検索結果 9 件中 1 件 〜 9 件 "貧困脱却"
  1. 2019111902777

    「新華社」 ハニ族の新年「十月年」を祝う  15日、豊作を祝って紅河県で開催された、第2回貧困脱却堅塁攻略農業特産物展示販売会で商品を選ぶ観光客。中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州紅河県で15~17日、「十月年」を祝うイベントが開催された。毎年旧暦10月の最初の竜日(干支による日付を表す干支紀日法で、辰に属する日)からハニ族の「十月年」が始まる。「十月年」はハニ族の新年で、通りに食卓がずらりと並ぶ長街宴(ちょうがいえん)や、踊り、魚つかみ大会などのイベントを行い、新年を祝う。(昆明=新華社記者/彭韻佳)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019111902831

    「新華社」 ハニ族の新年「十月年」を祝う  15日、豊作を祝って紅河県で開催された、第2回貧困脱却堅塁攻略農業特産物展示販売会で商品を選ぶ観光客。中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州紅河県で15~17日、「十月年」を祝うイベントが開催された。毎年旧暦10月の最初の竜日(干支による日付を表す干支紀日法で、辰に属する日)からハニ族の「十月年」が始まる。「十月年」はハニ族の新年で、通りに食卓がずらりと並ぶ長街宴(ちょうがいえん)や、踊り、魚つかみ大会などのイベントを行い、新年を祝う。(昆明=新華社記者/彭韻佳)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019081406945

    「新華社」 繊細な美しさが魅力羽毛アートで貧困脱却を後押し雲南省  7日、張華さんが制作した作品。中国雲南省石屏県竜朋鎮出身の彝(イ)族女性、張華(ちょう・か)さんは、幼い頃からイ族の刺繍に興味があった。2009年に羽毛アートを学び始め、この技術を身につけた。張さんは地元の女性をサポートするため、2016年に石屏県文廟里に教室を開き、刺繍と羽毛アートの技術を無料で教えるようになった。その後、政府の支持のもとで「繍美彝山刺繍専業合作社」を設立。女性たちがここで注文を処理しながら訓練を受け、技術を身につけていった。また、クラウドファンディングを利用して訓練の幅と経済効果を広げ、地元の人々が貧困から抜け出し、豊かな生活を送れるよう後押ししている(石屏=新華社記者/江文耀)=2019(令和元)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019081406900

    「新華社」 繊細な美しさが魅力羽毛アートで貧困脱却を後押し雲南省  7日、アトリエで張華さんが羽毛を丁寧にカットしていく。中国雲南省石屏県竜朋鎮出身の彝(イ)族女性、張華(ちょう・か)さんは、幼い頃からイ族の刺繍に興味があった。2009年に羽毛アートを学び始め、この技術を身につけた。張さんは地元の女性をサポートするため、2016年に石屏県文廟里に教室を開き、刺繍と羽毛アートの技術を無料で教えるようになった。その後、政府の支持のもとで「繍美彝山刺繍専業合作社」を設立。女性たちがここで注文を処理しながら訓練を受け、技術を身につけていった。また、クラウドファンディングを利用して訓練の幅と経済効果を広げ、地元の人々が貧困から抜け出し、豊かな生活を送れるよう後押ししている。(石屏=新華社記者/江文耀)=2019(令和元)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019081406933

    「新華社」 繊細な美しさが魅力羽毛アートで貧困脱却を後押し雲南省  7日、張華さんが制作した作品。中国雲南省石屏県竜朋鎮出身の彝(イ)族女性、張華(ちょう・か)さんは、幼い頃からイ族の刺繍に興味があった。2009年に羽毛アートを学び始め、この技術を身につけた。張さんは地元の女性をサポートするため、2016年に石屏県文廟里に教室を開き、刺繍と羽毛アートの技術を無料で教えるようになった。その後、政府の支持のもとで「繍美彝山刺繍専業合作社」を設立。女性たちがここで注文を処理しながら訓練を受け、技術を身につけていった。また、クラウドファンディングを利用して訓練の幅と経済効果を広げ、地元の人々が貧困から抜け出し、豊かな生活を送れるよう後押ししている。(石屏=新華社記者/江文耀=2019(令和元)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2018101607079

    「新華社」 観光産業振興で貧困脱却四川省興文県  14日、興文石海世界地質公園で、はるばる訪れてきた観光客に酒を振る舞う従業員。中国四川省宜賓市興文県はここ数年、観光産業を県全体の的確な貧困扶助および経済発展のための基軸産業としてきた。多くの民族が居住し、国家級、省級の無形文化遺産が多く、民族的情緒が色濃い同県では2018年の1~9月、76億2300万元(1元=約16円)の観光総合収入を実現、3万7500人が貧困から抜け出し、ゆとりある生活を送れるようになった。(興文=新華社記者/宋振平)=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2018101607068

    「新華社」 観光産業振興で貧困脱却四川省興文県  14日、興文石海世界地質公園にある地下鍾乳洞を見学する観光客。中国四川省宜賓市興文県はここ数年、観光産業を県全体の的確な貧困扶助および経済発展の基軸産業としてきた。多くの民族が居住し、国家級、省級の無形文化遺産が多く、民族的情緒が色濃い同県では2018年の1~9月、76億2300万元(1元=約16円)の観光総合収入を実現、3万7500人が貧困から抜け出し、ゆとりある生活を送れるようになった。(興文=新華社記者/宋振平)=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2018101607110

    「新華社」 観光産業振興で貧困脱却四川省興文県  14日、興文石海世界地質公園で、はるばる訪れてきた観光客に酒を振る舞う従業員。中国四川省宜賓市興文県はここ数年、観光産業を県全体の的確な貧困扶助および経済発展のための基軸産業としてきた。多くの民族が居住し、国家級、省級の無形文化遺産が多く、民族的情緒が色濃い同県では2018年の1~9月、76億2300万元(1元=約16円)の観光総合収入を実現、3万7500人が貧困から抜け出し、ゆとりある生活を送れるようになった。(興文=新華社記者/宋振平)=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2018101606723

    「新華社」 観光産業振興で貧困脱却四川省興文県  14日、興文石海世界地質公園で、遠来の客を迎えるため園内に設けられた長テーブルの宴席「長卓宴」。中国四川省宜賓市興文県はここ数年、観光産業を県全体の的確な貧困扶助および経済発展のための基軸産業としてきた。多くの民族が居住し、国家級、省級の無形文化遺産が多く、民族的情緒が色濃い同県では2018年の1~9月、76億2300万元(1元=約16円)の観光総合収入を実現、3万7500人が貧困から抜け出し、ゆとりある生活を送れるようになった。(興文=新華社記者/宋振平)=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像