検索結果 55 件中 1 件 〜 50
  1. 2018102234421

    手塚明治氏が死去 手塚明治氏  死去した手塚明治氏

  2. 2014122500182

    板橋明治氏が死去 板橋明治氏  死去した板橋明治氏

  3. 2014070800624

    堀田正昭(ほった・まさあき) 外務省顧問  外交官。1883(明治16)年生まれ、東京帝国大学卒業後、外務省に入省。駐スイス公使、欧米局長、駐イタリア大使などを歴任=1951(昭和26)年12月7日撮影 人通K_7666

  4. 2014070200575

    堀田正昭(ほった・まさあき) 外務省顧問  外交官。1883(明治16)年生まれ、東京帝国大学卒業後、外務省に入省。駐スイス公使、欧米局長、駐イタリア大使などを歴任=1951(昭和26)年12月7日撮影 別人K 32523 

  5. 2014021900265

    小西和 (こにし・かなう)  1873(明治6年)4月26日~1947(昭和22年)11月30日、政治家、香川1区、日本海洋会理事、撮影日不明 M_128

  6. 2013102200302

    我妻栄(わがつま・さかえ)  民法学者。東京帝国大学教授、同法学部長、日本学士院会員、日本学術会議副議長などを歴任。1897(明治30)年、山形生まれ、1973年没=1962(昭和37)年5月4日撮影 人通K 16896

  7. 2013102200299

    我妻栄(わがつま・さかえ)  民法学者。東京帝国大学教授、同法学部長、日本学士院会員、日本学術会議副議長などを歴任。1897(明治30)年、山形生まれ、1973年没=1954(昭和29)年10月29日撮影 人通K 10587

  8. 2013101500298

    横山一郎(よこやま・いちろう)  海軍軍人。1913(明治45)年、高知県生まれ。海軍兵学校を卒業後、駐米日本大使館附海軍駐在武官、海軍省副官などを歴任し、海軍少将に進級。ミズーリ号上での降伏文書調印式に随行した。1993年没=1954(昭和29)年撮影(8月14日複写) 別人K 54605 

  9. 2013082700318

    小磯国昭 (こいそ・くにあき)   軍人、政治家。1880(明治13)年、栃木県生まれ。陸軍大学校を卒業。陸軍省軍務局長。陸軍次官、関東軍参謀長、朝鮮軍司令官などを歴任し、1937年陸軍大将。その後、平沼内閣の拓務大臣、朝鮮総督、第41代内閣総理大臣(1944年7月22日-45年4月7日)を務める。太平洋戦争後、東京裁判でA級戦犯として終身刑の判決を受け、服役中の1950年に病没=1940(昭和15)年3月複写(撮影年月日不詳)(小磯國昭) M_1624

  10. 2010112300030

    大倉喜八郎  大倉財閥を設立した大倉喜八郎(おおくら・きはちろう)。明治・大正期に実業界で活躍。男爵=撮影年月日不明 M_521

  11. 2010112200380

    大倉喜八郎  大倉財閥を設立した大倉喜八郎(おおくら・きはちろう)。明治・大正期に実業界で活躍。男爵。この写真は1928(昭和3)年1月20日、勲一等旭日大綬章を受章した際、赤阪離宮で撮影したもので、M_520の一連 M_519

  12. 2010030900174

    我妻栄 (わがつま・さかえ)  民法学者。東京帝国大学教授、同法学部長、日本学士院会員、日本学術会議副議長などを歴任。1897(明治30)年、山形生まれ、1973年没=1967(昭和42)年4月26日撮影 別KA 66434

  13. 2006050800100

    大阪―京都で明治末期開業 渋沢栄一氏 創立委員長の渋沢栄一氏 「経済ウイークリー」〈創業物語〉「京阪電気鉄道」【】 

  14. 2005122600142

    江戸、明治の激動期に成長 三代目中井三郎兵衛氏 創業者の三代目中井三郎兵衛氏 「経済ウイークリー」〈創業物語〉「日本紙パルプ商事」【】 

  15. 2004122400013

     M 8826 ◎河口慧海(かわぐち・えかい)1866~1945年、顔、大阪府堺市生まれの僧侶、探検家、明治時代に日本人として初めてチベットに潜入し、「西蔵旅行記」を著した、撮影年月日不明

  16. 2004110500022

    森〓外自筆の書簡など出版 森〓外 明治・大正期の文豪、森〓外☆匡の王が品、右に鳥☆匡の王が品、右に鳥☆匡の王が品、右に鳥 【】 

  17. 2004030400062

    樋口一葉ってどんな人? 明治時代の作家、樋口一葉  甲乙A「子ども=話題」【】 

  18. 2004012700024

    東郷平八郎  (明治38年10月22日・海軍幹部)連合艦隊司令長官 人物 75294-6

  19. 2002112900005

    辰野金吾設計の建物を確認 辰野金吾 明治、大正時代の建築家、辰野金吾 【】 

  20. 2002053100115

    松方正義 (まつかた・まさよし)  公爵、首相(第1次:1891年5月6日-92年8月8日、第2次:1896年9月18日-98年1月12日)、明治の元勲、撮影年月日不明、歴代首相・歴代総理 M_6379

  21. 2002032600194

     人物通信 2067 ◎深田久弥、ふかだ・きゅうや、明治36年(1903)~昭和46年(1971)、作家、山岳紀行家、1939年に「日本百名山」を刊行し読売文学賞を受賞、1965年2月6日撮影、モノクロのみ

  22. 2002032000172

    名簿に漱石直筆のサイン 夏目漱石  明治の文豪、夏目漱石 【】 

  23. 2002022600115

    西郷隆盛 西郷隆盛、さいごう・たかもり、明治時代の政治家、撮影年月日不明 M 6596 

  24. 2002013000230

     M 6709 ◎林董、はやし・ただす、1850年~1913年、明治時代を代表する外交官、英国公使として日英同盟締結に尽力(1900年・明治33)、駐英大使として同条約を改定(1905年・明治38年)、外務大臣(1906年・39年5月)、逓信大臣

  25. 1999022600139

    明治損保社長に宮崎氏  明治損害保険社長に就任する宮崎富士夫氏

  26. 1998120900211

    星島二郎 (ほしじま・にろう)  弁護士、政治家。1887(明治20)年、岡山生まれ。1920(大正9)年、衆議院議員に初当選し、以降17回連続当選を重ねる。普通選挙と女性参政権の推進、公娼廃止、治安維持法反対などの立場を取り、戦後は第一次吉田内閣の商工大臣、サンフランシスコ講和条約全権委員、衆議院議長などを歴任。岡山2区。1980年没=撮影は戦前と思われるが、年月日不詳 M_489

  27. 1998070300196

    千葉三郎 (ちば・さぶろう)  政治家、実業家。1894(明治27)年、千葉生まれ。東京帝国大学卒業後、米国のプリンストン大学で学ぶ。帰国後の1925年、衆議院議員に初当選。1932年南米拓殖会社に取締役として入社しアマゾン開拓に従事、次いで早川石油(後の昭和シェル石油)専務、日本油化工業社長などとして石油事業に従事した。戦後、宮城県知事を務めた後、1949年衆議院議員に当選。1976年まで当選を重ね、民主党幹事長、第一次鳩山内閣の労働大臣などを歴任した。1979年没。自民党・千葉3区、勲一等=撮影年月日不詳 M_785

  28. 1997120300105

    小磯国昭 (こいそ・くにあき)  軍人、政治家。1880(明治13)年、栃木県生まれ。陸軍大学校を卒業。陸軍省軍務局長。陸軍次官、関東軍参謀長、朝鮮軍司令官などを歴任し、1937年陸軍大将。その後、平沼内閣の拓務大臣、朝鮮総督、第41代内閣総理大臣(1944年7月22日-45年4月7日)を務める。太平洋戦争後、東京裁判でA級戦犯として終身刑の判決を受け、服役中の1950年病没=撮影年月日不詳 M_1621

  29. 1997030400100

    宇垣一成 (うがき・かずしげ)  軍人、政治家。1868(明治元)年、岡山生まれ。陸軍大学校卒。ドイツ駐在、陸軍次官などを経て、清浦内閣の陸軍大臣に就任、加藤高明内閣、第一次若槻内閣でも留任し、浜口内閣で再度陸相を務める。その後、朝鮮総督、第一近衛内閣の外務大臣と拓務大臣などを歴任。太平洋戦争後は公職追放解除後、参議院議員に当選、在職中の1956年没=撮影年月日不詳 M_1654

  30. 1997030400099

    中将礼服の宇垣一成 (うがき・かずしげ)  軍人、政治家。1868(明治元)年、岡山生まれ。陸軍大学校卒。ドイツ駐在、陸軍次官などを経て、清浦内閣の陸軍大臣に就任し、加藤高明内閣、第一次若槻内閣でも留任。浜口内閣で再度陸相を務める。1919年に陸軍中将、陸相在任中の1925年に陸軍大将。その後、朝鮮総督、第一近衛内閣の外務大臣と拓務大臣などを歴任。太平洋戦争後は公職追放解除後の1953年参議院議員に当選し、在職中の1956年没=撮影年月日不詳 M_1653

  31. 1996102900088

    荒木貞夫 (あらき・さだお)  軍人、政治家。1877(明治10)年生まれ。陸軍大学校を卒業。憲兵司令官、陸軍大学校校長、教育総監部本部長などを歴任し、犬養内閣と斉藤内閣の陸軍大臣、第一次近衛内閣の文部大臣を務める。陸軍皇道派の主要人物のひとり。男爵、陸軍大将。東京裁判でA級戦犯として裁かれ、終身禁錮の刑を受けるが、のちに釈放。1966年没=撮影年月日不詳 M_1606

  32. 1995061000069

    大学の戦争責任を告白 明治学院長  学生らを前に明治学院の戦争責任を語る中山弘正学院長=10日午後、東京都港区白金台の明治学院礼拝堂(カラーネガ)(なかやま・ひろまさ) 「戦後50年」 

  33. 1995051800048

    ニッチツ社長に永石氏 永石元夫氏  永石元夫氏(ながいし・もとお=明治工業専門学校卒。49年(昭24)三菱重工業に入り、ニッチツ取締役、常務、専務を経て90年から副社長。長崎市出身)

  34. 1994072900072

    大河ドラマ著作権侵害せず 記者会見する山口玲子さん  判決後、記者会見する山口玲子さん=29日午後、名古屋地裁(帽子)(作家、昭和57年、明治の俳優・川上音二郎の妻で女優の川上貞奴の伝記小説「女優貞奴」を刊行。昭和60年NHKで放映したドラマで貞奴を主人公とした「春の波涛」が著作権を侵害していると提訴していた) 平6国内 9514

  35. 1993010600159

    木佐木幸輔・軍人  木佐木幸輔・海軍幹部、人事局長、機関中艦=1905(明治38)年10月22日の日露戦争凱旋奉告式より、半・正・複・ 人物 75295-10

  36. 1993010600153

    斎藤孝至・軍人  斎藤孝至・海軍幹部・第3艦隊参謀長・大佐=1905(明治38)年10月22日の日露戦争凱旋奉告式より・半・正・複・ 人物 75295-4

  37. 1993010600152

    藤井較一・軍人  藤井較一・海軍幹部第2艦隊参謀長・大佐=1905(明治38)年10月22日の日露戦争凱旋奉告式より・半・正・複・ 人物 75295-2

  38. 1993010600151

    山本安次郎・軍人  山本安次郎・海軍幹部、連合艦隊機関長・機関総監=1905(明治38)年10月22日の日露戦争凱旋奉告式より・半・正・複・ 人物 75295-1

  39. 1993010600165

    財部彪・軍人  財部彪・海軍幹部、大本営参謀、大佐=1905(明治38)年10月22日の日露戦争凱旋奉告式より、・半・正・複・ 人物 75295-16

  40. 1993010600161

    丸山寿美太郎・軍人  丸山寿美太郎・海軍幹部、大本営参謀、少佐=1905(明治38)年10月22日の日露戦争凱旋奉告式より、半・正・複・ 人物 75295-12

  41. 1993010600158

    船越桿四郎・軍人  船越桿四郎・海軍幹部、第2艦隊副官、中佐=1905(明治38)年10月22日の日露戦争凱旋奉告式より、半・正・複・ 人物 75295-9

  42. 1993010600157

    江頭安太郎・軍人  江頭安太郎・海軍幹部・大本営参謀・大佐=1905(明治38)年10月22日の日露戦争凱旋奉告式より・半・正・複・ 人物 75295-8

  43. 1993010600155

    高木七太郎・軍人  高木七太郎・海軍幹部・大本営参謀・中佐=1905(明治38)年10月22日の日露戦争凱旋奉告式より・半・正・複・ 人物 75295-6

  44. 1993010600154

    名和又八郎・軍人  名和又八郎・海軍幹部・人事局員・大佐=1905(明治38)年10月22日の日露戦争凱旋奉告式より・半・正・複・ 人物 75295-5

  45. 1993010600164

    飯田久恒・軍人  飯田久恒・海軍幹部、連合艦隊参謀、少佐=1905(明治38)年10月22日の日露戦争凱旋奉告式より、半・正・複・ 人物 75295-15

  46. 1993010600163

    佐々木高志・軍人  佐々木高志・海軍幹部、軍令部副官、少佐=1905(明治38)年10月22日の日露戦争凱旋奉告式より、半・正・複・ 人物 75295-14

  47. 1993010600162

    森越太郎・軍人  森越太郎・海軍幹部、大本営参謀、中佐=1905(明治38)年10月22日の日露戦争凱旋奉告式より、半・正・複・ 人物 75295-13

  48. 1993010600160

    佐野常羽・軍人  佐野常羽・海軍幹部、軍令部副官、少佐=1905(明治38)年10月22日、日露戦争凱旋奉告式より、正・複・ 人物 75295-11

  49. 1993010600156

    永田泰次郎・軍人  永田泰次郎・海軍幹部・連合艦隊副官・中佐=1905(明治38)年10月22日の日露戦争凱旋奉告式から・半・正・複・ 人物 75295-7

  50. 1945101100002

    幣原喜重郎(しではら・きじゅうろう)  外交官、政治家。1872(明治5)年、大阪生まれ。外務省に入省し、外務次官、駐米大使を歴任、1924年以降4回にわたり外務大臣を務める。太平洋戦争後は内閣総理大臣などを歴任。衆議院議長在職中の1951年3月10日没=1945(昭和20)年10月11日複写(撮影年月日不詳) M_1697

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像