検索結果 7 件中 1 件 〜 7 件 "保護動物"
  1. 2020062403066

    高速道路に取り残されたチョウゲンボウのひなを保護黒竜江省  チョウゲンボウのひなを確認する警察官。(6月1日撮影)中国黒竜江省ハルビン市に住む楊さんがこのほど、同省伊春市烏翠区を車で通っていたところ、高速道路の脇で雨に濡れて震える2羽のひなが入った鳥かごを発見した。楊さんはひなを車に乗せ、同市嘉蔭県に到着した後、警察に通報して助けを求めた。同県公安局の警察は、保護されたひなが国家2級保護動物のチョウゲンボウで、まだ飛ぶ能力がないことを確認した。調査の結果、2羽のひなは小興安嶺野生動物救護繁殖センターの移転に伴う移動の途中、誤って車から落ちたことが判明した。2羽は伊春市の警察によって既に野生動物保護繁殖センターへ送られ、適切な処置を受けている。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。 「新華社」

  2. 2020062403068

    高速道路に取り残されたチョウゲンボウのひなを保護黒竜江省  保護されたチョウゲンボウのひな。(6月1日撮影)中国黒竜江省ハルビン市に住む楊さんがこのほど、同省伊春市烏翠区を車で通っていたところ、高速道路の脇で雨に濡れて震える2羽のひなが入った鳥かごを発見した。楊さんはひなを車に乗せ、同市嘉蔭県に到着した後、警察に通報して助けを求めた。同県公安局の警察は、保護されたひなが国家2級保護動物のチョウゲンボウで、まだ飛ぶ能力がないことを確認した。調査の結果、2羽のひなは小興安嶺野生動物救護繁殖センターの移転に伴う移動の途中、誤って車から落ちたことが判明した。2羽は伊春市の警察によって既に野生動物保護繁殖センターへ送られ、適切な処置を受けている。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。 「新華社」

  3. 2020061112017

    (22)アルバス山で「妖精」守る「バーラルのお父さん」内モンゴル自治区  深さ100メートルほどの谷底でバーラルに水を与えるための石槽を設ける阿日并さん。(5月14日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗棋盤井鎮の北部に位置するアルバス(阿爾巴斯)山は、切り立った岩壁が特徴で、険しい山として知られる。モンゴル族の阿日并(アリビン)さん(68)は、山の中に身を隠す「山の妖精」バーラルに水を与えるため、太陽が照りつける青空の下でバイクを走らせて10年になる。現地の人々は親しみを込めて彼を「バーラルのお父さん」と呼ぶ。中国の国家2級保護動物に指定されているバーラルは、標高2100~6300メートルの裸岩地帯に生息している。阿日并さんの世話の下で、バーラルの数は増え続け、最初は4~5頭だったが、今では17~18頭になったという。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020061111986

    アルバス山で「妖精」守る「バーラルのお父さん」内モンゴル自治区  谷底で休憩する阿日并さん。(5月14日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗棋盤井鎮の北部に位置するアルバス(阿爾巴斯)山は、切り立った岩壁が特徴で、険しい山として知られる。モンゴル族の阿日并(アリビン)さん(68)は、山の中に身を隠す「山の妖精」バーラルに水を与えるため、太陽が照りつける青空の下でバイクを走らせて10年になる。現地の人々は親しみを込めて彼を「バーラルのお父さん」と呼ぶ。中国の国家2級保護動物に指定されているバーラルは、標高2100~6300メートルの裸岩地帯に生息している。阿日并さんの世話の下で、バーラルの数は増え続け、最初は4~5頭だったが、今では17~18頭になったという。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020061112008

    アルバス山で「妖精」守る「バーラルのお父さん」内モンゴル自治区  深さ100メートルほどの谷底でバーラルに水を与えるための石槽を設ける阿日并さん。(5月14日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗棋盤井鎮の北部に位置するアルバス(阿爾巴斯)山は、切り立った岩壁が特徴で、険しい山として知られる。モンゴル族の阿日并(アリビン)さん(68)は、山の中に身を隠す「山の妖精」バーラルに水を与えるため、太陽が照りつける青空の下でバイクを走らせて10年になる。現地の人々は親しみを込めて彼を「バーラルのお父さん」と呼ぶ。中国の国家2級保護動物に指定されているバーラルは、標高2100~6300メートルの裸岩地帯に生息している。阿日并さんの世話の下で、バーラルの数は増え続け、最初は4~5頭だったが、今では17~18頭になったという。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020061112069

    (22)アルバス山で妖精守る「バーラルのお父さん」内モンゴル自治区  深さ100メートルほどの谷底でバーラルに水を与えるための石槽を設ける阿日并さん。(5月14日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗棋盤井鎮の北部に位置するアルバス(阿爾巴斯)山は、切り立った岩壁が特徴で、険しい山として知られる。モンゴル族の阿日并(アリビン)さん(68)は、山の中に身を隠す「山の妖精」バーラルに水を与えるため、太陽が照りつける青空の下でバイクを走らせて10年になる。現地の人々は親しみを込めて彼を「バーラルのお父さん」と呼ぶ。中国の国家2級保護動物に指定されているバーラルは、標高2100~6300メートルの裸岩地帯に生息している。阿日并さんの世話の下で、バーラルの数は増え続け、最初は4~5頭だったが、今では17~18頭になったという。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2013112100125

    国際保護動物に二世誕生  ヨーロッパバイソン  14日早朝、誕生した国際保護動物ヨーロッパバイソンの赤ちゃん。後ろは母親。二世誕生は日本で初めて。赤ちゃんの体重は24キロ、体長90センチ、体高78センチ。成長すると体重は600キロぐらいになるという=1976(昭和51)年7月16日、京都市動物園 51年内地 4993

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像