検索結果 47 件中 1 件 〜 47 件 "ブロック"
  1. 2020052001528

    歴史文化街区「五大道」の夜に明るさ戻る夜間経済復活へ天津市  11日、五大道の中央部にある「民園広場」の地下商店街「民園市集」で買い物を楽しむ観光客。新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着きを見せる中、中国天津市では「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」が徐々に回復しつつある。市内の各繁華街では、感染防止対策を十分に講じることを前提に多くの店が営業を再開。観光名所となっている歴史文化街区「五大道」の夜市も再開し、人通りが増え、にぎわいが戻りつつある。五大道は市の中心部にあり、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の通りを中心とするエリアの総称。(天津=新華社配信/劉惟真)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020052001512

    歴史文化街区「五大道」の夜に明るさ戻る夜間経済復活へ天津市  11日、五大道の夜市で屋台料理を作る店の主人。新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着きを見せる中、中国天津市では「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」が徐々に回復しつつある。市内の各繁華街では、感染防止対策を十分に講じることを前提に多くの店が営業を再開。観光名所となっている歴史文化街区「五大道」の夜市も再開し、人通りが増え、にぎわいが戻りつつある。五大道は市の中心部にあり、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の通りを中心とするエリアの総称。(天津=新華社配信/劉惟真)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020052001523

    歴史文化街区「五大道」の夜に明るさ戻る夜間経済復活へ天津市  11日、五大道の中央部にある「民園広場」。新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着きを見せる中、中国天津市では「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」が徐々に回復しつつある。市内の各繁華街では、感染防止対策を十分に講じることを前提に多くの店が営業を再開。観光名所となっている歴史文化街区「五大道」の夜市も再開し、人通りが増え、にぎわいが戻りつつある。五大道は市の中心部にあり、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の通りを中心とするエリアの総称。(天津=新華社配信/劉惟真)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020052001542

    歴史文化街区「五大道」の夜に明るさ戻る夜間経済復活へ天津市  11日、五大道の中央部にある「民園広場」。新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着きを見せる中、中国天津市では「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」が徐々に回復しつつある。市内の各繁華街では、感染防止対策を十分に講じることを前提に多くの店が営業を再開。観光名所となっている歴史文化街区「五大道」の夜市も再開し、人通りが増え、にぎわいが戻りつつある。五大道は市の中心部にあり、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の通りを中心とするエリアの総称。(天津=新華社配信/劉惟真)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020052001536

    歴史文化街区「五大道」の夜に明るさ戻る夜間経済復活へ天津市  11日、多くの市民や観光客でにぎわう五大道の夜市。新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着きを見せる中、中国天津市では「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」が徐々に回復しつつある。市内の各繁華街では、感染防止対策を十分に講じることを前提に多くの店が営業を再開。観光名所となっている歴史文化街区「五大道」の夜市も再開し、人通りが増え、にぎわいが戻りつつある。五大道は市の中心部にあり、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の通りを中心とするエリアの総称。(天津=新華社配信/劉惟真)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020052001524

    歴史文化街区「五大道」の夜に明るさ戻る夜間経済復活へ天津市  11日、五大道の中央部にある「民園広場」は多くの市民や観光客でにぎわっている。新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着きを見せる中、中国天津市では「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」が徐々に回復しつつある。市内の各繁華街では、感染防止対策を十分に講じることを前提に多くの店が営業を再開。観光名所となっている歴史文化街区「五大道」の夜市も再開し、人通りが増え、にぎわいが戻りつつある。五大道は市の中心部にあり、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の通りを中心とするエリアの総称。(天津=新華社配信/劉惟真)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020050104657

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日に撮影した張紹曽(ちょう・しょうそ)旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020050104601

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日に撮影した李勉之(り・べんし)旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020050104604

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日、北洋政府の総統、徐世昌(じょ・せいしょう)の娘の旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020050104616

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日に撮影した雍剣秋(よう・けんしゅう)旧宅。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020050104611

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日に撮影した呉頌平(ご・しょうへい)旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020050104598

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日に撮影した張学銘(ちょう・がくめい)旧宅。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020050104637

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日に撮影した疙瘩楼。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020050104639

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日に撮影した陳光遠(ちん・こうえん)旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020050104648

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日、徐樹強(じょ・しゅきょう)旧宅。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020041701984

    活気を取り戻しつつある「泉の街」の観光地山東省済南市  13日、百花洲歴史文化街区の付近にある観光スポット、曲水亭街の道沿いに立ち並ぶ店。悠久の歴史を持ち、「泉の街」として知られる中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区およびその周辺の曲水亭街、后宰門街、軲轆把子街などの旧市街ではこのところ、一般公開が秩序的に再開されている。通り沿いにある店なども新型コロナウイルスの予防・抑制対策をしっかり行う前提の下で、続々と営業を再開している。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020041701899

    活気を取り戻しつつある「泉の街」の観光地山東省済南市  13日、春らしい風景が広がる百花洲歴史文化街区の一角。悠久の歴史を持ち、「泉の街」として知られる中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区およびその周辺の曲水亭街、后宰門街、軲轆把子街などの旧市街ではこのところ、一般公開が秩序的に再開されている。通り沿いにある店なども新型コロナウイルスの予防・抑制対策をしっかり行う前提の下で、続々と営業を再開している。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020041701989

    活気を取り戻しつつある「泉の街」の観光地山東省済南市  13日、百花洲歴史文化街区の一角でくつろぐ市民。悠久の歴史を持ち、「泉の街」として知られる中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区およびその周辺の曲水亭街、后宰門街、軲轆把子街などの旧市街ではこのところ、一般公開が秩序的に再開されている。通り沿いにある店なども新型コロナウイルスの予防・抑制対策をしっかり行う前提の下で、続々と営業を再開している。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020041701887

    活気を取り戻しつつある「泉の街」の観光地山東省済南市  13日、営業を再開した百花洲歴史文化街区の屋台で、漬物を買い求める人たち。悠久の歴史を持ち、「泉の街」として知られる中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区およびその周辺の曲水亭街、后宰門街、軲轆把子街などの旧市街ではこのところ、一般公開が秩序的に再開されている。通り沿いにある店なども新型コロナウイルスの予防・抑制対策をしっかり行う前提の下で、続々と営業を再開している。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020041701987

    活気を取り戻しつつある「泉の街」の観光地山東省済南市  13日、春らしい風景が広がる百花洲歴史文化街区の一角。悠久の歴史を持ち、「泉の街」として知られる中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区およびその周辺の曲水亭街、后宰門街、軲轆把子街などの旧市街ではこのところ、一般公開が秩序的に再開されている。通り沿いにある店なども新型コロナウイルスの予防・抑制対策をしっかり行う前提の下で、続々と営業を再開している。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020041701978

    活気を取り戻しつつある「泉の街」の観光地山東省済南市  13日、春の息吹に包まれた百花洲歴史文化街区。悠久の歴史を持ち、「泉の街」として知られる中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区およびその周辺の曲水亭街、后宰門街、軲轆把子街などの旧市街ではこのところ、一般公開が秩序的に再開されている。通り沿いにある店なども新型コロナウイルスの予防・抑制対策をしっかり行う前提の下で、続々と営業を再開している。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020041701906

    活気を取り戻しつつある「泉の街」の観光地山東省済南市  13日、百花洲歴史文化街区の一角でくつろぐ市民。悠久の歴史を持ち、「泉の街」として知られる中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区およびその周辺の曲水亭街、后宰門街、軲轆把子街などの旧市街ではこのところ、一般公開が秩序的に再開されている。通り沿いにある店なども新型コロナウイルスの予防・抑制対策をしっかり行う前提の下で、続々と営業を再開している。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020041701913

    活気を取り戻しつつある「泉の街」の観光地山東省済南市  13日、百花洲歴史文化街区の一角で写真を撮る観光客。悠久の歴史を持ち、「泉の街」として知られる中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区およびその周辺の曲水亭街、后宰門街、軲轆把子街などの旧市街ではこのところ、一般公開が秩序的に再開されている。通り沿いにある店なども新型コロナウイルスの予防・抑制対策をしっかり行う前提の下で、続々と営業を再開している。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020041701980

    活気を取り戻しつつある「泉の街」の観光地山東省済南市  13日、百花洲歴史文化街区の一角でくつろぐ市民。悠久の歴史を持ち、「泉の街」として知られる中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区およびその周辺の曲水亭街、后宰門街、軲轆把子街などの旧市街ではこのところ、一般公開が秩序的に再開されている。通り沿いにある店なども新型コロナウイルスの予防・抑制対策をしっかり行う前提の下で、続々と営業を再開している。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020041701944

    活気を取り戻しつつある「泉の街」の観光地山東省済南市  13日、百花洲歴史文化街区を散策する市民。悠久の歴史を持ち、「泉の街」として知られる中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区およびその周辺の曲水亭街、后宰門街、軲轆把子街などの旧市街ではこのところ、一般公開が秩序的に再開されている。通り沿いにある店なども新型コロナウイルスの予防・抑制対策をしっかり行う前提の下で、続々と営業を再開している。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020042708989

    広州市のアフリカ系住民が最前線で対策に協力感染への理解深まり  社区職員と共に外国人の隔離経過観察サービスを行うナイジェリア人のチケさん。(4月10日撮影)中国広東省広州市ではこのところ、中国の新型コロナウイルス感染対策への理解を深めたアフリカ系住民が、感染の封じ込めに積極的に協力している。現在、同市白雲区の多くの街道(区の下の行政区画)で外国人ボランティアチームが設立されており、大まかな統計では、84人の外国人ボランティアが登録されている。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020042708944

    広州市のアフリカ系住民が最前線で対策に協力感染への理解深まり  広東省広州市の社区サービスステーションで外国人にサービスを提供するコンゴ共和国のジャネルさん。(4月10日撮影)中国広東省広州市ではこのところ、中国の新型コロナウイルス感染対策への理解を深めたアフリカ系住民が、感染の封じ込めに積極的に協力している。現在、同市白雲区の多くの街道(区の下の行政区画)で外国人ボランティアチームが設立されており、大まかな統計では、84人の外国人ボランティアが登録されている。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020042709036

    広州市のアフリカ系住民が最前線で対策に協力感染への理解深まり  20日、ボランティアチームのベストを着用し、社区内に住むフランス人とフランス語で交流するカメルーン人留学生のアルベルティーニさん(中央)。(4月10日撮影)中国広東省広州市ではこのところ、中国の新型コロナウイルス感染対策への理解を深めたアフリカ系住民が、感染の封じ込めに積極的に協力している。現在、同市白雲区の多くの街道(区の下の行政区画)で外国人ボランティアチームが設立されており、大まかな統計では、84人の外国人ボランティアが登録されている。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020042709034

    広州市のアフリカ系住民が最前線で対策に協力感染への理解深まり  ボランティアチームのベストを着用し、社区内に住むフランス人とフランス語で交流するカメルーン人留学生のアルベルティーニさん(中央)。(4月10日撮影)中国広東省広州市ではこのところ、中国の新型コロナウイルス感染対策への理解を深めたアフリカ系住民が、感染の封じ込めに積極的に協力している。現在、同市白雲区の多くの街道(区の下の行政区画)で外国人ボランティアチームが設立されており、大まかな統計では、84人の外国人ボランティアが登録されている。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020042709035

    広州市のアフリカ系住民が最前線で対策に協力感染への理解深まり  広州市白雲区で社区ボランティアサービスに積極的に参加するナイジェリア人のチケさん(左端)。(4月10日撮影)中国広東省広州市ではこのところ、中国の新型コロナウイルス感染対策への理解を深めたアフリカ系住民が、感染の封じ込めに積極的に協力している。現在、同市白雲区の多くの街道(区の下の行政区画)で外国人ボランティアチームが設立されており、大まかな統計では、84人の外国人ボランティアが登録されている。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019111104717

    中国の伝統的村落を今に伝える「生きた化石」湖南省代頭村  10月19日、村落の「衢」。「街衢相経」(がいくそうけい、整然と区画整理された土地)は中国の古くからの典型的な村落の構造だ。中国湖南省資興(しこう)市清江鎮代頭村には、古くからの村落建築が広がっている。中国村落文化研究センター調査チームの研究者によると、中国でこれまで知られている村落建築の中で、保存状態が最もよく、規模が最も大きく、年代順がはっきりしており、今なお「生きた状態」で伝えられている。「廬(ろ、小さな家)」が集まって「聚(しゅう、集落)」や「衢(く、四辻、街道)」を形成する村落建築は、現代の低層階建て連棟式住宅「タウンハウス」に当たる。(資興=新華社配信)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019100101582

    夜の百花洲歴史文化街区を散策山東省済南市  9日、百花洲歴史文化街区の泉に映る観光客の姿。中国山東省済南市は美しい泉があることから「泉の街」と呼ばれている。同市内の百花洲歴史文化街区では、夜間も多くの市民や観光客が風景を楽しむ。同街区は済南市の昔ながらの風情や歴史的環境を維持し、泉と民家が互いに引き立て合う独特な風景を可能な限り復元することで、済南古城の「家々の前に泉が湧き、柳が揺れる」趣を特に感じられるエリアとなっている。(済南=新華社記者/王凱)=2019(令和元)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019100101503

    夜の百花洲歴史文化街区を散策山東省済南市  9日、百花洲歴史文化街区の泉に映る観光客の姿。中国山東省済南市は美しい泉があることから「泉の街」と呼ばれている。同市内の百花洲歴史文化街区では、夜間も多くの市民や観光客が風景を楽しむ。同街区は済南市の昔ながらの風情や歴史的環境を維持し、泉と民家が互いに引き立て合う独特な風景を可能な限り復元することで、済南古城の「家々の前に泉が湧き、柳が揺れる」趣を特に感じられるエリアとなっている。(済南=新華社記者/王凱)=2019(令和元)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019100101587

    夜の百花洲歴史文化街区を散策山東省済南市  9日、百花洲歴史文化街区で写真撮影を楽しむ観光客。中国山東省済南市は美しい泉があることから「泉の街」と呼ばれている。同市内の百花洲歴史文化街区では、夜間も多くの市民や観光客が風景を楽しむ。同街区は済南市の昔ながらの風情や歴史的環境を維持し、泉と民家が互いに引き立て合う独特な風景を可能な限り復元することで、済南古城の「家々の前に泉が湧き、柳が揺れる」趣を特に感じられるエリアとなっている。(済南=新華社記者/王凱)=2019(令和元)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2019100101581

    夜の百花洲歴史文化街区を散策山東省済南市  9日、百花洲歴史文化街区を散策する観光客。中国山東省済南市は美しい泉があることから「泉の街」と呼ばれている。同市内の百花洲歴史文化街区では、夜間も多くの市民や観光客が風景を楽しむ。同街区は済南市の昔ながらの風情や歴史的環境を維持し、泉と民家が互いに引き立て合う独特な風景を可能な限り復元することで、済南古城の「家々の前に泉が湧き、柳が揺れる」趣を特に感じられるエリアとなっている。(済南=新華社記者/王凱)=2019(令和元)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2019100101752

    夜の百花洲歴史文化街区を散策山東省済南市  9日、百花洲歴史文化街区を散策する観光客。中国山東省済南市は美しい泉があることから「泉の街」と呼ばれている。同市内の百花洲歴史文化街区では、夜間も多くの市民や観光客が風景を楽しむ。同街区は済南市の昔ながらの風情や歴史的環境を維持し、泉と民家が互いに引き立て合う独特な風景を可能な限り復元することで、済南古城の「家々の前に泉が湧き、柳が揺れる」趣を特に感じられるエリアとなっている。(済南=新華社記者/王凱)=2019(令和元)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019070902450

    素朴な水郷風情漂う町、新市古鎮を訪ねて浙江省徳清県  2日に撮影した広福橋。古鎮は河水系により18のブロックに分けられ、さまざまな古い橋が古鎮を一つにつないでいる。清代には72基の橋があったが、現在保存されているのは11基で、その多くは宋代より前に建てられたものだという。中国浙江省湖州市徳清県の新市古鎮(古い町並み)は、省内最大の平原「杭嘉湖(こうかこ)平原」の中心部に位置する。桐郷市、杭州市余杭区、湖州市と境を接しており、北京と杭州を結ぶ京杭(けいこう)大運河の河畔にある。江南水郷の古鎮群の中では、比較的保存状態が良く、独特の風習と民情を残す代表的な古鎮の一つであり、徳清県の経済と文化を担う重要な町でもある。新市古鎮は水から生まれ、水によって発展してきた。船が重要な交通手段だった時代には、地域の物資集散の拠点として多くの人口を抱え、各地から商人が集まり大いに栄えた。(徳清=新華社記者/蘭紅光)=2019(令和元)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019062624941

    大連市の南山観光風情街を訪ねて  20日に撮影した南山観光風情街にある日本料理店。中国遼寧省大連市の南山麓にある南山観光風情街は、特色ある古い洋館や別荘が軒を連ねる700メートル余りの街区。同市政府が2000年、これらの古い建物に対し保護を目的に改築を行い、趣ある観光風情街を作り出した。南山観光風情街は同市の重点観光プロジェクトにもなっている。(大連=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019062625021

    大連市の南山観光風情街を訪ねて  20日に撮影した南山観光風情街にあるカフェ。中国遼寧省大連市の南山麓にある南山観光風情街は、特色ある古い洋館や別荘が軒を連ねる700メートル余りの街区。同市政府が2000年、これらの古い建物に対し保護を目的に改築を行い、趣ある観光風情街を作り出した。南山観光風情街は同市の重点観光プロジェクトにもなっている。(大連=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019062625023

    大連市の南山観光風情街を訪ねて  20日に撮影した南山観光風情街にある建物。中国遼寧省大連市の南山麓にある南山観光風情街は、特色ある古い洋館や別荘が軒を連ねる700メートル余りの街区。同市政府が2000年、これらの古い建物に対し保護を目的に改築を行い、趣ある観光風情街を作り出した。南山観光風情街は同市の重点観光プロジェクトにもなっている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019062625142

    大連市の南山観光風情街を訪ねて  20日に撮影した南山観光風情街にある日本料理店。中国遼寧省大連市の南山麓にある南山観光風情街は、特色ある古い洋館や別荘が軒を連ねる700メートル余りの街区。同市政府が2000年、これらの古い建物に対し保護を目的に改築を行い、趣ある観光風情街を作り出した。南山観光風情街は同市の重点観光プロジェクトにもなっている。(大連=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019062625184

    大連市の南山観光風情街を訪ねて  20日に撮影した南山観光風情街にある建物。中国遼寧省大連市の南山麓にある南山観光風情街は、特色ある古い洋館や別荘が軒を連ねる700メートル余りの街区。同市政府が2000年、これらの古い建物に対し保護を目的に改築を行い、趣ある観光風情街を作り出した。南山観光風情街は同市の重点観光プロジェクトにもなっている。(大連=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019062624947

    大連市の南山観光風情街を訪ねて  20日に撮影した南山観光風情街にある庭園の置物。中国遼寧省大連市の南山麓にある南山観光風情街は、特色ある古い洋館や別荘が軒を連ねる700メートル余りの街区。同市政府が2000年、これらの古い建物に対し保護を目的に改築を行い、趣ある観光風情街を作り出した。南山観光風情街は同市の重点観光プロジェクトにもなっている。(大連=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019062625215

    大連市の南山観光風情街を訪ねて  20日に撮影した南山観光風情街にある大連市文博芸術館。中国遼寧省大連市の南山麓にある南山観光風情街は、特色ある古い洋館や別荘が軒を連ねる700メートル余りの街区。同市政府が2000年、これらの古い建物に対し保護を目的に改築を行い、趣ある観光風情街を作り出した。南山観光風情街は同市の重点観光プロジェクトにもなっている。(大連=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019062625225

    大連市の南山観光風情街を訪ねて  20日に撮影した南山観光風情街にあるカフェ。中国遼寧省大連市の南山麓にある南山観光風情街は、特色ある古い洋館や別荘が軒を連ねる700メートル余りの街区。同市政府が2000年、これらの古い建物に対し保護を目的に改築を行い、趣ある観光風情街を作り出した。南山観光風情街は同市の重点観光プロジェクトにもなっている。(大連=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019062625027

    大連市の南山観光風情街を訪ねて  20日に撮影した南山観光風情街にあるレストラン。中国遼寧省大連市の南山麓にある南山観光風情街は、特色ある古い洋館や別荘が軒を連ねる700メートル余りの街区。同市政府が2000年、これらの古い建物に対し保護を目的に改築を行い、趣ある観光風情街を作り出した。南山観光風情街は同市の重点観光プロジェクトにもなっている。(大連=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019062624997

    大連市の南山観光風情街を訪ねて  20日に撮影した南山観光風情街にある建物。中国遼寧省大連市の南山麓にある南山観光風情街は、特色ある古い洋館や別荘が軒を連ねる700メートル余りの街区。同市政府が2000年、これらの古い建物に対し保護を目的に改築を行い、趣ある観光風情街を作り出した。南山観光風情街は同市の重点観光プロジェクトにもなっている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像