検索結果 26 件中 1 件 〜 26 件 "open"
  1. 2016090900757

    金品提供、6社で541件  記者の質問に答える明治書院の三樹敏社長=9日午後、文科省

  2. 2014122500288

    「ザ・クロニクル」 「明治村」オープン  愛知県犬山市に「明治村」がオープン。明治時代の建築物を移築・集積したテーマパークで、開村式では明治時代の衣装をまとった人々による仮装パレードが行われた=1965(昭和40)年3月18日 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第5巻使用画像(P51)

  3. 2013041500165

    50年内地 7582 人気を呼ぶ映画村  「日本橋」-正面から見ると普通の橋だが、実は半分だけ。裏からは階段で上がる。 オープンセットには従来のセットを補強改修して江戸中期の吉原通、日本橋、明治通などが再現された。東映系のテレビ会社の手で放映中の「銭形平次」「徳川三国志」などの撮影が行われている(写真ニュース「人気を呼ぶ映画村」5枚組の3)

  4. 2013040600204

    列島・北から南から(関東) 明治の町並み再現  JR甲府駅北口近くにオープンした観光施設「甲州夢小路」

  5. 2012050800355

    明治の古民家を開放  文化活動に開放された明治中期の古民家「旧田中家」=大阪府富田林市

  6. 2011071200132

    「セレ503」 イカール星人ショップ開店  「はこだて明治館」にオープンした、ゆるキャラ「イカール星人」の公式ショップ=1日、北海道函館市

  7. 2011071200016

    イカール星人ショップ開店  「はこだて明治館」にオープンした、ゆるキャラ「イカール星人」の公式ショップ=1日、北海道函館市

  8. 2009012200252

    「同盟写真特報」 空の記念日に偲ぶ先人の苦闘、無敵陸鷲輝ける足跡(1)日本最初の飛行を行った徳川大尉のファルマン(明治43年12月)(2)日野大尉のグラデー式(3)奈良原式(明治43年)(4)臨時軍用気球研究会第3号(明治45年)(5)改モ式第7号(大正4年)(6)スタンダードH3偵察機(大正5年)(7)中島5型偵察機(大正8年)(8)丙式3型戦闘機(大正10年)(9)88‐1型偵察機(昭和3年)(10)93式2型双軽爆(11)世界に誇る新鋭戦闘機『隼』(12)爆撃に向う新鋭重爆撃機、以上陸軍航空本部提供、昭和17年9月15日(火曜日)第1883号

  9. 2009011800034

    「同盟写真特報」 全世界驚嘆称賛の的、壮烈極まりなき我が敵前上陸の跡を偲ぶ(1)今次大東亜戦争緒戦に鬼神も哭かしめる壮烈さを以て敢行されたマレー・コタバルの敵前上陸―陸軍省提供―(2)明治27年6月16日臨時混成旗団、運送船9艘を以て日本海を渡り仁川に到着(3)明治38年7月7日、我砲艦の援護砲撃の下に南市敵前上陸の我陸戦隊(4)支那事変勃発するや、上海白茆口に果敢なる敵前上陸は敢行され上海占領はここに約束されたのであった(5)世界戦史上永えに記録さるべき壮烈無比の決死の上海呉淞クリークの敵前渡河は如何に我々を奮起せしめたことか(6)そして大東亜戦争勃発するや敵弾雨と降る中をフィリピンに香港にシンガポールにジャワにウエーキ島にグアム島に更に幾多の輝かしき戦果を樹立したのである。写真はミンダナオ島に上陸する無敵海軍陸戦隊―海軍省許可済第571号―、昭和17年3月31日(火曜日)第1721号(「支那事変」原文表記のまま

  10. 1945021950002

     明治・大正 608 ◎太平洋戦争 硫黄島の激戦 硫黄島に上陸、日本軍と一進一退の激戦を繰り広げる米軍上陸部隊=1945(昭和20)年2月19日(米軍提供) 

  11. 1900010154274

     明治・大正610 ◎太平洋戦争 硫黄島の激戦 連日の空襲と艦砲射撃で焦土と化した硫黄島に、この日上陸を開始した米軍兵士(左)。日本軍の反撃も凄まじく、第2次世界大戦屈指の最激戦地となった=1945(昭和20)年2月19日(米軍提供)  

  12. 2004100200028

    【】  明治の元勲気分味わえる 「菜香亭」(後方)のリニューアルオープンを祝い、テープカットする斉藤清子さん(中央)ら=2日午前、山口市

  13. 2004010300036

    【】  明治以来の地籍整備に着手 昨春オープンした六本木ヒルズ地区。精密地図がないため、地権者らの境界画定などに4年以上費やした

  14. 1999092500061

     「新聞週間向けPR記事素材」  新聞博物館オープン  明治初期のほ乳瓶の新聞広告

  15. 1999092500060

     「新聞週間向けPR記事素材」  新聞博物館オープン  明治初期の新聞配達人の格好

  16. 1999042800136

      水墨美術館がオープン  明治以降の水墨画の流れを紹介する「富山県水墨美術館」=28日、富山市五福

  17. 1998110900063

      学校歴史博物館がオープン  「京都市学校歴史博物館」がオープンする元市立開智小学校の明治30年代に建てられた校門=京都市下京区

  18. 1997030100085

      明治のガス灯復元し点灯  復元し点灯された明治時代のガス灯。後方は全館新装オープンする大丸神戸店=1日午後7時10分、神戸市中央区(阪神大震災で本館が半壊した大丸神戸店(神戸市中央区)の修復工事が完成。全館新装オープンを祝う前夜祭として一日夜、復元した明治時代のガス灯二十三基の点灯式が同店玄関で行われた)

  19. 1994071200022

    平6国内 8754 警察博物館がオープン  明治時代からの資料が展示されている警察博物館=12日午前、東京・京橋の警視庁広報センター(内部)

  20. 1993122100049

    平5国内 15686 和紙の花館がオープン  明治時代の紙問屋を改修した「和紙の花館」=高知県・伊野町

  21. 2017081401058

    「長崎大学附属図書館」「古写真」 上野の大仏  上野忍ヶ丘の大仏山に鎮座する大仏様。殿舎(覆屋)が無いので、明治6年(1873)以降。臼井秀三郎の撮影なので明治15年(1882)前後の撮影と想像できる。大仏山手前の小径を左に辿れば、京橋采女町の築地精養軒の支店として明治6年(1873)4月に開店した上野精養軒がある。小径の左側に「精養軒支店」と書かれた案内看板が立つ。手前の道は黒門通り。右は東照宮の森である。=撮影年月日不明、東京、撮影者:臼井秀三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号94‐47‐0]

  22. 2017081501765

    「長崎大学附属図書館」「古写真」 向島八百松楼  源森川が隅田川に流入する枕橋の上から写した八百松楼。水神の森にあった八百松の支店として、明治3年(1870)4月に開店。遊客は隅田川を行き交う船や対岸の浅草寺などを眺めながら、酒を酌み交わした。今で言うウオーターフロントのレストランとして人気があった。明治20年代。「目録番号2104と同じ写真」=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号93‐14‐0]

  23. 2017080201455

    「長崎大学附属図書館」「古写真」 提灯製造所  開け放した店先で1人の男が提灯を作っている。大小の提灯が天井から吊り下げられ、男を囲う帳場格子の周りにも大小の畳んだ提灯が置かれている。店の角には「提燈製造所」と書いた大きな看板がかかっている。=明治中期、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号15‐7‐0]

  24. 2017081502094

    「長崎大学附属図書館」「古写真」 中島川の桜馬場堰  中島川上流の桜馬場町および伊良林町、中島川と鳴滝川の合流地点付近(現・中之橋付近)の風景で「桜場晴嵐」として崎陽八景に数えられている。右手建物上流は明治中期から昭和前期まで桜の名所であった「中川カルルス」である。オーストリア(現・チェコ共和国)のカルルス温泉の成分表により温泉を提供した。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号109‐18‐0]

  25. 2017080902504

    「長崎大学附属図書館」「古写真」 上野公園の桜  明治の新政府になって初めて作られた公園の一つがこの上野公園。芝公園もその一つだが、いずれにしろ将軍の菩提寺であった場所を市民に開放したという点が共通している。左手の奥に東屋が見え、中央の桜の根本に設えられたベンチには職人風の男がたたずんでいる。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号37‐64‐0]

  26. 2017081501526

    「長崎大学附属図書館」「古写真」 横浜三渓園の蓮池  三渓園は横浜を代表する生糸貿易商、原富太郎(号・三渓)によって造営された和風庭園。園内には各所から古建築が移築された。明治39年(1906)からは市民にも開放され、景勝地として親しまれた。蓮池の向こうに見える家屋は、原家の別荘。=撮影年月日不明、横浜、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号98‐40‐0]

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像