検索結果 103 件中 1 件 〜 50 件 "貧困脱却"
  1. 2020040302533

    「新華社」 特色ある産業が貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  3月26日、ウランチャブ市チャハル右翼後旗大六号鎮の祥輝種植養殖専業合作社のビニールハウスで、飼育するミツバチを確認する村民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はここ数年、貧困脱却の難関攻略を進める中で地域の特色ある産業を全力で発展させている。企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせた産業モデルを通じて、これまで複数に分かれていた貧困扶助補助金の統合を実施。伝統の養殖業をより大きく、より強くすることで近代農業への発展を促し、生活困窮者が質の高い貧困脱出を実現できるよう後押ししている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2020040302634

    「新華社」 特色ある産業が貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  3月26日、ウランチャブ市チャハル右翼後旗大六号鎮の祥輝種植養殖専業合作社のビニールハウスでイチゴの摘果(てきか)をする村民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はここ数年、貧困脱却の難関攻略を進める中で地域の特色ある産業を全力で発展させている。企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせた産業モデルを通じて、これまで複数に分かれていた貧困扶助補助金の統合を実施。伝統の養殖業をより大きく、より強くすることで近代農業への発展を促し、生活困窮者が質の高い貧困脱出を実現できるよう後押ししている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2020040302591

    「新華社」 特色ある産業が貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  3月26日、ウランチャブ市チャハル右翼後旗大六号鎮の祥輝種植養殖専業合作社のビニールハウスでイチゴの摘果(てきか)をする村民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はここ数年、貧困脱却の難関攻略を進める中で地域の特色ある産業を全力で発展させている。企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせた産業モデルを通じて、これまで複数に分かれていた貧困扶助補助金の統合を実施。伝統の養殖業をより大きく、より強くすることで近代農業への発展を促し、生活困窮者が質の高い貧困脱出を実現できるよう後押ししている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2020040302532

    「新華社」 特色ある産業が貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  3月25日、ウランチャブ市商都県の六台灘肉牛養殖専業合作社で牛舎を掃除する村民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はここ数年、貧困脱却の難関攻略を進める中で地域の特色ある産業を全力で発展させている。企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせた産業モデルを通じて、これまで複数に分かれていた貧困扶助補助金の統合を実施。伝統の養殖業をより大きく、より強くすることで近代農業への発展を促し、生活困窮者が質の高い貧困脱出を実現できるよう後押ししている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2020040302636

    「新華社」 特色ある産業が貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  3月25日、ウランチャブ市商都県の六台灘肉牛養殖専業合作社でアンガス牛に飼料を与える村民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はここ数年、貧困脱却の難関攻略を進める中で地域の特色ある産業を全力で発展させている。企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせた産業モデルを通じて、これまで複数に分かれていた貧困扶助補助金の統合を実施。伝統の養殖業をより大きく、より強くすることで近代農業への発展を促し、生活困窮者が質の高い貧困脱出を実現できるよう後押ししている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2020040302560

    「新華社」 特色ある産業が貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  3月25日、ウランチャブ市商都県の六台灘肉牛養殖専業合作社でアンガス牛に飼料を与える村民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はここ数年、貧困脱却の難関攻略を進める中で地域の特色ある産業を全力で発展させている。企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせた産業モデルを通じて、これまで複数に分かれていた貧困扶助補助金の統合を実施。伝統の養殖業をより大きく、より強くすることで近代農業への発展を促し、生活困窮者が質の高い貧困脱出を実現できるよう後押ししている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2020022503834

    「新華社」 貧困脱却支援の工場、感染との闘いを支援河北省邢台市  23日、河北超越服装の工場で、医療機関で使う隔離服を急ピッチで製造する従業員。中国河北省邢台市羊范鎮のアパレル企業、河北超越服装は18日から、貧困脱却支援用の工場を使い、医療機関用の隔離服の製造を開始しており、現在、1日に千着以上生産している。工場ではこれまで、衣料品の生産・加工を手掛けてきたが、新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制を支援するため、同社が従業員を直ちに組織。原材料の供給や従業員の技能訓練などの問題を解決し、隔離服の製造に切り替えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2020022503848

    「新華社」 貧困脱却支援の工場、感染との闘いを支援河北省邢台市  23日、河北超越服装の工場で、医療機関で使う隔離服を急ピッチで製造する従業員。中国河北省邢台市羊范鎮のアパレル企業、河北超越服装は18日から、貧困脱却支援用の工場を使い、医療機関用の隔離服の製造を開始しており、現在、1日に千着以上生産している。工場ではこれまで、衣料品の生産・加工を手掛けてきたが、新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制を支援するため、同社が従業員を直ちに組織。原材料の供給や従業員の技能訓練などの問題を解決し、隔離服の製造に切り替えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2020022503876

    「新華社」 貧困脱却支援の工場、感染との闘いを支援河北省邢台市  23日、河北超越服装の工場で、医療機関で使う隔離服を急ピッチで製造する従業員。中国河北省邢台市羊范鎮のアパレル企業、河北超越服装は18日から、貧困脱却支援用の工場を使い、医療機関用の隔離服の製造を開始しており、現在、1日に千着以上生産している。工場ではこれまで、衣料品の生産・加工を手掛けてきたが、新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制を支援するため、同社が従業員を直ちに組織。原材料の供給や従業員の技能訓練などの問題を解決し、隔離服の製造に切り替えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2020030203532

    「新華社」 新型肺炎、貧困脱却にも影響労働者支援に動く中国  2月22日、キノコを栽培している重慶市のビニールハウスで働く農民ら。新型肺炎が広範囲に拡大したため、中国の多くの地域で労働力の移動が妨げられ、工業生産が混乱し、貧困対策事業が延期された。中国の貧困脱却の堅塁攻略戦は新たな困難に直面している。人的資源・社会保障部と国務院扶貧(貧困扶助)開発指導小組弁公室の通達文書によると、地方政府の関係部署が新型肺炎による貧困逆戻り防止に向けた雇用支援を行うとしている。(重慶=新華社配信/黄偉)=2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2020022503687

    「新華社」 「特別列車」、貧困脱却の希望を乗せて職場復帰を支援  21日、福州駅で工場に向かうバスを待つ甘粛省定西市安定区出身の出稼ぎ労働者、張努傑(ちょう・どけつ)さん。中国甘粛省定西(ていせい)市の出稼ぎ労働者519人を乗せたG4704列車が21日午後9時頃、福建省福州駅に到着した。同列車は甘粛省と福建省を直通で結び、出稼ぎ労働者の職場復帰を支援する初の高速鉄道特別列車で、福建省にとっても初の出稼ぎ労働者専用の特別列車受け入れに当たる。定西市では今年、約千人の労働者が2500キロ離れた福建省福州市での出稼ぎ労働を希望している。しかし、新型コロナウイルスによる肺炎が発生したため、春節(旧正月)以降に福州市に向かう計画が頓挫、操業再開を進める福州市の企業は緊急に労働者を必要としていた。両地区の要請を受けた鉄道部門は、定西市と福州市を結ぶ出稼ぎ労働者専用の特別列車を運行、移動中の感染リスクを減らしながら、福州市の企業の人手不足という喫緊の課題も解決した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2020022503778

    「新華社」 「特別列車」、貧困脱却の希望を乗せて職場復帰を支援  21日、受け入れ先の福建兆元光電に到着し、宿舎で話をする甘粛省定西市安定区出身の出稼ぎ労働者、張努傑(ちょう・どけつ)さん(左)と郭宏(かく・こう)さん(左から2人目)。中国甘粛省定西(ていせい)市の出稼ぎ労働者519人を乗せたG4704列車が21日午後9時頃、福建省福州駅に到着した。同列車は甘粛省と福建省を直通で結び、出稼ぎ労働者の職場復帰を支援する初の高速鉄道特別列車で、福建省にとっても初の出稼ぎ労働者専用の特別列車受け入れに当たる。定西市では今年、約千人の労働者が2500キロ離れた福建省福州市での出稼ぎ労働を希望している。しかし、新型コロナウイルスによる肺炎が発生したため、春節(旧正月)以降に福州市に向かう計画が頓挫、操業再開を進める福州市の企業は緊急に労働者を必要としていた。両地区の要請を受けた鉄道部門は、定西市と福州市を結ぶ出稼ぎ労働者専用の特別列車を運行、移動中の感染リスクを減らしながら、福州市の企業の人手不足という喫緊の課題も解決した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2020022503695

    「新華社」 「特別列車」、貧困脱却の希望を乗せて職場復帰を支援  21日、受け入れ先の福建兆元光電に到着し、布団などの生活用品を受け取る出稼ぎ労働者の張努傑(ちょう・どけつ)さん(左から3人目)と郭宏(かく・こう)さん(左から2人目)。中国甘粛省定西(ていせい)市の出稼ぎ労働者519人を乗せたG4704列車が21日午後9時頃、福建省福州駅に到着した。同列車は甘粛省と福建省を直通で結び、出稼ぎ労働者の職場復帰を支援する初の高速鉄道特別列車で、福建省にとっても初の出稼ぎ労働者専用の特別列車受け入れに当たる。定西市では今年、約千人の労働者が2500キロ離れた福建省福州市での出稼ぎ労働を希望している。しかし、新型コロナウイルスによる肺炎が発生したため、春節(旧正月)以降に福州市に向かう計画が頓挫、操業再開を進める福州市の企業は緊急に労働者を必要としていた。両地区の要請を受けた鉄道部門は、定西市と福州市を結ぶ出稼ぎ労働者専用の特別列車を運行、移動中の感染リスクを減らしながら、福州市の企業の人手不足という喫緊の課題も解決した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2020030203567

    「新華社」 新型肺炎、貧困脱却にも影響労働者支援に動く中国  2月20日、安徽省肥西県厳店郷で収穫したイチゴをパックに詰める農民ら。新型肺炎が広範囲に拡大したため、中国の多くの地域で労働力の移動が妨げられ、工業生産が混乱し、貧困対策事業が延期された。2020年に中国の貧困脱却の堅塁攻略戦は新たな困難に直面している。人的資源・社会保障部と国務院扶貧(貧困扶助)開発指導小組弁公室の通達文書によると、地方政府の関係部署が新型肺炎による貧困逆戻り防止に向けた雇用支援を行うとしている。(合肥=新華社記者/劉軍喜)=2020(令和2)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2020030203533

    「新華社」 新型肺炎、貧困脱却にも影響労働者支援に動く中国  2月18日、安徽省阜陽市の高速鉄道阜陽西駅で、仕事に戻るため家族と共に浙江省寧波市行きの特別列車G9383に乗り込む労働者ら。新型肺炎が広範囲に拡大したため、中国の多くの地域で労働力の移動が妨げられ、工業生産が混乱し、貧困対策事業が延期された。中国の貧困脱却の堅塁攻略戦は新たな困難に直面している。人力資源・社会保障部と国務院扶貧(貧困扶助)開発指導小組弁公室の通達文書によると、地方政府の関係部署が新型肺炎による貧困逆戻り防止に向けた雇用支援を行うとしている。(合肥=新華社配信/周囲)=2020(令和2)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2020011603195

    「新華社」 豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  7日、坪朗村の豆腐工房で、出来上がった豆腐製品を箱に入れる「坪朗豆腐」作りの無形文化遺産伝承者、石清香(せき・せいこう)さん。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2020011603246

    「新華社」 豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  7日、坪朗村の豆腐工房で、村の人と豆腐を作る「坪朗豆腐」作りの無形文化遺産伝承者、石清香(せき・せいこう)さん(左)。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2020010700417

    「新華社」 ほうきづくり技術がもたらす貧困脱却への道内モンゴル自治区バイリン左旗  4日、加工工場でほうきを天日干しする従業員。中国内モンゴル自治区赤峰市バイリン左旗は、モロコシ(Sorghumbicolorvar.technicum)の栽培や加工の長い歴史を持つ。モロコシを使った編み物は伝統的な手工芸品で、2017年に同自治区の無形文化遺産に登録された。同旗はここ数年、モロコシの手編み技術に関する産業を大いに発展させ、関連植物の栽培面積約35万ムー(約233平方キロ)、規格化された加工工場85カ所に及ぶ産業チェーンを形成した。製品は日本や韓国、豪州などの国・地域に輸出され、9300人余りの貧困人口の地元での就業を後押しした。(赤峰=新華社配信/王正)=2020(令和2)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2020010700422

    「新華社」 ほうきづくり技術がもたらす貧困脱却への道内モンゴル自治区バイリン左旗  4日、加工工場で技術について交流する従業員たち。中国内モンゴル自治区赤峰市バイリン左旗は、モロコシ(Sorghumbicolorvar.technicum)の栽培や加工の長い歴史を持つ。モロコシを使った編み物は伝統的な手工芸品で、2017年に同自治区の無形文化遺産に登録された。同旗はここ数年、モロコシの手編み技術に関する産業を大いに発展させ、関連植物の栽培面積約35万ムー(約233平方キロ)、規格化された加工工場85カ所に及ぶ産業チェーンを形成した。製品は日本や韓国、豪州などの国・地域に輸出され、9300人余りの貧困人口の地元での就業を後押しした。(赤峰=新華社配信/王正)=2020(令和2)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2020010700342

    「新華社」 ほうきづくり技術がもたらす貧困脱却への道内モンゴル自治区バイリン左旗  4日、モロコシで作った壁飾り。中国内モンゴル自治区赤峰市バイリン左旗は、モロコシ(Sorghumbicolorvar.technicum)の栽培や加工の長い歴史を持つ。モロコシを使った編み物は伝統的な手工芸品で、2017年に同自治区の無形文化遺産に登録された。同旗はここ数年、モロコシの手編み技術に関する産業を大いに発展させ、関連植物の栽培面積約35万ムー(約233平方キロ)、規格化された加工工場85カ所に及ぶ産業チェーンを形成した。製品は日本や韓国、豪州などの国・地域に輸出され、9300人余りの貧困人口の地元での就業を後押しした。(赤峰=新華社配信/王正)=2020(令和2)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2020010700423

    「新華社」 ほうきづくり技術がもたらす貧困脱却への道内モンゴル自治区バイリン左旗  4日、加工工場で工芸品を作る従業員。中国内モンゴル自治区赤峰市バイリン左旗は、モロコシ(Sorghumbicolorvar.technicum)の栽培や加工の長い歴史を持つ。モロコシを使った編み物は伝統的な手工芸品で、2017年に同自治区の無形文化遺産に登録された。同旗はここ数年、モロコシの手編み技術に関する産業を大いに発展させ、関連植物の栽培面積約35万ムー(約233平方キロ)、規格化された加工工場85カ所に及ぶ産業チェーンを形成した。製品は日本や韓国、豪州などの国・地域に輸出され、9300人余りの貧困人口の地元での就業を後押しした。(赤峰=新華社配信/王正)=2020(令和2)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2020010700421

    「新華社」 ほうきづくり技術がもたらす貧困脱却への道内モンゴル自治区バイリン左旗  4日、加工工場でほうきを作る従業員。中国内モンゴル自治区赤峰市バイリン左旗は、モロコシ(Sorghumbicolorvar.technicum)の栽培や加工の長い歴史を持つ。モロコシを使った編み物は伝統的な手工芸品で、2017年に同自治区の無形文化遺産に登録された。同旗はここ数年、モロコシの手編み技術に関する産業を大いに発展させ、関連植物の栽培面積約35万ムー(約233平方キロ)、規格化された加工工場85カ所に及ぶ産業チェーンを形成した。製品は日本や韓国、豪州などの国・地域に輸出され、9300人余りの貧困人口の地元での就業を後押しした。(赤峰=新華社配信/王正)=2020(令和2)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2020010700437

    「新華社」 ほうきづくり技術がもたらす貧困脱却への道内モンゴル自治区バイリン左旗  4日、モロコシで作った壁飾り。中国内モンゴル自治区赤峰市バイリン左旗は、モロコシ(Sorghumbicolorvar.technicum)の栽培や加工の長い歴史を持つ。モロコシを使った編み物は伝統的な手工芸品で、2017年に同自治区の無形文化遺産に登録された。同旗はここ数年、モロコシの手編み技術に関する産業を大いに発展させ、関連植物の栽培面積約35万ムー(約233平方キロ)、規格化された加工工場85カ所に及ぶ産業チェーンを形成した。製品は日本や韓国、豪州などの国・地域に輸出され、9300人余りの貧困人口の地元での就業を後押しした。(赤峰=新華社配信/王正)=2020(令和2)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2020010700439

    「新華社」 ほうきづくり技術がもたらす貧困脱却への道内モンゴル自治区バイリン左旗  4日、加工工場で作業する従業員。中国内モンゴル自治区赤峰市バイリン左旗は、モロコシ(Sorghumbicolorvar.technicum)の栽培や加工の長い歴史を持つ。モロコシを使った編み物は伝統的な手工芸品で、2017年に同自治区の無形文化遺産に登録された。同旗はここ数年、モロコシの手編み技術に関する産業を大いに発展させ、関連植物の栽培面積約35万ムー(約233平方キロ)、規格化された加工工場85カ所に及ぶ産業チェーンを形成した。製品は日本や韓国、豪州などの国・地域に輸出され、9300人余りの貧困人口の地元での就業を後押しした。(赤峰=新華社配信/王正)=2020(令和2)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2020010602473

    「新華社」 紫望・平羅両高速道路が開通観光の発展を促進貴州省  1日、空から見た紫望高速道路(紫雲南~辺饒鎮間)。(小型無人機から)中国貴州省にある紫雲-望謨高速道路と平塘-羅甸高速道路が12月31日23時59分、全線開通した。これにより、紫雲ミャオ族プイ族自治県から望謨県までの時間が2時間半から50分に、平塘県から羅甸県までの時間が2時間半から1時間に短縮される。紫望高速道路の総距離は74キロメートル。平羅高速道路の総距離は93・478キロメートル。これらの開通は、沿線住民の生活環境の改善、観光業の発展促進および現地の貧困脱却に向けた支援において重要な意義を持つ。(貴陽=新華社記者/陶亮)=2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2020010602537

    「新華社」 紫望・平羅両高速道路が開通観光の発展を促進貴州省  1日、中国冶金科工集団有限公司(中冶集団)が建設を請け負った紫望高速道路の火花特大橋。(小型無人機から)中国貴州省にある紫雲-望謨高速道路と平塘-羅甸高速道路が12月31日23時59分、全線開通した。これにより、紫雲ミャオ族プイ族自治県から望謨県までの時間が2時間半から50分に、平塘県から羅甸県までの時間が2時間半から1時間に短縮される。紫望高速道路の総距離は74キロメートル。平羅高速道路の総距離は93・478キロメートル。これらの開通は、沿線住民の生活環境の改善、観光業の発展促進および現地の貧困脱却に向けた支援において重要な意義を持つ。(貴陽=新華社記者/陶亮)=2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2020010602603

    「新華社」 紫望・平羅両高速道路が開通観光の発展を促進貴州省  12月30日、空から見た平羅高速道路の大小井特大橋。(小型無人機から)中国貴州省にある紫雲-望謨高速道路と平塘-羅甸高速道路が12月31日23時59分、全線開通した。これにより、紫雲ミャオ族プイ族自治県から望謨県までの時間が2時間半から50分に、平塘県から羅甸県までの時間が2時間半から1時間に短縮される。紫望高速道路の総距離は74キロメートル。平羅高速道路の総距離は93・478キロメートル。これらの開通は、沿線住民の生活環境の改善、観光業の発展促進および現地の貧困脱却に向けた支援において重要な意義を持つ。(貴陽=新華社記者/陶亮)=2019(令和元)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2020010602474

    「新華社」 紫望・平羅両高速道路が開通観光の発展を促進貴州省  12月30日、空から見た平羅高速道路の大小井特大橋。(小型無人機から)中国貴州省にある紫雲-望謨高速道路と平塘-羅甸高速道路が12月31日23時59分、全線開通した。これにより、紫雲ミャオ族プイ族自治県から望謨県までの時間が2時間半から50分に、平塘県から羅甸県までの時間が2時間半から1時間に短縮される。紫望高速道路の総距離は74キロメートル。平羅高速道路の総距離は93・478キロメートル。これらの開通は、沿線住民の生活環境の改善、観光業の発展促進および現地の貧困脱却に向けた支援において重要な意義を持つ。(貴陽=新華社記者/陶亮)=2019(令和元)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2020010602602

    「新華社」 紫望・平羅両高速道路が開通観光の発展を促進貴州省  12月30日、空から見た平羅高速道路(牙舟~通州鎮間)。(小型無人機から)中国貴州省にある紫雲-望謨高速道路と平塘-羅甸高速道路が12月31日23時59分、全線開通した。これにより、紫雲ミャオ族プイ族自治県から望謨県までの時間が2時間半から50分に、平塘県から羅甸県までの時間が2時間半から1時間に短縮される。紫望高速道路の総距離は74キロメートル。平羅高速道路の総距離は93・478キロメートル。これらの開通は、沿線住民の生活環境の改善、観光業の発展促進および現地の貧困脱却に向けた支援において重要な意義を持つ。(貴陽=新華社記者/陶亮)=2019(令和元)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2020010602363

    「新華社」 紫望・平羅両高速道路が開通観光の発展を促進貴州省  12月29日、貴州公路開発公司が建設を請け負った平羅高速道路の平塘特大橋。(小型無人機から)中国貴州省にある紫雲-望謨高速道路と平塘-羅甸高速道路が12月31日23時59分、全線開通した。これにより、紫雲ミャオ族プイ族自治県から望謨県までの時間が2時間半から50分に、平塘県から羅甸県までの時間が2時間半から1時間に短縮される。紫望高速道路の総距離は74キロメートル。平羅高速道路の総距離は93・478キロメートル。これらの開通は、沿線住民の生活環境の改善、観光業の発展促進および現地の貧困脱却に向けた支援において重要な意義を持つ。(貴陽=新華社記者/陶亮)=2019(令和元)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2020010602468

    「新華社」 紫望・平羅両高速道路が開通観光の発展を促進貴州省  12月29日、貴州公路開発公司が建設を請け負った平羅高速道路の平塘特大橋。(小型無人機から)中国貴州省にある紫雲-望謨高速道路と平塘-羅甸高速道路が12月31日23時59分、全線開通した。これにより、紫雲ミャオ族プイ族自治県から望謨県までの時間が2時間半から50分に、平塘県から羅甸県までの時間が2時間半から1時間に短縮される。紫望高速道路の総距離は74キロメートル。平羅高速道路の総距離は93・478キロメートル。これらの開通は、沿線住民の生活環境の改善、観光業の発展促進および現地の貧困脱却に向けた支援において重要な意義を持つ。(貴陽=新華社記者/陶亮)=2019(令和元)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019111902777

    「新華社」 ハニ族の新年「十月年」を祝う  15日、豊作を祝って紅河県で開催された、第2回貧困脱却堅塁攻略農業特産物展示販売会で商品を選ぶ観光客。中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州紅河県で15~17日、「十月年」を祝うイベントが開催された。毎年旧暦10月の最初の竜日(干支による日付を表す干支紀日法で、辰に属する日)からハニ族の「十月年」が始まる。「十月年」はハニ族の新年で、通りに食卓がずらりと並ぶ長街宴(ちょうがいえん)や、踊り、魚つかみ大会などのイベントを行い、新年を祝う。(昆明=新華社記者/彭韻佳)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019111902831

    「新華社」 ハニ族の新年「十月年」を祝う  15日、豊作を祝って紅河県で開催された、第2回貧困脱却堅塁攻略農業特産物展示販売会で商品を選ぶ観光客。中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州紅河県で15~17日、「十月年」を祝うイベントが開催された。毎年旧暦10月の最初の竜日(干支による日付を表す干支紀日法で、辰に属する日)からハニ族の「十月年」が始まる。「十月年」はハニ族の新年で、通りに食卓がずらりと並ぶ長街宴(ちょうがいえん)や、踊り、魚つかみ大会などのイベントを行い、新年を祝う。(昆明=新華社記者/彭韻佳)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019110500263

    「新華社」 「ケサル王城」の秘密に迫る四川省カンゼ・チベット族自治州  10月31日、朝日に照らされた「ケサル王城」と遠方にそびえる雪山。中国四川省カンゼ・チベット族自治州カンゼ県でこのほど、「ケサル王城」がオープンした。ケサル王はチベット族の人々にとって心の英雄であり、叙事詩「ケサル王伝」は青海チベット高原やその周辺に広まっている。労働者が作り上げた民間伝承である同叙事詩は、チベット族の人々の勤勉さと知恵を体現している。「王城」は、叙事詩に描かれた30人の将軍の城にちなんで、30の異なる様式の村落が作られており、中に足を踏み入れると、まるで叙事詩の世界に入ったような感覚になる。「王城」はまた、歴史を伝える文化観光施設としてだけでなく、貧困脱却を支援する産業施設にもなっている。運営開始後、128カ所の貧困村で観光業を発展させることで、貧困村における産業発展の難局を打破し、3千世帯以上の貧困家庭が豊かになるよう支援していく。(カンゼ・チベット族自治州=新華社記者/康錦謙)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019110500253

    「新華社」 「ケサル王城」の秘密に迫る四川省カンゼ・チベット族自治州  10月31日、「ケサル王城」内に設置されたケサル王の像。中国四川省カンゼ・チベット族自治州カンゼ県でこのほど、「ケサル王城」がオープンした。ケサル王はチベット族の人々にとって心の英雄であり、叙事詩「ケサル王伝」は青海チベット高原やその周辺に広まっている。労働者が作り上げた民間伝承である同叙事詩は、チベット族の人々の勤勉さと知恵を体現している。「王城」は、叙事詩に描かれた30人の将軍の城にちなんで、30の異なる様式の村落が作られており、中に足を踏み入れると、まるで叙事詩の世界に入ったような感覚になる。「王城」はまた、歴史を伝える文化観光施設としてだけでなく、貧困脱却を支援する産業施設にもなっている。運営開始後、128カ所の貧困村で観光業を発展させることで、貧困村における産業発展の難局を打破し、3千世帯以上の貧困家庭が豊かになるよう支援していく。(カンゼ・チベット族自治州=新華社記者/康錦謙)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019110500234

    「新華社」 「ケサル王城」の秘密に迫る四川省カンゼ・チベット族自治州  10月30日、「ケサル王城」の街並み。中国四川省カンゼ・チベット族自治州カンゼ県でこのほど、「ケサル王城」がオープンした。ケサル王はチベット族の人々にとって心の英雄であり、叙事詩「ケサル王伝」は青海チベット高原やその周辺に広まっている。労働者が作り上げた民間伝承である同叙事詩は、チベット族の人々の勤勉さと知恵を体現している。「王城」は、叙事詩に描かれた30人の将軍の城にちなんで、30の異なる様式の村落が作られており、中に足を踏み入れると、まるで叙事詩の世界に入ったような感覚になる。「王城」はまた、歴史を伝える文化観光施設としてだけでなく、貧困脱却を支援する産業施設にもなっている。運営開始後、128カ所の貧困村で観光業を発展させることで、貧困村における産業発展の難局を打破し、3千世帯以上の貧困家庭が豊かになるよう支援していく。(カンゼ・チベット族自治州=新華社記者/康錦謙)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019110500248

    「新華社」 「ケサル王城」の秘密に迫る四川省カンゼ・チベット族自治州  10月30日、「ケサル王城」内に設置されたケサル王の像。中国四川省カンゼ・チベット族自治州カンゼ県でこのほど、「ケサル王城」がオープンした。ケサル王はチベット族の人々にとって心の英雄であり、叙事詩「ケサル王伝」は青海チベット高原やその周辺に広まっている。労働者が作り上げた民間伝承である同叙事詩は、チベット族の人々の勤勉さと知恵を体現している。「王城」は、叙事詩に描かれた30人の将軍の城にちなんで、30の異なる様式の村落が作られており、中に足を踏み入れると、まるで叙事詩の世界に入ったような感覚になる。「王城」はまた、歴史を伝える文化観光施設としてだけでなく、貧困脱却を支援する産業施設にもなっている。運営開始後、128カ所の貧困村で観光業を発展させることで、貧困村における産業発展の難局を打破し、3千世帯以上の貧困家庭が豊かになるよう支援していく。(カンゼ・チベット族自治州=新華社記者/康錦謙)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019110500377

    「新華社」 「ケサル王城」の秘密に迫る四川省カンゼ・チベット族自治州  10月30日、「ケサル王城」の正門。掲げられたチベット文字はケサル王が治めた嶺(リン)国を意味する。中国四川省カンゼ・チベット族自治州カンゼ県でこのほど、「ケサル王城」がオープンした。ケサル王はチベット族の人々にとって心の英雄であり、叙事詩「ケサル王伝」は青海チベット高原やその周辺に広まっている。労働者が作り上げた民間伝承である同叙事詩は、チベット族の人々の勤勉さと知恵を体現している。「王城」は、叙事詩に描かれた30人の将軍の城にちなんで、30の異なる様式の村落が作られており、中に足を踏み入れると、まるで叙事詩の世界に入ったような感覚になる。「王城」はまた、歴史を伝える文化観光施設としてだけでなく、貧困脱却を支援する産業施設にもなっている。運営開始後、128カ所の貧困村で観光業を発展させることで、貧困村における産業発展の難局を打破し、3千世帯以上の貧困家庭が豊かになるよう支援していく。(カンゼ・チベット族自治州=新華社記者/康錦謙)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019110500240

    「新華社」 「ケサル王城」の秘密に迫る四川省カンゼ・チベット族自治州  10月30日、刃物店に飾られたチベット刀。中国四川省カンゼ・チベット族自治州カンゼ県でこのほど、「ケサル王城」がオープンした。ケサル王はチベット族の人々にとって心の英雄であり、叙事詩「ケサル王伝」は青海チベット高原やその周辺に広まっている。労働者が作り上げた民間伝承である同叙事詩は、チベット族の人々の勤勉さと知恵を体現している。「王城」は、叙事詩に描かれた30人の将軍の城にちなんで、30の異なる様式の村落が作られており、中に足を踏み入れると、まるで叙事詩の世界に入ったような感覚になる。「王城」はまた、歴史を伝える文化観光施設としてだけでなく、貧困脱却を支援する産業施設にもなっている。運営開始後、128カ所の貧困村で観光業を発展させることで、貧困村における産業発展の難局を打破し、3千世帯以上の貧困家庭が豊かになるよう支援していく。(カンゼ・チベット族自治州=新華社記者/康錦謙)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019081900425

    「新華社」 踊る指先器用な手先で貧困脱却貴州省  14日、大会の会場で国家級無形文化遺産の「楓香(ふうこう)染め」の技を披露する女性。中国貴州省貴陽市で14日、第5回貴州省女性による特色ある手作り工芸およびイノベーション製品大会が開催された。同省各地から集まった女性の刺しゅう家や染色家が民族刺しゅうやろうけつ染め、イノベーション製品デザインなどの種目に分かれ腕を競い合った。同省で2013年に始まった「錦繡計画」(刺しゅうなどの産業によって貧困脱却を後押しする計画)は、これまで多くの女性が抱えてきた在宅就労と貧困脱却・増収の間にあった矛盾を解決するだけでなく、約50万人の貴州の女性たちに生産額60億元(1元=約15円)の貧しさから脱出し豊かになる「輝かしい道」を切り開き、貧困脱却と増収を支援してきた。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019081406945

    「新華社」 繊細な美しさが魅力羽毛アートで貧困脱却を後押し雲南省  7日、張華さんが制作した作品。中国雲南省石屏県竜朋鎮出身の彝(イ)族女性、張華(ちょう・か)さんは、幼い頃からイ族の刺繍に興味があった。2009年に羽毛アートを学び始め、この技術を身につけた。張さんは地元の女性をサポートするため、2016年に石屏県文廟里に教室を開き、刺繍と羽毛アートの技術を無料で教えるようになった。その後、政府の支持のもとで「繍美彝山刺繍専業合作社」を設立。女性たちがここで注文を処理しながら訓練を受け、技術を身につけていった。また、クラウドファンディングを利用して訓練の幅と経済効果を広げ、地元の人々が貧困から抜け出し、豊かな生活を送れるよう後押ししている(石屏=新華社記者/江文耀)=2019(令和元)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019081406900

    「新華社」 繊細な美しさが魅力羽毛アートで貧困脱却を後押し雲南省  7日、アトリエで張華さんが羽毛を丁寧にカットしていく。中国雲南省石屏県竜朋鎮出身の彝(イ)族女性、張華(ちょう・か)さんは、幼い頃からイ族の刺繍に興味があった。2009年に羽毛アートを学び始め、この技術を身につけた。張さんは地元の女性をサポートするため、2016年に石屏県文廟里に教室を開き、刺繍と羽毛アートの技術を無料で教えるようになった。その後、政府の支持のもとで「繍美彝山刺繍専業合作社」を設立。女性たちがここで注文を処理しながら訓練を受け、技術を身につけていった。また、クラウドファンディングを利用して訓練の幅と経済効果を広げ、地元の人々が貧困から抜け出し、豊かな生活を送れるよう後押ししている。(石屏=新華社記者/江文耀)=2019(令和元)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019081406933

    「新華社」 繊細な美しさが魅力羽毛アートで貧困脱却を後押し雲南省  7日、張華さんが制作した作品。中国雲南省石屏県竜朋鎮出身の彝(イ)族女性、張華(ちょう・か)さんは、幼い頃からイ族の刺繍に興味があった。2009年に羽毛アートを学び始め、この技術を身につけた。張さんは地元の女性をサポートするため、2016年に石屏県文廟里に教室を開き、刺繍と羽毛アートの技術を無料で教えるようになった。その後、政府の支持のもとで「繍美彝山刺繍専業合作社」を設立。女性たちがここで注文を処理しながら訓練を受け、技術を身につけていった。また、クラウドファンディングを利用して訓練の幅と経済効果を広げ、地元の人々が貧困から抜け出し、豊かな生活を送れるよう後押ししている。(石屏=新華社記者/江文耀=2019(令和元)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019013112669

    「新華社」 無形文化遺産の粗布で貧困脱却河北省衡水市  25日、衡水市冀州区にある紡績会社で、村民に粗布の織り方を指導する「田園綿手織粗布」の伝承者(左)。中国河北省衡水(こうすい)市冀州(きしゅう)区は今年から、地元で伝わる省指定無形文化遺産の手織り綿布「田園綿手織粗布」技術を生かし、「無形文化遺産+貧困脱却支援」モデルを取り入れた。無形文化遺産の伝承者による職業技能研修を開講して技術を伝え、無形文化遺産を伝承すると同時に、その技術で貧困を脱却し増収を図るのを後押ししている。(衡水=新華社記者/李暁果)=2018(平成30)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019013112353

    「新華社」 無形文化遺産の粗布で貧困脱却河北省衡水市  25日、衡水市冀州区にある紡績会社で粗布を織る作業員。中国河北省衡水(こうすい)市冀州(きしゅう)区は今年から、地元で伝わる省指定無形文化遺産の手織り綿布「田園綿手織粗布」技術を生かし、「無形文化遺産+貧困脱却支援」モデルを取り入れた。無形文化遺産の伝承者による職業技能研修を開講して技術を伝え、無形文化遺産を伝承すると同時に、その技術で貧困を脱却し増収を図るのを後押ししている。(衡水=新華社記者/李暁果)=2018(平成30)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019013112268

    「新華社」 無形文化遺産の粗布で貧困脱却河北省衡水市  25日、衡水市冀州区にある紡績会社で、粗布の湿度をチェックする作業員。中国河北省衡水(こうすい)市冀州(きしゅう)区は今年から、地元で伝わる省指定無形文化遺産の手織り綿布「田園綿手織粗布」技術を生かし、「無形文化遺産+貧困脱却支援」モデルを取り入れた。無形文化遺産の伝承者による職業技能研修を開講して技術を伝え、無形文化遺産を伝承すると同時に、その技術で貧困を脱却し増収を図るのを後押ししている。(衡水=新華社記者/李暁果)=2018(平成30)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019013112282

    「新華社」 無形文化遺産の粗布で貧困脱却河北省衡水市  25日、衡水市冀州区にある紡績会社で、村民に粗布の織り方を指導する「田園綿手織粗布」の伝承者(右端)。中国河北省衡水(こうすい)市冀州(きしゅう)区は今年から、地元で伝わる省指定無形文化遺産の手織り綿布「田園綿手織粗布」技術を生かし、「無形文化遺産+貧困脱却支援」モデルを取り入れた。無形文化遺産の伝承者による職業技能研修を開講して技術を伝え、無形文化遺産を伝承すると同時に、その技術で貧困を脱却し増収を図るのを後押ししている。(衡水=新華社記者/李暁果)=2018(平成30)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2018121721730

    「新華社」 「貧困扶助工房」で貧困脱却を後押し河北省武邑県  13日、武邑県頡王思公村の「貧困扶助工房」で労働者たちに縫製技術を教える技術者(左端)。中国河北省衡水(こうすい)市武邑(ぶゆう)県は今年から、地元の貧困脱却を進める中で、労働集約型で手作業中心の企業が農村に「貧困扶助工房」を設立することを奨励し、貧困層の労働者が地元で就職できるようにしている。同県には現在、かばん製造、服飾加工など特色ある手工業に携わる「貧困扶助工房」が23カ所あり、支援した貧困層の労働者は400人余りに達している。(武邑=新華社記者/李暁果)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2018121721790

    「新華社」 「貧困扶助工房」で貧困脱却を後押し河北省武邑県  13日、「貧困扶助工房」で布地を裁断する武邑県頡王思公村の村民。中国河北省衡水(こうすい)市武邑(ぶゆう)県は今年から、地元の貧困脱却を進める中で、労働集約型で手作業中心の企業が農村に「貧困扶助工房」を設立することを奨励し、貧困層の労働者が地元で就職できるようにしている。同県には現在、かばん製造、服飾加工など特色ある手工業に携わる「貧困扶助工房」が23カ所あり、支援した貧困層の労働者は400人余りに達している。(武邑=新華社記者/李暁果)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2018121721672

    「新華社」 「貧困扶助工房」で貧困脱却を後押し河北省武邑県  13日、「貧困扶助工房」で服飾加工を行う武邑県頡王思公村の村民。中国河北省衡水(こうすい)市武邑(ぶゆう)県は今年から、地元の貧困脱却を進める中で、労働集約型で手作業中心の企業が農村に「貧困扶助工房」を設立することを奨励し、貧困層の労働者が地元で就職できるようにしている。同県には現在、かばん製造、服飾加工など特色ある手工業に携わる「貧困扶助工房」が23カ所あり、支援した貧困層の労働者は400人余りに達している。(武邑=新華社記者/李暁果)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像