検索結果 484 件中 1 件 〜 50
  1. 2020112400132

    富山県庁・資料 富山県庁、市役所  富山県庁(中央上)、富山市役所(同下)。左上は富山城址公園(共同通信社ヘリから)

  2. 2020082705481

    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県  20日、ライトアップされた「文昌閣」。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020082705337

    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県  20日、「臥竜書院」の前を通り過ぎる市民。。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020082705333

    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県  20日、長汀県汀州鎮にある汀州古城(長汀古城)の城壁の一つ「恵吉門」。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020051502203

    昔の繁華街を再現天津古文化街で伝統文化を満喫  10日、天津古文化街にある中国北部最大の媽祖(まそ、航海と漁業の女神)廟、天后宮。中国天津市南開区にある古文化街は、民俗文化や観光、商業・貿易、ショッピング、レジャーが一カ所に集まった老舗商店街。最高ランクの「国家5A級」観光地でもあり、同地を訪れる観光客数は年間延べ1千万人を上回る。また、地元の老舗や手工芸品店が軒を連ね、名所旧跡も多い。600年前の街並みを再現した古文化街は、同市を代表する魅力的な観光スポットになっている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020051502218

    昔の繁華街を再現天津古文化街で伝統文化を満喫  10日、天津古文化街に建つ戯楼。中国天津市南開区にある古文化街は、民俗文化や観光、商業・貿易、ショッピング、レジャーが一カ所に集まった老舗商店街。最高ランクの「国家5A級」観光地でもあり、同地を訪れる観光客数は年間延べ1千万人を上回る。また、地元の老舗や手工芸品店が軒を連ね、名所旧跡も多い。600年前の街並みを再現した古文化街は、同市を代表する魅力的な観光スポットになっている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020051502185

    昔の繁華街を再現天津古文化街で伝統文化を満喫  10日、天津古文化街にある老舗、泥人形の「泥人張世家」。中国天津市南開区にある古文化街は、民俗文化や観光、商業・貿易、ショッピング、レジャーが一カ所に集まった老舗商店街。最高ランクの「国家5A級」観光地でもあり、同地を訪れる観光客数は年間延べ1千万人を上回る。また、地元の老舗や手工芸品店が軒を連ね、名所旧跡も多い。600年前の街並みを再現した古文化街は、同市を代表する魅力的な観光スポットになっている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020051502271

    昔の繁華街を再現天津古文化街で伝統文化を満喫  10日、天津古文化街にある木版年画の老舗、「楊柳青画店」。中国天津市南開区にある古文化街は、民俗文化や観光、商業・貿易、ショッピング、レジャーが一カ所に集まった老舗商店街。最高ランクの「国家5A級」観光地でもあり、同地を訪れる観光客数は年間延べ1千万人を上回る。また、地元の老舗や手工芸品店が軒を連ね、名所旧跡も多い。600年前の街並みを再現した古文化街は、同市を代表する魅力的な観光スポットになっている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020051502201

    昔の繁華街を再現天津古文化街で伝統文化を満喫  10日、天津古文化街にある老舗、豆菓子の「崩豆張」。中国天津市南開区にある古文化街は、民俗文化や観光、商業・貿易、ショッピング、レジャーが一カ所に集まった老舗商店街。最高ランクの「国家5A級」観光地でもあり、同地を訪れる観光客数は年間延べ1千万人を上回る。また、地元の老舗や手工芸品店が軒を連ね、名所旧跡も多い。600年前の街並みを再現した古文化街は、同市を代表する魅力的な観光スポットになっている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020051502202

    昔の繁華街を再現天津古文化街で伝統文化を満喫  10日、天津古文化街にある老舗、布靴の「老美華」。中国天津市南開区にある古文化街は、民俗文化や観光、商業・貿易、ショッピング、レジャーが一カ所に集まった老舗商店街。最高ランクの「国家5A級」観光地でもあり、同地を訪れる観光客数は年間延べ1千万人を上回る。また、地元の老舗や手工芸品店が軒を連ね、名所旧跡も多い。600年前の街並みを再現した古文化街は、同市を代表する魅力的な観光スポットになっている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020051502174

    昔の繁華街を再現天津古文化街で伝統文化を満喫  10日、天津古文化街にある老舗、刺繍商品の「聯昇斎」。中国天津市南開区にある古文化街は、民俗文化や観光、商業・貿易、ショッピング、レジャーが一カ所に集まった老舗商店街。最高ランクの「国家5A級」観光地でもあり、同地を訪れる観光客数は年間延べ1千万人を上回る。また、地元の老舗や手工芸品店が軒を連ね、名所旧跡も多い。600年前の街並みを再現した古文化街は、同市を代表する魅力的な観光スポットになっている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020050804916

    内モンゴル自治区ウランホト市の夜景  2日、夕闇に浮かぶウランホト市の劇場、烏蘭牧騎宮と周辺の夜景。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区ウランホト市で2日、夜の街に明かりがともると、うっとりするような夜景が広がった。(ウランホト=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020050804988

    内モンゴル自治区ウランホト市の夜景  2日、夕闇に浮かぶウランホト市の劇場、烏蘭牧騎宮と周辺の夜景。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区ウランホト市で2日、夜の街に明かりがともると、うっとりするような夜景が広がった。(ウランホト=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020050804887

    異国情緒たっぷり百年の歴史誇る天津「解放北路」を訪ねて  4月29日、解放北路に建つ旧ジャーディン・マセソン商会ビル(怡和洋行大楼)。海河に隣接し、旧フランス租界と旧イギリス租界を貫く中国天津市の解放北路は、かつて国内外の銀行などの建物が立ち並び、「東方のウォール街」と呼ばれるビジネス街だった。今でも同市の金融机関が集中するエリアの一つで、歴史的建物数十棟が現存する。同地に集まるゴシック建築、ロマネスク建築、ロシア古典主義建築などの荘厳で優雅な洋風の建物の多くが、百年の歴史を持つという。解放北路を歩くと、異国の情緒や雰囲気だけでなく、天津ひいては中国の金融業の近現代史における発展の歩みを感じ取ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020050804883

    異国情緒たっぷり百年の歴史誇る天津「解放北路」を訪ねて  4月29日、解放北路に建つ旧中法工商銀行ビル。海河に隣接し、旧フランス租界と旧イギリス租界を貫く中国天津市の解放北路は、かつて国内外の銀行などの建物が立ち並び、「東方のウォール街」と呼ばれるビジネス街だった。今でも同市の金融机関が集中するエリアの一つで、歴史的建物数十棟が現存する。同地に集まるゴシック建築、ロマネスク建築、ロシア古典主義建築などの荘厳で優雅な洋風の建物の多くが、百年の歴史を持つという。解放北路を歩くと、異国の情緒や雰囲気だけでなく、天津ひいては中国の金融業の近現代史における発展の歩みを感じ取ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020050104657

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日に撮影した張紹曽(ちょう・しょうそ)旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020050104601

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日に撮影した李勉之(り・べんし)旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020050104604

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日、北洋政府の総統、徐世昌(じょ・せいしょう)の娘の旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020050104616

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日に撮影した雍剣秋(よう・けんしゅう)旧宅。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020050104611

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日に撮影した呉頌平(ご・しょうへい)旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020050104598

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日に撮影した張学銘(ちょう・がくめい)旧宅。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020050104637

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日に撮影した疙瘩楼。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020050104639

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日に撮影した陳光遠(ちん・こうえん)旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020050104648

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日、徐樹強(じょ・しゅきょう)旧宅。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020041300259

    悠久の歴史誇る「堀の街」に春の訪れ山東省済南市  8日、「護城河」に囲まれた済南市の解放閣。(小型無人機から)気温が上がり、暖かくなってきた中国山東省済南市ではここ数日、春の息吹に包まれ、千年の歴史を誇る「護城河」(堀)のほとりには、水流と柳の緑が織りなす清々しい風景が広がっている。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020042003673

    都市封鎖解除に伴いライトアップされた武漢市  7日、ライトアップされた江漢関博物館と対岸のビル。(小型無人機から)中国湖北省武漢市から市外や省外に通じる交通ルートの規制が8日午前0時、正式に解除された。市内ではビルなどのライトアップが行われた。(武漢=新華社記者/沈伯韓)=2020(令和2)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020081902008

    都市の記憶をひも解く、レトロ洋館ツアー再開上海市  上海市徐匯(じょかい)区にある歴史的建造物「武康大楼」。(3月21日撮影)中国上海市はこのほど、上海京劇伝習館で「レトロ洋館ツアー」を再開した。参加者は市内の歴史的建造物を訪ね歩くことで、上海の文化と歴史について理解を深める。同ツアーは2018年に初めて開催されてから、今年で3年目となる。20年5月までに開拓した新旧ルートは計20余り。実際に洋館を訪れるツアーを約300回、ガイド研修会を60回以上実施し、700人以上のボランティアと1万人を超えるさまざまな職業の文化愛好者が奮って参加した。(上海=新華社記者/許暁青)=2020(令和2)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019111104202

    ビエンチャンの凱旋門、「パトゥーサイ」を訪ねて  4日、パトゥーサイ公園付近の大通りで飲み物を売る屋台。ラオスの首都ビエンチャンの中心地にある「パトゥーサイ」(凱旋門)は、戦死者の慰霊のための門として、1950~60年代に建設が始まった。パトゥーサイ公園とともに同市中心部のランドマークとなっているこの建物は、現在、観光客や地元市民が集う憩いの場になっている。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2019(令和元)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020101200566

    非凡な自然の美しさを堪能魅力溢れるアフリカをゆく  チュニジアのエル・ジェムにある円形闘技場(アンフィテアトルム)。(2019年10月15日撮影)美しく神秘的な世界第二の大陸、アフリカ。3000万平方キロ余りにおよぶ広大な大地には、肌の色が異なる人たちが暮らしている。大自然を満喫できる風景、異文化の入り混じった景観を持つ同大陸は、世界各地から訪れる人々が帰るのを忘れてしまうほどの素晴らしい魅力に溢れている。(チュニス=新華社記者/鄔恵我)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020081902009

    都市の記憶をひも解く、レトロ洋館ツアー再開上海市  上海市虹口区で1920~30年代のカフェを復元した洋館「白馬珈琲館」。(2019年9月19日撮影)中国上海市はこのほど、上海京劇伝習館で「レトロ洋館ツアー」を再開した。参加者は市内の歴史的建造物を訪ね歩くことで、上海の文化と歴史について理解を深める。同ツアーは2018年に初めて開催されてから、今年で3年目となる。20年5月までに開拓した新旧ルートは計20余り。実際に洋館を訪れるツアーを約300回、ガイド研修会を60回以上実施し、700人以上のボランティアと1万人を超えるさまざまな職業の文化愛好者が奮って参加した。(上海=新華社記者/許暁青)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019080800903

    広島原爆死没者の霊を慰め、世界平和を呼びかける  6日、原爆ドームの前を流れる元安川に灯籠(とうろう)を流す女性。広島市は原爆投下から74年を迎えた6日、平和記念公園で「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」(平和記念式典)を行った。同市では市民らによるさまざまな平和関連行事も行われ、世界各地から訪れた人々が原爆死没者の霊を慰め、世界平和を呼びかけた。(広島=新華社記者/彭純)=2019(令和元)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019080800905

    広島原爆死没者の霊を慰め、世界平和を呼びかける  6日、原爆ドームの前を流れる元安川を漂う灯籠(とうろう)。広島市は原爆投下から74年を迎えた6日、平和記念公園で「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」(平和記念式典)を行った。同市では市民らによるさまざまな平和関連行事も行われ、世界各地から訪れた人々が原爆死没者の霊を慰め、世界平和を呼びかけた。(広島=新華社記者/彭純)=2019(令和元)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019080800955

    広島原爆死没者の霊を慰め、世界平和を呼びかける  6日、広島平和記念公園で、原爆ドームの前を流れる元安川に灯籠(とうろう)を流し、平和を願う人たち。広島市は原爆投下から74年を迎えた6日、平和記念公園で「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」(平和記念式典)を行った。同市では市民らによるさまざまな平和関連行事も行われ、世界各地から訪れた人々が原爆死没者の霊を慰め、世界平和を呼びかけた。(広島=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019080501334

    空から望む張飛廟重慶市雲陽県  7月31日、空から見た張飛廟。(小型無人機から)蜀漢(221年~263年)末期に建てられ、張桓侯(ちょうかんこう)廟とも呼ばれる「張飛廟」は、1700年余りの歴史を持ち、今では中国の全国重点文物保護単位(国の重要文化財)と国家4A級(上から2番目)観光地に指定されている。同廟は中国重慶市雲陽県の旧県城(県政府所在地)対岸、飛鳳山(ひほうさん)の麓にあり、三国時代の名将、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この重要な歴史文化遺産を保護するため、同廟は「文化財の原状は変えない」という原則に基づき、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた同県盤竜街道竜安社区(コミュニティー)に移転・再建された。また、「山に寄り添い、岩の上にあり、川を望む」という地理的な特徴が維持されたことから、三峡ダムエリア最大の「移民」とも呼ばれている。再建後は2003年7月から再び公開されている。(雲陽=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2019080501372

    空から望む張飛廟重慶市雲陽県  7月31日、空から見た張飛廟。(小型無人機から)蜀漢(221年~263年)末期に建てられ、張桓侯(ちょうかんこう)廟とも呼ばれる「張飛廟」は、1700年余りの歴史を持ち、今では中国の全国重点文物保護単位(国の重要文化財)と国家4A級(上から2番目)観光地に指定されている。同廟は中国重慶市雲陽県の旧県城(県政府所在地)対岸、飛鳳山(ひほうさん)の麓にあり、三国時代の名将、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この重要な歴史文化遺産を保護するため、同廟は「文化財の原状は変えない」という原則に基づき、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた同県盤竜街道竜安社区(コミュニティー)に移転・再建された。また、「山に寄り添い、岩の上にあり、川を望む」という地理的な特徴が維持されたことから、三峡ダムエリア最大の「移民」とも呼ばれている。再建後は2003年7月から再び公開されている。(雲陽=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2019080501329

    空から望む張飛廟重慶市雲陽県  7月31日、空から見た張飛廟。(小型無人機から)蜀漢(221年~263年)末期に建てられ、張桓侯(ちょうかんこう)廟とも呼ばれる「張飛廟」は、1700年余りの歴史を持ち、今では中国の全国重点文物保護単位(国の重要文化財)と国家4A級(上から2番目)観光地に指定されている。同廟は中国重慶市雲陽県の旧県城(県政府所在地)対岸、飛鳳山(ひほうさん)の麓にあり、三国時代の名将、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この重要な歴史文化遺産を保護するため、同廟は「文化財の原状は変えない」という原則に基づき、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた同県盤竜街道竜安社区(コミュニティー)に移転・再建された。また、「山に寄り添い、岩の上にあり、川を望む」という地理的な特徴が維持されたことから、三峡ダムエリア最大の「移民」とも呼ばれている。再建後は2003年7月から再び公開されている。(雲陽=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019080501368

    空から望む張飛廟重慶市雲陽県  7月31日、空から見た張飛廟。(小型無人機から)蜀漢(221年~263年)末期に建てられ、張桓侯(ちょうかんこう)廟とも呼ばれる「張飛廟」は、1700年余りの歴史を持ち、今では中国の全国重点文物保護単位(国の重要文化財)と国家4A級(上から2番目)観光地に指定されている。同廟は中国重慶市雲陽県の旧県城(県政府所在地)対岸、飛鳳山(ひほうさん)の麓にあり、三国時代の名将、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この重要な歴史文化遺産を保護するため、同廟は「文化財の原状は変えない」という原則に基づき、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた同県盤竜街道竜安社区(コミュニティー)に移転・再建された。また、「山に寄り添い、岩の上にあり、川を望む」という地理的な特徴が維持されたことから、三峡ダムエリア最大の「移民」とも呼ばれている。再建後は2003年7月から再び公開されている。(雲陽=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019080501392

    空から望む張飛廟重慶市雲陽県  7月31日、空から見た張飛廟。(小型無人機から)蜀漢(221年~263年)末期に建てられ、張桓侯(ちょうかんこう)廟とも呼ばれる「張飛廟」は、1700年余りの歴史を持ち、今では中国の全国重点文物保護単位(国の重要文化財)と国家4A級(上から2番目)観光地に指定されている。同廟は中国重慶市雲陽県の旧県城(県政府所在地)対岸、飛鳳山(ひほうさん)の麓にあり、三国時代の名将、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この重要な歴史文化遺産を保護するため、同廟は「文化財の原状は変えない」という原則に基づき、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた同県盤竜街道竜安社区(コミュニティー)に移転・再建された。また、「山に寄り添い、岩の上にあり、川を望む」という地理的な特徴が維持されたことから、三峡ダムエリア最大の「移民」とも呼ばれている。再建後は2003年7月から再び公開されている。(雲陽=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019080501441

    空から望む張飛廟重慶市雲陽県  7月31日、空から見た張飛廟。(小型無人機から)蜀漢(221年~263年)末期に建てられ、張桓侯(ちょうかんこう)廟とも呼ばれる「張飛廟」は、1700年余りの歴史を持ち、今では中国の全国重点文物保護単位(国の重要文化財)と国家4A級(上から2番目)観光地に指定されている。同廟は中国重慶市雲陽県の旧県城(県政府所在地)対岸、飛鳳山(ひほうさん)の麓にあり、三国時代の名将、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この重要な歴史文化遺産を保護するため、同廟は「文化財の原状は変えない」という原則に基づき、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた同県盤竜街道竜安社区(コミュニティー)に移転・再建された。また、「山に寄り添い、岩の上にあり、川を望む」という地理的な特徴が維持されたことから、三峡ダムエリア最大の「移民」とも呼ばれている。再建後は2003年7月から再び公開されている。(雲陽=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019070405360

    城壁遺跡のもつ活力を現代生活に活用北京市  6月22日、北京市の「明城壁遺跡公園」の東南角楼。中国北京市の北の郊外にある「万里の長城」は有名だが、市内中心部に500年以上前の城壁があることを知る外国人は多くない。城壁はかつて約40キロにわたり北京を取り囲んでいた。鉄器時代には軍事的防御建築だったが、1950年代から60年代にかけて行われた都市建設で大部分が撤去された。2017年に発表された「北京城市総体規劃(2016年-2035年)」では、旧市街を保存しながら発展させ、発展させつつ保護していくことを明確に掲げている。城壁などの歴史文化遺跡については、修繕や保護だけでなく公共サービス方面の機能も向上させ、現代生活のニーズを満たし、歴史的資源が現代にもつ活力を活性化させるとしている。(北京=新華社記者/韓朝陽)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2018092119350

    109ビル・資料  ファッションビル「SHIBUYA109」のロゴマーク=2018年8月7日撮影、東京都渋谷区

  42. 2018092119341

    109ビル・資料  ファッションビル「SHIBUYA109」=2018年8月7日撮影、東京都渋谷区

  43. 2018092119334

    109ビル・資料  ファッションビル「SHIBUYA109」=2018年8月7日撮影、東京都渋谷区

  44. 2018082102991

    大分銀行ドーム 大分銀行ドーム  大分銀行ドーム(大分スポーツ公園総合競技場)=2018年8月20日、大分市

  45. 2018082102985

    大分銀行ドーム 大分銀行ドーム  大分銀行ドーム(大分スポーツ公園総合競技場)=2018年8月20日、大分市

  46. 2018081600318

    勒通古鎮、歴史と文化の魅力を発信四川省理塘県  13日、ダライ・ラマ七世の生誕地とされる勒通古鎮の仁康古屋。中国四川省カンゼ・チベット族自治州理塘県はここ数年、旧市街の整理を行い、ダライ・ラマ七世(1708~1757年)の生誕地とされる「仁康古屋」や康巴(カンパ)チベット族の文化が色濃く残る「仁康古街」、チベット族の大型住居建築群「千戸藏寨」などを勒通古鎮として整備し、同県の歴史や文化の魅力を集中的にアピールしている。古鎮開発では、既存の自然景観や郷村の特色をできるだけ破壊しないよう保護と開発の双方に重きを置き、観光による貧困扶助や周辺地域への波及効果を発揮させるという計画のもと、「街の中に景観があり景観の中に街がある」という高原地域の街と景観の一体化を実現させた。(理塘=新華社記者/江宏景)=2018(平成30)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2018042800267

    梅田スカイビル・資料 梅田スカイビル  梅田スカイビル=2018年4月26日、大阪市

  48. 2018032001071

    ラサで降雪うっすら雪化粧  18日、ラサの市街地の美しい雪景色。17日から18日にかけて、中国チベット自治区のラサ市内とその周辺の区・県では降雪となった。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2018(平成30)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2018013100678

    上海の観光スポット外滩 (Bund)  キーワード:中国、上海、観光、外滩(Bund)、バンド、高層ビル、夜景、高層ビル、東方明珠電視塔、上海タワー、テレビ塔=2017(平成29)年11月19日、中国・上海、クレジット:ChinaPASS/共同通信イメージズ 「ChinaPASS」

  50. 2018013100689

    上海の観光スポット外滩 (Bund)  キーワード:中国、上海、観光、外滩(Bund)、バンド、高層ビル、夜景、高層ビル、東方明珠電視塔、上海タワー、テレビ塔=2017(平成29)年11月19日、中国・上海、クレジット:ChinaPASS/共同通信イメージズ 「ChinaPASS」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像