検索結果 2,928 件中 1 件 〜 50 件 "open"
  1. 2020011502824

    「ウレシパ ともに生きる」 テレビ塔でアイヌ施設PR  アイヌ文化施設「民族共生象徴空間(ウポポイ)」のオープンまで100日となり、イルミネーションで輝くさっぽろテレビ塔=15日夜、札幌市

  2. 2020011701950

    「DPA」 Tennis US Open. Ivan LENDL, CSSR, CZE, tennis player, action, serve, at the Tennis US Open 1985 in Flushing Meadows New York, September 8, 1985, ツ | usage worldwide、クレジット:SvenSimon/DPA/共同通信イメージズ

  3. 2020012001155

    「新華社」 古びた工業地区が文化的ランドマークに変身安徽省合肥市  14日、文化クリエイティブパーク「合柴1972」にある以前の工場を改造して再現された当時の街並み。中国安徽省の複数の古い工業地区は近年、都市文化建設に力を入れており、これまで市街地に隠れていた工業遺産や廃棄資源を活用し、文化芸術パークに蘇らせている。同省合肥市にある文化クリエイティブパーク「合柴1972」は、もとは建国初期のれんが工場で、同市初のれんがはここで生産された。その後1972年に合肥ディーゼルエンジン工場が建てられたが、2018年5月に工場が移転すると、荒地になってしまった。同市政府は企業と共同でこの工業遺跡の保護型開発を進め、都市発展の特色に合わせて、家電博物館や現代美術館、クリエイティブ市などを作り上げた。「合柴1972」は19年10月2日のオープン以降、同市の文化的ランドマークの一つとなっている。(合肥=新華社記者/汪海月)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2020010803771

    運動 11182—2 よみうりオープン最終日  通算11アンダーで今季初優勝を飾り笑顔の藤木三郎=1984(昭和59)年6月17日、西宮市・よみうりCC 

  5. 2020010802968

    運動 10616 静岡オープン最終日  カップを手に新妻の世志江さんとプロ入り初優勝を喜ぶ尾崎直道=1984(昭和59)年3月18日、静岡CC浜岡コース 

  6. 2020010602168

    「新華社」 杭州市の霊隠寺、30万食の臘八粥を無料でふるまう  26日、杭州市の霊隠寺で、臘八粥が入った箱を運ぶ人。旧暦12月1日にあたる12月26日未明、浙江省杭州市にある中国禅宗寺院十刹の一つ、霊隠寺で臘八粥(ろうはちがゆ)を作る作業が行われた。旧暦の12月8日は中国の伝統的な祝日、「臘八節(ろうはちせつ)」にあたり、中国ではこの日に「臘八粥(ろうはちがゆ)」というお粥を食べる習慣がある。容器に詰められた臘八粥の第一陣が午前7時頃に霊隠寺を出発し、杭州市各地に無料で配られた。臘八粥は6つの大鍋で、24時間煮込まれたもの。同寺では旧暦12月1日(12月26日)未明から旧暦12月8日(1月2日)正午にかけて、香り高い臘八粥を同市と周辺都市の人々に約30万食提供する。2008年からこれまで12年連続で臘八粥をふるまうイベントを実施しており、提供した臘八粥は当初の10万食から30万食以上まで増えたという。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2020010602152

    「新華社」 杭州市の霊隠寺、30万食の臘八粥を無料でふるまう  26日、杭州市の霊隠寺で、臘八粥が入った箱を運ぶ人。旧暦12月1日にあたる12月26日未明、浙江省杭州市にある中国禅宗寺院十刹の一つ、霊隠寺で臘八粥(ろうはちがゆ)を作る作業が行われた。旧暦の12月8日は中国の伝統的な祝日、「臘八節(ろうはちせつ)」にあたり、中国ではこの日に「臘八粥(ろうはちがゆ)」というお粥を食べる習慣がある。容器に詰められた臘八粥の第一陣が午前7時頃に霊隠寺を出発し、杭州市各地に無料で配られた。臘八粥は6つの大鍋で、24時間煮込まれたもの。同寺では旧暦12月1日(12月26日)未明から旧暦12月8日(1月2日)正午にかけて、香り高い臘八粥を同市と周辺都市の人々に約30万食提供する。2008年からこれまで12年連続で臘八粥をふるまうイベントを実施しており、提供した臘八粥は当初の10万食から30万食以上まで増えたという。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2020010602174

    「新華社」 杭州市の霊隠寺、30万食の臘八粥を無料でふるまう  26日、容器に詰められた臘八粥。旧暦12月1日にあたる12月26日未明、浙江省杭州市にある中国禅宗寺院十刹の一つ、霊隠寺で臘八粥(ろうはちがゆ)を作る作業が行われた。旧暦の12月8日は中国の伝統的な祝日、「臘八節(ろうはちせつ)」にあたり、中国ではこの日に「臘八粥(ろうはちがゆ)」というお粥を食べる習慣がある。容器に詰められた臘八粥の第一陣が午前7時頃に霊隠寺を出発し、杭州市各地に無料で配られた。臘八粥は6つの大鍋で、24時間煮込まれたもの。同寺では旧暦12月1日(12月26日)未明から旧暦12月8日(1月2日)正午にかけて、香り高い臘八粥を同市と周辺都市の人々に約30万食提供する。2008年からこれまで12年連続で臘八粥をふるまうイベントを実施しており、提供した臘八粥は当初の10万食から30万食以上まで増えたという。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2020010602180

    「新華社」 杭州市の霊隠寺、30万食の臘八粥を無料でふるまう  26日、杭州市の霊隠寺で、できたての臘八粥をワゴンに並べて冷ますボランティア。旧暦12月1日にあたる12月26日未明、浙江省杭州市にある中国禅宗寺院十刹の一つ、霊隠寺で臘八粥(ろうはちがゆ)を作る作業が行われた。旧暦の12月8日は中国の伝統的な祝日、「臘八節(ろうはちせつ)」にあたり、中国ではこの日に「臘八粥(ろうはちがゆ)」というお粥を食べる習慣がある。容器に詰められた臘八粥の第一陣が午前7時頃に霊隠寺を出発し、杭州市各地に無料で配られた。臘八粥は6つの大鍋で、24時間煮込まれたもの。同寺では旧暦12月1日(12月26日)未明から旧暦12月8日(1月2日)正午にかけて、香り高い臘八粥を同市と周辺都市の人々に約30万食提供する。2008年からこれまで12年連続で臘八粥をふるまうイベントを実施しており、提供した臘八粥は当初の10万食から30万食以上まで増えたという。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2020010602068

    「新華社」 杭州市の霊隠寺、30万食の臘八粥を無料でふるまう  26日、杭州市の霊隠寺で、臘八粥を容器に詰めるボランティア。旧暦12月1日にあたる12月26日未明、浙江省杭州市にある中国禅宗寺院十刹の一つ、霊隠寺で臘八粥(ろうはちがゆ)を作る作業が行われた。旧暦の12月8日は中国の伝統的な祝日、「臘八節(ろうはちせつ)」にあたり、中国ではこの日に「臘八粥(ろうはちがゆ)」というお粥を食べる習慣がある。容器に詰められた臘八粥の第一陣が午前7時頃に霊隠寺を出発し、杭州市各地に無料で配られた。臘八粥は6つの大鍋で、24時間煮込まれたもの。同寺では旧暦12月1日(12月26日)未明から旧暦12月8日(1月2日)正午にかけて、香り高い臘八粥を同市と周辺都市の人々に約30万食提供する。2008年からこれまで12年連続で臘八粥をふるまうイベントを実施しており、提供した臘八粥は当初の10万食から30万食以上まで増えたという。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2020010602153

    「新華社」 杭州市の霊隠寺、30万食の臘八粥を無料でふるまう  26日、杭州市の霊隠寺で、臘八粥を容器に詰めるボランティア。旧暦12月1日にあたる12月26日未明、浙江省杭州市にある中国禅宗寺院十刹の一つ、霊隠寺で臘八粥(ろうはちがゆ)を作る作業が行われた。旧暦の12月8日は中国の伝統的な祝日、「臘八節(ろうはちせつ)」にあたり、中国ではこの日に「臘八粥(ろうはちがゆ)」というお粥を食べる習慣がある。容器に詰められた臘八粥の第一陣が午前7時頃に霊隠寺を出発し、杭州市各地に無料で配られた。臘八粥は6つの大鍋で、24時間煮込まれたもの。同寺では旧暦12月1日(12月26日)未明から旧暦12月8日(1月2日)正午にかけて、香り高い臘八粥を同市と周辺都市の人々に約30万食提供する。2008年からこれまで12年連続で臘八粥をふるまうイベントを実施しており、提供した臘八粥は当初の10万食から30万食以上まで増えたという。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2020010602199

    「新華社」 杭州市の霊隠寺、30万食の臘八粥を無料でふるまう  26日、杭州市の霊隠寺で、ボランティアが臘八粥を容器によそっている。旧暦12月1日にあたる12月26日未明、浙江省杭州市にある中国禅宗寺院十刹の一つ、霊隠寺で臘八粥(ろうはちがゆ)を作る作業が行われた。旧暦の12月8日は中国の伝統的な祝日、「臘八節(ろうはちせつ)」にあたり、中国ではこの日に「臘八粥(ろうはちがゆ)」というお粥を食べる習慣がある。容器に詰められた臘八粥の第一陣が午前7時頃に霊隠寺を出発し、杭州市各地に無料で配られた。臘八粥は6つの大鍋で、24時間煮込まれたもの。同寺では旧暦12月1日(12月26日)未明から旧暦12月8日(1月2日)正午にかけて、香り高い臘八粥を同市と周辺都市の人々に約30万食提供する。2008年からこれまで12年連続で臘八粥をふるまうイベントを実施しており、提供した臘八粥は当初の10万食から30万食以上まで増えたという。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2020010602188

    「新華社」 杭州市の霊隠寺、30万食の臘八粥を無料でふるまう  26日、杭州市の霊隠寺で、臘八粥が入った箱を運ぶボランティア。旧暦12月1日にあたる12月26日未明、浙江省杭州市にある中国禅宗寺院十刹の一つ、霊隠寺で臘八粥(ろうはちがゆ)を作る作業が行われた。旧暦の12月8日は中国の伝統的な祝日、「臘八節(ろうはちせつ)」にあたり、中国ではこの日に「臘八粥(ろうはちがゆ)」というお粥を食べる習慣がある。容器に詰められた臘八粥の第一陣が午前7時頃に霊隠寺を出発し、杭州市各地に無料で配られた。臘八粥は6つの大鍋で、24時間煮込まれたもの。同寺では旧暦12月1日(12月26日)未明から旧暦12月8日(1月2日)正午にかけて、香り高い臘八粥を同市と周辺都市の人々に約30万食提供する。2008年からこれまで12年連続で臘八粥をふるまうイベントを実施しており、提供した臘八粥は当初の10万食から30万食以上まで増えたという。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2020010602177

    「新華社」 杭州市の霊隠寺、30万食の臘八粥を無料でふるまう  26日、杭州市の霊隠寺で、臘八粥を容器に詰めるボランティア。旧暦12月1日にあたる12月26日未明、浙江省杭州市にある中国禅宗寺院十刹の一つ、霊隠寺で臘八粥(ろうはちがゆ)を作る作業が行われた。旧暦の12月8日は中国の伝統的な祝日、「臘八節(ろうはちせつ)」にあたり、中国ではこの日に「臘八粥(ろうはちがゆ)」というお粥を食べる習慣がある。容器に詰められた臘八粥の第一陣が午前7時頃に霊隠寺を出発し、杭州市各地に無料で配られた。臘八粥は6つの大鍋で、24時間煮込まれたもの。同寺では旧暦12月1日(12月26日)未明から旧暦12月8日(1月2日)正午にかけて、香り高い臘八粥を同市と周辺都市の人々に約30万食提供する。2008年からこれまで12年連続で臘八粥をふるまうイベントを実施しており、提供した臘八粥は当初の10万食から30万食以上まで増えたという。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2020010602184

    「新華社」 杭州市の霊隠寺、30万食の臘八粥を無料でふるまう  26日、杭州市の霊隠寺で、臘八粥を容器に詰めるボランティア。旧暦12月1日にあたる12月26日未明、浙江省杭州市にある中国禅宗寺院十刹の一つ、霊隠寺で臘八粥(ろうはちがゆ)を作る作業が行われた。旧暦の12月8日は中国の伝統的な祝日、「臘八節(ろうはちせつ)」にあたり、中国ではこの日に「臘八粥(ろうはちがゆ)」というお粥を食べる習慣がある。容器に詰められた臘八粥の第一陣が午前7時頃に霊隠寺を出発し、杭州市各地に無料で配られた。臘八粥は6つの大鍋で、24時間煮込まれたもの。同寺では旧暦12月1日(12月26日)未明から旧暦12月8日(1月2日)正午にかけて、香り高い臘八粥を同市と周辺都市の人々に約30万食提供する。2008年からこれまで12年連続で臘八粥をふるまうイベントを実施しており、提供した臘八粥は当初の10万食から30万食以上まで増えたという。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2020010602070

    「新華社」 杭州市の霊隠寺、30万食の臘八粥を無料でふるまう  26日、杭州市の霊隠寺で、臘八粥を容器に詰めるボランティア。旧暦12月1日にあたる12月26日未明、浙江省杭州市にある中国禅宗寺院十刹の一つ、霊隠寺で臘八粥(ろうはちがゆ)を作る作業が行われた。旧暦の12月8日は中国の伝統的な祝日、「臘八節(ろうはちせつ)」にあたり、中国ではこの日に「臘八粥(ろうはちがゆ)」というお粥を食べる習慣がある。容器に詰められた臘八粥の第一陣が午前7時頃に霊隠寺を出発し、杭州市各地に無料で配られた。臘八粥は6つの大鍋で、24時間煮込まれたもの。同寺では旧暦12月1日(12月26日)未明から旧暦12月8日(1月2日)正午にかけて、香り高い臘八粥を同市と周辺都市の人々に約30万食提供する。2008年からこれまで12年連続で臘八粥をふるまうイベントを実施しており、提供した臘八粥は当初の10万食から30万食以上まで増えたという。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019122301423

    ミサイル発射車両を量産  北朝鮮の労働新聞が2017年11月29日付で掲載した、移動式発射台で直立する新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」の写真(コリアメディア提供・共同)

  18. 2019122603114

    「新華社」 もうすぐ新年きらめく夜のビエンチャンを楽しもう  23日、ビエンチャンの街角を彩るきらびやかなイルミネーション。開放経済政策が進む内陸国ラオスの首都ビエンチャン。メコン川沿いに広がるこの悠久の歴史を持つ街では、現地の伝統的な祝日に加え、クリスマスや元旦もますます重視されるようになってきた。街のあちこちにはきらびやかなイルミネーションが設けられ、冬のビエンチャンの夜を華やかに彩っている。(ビエンチャン=新華社配信)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019122603088

    「新華社」 もうすぐ新年きらめく夜のビエンチャンを楽しもう  23日、ビエンチャンの街角を彩るきらびやかなイルミネーション。開放経済政策が進む内陸国ラオスの首都ビエンチャン。メコン川沿いに広がるこの悠久の歴史を持つ街では、現地の伝統的な祝日に加え、クリスマスや元旦もますます重視されるようになってきた。街のあちこちにはきらびやかなイルミネーションが設けられ、冬のビエンチャンの夜を華やかに彩っている。(ビエンチャン=新華社配信)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019122603148

    「新華社」 もうすぐ新年きらめく夜のビエンチャンを楽しもう  23日、ビエンチャンの街角を彩るきらびやかなイルミネーション。開放経済政策が進む内陸国ラオスの首都ビエンチャン。メコン川沿いに広がるこの悠久の歴史を持つ街では、現地の伝統的な祝日に加え、クリスマスや元旦もますます重視されるようになってきた。街のあちこちにはきらびやかなイルミネーションが設けられ、冬のビエンチャンの夜を華やかに彩っている。(ビエンチャン=新華社配信)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019122603152

    「新華社」 もうすぐ新年きらめく夜のビエンチャンを楽しもう  23日、ビエンチャンの街角を彩るきらびやかなイルミネーション。開放経済政策が進む内陸国ラオスの首都ビエンチャン。メコン川沿いに広がるこの悠久の歴史を持つ街では、現地の伝統的な祝日に加え、クリスマスや元旦もますます重視されるようになってきた。街のあちこちにはきらびやかなイルミネーションが設けられ、冬のビエンチャンの夜を華やかに彩っている。(ビエンチャン=新華社配信)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019121301942

    「Newscom」 UPI POY 2019 Vice President Mike Pence delivers remarks on the US-Mexico-Canada trade agreement at the Heritage Foundation in Washington, D.C., on Tuesday, September 17, 2019. Photo by Kevin Dietsch/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  23. 2019122001000

    「新華社」 河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて  11日、雲頂スキー公園競技場。(小型無人機から)記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019122000956

    「新華社」 河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて  11日、雲頂スキー公園でスキーを楽しむ愛好家。記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019122000947

    「新華社」 河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて  11日、雲頂スキー公園競技場。(小型無人機から)記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019122000948

    「新華社」 河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて  10日、北京冬季五輪・パラリンピックの張家口選手村。(小型無人機から)記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019122000952

    「新華社」 河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて  10日、国家スキージャンプセンター「雪如意」。(小型無人機から)記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019122000941

    「新華社」 河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて  10日、国家スキージャンプセンター「雪如意」。記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019122001015

    「新華社」 河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて  10日、国家スキージャンプセンター「雪如意」。(小型無人機から)記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019122000955

    「新華社」 河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて  10日、国家スキージャンプセンター「雪如意」。(小型無人機から)記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019122000945

    「新華社」 河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて  10日、国家冬季バイアスロンセンターの会場技術センター。記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019122000953

    「新華社」 河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて  10日、国家スキージャンプセンターの施工現場で作業を進める作業員。記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019122000954

    「新華社」 河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて  10日、北京と張家口を結ぶ京張高速鉄道の太子城駅と「太子城氷雪小鎮」。(小型無人機から)記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019121900279

    「新華社」 黄鶴楼の壁画が伝える三国志の物語湖北省武漢市  8日、黄鶴楼の壁画「孫権築城」の下部。職人が苦心して黄鶴楼を建築する過程が詳しく描かれている。壁画には職人のそばで戈(か)と呼ばれる武器を持って監督する兵士が描かれ、黄鶴楼が当初は軍事施設だったことを示している。中国湖北省武漢市にある黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。武漢長江大橋の建造に際して移転され、現在の黄鶴楼は元の地点から約1キロ離れた市内の長江南岸の蛇山に位置する。清代に破壊された建物を再建し、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。黄鶴楼の2階展示室には、三国志の物語を伝える2枚の壁画がある。1枚は「孫権築城」と題する壁画で、漢代の画像磚(がぞうせん、図案を彫刻したれんが)の手法を用い、呉の孫権が黄鶴楼を築いた場面を再現している。もう1枚は「周瑜設宴」と題され、人質にしようと企む周瑜に黄鶴楼での宴に招かれた劉備が、諸葛亮の機転で劉備が難を逃れる「劉玄徳酔走黄鶴楼」の逸話を中央美術学院の孫景波(そん・けいは)教授が描いた。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019121900366

    「新華社」 黄鶴楼の壁画が伝える三国志の物語湖北省武漢市  8日、黄鶴楼の壁画「周瑜設宴」。中国湖北省武漢市にある黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。武漢長江大橋の建造に際して移転され、現在の黄鶴楼は元の地点から約1キロ離れた市内の長江南岸の蛇山に位置する。清代に破壊された建物を再建し、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。黄鶴楼の2階展示室には、三国志の物語を伝える2枚の壁画がある。1枚は「孫権築城」と題する壁画で、漢代の画像磚(がぞうせん、図案を彫刻したれんが)の手法を用い、呉の孫権が黄鶴楼を築いた場面を再現している。もう1枚は「周瑜設宴」と題され、人質にしようと企む周瑜に黄鶴楼での宴に招かれた劉備が、諸葛亮の機転で劉備が難を逃れる「劉玄徳酔走黄鶴楼」の逸話を中央美術学院の孫景波(そん・けいは)教授が描いた。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019121900381

    「新華社」 黄鶴楼の壁画が伝える三国志の物語湖北省武漢市  8日、黄鶴楼の壁画「周瑜設宴」。中国湖北省武漢市にある黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。武漢長江大橋の建造に際して移転され、現在の黄鶴楼は元の地点から約1キロ離れた市内の長江南岸の蛇山に位置する。清代に破壊された建物を再建し、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。黄鶴楼の2階展示室には、三国志の物語を伝える2枚の壁画がある。1枚は「孫権築城」と題する壁画で、漢代の画像磚(がぞうせん、図案を彫刻したれんが)の手法を用い、呉の孫権が黄鶴楼を築いた場面を再現している。もう1枚は「周瑜設宴」と題され、人質にしようと企む周瑜に黄鶴楼での宴に招かれた劉備が、諸葛亮の機転で劉備が難を逃れる「劉玄徳酔走黄鶴楼」の逸話を中央美術学院の孫景波(そん・けいは)教授が描いた。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019121900370

    「新華社」 黄鶴楼の壁画が伝える三国志の物語湖北省武漢市  8日、黄鶴楼の壁画「周瑜設宴」の上部。劉備が船に乗り、危機から脱するのに成功した場面を詳しく描いている。中国湖北省武漢市にある黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。武漢長江大橋の建造に際して移転され、現在の黄鶴楼は元の地点から約1キロ離れた市内の長江南岸の蛇山に位置する。清代に破壊された建物を再建し、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。黄鶴楼の2階展示室には、三国志の物語を伝える2枚の壁画がある。1枚は「孫権築城」と題する壁画で、漢代の画像磚(がぞうせん、図案を彫刻したれんが)の手法を用い、呉の孫権が黄鶴楼を築いた場面を再現している。もう1枚は「周瑜設宴」と題され、人質にしようと企む周瑜に黄鶴楼での宴に招かれた劉備が、諸葛亮の機転で劉備が難を逃れる「劉玄徳酔走黄鶴楼」の逸話を中央美術学院の孫景波(そん・けいは)教授が描いた。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019121900320

    「新華社」 黄鶴楼の壁画が伝える三国志の物語湖北省武漢市  8日、黄鶴楼の壁画「孫権築城」の細部。中国湖北省武漢市にある黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。武漢長江大橋の建造に際して移転され、現在の黄鶴楼は元の地点から約1キロ離れた市内の長江南岸の蛇山に位置する。清代に破壊された建物を再建し、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。黄鶴楼の2階展示室には、三国志の物語を伝える2枚の壁画がある。1枚は「孫権築城」と題する壁画で、漢代の画像磚(がぞうせん、図案を彫刻したれんが)の手法を用い、呉の孫権が黄鶴楼を築いた場面を再現している。もう1枚は「周瑜設宴」と題され、人質にしようと企む周瑜に黄鶴楼での宴に招かれた劉備が、諸葛亮の機転で劉備が難を逃れる「劉玄徳酔走黄鶴楼」の逸話を中央美術学院の孫景波(そん・けいは)教授が描いた。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019120604516

    「新華社」 公益スーパーが知的障害者雇用の受け皿に陝西省西安市  2日、商品棚を整理する店員の王淑琴(おう・しゅくきん)さん。中国陝西省西安市蓮湖区のスーパー「西安慧霊公益超市」は、全ての店員が障害者という特別な店だ。同店は西安市で唯一、知的障害者に就業機会と職業技能訓練を提供しており、現在6人の知的障害者が来店客の案内や商品整理、レジ打ち、配達などを担っている。訓練を受けた10人のうち2人は、開店から半年も経たないうちに常勤で働けるようになった。指導係の崔明(さい・めい)さんは、スーパーは今後も引き続き規模を拡大し、知的障害者の受け入れを増やして社会参加を支援するとともに、より多くの人に知的障害者を理解し受け入れてもらえるようにしていくと話した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019120604578

    「新華社」 公益スーパーが知的障害者雇用の受け皿に陝西省西安市  2日、来店客に商品を紹介する店員の夕(せき)さん(左)。中国陝西省西安市蓮湖区のスーパー「西安慧霊公益超市」は、全ての店員が障害者という特別な店だ。同店は西安市で唯一、知的障害者に就業機会と職業技能訓練を提供しており、現在6人の知的障害者が来店客の案内や商品整理、レジ打ち、配達などを担っている。訓練を受けた10人のうち2人は、開店から半年も経たないうちに常勤で働けるようになった。指導係の崔明(さい・めい)さんは、スーパーは今後も引き続き規模を拡大し、知的障害者の受け入れを増やして社会参加を支援するとともに、より多くの人に知的障害者を理解し受け入れてもらえるようにしていくと話した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019120604552

    「新華社」 公益スーパーが知的障害者雇用の受け皿に陝西省西安市  2日、売上を精算する店員の夕(せき)さん。中国陝西省西安市蓮湖区のスーパー「西安慧霊公益超市」は、全ての店員が障害者という特別な店だ。同店は西安市で唯一、知的障害者に就業機会と職業技能訓練を提供しており、現在6人の知的障害者が来店客の案内や商品整理、レジ打ち、配達などを担っている。訓練を受けた10人のうち2人は、開店から半年も経たないうちに常勤で働けるようになった。指導係の崔明(さい・めい)さんは、スーパーは今後も引き続き規模を拡大し、知的障害者の受け入れを増やして社会参加を支援するとともに、より多くの人に知的障害者を理解し受け入れてもらえるようにしていくと話した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019120604559

    「新華社」 公益スーパーが知的障害者雇用の受け皿に陝西省西安市  2日、店員に仕事を教える崔明さん(中)。中国陝西省西安市蓮湖区のスーパー「西安慧霊公益超市」は、全ての店員が障害者という特別な店だ。同店は西安市で唯一、知的障害者に就業機会と職業技能訓練を提供しており、現在6人の知的障害者が来店客の案内や商品整理、レジ打ち、配達などを担っている。訓練を受けた10人のうち2人は、開店から半年も経たないうちに常勤で働けるようになった。指導係の崔明(さい・めい)さんは、スーパーは今後も引き続き規模を拡大し、知的障害者の受け入れを増やして社会参加を支援するとともに、より多くの人に知的障害者を理解し受け入れてもらえるようにしていくと話した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019120604517

    「新華社」 公益スーパーが知的障害者雇用の受け皿に陝西省西安市  2日、会議をする指導係の崔明さん(右端)と店員ら。中国陝西省西安市蓮湖区のスーパー「西安慧霊公益超市」は、全ての店員が障害者という特別な店だ。同店は西安市で唯一、知的障害者に就業機会と職業技能訓練を提供しており、現在6人の知的障害者が来店客の案内や商品整理、レジ打ち、配達などを担っている。訓練を受けた10人のうち2人は、開店から半年も経たないうちに常勤で働けるようになった。指導係の崔明(さい・めい)さんは、スーパーは今後も引き続き規模を拡大し、知的障害者の受け入れを増やして社会参加を支援するとともに、より多くの人に知的障害者を理解し受け入れてもらえるようにしていくと話した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019120604521

    「新華社」 公益スーパーが知的障害者雇用の受け皿に陝西省西安市  2日、商品棚に商品を陳列する店員の呉帥(ご・すい)さん。中国陝西省西安市蓮湖区のスーパー「西安慧霊公益超市」は、全ての店員が障害者という特別な店だ。同店は西安市で唯一、知的障害者に就業機会と職業技能訓練を提供しており、現在6人の知的障害者が来店客の案内や商品整理、レジ打ち、配達などを担っている。訓練を受けた10人のうち2人は、開店から半年も経たないうちに常勤で働けるようになった。指導係の崔明(さい・めい)さんは、スーパーは今後も引き続き規模を拡大し、知的障害者の受け入れを増やして社会参加を支援するとともに、より多くの人に知的障害者を理解し受け入れてもらえるようにしていくと話した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019120604590

    「新華社」 公益スーパーが知的障害者雇用の受け皿に陝西省西安市  2日、乳製品の賞味期限を確認する店員の夕(せき)さん。中国陝西省西安市蓮湖区のスーパー「西安慧霊公益超市」は、全ての店員が障害者という特別な店だ。同店は西安市で唯一、知的障害者に就業機会と職業技能訓練を提供しており、現在6人の知的障害者が来店客の案内や商品整理、レジ打ち、配達などを担っている。訓練を受けた10人のうち2人は、開店から半年も経たないうちに常勤で働けるようになった。指導係の崔明(さい・めい)さんは、スーパーは今後も引き続き規模を拡大し、知的障害者の受け入れを増やして社会参加を支援するとともに、より多くの人に知的障害者を理解し受け入れてもらえるようにしていくと話した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019120604556

    「新華社」 公益スーパーが知的障害者雇用の受け皿に陝西省西安市  2日、店内の清掃をする店員の楊文娟(よう・ぶんけん)さん。中国陝西省西安市蓮湖区のスーパー「西安慧霊公益超市」は、全ての店員が障害者という特別な店だ。同店は西安市で唯一、知的障害者に就業機会と職業技能訓練を提供しており、現在6人の知的障害者が来店客の案内や商品整理、レジ打ち、配達などを担っている。訓練を受けた10人のうち2人は、開店から半年も経たないうちに常勤で働けるようになった。指導係の崔明(さい・めい)さんは、スーパーは今後も引き続き規模を拡大し、知的障害者の受け入れを増やして社会参加を支援するとともに、より多くの人に知的障害者を理解し受け入れてもらえるようにしていくと話した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019120604519

    「新華社」 公益スーパーが知的障害者雇用の受け皿に陝西省西安市  2日、商品棚を整理する店員の王淑琴(おう・しゅくきん)さん。中国陝西省西安市蓮湖区のスーパー「西安慧霊公益超市」は、全ての店員が障害者という特別な店だ。同店は西安市で唯一、知的障害者に就業機会と職業技能訓練を提供しており、現在6人の知的障害者が来店客の案内や商品整理、レジ打ち、配達などを担っている。訓練を受けた10人のうち2人は、開店から半年も経たないうちに常勤で働けるようになった。指導係の崔明(さい・めい)さんは、スーパーは今後も引き続き規模を拡大し、知的障害者の受け入れを増やして社会参加を支援するとともに、より多くの人に知的障害者を理解し受け入れてもらえるようにしていくと話した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019120604522

    「新華社」 公益スーパーが知的障害者雇用の受け皿に陝西省西安市  2日、倉庫の整理をする店員の呉帥(ご・すい)さん。中国陝西省西安市蓮湖区のスーパー「西安慧霊公益超市」は、全ての店員が障害者という特別な店だ。同店は西安市で唯一、知的障害者に就業機会と職業技能訓練を提供しており、現在6人の知的障害者が来店客の案内や商品整理、レジ打ち、配達などを担っている。訓練を受けた10人のうち2人は、開店から半年も経たないうちに常勤で働けるようになった。指導係の崔明(さい・めい)さんは、スーパーは今後も引き続き規模を拡大し、知的障害者の受け入れを増やして社会参加を支援するとともに、より多くの人に知的障害者を理解し受け入れてもらえるようにしていくと話した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019112800850

    ニュース双曲線・写真特集「迎賓館・国宝10年」 荘厳な西洋風の宮殿  即位を祝うパレードで天皇、皇后両陛下が乗車されたオープンカーは1月5日まで迎賓館で展示されている=11月10日、皇居前

  50. 2019121300325

    「新華社」 開放拡大進む雲南省  中国-ラオス鉄道の中国側区間「玉磨鉄道」にある大尖山トンネルの入り口から1号斜坑まで貫通したことを祝う中鉄十八局集団の作業員。(11月29日撮影)中国雲南省は独特の地理的優位性によって、中国から南西への対外開放・協力を進める最前線となっている。現在は「一帯一路」構想の主導の下、同省と南アジア・東南アジア諸国間の交通インフラの相互接続が徐々に進み、経済・貿易協力が日増しに活発化しており、人的・文化交流が絶えず深まり、開放がますます拡大している。(昆明=新華社記者/楊宗友)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像