検索結果 32 件中 1 件 〜 32 件 "Architecture"
  1. 2019072202022

    「新華社」 「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて  16日、西望洋山の山頂に建つ「ペンニャ教会」からの眺めを楽しむ観光客。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019052400201

    「新華社」 朝日に輝く宏村景勝地安徽省黟県  22日、朝日に照らされた安徽省黄山市黟県宏村の古民家群。初夏に入り、中国安徽省黄山市黟(い)県の宏村景勝地では、朝日に照らされた伝統的な建築物が、ひときわ美しい風景を生み出している。(黟県=新華社記者/劉軍喜)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019052400225

    「新華社」 朝日に輝く宏村景勝地安徽省黟県  22日、朝日に照らされた安徽省黄山市黟県宏村の古民家群。初夏に入り、中国安徽省黄山市黟(い)県の宏村景勝地では、朝日に照らされた伝統的な建築物が、ひときわ美しい風景を生み出している。(黟県=新華社記者/劉軍喜)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019052400235

    「新華社」 朝日に輝く宏村景勝地安徽省黟県  22日、朝日に照らされた安徽省黄山市黟県宏村の古民家。初夏に入り、中国安徽省黄山市黟(い)県の宏村景勝地では、朝日に照らされた伝統的な建築物が、ひときわ美しい風景を生み出している。(黟県=新華社記者/劉軍喜)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019052400250

    「新華社」 朝日に輝く宏村景勝地安徽省黟県  22日、朝日に照らされた安徽省黄山市黟県宏村の古民家群。初夏に入り、中国安徽省黄山市黟(い)県の宏村景勝地では、朝日に照らされた伝統的な建築物が、ひときわ美しい風景を生み出している。(黟県=新華社記者/劉軍喜)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019051703251

    「新華社」 「東アジア文化都市」泉州と、フィリピン国父との縁  4月29日、初の「東アジア文化都市」として多様な建築様式が融合する泉州の街並み。中国福建省泉州市は華僑の故郷として知られる。また、2014年に日本の横浜、韓国の光州広域市と共に最初の「東アジア文化都市」にも選定されている。そして、同市が管轄する県級市、晋江市の上郭村は、泉州と東南アジアの発展と融合、相互扶助の物語を今に伝えている。(泉州=新華社配信/蘇素華)=2019(平成31)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019051703280

    「新華社」 郊外の公園が天然の「酸素バー」に変身天津市  空から見た西青郊野公園の木造建築物。(4月26日撮影、小型無人機から)中国天津市はここ数年、都市周辺部に10カ所余りの郊野公園(カントリーパーク)を建設し、天然の「酸素バー」とした。相次いで開園した武清郊野公園、北辰郊野公園、西青郊野公園、東麗郊野公園は、都市近郊のレジャー観光地となっている。(天津=新華社記者/岳月偉)=2019(平成31)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019032602673

    「新華社」 中国の「西南の外灘」豪華で壮大な劉氏荘園四川省大邑県  18日に撮影したレトロな建物が並ぶ安仁古鎮の古い街並み。中国四川省成都市西部の大邑(だいゆう)県にある千年の歴史を持つ古鎮、安仁鎮には、中国有数の大地主の荘園、劉氏荘園がある。劉氏一族とその属僚は1920年代から40年代にかけて、安仁で土木工事を大々的に行い、荘園と邸宅を建造した。四川省西部の建築様式に西洋の要素を取り入れたこれらの邸宅には、中国と西洋の建築の特徴が見事に融合されている。邸宅の所有者は当時の大軍閥や大地主で、この地はかつて上海と並ぶ中国の「西南の外灘(バンド)」と呼ばれていた。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019032602607

    「新華社」 中国の「西南の外灘」豪華で壮大な劉氏荘園四川省大邑県  18日に撮影したレトロな雰囲気が漂う安仁古鎮の古い街並み。中国四川省成都市西部の大邑(だいゆう)県にある千年の歴史を持つ古鎮、安仁鎮には、中国有数の大地主の荘園、劉氏荘園がある。劉氏一族とその属僚は1920年代から40年代にかけて、安仁で土木工事を大々的に行い、荘園と邸宅を建造した。四川省西部の建築様式に西洋の要素を取り入れたこれらの邸宅には、中国と西洋の建築の特徴が見事に融合されている。邸宅の所有者は当時の大軍閥や大地主で、この地はかつて上海と並ぶ中国の「西南の外灘(バンド)」と呼ばれていた。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019032602606

    「新華社」 中国の「西南の外灘」豪華で壮大な劉氏荘園成都市  レトロな雰囲気が漂う安仁古鎮の古い街並み。中国四川省成都市西部の大邑(だいゆう)県にある千年の歴史を持つ古鎮、安仁鎮には、中国一の大地主の荘園、劉氏荘園がある。劉氏一族とその属僚は1920年代から40年代にかけて、安仁で土木工事を大々的に行い、荘園と邸宅を建造した。四川省西部の建築様式に西洋の要素を取り入れたこれらの邸宅には、中国と西洋の建築の特徴が見事に融合されている。邸宅の所有者は当時の大軍閥や大地主で、この地はかつて上海と並ぶ中国の「西南の外灘(バンド)」と呼ばれていた。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019010812279

    「新華社」 千年の歴史ある村で続く「夜回り」の伝統安徽省西逓  3日、路地を歩く盧恵中(ろ・けいちゅう)さん。中国安徽省黄山市黟(い)県の西逓(せいてい)村では、古代各地で行われていた夜間に時を知らせる民間制度「打更」が現在も受け継がれ、「更夫」と呼ばれる専門の夜回りが銅鑼や拍子木を鳴らし時間を知らせると同時に巡回し治安を維持している。世界文化遺産に指定されている同村は北宋(960~1127年)時代にでき、現在まで約千年の歴史を持つ。安徽省周辺の伝統的な建築様式「徽派」の保存状態の良い古民家122棟があり、「中国明清時代の民家博物館」と呼ばれる。大量の木造の古い建物があるため、防火が村の最優先事項となっている。「更夫」は毎晩見回りをし、村民に夜間の戸締りと火や電気の使用に注意するよう呼びかけ、雨や風に負けず、村の安定と調和を守っている。(黄山=新華社記者/鄔金夫)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019010812123

    「新華社」 千年の歴史ある村で続く「夜回り」の伝統安徽省西逓  3日、銅鑼を鳴らし夜回りをする盧恵中(ろ・けいちゅう)さん。中国安徽省黄山市黟(い)県の西逓(せいてい)村では、古代各地で行われていた夜間に時を知らせる民間制度「打更」が現在も受け継がれ、「更夫」と呼ばれる専門の夜回りが銅鑼や拍子木を鳴らし時間を知らせると同時に巡回し治安を維持している。世界文化遺産に指定されている同村は北宋(960~1127年)時代にでき、現在まで約千年の歴史を持つ。安徽省周辺の伝統的な建築様式「徽派」の保存状態の良い古民家122棟があり、「中国明清時代の民家博物館」と呼ばれる。大量の木造の古い建物があるため、防火が村の最優先事項となっている。「更夫」は毎晩見回りをし、村民に夜間の戸締りと火や電気の使用に注意するよう呼びかけ、雨や風に負けず、村の安定と調和を守っている。(黄山=新華社記者/鄔金夫)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019010812164

    「新華社」 千年の歴史ある村で続く「夜回り」の伝統安徽省西逓  3日、銅鑼を鳴らし夜回りをする盧恵中(ろ・けいちゅう)さん。中国安徽省黄山市黟(い)県の西逓(せいてい)村では、古代各地で行われていた夜間に時を知らせる民間制度「打更」が現在も受け継がれ、「更夫」と呼ばれる専門の夜回りが銅鑼や拍子木を鳴らし時間を知らせると同時に巡回し治安を維持している。世界文化遺産に指定されている同村は北宋(960~1127年)時代にでき、現在まで約千年の歴史を持つ。安徽省周辺の伝統的な建築様式「徽派」の保存状態の良い古民家122棟があり、「中国明清時代の民家博物館」と呼ばれる。大量の木造の古い建物があるため、防火が村の最優先事項となっている。「更夫」は毎晩見回りをし、村民に夜間の戸締りと火や電気の使用に注意するよう呼びかけ、雨や風に負けず、村の安定と調和を守っている。(黄山=新華社記者/鄔金夫)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019010811901

    「新華社」 千年の歴史ある村で続く「夜回り」の伝統安徽省西逓  3日、戸締りをして「打更」に出かける盧恵中(ろ・けいちゅう)さん。中国安徽省黄山市黟(い)県の西逓(せいてい)村では、古代各地で行われていた夜間に時を知らせる民間制度「打更」が現在も受け継がれ、「更夫」と呼ばれる専門の夜回りが銅鑼や拍子木を鳴らし時間を知らせると同時に巡回し治安を維持している。世界文化遺産に指定されている同村は北宋(960~1127年)時代にでき、現在まで約千年の歴史を持つ。安徽省周辺の伝統的な建築様式「徽派」の保存状態の良い古民家122棟があり、「中国明清時代の民家博物館」と呼ばれる。大量の木造の古い建物があるため、防火が村の最優先事項となっている。「更夫」は毎晩見回りをし、村民に夜間の戸締りと火や電気の使用に注意するよう呼びかけ、雨や風に負けず、村の安定と調和を守っている。(黄山=新華社記者/鄔金夫)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2018121810974

    「新華社」 冬の紅葉、寒さの中でなお鮮やか  15日、南京市の清涼山公園で撮影した紅葉。中国江蘇省南京市では冬に入っても、紅葉と建築物が引き立て合う趣ある風景が街のあちこちで見られる。(南京=新華社配信/楊素平)=2018(平成30)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2018121811003

    「新華社」 冬の紅葉、寒さの中でなお鮮やか  15日、南京市の河海大学で撮影した紅葉。中国江蘇省南京市では冬に入っても、紅葉と建築物が引き立て合う趣ある風景が街のあちこちで見られる。(南京=新華社配信/楊素平)=2018(平成30)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2018121811291

    「新華社」 冬の紅葉、寒さの中でなお鮮やか  15日、南京市の清涼山公園で紅葉の写真を撮る市民。中国江蘇省南京市では冬に入っても、紅葉と建築物が引き立て合う趣ある風景が街のあちこちで見られる。(南京=新華社配信/楊素平)=2018(平成30)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2018121811237

    「新華社」 冬の紅葉、寒さの中でなお鮮やか  15日、南京市の清涼山公園で撮影した紅葉。中国江蘇省南京市では冬に入っても、紅葉と建築物が引き立て合う趣ある風景が街のあちこちで見られる。(南京=新華社配信/楊素平)=2018(平成30)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2018121810937

    「新華社」 冬の紅葉、寒さの中でなお鮮やか  15日、南京市の清涼山公園で撮影した紅葉。中国江蘇省南京市では冬に入っても、紅葉と建築物が引き立て合う趣ある風景が街のあちこちで見られる。(南京=新華社配信/楊素平)=2018(平成30)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2018102925524

    「新華社」 風情あふれ魅力輝く海岸福建省恵安県  26日、恵安県小岞鎮の風車島に並ぶ建築物。中国南東の沿海部に位置する恵安県は「海上シルクロード」の起点の都市で「東アジア文化の都」と呼ばれる福建省泉州市にある。同県の町は青い山と海からなり、美しい自然の風景が魅力を放ち、独特の民俗や風情があふれている。(恵安=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2018100921089

    「山陽新聞」 福山城周辺建築物 高さ制限理解訴え  東側から見た福山城天守閣。周辺部は高さ制限区域となる予定=福山市城見町。2022年に築城400年を迎える福山城の市街地からの眺望を確保しようと、JR福山駅北側で建築物の高さ制限を目指す市は10月8日、市役所で市民らを対象とした説明会を開く。対象エリアや高さ、今後のスケジュールなどを話し、城と調和の取れた街づくりへの理解を求める。=2018(平成30)年9月28日、広島県福山市城見町、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  22. 2018020600865

    「新華社」 にぎわう春節フェア 浙江省湖州市長興県上泗安村  4日、上泗安村で、現地特有の「青竜舞」をする地元の人々。24節気の一つ、立春を迎えた4日、中国浙江省湖州市長興県の泗安鎮上泗安村で伝統的な春節(旧正月)フェアが開催された。同フェアでは「春節の趣」をテーマに、正月用品が売り出されたほか、「青竜舞」(大勢で青竜を操りアクロバティックな動きを見せる伝統舞踊)「劃旱船」(船の形の模型を付けて行う民間の伝統舞踊)、餅つきなどの特色ある催しが披露され、地元の人々や観光客は「農村の新年」を疑似体験した。同村は千年の歴史を持つ古い町で、ここ2年、歴史的な遺跡を積極的に開発、河川の浄化や古い石橋、石道、石の波止場などの修復や整備に力を入れ、伝統的な建築流派に沿った建築物を建設し、古い通りや古民家宿などの観光プロジェクトを展開したことによって、文化、観光、エコを一体化した新型の「美しい農村」となった。(長興=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2018020600907

    「新華社」 にぎわう春節フェア 浙江省湖州市長興県上泗安村  4日、上泗安村の春節フェアで伝統舞踊「劃旱船」を披露する地元の人々。 24節気の一つ、立春を迎えた4日、中国浙江省湖州市長興県の泗安鎮上泗安村で伝統的な春節(旧正月)フェアが開催された。同フェアでは「春節の趣」をテーマに、正月用品が売り出されたほか、「青竜舞」(大勢で青竜を操りアクロバティックな動きを見せる伝統舞踊)「劃旱船」(船の形の模型を付けて行う民間の伝統舞踊)、餅つきなどの特色ある催しが披露され、地元の人々や観光客は「農村の新年」を疑似体験した。同村は千年の歴史を持つ古い町で、ここ2年、歴史的な遺跡を積極的に開発、河川の浄化や古い石橋、石道、石の波止場などの修復や整備に力を入れ、伝統的な建築流派に沿った建築物を建設し、古い通りや古民家宿などの観光プロジェクトを展開したことによって、文化、観光、エコを一体化した新型の「美しい農村」となった。(長興=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2018020600900

    「新華社」 にぎわう春節フェア 浙江省湖州市長興県上泗安村  4日、市場で「春聯」(縁起のいい対句を書いた赤い紙)を作る書道愛好家。 24節気の一つ、立春を迎えた4日、中国浙江省湖州市長興県の泗安鎮上泗安村で伝統的な春節(旧正月)フェアが開催された。同フェアでは「春節の趣」をテーマに、正月用品が売り出されたほか、「青竜舞」(大勢で青竜を操りアクロバティックな動きを見せる伝統舞踊)「劃旱船」(船の形の模型を付けて行う民間の伝統舞踊)、餅つきなどの特色ある催しが披露され、地元の人々や観光客は「農村の新年」を疑似体験した。同村は千年の歴史を持つ古い町で、ここ2年、歴史的な遺跡を積極的に開発、河川の浄化や古い石橋、石道、石の波止場などの修復や整備に力を入れ、伝統的な建築流派に沿った建築物を建設し、古い通りや古民家宿などの観光プロジェクトを展開したことによって、文化、観光、エコを一体化した新型の「美しい農村」となった。(長興=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2018020600866

    「新華社」 にぎわう春節フェア 浙江省湖州市長興県上泗安村  4日、上泗安村で、いかだに乗って「青竜舞」をする人々。 24節気の一つ、立春を迎えた4日、中国浙江省湖州市長興県の泗安鎮上泗安村で伝統的な春節(旧正月)フェアが開催された。同フェアでは「春節の趣」をテーマに、正月用品が売り出されたほか、「青竜舞」(大勢で青竜を操りアクロバティックな動きを見せる伝統舞踊)「劃旱船」(船の形の模型を付けて行う民間の伝統舞踊)、餅つきなどの特色ある催しが披露され、地元の人々や観光客は「農村の新年」を疑似体験した。同村は千年の歴史を持つ古い町で、ここ2年、歴史的な遺跡を積極的に開発、河川の浄化や古い石橋、石道、石の波止場などの修復や整備に力を入れ、伝統的な建築流派に沿った建築物を建設し、古い通りや古民家宿などの観光プロジェクトを展開したことによって、文化、観光、エコを一体化した新型の「美しい農村」となった。(長興=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2018020600851

    「新華社」 にぎわう春節フェア 浙江省湖州市長興県上泗安村  4日、上泗安村の春節フェアで地元の農産品を販売する人々。 24節気の一つ、立春を迎えた4日、中国浙江省湖州市長興県の泗安鎮上泗安村で伝統的な春節(旧正月)フェアが開催された。同フェアでは「春節の趣」をテーマに、正月用品が売り出されたほか、「青竜舞」(大勢で青竜を操りアクロバティックな動きを見せる伝統舞踊)「劃旱船」(船の形の模型を付けて行う民間の伝統舞踊)、餅つきなどの特色ある催しが披露され、地元の人々や観光客は「農村の新年」を疑似体験した。同村は千年の歴史を持つ古い町で、ここ2年、歴史的な遺跡を積極的に開発、河川の浄化や古い石橋、石道、石の波止場などの修復や整備に力を入れ、伝統的な建築流派に沿った建築物を建設し、古い通りや古民家宿などの観光プロジェクトを展開したことによって、文化、観光、エコを一体化した新型の「美しい農村」となった。(長興=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2016103000117

    22_06_001 建築物関連  エネルギー危機をものともせずに光り輝くニューヨークの夜景。マンハッタン中心部のエンパイアステートビルからブルックリン方向を撮影=1973年11月9日(UPI=共同)

  28. 2007100600201

    【】  伝統の町並みに和紙の光 伝統の建築様式「うだつ」が残る町並みに、点灯された美濃和紙を使った照明オブジェ=6日夕、岐阜県美濃市

  29. 2005061100103

    「地球ホームページ」【】  中世の街並みで観光立国 中世から残る建築物が立ち並ぶプラハの旧市街広場(共同)

  30. 2001072400108

     国際通年企画「遺産との対話」(30)「ビガン」(フィリピン)  愛と憎しみの果てに )、企画70S、8月1日付朝刊以降使用、解禁厳守  東西の建築様式が美しく融和したビガンのクリソロゴ通り。建物の所有者の多くは地元を離れていて保存改修もままならず、観光客の誘致も難しい。眠ったような街は石畳に強い日差しが照りつけ、二輪馬車カレサが遠くから近づく音しか聞こえない(撮影・草野賢一)

  31. 1997101500032

     「海外フォト」  近未来都市ベルリン?  特撮映画のセットではありません。小さな木造の建築物を据え付けた芸術作品で、名付けて「楽園への大構想」。近未来都市のような作品は、ドイツのベルリンで開かれている芸術祭に英国のグループが出展、好評を博している。地元ドイツ人からは、首都機能の移転を控えた将来のベルリンの街並みとの声も出ているとか。(ロイター=共同)

  32. 2018060600890

    「新華社」 560点の古い写真に見る中国の古建築物の美  展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」で展示される、1941年に中国営造学社が撮影した金輪場の町並み。定期的に立つ市は「檐廊」と呼ばれる広い軒下で行われた。中国四川省の成都博物館は9日から、著名建築家の梁思成氏らが残した同省徳陽市南西部の古城広漢市の古い写真560点を展示する展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」を開く。これらの写真の中の広漢の姿を通して、昔の中国の都市を垣間見ることができる。1930年に設立された中国営造学社は、古い建築物の保護・研究を目的とした民間学術団体で、梁思成氏や劉惇楨氏など著名な学者が集まっていた。1941年に、広漢出身の戴季陶氏が県誌の改訂を提案し、営造学社に参加を求めた。営造学社は長く広漢に滞在し、一通りの建物を写真に収め、詳細な測量や製図も行ったが、これらの写真は結局発表されず、その存在も次第に忘れられていった。だが数年前、中国中央テレビ(CCTV)の胡勁草ディレクターがドキュメンタリー番組「梁思成林徽因」撮影のために、清華大学建築学院資料室で資料を調べていた際、偶然これらの白黒写真を発見した。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=1941(昭和16)年、クレジット:成都博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像