検索結果 293 件中 1 件 〜 50 件 "Hall"
  1. 2020110904379

    福州市で合同結婚式、100組が晴れの日迎える福建省  3日、福建省福州市で開催された合同結婚式で「幸せの扉」を通って婚礼ホールへ向かう新郎新婦。中国福建省の福州工人文化宮で3日、合同結婚式が開催された。福州市内在住、在勤の新郎新婦100組が参加し、晴れの日の喜びを分かち合った。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020092505730

    結婚披露宴で「食べ残しゼロ」を推奨上海市  19日、上海市閔行区で行われた結婚披露宴で、会場入り口に掲げられた「食糧節約」と「光盤行動(食べ切りキャンペーン)」の標語。中国上海市閔行区の新虹街道愛博地区で19日、結婚披露宴が行われた。婚礼料理の品数と分量は従来に比べて少なくなり、招待客には食べきれなかった料理を持ち帰るための容器と袋も用意された。(上海=新華社記者/王翔)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020083100227

    領土返還で署名5千万人    雪まつり会場で北方領土返還要求の署名をする市民や観光客=札幌・大通公園  平2国内 1406

  4. 2020090104485

    明清時代の歴史的町並み河南省荊紫関鎮  25日、河南省南陽市淅川県荊紫関鎮の歴史的建築物「山陝会館」。中国河南省南陽市淅川(せきせん)県の荊紫関(けいしかん)鎮は、湖北省と陝西省の省境に位置する。かつては交易の中心地として栄え、今でも歴史的な町並みに明清時代の古建築が多く保存されている。(南陽=新華社記者/馮大鵬)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020090104351

    明清時代の歴史的町並み河南省荊紫関鎮  25日、河南省南陽市淅川県荊紫関鎮の歴史的建築物「山陝会館」。中国河南省南陽市淅川(せきせん)県の荊紫関(けいしかん)鎮は、湖北省と陝西省の省境に位置する。かつては交易の中心地として栄え、今でも歴史的な町並みに明清時代の古建築が多く保存されている。(南陽=新華社記者/馮大鵬)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020090104530

    明清時代の歴史的町並み河南省荊紫関鎮  25日、河南省南陽市淅川県荊紫関鎮の歴史的建築物「山陝会館」。中国河南省南陽市淅川(せきせん)県の荊紫関(けいしかん)鎮は、湖北省と陝西省の省境に位置する。かつては交易の中心地として栄え、今でも歴史的な町並みに明清時代の古建築が多く保存されている。(南陽=新華社記者/馮大鵬)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020082400725

    ショトゥン祭にチベット碁のイベント開催チベット自治区  19日、ショトゥン祭で行われたチベット碁のイベント会場で碁盤に石を置く選手。中国の青海チベット高原で古くから親しまれてきた囲碁系ゲーム「蔵棋(チベット碁)」は、長い歴史に育まれ定石が豊富で、チベット族の知恵の結晶と言える。この民族の伝統に根差したスポーツを継承し盛り上げるために、チベット自治区ラサ市は、伝統行事「ショトゥン祭(雪頓節)」(今年は8月19~25日)の期間中、蔵棋の普及・対戦イベントを開催している。ショトゥン祭はチベット語で「ヨーグルト祭り」を意味する。チベット暦の新年に次ぐ大切な年中行事であり、夏の間閉じこもって修行していた僧侶の修行明けに、信者らがヨーグルトを捧げたことから名付けられ、伝統になった。今ではラサ市の祝日となり、7日間の連休中は街全体がにぎやかなムードに包まれる。(ラサ=新華社記者/孫非)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020082400751

    ショトゥン祭にチベット碁のイベント開催チベット自治区  19日、ショトゥン祭で行われたチベット碁のイベント会場。中国の青海チベット高原で古くから親しまれてきた囲碁系ゲーム「蔵棋(チベット碁)」は、長い歴史に育まれ定石が豊富で、チベット族の知恵の結晶と言える。この民族の伝統に根差したスポーツを継承し盛り上げるために、チベット自治区ラサ市は、伝統行事「ショトゥン祭(雪頓節)」(今年は8月19~25日)の期間中、蔵棋の普及・対戦イベントを開催している。ショトゥン祭はチベット語で「ヨーグルト祭り」を意味する。チベット暦の新年に次ぐ大切な年中行事であり、夏の間閉じこもって修行していた僧侶の修行明けに、信者らがヨーグルトを捧げたことから名付けられ、伝統になった。今ではラサ市の祝日となり、7日間の連休中は街全体がにぎやかなムードに包まれる。(ラサ=新華社記者/孫非)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020051402098

    原爆ドーム保存工事始まる    原爆ドーム保存工事の安全祈願式を終え、式場を出る広島市の荒木武市長(中央)ら関係者=1989(平成元)年10月31日午前、広島市中区の平和記念公園 元年国内 15196

  10. 2020043001370

    長崎、44回目の原爆忌    早朝の式典会場で平和を祈り、手を合わせる親子=1989(平成元)年8月9日、長崎市の平和公園 元年国内 11237

  11. 2020020401100

    雪まつり開幕、異例の警戒 せきエチケットの掲示  「さっぽろ雪まつり」の会場に掲示された、せきエチケットに関するポスター=4日午前、札幌・大通公園

  12. 2019100801410

    伝統衣装「漢服」がブーム若者世代に人気  成都市内にある漢服体験店で顧客にメイクを施す店長(左)。(9月30日撮影)中国ではこのところ、「漢服」の人気が高まっている。ショート動画共有アプリ「TiKToK(ティックトック)」の検索でヒットした「漢服」の関連動画は70万本、再生回数は192億6千万回に上る。また、「漢服」に関するアンケート調査によると、漢服愛好家の平均年齢は21歳。「95後(1995~1999年生まれ)」が中心となっており、洗練された着こなしに加え、かんざしやメイクにもこだわりがあるという。四川省成都市では近頃、「太古里」や「寛窄巷子(かんさくこうし)」といった地元の若者が集まる人気スポットで、漢服を着て中国の祝日、国慶節を祝う若者たちの姿があちこちで見られた。今年の「中秋節」(旧暦8月15日)には、同市にある古い町並みを現代風にアレンジした観光スポット「錦里古街」で「ランタンフェスティバル」が行われ、漢服愛好家4千人余りが提灯を手に会場を練り歩き、イベントの雰囲気を盛り上げた。(成都=新華社記者/盧宥伊)=2019(令和元)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。 「新華社」

  13. 2019100801353

    伝統衣装「漢服」がブーム若者世代に人気  成都市内にある漢服体験店の店内。(9月30日撮影)中国ではこのところ、「漢服」の人気が高まっている。ショート動画共有アプリ「TiKToK(ティックトック)」の検索でヒットした「漢服」の関連動画は70万本、再生回数は192億6千万回に上る。また、「漢服」に関するアンケート調査によると、漢服愛好家の平均年齢は21歳。「95後(1995~1999年生まれ)」が中心となっており、洗練された着こなしに加え、かんざしやメイクにもこだわりがあるという。四川省成都市では近頃、「太古里」や「寛窄巷子(かんさくこうし)」といった地元の若者が集まる人気スポットで、漢服を着て中国の祝日、国慶節を祝う若者たちの姿があちこちで見られた。今年の「中秋節」(旧暦8月15日)には、同市にある古い町並みを現代風にアレンジした観光スポット「錦里古街」で「ランタンフェスティバル」が行われ、漢服愛好家4千人余りが提灯を手に会場を練り歩き、イベントの雰囲気を盛り上げた。(成都=新華社記者/盧宥伊)=2019(令和元)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ  ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。 「新華社」

  14. 2019101101895

    伝統衣装「漢服」がブーム若者世代に人気  成都市の錦里古街で行われた「ランタンフェスティバル」で、雨の中、漢服を着て会場を練り歩く漢服愛好家たち。(9月12日撮影)中国ではこのところ、「漢服」の人気が高まっている。ショート動画共有アプリ「TiKToK(ティックトック)」の検索でヒットした「漢服」の関連動画は70万本、再生回数は192億6千万回に上る。また、「漢服」に関するアンケート調査によると、漢服愛好家の平均年齢は21歳。「95後(1995~1999年生まれ)」が中心となっており、洗練された着こなしに加え、かんざしやメイクにもこだわりがあるという。四川省成都市では近頃、「太古里」や「寛窄巷子(かんさくこうし)」といった地元の若者が集まる人気スポットで、漢服を着て中国の祝日、国慶節を祝う若者たちの姿があちこちで見られた。今年の「中秋節」(旧暦8月15日)には、同市にある古い町並みを現代風にアレンジした観光スポット「錦里古街」で「ランタンフェスティバル」が行われ、漢服愛好家4千人余りが提灯を手に会場を練り歩き、イベントの雰囲気を盛り上げた。(成都=新華社配信/成都錦里古街管理委員会提供)=2019(令和元)年9月12日、クレジット:成都錦里古街管理委員会/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。 「新華社」

  15. 2019101101904

    伝統衣装「漢服」がブーム若者世代に人気  成都市の錦里古街で行われた「ランタンフェスティバル」の様子。(9月12日撮影)中国ではこのところ、「漢服」の人気が高まっている。ショート動画共有アプリ「TiKToK(ティックトック)」の検索でヒットした「漢服」の関連動画は70万本、再生回数は192億6千万回に上る。また、「漢服」に関するアンケート調査によると、漢服愛好家の平均年齢は21歳。「95後(1995~1999年生まれ)」が中心となっており、洗練された着こなしに加え、かんざしやメイクにもこだわりがあるという。四川省成都市では近頃、「太古里」や「寛窄巷子(かんさくこうし)」といった地元の若者が集まる人気スポットで、漢服を着て中国の祝日、国慶節を祝う若者たちの姿があちこちで見られた。今年の「中秋節」(旧暦8月15日)には、同市にある古い町並みを現代風にアレンジした観光スポット「錦里古街」で「ランタンフェスティバル」が行われ、漢服愛好家4千人余りが提灯を手に会場を練り歩き、イベントの雰囲気を盛り上げた。(成都=新華社配信/成都錦里古街管理委員会提供)=2019(令和元)年9月12日、クレジット:成都錦里古街管理委員会/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。 「新華社」

  16. 2019101101912

    伝統衣装「漢服」がブーム若者世代に人気  成都市の錦里古街で行われた「ランタンフェスティバル」で、漢服を着て会場を練り歩く漢服愛好家たち。(9月12日撮影)中国ではこのところ、「漢服」の人気が高まっている。ショート動画共有アプリ「TiKToK(ティックトック)」の検索でヒットした「漢服」の関連動画は70万本、再生回数は192億6千万回に上る。また、「漢服」に関するアンケート調査によると、漢服愛好家の平均年齢は21歳。「95後(1995~1999年生まれ)」が中心となっており、洗練された着こなしに加え、かんざしやメイクにもこだわりがあるという。四川省成都市では近頃、「太古里」や「寛窄巷子(かんさくこうし)」といった地元の若者が集まる人気スポットで、漢服を着て中国の祝日、国慶節を祝う若者たちの姿があちこちで見られた。今年の「中秋節」(旧暦8月15日)には、同市にある古い町並みを現代風にアレンジした観光スポット「錦里古街」で「ランタンフェスティバル」が行われ、漢服愛好家4千人余りが提灯を手に会場を練り歩き、イベントの雰囲気を盛り上げた。(成都=新華社配信/成都錦里古街管理委員会提供)=2019(令和元)年9月12日、クレジット:成都錦里古街管理委員会/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。 「新華社」

  17. 2019101101909

    伝統衣装「漢服」がブーム若者世代に人気  成都市の錦里古街で漢服姿を披露する米国人留学生。(9月12日撮影)中国ではこのところ、「漢服」の人気が高まっている。ショート動画共有アプリ「TiKToK(ティックトック)」の検索でヒットした「漢服」の関連動画は70万本、再生回数は192億6千万回に上る。また、「漢服」に関するアンケート調査によると、漢服愛好家の平均年齢は21歳。「95後(1995~1999年生まれ)」が中心となっており、洗練された着こなしに加え、かんざしやメイクにもこだわりがあるという。四川省成都市では近頃、「太古里」や「寛窄巷子(かんさくこうし)」といった地元の若者が集まる人気スポットで、漢服を着て中国の祝日、国慶節を祝う若者たちの姿があちこちで見られた。今年の「中秋節」(旧暦8月15日)には、同市にある古い町並みを現代風にアレンジした観光スポット「錦里古街」で「ランタンフェスティバル」が行われ、漢服愛好家4千人余りが提灯を手に会場を練り歩き、イベントの雰囲気を盛り上げた。(成都=新華社配信/成都錦里古街管理委員会提供)=2019(令和元)年9月12日、クレジット:成都錦里古街管理委員会/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。 「新華社」

  18. 2019101101902

    伝統衣装「漢服」がブーム若者世代に人気  成都市の錦里古街で行われた「ランタンフェスティバル」で、雨の中、漢服を着て街を練り歩く漢服愛好家たち。(9月12日撮影)中国ではこのところ、「漢服」の人気が高まっている。ショート動画共有アプリ「TiKToK(ティックトック)」の検索でヒットした「漢服」の関連動画は70万本、再生回数は192億6千万回に上る。また、「漢服」に関するアンケート調査によると、漢服愛好家の平均年齢は21歳。「95後(1995~1999年生まれ)」が中心となっており、洗練された着こなしに加え、かんざしやメイクにもこだわりがあるという。四川省成都市では近頃、「太古里」や「寛窄巷子(かんさくこうし)」といった地元の若者が集まる人気スポットで、漢服を着て中国の祝日、国慶節を祝う若者たちの姿があちこちで見られた。今年の「中秋節」(旧暦8月15日)には、同市にある古い町並みを現代風にアレンジした観光スポット「錦里古街」で「ランタンフェスティバル」が行われ、漢服愛好家4千人余りが提灯を手に会場を練り歩き、イベントの雰囲気を盛り上げた。(成都=新華社配信/成都錦里古街管理委員会提供)=2019(令和元)年9月12日、クレジット:成都錦里古街管理委員会/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。 「新華社」

  19. 2019101101877

    伝統衣装「漢服」がブーム若者世代に人気  成都市の錦里古街で行われた「ランタンフェスティバル」で、漢服を披露する愛好家たち。(9月12日撮影)中国ではこのところ、「漢服」の人気が高まっている。ショート動画共有アプリ「TiKToK(ティックトック)」の検索でヒットした「漢服」の関連動画は70万本、再生回数は192億6千万回に上る。また、「漢服」に関するアンケート調査によると、漢服愛好家の平均年齢は21歳。「95後(1995~1999年生まれ)」が中心となっており、洗練された着こなしに加え、かんざしやメイクにもこだわりがあるという。四川省成都市では近頃、「太古里」や「寛窄巷子(かんさくこうし)」といった地元の若者が集まる人気スポットで、漢服を着て中国の祝日、国慶節を祝う若者たちの姿があちこちで見られた。今年の「中秋節」(旧暦8月15日)には、同市にある古い町並みを現代風にアレンジした観光スポット「錦里古街」で「ランタンフェスティバル」が行われ、漢服愛好家4千人余りが提灯を手に会場を練り歩き、イベントの雰囲気を盛り上げた。(成都=新華社配信/成都錦里古街管理委員会提供)=2019(令和元)年9月12日、クレジット:成都錦里古街管理委員会/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。 「新華社」

  20. 2019061302554

    浪速の街、高まる緊張感 インテックス大阪の夜景  大阪湾の人工島・咲洲にある国際展示場「インテックス大阪」(中央)の夜景。G20サミットの主会場となる 「写真ニュース」6枚組みの(1)、「G20大阪サミット」

  21. 2019061805704

    寂れていた歴史ある村、「文芸復興」でよみがえる  12日、建築部材に彫刻を施す竜潭村の古民家修復プロジェクトチームの木彫り名人。中国福建省寧徳市屏南(へいなん)県熙嶺(きれい)郷の竜潭(りゅうたん)村は、閩東(びんとう、福建省東部)の美しい山河に抱かれながらひっそりと続いてきた古い集落。村を流れる川に架かる小さな橋が、百年の時を経た古民家を一軒一軒結び付けている。村には第1期国家級無形文化遺産リストに登録された伝統芸能「四平戯」や伝統的な純米酒の醸造技術も伝わる。しかし都市化の波はこの村にも押し寄せ、出稼ぎのため大勢の人々が村を去り、人の姿が消えた民家は荒れ果て、人口1400人余りいた村に残ったのはわずか200人足らずという状況だった。竜潭村は2017年、同市屏南県の伝統村落文化クリエーティブ産業プロジェクトにけん引され、郷村振興計画を開始した。文化クリエーティブやデザインの専門人材を誘致し、民間の作業チームを立ち上げた。また、相次いで60棟余りの古民家の修復を行った。老朽化した民家の数々が、読書バーやアトリエ、カフェ、コンサートホール、美術館などに生まれ変わり、外部から100人以上の芸術家やクリエイターがやって来て長期滞在している。彼らは竜潭村の「新村民」となり、昔ながらの村に文化クリエーティブやインターネット、シェアリングエコノミーなどの新しい経済業態と生活様式をもたらしている。村はまた、「誰もがアーティスト」文化クリエーティブプロジェクトを導入し、村民に油絵を教え、時を重ねた村にさらなる文化芸術の雰囲気を醸成して、文化クリエーティブによる発展に対する村民の参加意欲をかき立てている。村の様子はこの2年で一変した。村がクリエーターやアーティストにとって理想の居場所となっただけでなく、郷村観光の発展も促進され、毎年10万人近い人々が観光に訪れるようになった。村を出た人々も少しずつ戻り、約300人以上の村民が帰郷して起業を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019061805592

    寂れていた歴史ある村、「文芸復興」でよみがえる  12日、古民家のそばに腰をかける竜潭村のお年寄り。傍らを流れる西渓の上流では、大工が新しい木造の屋根付き橋の建設が進んでいる。中国福建省寧徳市屏南(へいなん)県熙嶺(きれい)郷の竜潭(りゅうたん)村は、閩東(びんとう、福建省東部)の美しい山河に抱かれながらひっそりと続いてきた古い集落。村を流れる川に架かる小さな橋が、百年の時を経た古民家を一軒一軒結び付けている。村には第1期国家級無形文化遺産リストに登録された伝統芸能「四平戯」や伝統的な純米酒の醸造技術も伝わる。しかし都市化の波はこの村にも押し寄せ、出稼ぎのため大勢の人々が村を去り、人の姿が消えた民家は荒れ果て、人口1400人余りいた村に残ったのはわずか200人足らずという状況だった。竜潭村は2017年、同市屏南県の伝統村落文化クリエーティブ産業プロジェクトにけん引され、郷村振興計画を開始した。文化クリエーティブやデザインの専門人材を誘致し、民間の作業チームを立ち上げた。また、相次いで60棟余りの古民家の修復を行った。老朽化した民家の数々が、読書バーやアトリエ、カフェ、コンサートホール、美術館などに生まれ変わり、外部から100人以上の芸術家やクリエイターがやって来て長期滞在している。彼らは竜潭村の「新村民」となり、昔ながらの村に文化クリエーティブやインターネット、シェアリングエコノミーなどの新しい経済業態と生活様式をもたらしている。村はまた、「誰もがアーティスト」文化クリエーティブプロジェクトを導入し、村民に油絵を教え、時を重ねた村にさらなる文化芸術の雰囲気を醸成して、文化クリエーティブによる発展に対する村民の参加意欲をかき立てている。村の様子はこの2年で一変した。村がクリエーターやアーティストにとって理想の居場所となっただけでなく、郷村観光の発展も促進され、毎年10万人近い人々が観光に訪れるようになった。村を出た人々も少しずつ戻り、約300人以上の村民が帰郷して起業を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019061805699

    寂れていた歴史ある村、「文芸復興」でよみがえる  12日、自分の描いた絵にサインをする83歳になる竜潭村の張秀嬌(ちょう・しゅうきょう)さん。中国福建省寧徳市屏南(へいなん)県熙嶺(きれい)郷の竜潭(りゅうたん)村は、閩東(びんとう、福建省東部)の美しい山河に抱かれながらひっそりと続いてきた古い集落。村を流れる川に架かる小さな橋が、百年の時を経た古民家を一軒一軒結び付けている。村には第1期国家級無形文化遺産リストに登録された伝統芸能「四平戯」や伝統的な純米酒の醸造技術も伝わる。しかし都市化の波はこの村にも押し寄せ、出稼ぎのため大勢の人々が村を去り、人の姿が消えた民家は荒れ果て、人口1400人余りいた村に残ったのはわずか200人足らずという状況だった。竜潭村は2017年、同市屏南県の伝統村落文化クリエーティブ産業プロジェクトにけん引され、郷村振興計画を開始した。文化クリエーティブやデザインの専門人材を誘致し、民間の作業チームを立ち上げた。また、相次いで60棟余りの古民家の修復を行った。老朽化した民家の数々が、読書バーやアトリエ、カフェ、コンサートホール、美術館などに生まれ変わり、外部から100人以上の芸術家やクリエイターがやって来て長期滞在している。彼らは竜潭村の「新村民」となり、昔ながらの村に文化クリエーティブやインターネット、シェアリングエコノミーなどの新しい経済業態と生活様式をもたらしている。村はまた、「誰もがアーティスト」文化クリエーティブプロジェクトを導入し、村民に油絵を教え、時を重ねた村にさらなる文化芸術の雰囲気を醸成して、文化クリエーティブによる発展に対する村民の参加意欲をかき立てている。村の様子はこの2年で一変した。村がクリエーターやアーティストにとって理想の居場所となっただけでなく、郷村観光の発展も促進され、毎年10万人近い人々が観光に訪れるようになった。村を出た人々も少しずつ戻り、約300人以上の村民が帰郷して起業を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019061805732

    寂れていた歴史ある村、「文芸復興」でよみがえる  11日、竜潭村を散策する福建省福州市羅源(らげん)県などからの観光客。中国福建省寧徳市屏南(へいなん)県熙嶺(きれい)郷の竜潭(りゅうたん)村は、閩東(びんとう、福建省東部)の美しい山河に抱かれながらひっそりと続いてきた古い集落。村を流れる川に架かる小さな橋が、百年の時を経た古民家を一軒一軒結び付けている。村には第1期国家級無形文化遺産リストに登録された伝統芸能「四平戯」や伝統的な純米酒の醸造技術も伝わる。しかし都市化の波はこの村にも押し寄せ、出稼ぎのため大勢の人々が村を去り、人の姿が消えた民家は荒れ果て、人口1400人余りいた村に残ったのはわずか200人足らずという状況だった。竜潭村は2017年、同市屏南県の伝統村落文化クリエーティブ産業プロジェクトにけん引され、郷村振興計画を開始した。文化クリエーティブやデザインの専門人材を誘致し、民間の作業チームを立ち上げた。また、相次いで60棟余りの古民家の修復を行った。老朽化した民家の数々が、読書バーやアトリエ、カフェ、コンサートホール、美術館などに生まれ変わり、外部から100人以上の芸術家やクリエイターがやって来て長期滞在している。彼らは竜潭村の「新村民」となり、昔ながらの村に文化クリエーティブやインターネット、シェアリングエコノミーなどの新しい経済業態と生活様式をもたらしている。村はまた、「誰もがアーティスト」文化クリエーティブプロジェクトを導入し、村民に油絵を教え、時を重ねた村にさらなる文化芸術の雰囲気を醸成して、文化クリエーティブによる発展に対する村民の参加意欲をかき立てている。村の様子はこの2年で一変した。村がクリエーターやアーティストにとって理想の居場所となっただけでなく、郷村観光の発展も促進され、毎年10万人近い人々が観光に訪れるようになった。村を出た人々も少しずつ戻り、約300人以上の村民が帰郷して起業を果たした。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019061805705

    寂れていた歴史ある村、「文芸復興」でよみがえる  11日、竜潭村の古い屋根付き橋「回春橋」のそばで遊ぶ子ども。中国福建省寧徳市屏南(へいなん)県熙嶺(きれい)郷の竜潭(りゅうたん)村は、閩東(びんとう、福建省東部)の美しい山河に抱かれながらひっそりと続いてきた古い集落。村を流れる川に架かる小さな橋が、百年の時を経た古民家を一軒一軒結び付けている。村には第1期国家級無形文化遺産リストに登録された伝統芸能「四平戯」や伝統的な純米酒の醸造技術も伝わる。しかし都市化の波はこの村にも押し寄せ、出稼ぎのため大勢の人々が村を去り、人の姿が消えた民家は荒れ果て、人口1400人余りいた村に残ったのはわずか200人足らずという状況だった。竜潭村は2017年、同市屏南県の伝統村落文化クリエーティブ産業プロジェクトにけん引され、郷村振興計画を開始した。文化クリエーティブやデザインの専門人材を誘致し、民間の作業チームを立ち上げた。また、相次いで60棟余りの古民家の修復を行った。老朽化した民家の数々が、読書バーやアトリエ、カフェ、コンサートホール、美術館などに生まれ変わり、外部から100人以上の芸術家やクリエイターがやって来て長期滞在している。彼らは竜潭村の「新村民」となり、昔ながらの村に文化クリエーティブやインターネット、シェアリングエコノミーなどの新しい経済業態と生活様式をもたらしている。村はまた、「誰もがアーティスト」文化クリエーティブプロジェクトを導入し、村民に油絵を教え、時を重ねた村にさらなる文化芸術の雰囲気を醸成して、文化クリエーティブによる発展に対する村民の参加意欲をかき立てている。村の様子はこの2年で一変した。村がクリエーターやアーティストにとって理想の居場所となっただけでなく、郷村観光の発展も促進され、毎年10万人近い人々が観光に訪れるようになった。村を出た人々も少しずつ戻り、約300人以上の村民が帰郷して起業を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019061805765

    寂れていた歴史ある村、「文芸復興」でよみがえる  11日、舞台上で演目のリハーサルをする「四平戯」を学ぶ竜潭村の村民。中国福建省寧徳市屏南(へいなん)県熙嶺(きれい)郷の竜潭(りゅうたん)村は、閩東(びんとう、福建省東部)の美しい山河に抱かれながらひっそりと続いてきた古い集落。村を流れる川に架かる小さな橋が、百年の時を経た古民家を一軒一軒結び付けている。村には第1期国家級無形文化遺産リストに登録された伝統芸能「四平戯」や伝統的な純米酒の醸造技術も伝わる。しかし都市化の波はこの村にも押し寄せ、出稼ぎのため大勢の人々が村を去り、人の姿が消えた民家は荒れ果て、人口1400人余りいた村に残ったのはわずか200人足らずという状況だった。竜潭村は2017年、同市屏南県の伝統村落文化クリエーティブ産業プロジェクトにけん引され、郷村振興計画を開始した。文化クリエーティブやデザインの専門人材を誘致し、民間の作業チームを立ち上げた。また、相次いで60棟余りの古民家の修復を行った。老朽化した民家の数々が、読書バーやアトリエ、カフェ、コンサートホール、美術館などに生まれ変わり、外部から100人以上の芸術家やクリエイターがやって来て長期滞在している。彼らは竜潭村の「新村民」となり、昔ながらの村に文化クリエーティブやインターネット、シェアリングエコノミーなどの新しい経済業態と生活様式をもたらしている。村はまた、「誰もがアーティスト」文化クリエーティブプロジェクトを導入し、村民に油絵を教え、時を重ねた村にさらなる文化芸術の雰囲気を醸成して、文化クリエーティブによる発展に対する村民の参加意欲をかき立てている。村の様子はこの2年で一変した。村がクリエーターやアーティストにとって理想の居場所となっただけでなく、郷村観光の発展も促進され、毎年10万人近い人々が観光に訪れるようになった。村を出た人々も少しずつ戻り、約300人以上の村民が帰郷して起業を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019061805776

    寂れていた歴史ある村、「文芸復興」でよみがえる  11日、竜潭村を流れる西渓の両側に建つ古民家。夕暮れ時には伝統的かつ現代的なたたずまいを見せる。中国福建省寧徳市屏南(へいなん)県熙嶺(きれい)郷の竜潭(りゅうたん)村は、閩東(びんとう、福建省東部)の美しい山河に抱かれながらひっそりと続いてきた古い集落。村を流れる川に架かる小さな橋が、百年の時を経た古民家を一軒一軒結び付けている。村には第1期国家級無形文化遺産リストに登録された伝統芸能「四平戯」や伝統的な純米酒の醸造技術も伝わる。しかし都市化の波はこの村にも押し寄せ、出稼ぎのため大勢の人々が村を去り、人の姿が消えた民家は荒れ果て、人口1400人余りいた村に残ったのはわずか200人足らずという状況だった。竜潭村は2017年、同市屏南県の伝統村落文化クリエーティブ産業プロジェクトにけん引され、郷村振興計画を開始した。文化クリエーティブやデザインの専門人材を誘致し、民間の作業チームを立ち上げた。また、相次いで60棟余りの古民家の修復を行った。老朽化した民家の数々が、読書バーやアトリエ、カフェ、コンサートホール、美術館などに生まれ変わり、外部から100人以上の芸術家やクリエイターがやって来て長期滞在している。彼らは竜潭村の「新村民」となり、昔ながらの村に文化クリエーティブやインターネット、シェアリングエコノミーなどの新しい経済業態と生活様式をもたらしている。村はまた、「誰もがアーティスト」文化クリエーティブプロジェクトを導入し、村民に油絵を教え、時を重ねた村にさらなる文化芸術の雰囲気を醸成して、文化クリエーティブによる発展に対する村民の参加意欲をかき立てている。村の様子はこの2年で一変した。村がクリエーターやアーティストにとって理想の居場所となっただけでなく、郷村観光の発展も促進され、毎年10万人近い人々が観光に訪れるようになった。村を出た人々も少しずつ戻り、約300人以上の村民が帰郷して起業を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019061805599

    寂れていた歴史ある村、「文芸復興」でよみがえる  11日、竜潭村を流れる西渓と修復された古民家。中国福建省寧徳市屏南(へいなん)県熙嶺(きれい)郷の竜潭(りゅうたん)村は、閩東(びんとう、福建省東部)の美しい山河に抱かれながらひっそりと続いてきた古い集落。村を流れる川に架かる小さな橋が、百年の時を経た古民家を一軒一軒結び付けている。村には第1期国家級無形文化遺産リストに登録された伝統芸能「四平戯」や伝統的な純米酒の醸造技術も伝わる。しかし都市化の波はこの村にも押し寄せ、出稼ぎのため大勢の人々が村を去り、人の姿が消えた民家は荒れ果て、人口1400人余りいた村に残ったのはわずか200人足らずという状況だった。竜潭村は2017年、同市屏南県の伝統村落文化クリエーティブ産業プロジェクトにけん引され、郷村振興計画を開始した。文化クリエーティブやデザインの専門人材を誘致し、民間の作業チームを立ち上げた。また、相次いで60棟余りの古民家の修復を行った。老朽化した民家の数々が、読書バーやアトリエ、カフェ、コンサートホール、美術館などに生まれ変わり、外部から100人以上の芸術家やクリエイターがやって来て長期滞在している。彼らは竜潭村の「新村民」となり、昔ながらの村に文化クリエーティブやインターネット、シェアリングエコノミーなどの新しい経済業態と生活様式をもたらしている。村はまた、「誰もがアーティスト」文化クリエーティブプロジェクトを導入し、村民に油絵を教え、時を重ねた村にさらなる文化芸術の雰囲気を醸成して、文化クリエーティブによる発展に対する村民の参加意欲をかき立てている。村の様子はこの2年で一変した。村がクリエーターやアーティストにとって理想の居場所となっただけでなく、郷村観光の発展も促進され、毎年10万人近い人々が観光に訪れるようになった。村を出た人々も少しずつ戻り、約300人以上の村民が帰郷して起業を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019061805526

    寂れていた歴史ある村、「文芸復興」でよみがえる  11日、夕暮れ時に川のほとりを散策する竜潭村の村民。中国福建省寧徳市屏南(へいなん)県熙嶺(きれい)郷の竜潭(りゅうたん)村は、閩東(びんとう、福建省東部)の美しい山河に抱かれながらひっそりと続いてきた古い集落。村を流れる川に架かる小さな橋が、百年の時を経た古民家を一軒一軒結び付けている。村には第1期国家級無形文化遺産リストに登録された伝統芸能「四平戯」や伝統的な純米酒の醸造技術も伝わる。しかし都市化の波はこの村にも押し寄せ、出稼ぎのため大勢の人々が村を去り、人の姿が消えた民家は荒れ果て、人口1400人余りいた村に残ったのはわずか200人足らずという状況だった。竜潭村は2017年、同市屏南県の伝統村落文化クリエーティブ産業プロジェクトにけん引され、郷村振興計画を開始した。文化クリエーティブやデザインの専門人材を誘致し、民間の作業チームを立ち上げた。また、相次いで60棟余りの古民家の修復を行った。老朽化した民家の数々が、読書バーやアトリエ、カフェ、コンサートホール、美術館などに生まれ変わり、外部から100人以上の芸術家やクリエイターがやって来て長期滞在している。彼らは竜潭村の「新村民」となり、昔ながらの村に文化クリエーティブやインターネット、シェアリングエコノミーなどの新しい経済業態と生活様式をもたらしている。村はまた、「誰もがアーティスト」文化クリエーティブプロジェクトを導入し、村民に油絵を教え、時を重ねた村にさらなる文化芸術の雰囲気を醸成して、文化クリエーティブによる発展に対する村民の参加意欲をかき立てている。村の様子はこの2年で一変した。村がクリエーターやアーティストにとって理想の居場所となっただけでなく、郷村観光の発展も促進され、毎年10万人近い人々が観光に訪れるようになった。村を出た人々も少しずつ戻り、約300人以上の村民が帰郷して起業を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019061805575

    寂れていた歴史ある村、「文芸復興」でよみがえる  11日、ゲームをして遊ぶ竜潭村の子ども。中国福建省寧徳市屏南(へいなん)県熙嶺(きれい)郷の竜潭(りゅうたん)村は、閩東(びんとう、福建省東部)の美しい山河に抱かれながらひっそりと続いてきた古い集落。村を流れる川に架かる小さな橋が、百年の時を経た古民家を一軒一軒結び付けている。村には第1期国家級無形文化遺産リストに登録された伝統芸能「四平戯」や伝統的な純米酒の醸造技術も伝わる。しかし都市化の波はこの村にも押し寄せ、出稼ぎのため大勢の人々が村を去り、人の姿が消えた民家は荒れ果て、人口1400人余りいた村に残ったのはわずか200人足らずという状況だった。竜潭村は2017年、同市屏南県の伝統村落文化クリエーティブ産業プロジェクトにけん引され、郷村振興計画を開始した。文化クリエーティブやデザインの専門人材を誘致し、民間の作業チームを立ち上げた。また、相次いで60棟余りの古民家の修復を行った。老朽化した民家の数々が、読書バーやアトリエ、カフェ、コンサートホール、美術館などに生まれ変わり、外部から100人以上の芸術家やクリエイターがやって来て長期滞在している。彼らは竜潭村の「新村民」となり、昔ながらの村に文化クリエーティブやインターネット、シェアリングエコノミーなどの新しい経済業態と生活様式をもたらしている。村はまた、「誰もがアーティスト」文化クリエーティブプロジェクトを導入し、村民に油絵を教え、時を重ねた村にさらなる文化芸術の雰囲気を醸成して、文化クリエーティブによる発展に対する村民の参加意欲をかき立てている。村の様子はこの2年で一変した。村がクリエーターやアーティストにとって理想の居場所となっただけでなく、郷村観光の発展も促進され、毎年10万人近い人々が観光に訪れるようになった。村を出た人々も少しずつ戻り、約300人以上の村民が帰郷して起業を果たした。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019061805624

    寂れていた歴史ある村、「文芸復興」でよみがえる  11日、竜潭村を散策する福建省福州市羅源(らげん)県などからの観光客。中国福建省寧徳市屏南(へいなん)県熙嶺(きれい)郷の竜潭(りゅうたん)村は、閩東(びんとう、福建省東部)の美しい山河に抱かれながらひっそりと続いてきた古い集落。村を流れる川に架かる小さな橋が、百年の時を経た古民家を一軒一軒結び付けている。村には第1期国家級無形文化遺産リストに登録された伝統芸能「四平戯」や伝統的な純米酒の醸造技術も伝わる。しかし都市化の波はこの村にも押し寄せ、出稼ぎのため大勢の人々が村を去り、人の姿が消えた民家は荒れ果て、人口1400人余りいた村に残ったのはわずか200人足らずという状況だった。竜潭村は2017年、同市屏南県の伝統村落文化クリエーティブ産業プロジェクトにけん引され、郷村振興計画を開始した。文化クリエーティブやデザインの専門人材を誘致し、民間の作業チームを立ち上げた。また、相次いで60棟余りの古民家の修復を行った。老朽化した民家の数々が、読書バーやアトリエ、カフェ、コンサートホール、美術館などに生まれ変わり、外部から100人以上の芸術家やクリエイターがやって来て長期滞在している。彼らは竜潭村の「新村民」となり、昔ながらの村に文化クリエーティブやインターネット、シェアリングエコノミーなどの新しい経済業態と生活様式をもたらしている。村はまた、「誰もがアーティスト」文化クリエーティブプロジェクトを導入し、村民に油絵を教え、時を重ねた村にさらなる文化芸術の雰囲気を醸成して、文化クリエーティブによる発展に対する村民の参加意欲をかき立てている。村の様子はこの2年で一変した。村がクリエーターやアーティストにとって理想の居場所となっただけでなく、郷村観光の発展も促進され、毎年10万人近い人々が観光に訪れるようになった。村を出た人々も少しずつ戻り、約300人以上の村民が帰郷して起業を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019061805762

    寂れていた歴史ある村、「文芸復興」でよみがえる  11日、お客に出す料理を準備する、竜潭村に帰郷して起業し食堂を開業した陳忠熹(ちん・ちゅうき)さん(中央)。中国福建省寧徳市屏南(へいなん)県熙嶺(きれい)郷の竜潭(りゅうたん)村は、閩東(びんとう、福建省東部)の美しい山河に抱かれながらひっそりと続いてきた古い集落。村を流れる川に架かる小さな橋が、百年の時を経た古民家を一軒一軒結び付けている。村には第1期国家級無形文化遺産リストに登録された伝統芸能「四平戯」や伝統的な純米酒の醸造技術も伝わる。しかし都市化の波はこの村にも押し寄せ、出稼ぎのため大勢の人々が村を去り、人の姿が消えた民家は荒れ果て、人口1400人余りいた村に残ったのはわずか200人足らずという状況だった。竜潭村は2017年、同市屏南県の伝統村落文化クリエーティブ産業プロジェクトにけん引され、郷村振興計画を開始した。文化クリエーティブやデザインの専門人材を誘致し、民間の作業チームを立ち上げた。また、相次いで60棟余りの古民家の修復を行った。老朽化した民家の数々が、読書バーやアトリエ、カフェ、コンサートホール、美術館などに生まれ変わり、外部から100人以上の芸術家やクリエイターがやって来て長期滞在している。彼らは竜潭村の「新村民」となり、昔ながらの村に文化クリエーティブやインターネット、シェアリングエコノミーなどの新しい経済業態と生活様式をもたらしている。村はまた、「誰もがアーティスト」文化クリエーティブプロジェクトを導入し、村民に油絵を教え、時を重ねた村にさらなる文化芸術の雰囲気を醸成して、文化クリエーティブによる発展に対する村民の参加意欲をかき立てている。村の様子はこの2年で一変した。村がクリエーターやアーティストにとって理想の居場所となっただけでなく、郷村観光の発展も促進され、毎年10万人近い人々が観光に訪れるようになった。村を出た人々も少しずつ戻り、約300人以上の村民が帰郷して起業を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019060406542

    香港で犠牲者追悼集会 「民主の女神」  天安門事件から30年を迎え、犠牲者追悼集会が開かれる会場に置かれた民主化運動のシンボル「民主の女神」を模した像=4日、香港のビクトリア公園(共同) 「葬られた民主化―天安門事件30年」

  34. 2019041508108

    京橋と芸術祭会場の犬島を結ぶ定期船 岡山市  岡山市が京橋そばに整備した船着き場に到着する客船。現代アートの祭典・瀬戸内国際芸術祭に合わせ、岡山京橋クルーズ(岡山市北区表町)が26日、市中心部の京橋と芸術祭会場の同市・犬島を結ぶ定期船を就航する。所要時間は1時間5分。市内から島へアクセスしやすく、瀬戸内市・牛窓も巡ることから岡山県内観光地を周遊する新たなルート創出に期待が高まりそうだ。=2019(平成31)年4月12日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  35. 2019031400021

    旧暦2月2日に行われるコンテスト「亮花鞋」四川省閬中市  8日、靴の形のかごに乗って街を巡る今年の優勝者。旧暦の2月2日に当たる3月8日、中国四川省閬中(ろうちゅう)市老観(ろうかん)古鎮で町の女性が刺しゅう靴を披露し美しさを競う年一度の民俗行事「亮花鞋(リャンホァシエ)」が行われた。旧暦2月2日は中国で伝統的な祝日「竜抬頭」(竜が頭を上げる意)とされ、老観鎮では「女性の日」でもある。地元の女性たち農作業を休み、新しい服と刺しゅうが施された靴を身に着けて会場へ向かった。若い女性たちは「亮花台」と呼ばれるステージに一列に並び、自分の刺しゅう入り靴を披露。審査員が優勝者を選出した。優勝者は司会者や他の女性たちに囲まれながら古鎮を巡り、最後に広場で「亮花鞋」の踊りを披露して、新たな年の安定した天候や人々の無病息災を願った。(閬中=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2019021800393

    「歓楽春節」イベント、米マスカティンで開催  14日、米マスカティンで京劇「長生殿」を披露する中国国家京劇院の俳優ら。米国アイオワ州マスカティンは14日、華やかな雰囲気に包まれた。同日午後7時ごろ、市内のセントラル・ミドル・スクール講堂に大勢の聴衆が詰めかけ、中国湖北省歌劇舞劇院編鐘国楽団と中国国家京劇院の芸術家らによる「歓楽春節(旧正月)」をテーマとした舞台を鑑賞した。(マスカティン=新華社記者/汪平)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019021800570

    「歓楽春節」イベント、米マスカティンで開催  14日、米マスカティンのセントラル・ミドル・スクール講堂で演奏する中国湖北省歌劇舞劇院編鐘国楽団の団員。米国アイオワ州マスカティンは14日、華やかな雰囲気に包まれた。同日午後7時ごろ、市内のセントラル・ミドル・スクール講堂に大勢の聴衆が詰めかけ、中国湖北省歌劇舞劇院編鐘国楽団と中国国家京劇院の芸術家らによる「歓楽春節(旧正月)」をテーマとした舞台を鑑賞した。(マスカティン=新華社記者/汪平)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019021800580

    「歓楽春節」イベント、米マスカティンで開催  14日、米マスカティンのセントラル・ミドル・スクール講堂で演奏する中国湖北省歌劇舞劇院編鐘国楽団。米国アイオワ州マスカティンは14日、華やかな雰囲気に包まれた。同日午後7時ごろ、市内のセントラル・ミドル・スクール講堂に大勢の聴衆が詰めかけ、中国湖北省歌劇舞劇院編鐘国楽団と中国国家京劇院の芸術家らによる「歓楽春節(旧正月)」をテーマとした舞台を鑑賞した。(マスカティン=新華社記者/汪平)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019021800523

    「歓楽春節」イベント、米マスカティンで開催  14日、米マスカティンで京劇「三岔口」を披露する中国国家京劇院の俳優ら。米国アイオワ州マスカティンは14日、華やかな雰囲気に包まれた。同日午後7時ごろ、市内のセントラル・ミドル・スクール講堂に大勢の聴衆が詰めかけ、中国湖北省歌劇舞劇院編鐘国楽団と中国国家京劇院の芸術家らによる「歓楽春節(旧正月)」をテーマとした舞台を鑑賞した。(マスカティン=新華社記者/汪平)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019021800481

    「歓楽春節」イベント、米マスカティンで開催  14日、米マスカティンで孫悟空を演じた中国国家京劇院の俳優と記念撮影する地元の人々。米国アイオワ州マスカティンは14日、華やかな雰囲気に包まれた。同日午後7時ごろ、市内のセントラル・ミドル・スクール講堂に大勢の聴衆が詰めかけ、中国湖北省歌劇舞劇院編鐘国楽団と中国国家京劇院の芸術家らによる「歓楽春節(旧正月)」をテーマとした舞台を鑑賞した。(マスカティン=新華社記者/汪平)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019021217596

    天津で「春節年代展」開催、80~90年代の年越し風景が蘇る  8日、天津市のショッピングセンター「熙悦匯」で開催中の「春節年代展」の会場で、記念写真を撮る市民。1980~90年代の天津市の家庭や街並み、横丁の年越し風景などを再現した「春節年代展」が、春節(旧正月)期間中、中国天津市のショッピングセンター「熙悦匯」で開催されている。会場には古き良き時代の面影を残す数々の展示品が並び、訪れた市民や観光客が懐かしそうに見入っていた。(天津=新華社記者/馬平)=2019(平成31)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019021217288

    天津で「春節年代展」開催、80~90年代の年越し風景が蘇る  8日、天津市のショッピングセンター「熙悦匯」で開催中の「春節年代展」を見学する市民。1980~90年代の天津市の家庭や街並み、横丁の年越し風景などを再現した「春節年代展」が、春節(旧正月)期間中、中国天津市のショッピングセンター「熙悦匯」で開催されている。会場には古き良き時代の面影を残す数々の展示品が並び、訪れた市民や観光客が懐かしそうに見入っていた。(天津=新華社記者/馬平)=2019(平成31)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019021217326

    天津で「春節年代展」開催、80~90年代の年越し風景が蘇る  8日、天津市のショッピングセンター「熙悦匯」で開催中の「春節年代展」を見学する市民。1980~90年代の天津市の家庭や街並み、横丁の年越し風景などを再現した「春節年代展」が、春節(旧正月)期間中、中国天津市のショッピングセンター「熙悦匯」で開催されている。会場には古き良き時代の面影を残す数々の展示品が並び、訪れた市民や観光客が懐かしそうに見入っていた。(天津=新華社記者/馬平)=2019(平成31)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019021217678

    天津で「春節年代展」開催、80~90年代の年越し風景が蘇る  8日、天津市のショッピングセンター「熙悦匯」で開催中の「春節年代展」を見学する市民。1980~90年代の天津市の家庭や街並み、横丁の年越し風景などを再現した「春節年代展」が、春節(旧正月)期間中、中国天津市のショッピングセンター「熙悦匯」で開催されている。会場には古き良き時代の面影を残す数々の展示品が並び、訪れた市民や観光客が懐かしそうに見入っていた。(天津=新華社記者/馬平)=2019(平成31)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019021217699

    天津で「春節年代展」開催、80~90年代の年越し風景が蘇る  8日、天津市のショッピングセンター「熙悦匯」で開催中の「春節年代展」の会場の一角。1980~90年代の天津市の家庭や街並み、横丁の年越し風景などを再現した「春節年代展」が、春節(旧正月)期間中、中国天津市のショッピングセンター「熙悦匯」で開催されている。会場には古き良き時代の面影を残す数々の展示品が並び、訪れた市民や観光客が懐かしそうに見入っていた。(天津=新華社記者/馬平)=2019(平成31)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019021217704

    天津で「春節年代展」開催、80~90年代の年越し風景が蘇る  8日、天津市のショッピングセンター「熙悦匯」で開催中の「春節年代展」を見学する市民。1980~90年代の天津市の家庭や街並み、横丁の年越し風景などを再現した「春節年代展」が、春節(旧正月)期間中、中国天津市のショッピングセンター「熙悦匯」で開催されている。会場には古き良き時代の面影を残す数々の展示品が並び、訪れた市民や観光客が懐かしそうに見入っていた。(天津=新華社記者/馬平)=2019(平成31)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019021217602

    天津で「春節年代展」開催、80~90年代の年越し風景が蘇る  8日、天津市のショッピングセンター「熙悦匯」で開催中の「春節年代展」を見学する市民。1980~90年代の天津市の家庭や街並み、横丁の年越し風景などを再現した「春節年代展」が、春節(旧正月)期間中、中国天津市のショッピングセンター「熙悦匯」で開催されている。会場には古き良き時代の面影を残す数々の展示品が並び、訪れた市民や観光客が懐かしそうに見入っていた。(天津=新華社記者/馬平)=2019(平成31)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019020825245

    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市  5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで、芸術家の技術で再現された中華民国期の街並み。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019020825247

    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市  5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで、芸術家の技術で再現された中華民国期の街並み。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019020717472

    世界各地で祝う中国の春節  2日、ロシアの首都モスクワ市郊外の中国共産党第6回全国代表大会会場常設展覧館で行われた新春懇親会で、合唱する子どもたち。中国とロシアの青少年は中国の春節を共に迎え、文化交流の中で友好を受け継いだ。縁日を見物し、美食を楽しみ、ランタンを観賞する。春節(旧正月)の訪れに伴い、世界各地の華僑・華人や留学生たちは、中国の春節を祝うため、新年の雰囲気があふれる多種多彩なイベントを開催し、中国の祝日文化の魅力を共に味わった。(モスクワ=新華社記者/白雪騏)=2019(平成31)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像