検索結果 30 件中 1 件 〜 30 件 "ブロック"
  1. 2020080303249

    時空を超えて楽しむ蘇州式生活江蘇省  29日、蘇州市平江歴史文化街区にある「蘇州文旅姑蘇小院・端善堂」の内部。中国春秋戦国時代の呉文化の発祥地とされる江蘇省蘇州市はここ数年、市内の古民家を科学的に保護しながら宿泊施設へと生まれ変わらせ、観光客に蘇州ならではの文化や暮らしに触れてもらう取り組みを進めている。同市は観光客に上質なサービスを提供するとともに、本場の蘇州式生活を楽しんでもらおうと、こうした古民家型の宿泊施設を蘇州の旧名である「姑蘇」を冠した「蘇州文旅姑蘇小院」ブランドとして、市内に4カ所、計40室余りを展開。今後3~5年以内に80~100カ所、300~500室に増やす予定としている。(蘇州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020080303375

    時空を超えて楽しむ蘇州式生活江蘇省  29日、蘇州市平江歴史文化街区にある「蘇州文旅姑蘇小院・東花里」。中国春秋戦国時代の呉文化の発祥地とされる江蘇省蘇州市はここ数年、市内の古民家を科学的に保護しながら宿泊施設へと生まれ変わらせ、観光客に蘇州ならではの文化や暮らしに触れてもらう取り組みを進めている。同市は観光客に上質なサービスを提供するとともに、本場の蘇州式生活を楽しんでもらおうと、こうした古民家型の宿泊施設を蘇州の旧名である「姑蘇」を冠した「蘇州文旅姑蘇小院」ブランドとして、市内に4カ所、計40室余りを展開。今後3~5年以内に80~100カ所、300~500室に増やす予定としている。(蘇州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020060209194

    かつての荒地が「森林都市」に様変わりした陝西省楡林市  24日、楡林市内の公園を自転車で走る市民。ムウス砂漠の南端にある中国陝西省楡林市は、2017年4月から市街区域の100万ムー(約6万7千ヘクタール)に及ぶ生態圏と市を囲む防護林ベルトの構築に乗り出し、荒れ山・荒地・荒れた砂漠、耕作放棄地、耕作不適地、遊休土地で造林・緑化を行い、低効率の林の改善・改造を実施。19年11月に「国家森林都市」の称号を獲得した。かつてはむき出しだった区域内の土地は全面的に緑化され、都市と周辺地域は緑が生い茂り、「塞上(北辺の地)の森林都市」の美しい風景が形成されている。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020052001528

    歴史文化街区「五大道」の夜に明るさ戻る夜間経済復活へ天津市  11日、五大道の中央部にある「民園広場」の地下商店街「民園市集」で買い物を楽しむ観光客。新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着きを見せる中、中国天津市では「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」が徐々に回復しつつある。市内の各繁華街では、感染防止対策を十分に講じることを前提に多くの店が営業を再開。観光名所となっている歴史文化街区「五大道」の夜市も再開し、人通りが増え、にぎわいが戻りつつある。五大道は市の中心部にあり、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の通りを中心とするエリアの総称。(天津=新華社配信/劉惟真)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020052001512

    歴史文化街区「五大道」の夜に明るさ戻る夜間経済復活へ天津市  11日、五大道の夜市で屋台料理を作る店の主人。新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着きを見せる中、中国天津市では「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」が徐々に回復しつつある。市内の各繁華街では、感染防止対策を十分に講じることを前提に多くの店が営業を再開。観光名所となっている歴史文化街区「五大道」の夜市も再開し、人通りが増え、にぎわいが戻りつつある。五大道は市の中心部にあり、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の通りを中心とするエリアの総称。(天津=新華社配信/劉惟真)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020052001523

    歴史文化街区「五大道」の夜に明るさ戻る夜間経済復活へ天津市  11日、五大道の中央部にある「民園広場」。新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着きを見せる中、中国天津市では「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」が徐々に回復しつつある。市内の各繁華街では、感染防止対策を十分に講じることを前提に多くの店が営業を再開。観光名所となっている歴史文化街区「五大道」の夜市も再開し、人通りが増え、にぎわいが戻りつつある。五大道は市の中心部にあり、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の通りを中心とするエリアの総称。(天津=新華社配信/劉惟真)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020052001542

    歴史文化街区「五大道」の夜に明るさ戻る夜間経済復活へ天津市  11日、五大道の中央部にある「民園広場」。新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着きを見せる中、中国天津市では「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」が徐々に回復しつつある。市内の各繁華街では、感染防止対策を十分に講じることを前提に多くの店が営業を再開。観光名所となっている歴史文化街区「五大道」の夜市も再開し、人通りが増え、にぎわいが戻りつつある。五大道は市の中心部にあり、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の通りを中心とするエリアの総称。(天津=新華社配信/劉惟真)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020052001536

    歴史文化街区「五大道」の夜に明るさ戻る夜間経済復活へ天津市  11日、多くの市民や観光客でにぎわう五大道の夜市。新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着きを見せる中、中国天津市では「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」が徐々に回復しつつある。市内の各繁華街では、感染防止対策を十分に講じることを前提に多くの店が営業を再開。観光名所となっている歴史文化街区「五大道」の夜市も再開し、人通りが増え、にぎわいが戻りつつある。五大道は市の中心部にあり、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の通りを中心とするエリアの総称。(天津=新華社配信/劉惟真)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020052001524

    歴史文化街区「五大道」の夜に明るさ戻る夜間経済復活へ天津市  11日、五大道の中央部にある「民園広場」は多くの市民や観光客でにぎわっている。新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着きを見せる中、中国天津市では「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」が徐々に回復しつつある。市内の各繁華街では、感染防止対策を十分に講じることを前提に多くの店が営業を再開。観光名所となっている歴史文化街区「五大道」の夜市も再開し、人通りが増え、にぎわいが戻りつつある。五大道は市の中心部にあり、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の通りを中心とするエリアの総称。(天津=新華社配信/劉惟真)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020041701984

    活気を取り戻しつつある「泉の街」の観光地山東省済南市  13日、百花洲歴史文化街区の付近にある観光スポット、曲水亭街の道沿いに立ち並ぶ店。悠久の歴史を持ち、「泉の街」として知られる中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区およびその周辺の曲水亭街、后宰門街、軲轆把子街などの旧市街ではこのところ、一般公開が秩序的に再開されている。通り沿いにある店なども新型コロナウイルスの予防・抑制対策をしっかり行う前提の下で、続々と営業を再開している。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020041701899

    活気を取り戻しつつある「泉の街」の観光地山東省済南市  13日、春らしい風景が広がる百花洲歴史文化街区の一角。悠久の歴史を持ち、「泉の街」として知られる中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区およびその周辺の曲水亭街、后宰門街、軲轆把子街などの旧市街ではこのところ、一般公開が秩序的に再開されている。通り沿いにある店なども新型コロナウイルスの予防・抑制対策をしっかり行う前提の下で、続々と営業を再開している。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020041701989

    活気を取り戻しつつある「泉の街」の観光地山東省済南市  13日、百花洲歴史文化街区の一角でくつろぐ市民。悠久の歴史を持ち、「泉の街」として知られる中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区およびその周辺の曲水亭街、后宰門街、軲轆把子街などの旧市街ではこのところ、一般公開が秩序的に再開されている。通り沿いにある店なども新型コロナウイルスの予防・抑制対策をしっかり行う前提の下で、続々と営業を再開している。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020041701887

    活気を取り戻しつつある「泉の街」の観光地山東省済南市  13日、営業を再開した百花洲歴史文化街区の屋台で、漬物を買い求める人たち。悠久の歴史を持ち、「泉の街」として知られる中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区およびその周辺の曲水亭街、后宰門街、軲轆把子街などの旧市街ではこのところ、一般公開が秩序的に再開されている。通り沿いにある店なども新型コロナウイルスの予防・抑制対策をしっかり行う前提の下で、続々と営業を再開している。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020041701987

    活気を取り戻しつつある「泉の街」の観光地山東省済南市  13日、春らしい風景が広がる百花洲歴史文化街区の一角。悠久の歴史を持ち、「泉の街」として知られる中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区およびその周辺の曲水亭街、后宰門街、軲轆把子街などの旧市街ではこのところ、一般公開が秩序的に再開されている。通り沿いにある店なども新型コロナウイルスの予防・抑制対策をしっかり行う前提の下で、続々と営業を再開している。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020041701978

    活気を取り戻しつつある「泉の街」の観光地山東省済南市  13日、春の息吹に包まれた百花洲歴史文化街区。悠久の歴史を持ち、「泉の街」として知られる中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区およびその周辺の曲水亭街、后宰門街、軲轆把子街などの旧市街ではこのところ、一般公開が秩序的に再開されている。通り沿いにある店なども新型コロナウイルスの予防・抑制対策をしっかり行う前提の下で、続々と営業を再開している。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020041701906

    活気を取り戻しつつある「泉の街」の観光地山東省済南市  13日、百花洲歴史文化街区の一角でくつろぐ市民。悠久の歴史を持ち、「泉の街」として知られる中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区およびその周辺の曲水亭街、后宰門街、軲轆把子街などの旧市街ではこのところ、一般公開が秩序的に再開されている。通り沿いにある店なども新型コロナウイルスの予防・抑制対策をしっかり行う前提の下で、続々と営業を再開している。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020041701913

    活気を取り戻しつつある「泉の街」の観光地山東省済南市  13日、百花洲歴史文化街区の一角で写真を撮る観光客。悠久の歴史を持ち、「泉の街」として知られる中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区およびその周辺の曲水亭街、后宰門街、軲轆把子街などの旧市街ではこのところ、一般公開が秩序的に再開されている。通り沿いにある店なども新型コロナウイルスの予防・抑制対策をしっかり行う前提の下で、続々と営業を再開している。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020041701980

    活気を取り戻しつつある「泉の街」の観光地山東省済南市  13日、百花洲歴史文化街区の一角でくつろぐ市民。悠久の歴史を持ち、「泉の街」として知られる中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区およびその周辺の曲水亭街、后宰門街、軲轆把子街などの旧市街ではこのところ、一般公開が秩序的に再開されている。通り沿いにある店なども新型コロナウイルスの予防・抑制対策をしっかり行う前提の下で、続々と営業を再開している。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020041701944

    活気を取り戻しつつある「泉の街」の観光地山東省済南市  13日、百花洲歴史文化街区を散策する市民。悠久の歴史を持ち、「泉の街」として知られる中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区およびその周辺の曲水亭街、后宰門街、軲轆把子街などの旧市街ではこのところ、一般公開が秩序的に再開されている。通り沿いにある店なども新型コロナウイルスの予防・抑制対策をしっかり行う前提の下で、続々と営業を再開している。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020042708989

    広州市のアフリカ系住民が最前線で対策に協力感染への理解深まり  社区職員と共に外国人の隔離経過観察サービスを行うナイジェリア人のチケさん。(4月10日撮影)中国広東省広州市ではこのところ、中国の新型コロナウイルス感染対策への理解を深めたアフリカ系住民が、感染の封じ込めに積極的に協力している。現在、同市白雲区の多くの街道(区の下の行政区画)で外国人ボランティアチームが設立されており、大まかな統計では、84人の外国人ボランティアが登録されている。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020042708944

    広州市のアフリカ系住民が最前線で対策に協力感染への理解深まり  広東省広州市の社区サービスステーションで外国人にサービスを提供するコンゴ共和国のジャネルさん。(4月10日撮影)中国広東省広州市ではこのところ、中国の新型コロナウイルス感染対策への理解を深めたアフリカ系住民が、感染の封じ込めに積極的に協力している。現在、同市白雲区の多くの街道(区の下の行政区画)で外国人ボランティアチームが設立されており、大まかな統計では、84人の外国人ボランティアが登録されている。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020042709036

    広州市のアフリカ系住民が最前線で対策に協力感染への理解深まり  20日、ボランティアチームのベストを着用し、社区内に住むフランス人とフランス語で交流するカメルーン人留学生のアルベルティーニさん(中央)。(4月10日撮影)中国広東省広州市ではこのところ、中国の新型コロナウイルス感染対策への理解を深めたアフリカ系住民が、感染の封じ込めに積極的に協力している。現在、同市白雲区の多くの街道(区の下の行政区画)で外国人ボランティアチームが設立されており、大まかな統計では、84人の外国人ボランティアが登録されている。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020042709034

    広州市のアフリカ系住民が最前線で対策に協力感染への理解深まり  ボランティアチームのベストを着用し、社区内に住むフランス人とフランス語で交流するカメルーン人留学生のアルベルティーニさん(中央)。(4月10日撮影)中国広東省広州市ではこのところ、中国の新型コロナウイルス感染対策への理解を深めたアフリカ系住民が、感染の封じ込めに積極的に協力している。現在、同市白雲区の多くの街道(区の下の行政区画)で外国人ボランティアチームが設立されており、大まかな統計では、84人の外国人ボランティアが登録されている。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020042709035

    広州市のアフリカ系住民が最前線で対策に協力感染への理解深まり  広州市白雲区で社区ボランティアサービスに積極的に参加するナイジェリア人のチケさん(左端)。(4月10日撮影)中国広東省広州市ではこのところ、中国の新型コロナウイルス感染対策への理解を深めたアフリカ系住民が、感染の封じ込めに積極的に協力している。現在、同市白雲区の多くの街道(区の下の行政区画)で外国人ボランティアチームが設立されており、大まかな統計では、84人の外国人ボランティアが登録されている。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019111104717

    中国の伝統的村落を今に伝える「生きた化石」湖南省代頭村  10月19日、村落の「衢」。「街衢相経」(がいくそうけい、整然と区画整理された土地)は中国の古くからの典型的な村落の構造だ。中国湖南省資興(しこう)市清江鎮代頭村には、古くからの村落建築が広がっている。中国村落文化研究センター調査チームの研究者によると、中国でこれまで知られている村落建築の中で、保存状態が最もよく、規模が最も大きく、年代順がはっきりしており、今なお「生きた状態」で伝えられている。「廬(ろ、小さな家)」が集まって「聚(しゅう、集落)」や「衢(く、四辻、街道)」を形成する村落建築は、現代の低層階建て連棟式住宅「タウンハウス」に当たる。(資興=新華社配信)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019100101582

    夜の百花洲歴史文化街区を散策山東省済南市  9日、百花洲歴史文化街区の泉に映る観光客の姿。中国山東省済南市は美しい泉があることから「泉の街」と呼ばれている。同市内の百花洲歴史文化街区では、夜間も多くの市民や観光客が風景を楽しむ。同街区は済南市の昔ながらの風情や歴史的環境を維持し、泉と民家が互いに引き立て合う独特な風景を可能な限り復元することで、済南古城の「家々の前に泉が湧き、柳が揺れる」趣を特に感じられるエリアとなっている。(済南=新華社記者/王凱)=2019(令和元)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019100101503

    夜の百花洲歴史文化街区を散策山東省済南市  9日、百花洲歴史文化街区の泉に映る観光客の姿。中国山東省済南市は美しい泉があることから「泉の街」と呼ばれている。同市内の百花洲歴史文化街区では、夜間も多くの市民や観光客が風景を楽しむ。同街区は済南市の昔ながらの風情や歴史的環境を維持し、泉と民家が互いに引き立て合う独特な風景を可能な限り復元することで、済南古城の「家々の前に泉が湧き、柳が揺れる」趣を特に感じられるエリアとなっている。(済南=新華社記者/王凱)=2019(令和元)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019100101587

    夜の百花洲歴史文化街区を散策山東省済南市  9日、百花洲歴史文化街区で写真撮影を楽しむ観光客。中国山東省済南市は美しい泉があることから「泉の街」と呼ばれている。同市内の百花洲歴史文化街区では、夜間も多くの市民や観光客が風景を楽しむ。同街区は済南市の昔ながらの風情や歴史的環境を維持し、泉と民家が互いに引き立て合う独特な風景を可能な限り復元することで、済南古城の「家々の前に泉が湧き、柳が揺れる」趣を特に感じられるエリアとなっている。(済南=新華社記者/王凱)=2019(令和元)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019100101581

    夜の百花洲歴史文化街区を散策山東省済南市  9日、百花洲歴史文化街区を散策する観光客。中国山東省済南市は美しい泉があることから「泉の街」と呼ばれている。同市内の百花洲歴史文化街区では、夜間も多くの市民や観光客が風景を楽しむ。同街区は済南市の昔ながらの風情や歴史的環境を維持し、泉と民家が互いに引き立て合う独特な風景を可能な限り復元することで、済南古城の「家々の前に泉が湧き、柳が揺れる」趣を特に感じられるエリアとなっている。(済南=新華社記者/王凱)=2019(令和元)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019100101752

    夜の百花洲歴史文化街区を散策山東省済南市  9日、百花洲歴史文化街区を散策する観光客。中国山東省済南市は美しい泉があることから「泉の街」と呼ばれている。同市内の百花洲歴史文化街区では、夜間も多くの市民や観光客が風景を楽しむ。同街区は済南市の昔ながらの風情や歴史的環境を維持し、泉と民家が互いに引き立て合う独特な風景を可能な限り復元することで、済南古城の「家々の前に泉が湧き、柳が揺れる」趣を特に感じられるエリアとなっている。(済南=新華社記者/王凱)=2019(令和元)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像