検索結果 23 件中 1 件 〜 23 件 "Architecture"
  1. 2019040200298

    「新華社」 北京国際園芸博会場の夜景  3月26日、ライトアップされた中国館。(小型無人機から)中国北京市延慶区で建設中の「2019年中国北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)会場の工事は3月28日までに最終段階に入った。会場は既にほぼ完成しており、公共エリアの主要建築物は全て竣工し、屋内展示エリアの工事が続いている。(北京=新華社記者/王建華)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019040200336

    「新華社」 北京国際園芸博会場の夜景  3月26日に撮影した北京国際園芸博会場の夜景。(小型無人機から)中国北京市延慶区で建設中の「2019年中国北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)会場の工事は3月28日までに最終段階に入った。会場は既にほぼ完成しており、公共エリアの主要建築物は全て竣工し、屋内展示エリアの工事が続いている。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2018122508422

    昭和の風景・資料  明治維新後は城内のほとんどの建築物は破却され、高欄櫓が残る。この写真撮影後の2004年に天守が復元された=1968(昭和43)年12月8日、愛媛県大洲市

  4. 2019021221904

    「山陽新聞」 福山城 2022年築城400年   2022年に築城400年を迎える福山城(手前)と、すぐ上がJR福山駅。城を生かしたまちづくりが動きだしている=2018年12月。JR福山駅(福山市)の北側間近に仰ぎ見る福山城が2022年、築城400年を迎える。節目を前に市は、城の眺望確保に向け新築の高層建築物の高さを制限する方針を決めたり、天守閣を県内初の「景観重要建造物」に指定したりするなど、城の存在を生かす施策を相次いで打ち出した。城の足元に位置する駅北口広場でもJR西日本(大阪市)がホテルや店舗の出店計画を示し、市は歓迎の意向。城を軸にしたまちづくりが各所で動きだしている。=2018(平成30)年12月7日、広島県福山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  5. 2018120319350

    昭和の風景・資料  園部城の建築物=1973(昭和48)年7月11日、京都府南丹市

  6. 2018110922546

    昭和の風景・資料  建設中の世界貿易センタービル。完成は1970年で、手前は国鉄浜松町駅とモノレール駅。高さ152㍍で霞が関ビル(右)を抜いた。左は1958年に建てられた東京タワー。東京の高層建築物が3つ並んでいる=1969(昭和44)年5月30日

  7. 2018100203581

    「山陽新聞」 国重要文化財・岡山城月見櫓  内部の一般公開の期間が拡大される岡山城月見櫓。岡山市は、秋の3日間限定としてきた国重要文化財・岡山城月見櫓(やぐら)(同市北区丸の内)の内部一般公開について、今年は10、11月の土日祝日と11月2日の計19日間に拡大する。西日本豪雨の影響で入場者が減少している岡山城天守閣への誘客が狙い。月見櫓は江戸初期の1620年代、岡山藩主池田忠雄(02~32年)が建て、岡山空襲の被災を逃れた本丸唯一の現存建築物。合戦に備えた「石落とし」と呼ばれる格子窓の空間や、銃を構えるための小窓「銃眼」を備える。=2018(平成30)年9月26日、岡山市北区丸の内、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  8. 2018100120280

    「新華社」 貴州平塘特大橋の主塔建設、最終段階迎える  25日、貴州平塘特大橋の建築現場で機械の補修を行う作業員。中国貴州省の余慶-安竜高速道路の平塘(へいとう)-羅甸(らでん)区間で建設が進められている平塘特大橋でこのほど、主塔の工事が最終段階を迎えた。高さ328メートルの主塔が完成すると、コンクリート製としては世界一の高さとなる。貴州橋梁集団と中国交通建設集団傘下の第二公路工程局が共同で建設する同橋は幅30・2メートルで全長は2135メートル。2019年の完成を見込んでおり、同高速道路の建設で要となるプロジェクトとされる。完成後は貴州のランドマーク的建築物となり、省内の分断された道路網をつなぎ合わせる役目を担う。また、滇黔桂(てんけんけい、雲南省、貴州省、広西チワン族自治区)石漠化地域の貧困脱却攻略戦を進める上でも重要な意義を持つ。(平塘=新華社配信)=2018(平成30)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2017101900127

    「ミライザ大阪城」開業  歴史的建築物「旧陸軍第4師団司令部庁舎」を改装した商業施設「ミライザ大阪城」。左後方は大阪城の天守閣=19日午前

  10. 2015061500615

    八幡製鉄所の4施設公開  現存する国内最古の鉄骨建築物とされる八幡製鉄所の「修繕工場」内のクレーン。いまも現役で稼働している=15日午後、北九州市

  11. 2015061500617

    八幡製鉄所の4施設公開  現存する国内最古の鉄骨建築物とされる八幡製鉄所の「修繕工場」。いまも現役で稼働している=15日午後、北九州市

  12. 2015031000276

    「西日本新聞」「九州の産業遺産、遺構」 修繕工場  現存する鉄骨建築物では日本最古の修繕工場。1900年に設置されたとみられるクレーンは今も現役だ=2013(平成25)年9月5日午後、八幡東区の新日鉄住金八幡製鉄所構内、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

  13. 2015021900432

    「1㌻特集・教訓を世界に―国連防災会議」サイド② 対策見直し急ピッチ  住宅と特定建築物の耐震化率

  14. 2015021900430

    「1㌻特集・教訓を世界に―国連防災会議」サイド② 対策見直し急ピッチ  住宅と特定建築物の耐震化率

  15. 2012101700513

    955棟が倒壊の恐れ  耐震診断や改修を実施した分野ごとの特定建築物の数

  16. 2012101700512

    955棟が倒壊の恐れ  耐震診断や改修を実施した分野ごとの特定建築物の数

  17. 2006011800079

    人物通信 4832 芦原義信  建築家、武蔵野美大教授、東大名誉教授、日本建築学会会長、芸術院会員、文化功労者=1968(昭和43)年2月23日撮影

  18. 2005041200434

    人物 36633 清家清  建築家、建築デザイナー、東京工大名誉教授、東京芸術大美術学部長、日本建築学会会長=1983(昭和58)年10月25日撮影、叙勲、インタビュー=1983(昭和58)年10月31日カラーニュースで出稿

  19. 2004122400119

    人物通信 13436 清家清  建築家、建築デザイナー、東京工大名誉教授、東京芸術大美術学部長、日本建築学会会長=1977(昭和52)年3月24日撮影

  20. 2004090300048

    人物通信 16741 芦原義信  建築家、武蔵野美大教授、東大名誉教授、日本建築学会会長(1986年1月)、芸術院会員(1988年11月)、文化功労者(1991(平成3)年)=1980(昭和55)年7月11日撮影

  21. 2004072100092

    人物通信 17563 清家清  建築家、建築デザイナー、東京工大名誉教授、東京芸術大美術学部長、日本建築学会会長=1981(昭和56)年5月29日撮影

  22. 2003102300106

    人物通信 24663 芦原義信  建築家、武蔵野美大教授、東大名誉教授、日本建築学会会長(1986年1月)、芸術院会員(1988年11月)、文化功労者(1991(平成3)年)=1988(昭和63)年11月21日撮影

  23. 1968040800002

    カラー通信 1054 芦原義信  建築家、武蔵野美大教授、東大名誉教授、日本建築学会会長(昭和61年1月)、芸術院会員(昭和63年11月)、文化功労者(平成3年)=1968(昭和43)年2月23日撮影

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像