検索結果 10 件中 1 件 〜 10 件 "Hall"
  1. 2014052200376

    「レトロ写真―あのころ」 カンカン帽姿で一杯  1949(昭和24)年6月1日、戦後の混乱が収まったころ東京・銀座ではビアホールの営業が再開された。喉を潤すサラリーマンの頭を見るとそろってカンカン帽。大正期から流行していた男性の夏の定番ファッションだった。屋上ビアガーデンが登場するのは東京五輪開催の頃で、女性客も増え始める。

  2. 2011052600192

    「レトロ写真―あのころ」 カンカン帽姿で一杯  1949(昭和24)年6月1日、戦後の混乱も収まると東京・銀座ではビアホールの営業が再開された。ビールで喉を潤すサラリーマンの頭にはそろってカンカン帽。大正期からこのころまで流行していた男性の夏の定番ファッション。東京五輪が開催される前後から屋上ビアガーデンが登場し女性客も増え始めた。

  3. 2010052200087

    S_3704 社団法人日本放送協会東京中央放送局  1925(大正14)年7月、去る3月22日に東京・芝浦の仮放送所から日本のラジオ第一声を流したばかりの社団法人東京放送局が、東京・愛宕山の新しい局舎に移転、同地で本放送を開始した。同局は翌1926年8月20日、社団法人名古屋放送局、同大阪放送局とともに解散、設立されたばかりの社団法人日本放送協会傘下の東京中央放送局となった。愛宕山の局舎は、東京・内幸町の東京放送会館が1938年末に竣工し、本部機能を移すまで、本局舎として使用された。社団法人東京放送局以来のコールサインJOAKは、現在でもNHKラジオ局第一放送に引き継がれている。写真は愛宕山の東京中央放送局全景。下には1930年竣工の愛宕隧道が見える=撮影年月日不詳

  4. 2009042800277

    資料 15000-286 関東大震災  日本赤十字社篤志看護婦人会の主催で開かれた来朝中の米国赤十字フィリピン救護班看護団のための慰労会。前列右から3人目は鍋島栄子会長=1923(大正12)年10月12日、華族会館(救援、海外)

  5. 2009042800143

    資料 15000-252 関東大震災  市外西大久保の後藤静香氏主宰の修養団体「希望社」が、震災後の上野公園内に一般勤労者向けの宿泊施設「上野会館」を開設した。一泊10銭で泊まれる。日中は一般婦人のために裁縫、料理、洗濯などを講習する上野勤労女学会を運営する=1023(大正12)年11月

  6. 2009042200191

    資料 15000-158 関東大震災  焼けた帝国大学法科の八角講堂=1923(大正12)年(撮影月日不明)(震災被害、焼け跡、大学)

  7. 2009042100073

    資料 15000-92 関東大震災  横浜の開港記念横浜会館(中央奥)付近の焼け跡=1923(大正12)年(撮影月日不明)(焼け跡 横浜 神奈川)

  8. 1920050250001

    明治・大正 230 日本最初のメーデー   日本最初のメーデーが開かれた上野公園を埋め尽くす参加者たち=1920(大正9)年5月2日 

  9. 1918032050001

    明治・大正 221 電気博覧会  東京・上野不忍池畔でこの日開幕した電気博覧会=1918(大正7)年3月20日 

  10. 1995071700075

    函館繁栄を象徴の建物修復  解体寸前だったところを地元の有志の手で修復された函館海産商同業協同組合会館=函館市末広町(スルメイカなどの品質検査所として使われた北海道函館市内の代表的な大正時代の建築物)

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像