検索結果 283 件中 1 件 〜 50 件 "open"
  1. 2019090500999

    「新華社」 深圳市で6階建てマンションが倒壊  28日、事故現場の様子。中国広東省深圳市羅湖区の船歩路付近で28日午前、6階建てのマンションが倒壊した。消防車がすでに現場に駆けつけ、非常線を張った。死傷者数はまだ確定していない。同市の消防部門が明らかにした。(深圳=新華社配信/深圳市消防支隊提供)=2019(令和元)年8月28日、クレジット:深圳市消防支隊/新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019091105076

    「新華社」 多くの市民でにぎわう「ネットで人気の地下鉄駅」貴州省貴陽市  貴陽地下鉄1号線北京路駅で上映された幻想的なイルミネーションショー。(8月21日撮影)中国貴州省貴陽市では、地下鉄1号線開通後に中山西路と北京路の両駅で複合商業施設が相次いでオープンした。巨大スクリーンやデジタル・インタラクティブ設備、特色ある飲食店などを一体化し、ユニークな街並みを作り出しており、毎日多くの人々が見学や体験に訪れている。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019091104995

    「新華社」 多くの市民でにぎわう「ネットで人気の地下鉄駅」貴州省貴陽市  貴陽地下鉄1号線北京路駅の「ネットの人気スポット」入口。(8月21日撮影)中国貴州省貴陽市では、地下鉄1号線開通後に中山西路と北京路の両駅で複合商業施設が相次いでオープンした。巨大スクリーンやデジタル・インタラクティブ設備、特色ある飲食店などを一体化し、ユニークな街並みを作り出しており、毎日多くの人々が見学や体験に訪れている。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019091105044

    「新華社」 多くの市民でにぎわう「ネットで人気の地下鉄駅」貴州省貴陽市  貴陽地下鉄1号線北京路駅で上映されたデジタルプロジェクション映像を体験する市民。(8月21日撮影)中国貴州省貴陽市では、地下鉄1号線開通後に中山西路と北京路の両駅で複合商業施設が相次いでオープンした。巨大スクリーンやデジタル・インタラクティブ設備、特色ある飲食店などを一体化し、ユニークな街並みを作り出しており、毎日多くの人々が見学や体験に訪れている。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019091105005

    「新華社」 多くの市民でにぎわう「ネットで人気の地下鉄駅」貴州省貴陽市  貴陽地下鉄1号線北京路駅を訪れた市民。(8月21日撮影)中国貴州省貴陽市では、地下鉄1号線開通後に中山西路と北京路の両駅で複合商業施設が相次いでオープンした。巨大スクリーンやデジタル・インタラクティブ設備、特色ある飲食店などを一体化し、ユニークな街並みを作り出しており、毎日多くの人々が見学や体験に訪れている。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019091105053

    「新華社」 多くの市民でにぎわう「ネットで人気の地下鉄駅」貴州省貴陽市  貴陽地下鉄1号線北京路駅で上映されたデジタルプロジェクション映像を体験する市民。(8月21日撮影)中国貴州省貴陽市では、地下鉄1号線開通後に中山西路と北京路の両駅で複合商業施設が相次いでオープンした。巨大スクリーンやデジタル・インタラクティブ設備、特色ある飲食店などを一体化し、ユニークな街並みを作り出しており、毎日多くの人々が見学や体験に訪れている。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019081407106

    「新華社」 千年の古村に省内グルメが大集合江西省安義県  8日、江西省安義県水南村「水南江西小吃街」の店舗に並ぶ茹でたてのビーフン。中国江西省安義県水南村は千年の歴史を持つ古村として知られる。地元政府は2017年、古民家と観光、グルメを組み合わせた総合計画による整備を実施し、古村に新たな活力をもたらした。今月には安義古村群風景区に「水南江西小吃(シャオチー)街」がオープン。省内11都市の小吃76種類を集めた百店余りの店舗が軒を連ね、伝統グルメや古村の美しい景観を楽しむために訪れた大勢の観光客で連日賑わっている。(安義=新華社記者/陸波岸)=2019(令和元)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019091105042

    「新華社」 多くの市民でにぎわう「ネットで人気の地下鉄駅」貴州省貴陽市  貴陽地下鉄1号線中山西路駅で特殊効果を使った雪を体験する市民。(8月8日撮影)中国貴州省貴陽市では、地下鉄1号線開通後に中山西路と北京路の両駅で複合商業施設が相次いでオープンした。巨大スクリーンやデジタル・インタラクティブ設備、特色ある飲食店などを一体化し、ユニークな街並みを作り出しており、毎日多くの人々が見学や体験に訪れている。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2019(令和元)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019081407096

    「新華社」 千年の古村に省内グルメが大集合江西省安義県  8日、江西省安義県水南村の全景。(小型無人機から)中国江西省安義県水南村は千年の歴史を持つ古村として知られる。地元政府は2017年、古民家と観光、グルメを組み合わせた総合計画による整備を実施し、古村に新たな活力をもたらした。今月には安義古村群風景区に「水南江西小吃(シャオチー)街」がオープン。省内11都市の小吃76種類を集めた百店余りの店舗が軒を連ね、伝統グルメや古村の美しい景観を楽しむために訪れた大勢の観光客で連日賑わっている。(安義=新華社記者/江宏景)=2019(令和元)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019081407125

    「新華社」 千年の古村に省内グルメが大集合江西省安義県  8日、江西省安義県水南村の水南江西小吃街。(小型無人機から)中国江西省安義県水南村は千年の歴史を持つ古村として知られる。地元政府は2017年、古民家と観光、グルメを組み合わせた総合計画による整備を実施し、古村に新たな活力をもたらした。今月には安義古村群風景区に「水南江西小吃(シャオチー)街」がオープン。省内11都市の小吃76種類を集めた百店余りの店舗が軒を連ね、伝統グルメや古村の美しい景観を楽しむために訪れた大勢の観光客で連日賑わっている。(安義=新華社記者/江宏景)=2019(令和元)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019091104980

    「新華社」 多くの市民でにぎわう「ネットで人気の地下鉄駅」貴州省貴陽市  貴陽地下鉄1号線中山西路駅を訪れた市民。(8月8日撮影)中国貴州省貴陽市では、地下鉄1号線開通後に中山西路と北京路の両駅で複合商業施設が相次いでオープンした。巨大スクリーンやデジタル・インタラクティブ設備、特色ある飲食店などを一体化し、ユニークな街並みを作り出しており、毎日多くの人々が見学や体験に訪れている。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2019(令和元)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019072202159

    「新華社」 砂漠を宝に変えた伝統療法「砂療法」中国新疆ウイグル自治区トルファン市  18日、トルファン市の「砂療法小鎮」にある民宿で休憩する観光客。中国新疆ウイグル自治区トルファン市では毎年6~8月、最高気温が45度以上、砂丘の表面温度が70度に達し、砂療法(砂の中に入り病気を予防、治療するウイグル族の伝統療法)に最適の時期となる。トルファン市の統計によると、名高い砂療法を体験しようと市内を訪れる観光客は毎年30万人を超える。同市はここ数年、砂療法という恵まれた資源をめぐり、「砂療法小鎮」プロジェクトの推進に力を入れており、トルファン市維吾爾医医院砂療法センターがある高昌区亜爾(あじ)鎮上湖村の全面的な改修と高度化を進めている。プロジェクトではまた、村民が砂療法関連産業を発展させ、治療院や民宿、レストラン、商店などを開業して観光客により質の高い宿泊、食事、レジャー・娯楽の環境を提供するとともに、収入増を実現できるよう支援している。(新疆=新華社記者/丁磊)=2019(令和元)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019072202203

    「新華社」 砂漠を宝に変えた伝統療法「砂療法」中国新疆ウイグル自治区トルファン市  18日、トルファン市維吾爾医医院砂療法センターで砂療法を体験する観光客。中国新疆ウイグル自治区トルファン市では毎年6~8月、最高気温が45度以上、砂丘の表面温度が70度に達し、砂療法(砂の中に入り病気を予防、治療するウイグル族の伝統療法)に最適の時期となる。トルファン市の統計によると、名高い砂療法を体験しようと市内を訪れる観光客は毎年30万人を超える。同市はここ数年、砂療法という恵まれた資源をめぐり、「砂療法小鎮」プロジェクトの推進に力を入れており、トルファン市維吾爾医医院砂療法センターがある高昌区亜爾(あじ)鎮上湖村の全面的な改修と高度化を進めている。プロジェクトではまた、村民が砂療法関連産業を発展させ、治療院や民宿、レストラン、商店などを開業して観光客により質の高い宿泊、食事、レジャー・娯楽の環境を提供するとともに、収入増を実現できるよう支援している。(新疆=新華社記者/丁磊)=2019(令和元)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019072202122

    「新華社」 砂漠を宝に変えた伝統療法「砂療法」中国新疆ウイグル自治区トルファン市  18日、トルファン市の治療院で砂療法を体験する観光客。中国新疆ウイグル自治区トルファン市では毎年6~8月、最高気温が45度以上、砂丘の表面温度が70度に達し、砂療法(砂の中に入り病気を予防、治療するウイグル族の伝統療法)に最適の時期となる。トルファン市の統計によると、名高い砂療法を体験しようと市内を訪れる観光客は毎年30万人を超える。同市はここ数年、砂療法という恵まれた資源をめぐり、「砂療法小鎮」プロジェクトの推進に力を入れており、トルファン市維吾爾医医院砂療法センターがある高昌区亜爾(あじ)鎮上湖村の全面的な改修と高度化を進めている。プロジェクトではまた、村民が砂療法関連産業を発展させ、治療院や民宿、レストラン、商店などを開業して観光客により質の高い宿泊、食事、レジャー・娯楽の環境を提供するとともに、収入増を実現できるよう支援している。(新疆=新華社記者/丁磊)=2019(令和元)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019072202175

    「新華社」 砂漠を宝に変えた伝統療法「砂療法」中国新疆ウイグル自治区トルファン市  18日、トルファン市の「砂療法小鎮」で食事をする観光客。中国新疆ウイグル自治区トルファン市では毎年6~8月、最高気温が45度以上、砂丘の表面温度が70度に達し、砂療法(砂の中に入り病気を予防、治療するウイグル族の伝統療法)に最適の時期となる。トルファン市の統計によると、名高い砂療法を体験しようと市内を訪れる観光客は毎年30万人を超える。同市はここ数年、砂療法という恵まれた資源をめぐり、「砂療法小鎮」プロジェクトの推進に力を入れており、トルファン市維吾爾医医院砂療法センターがある高昌区亜爾(あじ)鎮上湖村の全面的な改修と高度化を進めている。プロジェクトではまた、村民が砂療法関連産業を発展させ、治療院や民宿、レストラン、商店などを開業して観光客により質の高い宿泊、食事、レジャー・娯楽の環境を提供するとともに、収入増を実現できるよう支援している。(新疆=新華社記者/丁磊)=2019(令和元)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019072202130

    「新華社」 砂漠を宝に変えた伝統療法「砂療法」中国新疆ウイグル自治区トルファン市  18日、トルファン市の「砂療法小鎮」で撮影した改修済みのレストラン。中国新疆ウイグル自治区トルファン市では毎年6~8月、最高気温が45度以上、砂丘の表面温度が70度に達し、砂療法(砂の中に入り病気を予防、治療するウイグル族の伝統療法)に最適の時期となる。トルファン市の統計によると、名高い砂療法を体験しようと市内を訪れる観光客は毎年30万人を超える。同市はここ数年、砂療法という恵まれた資源をめぐり、「砂療法小鎮」プロジェクトの推進に力を入れており、トルファン市維吾爾医医院砂療法センターがある高昌区亜爾(あじ)鎮上湖村の全面的な改修と高度化を進めている。プロジェクトではまた、村民が砂療法関連産業を発展させ、治療院や民宿、レストラン、商店などを開業して観光客により質の高い宿泊、食事、レジャー・娯楽の環境を提供するとともに、収入増を実現できるよう支援している。(新疆=新華社記者/丁磊)=2019(令和元)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019072202205

    「新華社」 砂漠を宝に変えた伝統療法「砂療法」中国新疆ウイグル自治区トルファン市  18日、トルファン市維吾爾医医院砂療法センターで砂療法を体験する観光客。中国新疆ウイグル自治区トルファン市では毎年6~8月、最高気温が45度以上、砂丘の表面温度が70度に達し、砂療法(砂の中に入り病気を予防、治療するウイグル族の伝統療法)に最適の時期となる。トルファン市の統計によると、名高い砂療法を体験しようと市内を訪れる観光客は毎年30万人を超える。同市はここ数年、砂療法という恵まれた資源をめぐり、「砂療法小鎮」プロジェクトの推進に力を入れており、トルファン市維吾爾医医院砂療法センターがある高昌区亜爾(あじ)鎮上湖村の全面的な改修と高度化を進めている。プロジェクトではまた、村民が砂療法関連産業を発展させ、治療院や民宿、レストラン、商店などを開業して観光客により質の高い宿泊、食事、レジャー・娯楽の環境を提供するとともに、収入増を実現できるよう支援している。(新疆=新華社記者/丁磊)=2019(令和元)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019072202177

    「新華社」 砂漠を宝に変えた伝統療法「砂療法」中国新疆ウイグル自治区トルファン市  18日、トルファン市の「砂療法小鎮」でスイカを買う観光客。中国新疆ウイグル自治区トルファン市では毎年6~8月、最高気温が45度以上、砂丘の表面温度が70度に達し、砂療法(砂の中に入り病気を予防、治療するウイグル族の伝統療法)に最適の時期となる。トルファン市の統計によると、名高い砂療法を体験しようと市内を訪れる観光客は毎年30万人を超える。同市はここ数年、砂療法という恵まれた資源をめぐり、「砂療法小鎮」プロジェクトの推進に力を入れており、トルファン市維吾爾医医院砂療法センターがある高昌区亜爾(あじ)鎮上湖村の全面的な改修と高度化を進めている。プロジェクトではまた、村民が砂療法関連産業を発展させ、治療院や民宿、レストラン、商店などを開業して観光客により質の高い宿泊、食事、レジャー・娯楽の環境を提供するとともに、収入増を実現できるよう支援している。(新疆=新華社記者/丁磊)=2019(令和元)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019072202061

    「新華社」 砂漠を宝に変えた伝統療法「砂療法」中国新疆ウイグル自治区トルファン市  18日、トルファン市維吾爾医医院砂療法センターで砂療法を体験する観光客。中国新疆ウイグル自治区トルファン市では毎年6~8月、最高気温が45度以上、砂丘の表面温度が70度に達し、砂療法(砂の中に入り病気を予防、治療するウイグル族の伝統療法)に最適の時期となる。トルファン市の統計によると、名高い砂療法を体験しようと市内を訪れる観光客は毎年30万人を超える。同市はここ数年、砂療法という恵まれた資源をめぐり、「砂療法小鎮」プロジェクトの推進に力を入れており、トルファン市維吾爾医医院砂療法センターがある高昌区亜爾(あじ)鎮上湖村の全面的な改修と高度化を進めている。プロジェクトではまた、村民が砂療法関連産業を発展させ、治療院や民宿、レストラン、商店などを開業して観光客により質の高い宿泊、食事、レジャー・娯楽の環境を提供するとともに、収入増を実現できるよう支援している。(新疆=新華社記者/丁磊)=2019(令和元)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019070100514

    「新華社」 空から見た大連市遼寧省  20日、南山観光風情街の上空から見た大連市の日没。(小型無人機から)中国東北部で重要な港湾、貿易、観光都市の遼寧省大連市は、海の恵みで発展した都市であり、美しい自然と開放的な人的文化的環境が独特の魅力を育んだ。上空から見る街は活力に溢れ、現代的な輝きを放っている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019070100542

    「新華社」 空から見た大連市遼寧省  19日、上空から見た大連市人民広場とその周辺。(小型無人機から)中国東北部で重要な港湾、貿易、観光都市の遼寧省大連市は、海の恵みで発展した都市であり、美しい自然と開放的な人的文化的環境が独特の魅力を育んだ。上空から見る街は活力に溢れ、現代的な輝きを放っている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019070100634

    「新華社」 空から見た大連市遼寧省  15日、上空から見た大連市黒石礁地区。(小型無人機から)中国東北部で重要な港湾、貿易、観光都市の遼寧省大連市は、海の恵みで発展した都市であり、美しい自然と開放的な人的文化的環境が独特の魅力を育んだ。上空から見る街は活力に溢れ、現代的な輝きを放っている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019062004124

    「新華社」 顔思斉を記念する開台文化公園、アモイ市青礁村にオープン  14日、アモイ市海滄区基金会台胞事務局の符坤竜(ふ・こんりゅう)氏に、精緻な印刷の初版「台湾通史」影印本を贈呈する中華全国台湾同胞聯誼会文化宣伝部の陳小艶(ちん・しょうえん)部長(右側)。中国福建省アモイ市海滄区青礁村の開台文化公園が14日、正式に開園した。同公園は顔思斉(がん・しせい)による「開台(台湾島の開拓)」文化をテーマとした公共スペースで、民間が発起し、政府の支持や指導の下で建設された。敷地面積は3・3ヘクタール。顔思斉は明の万暦年間(1572~1620年)から天啓年間(1621~27年)にかけて、中国東南部沿海を勢力範囲とした海商集団のリーダーで、台湾島開拓のために福建省南部の人々を率いて海峡を渡ったため、「開台王」と呼ばれる。(厦門=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019070100544

    「新華社」 空から見た大連市遼寧省  上空から見た大連市中山区。(6月11日撮影、小型無人機から)中国東北部で重要な港湾、貿易、観光都市の遼寧省大連市は、海の恵みで発展した都市であり、美しい自然と開放的な人的文化的環境が独特の魅力を育んだ。上空から見る街は活力に溢れ、現代的な輝きを放っている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019070100566

    「新華社」 空から見た大連市遼寧省  労働公園付近の山の頂上から見た大連市。(6月11日撮影)中国東北部で重要な港湾、貿易、観光都市の遼寧省大連市は、海の恵みで発展した都市であり、美しい自然と開放的な人的文化的環境が独特の魅力を育んだ。上空から見る街は活力に溢れ、現代的な輝きを放っている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019070100564

    「新華社」 空から見た大連市遼寧省  上空から見た大連市東港周辺。(6月7日撮影、小型無人機から)中国東北部で重要な港湾、貿易、観光都市の遼寧省大連市は、海の恵みで発展した都市であり、美しい自然と開放的な人的文化的環境が独特の魅力を育んだ。上空から見る街は活力に溢れ、現代的な輝きを放っている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019070100552

    「新華社」 空から見た大連市遼寧省  大連市の砲台山から見下ろした同市中山区。(5月27日撮影)中国東北部で重要な港湾、貿易、観光都市の遼寧省大連市は、海の恵みで発展した都市であり、美しい自然と開放的な人的文化的環境が独特の魅力を育んだ。上空から見る街は活力に溢れ、現代的な輝きを放っている。(大連=新華社配信/張偉)=2019(令和元)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019060402983

    「新華社」 上海市、ゴミ分別普及のために新措置  上海市閔行区古美街道で「ごみ分別トランプ」を配布するボランティア。(資料写真)ごみ分別策を広く人々に普及させるため、上海市閔行(びんこう)区では、それぞれの社区(コミュニティー)が知恵を絞っている。ごみ分別の知識普及のために特製のトランプやスマートごみ箱が登場した。住民が楽しくごみ分別を学び、分別に励めるよう工夫を凝らし、ごみ分別を一種のファッションにしている。(上海=新華社配信/上海市閔行区古美街道提供)=撮影日不明、クレジット:上海市閔行区古美街道/新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019060403000

    「新華社」 上海市、ゴミ分別普及のために新措置  21日、上海市閔行区古美街道で住民に配布されたごみ分別に関する知識を印刷したトランプ。ごみ分別策を広く人々に普及させるため、上海市閔行(びんこう)区では、それぞれの社区(コミュニティー)が知恵を絞っている。ごみ分別の知識普及のために特製のトランプやスマートごみ箱が登場した。住民が楽しくごみ分別を学び、分別に励めるよう工夫を凝らし、ごみ分別を一種のファッションにしている。(上海=新華社配信/上海市閔行区古美街道提供)=2019(令和元)年5月21日、クレジット:上海市閔行区古美街道/新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019060402962

    「新華社」 上海市、ゴミ分別普及のために新措置  21日、上海市閔行区古美街道の住民に配られたごみ分別に関する知識を印刷したトランプ。ごみ分別策を広く人々に普及させるため、上海市閔行(びんこう)区では、それぞれの社区(コミュニティー)が知恵を絞っている。ごみ分別の知識普及のために特製のトランプやスマートごみ箱が登場した。住民が楽しくごみ分別を学び、分別に励めるよう工夫を凝らし、ごみ分別を一種のファッションにしている。(上海=新華社配信/上海市閔行区古美街道提供)=2019(令和元)年5月21日、クレジット:上海市閔行区古美街道/新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019051603863

    「新華社」 【CDAC】緑道散策で自然に親しむ市民福建省福州市  12日、空から見た福州市大腹山山地歩道。(小型無人機から)中国福建省福州市はここ数年、山や川に恵まれた町としての優位性を十分に生かし、山林や公園緑地、開放空間などを整備するとともに、金牛山都市森林歩道(福道)をはじめとする都市緑道システムの構築を進めてきた。同市はここ3年で、市レベルの緑道計155・9キロを建設した。市内を縦横無尽に走る都市緑道によって市民の生活圏が広がり、質の高い公共空間を気軽に利用できるようになったことで、人と自然の共生が実現した。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019051603838

    「新華社」 【CDAC】緑道散策で自然に親しむ市民福建省福州市  12日、福州市大腹山山地歩道風景区でウオーキングをする市民。中国福建省福州市はここ数年、山や川に恵まれた町としての優位性を十分に生かし、山林や公園緑地、開放空間などを整備するとともに、金牛山都市森林歩道(福道)をはじめとする都市緑道システムの構築を進めてきた。同市はここ3年で、市レベルの緑道計155・9キロを建設した。市内を縦横無尽に走る都市緑道によって市民の生活圏が広がり、質の高い公共空間を気軽に利用できるようになったことで、人と自然の共生が実現した。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019051603923

    「新華社」 【CDAC】緑道散策で自然に親しむ市民福建省福州市  12日、福州市大腹山山地歩道風景区で、緑あふれる景観を守るため植物に水をまく散水車。中国福建省福州市はここ数年、山や川に恵まれた町としての優位性を十分に生かし、山林や公園緑地、開放空間などを整備するとともに、金牛山都市森林歩道(福道)をはじめとする都市緑道システムの構築を進めてきた。同市はここ3年で、市レベルの緑道計155・9キロを建設した。市内を縦横無尽に走る都市緑道によって市民の生活圏が広がり、質の高い公共空間を気軽に利用できるようになったことで、人と自然の共生が実現した。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019051603840

    「新華社」 【CDAC】緑道散策で自然に親しむ市民福建省福州市  12日、福州市大腹山山地歩道風景区でウオーキングイベントに参加した観光客ら。中国福建省福州市はここ数年、山や川に恵まれた町としての優位性を十分に生かし、山林や公園緑地、開放空間などを整備するとともに、金牛山都市森林歩道(福道)をはじめとする都市緑道システムの構築を進めてきた。同市はここ3年で、市レベルの緑道計155・9キロを建設した。市内を縦横無尽に走る都市緑道によって市民の生活圏が広がり、質の高い公共空間を気軽に利用できるようになったことで、人と自然の共生が実現した。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019051603830

    「新華社」 【CDAC】緑道散策で自然に親しむ市民福建省福州市  12日、福州市大腹山山地歩道風景区を散策する市民。中国福建省福州市はここ数年、山や川に恵まれた町としての優位性を十分に生かし、山林や公園緑地、開放空間などを整備するとともに、金牛山都市森林歩道(福道)をはじめとする都市緑道システムの構築を進めてきた。同市はここ3年で、市レベルの緑道計155・9キロを建設した。市内を縦横無尽に走る都市緑道によって市民の生活圏が広がり、質の高い公共空間を気軽に利用できるようになったことで、人と自然の共生が実現した。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019051603834

    「新華社」 【CDAC】緑道散策で自然に親しむ市民福建省福州市  12日、福州市大腹山山地歩道風景区で、歩きながら景色を楽しむ市民。中国福建省福州市はここ数年、山や川に恵まれた町としての優位性を十分に生かし、山林や公園緑地、開放空間などを整備するとともに、金牛山都市森林歩道(福道)をはじめとする都市緑道システムの構築を進めてきた。同市はここ3年で、市レベルの緑道計155・9キロを建設した。市内を縦横無尽に走る都市緑道によって市民の生活圏が広がり、質の高い公共空間を気軽に利用できるようになったことで、人と自然の共生が実現した。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019051603869

    「新華社」 【CDAC】緑道散策で自然に親しむ市民福建省福州市  12日、福州市大腹山山地歩道風景区でウオーキングをする市民。中国福建省福州市はここ数年、山や川に恵まれた町としての優位性を十分に生かし、山林や公園緑地、開放空間などを整備するとともに、金牛山都市森林歩道(福道)をはじめとする都市緑道システムの構築を進めてきた。同市はここ3年で、市レベルの緑道計155・9キロを建設した。市内を縦横無尽に走る都市緑道によって市民の生活圏が広がり、質の高い公共空間を気軽に利用できるようになったことで、人と自然の共生が実現した。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019051603870

    「新華社」 【CDAC】緑道散策で自然に親しむ市民福建省福州市  12日に撮影した福州市にある大腹山山地歩道風景区のトンネル。中国福建省福州市はここ数年、山や川に恵まれた町としての優位性を十分に生かし、山林や公園緑地、開放空間などを整備するとともに、金牛山都市森林歩道(福道)をはじめとする都市緑道システムの構築を進めてきた。同市はここ3年で、市レベルの緑道計155・9キロを建設した。市内を縦横無尽に走る都市緑道によって市民の生活圏が広がり、質の高い公共空間を気軽に利用できるようになったことで、人と自然の共生が実現した。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019041700008

    「NEWSパーク」 市松模様再生し新オープン  外壁を張り替えたイタリア大使館別荘記念公園本邸=11日、栃木県日光市

  40. 2019041700007

    「NEWSパーク」 市松模様再生し新オープン  イタリア大使館別荘記念公園本邸1階のリビング=11日、栃木県日光市

  41. 2019040900362

    「新華社」 遼代帝王陵遺跡、数百年の歴史の謎を解明  琉璃寺遺跡から出土した「鈎闌華板」。華板は欄干の間に設置する彫刻石板を指す。(資料写真)「遼寧北鎮医巫閭(いふりょ)山の遼代帝陵遺跡群」の考古発掘調査が「2018年全国十大考古発掘新発見」にノミネートされたことで、遼王朝(916~1125年)の帝王陵が再び人々の注目を集めている。今回の発掘調査でも顕陵と乾陵の具体的な位置を特定し、数百年の謎を解き明かした。中国の歴史書「遼史」などの文献資料には、顕陵と乾陵が現在の北鎮市医巫閭山に築かれたとの記載があるが、具体的な位置は分かっていなかった。遼寧省文物考古研究院は2015年以降、両陵墓の位置や範囲、配置、形状、保存状態の探査と全面的解明による文化財保護活動の効果的な実施を図るため、北鎮市富屯街道の新立遼代建築遺跡と琉璃寺遺跡で積極的な発掘を行ってきた。(瀋陽=新華社配信/遼寧省文物考古研究院提供)=撮影日不明、クレジット:遼寧省文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019032902262

    「新華社」 「花」を通して農村振興を支援四川省  22日、綿陽(めんよう)市安州(あんしゅう)区楽興(がくきょう)鎮八角村の黄金色の菜の花や緑の麦畑、民家、道路、川などが描き出す美しい景色。(小型無人機から)3月後半を迎えた中国四川省の各地では、黄金色の菜の花、真っ白な梨の花が咲き、緑色の小麦畑、民家や道路などと相まって、美しい農村の風景をなしている。花は景色を楽しむ多くの観光客を呼び寄せるだけでなく、村民に新たな増収の道筋を提供している。同省各地が近年、「農業+生態+観光」などのモデルを通じ、「農業パーク化、農業・観光一体化」の発展思考に基づいて、生態観光レジャー目的地の開発を実施。インフラとサービスのレベルを引き上げ、農業と生態、観光などの産業融合を積極的に進め、「花」を媒体として美しい農村建設による経済効果の増強、農村振興の支援に取り組んでいる。(成都=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019031500634

    横浜にうんこミュージアム  横浜中央郵便局別館を改装しオープンした複合型体験エンターテインメントビル「アソビル」=15日午前、横浜市西区

  44. 2019030401011

    「新華社」 日本料理が「美食の都」で人気の理由四川省成都  2月15日、仕事帰りに成都にある日本料理店「気楽亭」を訪れる日本人客。中国四川省の成都市内では数年前に日本料理店の開店が相次ぎ、300店ほどから千店余りにまで急増した。四川省の省都・成都は人口が2千万を上回る中国西部の中心都市であり、また中国の「美食の都」でもある。この美食で名高い、飲食業の競争が激しい都市にあって、日本料理はその全く異質な特徴で独自の地位を占めている。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019030401108

    「新華社」 日本料理が「美食の都」で人気の理由四川省成都  2月15日、成都にある日本料理店「気楽亭」の入り口に掲示されたポスター。中国四川省の成都市内では数年前に日本料理店の開店が相次ぎ、300店ほどから千店余りにまで急増した。四川省の省都・成都は人口が2千万を上回る中国西部の中心都市であり、また中国の「美食の都」でもある。この美食で名高い、飲食業の競争が激しい都市にあって、日本料理はその全く異質な特徴で独自の地位を占めている。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019013016553

    「海外エッセー 世界の街から」 ブラックスワン  中国広東省東莞市に一部オープンした華為技術の研究開発拠点。欧州の町並みを再現している=17日(共同)

  47. 2019013016544

    「海外エッセー 世界の街から」 ブラックスワン  中国広東省東莞市に一部オープンした華為技術の研究開発拠点。欧州の町並みを再現している=17日(共同)

  48. 2019020519104

    「新華社」 「作家への夢」を追い続ける65歳の清掃作業員  1月29日、同僚と寮で生活する祝朝仕さん。中国北京市海淀(かいでん)区の香山街道で清掃作業員を務める祝朝仕(しゅく・ちょうし)さんは「作家になる夢」を抱いている。祝さんは河北省邢台(けいだい)市の農村出身で、2016年に清掃作業員になるまでは、建設作業員として働いていた。これまでの数十年、余暇の時間を使って短編から長編まで数多くの小説を創作してきた。中でも一番大切な作品は、20年を費やして完成させた30万字からなる長編小説「来世再相愛(来世でまた愛し合おう)」だ。内容は主人公の農村の若者、羅川(ら・せん)が1978年の改革開放政策の実施前後に起業し、たくましく生きながら、恋愛をする様子を描いている。(北京=新華社記者/馬岩)=2019(平成31)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019020519490

    「新華社」 「作家への夢」を追い続ける65歳の清掃作業員  1月29日、自筆原稿を手にする祝朝仕さん。中国北京市海淀(かいでん)区の香山街道で清掃作業員を務める祝朝仕(しゅく・ちょうし)さんは「作家になる夢」を抱いている。祝さんは河北省邢台(けいだい)市の農村出身で、2016年に清掃作業員になるまでは、建設作業員として働いていた。これまでの数十年、余暇の時間を使って短編から長編まで数多くの小説を創作してきた。中でも一番大切な作品は、20年を費やして完成させた30万字からなる長編小説「来世再相愛(来世でまた愛し合おう)」だ。内容は主人公の農村の若者、羅川(ら・せん)が1978年の改革開放政策の実施前後に起業し、たくましく生きながら、恋愛をする様子を描いている。(北京=新華社記者/馬岩)=2019(平成31)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019020519438

    「新華社」 春の訪れ前に花ざかり雲南省盈江県  1月28日、空から見た花をあしらったクジャクの巨大オブジェ。(小型無人機から)春節(旧正月)を目前に控え、中国とミャンマーの境に位置する「雲南・盈江(えいこう)国家湿地公園」では可愛らしい花が咲き誇り、ネットで話題の池に架かる橋や花の迷宮、ブーゲンビリアの花園などが全国各地から訪れる観光客を迎え入れる。同園は旧暦の1月1日(2019年は2月5日)にオープン予定で、春節期間中、雲南省徳宏タイ族チンポー族自治州の盈江県ではモトクロス全国大会、伝統的なタイ劇(雲南省徳宏タイ族チンポー族自治州の地方伝統演劇)の公演および熱気球体験などのイベントが開催される。(盈江=新華社配信/朱辺勇)=2019(平成31)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像