検索結果 40 件中 1 件 〜 40
  1. 2020021306185

    「弾圧はね返す」と抗議  集会で抗議表明する「大正生活と健康を守る会」の矢達幸会長=13日午後、大阪市

  2. 2020011800096

    川に浮かぶ商業施設開業  河川に浮かぶ複合商業施設「タグボート大正」=18日、大阪市内

  3. 2020010702371

    1㌻特集「神戸の復興」 評価分かれた下町再開発  大正筋商店街で茶販売店「味萬」を営む伊東正和さん=2019年12月、神戸市長田区

  4. 2020010702369

    1㌻特集「神戸の復興」 評価分かれた下町再開発  空き店舗が目立つ現在の大正筋商店街=7日、神戸市長田区

  5. 2019121901656

    大正のザリガニスープ再現  中禅寺金谷ホテルが再現したザリガニのポタージュ

  6. 2019121901633

    「年末年始」 大正のザリガニスープ再現  日光田母沢御用邸と支笏湖

  7. 2019121901627

    「年末年始」 大正のザリガニスープ再現  日光田母沢御用邸と支笏湖

  8. 2019112600009

    「NEWSパーク」 大正期の滑り台、文化財に  百間小学校の滑り台が寄付されたことを示す銘板=19日、埼玉県宮代町

  9. 2019112600007

    「NEWSパーク」 大正期の滑り台、文化財に  国の登録有形文化財に決まった百間小学校の滑り台=19日、埼玉県宮代町

  10. 2019111501257

    「北ものがたり」 フィルムカメラ1600台  1916(大正5)年ごろの「イーストマン・コダック」のカメラ(中央)=北海道北見市

  11. 2019111202609

    元年国内 5428 経営の神さま、偉大な足跡  大阪電灯(株)検査員時代の松下幸之助氏(後列中央)=1916(大正5)年 

  12. 2019110300303

    蓄音機とレコード  神奈川県立博物館に展示されている、大正13年のルミエール型蓄音機=1981(昭和56)年5月15日、神奈川県横浜市

  13. 2019091100413

    元年国内 3824 10相銀の4月転換を認可  大蔵省の平沢銀行局長(右端)から相互銀行の普通銀行転換認可書を受け取る「秋田あけぼの」の片野社長。後方右から「国民」の佐藤社長、「神奈川」の小熊社長、「福邦」の三田村社長、「京都共栄」の吉永社長、「大正」の高木社長、「奈良」の野村社長、「ふそう」の柏瀬社長、「トマト」の古田社長、「佐賀共栄」の山田社長=1989(平成元)年3月29日午前10時、大蔵省

  14. 2019091204991

    「新華社」 「錦鯉を通して友情の輪を広げたい」錦鯉の里を訪ねて新潟県  6日、新潟県小千谷市にある「錦鯉の里」の一角。「緑の生活、より良い生活」をテーマとする「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)が4月29日~10月7日、中国北京市で開催されている。110の国と地域などが参加・出展しており、日本からは国土交通省と農林水産省が日本庭園を出展し、「JapaneseGreenLifestyle」をテーマに、園芸文化と日本の現在のライフスタイルを来場者に伝えている。12日に開催される園芸博の「ジャパンデー」を前に、錦鯉を出品する新潟県長岡市と小千谷市の養鯉業者および関係者を取材した。長岡市と小千谷市は錦鯉の発祥の地とされている。200年ほど前に突然変異で色のついた「変わりもの」が見つかり、交配によって様々な種類に改良されてきた。それらの鯉が観賞用錦鯉のはじまりといわれている。また、1914年に上野公園で開かれた東京大正博覧会に出品されたことで、国内だけでなく海外にも知られるようになったという。(新潟=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019091204985

    「新華社」 「錦鯉を通して友情の輪を広げたい」錦鯉の里を訪ねて新潟県  6日、新潟県小千谷市にある「錦鯉の里」の入り口。「緑の生活、より良い生活」をテーマとする「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)が4月29日~10月7日、中国北京市で開催されている。110の国と地域などが参加・出展しており、日本からは国土交通省と農林水産省が日本庭園を出展し、「JapaneseGreenLifestyle」をテーマに、園芸文化と日本の現在のライフスタイルを来場者に伝えている。12日に開催される園芸博の「ジャパンデー」を前に、錦鯉を出品する新潟県長岡市と小千谷市の養鯉業者および関係者を取材した。長岡市と小千谷市は錦鯉の発祥の地とされている。200年ほど前に突然変異で色のついた「変わりもの」が見つかり、交配によって様々な種類に改良されてきた。それらの鯉が観賞用錦鯉のはじまりといわれている。また、1914年に上野公園で開かれた東京大正博覧会に出品されたことで、国内だけでなく海外にも知られるようになったという。(新潟=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019091204993

    「新華社」 「錦鯉を通して友情の輪を広げたい」錦鯉の里を訪ねて新潟県  6日、新潟県小千谷市にある和泉屋養鯉場の野池で、自社ブランドの錦鯉「山吹黄金」に餌を与える同社の間野泉一社長。「緑の生活、より良い生活」をテーマとする「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)が4月29日~10月7日、中国北京市で開催されている。110の国と地域などが参加・出展しており、日本からは国土交通省と農林水産省が日本庭園を出展し、「JapaneseGreenLifestyle」をテーマに、園芸文化と日本の現在のライフスタイルを来場者に伝えている。12日に開催される園芸博の「ジャパンデー」を前に、錦鯉を出品する新潟県長岡市と小千谷市の養鯉業者および関係者を取材した。長岡市と小千谷市は錦鯉の発祥の地とされている。200年ほど前に突然変異で色のついた「変わりもの」が見つかり、交配によって様々な種類に改良されてきた。それらの鯉が観賞用錦鯉のはじまりといわれている。また、1914年に上野公園で開かれた東京大正博覧会に出品されたことで、国内だけでなく海外にも知られるようになったという。(新潟=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019091204977

    「新華社」 「錦鯉を通して友情の輪を広げたい」錦鯉の里を訪ねて新潟県  6日、新潟県小千谷市の「錦鯉の里」で、錦鯉を眺める来場者。「緑の生活、より良い生活」をテーマとする「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)が4月29日~10月7日、中国北京市で開催されている。110の国と地域などが参加・出展しており、日本からは国土交通省と農林水産省が日本庭園を出展し、「JapaneseGreenLifestyle」をテーマに、園芸文化と日本の現在のライフスタイルを来場者に伝えている。12日に開催される園芸博の「ジャパンデー」を前に、錦鯉を出品する新潟県長岡市と小千谷市の養鯉業者および関係者を取材した。長岡市と小千谷市は錦鯉の発祥の地とされている。200年ほど前に突然変異で色のついた「変わりもの」が見つかり、交配によって様々な種類に改良されてきた。それらの鯉が観賞用錦鯉のはじまりといわれている。また、1914年に上野公園で開かれた東京大正博覧会に出品されたことで、国内だけでなく海外にも知られるようになったという。(新潟=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019091204988

    「新華社」 「錦鯉を通して友情の輪を広げたい」錦鯉の里を訪ねて新潟県  6日、新潟県小千谷市の「錦鯉の里」で撮影した錦鯉。「緑の生活、より良い生活」をテーマとする「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)が4月29日~10月7日、中国北京市で開催されている。110の国と地域などが参加・出展しており、日本からは国土交通省と農林水産省が日本庭園を出展し、「JapaneseGreenLifestyle」をテーマに、園芸文化と日本の現在のライフスタイルを来場者に伝えている。12日に開催される園芸博の「ジャパンデー」を前に、錦鯉を出品する新潟県長岡市と小千谷市の養鯉業者および関係者を取材した。長岡市と小千谷市は錦鯉の発祥の地とされている。200年ほど前に突然変異で色のついた「変わりもの」が見つかり、交配によって様々な種類に改良されてきた。それらの鯉が観賞用錦鯉のはじまりといわれている。また、1914年に上野公園で開かれた東京大正博覧会に出品されたことで、国内だけでなく海外にも知られるようになったという。(新潟=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019091204983

    「新華社」 「錦鯉を通して友情の輪を広げたい」錦鯉の里を訪ねて新潟県  6日、新潟県小千谷市の「錦鯉の里」で撮影した錦鯉。錦鯉は周りの環境に合わせて成長する特性をもっている。庭の池はもちろん、まだ小さい錦鯉なら室内の水槽でも飼うことができる。「緑の生活、より良い生活」をテーマとする「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)が4月29日~10月7日、中国北京市で開催されている。110の国と地域などが参加・出展しており、日本からは国土交通省と農林水産省が日本庭園を出展し、「JapaneseGreenLifestyle」をテーマに、園芸文化と日本の現在のライフスタイルを来場者に伝えている。12日に開催される園芸博の「ジャパンデー」を前に、錦鯉を出品する新潟県長岡市と小千谷市の養鯉業者および関係者を取材した。長岡市と小千谷市は錦鯉の発祥の地とされている。200年ほど前に突然変異で色のついた「変わりもの」が見つかり、交配によって様々な種類に改良されてきた。それらの鯉が観賞用錦鯉のはじまりといわれている。また、1914年に上野公園で開かれた東京大正博覧会に出品されたことで、国内だけでなく海外にも知られるようになったという。(新潟=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019091204984

    「新華社」 「錦鯉を通して友情の輪を広げたい」錦鯉の里を訪ねて新潟県  5日、新潟県長岡市にある錦鯉新潟ダイレクトの養殖場で、錦鯉の成長をチェックする同社の田中誠社長。「緑の生活、より良い生活」をテーマとする「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)が4月29日~10月7日、中国北京市で開催されている。110の国と地域などが参加・出展しており、日本からは国土交通省と農林水産省が日本庭園を出展し、「JapaneseGreenLifestyle」をテーマに、園芸文化と日本の現在のライフスタイルを来場者に伝えている。12日に開催される園芸博の「ジャパンデー」を前に、錦鯉を出品する新潟県長岡市と小千谷市の養鯉業者および関係者を取材した。長岡市と小千谷市は錦鯉の発祥の地とされている。200年ほど前に突然変異で色のついた「変わりもの」が見つかり、交配によって様々な種類に改良されてきた。それらの鯉が観賞用錦鯉のはじまりといわれている。また、1914年に上野公園で開かれた東京大正博覧会に出品されたことで、国内だけでなく海外にも知られるようになったという。(新潟=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019091204997

    「新華社」 「錦鯉を通して友情の輪を広げたい」錦鯉の里を訪ねて新潟県  5日、新潟県長岡市にある錦鯉新潟ダイレクトの養殖場で、成長をチェックするため錦鯉を網ですくい上げる同社の田中誠社長。「緑の生活、より良い生活」をテーマとする「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)が4月29日~10月7日、中国北京市で開催されている。110の国と地域などが参加・出展しており、日本からは国土交通省と農林水産省が日本庭園を出展し、「JapaneseGreenLifestyle」をテーマに、園芸文化と日本の現在のライフスタイルを来場者に伝えている。12日に開催される園芸博の「ジャパンデー」を前に、錦鯉を出品する新潟県長岡市と小千谷市の養鯉業者および関係者を取材した。長岡市と小千谷市は錦鯉の発祥の地とされている。200年ほど前に突然変異で色のついた「変わりもの」が見つかり、交配によって様々な種類に改良されてきた。それらの鯉が観賞用錦鯉のはじまりといわれている。また、1914年に上野公園で開かれた東京大正博覧会に出品されたことで、国内だけでなく海外にも知られるようになったという。(新潟=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019091204961

    「新華社」 「錦鯉を通して友情の輪を広げたい」錦鯉の里を訪ねて新潟県  5日、新潟県長岡市にある錦鯉の生産、販売などを手掛ける錦鯉新潟ダイレクトの養殖場で撮影した錦鯉の稚魚。「緑の生活、より良い生活」をテーマとする「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)が4月29日~10月7日、中国北京市で開催されている。110の国と地域などが参加・出展しており、日本からは国土交通省と農林水産省が日本庭園を出展し、「JapaneseGreenLifestyle」をテーマに、園芸文化と日本の現在のライフスタイルを来場者に伝えている。12日に開催される園芸博の「ジャパンデー」を前に、錦鯉を出品する新潟県長岡市と小千谷市の養鯉業者および関係者を取材した。長岡市と小千谷市は錦鯉の発祥の地とされている。200年ほど前に突然変異で色のついた「変わりもの」が見つかり、交配によって様々な種類に改良されてきた。それらの鯉が観賞用錦鯉のはじまりといわれている。また、1914年に上野公園で開かれた東京大正博覧会に出品されたことで、国内だけでなく海外にも知られるようになったという。(新潟=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019071801718

    論戦深まらぬ長崎新幹線  佐賀県嬉野市で大正時代からの旅館を営む山口剛さん=11日

  24. 2019062400176

    甲乙L「旅」 牛馬との関わり深い大山  大正時代に建ったしょうゆ蔵。八犬伝をテーマにした張りぼてが展示してある=鳥取県倉吉市

  25. 2019061905332

    十勝岳の監視体制視察  噴煙が上がる「大正火口」を視察する地元協議会のメンバーら=19日午前、北海道美瑛町

  26. 2019061000574

    甲乙L「旅」 大自然とレトロな町歩き  大正時代に豪商が建てた洋館、旧森田銀行本店=福井県坂井市

  27. 2019060601284

    上皇ご夫妻が大正天皇陵へ  大正天皇陵の参拝を終え、上皇旗を掲げた車両で移動される上皇ご夫妻=6日午後、東京都八王子市

  28. 2019060601283

    上皇ご夫妻が大正天皇陵へ  大正天皇陵の参拝を終え、上皇旗を掲げた車両で移動される上皇ご夫妻=6日午後、東京都八王子市

  29. 2019060600550

    上皇ご夫妻が大正天皇陵へ  武蔵陵墓地にある大正天皇陵に到着された上皇さま=6日午前、東京都八王子市

  30. 2019060600549

    上皇ご夫妻が大正天皇陵へ  武蔵陵墓地にある大正天皇陵を参拝された上皇さま=6日午前、東京都八王子市

  31. 2019060600547

    上皇ご夫妻が大正天皇陵へ  武蔵陵墓地にある大正天皇陵を参拝された上皇さま=6日午前、東京都八王子市

  32. 2019053000380

    資料 15000-67B 関東大震災  加賀町の社屋が焼失したため、帝国ホテルに仮事務所を開設し、ガリ版で号外を発行する日本電報通信社(電通)の通信部。左後方の坊主頭でちょび髭姿は社長の光永星郎=1923(大正12)年9月2日

  33. 2019051000881

    資料 31853 引き揚げ船「白竜丸」  引き揚げ船「白竜丸」。緑十字も鮮やかに改装され大正ドックより出た大阪商船所属の白竜丸=出稿1953(昭和28)年3月9日(28年内地番号なし)(資料31868参照、中原正志撮影)

  34. 2019040500611

    別KA 77260 岩淵熊次郎  大正15年に千葉県で発生した殺人事件「鬼熊事件」の犯人=撮影日不明

  35. 2019040400030

    「12段用」 元号と同じ駅名話題  大阪市大正区・大正駅、川崎市川崎区・昭和駅、熊本市中央区・平成駅

  36. 2019040400029

    「12段用」 元号と同じ駅名話題  大阪市大正区・大正駅、川崎市川崎区・昭和駅、熊本市中央区・平成駅

  37. 2019040400028

    元号と同じ駅名話題  大阪市大正区・大正駅、川崎市川崎区・昭和駅、熊本市中央区・平成駅

  38. 2019040400027

    元号と同じ駅名話題  大阪市大正区・大正駅、川崎市川崎区・昭和駅、熊本市中央区・平成駅

  39. 2019040400018

    元号と同じ駅名話題  大阪市大正区の大正駅

  40. 2019032900760

    資料A 1924 下町風俗資料館がオープン  館内に再現された大正時代の東京・下町の路地。井戸端の二軒長屋には昔懐かしい駄菓子屋がある=1980(昭和55)年10月1日、東京・上野公園の下町風俗資料館(55年内地8861)

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像