検索結果 40 件中 1 件 〜 40 件 "Architecture"
  1. 2018122508422

    昭和の風景・資料  明治維新後は城内のほとんどの建築物は破却され、高欄櫓が残る。この写真撮影後の2004年に天守が復元された=1968(昭和43)年12月8日、愛媛県大洲市

  2. 2018122505849

    昭和の風景・資料  江戸時代初期に建てられた天守や櫓等の主要建築物が現存し、国宝や重要文化財に指定されている。別名を白鷺城=1960年(昭和35年)4月、兵庫県姫路市

  3. 2018120319350

    昭和の風景・資料  園部城の建築物=1973(昭和48)年7月11日、京都府南丹市

  4. 2018110922546

    昭和の風景・資料  建設中の世界貿易センタービル。完成は1970年で、手前は国鉄浜松町駅とモノレール駅。高さ152㍍で霞が関ビル(右)を抜いた。左は1958年に建てられた東京タワー。東京の高層建築物が3つ並んでいる=1969(昭和44)年5月30日

  5. 2015072700440

    「中国新聞」「原爆」 原爆ドームを見学する修学旅行生 原爆ドームを見学する修学旅行生。ドーム前のPEACEの文字がある建築物は「平和記念塔」あるいは「平和の碑」とも呼ばれ、1947(昭和22)年12月、天皇行幸を記念して作られた。撮影日:1949(昭和24)年3月1日、エディトリアル使用のみ・商業利用不可、クレジット:中国新聞/共同通信イメージズ

  6. 2015041500103

    資料 93422 成田、鉄塔撤去の攻防続く  支援学生が立てこもる妨害鉄塔(地上からの高さ32・5メートル)に一斉に放水する機動隊。千葉県警は、鉄塔が航空法49条(物件の制限)の違反建築物だとして、現場検証を始めた=1978(昭和53)年2月6日、千葉県山武郡芝山町香山新田で共同通信社ヘリから(53年内地 1144)

  7. 2015041500101

    資料 93420 成田、鉄塔撤去の攻防続く  反対派が立てこもる第2要塞(ようさい)に向けて放水する機動隊。千葉県警は、要塞上の妨害鉄塔が航空法49条(物件の制限)の違反建築物だとして、現場検証を始めた=1978(昭和53)年2月6日、千葉県山武郡芝山町香山新田で共同通信社ヘリから(53年内地 1141)

  8. 2015041500100

    資料 93420 成田、鉄塔撤去の攻防続く  反対派が立てこもる“第2要塞(ようさい)”の妨害鉄塔(地上からの高さ32・5メートル)を取り囲む放水車と機動隊。千葉県警は、鉄塔が航空法49条(物件の制限)の違反建築物だとして、現場検証を始めた=1978(昭和53)年2月6日、千葉県山武郡芝山町香山新田で共同通信社ヘリから(53年内地 1135)

  9. 2015010700611

    資料 13763 ビルマの建築物  マンダレーヒルにある1000年ほど前に建てられたと言われている建物=整理1944(昭和19)年7月30日(番号なし)(

  10. 2015010700610

    資料 13764−2 ビルマの建築物  マンダレーヒルにある建物の床下の柱=整理1944(昭和19)年7月30日(番号なし)

  11. 2015010700306

    52年内地 8165 参院地方行政委員会  参院地方行政委員会で身障者問題について初質問する前島英三郎(八代英太)氏。「国会でも私が通る所だけが改装されている。公共建築物だけでも身障者が気楽に出入り出来るよう建築基準法を改正せよ」と“追及”=1977(昭和52)年10月27日、国会

  12. 2014120300229

    22年内地 6661 平野農相宅にヤミ建築物  平野農相の私邸にあるヤミ建築の天文台=1947(昭和22)年10月30日出稿 

  13. 2014090900536

    資料 91024 日ソ文化交流の殿堂近く開館  ロシア各地の建築様式を取り入れた「北海道日ソ友好文化会館」。日ソ文化交流の殿堂を目指して札幌市内に建設。鉄筋コンクリート造り地下1階、地上2階、延べ約1500平方メートル。ロシア各地の建築様式を取り入れた回廊や階段などが特徴=1977(昭和52)年7月4日、札幌市豊平区平岸(52年内地 5060)

  14. 2013101700276

    資料 27554 人工地震の試験  人工地震による建築物の耐震実験=1951(昭和26)年9月21日、東京新宿区百人町の建設省研究所内(26年内地2562)

  15. 2013073100377

    51年内地 1756 再三建て替えられた皇居  平城宮跡の東築地回廊付近。1300年前の皇居はどういう姿だったか-奈良国立文化財研究所平城宮跡発掘調査部の第1次内裏跡の発掘調査が終わり、奈良朝70年間に3回にわたり建て替えられ、建物はすべて掘立柱の伝統的建築様式であったことが分かった=1976(昭和51)年3月5日

  16. 2013071800169

    「レトロ写真―あのころ」 ルービックキューブ発売  1980(昭和55)年7月25日、立体パズル「ルービックキューブ」が日本でも発売された。ハンガリーの建築学者エルノー・ルービック氏が考案した。模造品が出回るほど爆発的な売れ行きをみせ、一大ブームとなった。百貨店では子どもたちの競技大会も催された。

  17. 2012121300374

    資料 33667 都体育館完成模型  東京・千駄ケ谷に建設される東京体育館の模型と設計者の高橋武士さん(日大建築学教室)=1953(昭和28)年7月8日 (28年内地2087) 

  18. 2012091200161

    50年内地 1913 「明治村」が開村10周年  濃い緑の中に点在する明治時代の建築物。失われゆく明治の貴重な建物や資料を保存するため、愛知県犬山市の郊外、入鹿池のほとりの丘陵地に博物館「明治村」(谷口吉郎館長)が誕生してこの18日で満10年を迎える。開村当時15件だった建造物も毎年増え、「ブラジル移民館」「土川元夫記念館」「東京新大橋」を加え43件となった=1975(昭和50)年3月17日、愛知県犬山市

  19. 2010071500220

    「レトロ写真―あのころ」 ルービックキューブ発売  1980(昭和55)年7月25日、ハンガリーの建築学者エルノー・ルービック氏が考案した立体パズル「ルービックキューブ」が日本で発売され一大ブームに。爆発的に売れ、模造品まで出回るほどの騒ぎとなった。写真は翌年、東京の百貨店で催された競技大会。

  20. 2009032500234

    「同盟写真特報」 「同盟写真特報」自信なき反攻に狂奔するハワイ(1)防衛万全を叫ぶ艦上のヤンキー水兵だが彼らの心には恋人の顔が飛行機の様に去来するのだ(2)歴史的12月8日の早朝皇軍の一撃に震撼する真珠湾望見する町の写真師(3)砂嚢に保護された重要建築物、ホノルル市政会館(4)皇軍睥睨下灯火管制布いて戦慄する死のアロハ灯台(5)サルベージ作戦も遅々たる真珠湾再建工作(6)俄造りの作業上に散らす溶接の火花は鬼火の如く青白く光る(7)真珠湾を忘れるな!!と抗戦気分駆り立てる米国の形相(8)哀れ空襲警報に慌てて防空壕に駆け込む米の大衆、昭和17年11月14日(土曜日)第1940号

  21. 2009012200143

    「レトロ写真―あのころ」 金堂壁画を焼失  1949(昭和24)年1月26日、国宝・法隆寺の金堂から火災が発生、貴重な壁画12面を焼損。原因は電気座布団からの失火ともいわれる。これがきっかけで翌年、文化財保護法が制定される。世界最古の木造建築物は93年に世界文化遺産となった。

  22. 2009011400144

    「同盟写真特報」 頼母し完璧の備え、わが機械化消防陣、写真協会提供、(1)毅然!敵襲下に備えて完璧のわが消防隊員(2)火事ツ!と見る間間一髪、発火通報は司令部へ飛び、折返り司令部より出動命令は下る、その間実に十数秒(3)指令下るや直ちに出動、消防自動車は現場に急ぐ(4)(5)見る見るうちに梯子は伸びて消火活動は始まる。高層建築物等には梯子自動車が出動する、昭和17年5月21日(木曜日)第1768号

  23. 2006033000152

    60年カラーニュース 489 筑波万博プレスプレビュー  未来的な建築物、ガスパビリオンの夜景=1985(昭和60)年3月5日、茨城県筑波の科学万博会場

  24. 2005081100030

    人物通信 9194 沢田光英  日本住宅公団副総裁、日本建築学会会員、財団法人日本建築センター理事長=1972(昭和47)年6月27日撮影

  25. 2003120900105

    人物通信 21858 沢田光英  日本住宅公団副総裁、日本建築学会会員=1985(昭和60)年12月19日撮影

  26. 1995012800134

    堀口捨己氏死亡が判明  死去した堀口捨己氏(建築学)(昭和41年撮影)

  27. 1994052700039

    平6国内 6539 通年企画「日本のコレクション」(10) 楽園幻想を揺さぶる  (2)昭和5年に日本初の西洋近代美術館として創設された大原美術館。ギリシャ建築様式の本館前で、阿智神社・春の大祭の山車を引く子供たち=岡山県倉敷市中央

  28. 1980031500018

    カラー通信 9186 丹下健三  丹下健三、学者・研究者、たんげ・けいぞう、死去・2005年3月22日、建築家、東大工学部教授・名誉教授、丹下都市建築設計研究所開設、日本建築学会大賞受賞、文化勲章受賞、文化功労者、勲一等瑞宝章受章=1979(昭和54)年10月22日

  29. 1972122200003

    カラー通信 4250 沢田光英  建設省住宅局長、日本住宅公団副総裁、日本建築学会会員=1972(昭和47)年6月27日撮影

  30. 2018060600809

    「新華社」 560点の古い写真に見る中国の古建築物の美  展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」で展示される、1941年に中国営造学社が撮影した成都市から広漢市までの途中に建てられた四つの牌坊(中国の伝統的建築様式の門の一つである)。これらはすべて清代に建てられた節孝坊(忠孝貞節の女性を顕彰するために建てられた牌坊)。中国四川省の成都博物館は9日から、著名建築家の梁思成氏らが残した同省徳陽市南西部の古城広漢市の古い写真560点を展示する展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」を開く。これらの写真の中の広漢の姿を通して、昔の中国の都市を垣間見ることができる。1930年に設立された中国営造学社は、古い建築物の保護・研究を目的とした民間学術団体で、梁思成氏や劉惇楨氏など著名な学者が集まっていた。1941年に、広漢出身の戴季陶氏が県誌の改訂を提案し、営造学社に参加を求めた。営造学社は長く広漢に滞在し、一通りの建物を写真に収め、詳細な測量や製図も行ったが、これらの写真は結局発表されず、その存在も次第に忘れられていった。だが数年前、中国中央テレビ(CCTV)の胡勁草ディレクターがドキュメンタリー番組「梁思成林徽因」撮影のために、清華大学建築学院資料室で資料を調べていた際、偶然これらの白黒写真を発見した。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=1941(昭和16)年、クレジット:成都博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

  31. 2018060600914

    「新華社」 560点の古い写真に見る中国の古建築物の美  展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」で展示される、1941年に中国営造学社が撮影した湔江書院。かつては広漢で有名な書院(私塾)だった。中国四川省の成都博物館は9日から、著名建築家の梁思成氏らが残した同省徳陽市南西部の古城広漢市の古い写真560点を展示する展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」を開く。これらの写真の中の広漢の姿を通して、昔の中国の都市を垣間見ることができる。1930年に設立された中国営造学社は、古い建築物の保護・研究を目的とした民間学術団体で、梁思成氏や劉惇楨氏など著名な学者が集まっていた。1941年に、広漢出身の戴季陶氏が県誌の改訂を提案し、営造学社に参加を求めた。営造学社は長く広漢に滞在し、一通りの建物を写真に収め、詳細な測量や製図も行ったが、これらの写真は結局発表されず、その存在も次第に忘れられていった。だが数年前、中国中央テレビ(CCTV)の胡勁草ディレクターがドキュメンタリー番組「梁思成林徽因」撮影のために、清華大学建築学院資料室で資料を調べていた際、偶然これらの白黒写真を発見した。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=1941(昭和16)年、クレジット:成都博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

  32. 2018060600874

    「新華社」 560点の古い写真に見る中国の古建築物の美  展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」で展示される、1941年に中国営造学社が撮影した広漢市内にあった牌坊(中国の伝統的建築様式の門の一つ)。梁思成が撮影した時には牌坊の戒石銘はすでに「天下為公」(天下もって公と為す)に変わっていた。中国四川省の成都博物館は9日から、著名建築家の梁思成氏らが残した同省徳陽市南西部の古城広漢市の古い写真560点を展示する展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」を開く。これらの写真の中の広漢の姿を通して、昔の中国の都市を垣間見ることができる。1930年に設立された中国営造学社は、古い建築物の保護・研究を目的とした民間学術団体で、梁思成氏や劉惇楨氏など著名な学者が集まっていた。1941年に、広漢出身の戴季陶氏が県誌の改訂を提案し、営造学社に参加を求めた。営造学社は長く広漢に滞在し、一通りの建物を写真に収め、詳細な測量や製図も行ったが、これらの写真は結局発表されず、その存在も次第に忘れられていった。だが数年前、中国中央テレビ(CCTV)の胡勁草ディレクターがドキュメンタリー番組「梁思成林徽因」撮影のために、清華大学建築学院資料室で資料を調べていた際、偶然これらの白黒写真を発見した。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=1941(昭和16)年、クレジット:成都博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

  33. 2018060600913

    「新華社」 560点の古い写真に見る中国の古建築物の美  展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」で展示される、1941年に中国営造学社が撮影した広漢市の西城門。中国四川省の成都博物館は9日から、著名建築家の梁思成氏らが残した同省徳陽市南西部の古城広漢市の古い写真560点を展示する展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」を開く。これらの写真の中の広漢の姿を通して、昔の中国の都市を垣間見ることができる。1930年に設立された中国営造学社は、古い建築物の保護・研究を目的とした民間学術団体で、梁思成氏や劉惇楨氏など著名な学者が集まっていた。1941年に、広漢出身の戴季陶氏が県誌の改訂を提案し、営造学社に参加を求めた。営造学社は長く広漢に滞在し、一通りの建物を写真に収め、詳細な測量や製図も行ったが、これらの写真は結局発表されず、その存在も次第に忘れられていった。だが数年前、中国中央テレビ(CCTV)の胡勁草ディレクターがドキュメンタリー番組「梁思成林徽因」撮影のために、清華大学建築学院資料室で資料を調べていた際、偶然これらの白黒写真を発見した。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=1941(昭和16)年、クレジット:成都博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

  34. 2018060600888

    「新華社」 560点の古い写真に見る中国の古建築物の美  展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」で展示される、1941年に中国営造学社が撮影した懸山建築の山門(寺院の正門)。「龍居古刹」の4文字が見える。中国四川省の成都博物館は9日から、著名建築家の梁思成氏らが残した同省徳陽市南西部の古城広漢市の古い写真560点を展示する展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」を開く。これらの写真の中の広漢の姿を通して、昔の中国の都市を垣間見ることができる。1930年に設立された中国営造学社は、古い建築物の保護・研究を目的とした民間学術団体で、梁思成氏や劉惇楨氏など著名な学者が集まっていた。1941年に、広漢出身の戴季陶氏が県誌の改訂を提案し、営造学社に参加を求めた。営造学社は長く広漢に滞在し、一通りの建物を写真に収め、詳細な測量や製図も行ったが、これらの写真は結局発表されず、その存在も次第に忘れられていった。だが数年前、中国中央テレビ(CCTV)の胡勁草ディレクターがドキュメンタリー番組「梁思成林徽因」撮影のために、清華大学建築学院資料室で資料を調べていた際、偶然これらの白黒写真を発見した。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=1941(昭和16)年、クレジット:成都博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

  35. 2018060600890

    「新華社」 560点の古い写真に見る中国の古建築物の美  展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」で展示される、1941年に中国営造学社が撮影した金輪場の町並み。定期的に立つ市は「檐廊」と呼ばれる広い軒下で行われた。中国四川省の成都博物館は9日から、著名建築家の梁思成氏らが残した同省徳陽市南西部の古城広漢市の古い写真560点を展示する展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」を開く。これらの写真の中の広漢の姿を通して、昔の中国の都市を垣間見ることができる。1930年に設立された中国営造学社は、古い建築物の保護・研究を目的とした民間学術団体で、梁思成氏や劉惇楨氏など著名な学者が集まっていた。1941年に、広漢出身の戴季陶氏が県誌の改訂を提案し、営造学社に参加を求めた。営造学社は長く広漢に滞在し、一通りの建物を写真に収め、詳細な測量や製図も行ったが、これらの写真は結局発表されず、その存在も次第に忘れられていった。だが数年前、中国中央テレビ(CCTV)の胡勁草ディレクターがドキュメンタリー番組「梁思成林徽因」撮影のために、清華大学建築学院資料室で資料を調べていた際、偶然これらの白黒写真を発見した。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=1941(昭和16)年、クレジット:成都博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

  36. 2018060600897

    「新華社」 560点の古い写真に見る中国の古建築物の美  展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」で展示される、1941年に中国営造学社が撮影した広漢市南門城壁の上に建てられた奎星閣。「漢州八景」(漢州は現在の四川省徳陽市一帯)に挙げられる「奎楼文筆」は奎星閣を指す。中国四川省の成都博物館は9日から、著名建築家の梁思成氏らが残した同省徳陽市南西部の古城広漢市の古い写真560点を展示する展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」を開く。これらの写真の中の広漢の姿を通して、昔の中国の都市を垣間見ることができる。1930年に設立された中国営造学社は、古い建築物の保護・研究を目的とした民間学術団体で、梁思成氏や劉惇楨氏など著名な学者が集まっていた。1941年に、広漢出身の戴季陶氏が県誌の改訂を提案し、営造学社に参加を求めた。営造学社は長く広漢に滞在し、一通りの建物を写真に収め、詳細な測量や製図も行ったが、これらの写真は結局発表されず、その存在も次第に忘れられていった。だが数年前、中国中央テレビ(CCTV)の胡勁草ディレクターがドキュメンタリー番組「梁思成林徽因」撮影のために、清華大学建築学院資料室で資料を調べていた際、偶然これらの白黒写真を発見した。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=1941(昭和16)年、クレジット:成都博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

  37. 2018060600867

    「新華社」 560点の古い写真に見る中国の古建築物の美  展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」で展示される、1941年に中国営造学社が撮影した広漢市東門の上に築かれた砲楼(櫓)。中国四川省の成都博物館は9日から、著名建築家の梁思成氏らが残した同省徳陽市南西部の古城広漢市の古い写真560点を展示する展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」を開く。これらの写真の中の広漢の姿を通して、昔の中国の都市を垣間見ることができる。1930年に設立された中国営造学社は、古い建築物の保護・研究を目的とした民間学術団体で、梁思成氏や劉惇楨氏など著名な学者が集まっていた。1941年に、広漢出身の戴季陶氏が県誌の改訂を提案し、営造学社に参加を求めた。営造学社は長く広漢に滞在し、一通りの建物を写真に収め、詳細な測量や製図も行ったが、これらの写真は結局発表されず、その存在も次第に忘れられていった。だが数年前、中国中央テレビ(CCTV)の胡勁草ディレクターがドキュメンタリー番組「梁思成林徽因」撮影のために、清華大学建築学院資料室で資料を調べていた際、偶然これらの白黒写真を発見した。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=1941(昭和16)年、クレジット:成都博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

  38. 2018060600873

    「新華社」 560点の古い写真に見る中国の古建築物の美  展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」で展示される、1941年に中国営造学社が撮影した城隍廟(都市神である城隍神を祭る廟)にある鐘鼓楼。中国四川省の成都博物館は9日から、著名建築家の梁思成氏らが残した同省徳陽市南西部の古城広漢市の古い写真560点を展示する展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」を開く。これらの写真の中の広漢の姿を通して、昔の中国の都市を垣間見ることができる。1930年に設立された中国営造学社は、古い建築物の保護・研究を目的とした民間学術団体で、梁思成氏や劉惇楨氏など著名な学者が集まっていた。1941年に、広漢出身の戴季陶氏が県誌の改訂を提案し、営造学社に参加を求めた。営造学社は長く広漢に滞在し、一通りの建物を写真に収め、詳細な測量や製図も行ったが、これらの写真は結局発表されず、その存在も次第に忘れられていった。だが数年前、中国中央テレビ(CCTV)の胡勁草ディレクターがドキュメンタリー番組「梁思成林徽因」撮影のために、清華大学建築学院資料室で資料を調べていた際、偶然これらの白黒写真を発見した。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=1941(昭和16)年、クレジット:成都博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

  39. 2018060600882

    「新華社」 560点の古い写真に見る中国の古建築物の美  展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」で展示される、1941年に中国営造学社が撮影した広漢市高駢鎮にある広東会館の劇台(舞台)。まさに彫刻の殿堂だ。中国四川省の成都博物館は9日から、著名建築家の梁思成氏らが残した同省徳陽市南西部の古城広漢市の古い写真560点を展示する展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」を開く。これらの写真の中の広漢の姿を通して、昔の中国の都市を垣間見ることができる。1930年に設立された中国営造学社は、古い建築物の保護・研究を目的とした民間学術団体で、梁思成氏や劉惇楨氏など著名な学者が集まっていた。1941年に、広漢出身の戴季陶氏が県誌の改訂を提案し、営造学社に参加を求めた。営造学社は長く広漢に滞在し、一通りの建物を写真に収め、詳細な測量や製図も行ったが、これらの写真は結局発表されず、その存在も次第に忘れられていった。だが数年前、中国中央テレビ(CCTV)の胡勁草ディレクターがドキュメンタリー番組「梁思成林徽因」撮影のために、清華大学建築学院資料室で資料を調べていた際、偶然これらの白黒写真を発見した。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=1941(昭和16)年、クレジット:成都博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

  40. 2018060600878

    「新華社」 560点の古い写真に見る中国の古建築物の美  展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」で展示される、1941年に中国営造学社が撮影した「宗祠」(一族の祖先を祭る祠)へ向かう男児。木造の門には威風堂々としている門神(住宅の入口に立ち、門番の役目を果たす神)が庭園を守り、壁には壁画が残っている。中国四川省の成都博物館は9日から、著名建築家の梁思成氏らが残した同省徳陽市南西部の古城広漢市の古い写真560点を展示する展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」を開く。これらの写真の中の広漢の姿を通して、昔の中国の都市を垣間見ることができる。1930年に設立された中国営造学社は、古い建築物の保護・研究を目的とした民間学術団体で、梁思成氏や劉惇楨氏など著名な学者が集まっていた。1941年に、広漢出身の戴季陶氏が県誌の改訂を提案し、営造学社に参加を求めた。営造学社は長く広漢に滞在し、一通りの建物を写真に収め、詳細な測量や製図も行ったが、これらの写真は結局発表されず、その存在も次第に忘れられていった。だが数年前、中国中央テレビ(CCTV)の胡勁草ディレクターがドキュメンタリー番組「梁思成林徽因」撮影のために、清華大学建築学院資料室で資料を調べていた際、偶然これらの白黒写真を発見した。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=1941(昭和16)年、クレジット:成都博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像