検索結果 564 件中 1 件 〜 50
  1. 2020091605199

    万里の長城最大の望楼「九眼楼」、修繕工事終え一般開放北京市  修繕工事を終えた九眼楼。(8月20日撮影、資料写真)中国万里の長城のうち、最大の規模と最高の規格を誇る望楼を有する九眼楼長城風景区が12日、文化財の応急補修、基礎設備の強化、環境対策などの措置を経て、正式に開放された。九眼楼は北京市延慶区四海鎮石窯村の南、四海鎮と同市懐柔区の境界にある火焔山の山頂に位置し、標高は1141メートル。望楼の壁に九つの防御用の穴が設けられていることから「九眼楼」の名を持つ。山が高くて険しいことから、天気の良い日は北京城を望むことができたため「望京楼」とも呼ばれている。同風景区は2013年、老朽化した九眼楼と近隣の旧兵舎への緊急修繕が必要となり閉鎖された。19年、改修と高度化プロジェクトが正式にスタートし、このほど完成を迎えた。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020091605299

    万里の長城最大の望楼「九眼楼」、修繕工事終え一般開放北京市  修繕工事を終えた九眼楼。(8月20日撮影、資料写真)中国万里の長城のうち、最大の規模と最高の規格を誇る望楼を有する九眼楼長城風景区が12日、文化財の応急補修、基礎設備の強化、環境対策などの措置を経て、正式に開放された。九眼楼は北京市延慶区四海鎮石窯村の南、四海鎮と同市懐柔区の境界にある火焔山の山頂に位置し、標高は1141メートル。望楼の壁に九つの防御用の穴が設けられていることから「九眼楼」の名を持つ。山が高くて険しいことから、天気の良い日は北京城を望むことができたため「望京楼」とも呼ばれている。同風景区は2013年、老朽化した九眼楼と近隣の旧兵舎への緊急修繕が必要となり閉鎖された。19年、改修と高度化プロジェクトが正式にスタートし、このほど完成を迎えた。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020091605286

    万里の長城最大の望楼「九眼楼」、修繕工事終え一般開放北京市  修繕工事を終えた九眼楼。(8月20日撮影、資料写真)中国万里の長城のうち、最大の規模と最高の規格を誇る望楼を有する九眼楼長城風景区が12日、文化財の応急補修、基礎設備の強化、環境対策などの措置を経て、正式に開放された。九眼楼は北京市延慶区四海鎮石窯村の南、四海鎮と同市懐柔区の境界にある火焔山の山頂に位置し、標高は1141メートル。望楼の壁に九つの防御用の穴が設けられていることから「九眼楼」の名を持つ。山が高くて険しいことから、天気の良い日は北京城を望むことができたため「望京楼」とも呼ばれている。同風景区は2013年、老朽化した九眼楼と近隣の旧兵舎への緊急修繕が必要となり閉鎖された。19年、改修と高度化プロジェクトが正式にスタートし、このほど完成を迎えた。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020080407234

    五輪関連施設・空撮資料 代々木第一、第二体育館  国立代々木競技場の第一体育館(奥)と第二体育館(手前)=2020年8月4日午後、東京都渋谷区(共同通信社ヘリから)

  5. 2020080407232

    五輪関連施設・空撮資料 代々木第一、第二体育館  国立代々木競技場の第一体育館(手前)と第二体育館=2020年8月4日午後、東京都渋谷区(共同通信社ヘリから)

  6. 2020080407229

    五輪関連施設・空撮資料 代々木競技場と国立競技場  国立代々木競技場の第一体育館(手前上)、第二体育館(手前下)。右奥は国立競技場=2020年8月4日午後(共同通信社ヘリから)

  7. 2020080407207

    五輪関連施設・空撮資料 代々木競技場の第一体育館  国立代々木競技場の第一体育館=2020年8月4日午後、東京都渋谷区(共同通信社ヘリから)

  8. 2020080407201

    五輪関連施設・空撮資料 代々木競技場の第一体育館  国立代々木競技場の第一体育館=2020年8月4日午後、東京都渋谷区(共同通信社ヘリから)

  9. 2020080407190

    五輪関連施設・空撮資料 代々木競技場の第一体育館  国立代々木競技場の第一体育館=2020年8月4日午後、東京都渋谷区(共同通信社ヘリから)

  10. 2020060508715

    民族色あふれる競技場湖南省城歩ミャオ族自治県  5月27日、城歩民族文化体育センターの全景。(小型無人機から)中国湖南省邵陽(しょうよう)市城歩ミャオ族自治県にある城歩民族文化体育センターは、地元民族の特色を持った建築要素が取り入れられている。競技場の最上階には周囲600メートル余りの屋根付き回廊が巡り、回廊にはさらに門楼(屋根付きの門)2基と蓮花塔(蓮の花のように数層の屋根が重なった塔)4基が設置されている。また天井装飾として、75枚の縁起の良い図案が施されている。2015年に竣工した同センターは、旧暦6月6日に行われる民謡の祭典「山歌節」のメイン会場となっている。敷地面積は120ムー(8ヘクタール)で、1万人を収容できる。(長沙=新華社配信/陳振海)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020060508681

    民族色あふれる競技場湖南省城歩ミャオ族自治県  5月27日、城歩民族文化体育センターの全景。(小型無人機から)中国湖南省邵陽(しょうよう)市城歩ミャオ族自治県にある城歩民族文化体育センターは、地元民族の特色を持った建築要素が取り入れられている。競技場の最上階には周囲600メートル余りの屋根付き回廊が巡り、回廊にはさらに門楼(屋根付きの門)2基と蓮花塔(蓮の花のように数層の屋根が重なった塔)4基が設置されている。また天井装飾として、75枚の縁起の良い図案が施されている。2015年に竣工した同センターは、旧暦6月6日に行われる民謡の祭典「山歌節」のメイン会場となっている。敷地面積は120ムー(8ヘクタール)で、1万人を収容できる。(長沙=新華社配信/陳振海)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020060508682

    民族色あふれる競技場湖南省城歩ミャオ族自治県  5月27日、城歩民族文化体育センターの全景。(小型無人機から)中国湖南省邵陽(しょうよう)市城歩ミャオ族自治県にある城歩民族文化体育センターは、地元民族の特色を持った建築要素が取り入れられている。競技場の最上階には周囲600メートル余りの屋根付き回廊が巡り、回廊にはさらに門楼(屋根付きの門)2基と蓮花塔(蓮の花のように数層の屋根が重なった塔)4基が設置されている。また天井装飾として、75枚の縁起の良い図案が施されている。2015年に竣工した同センターは、旧暦6月6日に行われる民謡の祭典「山歌節」のメイン会場となっている。敷地面積は120ムー(8ヘクタール)で、1万人を収容できる。(長沙=新華社配信/陳振海)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020060508732

    民族色あふれる競技場湖南省城歩ミャオ族自治県  5月27日、城歩民族文化体育センターの全景。(小型無人機から)中国湖南省邵陽(しょうよう)市城歩ミャオ族自治県にある城歩民族文化体育センターは、地元民族の特色を持った建築要素が取り入れられている。競技場の最上階には周囲600メートル余りの屋根付き回廊が巡り、回廊にはさらに門楼(屋根付きの門)2基と蓮花塔(蓮の花のように数層の屋根が重なった塔)4基が設置されている。また天井装飾として、75枚の縁起の良い図案が施されている。2015年に竣工した同センターは、旧暦6月6日に行われる民謡の祭典「山歌節」のメイン会場となっている。敷地面積は120ムー(8ヘクタール)で、1万人を収容できる。(長沙=新華社配信/陳振海)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020060508784

    民族色あふれる競技場湖南省城歩ミャオ族自治県  5月27日、城歩民族文化体育センターの全景。(小型無人機から)中国湖南省邵陽(しょうよう)市城歩ミャオ族自治県にある城歩民族文化体育センターは、地元民族の特色を持った建築要素が取り入れられている。競技場の最上階には周囲600メートル余りの屋根付き回廊が巡り、回廊にはさらに門楼(屋根付きの門)2基と蓮花塔(蓮の花のように数層の屋根が重なった塔)4基が設置されている。また天井装飾として、75枚の縁起の良い図案が施されている。2015年に竣工した同センターは、旧暦6月6日に行われる民謡の祭典「山歌節」のメイン会場となっている。敷地面積は120ムー(8ヘクタール)で、1万人を収容できる。(長沙=新華社配信/陳振海)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020052300763

    鉱山跡地が雪遊び施設に変身湖南省長沙市  13日、歓楽雪域の外観。中国湖南省長沙市の湘江新区で建設が進む大型レジャー施設「湘江歓楽城」で、雪遊びエリア「歓楽雪域」の本体工事がこのほど完了した。造雪は半分以上が仕上がっており、スケート場やスキー場の整備と整氷作業が順次進められているほか、運営に必要な各設備も試験段階に入っている。湘江歓楽城はかつて採石が行われていた深さ約100メートル、面積約18万平方メートルの巨大鉱山の跡地に造られ、歓楽雪域はまるで鉱山の上に浮かんでいるようなデザインをしている。開園は今年の夏を予定している。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020030503786

    五輪施設 空撮 資料 有明テニスの森  東京都江東区の有明テニスの森。右端は有明コロシアム

  17. 2020022002449

    施設 建物 資料 ANAインターコンチ東京  ANAインターコンチネンタルホテル東京=東京都港区

  18. 2020022002448

    施設 建物 資料 ANAインターコンチ東京  ANAインターコンチネンタルホテル東京=東京都港区

  19. 2020021201242

    五輪施設 空撮 資料 国立代々木競技場  東京都渋谷区の国立代々木競技場

  20. 2020021201240

    五輪施設 資料 国立代々木競技場  東京都渋谷区の国立代々木競技場

  21. 2020021201239

    五輪施設 資料 国立代々木競技場  東京都渋谷区の国立代々木競技場

  22. 2020021201238

    五輪施設 資料 国立代々木競技場  東京都渋谷区の国立代々木競技場

  23. 2020030502049

    別府タワー 別府市北浜  夜の別府タワー全景。「塔博士」として知られる内藤多仲氏が設計した六つのタワーの一つで、名古屋テレビ塔、通天閣に次いで3番目に建てられた。国の登録有形文化財=2020(令和2)年02月04日、別府市北浜、クレジット:大分合同新聞社/共同通信イメージズ 「大分合同新聞」

  24. 2020030502052

    別府タワー 別府市北浜  夜の別府タワー全景。「塔博士」として知られる内藤多仲氏が設計した六つのタワーの一つで、名古屋テレビ塔、通天閣に次いで3番目に建てられた。国の登録有形文化財=2020(令和2)年02月04日、別府市北浜、クレジット:大分合同新聞社/共同通信イメージズ 「大分合同新聞」

  25. 2020010602428

    大型版築古民家、安貞堡を訪ねて福建省  28日、安貞堡の外観。(小型無人機から)中国福建省永安市にある安貞堡は清の光緒11(1885)年に建設が始まり、14年かけて完成した。土を突き固める「版築」工法による建築物で、敷地面積は1万平方メートル、建築面積は6千平方メートルになる。安貞堡は広間を中心に連結した院落式(中庭型)設計の回廊式土楼に属し、360室以上の大小さまざまな部屋がある。中国では珍しい大型の版築民家建築で、2001年に全国重点文物保護単位に指定された。安貞堡は環状の外壁に囲まれ、外壁内部の回廊の四方の壁には、銃眼や見張り窓が設けられるなど、軍事防御施設として高い機能を備え、壁の内側には内庁や堂、寝室、書斎、穀物倉庫、井戸など、日常生活のための設備がそろう。精巧かつ丹念に設計された建物やきめ細やかで美しい彫刻、鮮やかな彩色と壁画の図案は、高い芸術的価値、建築学的価値を備え、中国建築史上の独特の華といえる。安貞堡にはここ数年、多くの国内外の観光客が訪れている。(永安=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020010602302

    大型版築古民家、安貞堡を訪ねて福建省  28日、安貞堡の外観。(小型無人機から)中国福建省永安市にある安貞堡は清の光緒11(1885)年に建設が始まり、14年かけて完成した。土を突き固める「版築」工法による建築物で、敷地面積は1万平方メートル、建築面積は6千平方メートルになる。安貞堡は広間を中心に連結した院落式(中庭型)設計の回廊式土楼に属し、360室以上の大小さまざまな部屋がある。中国では珍しい大型の版築民家建築で、2001年に全国重点文物保護単位に指定された。安貞堡は環状の外壁に囲まれ、外壁内部の回廊の四方の壁には、銃眼や見張り窓が設けられるなど、軍事防御施設として高い機能を備え、壁の内側には内庁や堂、寝室、書斎、穀物倉庫、井戸など、日常生活のための設備がそろう。精巧かつ丹念に設計された建物やきめ細やかで美しい彫刻、鮮やかな彩色と壁画の図案は、高い芸術的価値、建築学的価値を備え、中国建築史上の独特の華といえる。安貞堡にはここ数年、多くの国内外の観光客が訪れている。(永安=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019120800177

    丸亀城・資料 丸亀城の「大手二の門」  丸亀城の「大手二の門」。後方は天守=香川県丸亀市

  28. 2019120800135

    丸亀城・資料 丸亀城の天守  丸亀城の天守=香川県丸亀市

  29. 2020060406931

    今治城  キーワード:屋外、建物、今治城、城、藤堂高虎、日本、風景、無人、建築、海城、風景メイン写真=2019(令和元)年8月8日、愛媛県今治市、クレジット:miyata/アマナイメージズ/共同通信イメージズ 「アマナイメージズ」

  30. 2019071706443

    千年の古城、復州城を訪ねて遼寧省瓦房店市  11日撮影した再建された復州城の南門「迎恩門」と城壁。中国遼寧省の歴史文化名鎮、復州城鎮は、同省大連市の北約100キロに位置する。遼・金代に初めて土の城壁が築かれ、明の永楽4年(1406年)に石造り、清の乾隆45年(1780年)にレンガ造りへ改築された。復州城はかつて渤海湾地区の海上防衛と貿易の拠点だったため、多くの史跡が残されている。2007年には遼寧省の第1期「歴史文化名鎮」に登録されている。(大連=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019041700427

    空から見た建設中の上海天文館  3日、建設中の上海天文館本体部分。(小型無人機から)中国上海市浦東新区に建設中の上海天文館は、建築総面積約3万8千平方メートルで、本体部分、太陽タワー、青少年観測基地、一般向け天文台などの付属施設で構成される。天文館の建築デザインには「天体」と「軌道運動」というコンセプトが採用され、建物の構造は極めて複雑で、大型のカンチレバー(片持ち梁)構造は特に珍しい。2層の双方向トラス構造で構成され、スパンは約61メートル、カンチレバーの平面部分最大スパンは約36メートルとなっている。(上海=新華社記者/丁汀)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019041700426

    空から見た建設中の上海天文館  3日、建設中の上海天文館本体部分。(小型無人機から)中国上海市浦東新区に建設中の上海天文館は、建築総面積約3万8千平方メートルで、本体部分、太陽タワー、青少年観測基地、一般向け天文台などの付属施設で構成される。天文館の建築デザインには「天体」と「軌道運動」というコンセプトが採用され、建物の構造は極めて複雑で、大型のカンチレバー(片持ち梁)構造は特に珍しい。2層の双方向トラス構造で構成され、スパンは約61メートル、カンチレバーの平面部分最大スパンは約36メートルとなっている。(上海=新華社記者/丁汀)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019041700507

    空から見た建設中の上海天文館  3日、建設中の上海天文館本体部分。(小型無人機から)中国上海市浦東新区に建設中の上海天文館は、建築総面積約3万8千平方メートルで、本体部分、太陽タワー、青少年観測基地、一般向け天文台などの付属施設で構成される。天文館の建築デザインには「天体」と「軌道運動」というコンセプトが採用され、建物の構造は極めて複雑で、大型のカンチレバー(片持ち梁)構造は特に珍しい。2層の双方向トラス構造で構成され、スパンは約61メートル、カンチレバーの平面部分最大スパンは約36メートルとなっている。(上海=新華社記者/丁汀)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019040200298

    北京国際園芸博会場の夜景  3月26日、ライトアップされた中国館。(小型無人機から)中国北京市延慶区で建設中の「2019年中国北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)会場の工事は3月28日までに最終段階に入った。会場は既にほぼ完成しており、公共エリアの主要建築物は全て竣工し、屋内展示エリアの工事が続いている。(北京=新華社記者/王建華)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2018122415403

    虹の塔  虹の塔、外観、1970(昭和45)年3月8日撮影、大阪府吹田市 大阪万博 920―1

  36. 2018120319895

    昭和の風景・資料 滋賀県・彦根城  江戸時代初期に建てられた井伊家の居城。天守、附櫓及び多聞櫓は国宝=1963(昭和38)年7月25日、滋賀県彦根市金亀町

  37. 2018120319350

    昭和の風景・資料 京都府・園部城  園部城の建築物=1973(昭和48)年7月11日、京都府南丹市

  38. 2018120317096

    昭和の風景・資料 島根県・松江城  別名千鳥城。現存天守は国宝、城跡は国の史跡に指定されている=1963(昭和38)年10月31日、島根県松江市

  39. 2018120316924

    昭和の風景・資料 高知県・高知城  天守と本丸御殿が両方現存しているのは高知城のみ=1962(昭和37)年11月4日、高知県高知市

  40. 2018120316622

    昭和の風景・資料 福井県・丸岡城  別名霞ヶ城。江戸時代には丸岡藩の藩庁。現在は天守のみ残る=1964(昭和39)年6月6日、福井県坂井市

  41. 2018120315905

    昭和の風景・資料 滋賀県・彦根城  江戸時代初期に建てられた井伊家の居城。天守、附櫓及び多聞櫓は国宝=1963(昭和38)年7月25日、滋賀県彦根市金亀町

  42. 2018112106110

    昭和の風景・資料 広島県・広島城  原爆投下によって倒壊し、現在見られる城内の天守以下城郭建築はすべて1958年以降に再建された=1977(昭和50)年12月20日、広島県広島市

  43. 2018110922546

    昭和の風景・資料 世界貿易センタービル  建設中の世界貿易センタービル。完成は1970年で、手前は国鉄浜松町駅とモノレール駅。高さ152㍍で霞が関ビル(右)を抜いた。左は1958年に建てられた東京タワー。東京の高層建築物が3つ並んでいる=1969(昭和44)年5月30日

  44. 2018102920950

    名古屋城・資料  石垣調査のため足場が組まれた名古屋城天守閣=2018年10月29日、名古屋市

  45. 2018102920948

    名古屋城・資料  石垣調査のため足場が組まれた名古屋城天守閣=2018年10月29日、名古屋市

  46. 2018082715259

    自然が広がる古代の辺境の町山西省広霊県  24日、山の斜面にある広霊県の聖泉寺。(小型無人機から)第1回国家グリーンエネルギーモデル県に指定された中国山西省大同市広霊(こうれい)県は、県政府所在地である壺泉(こせん)鎮周辺の広大な湿地や、長い歴史を持つ北斉(ほくせい、550年-577年)長城などの美しい風景が、訪れた多くの観光客を魅了している。(広霊=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2018080400619

    原爆資料館本館・資料 工事中の原爆資料館本館  広島市の平和記念公園にある原爆資料館本館。耐震・リニューアル工事中=2018年8月4日

  48. 2018021500906

    パナスタ・資料 パナソニックスタジアム吹田  (手前から)パナソニックスタジアム吹田、観覧車「レッドホースオオサカホイール」、太陽の塔=2018年2月15日、大阪府吹田市(共同通信社ヘリから)

  49. 2018021500816

    万博公園の観覧車・資料 観覧車と太陽の塔  万博記念公園のエキスポシティにある観覧車「レッドホースオオサカホイール」。奥は「太陽の塔」=2018年2月15日、大阪府吹田市(共同通信社ヘリから)

  50. 2020021001282

    企画 検証2018栃木県当初予算 下 財政 国体後を見据え優先順位  総合スポーツゾーンの顔となる新スタジアムの建設現場。2019年秋の完成に向けて着々と工事が進められている、小型無人機から[下野新聞掲載日:2018(平成30)年2月12日]=2018(平成30)年1月、栃木県宇都宮市西川田2丁目、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ 「下野新聞」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像