」へと変わり、再び輝きを放ち活気を取り戻している。(雷山=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019102104154

    「新華社」 無形文化遺産で活気取り戻したミャオ族銀細工職人の村貴州省  2013年に第2期中国伝統村落に登録された、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州雷山県西江鎮麻料村。(小型無人機から、資料写真)中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州雷山県西江鎮麻料村は地域でよく知られた銀細工職人の村で、村民の70%が国の無形文化遺産に指定されている銀細工の鍛造業に従事している。潘仕学(はん・しがく)さんもその一人。村ではこの2年ほど、潘さんらが先頭に立ち、同村が中国伝統村落リストに登録されたことを生かして「アグリツーリズム経済」の発展に力を入れており、かつての過疎化した「空洞の村」が今では「人気の村」へと変わり、再び輝きを放ち活気を取り戻している。(雷山=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  5. 2019102104218

    「新華社」 動物の絵が「ナビゲート」貴州省で字の読めない移住者向けに  15日、暗くなると光る動物の絵。中国貴州省は第13次5カ年計画(2016~20年)期間に貧困対策の一環として188万人を都市部へ移住させる。移住対象者は中国で最も多い。これまでに約180万人が移住を済ませたが、移住先での生活にどのように適応させるかが新たな課題となっている。同省黔西南(けんせいなん)プイ族ミャオ族自治州興義市の洒金街道には、移住者のための居住区「栗坪社区」が設けられ、字の読めない高齢者や子どもが帰宅時に道に迷わないよう、建物に動物の絵が張られている。また居住区内の道路両脇にはさまざまな色のラインが引かれ、帰り道を「ナビゲート」している。(興義=新華社記者/施銭貴)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019102104088

    「新華社」 動物の絵が「ナビゲート」貴州省で字の読めない移住者向けに  15日、子どもたちが放課後に利用できる「四時半」教室。中国貴州省は第13次5カ年計画(2016~20年)期間に貧困対策の一環として188万人を都市部へ移住させる。移住対象者は中国で最も多い。これまでに約180万人が移住を済ませたが、移住先での生活にどのように適応させるかが新たな課題となっている。同省黔西南(けんせいなん)プイ族ミャオ族自治州興義市の洒金街道には、移住者のための居住区「栗坪社区」が設けられ、字の読めない高齢者や子どもが帰宅時に道に迷わないよう、建物に動物の絵が張られている。また居住区内の道路両脇にはさまざまな色のラインが引かれ、帰り道を「ナビゲート」している。(興義=新華社記者/施銭貴)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019102104106

    「新華社」 動物の絵が「ナビゲート」貴州省で字の読めない移住者向けに  15日、建物ごとに異なる動物の絵。中国貴州省は第13次5カ年計画(2016~20年)期間に貧困対策の一環として188万人を都市部へ移住させる。移住対象者は中国で最も多い。これまでに約180万人が移住を済ませたが、移住先での生活にどのように適応させるかが新たな課題となっている。同省黔西南(けんせいなん)プイ族ミャオ族自治州興義市の洒金街道には、移住者のための居住区「栗坪社区」が設けられ、字の読めない高齢者や子どもが帰宅時に道に迷わないよう、建物に動物の絵が張られている。また居住区内の道路両脇にはさまざまな色のラインが引かれ、帰り道を「ナビゲート」している。(興義=新華社記者/施銭貴)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019102104057

    「新華社」 動物の絵が「ナビゲート」貴州省で字の読めない移住者向けに  15日、移住した高齢者向けのデイケアセンターに並ぶマッサージ用ベッド。中国貴州省は第13次5カ年計画(2016~20年)期間に貧困対策の一環として188万人を都市部へ移住させる。移住対象者は中国で最も多い。これまでに約180万人が移住を済ませたが、移住先での生活にどのように適応させるかが新たな課題となっている。同省黔西南(けんせいなん)プイ族ミャオ族自治州興義市の洒金街道には、移住者のための居住区「栗坪社区」が設けられ、字の読めない高齢者や子どもが帰宅時に道に迷わないよう、建物に動物の絵が張られている。また居住区内の道路両脇にはさまざまな色のラインが引かれ、帰り道を「ナビゲート」している。(興義=新華社記者/施銭貴)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019102104253

    「新華社」 動物の絵が「ナビゲート」貴州省で字の読めない移住者向けに  15日、エリアごとに異なる色のラインが道路両脇に引かれた栗坪社区。中国貴州省は第13次5カ年計画(2016~20年)期間に貧困対策の一環として188万人を都市部へ移住させる。移住対象者は中国で最も多い。これまでに約180万人が移住を済ませたが、移住先での生活にどのように適応させるかが新たな課題となっている。同省黔西南(けんせいなん)プイ族ミャオ族自治州興義市の洒金街道には、移住者のための居住区「栗坪社区」が設けられ、字の読めない高齢者や子どもが帰宅時に道に迷わないよう、建物に動物の絵が張られている。また居住区内の道路両脇にはさまざまな色のラインが引かれ、帰り道を「ナビゲート」している。(興義=新華社記者/施銭貴)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019102104228

    「新華社」 無形文化遺産で活気取り戻したミャオ族銀細工職人の村貴州省  12日、銀細工製品を制作する貴州省雷山県西江鎮麻料村の銀細工職人。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州雷山県西江鎮麻料村は地域でよく知られた銀細工職人の村で、村民の70%が国の無形文化遺産に指定されている銀細工の鍛造業に従事している。潘仕学(はん・しがく)さんもその一人。村ではこの2年ほど、潘さんらが先頭に立ち、同村が中国伝統村落リストに登録されたことを生かして「アグリツーリズム経済」の発展に力を入れており、かつての過疎化した「空洞の村」が今では「人気の村」へと変わり、再び輝きを放ち活気を取り戻している。(雷山=新華社記者/李黔渝)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019102104072

    「新華社」 無形文化遺産で活気取り戻したミャオ族銀細工職人の村貴州省  12日、銀細工製品を彫る貴州省雷山県西江鎮麻料村の銀細工職人。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州雷山県西江鎮麻料村は地域でよく知られた銀細工職人の村で、村民の70%が国の無形文化遺産に指定されている銀細工の鍛造業に従事している。潘仕学(はん・しがく)さんもその一人。村ではこの2年ほど、潘さんらが先頭に立ち、同村が中国伝統村落リストに登録されたことを生かして「アグリツーリズム経済」の発展に力を入れており、かつての過疎化した「空洞の村」が今では「人気の村」へと変わり、再び輝きを放ち活気を取り戻している。(雷山=新華社記者/李黔渝)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019101604958

    「新華社」 かつての水銀鉱山文化を観光に生かす貴州省銅仁市  朱砂古鎮内の景色。(8月28日撮影)中国貴州省銅仁市万山(ばんざん)区の水銀硫化物である朱砂(しゅしゃ、辰砂)採掘の歴史は古く、秦漢時代にまでさかのぼることができ、同区はかつて朱砂の埋蔵量・産出量ともに国内随一を誇り、「千年の朱砂の都」の異名を持つ。しかし、2001年に万山水銀鉱山は、資源枯渇のため政策により閉鎖され、この地は発展の苦境に陥った。その後、同区は変革の道を模索し、2015年に独特の朱砂文化を中核に据え、国の最高ランクである5A級観光地の基準に基づいて、現存する鉱山跡地や文化財を整備開発して利用、朱砂古鎮を建設した。(銅仁=新華社記者/李驚亜)=2019(令和元)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019101604960

    「新華社」 かつての水銀鉱山文化を観光に生かす貴州省銅仁市  朱砂古鎮内の景色。(8月28日撮影)中国貴州省銅仁市万山(ばんざん)区の水銀硫化物である朱砂(しゅしゃ、辰砂)採掘の歴史は古く、秦漢時代にまでさかのぼることができ、同区はかつて朱砂の埋蔵量・産出量ともに国内随一を誇り、「千年の朱砂の都」の異名を持つ。しかし、2001年に万山水銀鉱山は、資源枯渇のため政策により閉鎖され、この地は発展の苦境に陥った。その後、同区は変革の道を模索し、2015年に独特の朱砂文化を中核に据え、国の最高ランクである5A級観光地の基準に基づいて、現存する鉱山跡地や文化財を整備開発して利用、朱砂古鎮を建設した。(銅仁=新華社記者/李驚亜)=2019(令和元)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019101604894

    「新華社」 かつての水銀鉱山文化を観光に生かす貴州省銅仁市  朱砂古鎮の観光エリア内の断崖ホテルの景色。(8月28日撮影)中国貴州省銅仁市万山(ばんざん)区の水銀硫化物である朱砂(しゅしゃ)採掘の歴史は古く、秦漢時代にまでさかのぼることができ、同区はかつて朱砂の埋蔵量・産出量ともに国内随一を誇り、「千年の朱砂の都」の異名を持つ。しかし、2001年に万山水銀鉱山は、資源枯渇のため政策により閉鎖され、この地は発展の苦境に陥った。その後、同区は変革の道を模索し、2015年に独特の朱砂文化を中核に据え、国の最高ランクである5A級観光地の基準に基づいて、現存する鉱山跡地や文化財を整備開発して利用、朱砂古鎮を建設した。(銅仁=新華社記者/劉智強)=2019(令和元)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019101604801

    「新華社」 かつての水銀鉱山文化を観光に生かす貴州省銅仁市  朱砂古鎮内の景色。(8月28日撮影)中国貴州省銅仁市万山(ばんざん)区の水銀硫化物である朱砂(しゅしゃ、辰砂)採掘の歴史は古く、秦漢時代にまでさかのぼることができ、同区はかつて朱砂の埋蔵量・産出量ともに国内随一を誇り、「千年の朱砂の都」の異名を持つ。しかし、2001年に万山水銀鉱山は、資源枯渇のため政策により閉鎖され、この地は発展の苦境に陥った。その後、同区は変革の道を模索し、2015年に独特の朱砂文化を中核に据え、国の最高ランクである5A級観光地の基準に基づいて、現存する鉱山跡地や文化財を整備開発して利用、朱砂古鎮を建設した。(銅仁=新華社記者/李驚亜)=2019(令和元)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019101604804

    「新華社」 かつての水銀鉱山文化を観光に生かす貴州省銅仁市  朱砂古鎮内の景色。(8月28日撮影)中国貴州省銅仁市万山(ばんざん)区の水銀硫化物である朱砂(しゅしゃ、辰砂)採掘の歴史は古く、秦漢時代にまでさかのぼることができ、同区はかつて朱砂の埋蔵量・産出量ともに国内随一を誇り、「千年の朱砂の都」の異名を持つ。しかし、2001年に万山水銀鉱山は、資源枯渇のため政策により閉鎖され、この地は発展の苦境に陥った。その後、同区は変革の道を模索し、2015年に独特の朱砂文化を中核に据え、国の最高ランクである5A級観光地の基準に基づいて、現存する鉱山跡地や文化財を整備開発して利用、朱砂古鎮を建設した。(銅仁=新華社記者/劉智強)=2019(令和元)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019090501036

    「新華社」 古人類の洞窟「招果洞遺跡」、発掘調査再開貴州省  27日、招果洞遺跡から出土した墓の遺構。中国貴州省貴陽市貴安新区にある古人類の洞窟「招果洞遺跡」でこのほど、発掘調査が再開された。同遺跡では2017年に発掘調査が開始されてから、陶片や磨製石器、動物の骨などの遺物が大量に出土している。そのうちの墓2基は現在、同省で発見された最も早期の人類の埋葬遺跡となっている。考古学専門家の鑑定によると、「招果洞遺跡」は今からおよそ3万8千〜3千年前のもので、保存状態は良く、文化層の堆積も厚く、出土遺物も多かった。とくに、太古のいろりや墓などの遺跡が見つかったことは、中国西南部の旧石器時代末期から新石器時代の人類文化や自然環境との調和を研究する上で、重要な意義があるという。(貴陽=新華社配信/貴州省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年8月27日、クレジット:貴州省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  18. 2019090501039

    「新華社」 古人類の洞窟「招果洞遺跡」、発掘調査再開貴州省  27日、招果洞遺跡から出土した骨製錐。中国貴州省貴陽市貴安新区にある古人類の洞窟「招果洞遺跡」でこのほど、発掘調査が再開された。同遺跡では2017年に発掘調査が開始されてから、陶片や磨製石器、動物の骨などの遺物が大量に出土している。そのうちの墓2基は現在、同省で発見された最も早期の人類の埋葬遺跡となっている。考古学専門家の鑑定によると、「招果洞遺跡」は今からおよそ3万8千〜3千年前のもので、保存状態は良く、文化層の堆積も厚く、出土遺物も多かった。とくに、太古のいろりや墓などの遺跡が見つかったことは、中国西南部の旧石器時代末期から新石器時代の人類文化や自然環境との調和を研究する上で、重要な意義があるという。(貴陽=新華社配信/貴州省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年8月27日、クレジット:貴州省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  19. 2019090501000

    「新華社」 古人類の洞窟「招果洞遺跡」、発掘調査再開貴州省  27日、招果洞遺跡から出土した骨角製錐。中国貴州省貴陽市貴安新区にある古人類の洞窟「招果洞遺跡」でこのほど、発掘調査が再開された。同遺跡では2017年に発掘調査が開始されてから、陶片や磨製石器、動物の骨などの遺物が大量に出土している。そのうちの墓2基は現在、同省で発見された最も早期の人類の埋葬遺跡となっている。考古学専門家の鑑定によると、「招果洞遺跡」は今からおよそ3万8千〜3千年前のもので、保存状態は良く、文化層の堆積も厚く、出土遺物も多かった。とくに、太古のいろりや墓などの遺跡が見つかったことは、中国西南部の旧石器時代末期から新石器時代の人類文化や自然環境との調和を研究する上で、重要な意義があるという。(貴陽=新華社配信/貴州省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年8月27日、クレジット:貴州省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  20. 2019090402387

    「新華社」 壮観!巨大な「太極八卦図」が出現貴州省仁懐市  8月27日、「太極八卦図」を囲む山々。(小型無人機から)中国貴州省仁懐(じんかい)市壇廠(たんしょう)街道弁事処(都市基層政府の出先機関)に属する枇杷コミュニティにある自然の地形を生かした農村観光園区にこのほど、81種の植物を組み合わせて作られた300ムー(約20ヘクタール)余りの「太極八卦図」が現われた。図案の中心部分にコーリャンや菜の花が植えられ、その周りを花の庭園と木の遊歩道に囲まれているこのスポットには、毎年大勢の観光客が訪れる。(貴陽=新華社配信/尚宇傑)=2019(令和元)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019090402326

    「新華社」 壮観!巨大な「太極八卦図」が出現貴州省仁懐市  8月27日、八卦図の田んぼに隣接する白酒の工業園区。(小型無人機から)中国貴州省仁懐(じんかい)市壇廠(たんしょう)街道弁事処(都市基層政府の出先機関)に属する枇杷コミュニティにある自然の地形を生かした農村観光園区にこのほど、81種の植物を組み合わせて作られた300ムー(約20ヘクタール)余りの「太極八卦図」が現われた。図案の中心部分にコーリャンや菜の花が植えられ、その周りを花の庭園と木の遊歩道に囲まれているこのスポットには、毎年大勢の観光客が訪れる。(貴陽=新華社配信/尚宇傑)=2019(令和元)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019091105076

    「新華社」 多くの市民でにぎわう「ネットで人気の地下鉄駅」貴州省貴陽市  貴陽地下鉄1号線北京路駅で上映された幻想的なイルミネーションショー。(8月21日撮影)中国貴州省貴陽市では、地下鉄1号線開通後に中山西路と北京路の両駅で複合商業施設が相次いでオープンした。巨大スクリーンやデジタル・インタラクティブ設備、特色ある飲食店などを一体化し、ユニークな街並みを作り出しており、毎日多くの人々が見学や体験に訪れている。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019091104995

    「新華社」 多くの市民でにぎわう「ネットで人気の地下鉄駅」貴州省貴陽市  貴陽地下鉄1号線北京路駅の「ネットの人気スポット」入口。(8月21日撮影)中国貴州省貴陽市では、地下鉄1号線開通後に中山西路と北京路の両駅で複合商業施設が相次いでオープンした。巨大スクリーンやデジタル・インタラクティブ設備、特色ある飲食店などを一体化し、ユニークな街並みを作り出しており、毎日多くの人々が見学や体験に訪れている。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019091105044

    「新華社」 多くの市民でにぎわう「ネットで人気の地下鉄駅」貴州省貴陽市  貴陽地下鉄1号線北京路駅で上映されたデジタルプロジェクション映像を体験する市民。(8月21日撮影)中国貴州省貴陽市では、地下鉄1号線開通後に中山西路と北京路の両駅で複合商業施設が相次いでオープンした。巨大スクリーンやデジタル・インタラクティブ設備、特色ある飲食店などを一体化し、ユニークな街並みを作り出しており、毎日多くの人々が見学や体験に訪れている。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019091105005

    「新華社」 多くの市民でにぎわう「ネットで人気の地下鉄駅」貴州省貴陽市  貴陽地下鉄1号線北京路駅を訪れた市民。(8月21日撮影)中国貴州省貴陽市では、地下鉄1号線開通後に中山西路と北京路の両駅で複合商業施設が相次いでオープンした。巨大スクリーンやデジタル・インタラクティブ設備、特色ある飲食店などを一体化し、ユニークな街並みを作り出しており、毎日多くの人々が見学や体験に訪れている。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019091105053

    「新華社」 多くの市民でにぎわう「ネットで人気の地下鉄駅」貴州省貴陽市  貴陽地下鉄1号線北京路駅で上映されたデジタルプロジェクション映像を体験する市民。(8月21日撮影)中国貴州省貴陽市では、地下鉄1号線開通後に中山西路と北京路の両駅で複合商業施設が相次いでオープンした。巨大スクリーンやデジタル・インタラクティブ設備、特色ある飲食店などを一体化し、ユニークな街並みを作り出しており、毎日多くの人々が見学や体験に訪れている。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019083001407

    「新華社」 古人類の洞窟「招果洞遺跡」、発掘調査再開貴州省  招果洞遺跡の概要が記された石碑。(8月20日撮影)中国貴州省貴陽市貴安新区にある古人類の洞窟「招果洞遺跡」でこのほど、発掘調査が再開された。同遺跡では2017年に発掘調査が開始されてから、陶片や磨製石器、動物の骨などの遺物が大量に出土している。そのうちの墓2基は現在、同省で発見された最も早期の人類の埋葬遺跡となっている。考古学専門家の鑑定によると、「招果洞遺跡」は今からおよそ3万8千〜3千年前のもので、保存状態は良く、文化層の堆積も厚く、出土遺物も多かった。とくに、太古のいろりや墓などの遺跡が見つかったことは、中国西南部の旧石器時代末期から新石器時代の人類文化や自然環境との調和を研究する上で、重要な意義があるという。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2019(令和元)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019083001396

    「新華社」 古人類の洞窟「招果洞遺跡」、発掘調査再開貴州省  「貴州省重点文物保護単位」に指定されている招果洞遺跡の一角。(8月20日撮影)中国貴州省貴陽市貴安新区にある古人類の洞窟「招果洞遺跡」でこのほど、発掘調査が再開された。同遺跡では2017年に発掘調査が開始されてから、陶片や磨製石器、動物の骨などの遺物が大量に出土している。そのうちの墓2基は現在、同省で発見された最も早期の人類の埋葬遺跡となっている。考古学専門家の鑑定によると、「招果洞遺跡」は今からおよそ3万8千〜3千年前のもので、保存状態は良く、文化層の堆積も厚く、出土遺物も多かった。とくに、太古のいろりや墓などの遺跡が見つかったことは、中国西南部の旧石器時代末期から新石器時代の人類文化や自然環境との調和を研究する上で、重要な意義があるという。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2019(令和元)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019083001398

    「新華社」 古人類の洞窟「招果洞遺跡」、発掘調査再開貴州省  招果洞遺跡の洞窟の入り口に積まれた土のサンプル。(8月20日撮影)中国貴州省貴陽市貴安新区にある古人類の洞窟「招果洞遺跡」でこのほど、発掘調査が再開された。同遺跡では2017年に発掘調査が開始されてから、陶片や磨製石器、動物の骨などの遺物が大量に出土している。そのうちの墓2基は現在、同省で発見された最も早期の人類の埋葬遺跡となっている。考古学専門家の鑑定によると、「招果洞遺跡」は今からおよそ3万8千〜3千年前のもので、保存状態は良く、文化層の堆積も厚く、出土遺物も多かった。とくに、太古のいろりや墓などの遺跡が見つかったことは、中国西南部の旧石器時代末期から新石器時代の人類文化や自然環境との調和を研究する上で、重要な意義があるという。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2019(令和元)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019083001421

    「新華社」 古人類の洞窟「招果洞遺跡」、発掘調査再開貴州省  招果洞遺跡の発掘調査に用いられる道具の一部。(8月20日撮影)中国貴州省貴陽市貴安新区にある古人類の洞窟「招果洞遺跡」でこのほど、発掘調査が再開された。同遺跡では2017年に発掘調査が開始されてから、陶片や磨製石器、動物の骨などの遺物が大量に出土している。そのうちの墓2基は現在、同省で発見された最も早期の人類の埋葬遺跡となっている。考古学専門家の鑑定によると、「招果洞遺跡」は今からおよそ3万8千〜3千年前のもので、保存状態は良く、文化層の堆積も厚く、出土遺物も多かった。とくに、太古のいろりや墓などの遺跡が見つかったことは、中国西南部の旧石器時代末期から新石器時代の人類文化や自然環境との調和を研究する上で、重要な意義があるという。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2019(令和元)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019083001390

    「新華社」 古人類の洞窟「招果洞遺跡」、発掘調査再開貴州省  招果洞遺跡から出土した石器の一部。(8月20日撮影)中国貴州省貴陽市貴安新区にある古人類の洞窟「招果洞遺跡」でこのほど、発掘調査が再開された。同遺跡では2017年に発掘調査が開始されてから、陶片や磨製石器、動物の骨などの遺物が大量に出土している。そのうちの墓2基は現在、同省で発見された最も早期の人類の埋葬遺跡となっている。考古学専門家の鑑定によると、「招果洞遺跡」は今からおよそ3万8千〜3千年前のもので、保存状態は良く、文化層の堆積も厚く、出土遺物も多かった。とくに、太古のいろりや墓などの遺跡が見つかったことは、中国西南部の旧石器時代末期から新石器時代の人類文化や自然環境との調和を研究する上で、重要な意義があるという。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2019(令和元)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019083001410

    「新華社」 古人類の洞窟「招果洞遺跡」、発掘調査再開貴州省  招果洞遺跡の初期の発掘調査現場。(8月20日撮影)中国貴州省貴陽市貴安新区にある古人類の洞窟「招果洞遺跡」でこのほど、発掘調査が再開された。同遺跡では2017年に発掘調査が開始されてから、陶片や磨製石器、動物の骨などの遺物が大量に出土している。そのうちの墓2基は現在、同省で発見された最も早期の人類の埋葬遺跡となっている。考古学専門家の鑑定によると、「招果洞遺跡」は今からおよそ3万8千〜3千年前のもので、保存状態は良く、文化層の堆積も厚く、出土遺物も多かった。とくに、太古のいろりや墓などの遺跡が見つかったことは、中国西南部の旧石器時代末期から新石器時代の人類文化や自然環境との調和を研究する上で、重要な意義があるという。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2019(令和元)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019082100677

    「新華社」 まさに「花の海」広大な花畑を満喫貴州省桐梓県  19日、空から見た桐梓県杉坪村の花畑。(小型無人機から)中国貴州省遵義市桐梓(とうし)県杉坪村の花畑「黔北(貴州省北部)花海」がこのほど、見頃を迎え、花々が織りなす魅力的な風景を楽しもうと多くの観光客が訪れている。(遵義=新華社記者/蔣成)=2019(令和元)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019082100676

    「新華社」 まさに「花の海」広大な花畑を満喫貴州省桐梓県  19日、空から見た桐梓県杉坪村の花畑。(小型無人機から)中国貴州省遵義市桐梓(とうし)県杉坪村の花畑「黔北(貴州省北部)花海」がこのほど、見頃を迎え、花々が織りなす魅力的な風景を楽しもうと多くの観光客が訪れている。(遵義=新華社記者/蔣成)=2019(令和元)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019082100711

    「新華社」 まさに「花の海」広大な花畑を満喫貴州省桐梓県  19日、桐梓県杉坪村の花畑を散策する観光客。中国貴州省遵義市桐梓(とうし)県杉坪村の花畑「黔北(貴州省北部)花海」がこのほど、見頃を迎え、花々が織りなす魅力的な風景を楽しもうと多くの観光客が訪れている。(遵義=新華社記者/蔣成)=2019(令和元)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019082100698

    「新華社」 まさに「花の海」広大な花畑を満喫貴州省桐梓県  19日、桐梓県杉坪村の花畑を散策する観光客。中国貴州省遵義市桐梓(とうし)県杉坪村の花畑「黔北(貴州省北部)花海」がこのほど、見頃を迎え、花々が織りなす魅力的な風景を楽しもうと多くの観光客が訪れている。(遵義=新華社記者/蔣成)=2019(令和元)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019081900425

    「新華社」 踊る指先器用な手先で貧困脱却貴州省  14日、大会の会場で国家級無形文化遺産の「楓香(ふうこう)染め」の技を披露する女性。中国貴州省貴陽市で14日、第5回貴州省女性による特色ある手作り工芸およびイノベーション製品大会が開催された。同省各地から集まった女性の刺しゅう家や染色家が民族刺しゅうやろうけつ染め、イノベーション製品デザインなどの種目に分かれ腕を競い合った。同省で2013年に始まった「錦繡計画」(刺しゅうなどの産業によって貧困脱却を後押しする計画)は、これまで多くの女性が抱えてきた在宅就労と貧困脱却・増収の間にあった矛盾を解決するだけでなく、約50万人の貴州の女性たちに生産額60億元(1元=約15円)の貧しさから脱出し豊かになる「輝かしい道」を切り開き、貧困脱却と増収を支援してきた。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019091105042

    「新華社」 多くの市民でにぎわう「ネットで人気の地下鉄駅」貴州省貴陽市  貴陽地下鉄1号線中山西路駅で特殊効果を使った雪を体験する市民。(8月8日撮影)中国貴州省貴陽市では、地下鉄1号線開通後に中山西路と北京路の両駅で複合商業施設が相次いでオープンした。巨大スクリーンやデジタル・インタラクティブ設備、特色ある飲食店などを一体化し、ユニークな街並みを作り出しており、毎日多くの人々が見学や体験に訪れている。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2019(令和元)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019091104980

    「新華社」 多くの市民でにぎわう「ネットで人気の地下鉄駅」貴州省貴陽市  貴陽地下鉄1号線中山西路駅を訪れた市民。(8月8日撮影)中国貴州省貴陽市では、地下鉄1号線開通後に中山西路と北京路の両駅で複合商業施設が相次いでオープンした。巨大スクリーンやデジタル・インタラクティブ設備、特色ある飲食店などを一体化し、ユニークな街並みを作り出しており、毎日多くの人々が見学や体験に訪れている。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2019(令和元)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019070902495

    「新華社」 「両想いの日」祝うトン族の人々貴州省榕江県  6日、馬にリボンを結び付けるトン族の女性。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州榕江県楽里鎮の七十二寨(集落)で6日、旧暦6月6日の相思節(両想いの日)を祝う行事が行われた。トン族の人々が一堂に会し、特別な一日を楽しんだ。相思節は元々、トン族の伝統的な祭り「吃新節」に当たる。人々は早稲を収穫し、新米を食べ、祖先にささげるとともに、歌や演劇、闘牛などを行う。また、普段会う機会の少ない若い男女が、祭りをきっかけに思いを伝えたり、婚約したりすることから、トン族の若者たちにとっては「両想いの日」でもある。(黔東南=新華社配信/楊成利)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  41. 2019070902500

    「新華社」 針の先の「生きた化石」シュイ族で受け継がれる馬尾繡  6日、貴州省三都シュイ族自治県の工房で馬尾繡に使う馬の尻尾の毛を選ぶ韋桃花(い・とうか)さん。中国貴州省三都(さんと)シュイ族自治県に主に暮らす少数民族、シュイ族に伝わる馬尾繡(馬の尻尾の毛を使った刺しゅう)は、絹糸を巻き付けた馬の尻尾の毛を、下書きした模様の輪郭に沿って刺しゅうし、その後輪郭に沿ってさまざまな図案を刺しゅうで浮き上がらせたもの。技法は複雑で、芸術的価値が非常に高く、中国の国家級無形文化遺産に指定されている。馬尾繡はシュイ族の女性が代々受け継ぐ特別な刺しゅう技法で、中国刺しゅうの「生きた化石」と呼ばれている。(三都=新華社記者/欧東衢)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019070902475

    「新華社」 針の先の「生きた化石」シュイ族で受け継がれる馬尾繡  6日、貴州省三都シュイ族自治県の工房で馬の尻尾の毛に絹糸を巻き付ける韋桃花(い・とうか)さん。中国貴州省三都(さんと)シュイ族自治県に主に暮らす少数民族、シュイ族に伝わる馬尾繡(馬の尻尾の毛を使った刺しゅう)は、絹糸を巻き付けた馬の尻尾の毛を、下書きした模様の輪郭に沿って刺しゅうし、その後輪郭に沿ってさまざまな図案を刺しゅうで浮き上がらせたもの。技法は複雑で、芸術的価値が非常に高く、中国の国家級無形文化遺産に指定されている。馬尾繡はシュイ族の女性が代々受け継ぐ特別な刺しゅう技法で、中国刺しゅうの「生きた化石」と呼ばれている。(三都=新華社記者/欧東衢)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019070902491

    「新華社」 「両想いの日」祝うトン族の人々貴州省榕江県  6日、貴州省榕江県楽里鎮で、芦笙舞(ろしょうまい)を踊るトン族の人々。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州榕江県楽里鎮の七十二寨(集落)で6日、旧暦6月6日の相思節(両想いの日)を祝う行事が行われた。トン族の人々が一堂に会し、特別な一日を楽しんだ。相思節は元々、トン族の伝統的な祭り「吃新節」に当たる。人々は早稲を収穫し、新米を食べ、祖先にささげるとともに、歌や演劇、闘牛などを行う。また、普段会う機会の少ない若い男女が、祭りをきっかけに思いを伝えたり、婚約したりすることから、トン族の若者たちにとっては「両想いの日」でもある。(黔東南=新華社配信/楊成利)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  44. 2019070902503

    「新華社」 針の先の「生きた化石」シュイ族で受け継がれる馬尾繡  6日、貴州省三都シュイ族自治県の工房で馬尾繡の完成品を確認する、馬尾繡の無形文化遺産伝承者、韋桃花(い・とうか)さん。中国貴州省三都(さんと)シュイ族自治県に主に暮らす少数民族、シュイ族に伝わる馬尾繡(馬の尻尾の毛を使った刺しゅう)は、絹糸を巻き付けた馬の尻尾の毛を、下書きした模様の輪郭に沿って刺しゅうし、その後輪郭に沿ってさまざまな図案を刺しゅうで浮き上がらせたもの。技法は複雑で、芸術的価値が非常に高く、中国の国家級無形文化遺産に指定されている。馬尾繡はシュイ族の女性が代々受け継ぐ特別な刺しゅう技法で、中国刺しゅうの「生きた化石」と呼ばれている。(三都=新華社記者/欧東衢)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019070902502

    「新華社」 針の先の「生きた化石」シュイ族で受け継がれる馬尾繡  6日、貴州省三都シュイ族自治県の工房で馬尾繡の図案の下書きをする韋桃花(い・とうか)さん。中国貴州省三都(さんと)シュイ族自治県に主に暮らす少数民族、シュイ族に伝わる馬尾繡(馬の尻尾の毛を使った刺しゅう)は、絹糸を巻き付けた馬の尻尾の毛を、下書きした模様の輪郭に沿って刺しゅうし、その後輪郭に沿ってさまざまな図案を刺しゅうで浮き上がらせたもの。技法は複雑で、芸術的価値が非常に高く、中国の国家級無形文化遺産に指定されている。馬尾繡はシュイ族の女性が代々受け継ぐ特別な刺しゅう技法で、中国刺しゅうの「生きた化石」と呼ばれている。(三都=新華社記者/欧東衢)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019070902515

    「新華社」 「両想いの日」祝うトン族の人々貴州省榕江県  6日、貴州省榕江県楽里鎮で、芦笙舞(ろしょうまい)を踊るトン族の人々。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州榕江県楽里鎮の七十二寨(集落)で6日、旧暦6月6日の相思節(両想いの日)を祝う行事が行われた。トン族の人々が一堂に会し、特別な一日を楽しんだ。相思節は元々、トン族の伝統的な祭り「吃新節」に当たる。人々は早稲を収穫し、新米を食べ、祖先にささげるとともに、歌や演劇、闘牛などを行う。また、普段会う機会の少ない若い男女が、祭りをきっかけに思いを伝えたり、婚約したりすることから、トン族の若者たちにとっては「両想いの日」でもある。(黔東南=新華社配信/楊成利)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  47. 2019070902518

    「新華社」 「両想いの日」祝うトン族の人々貴州省榕江県  6日、貴州省榕江県楽里鎮で、芦笙舞(ろしょうまい)を踊るトン族の人々。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州榕江県楽里鎮の七十二寨(集落)で6日、旧暦6月6日の相思節(両想いの日)を祝う行事が行われた。トン族の人々が一堂に会し、特別な一日を楽しんだ。相思節は元々、トン族の伝統的な祭り「吃新節」に当たる。人々は早稲を収穫し、新米を食べ、祖先にささげるとともに、歌や演劇、闘牛などを行う。また、普段会う機会の少ない若い男女が、祭りをきっかけに思いを伝えたり、婚約したりすることから、トン族の若者たちにとっては「両想いの日」でもある。(黔東南=新華社配信/楊成利)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  48. 2019061001379

    「新華社」 シュイ族のシンボル、水司楼を訪ねて貴州省独山県  7日、貴州省独山県影山鎮の水司楼。(小型無人機から)中国貴州省独山県影山鎮にある水司楼は、高さが99・9メートルの24階建てで、くぎを使わず木と木をつなぎ合わせた榫卯(しゅんぼう)構造の大型木造建築物となっている。山と水のそばで生活するシュイ族の伝統的な風俗習慣と建築的特徴に基づいて建てられた水司楼は、同族の文化と知恵の象徴となっている。(独山=新華社記者/劉続)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019061001241

    「新華社」 シュイ族のシンボル、水司楼を訪ねて貴州省独山県  7日、貴州省独山県影山鎮の水司楼。(小型無人機から)中国貴州省独山県影山鎮にある水司楼は、高さが99・9メートルの24階建てで、くぎを使わず木と木をつなぎ合わせた榫卯(しゅんぼう)構造の大型木造建築物となっている。山と水のそばで生活するシュイ族の伝統的な風俗習慣と建築的特徴に基づいて建てられた水司楼は、同族の文化と知恵の象徴となっている。(独山=新華社記者/劉続)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019061001251

    「新華社」 シュイ族のシンボル、水司楼を訪ねて貴州省独山県  7日、貴州省独山県影山鎮の水司楼。(小型無人機から)中国貴州省独山県影山鎮にある水司楼は、高さが99・9メートルの24階建てで、くぎを使わず木と木をつなぎ合わせた榫卯(しゅんぼう)構造の大型木造建築物となっている。山と水のそばで生活するシュイ族の伝統的な風俗習慣と建築的特徴に基づいて建てられた水司楼は、同族の文化と知恵の象徴となっている。(独山=新華社記者/劉続)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像