検索結果 9,680 件中 1 件 〜 50 件 "Hall"
  1. 2019071804152

    秋篠宮夫妻が海フェスタに  第16回海フェスタの記念式典に出席された秋篠宮ご夫妻=18日午前、静岡市

  2. 2019071700918

    秋篠宮妃眞子さま資料  サンタクルス中央日本人会館で日系人とお話される秋篠宮家の長女眞子さま=2019年7月16日、ボリビア・サンタクルス(共同)

  3. 2019071700913

    秋篠宮妃眞子さま資料  サンタクルス中央日本人会館を訪れられ、記念植樹される秋篠宮家の長女眞子さま=2019年7月16日、ボリビア・サンタクルス(共同)

  4. 2019071200115

    「ロイター」「プラス」 ペルー移住120周年式典  キーワード:日本人移住120周年記念式典、会場、到着、歓迎、秋篠宮家、長女、眞子さま、皇室=2019(令和元)年7月10日、ペルー・リマ(ロイター=共同)

  5. 2019071200080

    ペルー大統領を表敬訪問  ペルーのビスカラ大統領(右)を表敬訪問し、昼食会の会場に向かわれる秋篠宮家の長女眞子さま=11日、リマ(共同)

  6. 2019071706849

    「新華社」 第29回青島国際ビール祭り、即墨古城会場がオープン  12日、即墨古城会場で、ビール祭りの公演を楽しむ観客。中国山東省青島市で開幕した第29回青島国際ビール祭りの即墨(そくぼく)古城会場がオープンし、一連の青島ビール祭りが幕を開けた。同祭りは即墨古城で行われるナイトタイムエコノミーイベント「喜びの即墨夜の古都」の重要な一環で、市民と観光客は伝統と現代が融合した夏の盛宴を満喫することができる。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019071706964

    「新華社」 第29回青島国際ビール祭り、即墨古城会場がオープン  12日、青島国際ビール祭りの即墨古城会場のオープンセレモニーで、最初のビール樽を開けるゲスト。中国山東省青島市で開幕した第29回青島国際ビール祭りの即墨(そくぼく)古城会場がオープンし、一連の青島ビール祭りが幕を開けた。同祭りは即墨古城で行われるナイトタイムエコノミーイベント「喜びの即墨夜の古都」の重要な一環で、市民と観光客は伝統と現代が融合した夏の盛宴を満喫することができる。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019071706988

    「新華社」 第29回青島国際ビール祭り、即墨古城会場がオープン  12日、即墨古城会場で、ビール祭りの公演を楽しむ観客。中国山東省青島市で開幕した第29回青島国際ビール祭りの即墨(そくぼく)古城会場がオープンし、一連の青島ビール祭りが幕を開けた。同祭りは即墨古城で行われるナイトタイムエコノミーイベント「喜びの即墨夜の古都」の重要な一環で、市民と観光客は伝統と現代が融合した夏の盛宴を満喫することができる。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019071707042

    「新華社」 第29回青島国際ビール祭り、即墨古城会場がオープン  12日、即墨古城会場で披露されたバンド演奏。中国山東省青島市で開幕した第29回青島国際ビール祭りの即墨(そくぼく)古城会場がオープンし、一連の青島ビール祭りが幕を開けた。同祭りは即墨古城で行われるナイトタイムエコノミーイベント「喜びの即墨夜の古都」の重要な一環で、市民と観光客は伝統と現代が融合した夏の盛宴を満喫することができる。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019071706848

    「新華社」 第29回青島国際ビール祭り、即墨古城会場がオープン  12日、ビールを運ぶスタッフ。中国山東省青島市で開幕した第29回青島国際ビール祭りの即墨(そくぼく)古城会場がオープンし、一連の青島ビール祭りが幕を開けた。同祭りは即墨古城で行われるナイトタイムエコノミーイベント「喜びの即墨夜の古都」の重要な一環で、市民と観光客は伝統と現代が融合した夏の盛宴を満喫することができる。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019071706855

    「新華社」 第29回青島国際ビール祭り、即墨古城会場がオープン  12日、即墨古城会場で公演を鑑賞しながらビールを味わう観光客。中国山東省青島市で開幕した第29回青島国際ビール祭りの即墨(そくぼく)古城会場がオープンし、一連の青島ビール祭りが幕を開けた。同祭りは即墨古城で行われるナイトタイムエコノミーイベント「喜びの即墨古都の夜」の重要な一環で、市民と観光客は伝統と現代が融合した夏の盛宴を満喫することができる。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019071706977

    「新華社」 第29回青島国際ビール祭り、即墨古城会場がオープン  12日、ビールジョッキを両手に掲げ、祝杯をあげる男性。中国山東省青島市で開幕した第29回青島国際ビール祭りの即墨(そくぼく)古城会場がオープンし、一連の青島ビール祭りが幕を開けた。同祭りは即墨古城で行われるナイトタイムエコノミーイベント「喜びの即墨夜の古都」の重要な一環で、市民と観光客は伝統と現代が融合した夏の盛宴を満喫することができる。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019071101552

    紀子さま、金沢で献血大会  第55回献血運動推進全国大会に出席し、あいさつされる秋篠宮妃紀子さま=11日午後、金沢市

  14. 2019071100104

    ペルー移住120年式典に  日本人移住120周年記念式典の会場に到着し、子どもたちの歓迎を受けられる秋篠宮家の長女眞子さま=10日、ペルー・リマ(共同)

  15. 2019071102508

    「DPA」 Press conference on the opening of the James Simon Gallery 10 July 2019, Berlin: Hermann Parzinger (l-r), President of the Prussian Cultural Heritage Foundation, David Chipperfield, Architect of the James Simon Gallery, Michael Eissenhauer, Director General of the National Museums in Berlin, and Peter Raue, Chairman of the James Simon Foundation, will take part in a press conference on the forthcoming opening of the James Simon Gallery. The entrance building of the five Berlin island museums, named after the patron of the Berlin museums James Simon, houses the information and cash desk area, cloakroom, museum shop, lecture hall, exhibition room and a café-restaurant. Photo: Christoph Soeder/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  16. 2019071102579

    「DPA」 Press conference on the opening of the James Simon Gallery 10 July 2019, Berlin: Hermann Parzinger (l), President of the Prussian Cultural Heritage Foundation, attends a press conference on the forthcoming opening of the James Simon Gallery alongside David Chipperfield, architect of the James Simon Gallery. The entrance building of the five Berlin island museums, named after the patron of the Berlin museums James Simon, houses the information and cash desk area, cloakroom, museum shop, lecture hall, exhibition room and a café-restaurant. Photo: Christoph Soeder/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  17. 2019071102787

    「DPA」 Press conference on the opening of the James Simon Gallery 10 July 2019, Berlin: Hermann Parzinger (l-r), President of the Prussian Cultural Heritage Foundation, David Chipperfield, Architect of the James Simon Gallery, Michael Eissenhauer, Director General of the National Museums in Berlin, and Peter Raue, Chairman of the James Simon Foundation, will take part in a press conference on the forthcoming opening of the James Simon Gallery. The entrance building of the five Berlin island museums, named after the patron of the Berlin museums James Simon, houses the information and cash desk area, cloakroom, museum shop, lecture hall, exhibition room and a café-restaurant. Photo: Christoph Soeder/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  18. 2019071102404

    「DPA」 Stralsund town hall in the evening 10 July 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: The town hall (r) of Stralsund and the St. Nikolaikirche can be seen during the so-called blue hour at the market place. The coats of arms of Hamburg, Lübeck, Wismar, Rostock, Stralsund and Greifswald refer to the common Hanseatic period above the six windows to the market. The town hall in the World Heritage city is one of the most important Hanseatic secular buildings in the Baltic Sea region. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  19. 2019071102914

    「DPA」 Stralsund town hall in the evening 10 July 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: The town hall (r) of Stralsund and the St. Nikolaikirche can be seen during the so-called blue hour at the market place. The coats of arms of Hamburg, Lübeck, Wismar, Rostock, Stralsund and Greifswald refer to the common Hanseatic period above the six windows to the market. The town hall in the World Heritage city is one of the most important Hanseatic secular buildings in the Baltic Sea region. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  20. 2019071102426

    「DPA」 Stralsund town hall in the evening 10 July 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: The town hall of Stralsund can be seen during the so-called Blue Hour at the market square. The coats of arms of Hamburg, Lübeck, Wismar, Rostock, Stralsund and Greifswald refer to the common Hanseatic period above the six windows to the market. The town hall in the World Heritage city is one of the most important Hanseatic secular buildings in the Baltic Sea region. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  21. 2019070600838

    世界遺産に「仁徳陵」  「百舌鳥・古市古墳群」の登録審査をするユネスコ世界遺産委員会=6日、バクー(共同)

  22. 2019070803956

    「DPA」 Unesco recognizes Augsburg Water Management System as a World Heritage Site 06 July 2019, Bavaria, Augsburg: The Augustus fountain in front of the town hall. Unesco has recognized the water management system in Augsburg as a World Heritage Site. The committee included the historical water system, which was once founded by the Romans, on the World Heritage List. Photo: Stefan Puchner/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  23. 2019070504083

    世界遺産の登録審査開始  ユネスコ世界遺産委員会の審査会場に入った吉村洋文大阪府知事。左は永藤英機堺市長、右は岡田一樹藤井寺市長=5日、バクー(共同)

  24. 2019070102062

    被災の市民病院、病棟完成  完成した熊本市民病院の新病棟の玄関ホール。右上は城の石垣をイメージした木材パネル=1日午後、熊本市

  25. 2019062803213

    万博エリアで開発機運  人工島・咲洲のコスモスクエア地区。奥は万博会場の夢洲=大阪市

  26. 2019062802220

    「12段用」「路線価」サイド⑥ 万博エリアで開発機運  大阪市・夢洲「2025年大阪・関西万博会場」、咲洲

  27. 2019062802219

    「12段用」「路線価」サイド⑥ 万博エリアで開発機運  大阪市・夢洲「2025年大阪・関西万博会場」、咲洲

  28. 2019062802218

    「路線価」サイド⑥ 万博エリアで開発機運  大阪市・夢洲「2025年大阪・関西万博会場」、咲洲

  29. 2019062802216

    「路線価」サイド⑥ 万博エリアで開発機運  大阪市・夢洲「2025年大阪・関西万博会場」、咲洲

  30. 2019062621708

    資料 32048 スティブンソン氏来日  日米協会の午さん会であいさつする米民主党のアドレイ・スティブンソン氏=出稿1953(昭和28)年3月12日、東京会館(連13519)(藤牧栄治撮影)

  31. 2019062704582

    「DPA」 Unesco decides on World Heritage - Augsburger Wassersysteme 24 June 2019, Bavaria, Augsburg: In front of the town hall the figures of Augustusbrunnen spit water. The city applies with its historical water supply for the admission into the Unesco world cultural heritage. Photo: Stefan Puchner/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  32. 2019062704531

    「DPA」 Unesco decides on World Heritage - Augsburger Wassersysteme 24 June 2019, Bavaria, Augsburg: In front of the town hall the figures of Augustusbrunnen spit water. The city applies with its historical water supply for the admission into the Unesco world cultural heritage. Photo: Stefan Puchner/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  33. 2019062704571

    「DPA」 Unesco decides on World Heritage - Augsburger Wassersysteme 24 June 2019, Bavaria, Augsburg: In front of the town hall the figures of Augustusbrunnen spit water. The city applies with its historical water supply for inclusion in the Unesco World Heritage List. (to the conference of the Unesco World Heritage Committee, dpa background “Augsburg Water Systems from the Romans to Olympia ‘72“) Photo: Stefan Puchner/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  34. 2019061801715

    両陛下即位後初の地方訪問  全国植樹祭の式典会場に到着された天皇、皇后両陛下=2019年6月2日、愛知県尾張旭市の県森林公園

  35. 2019061801713

    両陛下即位後初の地方訪問  全国植樹祭の式典会場に入られる天皇、皇后両陛下=2019年6月2日、愛知県尾張旭市の県森林公園

  36. 2019061700296

    両陛下、学士院賞授賞式に  日本学士院賞の授賞式で受賞者に拍手を送られる天皇、皇后両陛下=17日午前、東京・上野の日本学士院会館

  37. 2019061700247

    両陛下、学士院賞授賞式に  日本学士院賞の授賞式で受賞者に拍手を送られる天皇、皇后両陛下=17日午前、東京・上野の日本学士院会館

  38. 2019061700242

    両陛下、学士院賞授賞式に  受賞した研究成果を見られる天皇、皇后両陛下=17日午前、東京・上野の日本学士院会館(代表撮影)

  39. 2019061700234

    両陛下、学士院賞授賞式に  受賞した研究成果を見られる天皇、皇后両陛下=17日午前、東京・上野の日本学士院会館(代表撮影)

  40. 2019062103508

    「新華社」 中国・ロシア科学技術イノベーションの日イベントが開催  17日、中ロ科学技術イノベーションの日イベントの開幕式会場。中国黒竜江省ハルビン市で行われた第6回中国・ロシア博覧会の一環としてこのほど、2019中国・ロシア科学技術イノベーションの日イベントが開催された。同イベントは「中ロの科学技術における協力で新たなエネルギーを結集し、互恵・ウィンウィンに向けた協力の新たな局面を切り開く」をテーマとして、中ロ両国で300人を超える専門家、科学技術関連の代表者などが参加した。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2019(令和元)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019061401032

    ウィーン少年合唱団を鑑賞  ウィーン少年合唱団の公演を鑑賞するため会場に到着された天皇、皇后両陛下=14日午後、東京都新宿区(代表撮影)

  42. 2019061805478

    「新華社」 中国の華道愛好家が日本の池坊を体験福建省アモイ市  14日、受講生のために会場で花を生ける華道家元池坊教授、中川田薫子氏(右)。中国福建省アモイ市の茶芸教室、伴庭芳学堂は14、15両日、日本の華道家元池坊教授3人を招き講座を開いた。中国の華道愛好家20人が本場の池坊の生け花を体験した。池坊は日本の華道で最も古い流派で、6世紀に日本のある使者が中国から仏に花を供える文化を持ち帰り、京都の有名な寺院の池のほとりの離れに隠居し生け花の研究に打ち込み、それが代々受け継がれたことから、その名がついたといわれる。立花(りっか)と生花(しょうか)、自由花(じゆうか)の三つの基本スタイルがある。(アモイ=新華社配信/楊燦霞)=2019(令和元)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019061302554

    「写真ニュース」6枚組みの(1)、「G20大阪サミット」 浪速の街、高まる緊張感  大阪湾の人工島・咲洲にある国際展示場「インテックス大阪」(中央)の夜景。G20サミットの主会場となる

  44. 2019061805704

    「新華社」 寂れていた歴史ある村、「文芸復興」でよみがえる  12日、建築部材に彫刻を施す竜潭村の古民家修復プロジェクトチームの木彫り名人。中国福建省寧徳市屏南(へいなん)県熙嶺(きれい)郷の竜潭(りゅうたん)村は、閩東(びんとう、福建省東部)の美しい山河に抱かれながらひっそりと続いてきた古い集落。村を流れる川に架かる小さな橋が、百年の時を経た古民家を一軒一軒結び付けている。村には第1期国家級無形文化遺産リストに登録された伝統芸能「四平戯」や伝統的な純米酒の醸造技術も伝わる。しかし都市化の波はこの村にも押し寄せ、出稼ぎのため大勢の人々が村を去り、人の姿が消えた民家は荒れ果て、人口1400人余りいた村に残ったのはわずか200人足らずという状況だった。竜潭村は2017年、同市屏南県の伝統村落文化クリエーティブ産業プロジェクトにけん引され、郷村振興計画を開始した。文化クリエーティブやデザインの専門人材を誘致し、民間の作業チームを立ち上げた。また、相次いで60棟余りの古民家の修復を行った。老朽化した民家の数々が、読書バーやアトリエ、カフェ、コンサートホール、美術館などに生まれ変わり、外部から100人以上の芸術家やクリエイターがやって来て長期滞在している。彼らは竜潭村の「新村民」となり、昔ながらの村に文化クリエーティブやインターネット、シェアリングエコノミーなどの新しい経済業態と生活様式をもたらしている。村はまた、「誰もがアーティスト」文化クリエーティブプロジェクトを導入し、村民に油絵を教え、時を重ねた村にさらなる文化芸術の雰囲気を醸成して、文化クリエーティブによる発展に対する村民の参加意欲をかき立てている。村の様子はこの2年で一変した。村がクリエーターやアーティストにとって理想の居場所となっただけでなく、郷村観光の発展も促進され、毎年10万人近い人々が観光に訪れるようになった。村を出た人々も少しずつ戻り、約300人以上の村民が帰郷して起業を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019061805592

    「新華社」 寂れていた歴史ある村、「文芸復興」でよみがえる  12日、古民家のそばに腰をかける竜潭村のお年寄り。傍らを流れる西渓の上流では、大工が新しい木造の屋根付き橋の建設が進んでいる。中国福建省寧徳市屏南(へいなん)県熙嶺(きれい)郷の竜潭(りゅうたん)村は、閩東(びんとう、福建省東部)の美しい山河に抱かれながらひっそりと続いてきた古い集落。村を流れる川に架かる小さな橋が、百年の時を経た古民家を一軒一軒結び付けている。村には第1期国家級無形文化遺産リストに登録された伝統芸能「四平戯」や伝統的な純米酒の醸造技術も伝わる。しかし都市化の波はこの村にも押し寄せ、出稼ぎのため大勢の人々が村を去り、人の姿が消えた民家は荒れ果て、人口1400人余りいた村に残ったのはわずか200人足らずという状況だった。竜潭村は2017年、同市屏南県の伝統村落文化クリエーティブ産業プロジェクトにけん引され、郷村振興計画を開始した。文化クリエーティブやデザインの専門人材を誘致し、民間の作業チームを立ち上げた。また、相次いで60棟余りの古民家の修復を行った。老朽化した民家の数々が、読書バーやアトリエ、カフェ、コンサートホール、美術館などに生まれ変わり、外部から100人以上の芸術家やクリエイターがやって来て長期滞在している。彼らは竜潭村の「新村民」となり、昔ながらの村に文化クリエーティブやインターネット、シェアリングエコノミーなどの新しい経済業態と生活様式をもたらしている。村はまた、「誰もがアーティスト」文化クリエーティブプロジェクトを導入し、村民に油絵を教え、時を重ねた村にさらなる文化芸術の雰囲気を醸成して、文化クリエーティブによる発展に対する村民の参加意欲をかき立てている。村の様子はこの2年で一変した。村がクリエーターやアーティストにとって理想の居場所となっただけでなく、郷村観光の発展も促進され、毎年10万人近い人々が観光に訪れるようになった。村を出た人々も少しずつ戻り、約300人以上の村民が帰郷して起業を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019061805581

    「新華社」 寂れていた歴史ある村、「文芸復興」でよみがえる  12日、客室を整える竜潭村の毛小雲(もう・しょううん)さん。帰郷して起業し民宿を始めた毛さんは、夫と共に30万元(1元=約16円)余りを投じて自宅の古民家を修復し、2019年5月に民宿「竜潭雲居」の営業を開始した。中国福建省寧徳市屏南(へいなん)県熙嶺(きれい)郷の竜潭(りゅうたん)村は、閩東(びんとう、福建省東部)の美しい山河に抱かれながらひっそりと続いてきた古い集落。村を流れる川に架かる小さな橋が、百年の時を経た古民家を一軒一軒結び付けている。村には第1期国家級無形文化遺産リストに登録された伝統芸能「四平戯」や伝統的な純米酒の醸造技術も伝わる。しかし都市化の波はこの村にも押し寄せ、出稼ぎのため大勢の人々が村を去り、人の姿が消えた民家は荒れ果て、人口1400人余りいた村に残ったのはわずか200人足らずという状況だった。竜潭村は2017年、同市屏南県の伝統村落文化クリエーティブ産業プロジェクトにけん引され、郷村振興計画を開始した。文化クリエーティブやデザインの専門人材を誘致し、民間の作業チームを立ち上げた。また、相次いで60棟余りの古民家の修復を行った。老朽化した民家の数々が、読書バーやアトリエ、カフェ、コンサートホール、美術館などに生まれ変わり、外部から100人以上の芸術家やクリエイターがやって来て長期滞在している。彼らは竜潭村の「新村民」となり、昔ながらの村に文化クリエーティブやインターネット、シェアリングエコノミーなどの新しい経済業態と生活様式をもたらしている。村はまた、「誰もがアーティスト」文化クリエーティブプロジェクトを導入し、村民に油絵を教え、時を重ねた村にさらなる文化芸術の雰囲気を醸成して、文化クリエーティブによる発展に対する村民の参加意欲をかき立てている。村の様子はこの2年で一変した。村がクリエーターやアーティストにとって理想の居場所となっただけでなく、郷村観光の発展も促進され、毎年10万人近い人々が観光に訪れるようになった。村を出た人々も少しずつ戻り、約300人以上の村民が帰郷して起業を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019061805699

    「新華社」 寂れていた歴史ある村、「文芸復興」でよみがえる  12日、自分の描いた絵にサインをする83歳になる竜潭村の張秀嬌(ちょう・しゅうきょう)さん。中国福建省寧徳市屏南(へいなん)県熙嶺(きれい)郷の竜潭(りゅうたん)村は、閩東(びんとう、福建省東部)の美しい山河に抱かれながらひっそりと続いてきた古い集落。村を流れる川に架かる小さな橋が、百年の時を経た古民家を一軒一軒結び付けている。村には第1期国家級無形文化遺産リストに登録された伝統芸能「四平戯」や伝統的な純米酒の醸造技術も伝わる。しかし都市化の波はこの村にも押し寄せ、出稼ぎのため大勢の人々が村を去り、人の姿が消えた民家は荒れ果て、人口1400人余りいた村に残ったのはわずか200人足らずという状況だった。竜潭村は2017年、同市屏南県の伝統村落文化クリエーティブ産業プロジェクトにけん引され、郷村振興計画を開始した。文化クリエーティブやデザインの専門人材を誘致し、民間の作業チームを立ち上げた。また、相次いで60棟余りの古民家の修復を行った。老朽化した民家の数々が、読書バーやアトリエ、カフェ、コンサートホール、美術館などに生まれ変わり、外部から100人以上の芸術家やクリエイターがやって来て長期滞在している。彼らは竜潭村の「新村民」となり、昔ながらの村に文化クリエーティブやインターネット、シェアリングエコノミーなどの新しい経済業態と生活様式をもたらしている。村はまた、「誰もがアーティスト」文化クリエーティブプロジェクトを導入し、村民に油絵を教え、時を重ねた村にさらなる文化芸術の雰囲気を醸成して、文化クリエーティブによる発展に対する村民の参加意欲をかき立てている。村の様子はこの2年で一変した。村がクリエーターやアーティストにとって理想の居場所となっただけでなく、郷村観光の発展も促進され、毎年10万人近い人々が観光に訪れるようになった。村を出た人々も少しずつ戻り、約300人以上の村民が帰郷して起業を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019061805732

    「新華社」 寂れていた歴史ある村、「文芸復興」でよみがえる  11日、竜潭村を散策する福建省福州市羅源(らげん)県などからの観光客。中国福建省寧徳市屏南(へいなん)県熙嶺(きれい)郷の竜潭(りゅうたん)村は、閩東(びんとう、福建省東部)の美しい山河に抱かれながらひっそりと続いてきた古い集落。村を流れる川に架かる小さな橋が、百年の時を経た古民家を一軒一軒結び付けている。村には第1期国家級無形文化遺産リストに登録された伝統芸能「四平戯」や伝統的な純米酒の醸造技術も伝わる。しかし都市化の波はこの村にも押し寄せ、出稼ぎのため大勢の人々が村を去り、人の姿が消えた民家は荒れ果て、人口1400人余りいた村に残ったのはわずか200人足らずという状況だった。竜潭村は2017年、同市屏南県の伝統村落文化クリエーティブ産業プロジェクトにけん引され、郷村振興計画を開始した。文化クリエーティブやデザインの専門人材を誘致し、民間の作業チームを立ち上げた。また、相次いで60棟余りの古民家の修復を行った。老朽化した民家の数々が、読書バーやアトリエ、カフェ、コンサートホール、美術館などに生まれ変わり、外部から100人以上の芸術家やクリエイターがやって来て長期滞在している。彼らは竜潭村の「新村民」となり、昔ながらの村に文化クリエーティブやインターネット、シェアリングエコノミーなどの新しい経済業態と生活様式をもたらしている。村はまた、「誰もがアーティスト」文化クリエーティブプロジェクトを導入し、村民に油絵を教え、時を重ねた村にさらなる文化芸術の雰囲気を醸成して、文化クリエーティブによる発展に対する村民の参加意欲をかき立てている。村の様子はこの2年で一変した。村がクリエーターやアーティストにとって理想の居場所となっただけでなく、郷村観光の発展も促進され、毎年10万人近い人々が観光に訪れるようになった。村を出た人々も少しずつ戻り、約300人以上の村民が帰郷して起業を果たした。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019061805705

    「新華社」 寂れていた歴史ある村、「文芸復興」でよみがえる  11日、竜潭村の古い屋根付き橋「回春橋」のそばで遊ぶ子ども。中国福建省寧徳市屏南(へいなん)県熙嶺(きれい)郷の竜潭(りゅうたん)村は、閩東(びんとう、福建省東部)の美しい山河に抱かれながらひっそりと続いてきた古い集落。村を流れる川に架かる小さな橋が、百年の時を経た古民家を一軒一軒結び付けている。村には第1期国家級無形文化遺産リストに登録された伝統芸能「四平戯」や伝統的な純米酒の醸造技術も伝わる。しかし都市化の波はこの村にも押し寄せ、出稼ぎのため大勢の人々が村を去り、人の姿が消えた民家は荒れ果て、人口1400人余りいた村に残ったのはわずか200人足らずという状況だった。竜潭村は2017年、同市屏南県の伝統村落文化クリエーティブ産業プロジェクトにけん引され、郷村振興計画を開始した。文化クリエーティブやデザインの専門人材を誘致し、民間の作業チームを立ち上げた。また、相次いで60棟余りの古民家の修復を行った。老朽化した民家の数々が、読書バーやアトリエ、カフェ、コンサートホール、美術館などに生まれ変わり、外部から100人以上の芸術家やクリエイターがやって来て長期滞在している。彼らは竜潭村の「新村民」となり、昔ながらの村に文化クリエーティブやインターネット、シェアリングエコノミーなどの新しい経済業態と生活様式をもたらしている。村はまた、「誰もがアーティスト」文化クリエーティブプロジェクトを導入し、村民に油絵を教え、時を重ねた村にさらなる文化芸術の雰囲気を醸成して、文化クリエーティブによる発展に対する村民の参加意欲をかき立てている。村の様子はこの2年で一変した。村がクリエーターやアーティストにとって理想の居場所となっただけでなく、郷村観光の発展も促進され、毎年10万人近い人々が観光に訪れるようになった。村を出た人々も少しずつ戻り、約300人以上の村民が帰郷して起業を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019061805765

    「新華社」 寂れていた歴史ある村、「文芸復興」でよみがえる  11日、舞台上で演目のリハーサルをする「四平戯」を学ぶ竜潭村の村民。中国福建省寧徳市屏南(へいなん)県熙嶺(きれい)郷の竜潭(りゅうたん)村は、閩東(びんとう、福建省東部)の美しい山河に抱かれながらひっそりと続いてきた古い集落。村を流れる川に架かる小さな橋が、百年の時を経た古民家を一軒一軒結び付けている。村には第1期国家級無形文化遺産リストに登録された伝統芸能「四平戯」や伝統的な純米酒の醸造技術も伝わる。しかし都市化の波はこの村にも押し寄せ、出稼ぎのため大勢の人々が村を去り、人の姿が消えた民家は荒れ果て、人口1400人余りいた村に残ったのはわずか200人足らずという状況だった。竜潭村は2017年、同市屏南県の伝統村落文化クリエーティブ産業プロジェクトにけん引され、郷村振興計画を開始した。文化クリエーティブやデザインの専門人材を誘致し、民間の作業チームを立ち上げた。また、相次いで60棟余りの古民家の修復を行った。老朽化した民家の数々が、読書バーやアトリエ、カフェ、コンサートホール、美術館などに生まれ変わり、外部から100人以上の芸術家やクリエイターがやって来て長期滞在している。彼らは竜潭村の「新村民」となり、昔ながらの村に文化クリエーティブやインターネット、シェアリングエコノミーなどの新しい経済業態と生活様式をもたらしている。村はまた、「誰もがアーティスト」文化クリエーティブプロジェクトを導入し、村民に油絵を教え、時を重ねた村にさらなる文化芸術の雰囲気を醸成して、文化クリエーティブによる発展に対する村民の参加意欲をかき立てている。村の様子はこの2年で一変した。村がクリエーターやアーティストにとって理想の居場所となっただけでなく、郷村観光の発展も促進され、毎年10万人近い人々が観光に訪れるようになった。村を出た人々も少しずつ戻り、約300人以上の村民が帰郷して起業を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像