検索結果 13 件中 1 件 〜 13 件 "ジンジャー"
  1. 2020070705438

    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区  隋王韶家族墓園から出土した陶俑。(5月21日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020070705447

    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区  隋王韶家族墓園から出土した陶俑。(5月20日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020070705443

    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区  隋王韶家族墓園の王韶墓の墓室。(5月3日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020070705471

    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区  隋王韶家族墓園の7号墓の前室。(4月28日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020070705372

    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区  隋王韶家族墓園の王顕墓の墓室。(4月16日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020070705473

    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区  隋王韶家族墓園の王弘墓の墓室。(4月12日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020070705475

    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区  隋王韶家族墓園の王仕通墓の全景。(3月23日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020070705445

    隋の将軍・王韶の家族墓地を発見陝西省西咸新区  隋王韶家族墓園の王韶墓の全景。(3月15日撮影)中国の陝西省考古研究院は3日、同省西咸新区空港新城の底張街道韓家村で実施した発掘調査で、隋代の家族墓地を発見したと明らかにした。墓地は、北周~隋代の軍人・政治家、王韶(おう・しょう)が埋葬されていたことから「隋王韶家族墓園」と名付けられた。王韶の孫の王弘(おう・こう)や祖父王楷(おう・かい)の子の王顕(おう・けん)と孫の王仕通(おう・しつう)など全部で7人の墓が見つかった。いずれも傾斜した墓道と複数の天窓を持つ土洞墓(どどうぼ)で、南向きに配置されており、北周から隋にかけての墓葬形式の典型的な特徴が見られた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2018102407142

    瀟賀古道の傍らに建ち並ぶ古民家群明清代にタイムスリップ  19日、広西富川(ふせん)ヤオ族自治県朝東鎮の福渓(ふっけい)村で、整然と建ち並ぶ古民家群。(小型無人機から)瀟賀(しょうが)古道は秦代に建設が始まり、中国湖南省瀟水(しょうすい)と広西チワン族自治区賀江(がこう)を結ぶ水陸の輸送通路であり、秦漢代以降、中国北部に住む人々の南部への移動、南部・北部経済の交流のための重要なルートでもあった。瀟賀古道の両側に今でも残る数多くの古い建物や古民家は、かつて栄えたこの地の移り変わりを物語っている。(富川=新華社記者/周華)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2018102407040

    瀟賀古道の傍らに建ち並ぶ古民家群明清代にタイムスリップ  19日、広西富川(ふせん)ヤオ族自治県朝東鎮の福渓村で、青石が敷き詰められた小道を歩く村人。瀟賀(しょうが)古道は秦代に建設が始まり、中国湖南省瀟水(しょうすい)と広西チワン族自治区賀江(がこう)を結ぶ水陸の輸送通路であり、秦漢代以降、中国北部に住む人々の南部への移動、南部・北部経済の交流のための重要なルートでもあった。瀟賀古道の両側に今でも残る数多くの古い建物や古民家は、かつて栄えたこの地の移り変わりを物語っている。(富川=新華社記者/周華)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2018102406845

    瀟賀古道の傍らに建ち並ぶ古民家群明清代にタイムスリップ  19日、数百年の歴史を持つ広西富川(ふせん)ヤオ族自治県朝東鎮の東水村にたたずむ風雨橋。(小型無人機から)瀟賀(しょうが)古道は秦代に建設が始まり、中国湖南省瀟水(しょうすい)と広西チワン族自治区賀江(がこう)を結ぶ水陸の輸送通路であり、秦漢代以降、中国北部に住む人々の南部への移動、南部・北部経済の交流のための重要なルートでもあった。瀟賀古道の両側に今でも残る数多くの古い建物や古民家は、かつて栄えたこの地の移り変わりを物語っている。(富川=新華社記者/周華)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2018102407029

    瀟賀古道の傍らに建ち並ぶ古民家群明清代にタイムスリップ  9日、空から見た広西富川(ふせん)ヤオ族自治県朝東鎮の秀水村、民家が整然と建ち並んでいる。(小型無人機から)瀟賀(しょうが)古道は秦代に建設が始まり、中国湖南省瀟水(しょうすい)と広西チワン族自治区賀江(がこう)を結ぶ水陸の輸送通路であり、秦漢代以降、中国北部に住む人々の南部への移動、南部・北部経済の交流のための重要なルートでもあった。瀟賀古道の両側に今でも残る数多くの古い建物や古民家は、かつて栄えたこの地の移り変わりを物語っている。(富川=新華社記者/周華)=2018(平成30)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2018102407074

    瀟賀古道の傍らに建ち並ぶ古民家群明清代にタイムスリップ  9日、空から見た広西富川(ふせん)ヤオ族自治県朝東鎮の岔山(たさん)村、古民家群が整然と建ち並んでいる。(小型無人機から)瀟賀(しょうが)古道は秦代に建設が始まり、中国湖南省瀟水(しょうすい)と広西チワン族自治区賀江(がこう)を結ぶ水陸の輸送通路であり、秦漢代以降、中国北部に住む人々の南部への移動、南部・北部経済の交流のための重要なルートでもあった。瀟賀古道の両側に今でも残る数多くの古い建物や古民家は、かつて栄えたこの地の移り変わりを物語っている。(富川=新華社記者/周華)=2018(平成30)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像